記事ID133874のサムネイル画像

【市販で買える人気商品】パーマヘアにおすすめスタイリング剤10選

美容院のようにうまくパーマが出せない、とお悩みの方も多いはず。スタイリング剤を変えるだけで簡単にキマり、朝のセットが格段に楽になります。今回は、ゆるパーマから強めの巻き髪まで、あなたの髪に即したおすすめのスタイリング剤の選び方とおすすめ10選を紹介します。

朝のセットが変わる?パーマ用のスタイリング剤が便利でおすすめ

パーマをかけた際、特に初めての場合だと戸惑う人も少なからずいるようです。その理由は美容院でセットしてもらったようなスタイルに仕上がらない。こんな事態は多々発生します。

 

パーマの巻感が強すぎたり、もしくは緩すぎてパーマなのかくせ毛なのかわからない…と言うようなことも起こり得ます。 そんな時に是非使ってみてほしいのはパーマヘアのスタイリング剤です。スタイリング剤などどれも同じだと侮ることなかれ。パーマ用として販売されているものは何かしらパーマを上手く表現するために創意工夫がされています。

 

パーマを上手に出すためのスタイリング剤からパーマを崩さないようにするものまで幅広く販売されていますので、おすすめ商品を10選紹介していきたいと思います。

パーマ用スタイリング剤を選ぶポイント

パーマを上手く出せない人にとって仕様するスタイリング剤が最も重要になってくるといっても過言ではありません。パーマ用のスタイリング剤を選ぶポイントがいくつかありますのでそちらを紹介していきます。おすすめはパーマ戻しなどの商品を使ったのちワックスやムースなどを使う2個使いもおすすめします。

パーマの種類に合わせて選ぶ

パーマは「コールドパーマ」と「デジタルパーマ」の種類があります。

コールドパーマ|ムース・フォーム

薬剤を使用してカールをつけるタイプのコールドパーマは、ナチュラルな仕上がりが人気のヘアスタイルです。後述するデジタルパーマに比べると価格が安く施術時間も短め。

 

そんなコールドパーマの方におすすめのスタイリング剤は水分量の多いムースやフォームタイプ。髪を濡らすことでウェーブが戻ります。

デジタルパーマ|ワックス

薬剤に加えて熱を使ってカールをつけるデジタルパーマ。なんといっても最大のメリットはパーマが長持ちすること。コールドパーマが2~3か月間持続するのに対して、デジタルパーマは5~6か月キープできるようです。

 

カールがしっかりつくため、スタイリングはワックスやバームでツヤを出す程度で完了します。乾かすことでパーマが出てくるため、ドライヤーで乾かした後にワックスを付けるのがおすすめ。

スタイリング剤の種類で選ぶ

ミスト系スタイリング剤

ミスト系のスタイリング剤はキープ力などはやはり薄いため、後に紹介するバーム系などのものと併用するのがおすすめです。では霧吹きで濡らせばいいのではないかと思われがちですがまたそれも違います。

ミスト系スタイリング剤を使うことの利点としては、入っている成分などにもよりますが、うるおいを髪に届けてくれて、またドライヤーなどの熱から髪を保護してくれるという有りがたい恩恵が受けられます。

また髪が塗れる分パーマのウェーブが出しやすく、寝癖も直せるため、一石二鳥三鳥といった具合の優れものです。霧吹きだけではドライヤーをすることで逆に水分が飛んでしまう可能性があります、ドライヤー後のパサつきなどが気になる方は、ミスト系スタイリング剤を導入するのがおすすめです。

ミルク系スタイリング剤

パーマ用スタイリング剤の中で比較的扱いやすいのがミルク系のものです。さらっとしたテクスチャのミルクはセット力は弱めですが、パーマ感を出したり、最近流行りのウエット感を出すのにも適しています。

ミルクのテクスチャのものでパーマを出し、その後スプレーなどで軽くキープすることでふんわり緩いカールのパーマを楽しむことが可能です。美容院直後のきつく当たりすぎたパーマヘアや、乾燥し多少パサついた髪の方にもおすすめです。

ミルク系は扱いやすいものの、手に固まった状態でつけてしまうと一部にしか着かずその部分だけ固まってしまうということもありますが、ワックスなどと同様に掌に広げて髪になじませていくのがいいでしょう。

ムース・泡系スタイリング剤

ムース系はよりセット力が強く、泡系のものはミルクよりもよりウエットな仕上がりとなります。ミルクよりもよりパーマを強く出したい時などにおすすめです。

ムース系スタイリング剤は難しいと思われがちですが、おすすめのつけ方としてはまず適量手に取り、パーマを崩さぬ程度に全体につけていきます。この時ムースの泡が髪に残る程度で問題ありません。一部に固まってついてしまうと毛束が固まってしまうので気を付けてください。その後全体にも見込むように馴染ませていくことで、ムースが全体に塗布されるため一部だけ固まってしまうということを防げます。

泡で出てくるタイプの商品は、水を付けることで復活するパーマにおすすめです。朝霧吹きなどでパーマを復活させる作業がこれで済み、さらにキープ力もあるのでおすすめです。パーマを戻すのに今まで美容院でおすすめされた霧吹きのみでパーマを再現していた方にも是非使っていただきたいのがこの泡のタイプです。

バーム・ワックス系スタイリング剤

スタイリング剤と聞いて一番に想像するのがワックスやバーム系、など少し固形のスタイリング剤ではないでしょうか。ワックスなどにもストレートヘア専用、パーマヘア専用と様々なタイプに分かれています。

最近はやりなのはバーム系のスタイリング剤です。適度なウエット感とまとまり、セット力を併せ持っている優れもの。ただつけすぎると厄介なところもありますので、少量からつけていくことをおすすめします。

ワックスについても同じく、購入する品を間違った場合ぱっきりと髪が固まるハードワックスなどもありますので気を付けましょう。購入の際は程よくクリームのような硬さのものがパーマヘアにはおすすめです。

オイル系スタイリング剤

オイルタイプのポイントは濡れ感と指通り。キープ力はワックスほど高くありませんが、サラサラの指通りで流行りのウェットヘアに仕上げることができます。キープ力よりもサラサラテクスチャ重視の方におすすめです。

 

 

セット力で選ぶ

人によってはパーマをかけたからと言って、朝のセットからそれが夕方家に帰るまで持たないという人もいます。そんな方にとってはセット力は重要となってきます。パーマのウェーブの出方や維持など考慮して選ぶようにしましょう。これまでに紹介してきたテクスチャを参考に組み合わせを参考にしてください。

緩いパーマをキープしたい

緩めにかけてもらったパーマというのは美容院帰りは綺麗にセットできても、どうしても自分でやるとだれがちです。どうしたら美容院帰りの仕上がりになるのだろうか。そんな悩みは尽きません。

緩いパーマをキープしたい場合はミスト系のスタイリング剤×キープスプレーがおすすめです。ミスト系スタイリング剤をも見込みドライヤーで乾かし、スプレーをパーマ部分にかけたのちカールを作るようにふんわり揉みこみます。その後また全体にスプレーをしてセットをすることでぱっきりと固まらず長持ちしてくれます。

きつめのパーマを出したい

しっかりとしたパーマを出したい場合は、おすすめは泡のパーマ戻しを使ってしっかりパーマを出してから、少し固めのワックスなどを利用するのがおすすめです。バームや緩いワックスであればせっかく出したパーマが定着せずだれてしまう可能性もあります。

さらにハード系のスプレーで少しパーマ部分全体にまんべんなくふりかけるのもいいでしょう。そうすることでよりだれにくく持ちがよくなります。

長時間朝から晩までこれを維持したい場合、多少柔らかさがなくなるのが難点ですが、ハードスプレーを全体とパーマの部分にさらに少し重ね付するとより持ちがよくなります。イメージはパーティなどの際に美容院でセットしてもらったあのパキパキ感ですね。

コストパフォーマンスで選ぶ

スタイリング剤なので異常なほどに効果という品はありませんが、やはり内容量に見合う料金、もしくは料金以上のパフォーマンスは欲しいところです。毎日使うものなので合う商品であれば、コスパで選ぶのもおすすめです。

コスト重視

髪をセットする場合ほとんど毎日使うものですので、内容量の少ないものであればすぐになくなってしまいます。これでなければ使えない!という拘りが無い場合は、価格に対して量の多いものを選んで使うのもおすすめです。肌に合うもので、なおかつ内容量が多く料金が控え目だと嬉しいことこの上ないですね。

美容院にて時々業務用サイズなどを販売してくれるところもあるので、行きつけの美容院に大容量サイズがないか聞いてみるのもいいかもしれません。化粧品などもそうですが、適切量使用して初めて効果が実感できるものなので、内容量を気にし、ケチケチと使ってスタイリングがうまくいかない…ということの無いようにしましょう。

パフォーマンス重視

やはり出かける前にセットを行って髪型が決まらないと話になりません。一日髪が気になってしまうなんてこともあり得ます。少し値段が高いものでも、内容量が少ないものでも自分に合ったものを使うのが一番です。

髪は顔に触れることもありますので、顔に出来物が出来ては元も子もありません。そういった製品を避けて合うものを探すのがいいでしょう。また最近では髪だけでなく、唇や皮膚の保湿などにも使えるスタイリング剤も販売されていますので、そういったものもおすすめです。

パーマ用おすすめスタイリング剤10選

第10位

ロレアル

テクニアート スパイラルクイーン

価格:1,032円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

口コミ数は少ないものの高評価で期待大

こちらの商品はAmazonでの口コミはまだまだ少ないですが、非常に期待値が高まる口コミが寄せられています。ロレアルと言えば大半の方が効いたことのあるブランドであるため、確かな商品であることは間違いないでしょう。

 

テクスチャはムース状で、おすすめは髪が半乾き(根本などはドライな状態)でこちらのムースを付けることです。ムースは髪全体がパキパキとしてしまう印象を持たれがちですが、こちらの商品は、程よい毛束感を長くキープしてくれるのも特徴です。

 

セラミドなども配合されており、髪への配慮も感じる一品。この商品のみでもキープ力が強いようですが、不安を感じる場合はスプレーワックスなどをムースの後に使うのもおすすめです。

内容量200g種類ムース
第9位

モッズ・ヘア

インナーグラマーワックス

価格:475円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ロングセラーでコストパフォーマンスが良い

10年以上このシリーズを愛用しているという声もあるほど、ロングセラー商品。価格も非常に手頃であるため、手に取りやすいのが嬉しいところです。

 

ワックスと言えばべたつくのが難点でもありますが、こちらの商品はべたつかずウェーブを1日キープしてくれます。 髪の芯からスタイリングと謳っており、インナーへ馴染み易い成分を配合しており、柔らかくスタイリングしやすい髪へと導きます。

 

ワックス状ですので、水だけでパーマが上手に出せない場合はこちらを使用する前にパーマ戻しを利用するのもいいでしょう。 そうすることでよりパーマの綺麗なウエーブ感が実現可能です。

内容量65g種類ワックス
第8位

花王

リーゼ うるおいパーマもどしフォーム

価格:549円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

上手く出せないパーマが復活

パーマをかけて帰った当日はしっかりとパーマのウェーブを実感し、華やいだ気持ちになりますが、翌朝起きてみると、なんだかパーマ感が足りない…ということはよくあることです。 美容院で勧められた通りにドライもしたし、霧吹きで復活も試みたけどパーマがうまく出ない、そんなときにおすすめなのがこちらの商品。

 

パーマもどしの名に引けを取らない一品で、適量を手に取り髪にパーマを復活させるようにくしゅくしゅとなじませると先ほどまではだれてしまっていたパーマが復活してくれます。 この商品だけではキープ力にかけますので、ワックスもしくはスプレーを併用するのがおすすめです。

内容量200ml種類
第7位

マンダム

LUCIDO-L (ルシードエル) デザイニングアクア #マシュマロウェーブウォーター

価格:489円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

寝癖直しにもなるパーマもどし

本来はパーマヘア用のスタイリング剤ですが、寝癖直しとしても愛用しているという声の多い商品。寝癖もとれ、パーマも復活するとなれば一石二鳥で嬉しいところですね。

 

霧吹きの水でパーマを戻すのに苦戦している方にも、水だけセットでするよりもドライヤーの熱からも髪を守りうるおいをキープしてくれるのでおすすめです。 キープ力は少し弱いようなので、リーゼのパーマもどし同様、ワックスやスプレーなどで固定するのがおすすめです。

内容量250ml種類ミスト
第6位

資生堂

マシェリ ヘアジュレ (ゆるふわウエーブ) スタイリングジェル

価格:595円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

香りに癒されるとの声多数

マシェリのシリーズは香りが良いから好きだという声も多く、癒されるとの口コミも多数あります。またパッケージも可愛らしく使っているだけで気分も高揚するでしょう。ただ見た目や香りだけでなくもちろん実力も伴っています。

 

テクスチャはジュレ状となっており、掌で伸ばすことで液体へとなり、髪1本1本へ馴染み易くなるのが特徴です。また配合されている成分により、紫外線や、静電気、ドライヤーの熱より髪を保護してくれる働きもあります。

 

ジェル状のものは扱いやすいですが、キープ力が弱いものもあります、商品によっては朝は綺麗にセットできても外出するとだれてしまうという可能性もあります。スプレーワックスなどでキープ力を高めるのがいいでしょう。

内容量100g種類ジュレ
第5位

アリミノ

ピース カールミルク

価格:1,273円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

しっかりとパーマを出したいときにおすすめ

洗い流さないヘアトリートメントとしても販売されているようですが、使用者の声を見たところ、そちらの用途よりもスタイリング剤として使用するほうが断然おすすめだということでランクインしました。

 

髪がセミドライの状態でこちらを塗布し、ドライヤーで乾かすことで、ぱきっとしたパーマが再現できると好評です。またドライ後さらに重ね付することでよりよりくっきりとしたパーマを再現できます。

内容量200ml種類乳液
第4位

モルトベーネ

ロレッタ ウェーブジュレ

価格:1,209円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

使用感、容量、見た目に大満足

固まらないのに程よくまとまり、毛束感に満足だという口コミも多数。またセミロングの長さで週5日利用しても半年ほど使えるという大容量も高ポイント。見た目は言うまでもなく可愛らしくパッケージ買いしたのちに、使用感の虜になったという人も多いようです。 パーマをかけるとどうしても髪が広がってしまうという人にもおすすめの一品で、広がりを抑えることが可能となっています。パーマだけでなくくせ毛の人にも使っていただきたいスタイリング剤です。 朝つけると夜までキープするため、パーマ感を出したあとはこれ一本でも問題ないようです。霧吹きでパーマを出すのもおすすめですが、その方法が苦手な場合は紹介しているパーマもどしの活用も検討してください。

内容量250ml種類ジュレ
第3位

デミ

ウェーボ スプリングパフ

価格:758円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ゆるふわパーマを楽しみたい方に

くっきりとしたパーマを出したい方にと言うよりは、ふんわりとした緩やかなパーマを出したい方におすすめのムーススタイリング剤です。

 

何本もリピートしているという口コミもあり、美容院で勧められて購入する人もいるようです。 こちらのパーマでふんわりとさせて、もう少しくっきりとさせたい場合はハード寄りのワックスでしっかりくせを出すとアレンジが楽しめます。

 

ムースの泡は固めではやりの濡れ髪感はないですが、柔らかい雰囲気を出したいときには最適です。

内容量200g種類ムース

口コミをご紹介!

いつもはワックスだけで仕上げていたんですが、美容師さんのお勧めでこちらの商品と一緒に最近は使っています。
ピンポン玉くらいのムースと、ちょっとしたワックスを手になじませて髪全体になじませるだけでまとまってくれるので使いやすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

ミルボン

ニゼル ドレシアコレクション ジェリーM

価格:1,215円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

艶髪を長時間キープするならこれ

SNSなどでも美容師がおすすめする一品。ジェルスタイリング剤でポンプ式ですが、髪の長さにもよりますがつけすぎ防止のためワンプッシュから調節していくのが上手につけるコツのようです。

 

最近の専らのはやりは濡れ髪、ウエット感などです。 こちらのスタイリング剤ではその質感を簡単に自宅で再現できるのため高評価を得ています。またウエット感があるため、広がりも抑えてくれるので、パーマを当てたあとの髪の渇きや広がりを感じる人にもいいでしょう。

 

圧倒的な口コミ数で香りなどは好みが分かれるようですが、パーマヘアであれば、一度は使用してみたい商品です。

内容量90g種類ジェル

口コミをご紹介!

アミルクとオイルを混ぜてスタイルを造っていましたが
この季節は、ウェット感は直ぐに無くなるので、何か良いモノはないかと探していたところ
この商品に出逢いました。
テクスチャーも伸ばしやすので、思い通りにアレンジ出来ます。
ウェット感もテカテカではなく、程よい質感でまとまってくれますよ。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

ナプラ

スタイリングセラム

価格:1,326円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

今流行りのウエット感が手に入る

今のはやりは濡れ髪、ウェット感などであるため、そちらが簡単手軽に手に入ると口コミでも多くの声があがっているこちらの商品。美容師おすすめ商品としてもよく雑誌で取り上げられているため知っている人も少なくないでしょう。

 

重すぎず軽すぎず適度なテクスチャでありながら、ストレートヘアでもパーマヘアでも使えるというのが嬉しいところ。もちろんセット力も侮るなかれ。また個人差はあるかもしれませんが、雑誌に紹介されるような流行りものを使っているというだけでも気分も上がるためおすすめです。

 

製品はボタニカルエキスやシアバターを配合しており、スタイリングしながらも髪をケアできるという優れもの。 スタイリング剤に迷っている場合は一度はこちらをお試しください。手軽に旬のヘアスタイルがきまります。

内容量94g種類乳液

口コミをご紹介!

半乾きの状態で使ったら程よい束感と濡れた感じに仕上がり気に入りました。量も少しでいいので長く持ちそう。香りも◎

出典:https://www.amazon.co.jp

パーマスタイリング剤のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4875504の画像

    ナプラ

  • 2
    アイテムID:4879300の画像

    ミルボン

  • 3
    アイテムID:4879296の画像

    デミ

  • 4
    アイテムID:4879289の画像

    モルトベーネ

  • 5
    アイテムID:4879272の画像

    アリミノ

  • 6
    アイテムID:4879266の画像

    資生堂

  • 7
    アイテムID:4879261の画像

    マンダム

  • 8
    アイテムID:4879250の画像

    花王

  • 9
    アイテムID:4879242の画像

    モッズ・ヘア

  • 10
    アイテムID:4879235の画像

    ロレアル

  • 商品名
  • スタイリングセラム
  • ニゼル ドレシアコレクション ジェリーM
  • ウェーボ スプリングパフ
  • ロレッタ ウェーブジュレ
  • ピース カールミルク
  • マシェリ ヘアジュレ (ゆるふわウエーブ) スタイリングジェル
  • LUCIDO-L (ルシードエル) デザイニングアクア #マシュマロウェーブウォーター
  • リーゼ うるおいパーマもどしフォーム
  • インナーグラマーワックス
  • テクニアート スパイラルクイーン
  • 特徴
  • 今流行りのウエット感が手に入る
  • 艶髪を長時間キープするならこれ
  • ゆるふわパーマを楽しみたい方に
  • 使用感、容量、見た目に大満足
  • しっかりとパーマを出したいときにおすすめ
  • 香りに癒されるとの声多数
  • 寝癖直しにもなるパーマもどし
  • 上手く出せないパーマが復活
  • ロングセラーでコストパフォーマンスが良い
  • 口コミ数は少ないものの高評価で期待大
  • 価格
  • 1326円(税込)
  • 1215円(税込)
  • 758円(税込)
  • 1209円(税込)
  • 1273円(税込)
  • 595円(税込)
  • 489円(税込)
  • 549円(税込)
  • 475円(税込)
  • 1032円(税込)
  • 内容量
  • 94g
  • 90g
  • 200g
  • 250ml
  • 200ml
  • 100g
  • 250ml
  • 200ml
  • 65g
  • 200g
  • 種類
  • 乳液
  • ジェル
  • ムース
  • ジュレ
  • 乳液
  • ジュレ
  • ミスト
  • ワックス
  • ムース

他のスタイリング剤もチェック!

おすすめのスタイリング剤であなたのパーマを活躍させよう

ここまでパーマスタイルにおすすめのスタイリング剤について書いてきましたがいかがでしたか?自分の好みのパーマ感が出せると1日気分が上がります。髪の質感や雰囲気などもスタイリング剤のテクスチャなどで左右されますので、その特徴に合わせていくつか購入しておくと色々なスタイルが楽しめていいかもしれません。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ