記事ID133983のサムネイル画像

【防犯対策に効果的】サドルロックのおすすめ人気商品ランキング10選

ロードバイクや、クロスバイクなどの自転車に乗って、いざ駐輪場に停めていると、戻ってきた時にはサドルが無くなっていたなんて経験ありませんか?そんな事態を招かないためにも、サドルロックをする必要があります。そこで今回はおすすめのサドルロックをご紹介します。

サドルロックの利便性とは

特に駅の駐輪場などの目が届きにくい場所に自転車を停めていたら、翌日になったらサドルだけがなくなっていたといった事態が今までもたくさん発生しています。サドルは比較的盗難しやすく、見つかりにくいといった傾向にあります。

その理由として、主にロック自体行っていない場合が多く、さらに、ロックをしていてもタイヤのみに施錠しているだけなので、サドルがいつでも盗める状態になっていることが多いのが理由です。

そこでそんな事態を招かない為にも、おすすめのサドルロックをご紹介します。サドルロックは、サドルだけでなく、ヘルメットや、キャリーバッグなど日常的にも使用できるので、持っておくと便利です。是非この記事を参考に、様々なものを盗難から守りましょう。

サドルロックの選び方

素材で選ぶ

手軽さを優先したい方はワイヤータイプ、安全性を重視したい方はチェーンタイプがおすすめです。

ワイヤーを選ぶ

ワイヤータイプは、細いワイヤーでできたロックです。軽量のものが多いので、持ち運びにも便利です。また、携帯にも優れているので、自宅用以外にも、行く先毎にしっかりとロックすることができるので、ロードバイクでのツーリングや、長旅にも荷物にならず便利です。

 

ただし、チェーンタイプに比べて強度は弱く、簡単に切られてしまうので注意しましょう。私有地や、管理者がいる場所では安全性が高いですが、人通りの悪い場所では切られて盗まれるケースもあるので、ワイヤーロックのみで使うのは控えましょう。他の種類ものと併用できるものをお探しの方や、持ち運びの良さを重視したい方におすすめです。

チェーンを選ぶ

チェーンタイプは、チェーンをカバーで覆ったタイプのロックです。外装の中にちチェーンを入れていることで、自転車を傷つけずにロックすることができます。チェーンタイプの特徴として、比較的強度があり、バランスが取れているので、使い勝手が良く便利です。

 

また、南京錠が付いていたりと一体化になっているタイプの商品もあります。さらに、サドル以外にも、ヘルメットや、バッグを同時に取られないように、ロックすることもできます。このタイプは、強度や重さが様々なので、自分に合ったものを探しましょう。

鍵の形式で選ぶ

鍵を失くす、手軽なものが良い方はダイヤル式、手間がかかっても安全性を高めたい方には、キー式が適しています。

ダイヤル式を選ぶ

ダイヤル式は、ダイヤルを合わせることで、ロックを解除できる仕組みになっています。鍵が必要ないので、失くしてしまう心配もなく、すぐに施錠できるので、手間がかかりません。現在販売されているサドルロックの多くが、このダイヤル式になっています。

 

また、比較的安く手に入るので、コストを抑えたい方におすすめです。ただし、手軽さの反面、安全性がキー式よりも衰えてしまいます。ダイヤルを一致させることができれば、誰でも解除することができてしまうので、長期間の自転車から離れる場合は、キー式が適しています。

キー式を選ぶ

キー式であれば、専用のカギがないと取り外すことができないので、防犯性の高さを重視するなら、キー式がおすすめです。キー式もピッキングなどをされると完ぺきとは言い難いですが、ダイヤル式よりも手軽に解除できないことから、比較的安全かと思います。

 

しかし、鍵を常に持ち運ぶ必要があり、取り出す作業も必要なので、手間がかかります。また、予備の鍵まで失くしてしまうと、解除できなくなるので、失くさないように注意しましょう。万が一鍵を失くしてしまった場合は、メーカーにシリアルナンバーを伝えると、スペアキーを入手することができる場合もあります。

素材で選ぶ

素材によって機能性が変わってくるの、素材で選ぶのもポイントです。

PVC素材を選ぶ

PVC素材とは、ポリ塩化ビニルのことを指します。この素材の特徴は、硬く、傷が付きにくい特徴があります。また、汚れに強いので、長く使用できます。自転車は少し当たっただけでも塗装が剥がれてしまったり、傷が付いてしまうこともあるので、この素材だと安心して使用できます。

 

自転車自体に傷が付いてしまうと、その傷が増えれば増えるほ劣化に繋がってしまうので、できる限り優しいものがおすすめです。PVC素材を使用した商品も数多く販売されているので、選択肢も広がります。

亜鉛合金素材を選ぶ

亜鉛合金とは、古くから用いられる合金の一つです。主要成分は亜鉛・アルミニウム・マグネシウムなどで構成されています。また、耐久性にも優れているので、強度があります。なので、衝撃にも強いことを生かして、サドルロック以外にも、子どものおもちゃや、自動車の部品などにも多様に使用されている素材です。

 

機能性や、強度も兼ね揃えているので、長く使用することができます。サドルロックに関しては、比較的軽量のものや、携帯に便利なコンパクトサイズの商品が多く、持ち運びに適しています。

性能で選ぶ

軽量でコンパクトだと、持ち運びに便利です。できる限り切断されにくいものであれば、防犯対策に効果的です。

軽量・コンパクトサイズを選ぶ

盗難防止に非常に便利なサドルロックですが、外出先でも手軽に持ち運びができ、使用できるものでなければ、意味がありません。さらに、重さがあると荷物になり邪魔になるので、できる限りコンパクトサイズで、軽量のものを選びましょう。

 

特に、サドル以外にもバッグなどを保護できるタイプは、大きく重くなりがちなので、専用の収納袋を用意しておくと、広がらずまとめることができるのでおすすめです。より良く使用する為にも、工夫して使用しましょう。

強度なものを選ぶ

サドルロックの一番の難点は、切断されることです。あまり細いケーブルになっていると、すぐに切断されてしまい、防犯対策の効果を発揮できなくなります。なので、できるかぎり径が太いタイプの商品や、切れにくいものを選びましょう。

 

特に、人目が付きにくい場所や、夜間に駐輪場など私有地以外の場所に停めている方は要注意です。また、鍵を破損する人もいるにで、頑丈な素材で作られたものを使用しましょう。

サドルロックのおすすめランキング10選

第10位

サンワダイレクト

サドルロック ワイヤー素材

価格:1,380円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

一体化になっていると、別々に持つ必要がなく便利です。

ワイヤーと南京錠が一体になったタイプのサドルロックです。非常にセキュリティが高く、外出時や新幹線などでの移動時の、バッグの盗難や、ヘルメットなどのロックにも使用できます。サドル以外にも、様々なものを必要に応じて守りたい方におすすめです。

 

ワイヤーと南京錠が一体になっていると、ワイヤーと鍵を別々に持つ必要がないので、使い勝手も良くなります。また、カールコードワイヤーを採用していることにより、ワイヤーが邪魔になりません。さらに、ケーブルを伸ばすことができるので、荷物の大きさに左右されず使用できます。

 

しっかりと丈夫に作られていて、コンパクトに収納できるので、邪魔にならず便利といったロコミが挙がっていました。コードは錆びにくくなっているので、長く使用できます。暗証番号はお好みの番号に設定ができ、鍵も必要ないので、失くしてしまう心配がありません。

長さ1m約4.75mm
第9位

QINGLANG

サドルロック PVC素材

価格:1,580円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

一般的な鍵の10倍以上の性能力があり、安全性が高い商品です。

鍵が2本付き、鍵は固定の番号になっているので、盗難されにくく、安全性が高いサドルロックです。ただし、鍵を失くしてしまうと解除できなくなるので、失くさないように注意しましょう。高品質の鍵は、不正開錠されにくくいディンプルキーを採用しています。

 

防犯性能には通常の鍵の10倍近くの性能力があり、かなり安全性抜群でおすすめです。カチっとはめるだけなので、手間がかかりません。耐久性に優れた強さのワイヤーで、しっかりとサドルを守ります。また、軽量なので、持ち運びにも適しています。

 

大きさや重さ、操作性が高いといったロコミが挙がっていました。小学生の小さな自転車から、ロードバイクなど様々な自転車に使用できます。また、ワンタッチ操作で簡単に使用できるので、初めて使用される方にもおすすめのサドルロックです。もちろん、自転車本体の盗難防止にも効果的です。

長さ-12mm
第8位

LUO KE

サドルロック PVC素材

価格:1,250円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトサイズで、収納や持ち運びに困りません。

ドル以外にも、ヘルメットなどの盗難防止に役立ちます。また、ちょっとしたお出かけの際にも、コンパクトなので持ち運びやすく、おすすめです。サドルはちょっとした隙に盗まれることが多いので、使い勝手が良いと便利ですよね。

 

ミニサイズで収納にも困らず、重さも77gと軽量なので、非常に利便性に優れています。また、PVCカバーを採用しているので、自転車を傷つけることなく、ロックができます。ただし、目が届かない場所や、長時間駐車などの場合には向かないタイプなので、使用しないでください。

 

このサドルロックのロックフックは、亜鉛合金からから作られているので、耐久性があり強度が高くなっています。また、3桁ダイヤル式ロックなので、鍵を失くしがちな方にも安心して使用できます。ダイヤルはお好きな番号に変更可能です。

長さ1200mm約3.6mm
第7位

ウルマックス

サドルロック ワイヤー素材

価格:558円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ダイヤルは、頻繁に変更しておくことで、さらにセキュリティが高まります。

自転車本体だけでなく、サドルやヘルメットの盗難防止用としても、万能な効果を発揮してくれます。さらに、旅行時のスーツケースの防犯対策にもおすすめの商品です。シンプルなホワイトカラーなので、どんなシーンでも使いやすく便利です。

 

3桁のダイヤルロックを採用し、暗証番号は何度でも変更が可能です。定期的に番号を変更することで、より盗難防止に効果的です。手のひらサイズのコンパクト設計で、収納時にも省スペースで済みます。持ち運びにも便利な携帯サイズで、いつでも手軽に使用できます。

しっかりとした作りで、サドル以外にも使えるので、1つ所有していると非常に便利です。もしもの時の為に、常備しておくのもおすすめです。

長さ60cm2mm
第6位

J&C

サドルロック ワイヤー素材

価格:864円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

様々な自転車に取り付けることができます。

サドルの盗難や、イタズラ盗難を防止するのに最適なサドルロックです。鍵が不要なので、イタズラされにくく、鍵を失くして開かないなんて事態を回避することができます。このサドルロックは、六角スパナで簡単にロックすることができます。


電動車、折り畳み車、軽快車、スポーツ車などほとんどの自転車に使用可能なので、合わない心配がありません。また、最長約1mまで伸びるので、使いやすくおすすめです。シンプルなブラックカラーで、どんなデザインの自転車に使用しても違和感がありません。

 

フックの輪が大きく装着しやすいといったロコミが挙がっていました。さらに、このサドルロックのおかげで、防犯対策が万全にできるといったロコミも挙がっていました。盗難にも効果的なので、駅の駐輪場などに停めている方は是非使用して自転車を守りましょう。

長さ1m3mm
第5位

DOREIS

サドルロック 亜鉛合金素材

価格:2,100円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

頑丈な作りですが、軽量で携帯性重視の方におすすめです。

桁ダイヤル式で、鍵がいりません。携帯性重視で設計されているので、重量は僅か43gで、持ち運びに便利です。子でも女性でも楽に取扱えるので、小さい時から習慣付けていることで、盗難対策が身に付きます。

 

ワイヤーを真っすぐにすると、90cmまで伸びるので、サドルや自転車以外にも、キャリーケースやカバンなどの保護も行えます。自転車に乗る際は自転車用として、旅行などの場合は普段使いとして使え、スタイルに合わせて使い分けができます。亜鉛合金と高強度でできているので、かなりの耐久性があります。

 

軽量で持ち運びに便利で、ドリンクホルダーに引っ掛けて走行でき便利といったロコミが挙がっていました。頑丈な作りですが、軽量なので使い勝手も良くおすすめのサドルロックです。色々なシーンで大活躍間違いないの商品です。

長さ90cm3mm
第4位

Crops Pro

サドルロック ビニール素材

価格:2,484円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

傷が付きにくいので、いつでも綺麗な状態を保てます。

フラットヘッドと、ストレートケーブルを採用したスタイリッシュなサドルロックです。本体とワイヤーの接合部分をフラット化しているので、使いやすくおすすめです。 これ一本あれば、前後リム、フレーム、サドルすべてをロックすることが可能です。

 

ケーブルエンドは六角形状とすることで、安全性が高く、施錠のしやすくなっています。3桁のダイヤル式で、簡単に使用できます。また、ダイヤルは何度でも変更可能です。ワイヤーは車体に傷が付きにくいように、ビニールチューブコーティング仕様なので、安心して使用できます。 

 

自転車にもバイクにも使え、使い勝手が良いといったロコミが挙がっていました。コーティングされていることで、傷が付きにくいと劣化を防ぐことにも繋がります。より長く使用されたい方や、自転車を乗り続けたい方に優しいサドルロックです。

長さ180cm-
第3位

GORIX

サドルロック ワイヤー素材

価格:2,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カラーバリエーションが豊富なので、車体に合わせてチョイスできます。

自転車の盗難防止に大活躍する3桁のケーブルタイプのサドルロックです。サドル以外にも、自転車本体の盗難防止にも効果的です。超軽量タイプなので、荷物になりません。さらに、ケーブル全体にラバーコートを施しているので、車体を傷つけてしまう心配がなく、安心できおすすめです。

 

ダイヤル式なので、鍵を失くしてしまう心配もなく使用できます。急な駐輪時にもすぐ使えるので、便利でおすすめのサドルロックです。自転車全般、ロードバイク、マウンテンバイク、クロスバイクなど様々な自転車に対応しています。

 

長いので、車体からサドルまでしっかりとロックできるといったロコミが挙がっていました。柔軟性のあるケーブルなので、複数台通してロックすることも可能です。カラーバリエーションも豊富なので、車体に合わせて適切なカラーを選択できます。

 

長さ2m4.8mm
第2位

Winkeyes

サドルロック 亜鉛合金素材

価格:2,189円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

持ち運びに便利で、切れにくく安心です。

亜鉛合金素材で、高品質で強度が備わっています。コンパクトサイズなので、携帯性もあり、長く使用できます。使い方が簡単なので、初めて使用される方にもおすすめのサドルロックです。また、ヘルメット、ホイールロックなどとしても使えます。

 

ダイヤル式で、好きな数字に変更することができます。デザインも使いやすく、無難なカラーで使い勝手が良いサドルロックです。盗難防止にも役立つので、まだ使用されていない方は是非試してみてください。

 

鍵が不要で手間がかからず、伸縮性が備わっているので付けやすいといったロコミが挙がっていました。軽量タイプですが、頑丈でしっかりとしているので、簡単に切られず心配がありません。

長さ150cm-
第1位

ドッペルギャンガー

サドルロック アルミニウム素材

価格:1,945円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

信頼性の高いメーカーから、万能なサドルロックが誕生しました。

ダイヤル式ロックで、鍵も不要の手のひらサイズのサドルロックです。コイルケーブル付きで、4桁のロッキングナンバーは自由に変更することができます。重量は僅か90gなので、持ち運びにも適しています。邪魔にならないので、ツーリングにもおすすめです。

 

サドル以外にも、ヘルメットやサドルバッグの盗難防止にも最適です。オレンジの目立つカラーで、相手にロックしていることを示すことで、より盗難防止に効果的です。普段使いにも、キャンプなどにも大活躍してくれるサドルロックです。

 

強度があり、持ち運びに便利なコンパクトサイズで邪魔にならないといったロコミが挙がっていました。ダイヤル変更が簡単に行えるので便利です。ドッペルギャンガーは、多数のサイクリング製品を販売している信頼性の高いメーカーです。

長さ70cm3mm

まとめ

今回はおすすめのサドルロックをご紹介しました。実はサドルだけが盗まれるケースが多い傾向にあります。そんなサドルを守るためにも、サドルロックの重要性をこの記事でお分かりいただけたのではないでしょうか?また、この記事を通して、そんな事態を防ぐことにも繋がったのではないでしょうか?是非この機会にサドルの保護も行いましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ