【映画化作品も多数!】人気小説家小川糸のおすすめ作品15選!

料理・動物などを通して育まれる人々の絆が多くの読者を感動させるとともに、生きることに対して背中を押してくれる小川糸作品は、男女問わず幅広い年代に人気です。そこで今回は、自由で自然なライフスタイルに確立された世界観が魅力的な小川糸のおすすめ作品をご紹介します。

小説家・翻訳家としても活躍する「小川糸」の魅力

小川糸は山形県山形市に生まれ育ち、清泉女子大学への進学を期に上京します。大学在学中には現在の夫である音楽プロデューサー・水谷公生と知り合っており、彼のもとで同居するなかで「物語を各人になりたい」という気持ちが強まったことから、小説家としての1歩を踏み出しました。

 

しかしデビュー当初はなかなか芽を出すことができず、一時期は作家としての活動が途絶えていたこともありましたが「これでだめならあきらめよう」と思って書き上げた「料理」をテーマとした小説が話題となり、その後はドラマ化・映画化されるほどの人気作を次々と完成させてきました。

 

小川糸が生み出す作品の最大の特徴は、大人から子どもまで幅広い年代に愛される「優しい世界観」であり、料理や動物を通して広がっていく人間同士の絆や、少年少女の心の成長物語は読者を時に感動させ、またある時にはほっこりさせる魅力を持っています。

小川糸作品の選び方

作品のジャンルで選ぶ

小川糸の作品には実に様々な内容・形態の本が存在しているため、無作為に選んでしまうと、初めて作品に触れるという人は特に「自分の好みやレベルに合った本が見つけにくい」ということも少なくありません。

そこで各ジャンルに注目しながら選ぶことで、より自分が読みやすいと思える本を見つけやすくなります。

小川糸作品の定番を読むなら「小説」がおすすめ!

小川糸作品ならではの世界観は、小川糸による丁寧で美しい言葉選びによって形作られており、最大の特徴である「優しい世界観」を体感したいのであれば、多彩なジャンルのなかでも「小説」を読むことをおすすめします。

 

小川糸の小説に登場する登場人物には、悩み・辛い過去・苦しみなどといった暗い一面を持っているキャラクターが多いこともあり、一見重くて取っつきにくそうな内容のようにも見えます。しかし、小川糸による独特の言葉選びによって表現された、登場人物達の細やかな感情の揺れ動きや変化は、読者を夢中にさせてくれます。

 

また、多くの作品のポイントとなるものであり、文章のあちこちに登場する「料理」の描写も生き生きとしており、実際の様子をイメージしながら楽しむことができるため「じっくり読書を楽しみたい」という方にはおすすめです。

小川糸作品の原点を知るなら「絵本」がおすすめ!

小川糸は、小説家としてブレイクする前に絵本も出版しており、ファンの間では「小川糸の原点」となる作品として高い評価を得ています。

 

「子どもの読み物」というイメージを持たれやすい絵本ですが、短い文章と挿絵のなかには小川糸ならではの趣向が凝らしてあるため、小川糸作品を初めて読むという人にもおすすめできるジャンルといえます。

 

様々なイラストレーターとコラボレーションした、ポップで可愛らしい絵を通して広がる小川糸ならではの優しい世界観はそのままに、長編・短編小説とはまた一味違う雰囲気が味わえるため、これまで小川糸作品を読んできたという人も大いに楽しめることでしょう。

小説家・小川糸を知るなら「エッセイ本」がおすすめ!

小説家・小川糸は独特の世界観と作風が特徴的な作品はもちろん、小川糸自身のライフスタイルについて語られたエッセイ本も人気であり、過去に様々な形態のエッセイ本が出版されています。

 

夫である水谷公生との、ほのぼのとした日常生活のなかに登場するシュールな笑いや、数々のエッセイ本に登場する素材・自然の味を活かした四季折々の料理は、小川糸自身が実践しているライフスタイルがありのまま表現されており、少ない文章量でありながら、多くの読者を引き込む不思議な魅力を持っています。

 

「手軽に小説を読みたい」という方や「小川糸についてもっと知りたい」という方に大変おすすめのジャンルといえます。

物語の長さで選ぶ

小川糸の小説には独特な構成をしている作品も多いため、自分のペースに合わない長さの作品を読む場合には、物語の随所に張られた伏線を理解しにくいこともあります。

そのため普段あまり本を読まない人が読みやすい作品を探す時には「物語の長さ」はよくチェックしておくと良いでしょう。

さっくり読みたいなら「短編小説」

小川糸の小説には長編・短編の2種類が存在しており、比較的短い時間で読める「短編小説」は、小川糸作品に初めて触れるという人におすすめです。

 

小川糸作品における「短編小説」は、1つひとつの物語が独立しているものの、最終的には1つの結論や結果につながる過程にもなっている作品が多く、それぞれの物語のみを読んでも良し、全ての物語を一気に読んで結論や結果がどうなっているのかを楽しむのも良しという、1冊で多彩な楽しみ方ができるのが魅力的です。

ボリュームのある物語を読むなら「長編小説」

小川糸が書き上げた作品のなかで、最も数が多いのが「長編小説」です。「長編」と付くように、文章量が多い分、時間の経過や登場人物の些細な変化がじっくり楽しめるのが魅力的です。

 

短編小説に比べ、小川糸が得意とする料理の表現がより鮮明になっているとともに、作品のなかには読み始めた時にはわからない登場人物達の考え・思いが、それぞれの視点を用いて丁寧かつ立体的に描かれているものも多いため、小川糸作品をより深く味わうことができます。

 

「ボリュームのある物語が読みたい」という方や、短編小説で作風に慣れた方には大変おすすめです。

各メディアで取り上げられた作品で選ぶ

小川糸作品のなかには、これまで本屋大賞や海外の文学賞を受賞したものや、ドラマ化などを通して様々なメディアで取り上げられたことがある作品も多く存在しています。

原作だけではわからない部分が理解できたり、自分とは異なる解釈を知ることができることもあるため、小川糸作品をより良く知りたい方にはおすすめの選び方です。

映画化・ドラマ化された作品

小川糸作品のなかには、NHKを中心としたテレビドラマ・映画化されている作品が多く、小説の文章を読むだけでは理解できない登場人物達の表情やイメージなどがよりリアルに描かれているため「これまで小川糸作品を読んだことがない」という人にも比較的取っつきやすいのが魅力といえます。

 

また、原作を読んだことがある人でも、原作とドラマ・映画との比較をすることができるなどといった一味違った楽しみ方ができるため、小川糸作品をより深く知りたいという人にはおすすめの選び方です。

本屋大賞を受賞した作品

「本屋大賞」とは、新刊を取り扱っている全国各地の書店員の投票により選ばれた「お客様にもおすすめしたい本」「書店員が面白いと感じた本」に与えられる賞であり、小川糸作品のなかにも本屋大賞に選ばれた作品がたくさんあります。

 

新しい本を選ぶ時に「この本、本当に面白いのかな?」と感じる人であっても、店員がおすすめする本であれば、ある程度安心して読むことができます。

 

また、本屋大賞に選ばれた作品には、各書店員によるおすすめポイントや読む時に注目すべき点が紹介されていることもありますので、事前の情報なしで読む時より取っつきやすいため、普段本を読まないという人にもおすすめの選び方といえます。

作家・小川糸の作品ランキング13選

13位

ポプラ社

喋々喃々

恋心や葛藤を描く大人の恋物語が丁寧に描かれる

東京「谷中」で着物のアンティーク店を営むは、ある日、男性客の春一郎に出会います。結婚していると分かっていながらも、徐々に春一郎に惹かれていく栞。そして春一郎もまた、栞に惹かれていきます。

 

「不倫」をテーマにした物語でありながら、小川さんの優しい世界観に包まれた暖かい物語、谷中の景色や四季の移ろい、人々の暮らしが丁寧に描かれた一作です。

出版年月日 2011年4月6日 ジャンル 長編小説
テーマ 人間関係、恋愛、不倫 ページ数 429ページ
12位

毎日新聞出版

針と糸

ドイツでの生活や、母との確執について

小川糸さんのドイツでの暮らしやそこでの気付き、料理についてを綴ったエッセイ本です。ベルリンの過ごしやすさや、日本との違いを綴り、小川さんの丁寧な文体から、ドイツの風が感じられる一冊です。

 

第二章では、小川さんが自身の母との関係を語っています。心にずっしりと響きながら、心が温かくなるエッセイ集です。

出版年月日 2018年11月16日 ジャンル エッセイ
テーマ 日常、人間関係 ページ数 237ページ

『ツバキ文具店』続編!鳩子が紡ぐ、新しい物語

小川糸さんの代表作『ツバキ文具店』の続編『キラキラ共和国』。鎌倉で文具店を営む鳩子のもとに、今日も伝えたい思いを抱えた人が代筆の依頼にきます。

 

本作では、結婚して母となった鳩子(ポッポちゃん)が、亡き夫からの詫び状や、憧れの文豪からの手紙を代筆します。前作の暖かい日常感はそのまま、前作以上に鳩子自身の心情に焦点を当てたお話です。

出版年月日 2019年8月6日(文庫本) ジャンル 長編小説
テーマ 人間関係 ページ数 328ページ
10位

新潮文庫

あつあつを召し上がれ

楽天で詳細を見る amazon
\最大半額クーポンキャンペーン開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

「思い出の味」が紡ぐ人々のつながりと人生の物語!

10年以上つきあった恋人との最後の食事、能登へのお別れ旅行で味わった食事、今は亡き母から教えてもらったみそ汁の味、行列を抜けてやっと食べることができたかき氷の味など…人生のなかで必ずと言っていいほど存在する「忘れられない味」を通して、登場人物それぞれの人生と「つながり」が色濃く描かれた物語です。

 

どこか悲しげでありながら、登場人物達の小さな感情の揺れ動きが細かく描写されているという点がファンの間でも高く評価されており、同じく料理をテーマとしている『食堂かたつむり』とはまた一味違う、ほっこりとした物語が楽しめる短編小説となっています。

 

「心あたたまる物語を読みたいけれど、長編は苦手…」という方にも大変おすすめの1冊です。

出版年月日 2014年4月28日 ジャンル 短編小説
テーマ 人間関係、料理 ページ数 159ページ
9位

白泉社

ミ・ト・ン

ミトンの紋様に込められた思いが人生とともに受け継がれていく!

自然と伝統を重んじる国・ルップマイゼ共和国を舞台に波乱に満ちながらもあたたかく慎ましやかに暮らしてきた女性・マリカの一生を描いた物語となっています。マリカが編むミトンの数々には独特な紋様が施されており、誰かの伝えたい思いや願いが糸を通じて引き継がれていく様子が読者の心を優しく包み込んでくれることでしょう。

 

長くも短い人生のなかで「幸せとは何なのか?」を考えさせられる長編小説であり、小川糸の美しい文章表現とイラストレーター・平澤まりこによる温かみのある版画挿絵とのコラボレーションは、小川糸ファンの間でも高い評価を得ています。

 

作品の舞台モデルとなったラトビアを旅するイラストエッセイも収録されているため『ミ・ト・ン』の世界観がより楽しめる、まさに「1度読んで2度美味しい」作品といえる1冊です。

出版年月日 2017年10月27日 ジャンル 長編小説・エッセイ
テーマ 人間関係 ページ数 206ページ
8位

ポプラ社

食堂かたつむり

小川糸作品のロングセラー!料理が呼ぶ奇跡と親子のつながりの物語!

同棲していた恋人に全てを持ち去られた主人公・倫子は、恋と同時に多くの物を失ったショックから声も失ってしまいます。山間のふるさとに帰ってきた倫子は、そこで「1日1組のみ・メニューは特になし」という独特なスタイルの小さな食堂『食堂かたつむり』を経営し始め、倫子の料理を食べた客には次々と奇跡が起こっていきます。

 

小川糸さんによる巧みな文章表現によって広がる料理シーンや、倫子と母親のつながりが垣間見えるストーリー展開はファンの間でも高く評価されており、売上部数82万部を超える大ベストセラーとなっています。

 

また、2010年には映画化、2011年7月にはイタリアの文学賞である「バンカレッラ賞料理部門賞」を受賞するなど、海外でも人気の作品の1つです。

出版年月日 2010年1月5日 ジャンル 長編小説
テーマ 料理、人間関係 ページ数 290ページ
7位

ポプラ社

ライオンのおやつ

最後に食べたいおやつは何ですか?

男で一つで育ててくれた父のもとを離れ、一人で暮らしてきた雫。一人で病と闘ってきましたきましたが、ある日医師から余命宣告をされてしまいます。若くして余命を告げられた雫は、瀬戸内の島にあるホスピスで残りの人生を過ごすことを決めました。

 

穏やかな瀬戸内の生活で、本当にやりたかったことを考えます。ホスピスでは毎週日曜日、入居者が食べたいものをリクエストできる「おやつの時間」があるのですが、雫は何を食べたいかなかなか決めることができず――。後半は涙なしには読めない名作です。

 

出版年月日 2019年10月8日 ジャンル 長編小説
テーマ おやつ、命の終わり ページ数 255ページ
6位

講談社

ちょうちょ

「さなぎ」の少女が空へはばたく成長物語!

自分に自信が持てない小さな女の子は、自分が作った美しく優しい世界の中で他者との関わりを持たずにたった1人で生きてきました。ある日女の子は、つがいのちょうちょとの出会いと共同生活を期に「ちょうちょになって青空の中を飛び回りたい」という夢を抱くようになります。

 

イラストレーターのコイヌマユキさんによる、色鮮やかで優しいタッチの水彩画とともにつづられる、ちょうちょの羽化になぞらえた女の子の成長物語には「なりたいものになれる」というメッセージが込められており、子どもはもちろん大人も元気付けられる1冊です。

 

小川糸作品のなかでは珍しい絵本作品ですが、口コミでは小川糸ならではの美しい言葉選びの虜になったということも多く、小川糸のベストセラー本『食堂かたつむり』の原点となる作品として、ファンの間では大人気の絵本です。

出版年月日 2007年11月21日 ジャンル 絵本
テーマ 成長物語 ページ数 ページ付きなし
5位

幻冬舎

ツバキ文具店

ドラマも大人気!代書屋が伝える「思い」の物語!

古都の鎌倉に店を構える小さな文具店「ツバキ文具店」を祖母から受け継いだ主人公・雨宮鳩子(通称:ポッポ)ですが、実は「文具店」とは名ばかりで、ツバキ文具店の本業は手紙の代筆依頼を請け負う「代書屋」だったのです。

 

鳩子は、友人への絶縁状や天国からの手紙などといった風変りな依頼を請け負っていくなかで、仲違いしたまま他界してしまった祖母への思いに気付いていきます。

 

「ポッポシリーズ」の第1弾といえる本作品は、代書屋に通じて依頼者と誰かの思いがつながる瞬間とその後、そして思いを届けるために苦悩する鳩子の様子は多くの読者を温かい気持ちにさせてくれます。NHKにてドラマ化もされており、ドラマ版を知っている人はもちろん「ほっこりとした物語が読みたい」という方におすすめです。

出版年月日 2018年8月3日 ジャンル 長編小説
テーマ 人間関係 ページ数 346ページ
4位

ポプラ社

リボン

小さな小鳥が紡ぐ「小さな奇跡」の物語!

幼い少女・ひばりと祖母が大切に温めた卵から孵化したのは、1羽の小さなオカメインコ。「リボン」と名付けられたオカメインコは、ある日家の窓から外へ飛び立って行ってしまいます。リボンは行く先々で、様々な苦悩や悲しみを抱えている人々に出会い、彼ら彼女らの心の支えとなっていきます。

 

小さくてはかない、そして力強く生きるリボンとの出会いと別れを通して、人々に「大切なもの」の存在に気付かせるとともに「小さな奇跡」をもたらしていくことになります。小鳥が紡ぐ人々の絆・つながりを描いた短編作品となっています。

 

読者のなかには「リボンの存在を通して変化していく人々の様子に感動した」という口コミを掲載している人も多く、オカメインコを実際に飼っている人にもぜひ読んでもらいたいおすすめの小説です。

出版年月日 2015年4月3日 ジャンル 短編小説
テーマ 動物、人間関係 ページ数 357ページ
3位

集英社

つるかめ助産院

命の誕生と再生を通した「心の成長」を描いた物語!

夫に突然蒸発され、傷心中主人公・まりあは、南の島で出会った助産院長の鶴田亀子から予想外の妊娠を告げられます。捨て子であり、家族の愛情を知らずに育ってきたまりあは、自身の妊娠に戸惑い苦悩しますが、島の個性豊かな人々に囲まれながら、少しずつ自分の過去や新しい命と向き合っていきます。

 

誰もが必ず持っている「誰にも言いたくない過去」や「辛い経験」は、他人にはどうしても見えにくいもの。しかし、1度気付くことができれば、他者にも優しくなれるという人間ならではの「思いやり」と心の成長を生命の誕生を通して描いた長編小説となっています。

 

NHKドラマ10にてドラマ化もされたこちらの作品は「読んでいたら思わず泣いてしまった」「登場人物の人生が豊かに描かれている」と口コミでも大絶賛されており、小川糸ならではの優しく包み込むようなゆったりとした世界観は、幅広い年代から愛されています。

出版年月日 2012年6月26日 ジャンル 長編小説
テーマ 人間関係、命の誕生 ページ数 296ページ
2位

新潮社

サーカスの夜に

サーカスを通じて語られる成長が止まったままの少年の成長物語!

障害により10歳のまま成長が止まってしまった主人公の少年は、離ればなれになった両親とかつて一緒に見たサーカスに魅せられて、綱渡り師を目指し始める。不思議に満ち溢れたサーカスの世界の扉を開けた少年と、彼を優しく支えてくれる個性の強い団員達による成長物語です。

 

まるで絵本のようなファンタジーチックな世界観でありながら「ハンデとどう向き合うか」そして「自分の生き方とは何なのか」について考えさせられる内容となっています。

 

少年が団員達との関わり合いや「サーカス団員」という仕事のなかで見出していく様子に、口コミでは「励まされた」「切ないけれど、あたたかい」と人気です。ファンタジー的な作風や成長物語が好きな方には大変おすすめできる1冊です。

出版年月日 2015年1月30日 ジャンル 長編小説
テーマ 人間関係、成長物語 ページ数 238ページ
1位

集英社

にじいろガーデン

新しい家族の絆を描いた感動の物語!

夫との関係に悩む主人公・泉は、ある日飛び込み自殺をしようとした女子高生を助けます。女子高生の事情を聞いていくなかで自身の身の上話をする泉ですが、やがて2人の間には言葉では言い表せない「つながり」が生まれていきます。

 

母2人と息子・娘という、新しい1つの「タカシマ家」として歩み始め、冷ややかな社会の目や数々の困難に立ち向かっていくなかで「家族」としてのつながりを強めていく登場人物達の姿に心を震わされた読者も多い人気作です。

 

社会の常識や血のつながりにとらわれない新しい「家族の在り方」や、心優しい登場人物達のそれぞれが抱える思い・悩みが時に重く、またある時には切なく描かれています。物語を読み終えた後に表紙の絵を見ると、読む前とはまた一味違う感情がこみ上げてくることでしょう。

出版年月日 2017年5月19日 ジャンル 長編小説
テーマ 人間関係、同性愛、家族愛 ページ数 362ページ

作家・小川糸のおすすめ作品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 出版年月日 ジャンル テーマ ページ数
1
アイテムID:4877854の画像
にじいろガーデン 670円

詳細を見る

新しい家族の絆を描いた感動の物語!

2017年5月19日 長編小説 人間関係、同性愛、家族愛 362ページ
2
アイテムID:4877844の画像
サーカスの夜に 1,512円

詳細を見る

サーカスを通じて語られる成長が止まったままの少年の成長物語!

2015年1月30日 長編小説 人間関係、成長物語 238ページ
3
アイテムID:4877834の画像
つるかめ助産院 565円

詳細を見る

命の誕生と再生を通した「心の成長」を描いた物語!

2012年6月26日 長編小説 人間関係、命の誕生 296ページ
4
アイテムID:4877779の画像
リボン 734円

詳細を見る

小さな小鳥が紡ぐ「小さな奇跡」の物語!

2015年4月3日 短編小説 動物、人間関係 357ページ
5
アイテムID:4877755の画像
ツバキ文具店 648円

詳細を見る

ドラマも大人気!代書屋が伝える「思い」の物語!

2018年8月3日 長編小説 人間関係 346ページ
6
アイテムID:4877736の画像
ちょうちょ 3,505円

詳細を見る

「さなぎ」の少女が空へはばたく成長物語!

2007年11月21日 絵本 成長物語 ページ付きなし
7
アイテムID:5222623の画像
ライオンのおやつ 1,650円

詳細を見る

最後に食べたいおやつは何ですか?

2019年10月8日 長編小説 おやつ、命の終わり 255ページ
8
アイテムID:4877705の画像
食堂かたつむり 605円

詳細を見る

小川糸作品のロングセラー!料理が呼ぶ奇跡と親子のつながりの物語!

2010年1月5日 長編小説 料理、人間関係 290ページ
9
アイテムID:4877682の画像
ミ・ト・ン 1,512円

詳細を見る

ミトンの紋様に込められた思いが人生とともに受け継がれていく!

2017年10月27日 長編小説・エッセイ 人間関係 206ページ
10
アイテムID:4877655の画像
あつあつを召し上がれ 432円

詳細を見る

「思い出の味」が紡ぐ人々のつながりと人生の物語!

2014年4月28日 短編小説 人間関係、料理 159ページ
11
アイテムID:5221922の画像
キラキラ共和国 660円

詳細を見る

『ツバキ文具店』続編!鳩子が紡ぐ、新しい物語

2019年8月6日(文庫本) 長編小説 人間関係 328ページ
12
アイテムID:5221938の画像
針と糸 1,540円

詳細を見る

ドイツでの生活や、母との確執について

2018年11月16日 エッセイ 日常、人間関係 237ページ
13
アイテムID:5222691の画像
喋々喃々 726円

詳細を見る

恋心や葛藤を描く大人の恋物語が丁寧に描かれる

2011年4月6日 長編小説 人間関係、恋愛、不倫 429ページ

小川糸さんのおすすめエッセイ2選

2位

幻冬舎

洋食 小川

小川さんが台所での日々を綴ったエッセイ

ラトビア、ベルリン、鎌倉での小川さんの生活を綴ったエッセイ。ドイツ・日本での生活のことや、愛犬とのこと、生活のアレコレなどが綴られています。本書では特に料理について綴られており、小川さんの穏やかで温かい日常があふれています。

 

 

出版年月日 2019年2月7日 ジャンル エッセイ
テーマ 日常、料理 ページ数 229ページ
1位

幻冬舎

ペンギンと暮らす

小川糸のライフスタイルが垣間見える日記形式エッセイ!

「ペンギンと暮らしてみたいけれど、東京でペンギンを飼うのは無理。だったら同居人の夫をペンギンと呼ぶことにしよう」という文言が目を引くこちらの1冊は、四季の移り変わりのなかでこれまで実践してきた「自然に生きる」という小川糸のライフスタイルが軽快な文章とともに語られる日記エッセイとなっています。

 

自然保護に対する脅迫的な主張をするわけでもなく、社会の目を気にして格好付けるわけでもない。ただそこに広がる作者の日常の一部始終が読者をクスリと笑わせてくれます。

 

長編小説のようなインパクトこそありませんが、独特の世界観の虜になる読者も少なくありません。「気軽に読める本が欲しい」という方におすすめのエッセイ本です。

出版年月日 2010年4月1日 ジャンル エッセイ
テーマ 日常 ページ数 269ページ

作家・小川糸さんの作品を読んでみよう!

いかがでしたでしょうか?本屋大賞をはじめ、海外の文学賞なども受賞するほどの人気作が多い小川糸作の作品ですが、今回ご紹介した本以外にも作者の趣向を凝らした面白い作品がたくさん存在しています。ぜひ1度、小川糸の作品が持つ優しい世界に浸ってみてはいかがでしょうか。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2020年11月20日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【名作揃い】ゲームボーイアドバンスの人気ソフトおすすめランキング61選

【名作揃い】ゲームボーイアドバンスの人気ソフトおすすめランキング61選

ニンテンドーソフト
【狡猾な本格派ミステリーが人気!】島田荘司作品のおすすめ15選!

【狡猾な本格派ミステリーが人気!】島田荘司作品のおすすめ15選!

参考書・専門書
【隠蔽捜査8の発売日も】人気作家今野敏のおすすめ作品ランキング11選

【隠蔽捜査8の発売日も】人気作家今野敏のおすすめ作品ランキング11選

参考書・専門書
【読みやすい!】東野圭吾作品のおすすめ人気ランキング45選【有名作品や初心者向けも】

【読みやすい!】東野圭吾作品のおすすめ人気ランキング45選【有名作品や初心者向けも】

参考書・専門書
有栖川有栖作品のおすすめランキング10選【本格ミステリーで大人気】

有栖川有栖作品のおすすめランキング10選【本格ミステリーで大人気】

参考書・専門書
【直木賞受賞】小池真理子の人気作品おすすめ作品ランキング10選

【直木賞受賞】小池真理子の人気作品おすすめ作品ランキング10選

参考書・専門書