サイクルパンツの選び方&おすすめの人気商品ランキング10選

ロードバイクに乗るサイクリストたちに絶対必須のアイテムが『サイクルパンツ』です。ロードバイク初心者の方は、そのサドルの硬さに戸惑う方が多いと思います。そこで今回はその悩みを解消してくれる『サイクルパンツ』の選び方やおすすめ商品をランキング形式で紹介します。

サイクルパンツを履いてサイクリングを快適に

おすすめランキングを紹介する前に、サイクルパンツとはどういう物なのかを説明させていただきます。ロードバイクは一般的なママチャリなどと比べると、サスペンションのような衝撃吸収機構が存在しておらず、タイヤも細く空気圧も高めに設定されています。

 

そうすることで、漕ぐ力をダイレクトに推進力に変えられるので、少しの力でも速く走ることが出来ます。ただ、地面から伝わる衝撃は緩和されずに体に伝わってきます。なので自転車に接しているお尻にはかなり痛みが出ます。

 

その衝撃、痛みを緩和する目的で使われるのがサイクルパンツです。サイクルパンツはサドルと接触するお尻部分に衝撃を和らげるパットが付いているという単純な作りです。しかし、サイクルパンツ無しではとても長時間のサイクリングなど考えられないため、サイクリストには必須のアイテムとなっています。

サイクルパンツの選び方

サイクルパンツを選ぶ際にいくつか押さえておきたいポイントがあります。サイクルパンツにはいろいろな種類があります。使用するシチュエーションにあわせて適切なタイプを選ぶことは、快適なサイクリングにも繋がりおすすめです。

種類で選ぶ

サイクルパンツには様々な種類があり、紫外線対策や防寒対策を施したものから、ロング丈にスパッツ、また肩紐の付いたものなど数多いです。ご自身の使用するシーンに合った物を選ぶことをおすすめします。

サイクルショーツ

最初に紹介するのは定番の「サイクルショーツ」です。スパッツのようなハーフパンツタイプのものにパットが付いた一般的なタイプで、「サイクルパンツ」や「レーシングパンツ」と呼ばれることもあります。

 

サイクルパンツはバイクに乗った時に空気抵抗を受けにくくするために、体にフィットするストレッチ素材をつかっています。なので、物によっては脱ぎにくかったりすることもありますが、「サイクルショーツ」はハーフパンツサイズなので脱ぎ着しやすいのもおすすめのポイントです。

ビブショーツ

次に紹介するのは「ビブショーツ」です。「ビブショーツ」とは、「サイクルショーツ」に肩紐の付いたウェアことを言います。初心者の方には敬遠されがちですが、むしろ上級者の方が好んで着用している印象です。

 

「ビブショーツ」は肩紐があるおかげで、ウエストにゴムなどがないため前傾姿勢をとってもウエストの締め付けが無く、快適に長時間のロングランなども行えます。肩紐で留めているので、走行中にショーツがズレ落ちてパッドがズレるということもなくおすすめです。

サイクルロングパンツ

次に紹介するのは「サイクルロングパンツ」です。「サイクルロングパンツ」は、膝上丈の「サイクルショーツ」と違って足首までの長さがあるタイプです。また、「サイクルロングタイツ」と呼ばれることもあります。

 

涼しさという点では膝上丈の物に及びませんが、なかには裏起毛の物あり冬場の防寒対策としてもかつやくします。また、紫外線対策にはロング丈であることがとても有効なので、女性ライダーには特におすすめします。

ビブロングパンツ

次に紹介するのは「ビブロングパンツ」です。「ビブロングパンツ」は「サイクルロングパンツ」に肩紐が付いたタイプのことを言います。また、「ビブロングタイツ」と呼ばれることもあります。

 

「ビブロングパンツ」は他のタイプよりも着脱に手間がかかるのは事実です。しかし、「ビブショーツ」と「サイクルロングパンツ」の良いとこ取りが出来ている、ということでもあるのでオールシーズン、オールラウンドに使えます。

シチュエーションで選ぶ

「サイクルパンツ」は、着用するシチュエーションでいろいろ使い分けることがおすすめです。カジュアルなコーディネートやガチガチのヒルクライム使用など、それぞれのシーンに合わせて選ぶことをおすすめします。

街乗り

ちょっと買い物に、用足しに、というような気軽な街乗りにピッチりとした「サイクルパンツ」を履くことに抵抗がある方も多いかと思います。

 

そんな方向けに、「カジュアルサイクルパンツ」というのもあります。素材や色、丈も様々ですが、スキニーパンツやレギンスのように使えるものが多いです。カジュアルといってもやはり「サイクルパンツ」なので、生地のストレッチやお尻のあたりの補強はしっかりしています。

 

また女性向けに「サイクルスカート」というものがあります。「サイクルパンツ」は体のラインが出やすいので、「サイクルスカート」を着ることで体のラインを隠すことが出来ます。デザインもかわいい物が多いのでおすすめです。

トレーニングライド

一般的にトレーニングライドというのは、長距離のライディングやヒルクライムなどの高い運動強度の長時間のライドのことを言います。

 

トレーニングライドには「ビブショーツ」をおすすめします。長距離ライドは前傾姿勢を取るので「サイクルショーツ」だとズレ落ちる心配がありますが、肩紐がある「ビブショーツ」はその心配がなく、ウエストの締め付けも無いのでおすすめです。

 

またヒルクライムでも、ダンシングと言われるような激しい立ち漕ぎをすることがあるので、肩紐のおかげでパッドがしっかり固定されるので、快適にトレーニングすることが出来るので「ビブショーツ」をおすすめします。

短距離

人によっても違いますが、短距離ライドというのは大体20km以内の走行距離のことを言うのが一般的です。20kmというとかなり大変なイメージかもしれませんが、ロードバイクで20kmというのはさほど大した距離ではありません

 

そんな短距離ライドにおすすめなのが「サイクルショーツ」です。簡単に着ることが出来るで、気が向いたときすぐに着替えて出発することが出来ます。また、それ以上に短距離ならば「カジュアルサイクルパンツ」もお手軽でおすすめです。

 

長距離

短距離ライドとは逆に、長距離ライド又はロングライドとも言いますが、大体70kmを超えるような距離を走るのが一般的です。時間にして5~6時間は走ることになりますが、途中の水分補給や食事も重要になってきます。

 

そんな長距離ライドにおすすめなのが「ビブショーツ」です。トイレに手間出るというデメリットはありますが、ウエストの締め付けが無く、肩紐があるのでパッドがズレないなど長距離だからこそ気になるストレス、不快感から解放してくれるおすすめのウェアです。

サイクルパンツのおすすめランキング10選

ここからは、おすすめの「サイクルパンツ」をランキング形式で紹介していきます。「サイクルパンツ」には多くの商品があるので、購入するときに参考にしてみてください。

10位

ROCKBROS(ロックブロス)

SOBIKE NENK サイクリングパンツ 冬ズボン

タウンサイクルに最適

おすすめランキングの10位に入ったのは、ROCKBROS『SOBIKE NENK サイクリングパンツ 冬ズボン』というサイクルパンツです。このサイクルパンツは冬用で、外部は防風・防水使用、内部は裏起毛が採用されていて寒い冬に最適のサイクルパンツです。

 

ウエストはゴムなので簡単に脱げますし、裾はベルクロ使用になっていて防風対策もバッチリです。また、ロゴとストラップが反射するようになっていて、安全対策もしっかり行われています。お尻の部分にパッドは付いていないので、長めに乗る方はパッド付インナーとの併用がおすすめです。

 

体のラインが出ない、カジュアルでオシャレなデザインはちょっとした街乗りやレジャーなどにはうってつけです。3D仕立てで動きやすいのでサイクリング以外でも、トレッキングや日々のウォーキングなどにも使える使い勝手の良さもおすすめの理由です。

種類 カジュアルサイクルパンツ カラー
9位

LLXNN

4Dゲルパッド レーサーパンツ

高品質のスポンジ採用の4Dゲルパッド付インナー

おすすめランキングの9位に入ったのは、LLXNN『4Dゲルパッド レーサーパンツ』というサイクルパンツです。このサイクルパンツは、内側にゲルパッドの付いたインナーパンツなので、このパンツの上からカジュアルなものを履くので、ピッタリしたレーサーに抵抗のある方におすすめです。

 

使用されているゲルパッドは、128個の穴が開いていて通気性と吸湿性に優れています。アジア人の体型を考えた4D設計になっているので、体によくフィットします。また、防臭・殺菌加工や滑り止め加工も施されていて快適に使うことが出来ます。

 

ゲルパッドはクッション性も十分なので、サイクリングはしたいけれどファッション性も重視したい、カジュアルなウェアだとお尻が痛くなるのが嫌だ、というようなお悩みを持っている方にはぜひともおすすめしたいサイクルパンツです。

種類 パッド付きインナーパンツ カラー
8位

PEARL IZUMI

サイクルタイツ

安心のジャパンブランド

おすすめランキングの8位に入ったのは、パールイズミ『サイクルタイツ』です。このサイクルパンツは秋冬用のビブロングタイツです。「スーパー サーマフリース プラス」という素材が使われていて、内側の起毛に保温性を持たせ、緻密に織り上げた外面は冷気の侵入を防いでくれます。

 

お尻に使用されているゲルパッドは、密度の異なる2つの素材を組み合わせた「3D-ネオ」が使われています。凹凸が少なく、潤滑剤も必要ないので、レースからサイクリングまで幅広く活躍するオールラウンドなゲルパッドです。

 

また、膝裏は縫い目が無いシームレス加工、裾のファスナーも排除してあって、ウエストの締め付けが無いビブタイプの特徴と合わせて、とても快適に長距離ライドが出来る仕様になっているおすすめのサイクルパンツです。

種類 ビブロングパンツ カラー
7位

PEARL IZUMI

サイクリング スカート Aラインスカート

使い方いろいろスポーツスカート

おすすめランキングの7位にランクインしたのは、パールイズミ『サイクリング スカート Aラインスカート』です。このサイクルスカートは、ウエストにストレッチ性の高い素材を使い、巻きスカートタイプなので着脱も簡単にできます。

 

お肌を気にする女性にもうれしいUVカット機能もあります。その紫外線防止性能はUPF50+という最高の性能です。ちなみに、紫外線をカットする程度を表すUPF数値の最高値が50+です。

 

シンプルでシャープなデザインは、ボトムスとの組み合わせ次第で様々なコーディネートが楽しめますし、オールシーズン対応というのも入れしいポイントです。サイクリングでヒップラインを隠したい方にもおすすめですが、ジョギングやランニング、ヨガなど他のスポーツにも使える取り回しの良さもおすすめです。

種類 サイクルスカート カラー 黒、白、ピンドット
6位

PEARL IZUMI

サイクリング パンツ テーパードスリークォーター

普段着にも使える七分丈サイクルパンツ

おすすめランキングの6位に入ったのは、パールイズミ『サイクリング パンツ テーパードスリークォーター』です。このカジュアルサイクルパンツは、タウンサイクルにピッタリな細身の七分丈で、十分カッコ良く着こなすことが出来ます。

 

もちろんサイクルパンツとしての機能もあります。動きを妨げないストレッチ素材を使用、股下は縫い目のないシームレス加工なのでペダリングも楽ちんです。また、両裾とバックポケットに再帰反射を配置し安全面での配慮も怠っていません。

 

動きやすくカジュアルなデザインに加え、吸汗速乾にUVカット機能まで備えているので、サイクリングだけでなくゴルフやテニス、ランニングやジョギングなど幅広いスポーツやアウトドアにも使えるおすすめのサイクルパンツです。

種類 カジュアルサイクルパンツ カラー 黒、グレー、ベージュ
5位

Santic

レーサーパンツ 4D GELパッド

蒸れずに快適なサイクルパンツ

おすすめランキングの5位に入ったのは、Santic『レーサーパンツ 4D GELパッド』です。このサイクルパンツは夏用のサイクルショーツです。蒸れずに快適に着脱できて、通気性と吸汗性もばっちりです。何よりこのサイクルパンツはコストパフォーマンスに優れているのもおすすめの理由です。

 

他の高価格帯の物と比べても遜色ありません。お尻のゲルパッドは「cool max 4Dパッド」で、長時間のライドでも疲れにくく快適なツーリングが楽しめます。また、反射ストライプが付けて夜間の視認性の向上がなされるなど、安全性もしっかり考えられています。

 

高いコストパフォーマンスに、高いクッション性のジェルパッド、カラーバリエーションも豊富と三拍子揃ったサイクルショールなので、初心者の方が最初に手にするサイクルパンツにおすすめの一品です。

種類 サイクルショーツ カラー 全6色
4位

DABADA(ダバダ)

サイクル インナーパンツ

長距離ライドのマストアイテム

おすすめランキングの4位に入ったのは、ダバダ『サイクル インナーパンツ』です。この商品は、とても伸縮性に富んだライクラ素材を使用したゲルパッド付のサイクルインナーです。ライクラ素材の特徴である優しいフィット感、さらっとした肌触りが心地良くおすすめです。

 

お尻に付いている3Dゲルパッドも、メッシュ状になっている「クールマックス」素材を使用することで通気性に優れているほか、防水・撥水機能も備えています。3Dゲルパッド自体も厚さ21mmもあり、クッション性も申し分ありません。

 

本当に薄く作られたインナーなので長時間のライドだけでなく、カジュアルサイクルパンツの下に履いてちょっとした街乗りなどにも最適です。コストパフォーマンスが高いこともおすすめのポイントです。

種類 パッド付きインナーパンツ カラー ブラック、ネイビー、グレー
3位

PEARL IZUMI

サイクルタイツ

素早い着脱!セパレートタイプのクイックビブタイツ

おすすめランキングの3位に入ったのは、パールイズミ『サイクルタイツ』です。こちらのサイクルパンツはビブの付いたロングパンツですが、セパレート式で簡単に上下が分割できる「クイックビブ」方式を採用しているのが一番のおすすめポイントです。

 

ビブ式の欠点はトイレ時などに着脱の手間がかかる事ですが、これはスムーズな着脱が行えて快適に使用することが出来ます。また、前面には「ウィンドブレーク チタニウム」を採用し、高い遠赤外線効果を得ることで厳冬期でも暖かく着用出来ます。

 

ハイエンドモデルの「3D-ネオ プラス」をお尻のパッドに使用しているのでクッション性も抜群です。ビブとショーツの良いとこどりをしたハイクオリティーなウェアなので、上級者の方から初心者の方まで、多くのサイクリストの皆さんにおすすめできるビブパンツです。

種類 ビブロングパンツ カラー 黒×白、黒×赤
2位

PEARL IZUMI

ロングタイツ コールドブラック ビブタイツ

暑い時期のロングランに必須のビブタイツ

おすすめランキングの2位にランクインしたのは、パールイズミ『ロングタイツ コールドブラック ビブタイツ』です。こちらの商品は、素材に「コールドブラック」を採用したビブロングパンツです。

 

ウェアに使用されている「コールドブラック」素材は直射日光を反射して内部の温度上昇を防ぎ、紫外線もカットすることが出来る優れものです。また、パッドにはオールランドに使用できる「3D-ネオパッド」が使われていて、こちらにも「コールドブラック」が使われています。

 

ウエストの締め付けが無く長距離ライドに向いたビブタイプ、「コールドブラック」素材の使用と、夏場の炎天下でロングランをいかに快適に出来るかを突き詰めて作られたようなビブタイツなので、猛暑の中でライドする方には絶対におすすめです。

種類 ビブロングパンツ カラー ブラック
1位

PEARL IZUMI

コールドブラック メガタイツ

オンリーワンのサイクルパンツ

おすすめランニングの1位に輝いたのは、パールイズミ『コールドブラック メガタイツ』です。このサイクルパンツは素材に「コールドブラック」を使った商品になります。「コールドブラック」は日光を反射することでウェア内温度をの4℃~5℃下げて涼しさを保ちます。また、紫外線をカットし、日焼けも防ぐことができます。

 

お尻に配置されたパッドも、ロングライド専用の「3D-メガ」という極厚パッドが配置されていて、クッション性も抜群です。また、脚部の両側につけられた再帰反射で夜の視認性を確保するなど、安全面への配慮もばっちりです。

 

「コールドブラック」は吸水層、拡散層を持つ多層構造で出来ているので、厚手で丈夫な生地なのでへたりにくいです。厚手にもかかわらず吸汗速乾性能は一般的なレーサーパンツよりもはるかに優れているので、いつもサラサラ清潔に使うことが出来ます。間違いなくサイクルパンツの最高峰なので、すべての方に自信を持っておすすめします。

種類 サイクルロングパンツ カラー

まとめ

ここまでサイクルパンツの選び方やおすすめをランキング形式で紹介してきましたが参考になったでしょうか?ご自身のライディングスタイルや、その時々のシチュエーションにあわせてサイクルパンツを選び、サイクリングを楽しみましょう

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2020年11月20日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【登山】トレッキングパンツのおすすめの選び方!人気ランキング10選

【登山】トレッキングパンツのおすすめの選び方!人気ランキング10選

アウトドアウェア
【膝のお悩み解決】膝サポーターのおすすめ人気商品ランキング20選

【膝のお悩み解決】膝サポーターのおすすめ人気商品ランキング20選

スポーツ用品
【快適に!】ランニングウェアのおすすめ人気商品ランキング10選

【快適に!】ランニングウェアのおすすめ人気商品ランキング10選

フィットネス・ランニング
40代向けパウダーファンデーションのおすすめ人気ランキング32選【プチプラも】

40代向けパウダーファンデーションのおすすめ人気ランキング32選【プチプラも】

スキンケア・基礎化粧品
【可愛い】人気のヨガウェアおすすめランキング10選【お洒落】

【可愛い】人気のヨガウェアおすすめランキング10選【お洒落】

フィットネス・ランニング
種類も豊富!人気のランニングポーチおすすめランキング10選

種類も豊富!人気のランニングポーチおすすめランキング10選

フィットネス・ランニング