記事ID133820のサムネイル画像

【お菓子作りやあく抜きにも】食用重曹の人気おすすめランキング10選

重曹と言えば、掃除や入浴剤など、さまざまな使い道がありますよね。そんな中、やっぱり料理やお菓子作りに重曹を使用したいと思っている方も多いことでしょう。食用の重曹にもさまざななタイプがありますので、おすすめの食用重曹や選び方についてご紹介します。

食用重曹はお菓子作りやあく抜きなどで大活躍

重曹にはさまざまな種類がありますが、中でも食用重曹は焼き菓子作りや料理にも大活躍します。よくケーキなどに使われるベーキングパウダーがありますが、代わりに食用重曹を使っても生地を膨らませることができます。

 

ベーキングパウダーは生地を縦に膨らませる性質があるのでスポンジケーキなどに向いていますが、食用重曹は生地を横に膨らませる性質があるので、どら焼きなどの和菓子に向いています。食用重曹は生地をふくらませる以外にも、ワラビやゼンマイなどの山菜のあく抜きにも利用できます。

 

緑色の野菜をキレイな色に茹でたり、お肉を柔らかくしたりと、使い方は色々あります。使い勝手が広いので、自分が何にどれくらい重曹を使いたいかで重曹の選び方も変わってきます。

食用重曹の選び方

重曹は色々な料理やお菓子作りに使用できるので、使い方によって選び方も変わってきます。まずは自分が何に重曹を使いたいか考えてみましょう。

重曹の種類を間違えない

重曹と一口にいっても、全てが食べられるわけではありません。口に入れるものなので、間違った種類の重曹を選ばないことが大切です。

「食品用」や「タンサン」と書かれたものを選ぶ

同じ「重曹」と書かれていても、きちんと「食品用」や「食料用」、あるいは「タンサン」や「食品添加物」と書かれたものでなければ食用として使ってはいけません。食用の重曹は、掃除用などの重曹と違ってきちんと食品衛生法を適用した上で製造されています。

 

そのため、管理もしっかりしているし、不純物なども入っていません。また、焼き菓子のふくらし粉や山菜のあく抜き以外にも、野菜や食器の洗浄にも使用できます。つまり、食用の重曹は食用以外にも使用できるのです。

 

食用の重曹を探す際は、パッケージにきちんと食用としての文字が書かれているか、食品コーナーに置かれているか等を確認してから手に取ってください。

掃除用の重曹を食用に使わない

たまに、掃除用の重曹が余ってしまったからといって食用に使おうとする方がいますが、おすすめできません。掃除用や入浴剤として使われる重曹は、食品衛生法が適用されていないからです。

 

そのため管理もゆるく、不純物が混ざっていたりする可能性もあります。食用ではない重曹のパッケージには「食べ物ではありません」という注意書きがあるものもあります。

 

食用ではない重曹は、食べる事はできません。しかし逆に、食用の重曹は掃除や入浴剤としても使用できます。食用の重曹なら、入浴剤として使用した時に間違って子供がお湯を飲んでしまっても安心できますね。

パッケージや容器で選ぶ

重曹は、パッケージや容器によっても使い勝手が変わってきます。自分にはどういったものが合っているか参考にしてみてください。

瓶タイプは湿気にくい

瓶に入っているタイプの食用重曹は、湿気にくいのでおすすめです。また、保存もしやすく使い勝手がいいという口コミも多かったです。瓶の大きさによっては計量スプーンが入らないものもありますが、小さじ2分の1サイズのスプーンを使うなど工夫すると便利です。

 

使いきって空になってからも、詰め替えればまた使う事ができます。瓶タイプの食用重曹は、塩や砂糖、コショウなどの調味料と一緒の場所に置いておくにはぴったりです。お菓子作りだけではなく、日々の料理で使う人におすすめです。

チャック付きパックタイプは保存に便利

パックタイプは、チャックが付いているので使う分だけ使ったらそのまま保存することができます。自立できるタイプもあるので、寝かさずに立てて保管することもできます。

 

口を大きく開けられるので、軽量スプーンも入れやすいです。また、小さいパックのものは梱包すると平べったくなるため、通販購入したときにメール便で受け取れるから楽というメリットもあります。

小袋タイプは使いたい時に使える

箱に入った小袋タイプには、一袋になっているものと、中で二袋に分かれているタイプのものもあります。こちらは開封後は輪ゴムなどで縛って密封する必要があります。たまにしか使わない方などにはおすすめです。

 

めったに使わない方には、中で二袋ずつに分かれているものがおすすめです。少量ずつに分かれているので、使いたいと思った時に必要な分だけ使用できるので便利です。

 

また、瓶などの別の容器に入れ替えて使う事もできます。スーパーの製菓コーナーなどでよく売られているタイプのパッケージの一つなので、手軽に手に入れることができます。

ボトルタイプは振るだけで出て使いやすい

ボトルタイプの食用重曹は、一振りするだけで重曹が出てくるので簡単に使えて便利です。また、からっぽになっても詰め替えれば何回でも使えます。

 

開け閉めもしやすいので使いやすいです。食用としてはもちろん、ぱぱっとふりかけのように使えるので掃除もしやすいです。キッチンなどの場所に置いておきやすいのもポイントのひとつです。

大きい袋入りはたくさん使いたい方向け

1kgや2kg、25kgなど、たくさん入っているものは袋入りとなっています。お菓子作りや料理だけでなく、掃除や入浴剤としてなど、一日の消費量が多い方は袋入りの大きいものがおすすめです。

 

その中からキッチン用に使う分だけ別容器に分けて入れたり、他の方にシェアするなど、色々な使い方ができます。袋から出して、それぞれ用途別に分けて使いやすくしておきましょう。

容量で選ぶ

食用重曹は色々な事に使えますが、たまにするお菓子作りに使う人もいれば、毎日の料理に使う人もいます。消費スピードが違うので、それぞれに合った容量を選ぶことも必要です。

たまにしか使わない場合は少ない容量がおすすめ

食用重曹は、お菓子作りの際は小麦粉100gに対して小さじ1杯、約2gを使います。ワラビやゼンマイ、たけのこなどの山菜のあく抜きの時にも、1リットルの水に小さじ1杯しか使いません。一度に使う量が少ないのです。

 

そのため、使う機会が少ない方はたくさんあっても仕方ないので、少量の食用重曹をおすすめします。食用重曹の賞味期限は3~5年と長く、古くなったものでも掃除用に使えるので便利ですが、普段使う機会がないものがずっと置いてあっても邪魔なだけです。

 

少ない容量の食用重曹は20gのものが2袋入っているものだったり、一袋15gで売っているものもあります。めったに使う予定の無い方はなるべく少ない容量のものを選びましょう。

たくさん使う予定がある場合は大きめがおすすめ

よく山菜取りをしてあく抜きをする方や、毎日の料理で食用重曹を使う方は、1kgや5kgなどの大きめの食用重曹がおすすめです。毎日小さじ一杯分の約2gを使うとして、50gの少量タイプのものだと一ヶ月もたないからです。

 

少し多めに買ってしまったとしても、食用重曹は食用以外にも使用できるので問題ありません。料理した時にこがした鍋を洗ったり、換気扇やコンロ等の掃除もできます。賞味期限も長いため、長い期間を使って使用を続けることも可能です。

 

食用以外にもたくさん使う場合は大容量がおすすめ

重曹を料理やお菓子作り以外にも、掃除や入浴剤など、暮らしの中でガンガン使いたいと思っている方は、25kgなどの大容量のものがおすすめです。食用の重曹はきちんと管理された中で製造されているので、安心してどんな使い方でもできるからです。

 

掃除や入浴剤用の重曹もありますが、食用重曹を最初から使っていれば、子供が誤って口に入れてしまっても安心していられます。また、大容量のものなら何人かでシェアすることもできるのでおすすめです。

産地で選ぶ

口に入るものなので、もっとこだわりたい人は、産地にもこだわってみるとお気に入りの食用重曹が見つかるかもしれません。

安心の国産

食用重曹の中には、原産国が日本のものもあります。やはり国産のもので安心したいという方は、「原産国」の部分に「日本」と書かれたものを選ぶといいでしょう。

 

さらに細かいものだと、国名だけではなく県名まで書かれているものもあります。山口県産や茨城県産などがあるので、こだわりたい方は違いを比較してみてもいいかもしれません。

粒子の細かい外国産

食用重曹には外国産のものもあります。外国産の物は主にモンゴル産のものが多いです。内モンゴル地区のシリンゴル盟から発掘される天然素材の重曹があります。モンゴルの重曹は粒子が細かいのが特徴で、食用はもちろん入浴剤としてもおすすめです。

 

他に、アメリカ産の重曹もあります。アメリカ産の重曹には、ナーコライトという鉱物から作られた天然重曹や、コストコで売られているコスパのいい重曹があります。どれも食用グレードなので料理はもちろん、掃除などにも安心して使用できます。

食用重曹の人気おすすめランキング10選

第10位

共立食品

タンサン (重曹)

価格:75円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

少量ずつ小分けになっていて使いやすい

こちらは、25gの小袋が2つ入った50g分の食用重曹になります。一度に開けてしまうと湿気たり固まったりしてしまうので、一袋ずつ開けて使う分だけ使用できます。

 

量が少ないので、たまに作るお菓子やあく抜きなど、食用重曹をあまり使わない方におすすめです。めったに使わないけど、使いたいと思った時に家にあったら便利だと思っている方、初めて食用重曹を使ってみたいからお試しで使いたいと思っている方にもおすすめです。

容器のタイプ箱の中に小袋容量25g×2袋
第9位

オーストリッチファクトリー株式会社

こなやの底力 玉三 重曹

価格:168円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

伝統ある和粉メーカーの食用重曹

こちらは、少なすぎてもすぐ使いきってしまうし、かといって多すぎても余らせてしまう方にぴったりの150gの食用重曹です。白玉粉の製造に力を入れている、創業100年以上ある川光物産株式会社で作られています。

 

パンを膨らませたり豆を柔らかく煮たり、山菜のあく抜きにも使えます。食用だけではなく、掃除や脱臭剤としても使用する事ができます。

 

チャックが付いているので、保存にも便利です。パッケージに食用重曹の色々な使い方がイラストで描かれており、分かりやすいのも特徴です。

容器のタイプチャック付き袋容量150g
第8位

木曽路物産

シリンゴル重曹

価格:862円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

内モンゴルの天然素材から作られた食用重曹

こちらの原料は、内モンゴルのシリンゴル高原のトロナ鉱石が100%となっています。天然素材なので安心して使えますし、粒子も細かくて使いやすいです。

 

口コミでは、リピーターの方もいました。どこから採掘したものかはっきり分かるところが安心できていいという声もありました。入浴剤として使っている方も、食品グレードなので安心して使えるとの意見でした。

 

天然の重曹の含まれたトロナ鉱石が採掘できる山は少なく、自然素材なのでシンクに流しても環境に負担をかけません。モンゴルの大自然の恵みを味わってみたい方にはおすすめです。

容器のタイプ容量2kg
第7位

日本ガーリック

天然重曹

価格:490円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アメリカの鉱物から作られた天然重曹

こちらは、アメリカのナーコライトという鉱物から作られた、天然の食用重曹です。純度99%以上の高品質で、北米唯一の天然重曹メーカーのものを使用しています。

 

口コミでは、やはり天然の重曹を求めている方が多く使っていました。食べすぎた後に白湯に溶かして飲んだりと、飲用に使っている人も何人もいました。

 

たくさん入っているので、料理だけではなく入浴剤や掃除用としても、たっぷり使用することができます。国産の重曹とアメリカ産の天然重曹を比べてみたい方にもおすすめです。

 

容器のタイプチャック付き袋容量950g
第6位

NICHIGA

国産重曹

価格:1,575円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

国産で安心したい方に

こちらの食用重曹は、食品添加物製造工場の認可をしっかりと取っていることを明記してあるので、安心して使う事ができます。キメ細かい粒子なので、とても使いやすいです。

 

料理以外にも、洗濯や掃除、入浴剤などで使う方は、こちらの5kgの食用重曹がおすすめです。袋の表面に使い方や使用上の注意なども細かく表記されており、親切なパッケージになっているところもポイントのひとつです。

 

キッチンや電子レンジの汚れ、ソファーやカーペットの汚れなどの掃除の詳しいやり方もパッケージに書いてあるので、いちいち調べなくても簡単に掃除が始められます。

容器のタイプ容量5kg
第5位

丹羽久

シリンゴル重曹ボトル

価格:368円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

振るだけで使いたい量が出てくる

こちらはワンタッチキャップのボトルに、内モンゴルからとれたシリンゴル重曹が入った食用重曹です。開け閉めもしやすく、キッチンに置いておきやすいので、主にキッチン周りで使いたい方におすすめです。

 

口コミでは、包装をはがして見た目をスッキリさせている方が多かったです。さっと振りかけて好きな分だけ出せるので、料理にも掃除にも使い勝手がいいです。

 

自分でラベリングする方や、空になったものを詰め替えて使っている方などもいました。一度買えば、この先もずっと便利にキッチンで重曹が使えるタイプですね。

容器のタイプボトル容量390g
第4位

コストコホールセールジャパン株式会社

アームアンドハンマー ベーキングソーダ

価格:1,420円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コストコで買えるアメリカ産の食用重曹

こちらはアメリカ産の食用重曹です。コストコにも売っているので、コストコ会員さんにはおすすめです。粒子が細かくサラサラとしているので使いやすいです。

 

口コミでは、水に入れるとすぐに溶けるところがいい、入浴剤として使うと肌がつるつるすべすべする、という声が挙がっていました。他にも、袋にチャックはついているけれど弱いので、別容器に移し替えた方がいいとの声もありました。たくさん入っているから、用途別に分けた方が使いやすいですね。

容器のタイプチャック付き袋容量6.12kg
第3位

太陽油脂

パックス重曹F 2kg

価格:548円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

地球の事を考えた安心メーカーの食用重曹

こちらのパックス重曹Fは、パックスナチュロンという天然の植物油を主原料としてせっけんシャンプーなどを作っているメーカーで作られています。口コミでは、パックスだから安心して使用できるといった声も挙がっていました。

 

また、容量に対して価格がかなり安いのも特徴のひとつです。たくさん入っていて安いので、料理、うがい、はみがき、入浴剤と色々な用途で気兼ねなく使用できていいとの声もありました。

 

リピート買いしている方はもちろん、必需品として常に家に置いている方もいました。品質の安心できるメーカーの食用重曹を使ってみたいという方にはおすすめです。

容器のタイプチャック付き袋容量2kg
第2位

東ソー株式会社

国産重曹25kg

価格:3,380円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

なんでも使える大容量

こちらは、25kgという大容量の食用重曹です。料理はもちろん、掃除に入浴剤、歯磨きにうがいと、生活に関わるアイテム全てに重曹を使っていきたいと思っている方におすすめです。

 

原産地も日本の山口県とはっきりしているし、何より食品グレードだからどんなものにも安心して使用することができます。25kgという子供一人分の重さの食用重曹はかなりの量になりますが、口コミを見るとリピーターも多く見られました。

 

使っている方は、ジップロックなどを使って小分けにしている方も多いです。他に、とにかく量が多いのでケチらずにどんどん使えるのがいいとの声もありました。

容器のタイプ容量25kg
第1位

セラケム株式会社

重曹 5kg

価格:1,242円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

通販サイトでランキング1位を獲得

こちらは5kgと容量が多めの食用重曹です。容量は多いですが、チャックがついているので保存が便利にできます。キメ細かい粒子でサラサラしており純度99%の安心の国産の食品グレードなので、食用はもちろん掃除や脱臭、ペットのニオイや汚れ落としにも安心して使えます。

 

食品グレードなのにコスパも良いところも特徴のひとつです。口コミでは、身体に直接触れる入浴剤として使用している方も少なくなかったです。うっかり口に入ったり、小さな子供やペットが舐めてしまっても安心して使用できます。

 

入浴剤として使用した方が、5kgで1年もったとの声もありました。他に、乳幼児の洗濯にも使っている人もいました。小さな子供の肌に触れるものにも安心して使用できる食用重曹です。

容器のタイプチャック付き袋容量5kg

まとめ

食用重曹とはいっても、必ずしも食べるために使っている人ばかりではありませんでした。食用重曹は工業用と違って、管理がきちんとされ品質が保証されているから、うっかり口に入っても安心して使えますね。選び方は色々ありますが、自分の用途に合った食用重曹を選んで使ってみてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ