記事ID133869のサムネイル画像

【知育ブロックの新定番!】LaQのおすすめランキング10選

LaQ(ラキュー)は、曲面や球体をつくることができる組み立てブロックです。日本の玩具会社ヨシリツが製造販売している、日本初のブロックなんです。今回は、LaQのおすすめの選び方も合わせてご紹介します。

LaQは子供の知育だけじゃない

LaQ(ラキュー)は、7種類の小さなパーツを組合せて、いろいろな形のものをつくれる組み立てブロックです。色も赤・青・黄色だけでなく、ピンクや黄緑色など全部で12種類もあるので、カラフルな色合いのものがつくれます。

 

日本の玩具会社ヨシリツが1994年から製造・販売しています。体験イベントの開催や全国の書店に販売網を広げていくことで、人気になってきた知育玩具です。書店で販売している、というところが他の玩具とはちがうポイントです。

 

対象年齢は5歳以上となっていて、子供向けのイメージを持っている方も多いかもしれませんが、大人も創作活動として本格的に作り込み、ハマっている人が多いんです。LaQのホームページには、大人の人が作った完成度の高いオリジナルの作品がたくさん掲載されています。これから、そんな大人もハマるLaQの魅力に迫っていきましょう。

LaQの選び方

LaQには、たくさんのパーツが入っていていろんなものを自由に作れる「ベーシックシリーズ」と、乗り物やスイーツなど好きなものを作れる「すきなモノをつくろうシリーズ」があります。それぞれ特徴があるので、シリーズごとにおすすめの選び方をご紹介します。

ベーシックシリーズから選ぶ

ベーシックシリーズは、いろんなパーツがバランスよく入っています。最初は平面のモデルなどの簡単なものから作ってみて、自分で好きなものから自由に作っていけるので、LaQが初めての方に向いています。

パーツの数で選ぶ

LaQベーシック001/体験パックは、平面の作品を作れる4種類のパーツが合計60個入っています。このパックでは、鳥や機関車など6種類のモデルを作ることができます。価格も600円(税別)とお安いので、お子さんが気に入るかお試しで買って見るにはぴったりです。

 

LaQベーシック101、201、401と番号が大きくなるにつれて、入っているパーツの種類も数もどんどん増え、作れるかたちのバリエーションも広がっていきます。201は350ピース、401は650ピースになります。401には収納ケースがついているので、お片付けのときに便利です。

 

さすがに一般家庭で購入される方はなかなかいないかと思いますが、LaQベーシック5000にもなると、特性コンテナケースに基本パーツ7種類が5,000ピースも入っています。

 

 

パーツの種類で選ぶ

LaQには、基本パーツ7種類の他にも、いくつかの特殊パーツがあります。LaQベーシック511からついているのが、ハマクロンというタイヤパーツです。小さい車輪のようなパーツで、回したり、走らせたり、動かすことができるので、LaQの遊び方がぐっと広がります。

 

他には、頭につけるヘッドバンドパーツや、大きい作品をかんたんにつくるためのパックスパーツもありますが、ベーシックシリーズにはついていません。パーツはばら売りもされているので、必要なものを買い足していきましょう。

 

ばら売りだと、380円(税別)で50ピース、760円(税別)で100ピースずつ、パーツを買い足していくことができます。ハマクロンパーツセットも売っているので、どうしてもタイヤをたくさん欲しい人は別に買ってもいいかもしれません。

すきなモノをつくろうシリーズから選ぶ

LaQには、文字通りすきなモノをつくりたい人向けの商品もたくさんあります。乗り物好きな男の子や、スイーツ好きな女の子に向けたおすすめのシリーズに加えて、日本製のブロックだからこその日本シリーズまで用意されています。

乗り物シリーズから選ぶ

ハマクロンコンストラクターは、タイヤパーツのはいっている乗り物シリーズです。レーシングカーやトラックといったクルマから、タンカーやスペースシャトルといった幅広い乗り物がLaQでつくれます。消防車やホイールローダーまであります。走らせて遊べるところがいいですよね。

 

トレインシリーズは、新幹線や蒸気機関車がつくれるLaQです。タイヤがついていて走らせることはもちろんですが、パッケージが横長で車両をヨコから見た絵になっているので、パッケージを集めたくなる衝動にかられます。パーツの数も少なめなので、気軽に作れるところも魅力的です。

 

生き物シリーズから選ぶ

ダイナソーワールドは、かっこいいポーズをした恐竜がつくれます。例えば、恐竜の代表格であるティラノサウルスは、アーケオプテリクスやディノニクスといった、あまり名前を聞いたことがない恐竜6種類に変身させることができるので、一回つくっておしまいにならず、何度も楽しむことができます。やっぱり恐竜同士を戦わせたい、となると、ついついセットを追加で買いたくなってしまいます。

 

インセクトワールドは、手のひらサイズの昆虫です。価格も600円(税別)からと手頃で、ピース数も65ピースと少なめなので、そこそここったものをつくってみたい人にはちょうどいいシリーズかもしれません。つくれる昆虫の種類も「オニヤンマ」や「クワガタムシ」のようにメジャーなものから「グラントシロカブト」のような珍しいものまであります。

女の子向けシリーズから選ぶ

スイートコレクションは、スイーツやお花など、女の子がおままごとで使えるシリーズです。パステルカラーのパーツが入っているので色もかわいいですし、ケーキやお人形といった女の子が大好きなものをいくつも作ることができます。

 

スイートコレクションには、お姫様をテーマにした「プリンセスガーデン」やスイーツをたくさんつくれる「スイーツパーティ」のようなセットもあるので、女の子の好きな世界観をLaQでつくりあげることができます。パフェやアイスクリームも、立体的に丸みのあるものを作れるLaQだからこそできる作品なので、初めて見る人はびっくりするはずです。

日本シリーズから選ぶ

LaQには、「LaQ日本」「LaQ神社」「LaQ舞妓」といった、日本をモチーフにしたセットもたくさんあります。LaQが日本製のブロックであることを世界へPRするため、説明は英語や中国語でも書かれてあり、海外の人へのプレゼントにもできます。

 

日本を代表する「富士山」や「桜」などが作れるので、日本の文化を知ってもらうのにはいいかもしれません。そのかいあってか、LaQは海外の玩具アワードで数々の賞を受賞しています。日本人としては、日本製ブロックが世界中で遊ばれるようになったら、やっぱり誇らしいですよね。

人気のLaQのランキング10選

ここまで紹介してきたLaQのなかでも、選りすぐりのおすすめ商品10選をご紹介していきます。ピース数と1つのセットで作れる作品の数であるモデル数も載せてあります。こんなLaQもあったんだ、と知らないLaQもあると思うので、最後までしっかりチェックしてください!

第9位

ヨシリツ

LaQアニマルワールド危険生物(Animal World VENOM)

価格:2,619円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サソリのフォルムがかっこいい

LaQアニマルワールド危険生物は、毒のある最凶生物を作れます。「オブトサソリ」は、ハサミの形ががっちりしていて、足も尻尾もまるで本物のようなかっこいいフォルムをしています。色味も毒々しくていいですね。

 

サソリの他にも、体を動かせる「キングコブラ」や「ヒョウモンダコ」、「セアカゴケグモ」などもこのセット1つでつくれるので、怖い動物好きな男の子にはぴったりです。同時にいくつも作ろうと思うとパーツが足りなくなってしまうので、必要なパーツを買い足していく人も多いようです。

 

6歳くらいの子供でも、説明書をよめば一人で全部作りあげることができます。自分で作れたという自信が得られるのもLaQの素晴らしいところです。

合計ピース数330ピースモデル数6種類
第8位

ヨシリツ

LaQビルドアップロボ ラピス

価格:2,912円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

かっこいいカスタムロボ

LaQビルドアップロボ ラピスは全身を動かすことができ、オリジナルのロボットが作れます。男の子ならわくわくすること間違いなしのLaQです。

 

このロボットは、ファルコンやジェット、ミニロボットに変形できます。さらに、LaQのホームページには、ビーストモード<麒麟>という更に進化したロボットの作り方ものっていますし、自由に武器やパーツを組合せていって、カスタマイズも出来るのがいいところです。

 

ちなみにラピスは、殿堂入りしているユーザーの方が作成したモデルなんです。LaQには、ユーザーが自分で作った作品を応募して競い合えるLaQ芸術祭というコンテストがあり、その芸術祭で12回以上月間賞を獲得したユーザーが殿堂入りする、という仕組みがあるんです。その殿堂入りした作品のなかから、いくつか商品化されているんです。

 

じぶんがつくったLaQが商品化されるなんて、夢のようですよね。たくさんのお父さん、お母さんが、子供に負けじと創作活動に励むようになるわけです。

合計ピース数320ピースモデル数4種類
第7位

ヨシリツ

LaQフリースタイル クリスタル 

価格:6,336円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キラキラの特別感

LaQフリースタイル クリスタルは、クリアレッド・クリアブルー・クリアイエロー・クリアの4色のパーツセットです。キラキラのLaQパーツだからこそ、観賞用にも映える作品が作れます。

 

クリスタルといえばあの「ガラスの靴」も作れますし、「宝石箱」や「王冠」など光り輝くものが作れます。他にも「クラゲ」や「ペガサス」といった動物もできちゃいます。とくに「お城」はけっこう大きい作品なので、作りがいがあります。

 

クリスタルのパーツはやっぱり特別感があるので、子どもたちが奪い合いがちですが、400ピースも入っているので、使い放題なところが魅力的ですね。ベーシックなど他のLaQを既に持っている人も、クリスタルパーツを組み合わせると創造の幅がぐぐっと広がるので、より一層LaQを楽しめます。

合計ピース数400ピースモデル数10種類
第6位

ヨシリツ

LaQスイートコレクション ミニピンク

価格:540円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ピンク好きのためのLaQ

LaQスイートコレクション ミニピンクは、とにかくピンク色でかわいいものを作りたい女の子向けのセットです。パステルカラーの色味がとてもかわいいです。

 

「いちごのカップケーキ」や「りぼん」や「バック」に加えて、「お花のブレスレット」や「ケーキのゆびわ」など自分で身につけられるものも作れるので、遊びの幅が広がります。LaQは、簡単にくっつけられるのに、案外外れにくいので、こうした遊び方ができるんです。

 

パーツ数は62ピース、つくれるモデル数も10種類で、体験版としてちょうどいい分量で、その分価格もお手頃です。これだけ小さいと置くところにも困りません。3歳児くらいのお子さんへのプレゼントには最適な商品です。

合計ピース数62ピースモデル数10種類
第5位

ヨシリツ

LaQダイナソーワールド ディノキングダム

価格:7,500円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ばんざい!恐竜王国

LaQダイナソーワールド ディノキングダムは、自分だけのお気に入りの恐竜王国を作れるLaQです。恐竜の解説書もついています。

 

ティーレックスは、口やしっぽを動かすことができ、迫力満点のポーズにすることができます。大型恐竜のブラキオサウルスも首や足が動かせるので、恐竜同士の対決ごっこが繰り広げられること間違いなしです。他にもスピノサウルスやケントロサウルスといった知る人ぞ知る恐竜14種類に変身できるので、自分好みの恐竜ワールドにひたれます。

 

基本パーツが980ピースとスペシャルパーツが8ピースついていて、結構複雑なものが作れるので、子供の手伝いをしていたら、ついつい大人もハマってしまいます。一つ仕上げるのに何時間もかかりますが、一度作ればその達成感にやみつきになります。これだけ見栄えがいいと、当分飾っておきたくなりますね。

合計ピース数988ピースモデル数14種類
第4位

ヨシリツ

LaQスイートコレクション フォレストフレンズ

価格:3,143円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

どうぶつの森

LaQスイートコレクション フォレストフレンズは、「うさぎ」「ねこ」「いぬ」「ひよこ」「インコ」「ハムスター」といった動物たちと、遊具で遊べるセットです。

 

ツリーハウスのぶらんこやシーソーで遊んだり、ティータイムを楽しむことができるので、おままごと好きな女の子には大人気です。パステルカラーのお花や木も周りに作れば、森のなかのお遊戯会のようになるので、乙女心はわしづかみ間違いなしです。

 

パーツの数は400ピースと少なめですが、年少さんや年中さんくらいにはちょうどいいのではないでしょうか。動物や遊具はお父さんお母さんにつくってもらって、簡単なお花あたりから始められるので、女の子の入門用にはぴったりのLaQです。

合計ピース数400ピースモデル数14種類
第3位

ヨシリツ

LaQさんすう400ピース

価格:3,143円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ザ知育LaQ

LaQさんすう400ピースは、LaQのパーツとテキストカードの問題のセットで、遊びながら算数を学ぶことができます。さんすうといっても足し算引き算ではなく、図形の力をつけられるものなので、幼稚園のお子さんでも楽しく取り組めます。

 

簡単な平面の図形をつくるところから始まり、徐々に立体的で複雑なものへとレベルアップしていくので、図形の感覚をたのしくステップアップすることができます。身につく力は、1つ目に「立体を作ることによる空間認識能力」、2つ目に「頭の中で図形を動かす想像力」、3つ目に「イメージを形にしていく独創力」が育まれます。

 

パーツは400ピースと多くはありませんが、知育目的ならこれくらいあれば十分でしょう。子供が集中して手を動かしながら学んでいる姿をみると、親御さんもLaQを買ってあげてよかったなぁと思うんでしょうね。

合計ピース数400ピーステキストカード13枚
第2位

ヨシリツ

LaQベーシック511

価格:5,838円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ちょうどいい量とハマクロン

LaQベーシック511は、ピース数が全部で680ピースある、ちょうどいいセットです。基本パーツ7種類が650ピース入っていて、タイヤのパーツのハマクロンは30ピース入っています。

 

1セットで何台もクルマをつくれますし、恐竜に襲わせることだって出来ちゃいます。650ピースときくと、比較的多めの量に感じるかもしれませんが、案外つくり始めてみるとちょうどいい量なんです。これだけまとめて買うと、1ピースあたりの価格も安くなり、ちょくちょく買い足していく必要がないので、意外と節約になります。

 

初めて買う人には少しハードルが高いかもしれませんが、飽きずに遊びそうな予感のする方は、思い切ってまとめて購入してみてはいかがでしょうか。

合計ピース数680ピースモデル数12種類
第1位

ヨシリツ

LaQ ボーナスセット 2018

価格:7,884円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

数量限定のお得なセット

おすすめランキング1位は、LaQボーナスセット2018です。ボーナスセットは、毎年入っているパーツの種類や数が変わりますが、お得なセットなので変わらす人気があります。

 

2018年のセットには、ハマクロンやクリアパーツも入っていて、全部で100種類のモデルを作ることができます。通常のセットにくらべて20%もパーツが増量されており、基本パーツが1,050ピース、クリアパーツが100ピースも入っています。もちろん収納ケースもついています。

LaQをかったことのある人ならあるあるですが、LaQを作るのになれてくると子供でも500ピースくらいだと少し物足りなくなってくるので、どうしても買い足さなきゃいけなくなってくるんです。これだけたくさんパーツがあれば、いろんなクルマや動物を一度に作れるので、作ったものをすぐに壊さずに済むのがいいですよね

 

大人も子供もLaQボーナスセットで、とことんLaQにハマっちゃってください!

合計ピース数1150ピースモデル数100種類

まとめ

人気のLaQのおすすめ10選、いかがでしたでしょうか。LaQは「LaQのりもの図鑑」や「LaQ恐竜ワールド」といった作り方の本もたくさん出ているので、自分1人では作れない作品も本を読みながら簡単に作れるところもいいところです。お子さんへのプレゼントだけでなく、ご自身の趣味としてもぜひぜひ挑戦してみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ