記事ID133864のサムネイル画像

機能性とデザイン性の両立!人気の安全靴おすすめランキング10選

近年では、機能性の高さはもちろんのこと、スタイリッシュなデザインや奇抜なカラーリングなど、さまざまな個性を持った安全靴がリリースされています。ここでは安全靴のおすすめの選び方や、おすすめの安全靴をランキング形式で紹介していきます。

着用者の足を守る安全靴

安全靴とは、着用者の足を保護するためにつま先の部分に金属板が内蔵されていたり、滑りにくいソールを使用した靴を指しています。建設現場や工場内などで作業する際に着用されることが多いですね。

特に現場で危険な作業がある場合は、ケガを防止するためにも安全靴の着用は必須になります。安全靴としての機能性の高さはもちろん重要なポイントですが、最近では非常にクールなデザインの安全靴もかなり増えてきました。

安全靴を選ぶ際は、機能性とデザイン性の両面をチェックしましょう。

安全靴の選び方

素材で選ぶ

安全靴を選ぶ際、どのような素材が使われているかにも注目してみましょう。使用されている素材によって、その安全靴の特徴、適応できる場所は異なってきます。自分が安全靴を使用する場面を想定して、その場所に適した素材の商品を選びましょう。

合成皮革

安全靴に使用される素材としても、よく目にする合成皮革ですが、水に強くて比較的安価で購入しやすいという点が大きな特徴でしょう。しかしその反面、熱には弱い一面があり、着用する状況にもよりますが長期間の使用では劣化もしやすい傾向があります。

 

工場内で作業する場合や、運送業などの現場では非常に活躍してくれる素材でしょう。

本革

本革が使用されている安全靴は、合成皮革とは逆に熱に強く、水には弱いという特徴を持っています。さらに、比較的強い摩耗性があり耐久性も高いのが大きなポイントになっていいますね。 建築現場や、溶接を行う現場などでは、大活躍してくれる素材でしょう。

ナイロン

ナイロン素材の安全靴は、重量が比較的軽量で、高い通気性を備えているとい特徴があります。メッシュや布地として採用されることが多い素材ですね。工場での使用や、ちょっとした軽作業時には非常に履きやすい素材といえるでしょう。

タイプで選ぶ

自分の足を守る安全靴にとって、フィット感というのは重要な要素ですが、足にフィットさせるためにさまざまなタイプの商品が販売されています。また、タイプによってビジュアルも大きく異なります。自分の好みの見た目で選ぶのも、一つの方法ではあります。

最もポピュラーなシューレースタイプ

スニーカーなど、多くのシューズに採用されている靴紐でサイズを調節するタイプです。誰もが履いたことのあるタイプではないでしょうか。見た目的にも、「シューレースタイプじゃないとダメ」という人も少なくないでしょう。

 

靴紐タイプの注意点としては、作業中にほどけないように結ぶ必要があります。紐がほどけた状態で作業するのは非常に危険なため、結び方を工夫したり、紐の長さを調節するようにしましょう。

着脱が楽ちんなベルクロタイプ

ベルクロタイプの安全靴も、数多く目にすることができます。ベルクロタイプは、「マジックテープ」という呼ばれ方をすることもありますね、ベルクロタイプの特徴はというと、着脱が非常に楽に行えるところでしょう。着脱がシューレースタイプよりも比較的簡単にできつつ、しっかりと足をホールドすることも可能です。

 

ベルクロが採用されているだけで、機能性の変化だけでなくシューレースタイプとはまた違った見え方になるのもおもしろいですね。

人気上昇中のダイヤルタイプ

ダイヤルタイプとは、ダイアルをカリカリと回すことでサイズ調節ができるシステムです。比較的新しいタイプなので、他のタイプに比べると商品数は多くありません。しかし、その画期的なスタイルは、さまざまなジャンルで注目を浴びています。

JIS企画認定品を選ぶ

一般的に安全靴と呼ばれている商品には、2種類に分けられます。一つは、JIS認可工場で製造されて革製の「JIS規格品」。そしてもう一つは、耐久性はJIS規格に相当していながらも、革製で作られていないようなタイプを「JSAA規格」と呼びます。

 

厳密にいえば、安全靴というのはJIS規格品であり、JSAA規格のものは「プロテクティブスニーカー」と分類されます。もちろんどちらも耐久性が高いのですが、正真正銘の安全靴を選ぶならJIS規格の商品を選びましょう。

自分に合ったサイズを選ぶ

安全靴を選ぶ際に、自分に合ったサイズを選択することは非常に大切なことです。特に危険な現場で作業するのであれば、事故を防止するためにも、サイズの合った安全靴を購入するように心がけましょう。

ネット通販で購入する場合は特に、慎重なサイズ選びが必要になります。

ブランドによってサイズ感は異なる

「普段履いているスニーカーが27cmだから、安全靴も27cmで大丈夫」というような安易な選び方はおすすめしません。サイズ感というのは、ブランドによって大きく異なるので、できる限り試し履きして安全靴を購入するようにしましょう。

何度か購入したことのあるブランドであれば、なんとなくサイズ感がつかめるかもしれません。しかし、初めて購入するブランドの安全靴であれば、試し履きしないとミスチョイスしてしまう可能性は高いでしょう。

足に圧迫感がないか確認する

安全靴を試し履きした際に、横幅やかかと部分、甲の部分に圧迫感がないかどうか確認してみましょう。もしも圧迫感を感じるのであれば、サイズをハーフサイズ上げたシューズを試していきます。

 

もちろんサイズが大きすぎても問題があるので、いくつか試し履きして自分に適したサイズを探すという作業が重要になります。

可能な限り、店舗で試し履きする

自分の足に合ったサイズを選ぼうとしても、ネット通販ではなかなかサイズ感をイメージするのが難しいでしょう。近くで安全靴を扱っている店舗があるならば、店舗で試着して購入することをおすすめします。

 

サイズ感を知れるだけでなく、素材の質感や色合いを確認できるので、ミスチョイスする可能性を大幅に減らすことができるでしょう。

ブランドで選ぶ

現在は、さまざまなジャンルのブランドから安全靴が販売されています。単純に見た目がかっこいい安全靴も、多数見つけることができますね。ここでは数多く存在するブランドの中から、安全靴を扱うブランドを3つ紹介していきます。

アシックス

「アシックス」というブランドは、兵庫県の神戸市に本社を構える総合スポーツブランドです。ランニングシューズやスポーツウェアの他にも、スニーカーやアパレル商品も非常に人気があります。

これまで日本のスポーツ界に多大な影響を与え続けてきたアシックスは、数多くの日本のアスリートを支え続けてきました。それゆえに、幅広い層の人から信頼されているスポーツブランドでもあるのです。

そんなアシックスからも、数多くの安全靴がリリースされているのでチェックしてみましょう。

ミドリ安全

ミドリ安全は、安全靴やヘルメット、産業用の特殊服など、安全衛生保護具の製造・販売を手掛けるブランドです。特に、安全靴や作業服は国内でもトップのシェアを誇っており、多くの人から信頼を得ている商品です。

さらに、安全衛生に関するコンサルタントも行っているという特徴があります。

ディアドラ

「ディアドラ」というブランドは、現在世界各国で大きな注目を浴びているイタリアを代表するスポーツブランドです。イタリアブランドらしい洗練されたデザインと、高い安全性を兼ね備えたシューズを展開して、幅広い層から人気を得ています。

そんなディアドラからも、多くの種類の安全靴を見つけることができます。

安全靴の人気ランキング10選

第10位

マルゴ

ローファー 767

価格:4,320円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

通気性抜群のスリッポンタイプ

こちらのマルゴの安全靴は、樹脂製のメッシュを使用しており、抜群の通気性を実現しています。夏場の着用でも、靴内の空気を循環させて快適な履き心地を保つことができます。さらに軽量なソールを採用しているのも大きなポイントとなっています。

 

スリッポンタイプなので、サイズ選びは慎重に行った方がよいでしょう。販売価格は比較的安価な商品なので、気軽に購入しやすいですね。カラーバリエーションは3色展開されており、3種類ともアッパーは落ち着いた色味が使用されています。

 

それとは対照的に、ミッドソール部分は鮮やかなカラーが採用されているのも大きな特徴ですね。

原産国中国メイン素材合皮+メッシュ
カラー展開ブルー/ブラック、ライム/グレー、レッド/ブラックタイプスリッポンタイプ
第9位

ミドリ安全

安全作業靴

価格:7,560円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量で履きやすい安全靴

ミドリ安全は、安全靴やヘルメット、産業用の特殊服など、安全衛生保護具の製造・販売を手掛けるブランドです。特に、ここで紹介する安全靴や作業着は国内でもトップのシェアを誇っており、多くの人から信頼を得ている商品です。

 

こちらのミドリ安全の安全靴は非常に軽量なシューズで、長時間の作業で着用しても疲れづらいのが特徴となっています。つま先部分にも、軽量な樹脂先芯が搭載されています。また、リフレクターも採用されているので、夜間や暗闇での作業も安心して行うことができます。

 

カラーバリエーションは4色、自分の好みの色味から選ぶことができるのもうれしいポイントです。

原産国中国メイン素材合成皮革
カラー展開シルバー、ブルー、レッド、ブラックタイプシューレースタイプ
第8位

イグニオ

セーフティシューズ

価格:4,298円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ダイヤル操作で瞬時に着脱可能

IGNIO(イグニオ)とは、株式会社アルペングループが販売する、スポーツ用品のプライベートブランドになります。野球やサッカー、ゴルフにウィンタースポーツなど、幅広いスポーツ関連用品を扱っています。

 

こちらのイグニオの安全靴は、ダイヤル操作で簡単にサイズ調節できるのが大きな特徴となっています。また、重量の軽い樹脂製先芯を採用していることで、軽量な安全靴に仕上がっています。

 

ミッドソールにはEVA素材が採用され、高いクッション性を実現しています。さまざまな機能を搭載しながらも、比較的安価で購入できるのも大きな魅力となっています。

原産国メイン素材 合成皮革
カラー展開イエロー/ブラック、ブラック/イエロー、ブルー/ブラック、ブラック、ブラック/レッド、ホワイト、レッド/ブラックタイプダイヤルタイプ
第7位

ディアドラ

レイル

価格:9,180円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

クールな見た目のベルクロタイプ

ディアドラは、現在もなお世界各国で大きな注目を浴びている、イタリアを代表するスポーツブランドです。ディアドラの大きな特徴は、イタリアブランドらしい洗練されたデザインと、高い安全性を高次元で兼ね備えたシューズを展開している点でしょう。

 

こちらのディアドラユーティリティの安全靴は、ベルクロを採用してワンタッチで着脱が可能な履きやすいシューズに仕上がっています。カラーバリエーションは4色展開ですが、4色ともに鮮やかでセンスのある配色です。

 

クールなデザインの安全靴で、毎日履きたくなるような完成度の高いデザインのシューズに仕上がっています。

原産国中国メイン素材人口皮革
カラー展開ブラック、ブルー、ホワイト、レッドタイプベルクロタイプ
第6位

ミドリ安全

安全作業靴

価格:8,640円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

落ち着いた色味のベルクロタイプ

ミドリ安全は、安全靴やヘルメット、産業用の特殊服など、安全衛生保護具の製造・販売を手掛けるブランドです。特に、ここで紹介する安全靴や作業着は国内でもトップのシェアを誇っており、多くの人から信頼を得ている商品です。

 

こちらのミドリ安全の安全靴は、運送業や各種サービス業のために開発された男女兼用のシューズになります。ワイドな設計のラスト(足型)が採用されているのも注目ポイントです。夜間や暗闇での作業にも安心な、リフレクターが搭載されているのもうれしいポイントですね。

 

カラーバリエーションは2色で、2色とも落ち着いたカラーリングが特徴です。

原産国メイン素材人口皮革
カラー展開ブラック、ブルータイプベルクロタイプ
第5位

ミズノ

オールマイティLS ベルトタイプ

価格:7,992円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

鮮やかなカラーリングの一足

ミズノは、大阪府に本社を構える総合スポーツ用品ブランドです。「より良いスポーツ品とスポーツの振興を通じて社会に貢献する」という経営理念のもと、スポーツシューズやスポーツウェアなど幅広い商品を展開しています。

 

こちらのミズノの安全靴は、軽量さを追求したランニングスタイルの一足です。ソール部分には、重量の軽さと滑りにくさが特徴で、油によって劣化が起こりにくいラバーソールが採用されています。カラーバリエーションは3色展開で、鮮やかなカラーリングが非常に目をひくデザインですね。

 

特にレッドとイエローは目立ちやすいので、派手なカラーリングの安全靴を探している人はチェックしてみてください。

 

 

原産国メイン素材人口皮革
カラー展開レッド、ホワイト、イエロータイプベルクロタイプ
第4位

アシックス

ウィンジョブ42S

価格:10,584円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハイカットでベルクロタイプの一足

アシックスは、兵庫県の神戸市に本社を構える総合スポーツブランドです。日本では非常に多くのスポーツ愛好家から信頼されており、スニーカー等の人気も高いですね。現在では国内だけではなく、海外からも大きな注目を浴びるスポーツブランドとなっています。

 

こちらのアシックスの安全靴は、メッシュ使いでハイカットタイプなのが大きな特徴でしょう。足首をホールドしたい場合には、ハイカットタイプやミドルカットタイプの安全靴がおすすめです。ローカットタイプと比較すると、若干重量は重くなってしまいますが、気になる程ではないので大きな問題はないでしょう。

 

普段からハイカットのスニーカーが好きな人にもおすすめです。

原産国中国メイン素材合成繊維
カラー展開ブラック/ブルー、ホワイト/パープル、レッド/ブラックタイプベルクロタイプ
第3位

プーマ

セーフティスニーカー スプリントロー

価格:9,801円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スポーティーなデザインの一足

プーマは、ドイツを本拠地とする総合スポーツブランドです。シューズやウェアなどのスポーツ用品はもちろんのこと、ファッション性の高いアパレルなど、幅広く商品を展開しています。

 

「ミハラ・ヤスヒロ」や「アレキサンダー・マックイーン」など、ファッションデザイナーやブランドとも積極的にコラボレーションしていることでも知られています。こちらのプーマの安全靴は、幅広で甲高といわれている日本人の足型に合わせて開発されたシリーズになります。

 

スポーティーなデザインで、プーマらしさをのぞかせているのも魅力的ですね。

原産国中国メイン素材合成繊維
カラー展開イエロー、ブラック、ブルータイプシューレースタイプ
第2位

ディアドラ

フィンチ

価格:14,040円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Boa®クロージャーシステム

ディアドラは、現在もなお世界各国で大きな注目を浴びている、イタリアを代表するスポーツブランドです。ディアドラの大きな特徴は、イタリアブランドらしい洗練されたデザインと、安全性の高さを高次元で兼ね備えたシューズを展開している点でしょう。

 

こちらのディアドラユーティリティの安全靴は、シューレースを使用しないBoa®クロージャ―システムが採用されており、瞬時に着脱することが可能となっています。さらに、軽量さや耐久性も兼ね備えた一足に仕上がっています。

 

カラーバリエーションも豊富で、好みのカラーリングを見つけることができるでしょう。

原産国中国メイン素材牛革
カラー展開イエロー、オレンジ、ブラック、ホワイト、ブルー、レッドタイプダイヤルタイプ
第1位

アシックス

ウィンジョブCP103

価格:10,584円(税込)

amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

十分な機能性を備えた一足

アシックスは、兵庫県の神戸市に本社を構える総合スポーツブランドです。日本では非常に多くのスポーツ愛好家から信頼されており、スニーカー等の人気も高いですね。現在では国内だけではなく、海外からも大きな注目を浴びるスポーツブランドとなっています。

 

こちらのアシックスの安全靴は、幅広や甲高の人でもフィットさせやすいシューレースタイプです。ソール部分には、安全靴に必要な耐油性耐摩耗性に優れたソールを採用しています。

 

また、衝撃緩衝材であるαGEL(アルファゲル)が搭載されていることで、足への負担を軽減してくれます。機能面とデザイン性を高次元で両ます。立させた一足に仕上がっています。

原産国中国メイン素材合成繊維
カラー展開チャイブグリーン/ホワイト、ブラック/ホワイト、レッド/ホワイト、MDGR/LVAOタイプシューレースタイプ

安全靴のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4873147の画像

    アシックス

  • 2
    アイテムID:4873205の画像

    ディアドラ

  • 3
    アイテムID:4873165の画像

    プーマ

  • 4
    アイテムID:4873154の画像

    アシックス

  • 5
    アイテムID:4873230の画像

    ミズノ

  • 6
    アイテムID:4873742の画像

    ミドリ安全

  • 7
    アイテムID:4873221の画像

    ディアドラ

  • 8
    アイテムID:4873747の画像

    イグニオ

  • 9
    アイテムID:4874342の画像

    ミドリ安全

  • 10
    アイテムID:4873759の画像

    マルゴ

  • 商品名
  • ウィンジョブCP103
  • フィンチ
  • セーフティスニーカー スプリントロー
  • ウィンジョブ42S
  • オールマイティLS ベルトタイプ
  • 安全作業靴
  • レイル
  • セーフティシューズ
  • 安全作業靴
  • ローファー 767
  • 特徴
  • 十分な機能性を備えた一足
  • Boa®クロージャーシステム
  • スポーティーなデザインの一足
  • ハイカットでベルクロタイプの一足
  • 鮮やかなカラーリングの一足
  • 落ち着いた色味のベルクロタイプ
  • クールな見た目のベルクロタイプ
  • ダイヤル操作で瞬時に着脱可能
  • 軽量で履きやすい安全靴
  • 通気性抜群のスリッポンタイプ
  • 価格
  • 10584円(税込)
  • 14040円(税込)
  • 9801円(税込)
  • 10584円(税込)
  • 7992円(税込)
  • 8640円(税込)
  • 9180円(税込)
  • 4298円(税込)
  • 7560円(税込)
  • 4320円(税込)
  • 原産国
  • 中国
  • 中国
  • 中国
  • 中国
  • 中国
  • 中国
  • 中国
  • メイン素材
  • 合成繊維
  • 牛革
  • 合成繊維
  • 合成繊維
  • 人口皮革
  • 人口皮革
  • 人口皮革
  • 合成皮革
  • 合成皮革
  • 合皮+メッシュ
  • カラー展開
  • チャイブグリーン/ホワイト、ブラック/ホワイト、レッド/ホワイト、MDGR/LVAO
  • イエロー、オレンジ、ブラック、ホワイト、ブルー、レッド
  • イエロー、ブラック、ブルー
  • ブラック/ブルー、ホワイト/パープル、レッド/ブラック
  • レッド、ホワイト、イエロー
  • ブラック、ブルー
  • ブラック、ブルー、ホワイト、レッド
  • イエロー/ブラック、ブラック/イエロー、ブルー/ブラック、ブラック、ブラック/レッド、ホワイト、レッド/ブラック
  • シルバー、ブルー、レッド、ブラック
  • ブルー/ブラック、ライム/グレー、レッド/ブラック
  • タイプ
  • シューレースタイプ
  • ダイヤルタイプ
  • シューレースタイプ
  • ベルクロタイプ
  • ベルクロタイプ
  • ベルクロタイプ
  • ベルクロタイプ
  • ダイヤルタイプ
  • シューレースタイプ
  • スリッポンタイプ

まとめ

いかがでしたでしょうか。ここでは安全靴の選び方や、おすすめの安全靴をランキング形式で紹介してきました。自らの足を守るためにも、機能性の高さはもちろん大切ですが、安全靴にもかっこいいデザインのものは多数存在しています。

せっかく購入するのであれば、自分好みのデザインの安全靴を探してみてはいかがでしょうか。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ