記事ID133775のサムネイル画像

【両手が空く】バイクスマホホルダーのおすすめ人気ランキング10選

バイクに取り付けてスマホを固定する現代のライダー必須アイテムであるバイクスマホホルダー。ハンズフリーでスマホを見ることができるので、いちいち鞄やポケットからスマホを取り出して操作する必要がありません。そんなスマホホルダーのおすすめを紹介していきます。

バイク乗りにはスマホホルダーはとても便利なアイテム!

まだまだ使っている人は少ないのですが、ドライブ好きのバイク乗りの間で最近注目を集めているのがバイクスマホホルダーです。取り付けるメリットは何といっても、今や一人一台と言われるスマートフォンをそのままナビとして使えるようになるところでしょう。

 

クルマのナビのように、バイク用のナビというのも販売されていますが意外と高額のようです。最近のスマートフォンは高機能ですから、それなら手持ちのスマートフォンをナビとして流用した方が合理的と考える方におすすめです。

バイクスマホホルダーの選び方

ツーリングスタイルで選ぶ

スマホホルダーには固定方法によって様々なタイプがあります。自分がバイクを運転する目的に合わせて、タイプを選択するのも良いでしょう。

頻繁に乗り降りして観光する方にはクランプ型

スマホを四方のクランプでガッチリ固定するのがこのタイプです。取り付け・取り外しが簡単にできるので、バイクを頻繁に乗り降りする方におすすめです。スマホの画面もオープンですので、バイクを止めたときにさっと操作ができるところも便利です。

 

その反面、雨雪埃に直接さらされる可能性もあるので、スマホが防水でなければ天候によっては使用ができない場合があります。またバイクの運転では衝撃や振動は避けられないためクランプが緩み最悪運転中に落下するリスクもあります。

 

スマホのサイズに対応したモデルを選び、頻繁に固定状況を確認しましょう。

ロングツーリング派にはポーチ型

こちらはマウントにビニール製のポーチがついていて、中にスマホを収納して固定するタイプです。チケットなどのちょっとした小物も入って便利ですし、雨や埃も避けられるので、防水でないスマホでも安心して使用できます。もしスマホが落下しても、スマホへのダメージは抑えられるでしょう。

 

デメリットとしては、いちいちチャックを開かなくてはいけないので取り付け、取り外しが面倒だったり、ポーチの上からだとスマホの操作がしにくいという点です。使い方としては、あまり頻繁に操作しないナビなどを常時表示させておくようなイメージでしょうか。

 

スマホをがっちり固定したい方にはゴム型

ゴム型はクランプと強力ゴムを併用し、しっかりとスマホを固定できるように作られたクランプ型の派生タイプです。ゴムがスマホにフィットするので衝撃や振動に強く、パッチンと簡単に取り付け・取り外しができるので、人気急上昇中でおすすめです。

 

発色の良いカラフルなゴムがアクセントになるので、デザイン性が高いというのも特徴です。デメリットとしては、ゴムは劣化が進みますので好感サイクルが早いということです。運転中にゴムが切れてしまったなんてことの無いよう、常にゴムの状態を点検して使いましょう。

見た目で選ぶ

ライダーはカッコつけてナンボ!お洒落なあなたには、とにかく見た目がイカしたスマホホルダーを選ぶのも良いでしょう。

高級感溢れる金属型フレーム

デザイン性を重視するなら、やはり金属製のスマホホルダーは候補の一つに上がるでしょう。そのずっしりとしたビジュアルはバイクの美観を損なうことなく、むしろその重厚感と相まって愛車のドレスアップにもしっかりと貢献します。

 

細部までこだわり、他のライダーと差を付けたいという方にはぜひおすすめします。より素敵なバイクライフを貴方に提供するでしょう。

 

ただしやはりお値段はそれなりに張りますし、長時間屋外で使用しますから錆などには注意して、マメなメンテナンスが必要です。

スタイリッシュなスマホケース併用型

こちらのタイプはスマホ側とバイク側にそれぞれパーツを装着するものです。取り付けは簡単ワンタッチで、縦向き横向きも自由です。バイク用スマホホルダーの中では使い勝手はかなり良い部類に入ります。

 

一番の特徴はなんといってもスタイリッシュな見た目ですね。バイクに最低限のアタッチメントしか付けませんので、スマホを外しているときでもバイクの外観を損ないません。ただしその分スマホ側にも専用のケースが必要ですので2点揃えなければならないところが欠点でしょうか。

お洒落なタンクパッド型

バイクのスマホホルダーといえばバーハンドルや増設ハンドルに取り付けるのがポピュラーですがこのタンクパッドタイプは一味違います。マグネットが内蔵されており、バイクのガソリンタンクに張り付けるだけというシンプルでユニークなアイテムです。

 

装着・脱着が非常に楽ですので必要な時だけ取り付ければ良く、バイクを乗り換えても簡単に流用することができます。ですが取り外しが容易に出来るということは盗難にあいやすいということでもあります。バイクを離れる際にはくれぐれも付けっぱなしにすることのないよう気を付けましょう。

 

またこのタイプは欠点もいくつかあり、まず樹脂製のタンクには取り付けることができません。そして取り付け位置が手前ですのでスマホが少し見辛いという点があります。そしてタンクに密着させるわけですから、夏場の高熱には十分注意しましょう。

 

 

コストパフォーマンスで選ぶ

スマホを取り付ける以外にも便利機能を求めている方や、とりあえず安価なモデルで試してみたい方におすすめです。

充電機能付きタイプ

スマホホルダーでスマホをバイクに取り付け、便利なナビアプリが使えれば初めての旅路でも安心ですね。しかし懸念されるところがスマホのバッテリー切れ。スマホホルダーに充電機能があったら…という願いを叶えてくれるのが、この充電機能付きのタイプです。

 

これがロングツーリング派の方も無用な心配をせずに運転できますね。ただし取り付ける際の配線の接続が少しややこしいかも知れません。なお使用中は充電端子などデリケートな部分に雨や埃が入らないようケアする必要があります。

 

 

1000~2000円の低価格モデル

「スマホが取り付けられたらとりあえず何でもいいや」という方には低価格で使いやすいモデルをおすすめします。安価であるにもかかわらず、レビューの評価が高くコストパフォーマンスに優れたアイテムから始めるのも良いでしょう。

 

そういったスマホホルダーを使いまわしていく、あるいはメリットデメリットが掴めてきたらより良いモデルに買い替えていくという使い方もアリではないでしょうか。よくわからない方はとりあえずこの価格帯をおすすめします。

ミラーと共締めしてつけるタイプ

共締めしてつけるタイプはハンドルに取り付けられているサイドミラーを一旦外して、ミラーと一緒にネジで止めるタイプの増設バーです。

 

取り外しが簡単にできるわけではありませんが、ハンドルバーに僅かな余裕もない場合に便利です。

 

比較的に高い位置にスマホを設けやすいため、ポジションがゆったり目のバイクにおいて視認性の工場を狙うことができるという利点もあります。しかし、フルカウルなどに多く見られるカウルミラータイプのバイクには取り付けが出来ないので注意が必要です。

 

 

サイズで選ぶ

バイクスマホホルダーを購入する時、ご自身がお持ちのスマホホルダーのサイズで選んでみても良いかもしれません。

 

iPhoneの最新機種を利用している方が多く、その機種に合わせたスマホホルダーはたくさん発売されていますが、xperiaやiPhone7Plus、iPhone8Plusなどあまり主流ではないスマホホルダーが欲しいという方もいるかと思います。

 

スマホホルダーの中には機種専用のものもありますが、中には多機種対応のホルダーもあるので、ご自身がお持ちのスマートフォンに合うものを購入してみてください。

バイクスマホホルダーの人気ランキング10選

第10位

南海部品

ナビタンクバッグ

価格:3,335円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

強力マグネットでガッチリ固定

このお値段でレインカバー付きなのでお買い得商品となっています。スマホ以外にもモバイルバッテリーやデジカメなど周辺機器が入り、取り外しが簡単ですので実用性はとても高いです。振動を吸収するマットが使われているので耐震性もばっちりです。

 

収納力が高いので小物入れとしても活躍してくれるでしょう。バイクから離れるときはカバンにしまっても良し、ウェストポーチにしても良しと大変便利なアイテムです。ただし購入前に、ご自身のバイクのタンクに磁石がくっつくか必ず確認しておきましょう。

 

夏場はタンクが高温になり、また本商品自体も黒色と熱を吸収しやすいので、暑い時期の高温にはしっかり対策されることをおすすめします。また貴重品を入れることが多く、取り外しも簡単なので、盗難にはくれぐれも気を付けるようにしましょう。

タイプタンクパッド型重量268 g

口コミをご紹介

モバイルバッテリーやモバイルルーターを入れて使用しています。ガソリンタンクに載せたバッグ内から充電ケーブルを伸ばし、ハンドルに付けたスマホへ繋いでいます。以前は上着ポケットに入れたモバイルバッテリーからハンドルまでケーブルを伸ばしていたので、長く伸びたケーブルが走行中にフラフラするのが気になっていました。雨天で使用していないので防水性能は解りませんが、ビニール袋で包めば雨水が侵入することは無いと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

第9位

QUAD LOCK(クアッド ロック)

モーターサイクルマウント

価格:5,940円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

強固なガラス繊維ナイロン製です

とにかく必要最低限のシンプルなデザインが良いと口コミで好評です。ハンドル周りがすっきり整理できる上に、スマホもしっかりとホールド出来て安定感抜群と非常に優秀なアイテムです。六角レンチでセッティングしますのでホルダーの固定感もバッチリです。

 

スマホを取り付けるとスマホが浮いているような見た目でカッコいいと高評価です。もちろん取り付け角度、方向も調節できます。少しお値段は張りますが、作りはしっかりしているので購入して後悔はしないでしょう。人気商品のために欲しい時に在庫切れとなっていることもありますのでご留意ください。

 

ただしスマホをがっちり固定できる分、取り付けにコツがいるので慣れるまでは苦労すること、マウントがスマホの陰に隠れる格好となるため、横から手を入れて脱着しなければならない点にご注意ください。

タイプスマホケース併用型重量99.8 g

口コミをご紹介

ハンドル周りがすっきりするのと、がっちり固定できて、スマホも縦と横にセットできるのでいい
取付と取り外しが簡単にできて使いやすいです。
別売りのアダプターを使うといろいろなスマホカバー接着して使えるのも便利。

出典:https://www.amazon.co.jp

第8位

BLITZU

自転車バイクスマホホルダー

価格:1,799円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

頑丈さとデザインに優れたアルミ合金製

バイクへのセッティングが容易で、方向や角度も自由に調節できます。スマホ取り付け部分がゴム製ですので、スマホを傷つけずにガッチリ固定できます。アルミ製でビジュアル的にもおすすめのスマホホルダーとなっています。

 

メイン部分は主にアルミ合金と特殊ゴム材料で作られており、雨にぬれても錆びにくいのが特徴です。特殊ゴムは耐久性に優れており、通常のプラスチックより紫外線と老化に強い素材となっています。

 

アルミ製で作りもしっかりしている上に低価格なのも嬉しいポイントです。万が一商品に不備があっても、ネットで問い合わせればショップの方が迅速に対応してくれますので、安心して購入できます。

タイプクランプ型重量-

口コミをご紹介

オートバイに使いたくて購入しました。説明書はありませんが付属の部品にハンドル固定用とネジで止めるステーが付いていたので、ネジで止めるステーを応用して取り付けました。今のところ順調です。心配していたスマホの固定に関しては、
ネジで締め付けるタイプなのでしっかりしています。価格と性能のバランスで高評価でよいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

第7位

ミノウラ(MINOURA)

スマートフォンホルダー

価格:2,336円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

耐衝撃ロック機構 でストッパー付き

ホルダーの取り付けはもちろん、スマホの脱着もワンタッチで簡単です。延長アームが付属しており、大きなスマホでも縦横しっかり固定できますので、スマホを大きいサイズのものに買い替えても対応できます。

 

ホールド性、耐震性に優れていますので、少々の振動ではビクともしません。一度組み立ててしまえば、丸い棒状のものであればどんなものにでも、ホルダーを付け替えることが可能です。お買い得と口コミで評判のアイテムです。

 

注意点として、横にボタンがあるタイプのスマホの場合は、位置を調整しないといけないので上下のアームがあまり機能しない可能性があります。それでも左右のアームでガッチリ抑え込みができるので落下の心配はありません。

タイプクランプ型重量145g

口コミをご紹介

購入してから2年以上経過していますが、いまだに現役で頑張ってくれています。
私は折りたたみの自転車とバイク2台(125ccと1300cc)を持っていますが、そのどれのハンドルにもフィットしてくれます。
また、普段これら3台のうち1台に常時装着して屋外(壁なし屋根あり)の駐輪場に置いていますが、直射日光はともかくとして風雨にさらされていても、金属部の錆や樹脂部の傷み、さらにはゴムバンドの劣化は全くありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

第6位

Plaisiureux

バイク スマホホルダー

価格:1,599円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

充電可能な防水モデルで、ミラーにも装着できます

短時間で取り付けが可能なので、初心者でも安心です。四つ角のゴム付きアームでスマホをしっかりと固定し、付属のラバーパッドとのダブル効果で走行中のガタつきもありません。デザインも何だか可愛らしいですよね。

 

急速充電も可能ですから安心して遠出ができますね。オンオフ機能付きなのでナビやスピーカーでバッテリーがすぐ減ってしまう方におすすめです。お値段もリーズナブルなので口コミも高評価揃いです。このお買い得なスマホホルダーは、きっとあなたのツーリングをより質の高いものにしてくれます。

 

ただしサイドボタンがあるタイプのスマホの場合は、マウントアームで挟み込む際にボタンに接触して電源が切れるなどの誤作動を起こす可能性がありますので、スマホの位置を調整するなどして頂ければと思います。

タイプゴム型重量272g

口コミをご紹介

実際にナビ(スマホ大)をつけてみたら画像の通りガッチリと掴んでゴムとの二段構えで固定してくれてます。 その辺りは安心しました。取り付け方法は、二種類あり私はミラーにかませる方を選びました。これまで使ったことのあるホルダー(ナビ)より調整幅が広いので、ミラーからが遠いように思えましたが、うまく収まりそうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第5位

Barsado

バイクスマホホルダー

価格:2,080円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スマホを固定しながら充電可能な防水モデル

スマホホルダー本体とUSB電源が一つになっていますので、設置場所を取りません。スッキリとしたデザインでホールド性も高いので、スマホをガッチリと固定してくれます。スマホの操作もしやすいと好評です。

 

バイクへの取付け作業は初めての方には少し難儀するかもしれません。車種によっては、電源の元となるヒューズボックスが後部シート下にあるので、配線を繋げるのが少し面倒な作業となる可能性があります。

 

取り付け部分はプラスチックでややデリケートなので、傷んでいないか時々チェックしましょう。雨でもしっかり充電してくれますので、低価格で高性能なコストパフォーマンスに優れたアイテムといえるでしょう。

タイプゴム型重量141 g

口コミをご紹介

USB電源付きで、ON/OFFが出来る。しかもこの価格。文句無しです。
あえて改善点があるとすれば固定するためのゴムが、使いにくい事ぐらいでしょうか。しかし先日700kmを超えるツーリングに使用しましたが、この固定ゴム無しでも全く問題ありませんでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

AQUALAND (アクアランド)

防水防塵バイクスマホホルダー

価格:1,480円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

落下防止ワイヤー付きで、もしもの時も安心

面倒な作業無しで簡単に取り付けることができるクランプ式、フレキシブルアームで細かい方向調整も自由です。耐震・防塵・防水性が高く、バイクの振動、道路の砂埃、急な雨にも対応できる生活防水設計です。万が一ケースごと外れた時のための落下防止のヒモがついているので安心して運転できます。

 

タッチパネル対応ですので、ケースの上からスマホを操作できますが、指紋認証には対応していないので注意が必要です。全体的にコストパフォーマンスに優れており、光沢のあるブラックのデザインもシンプルで良いと好評です。

 

ツーリングも快適にできる大変おすすめのアイテムで、お値段も控え目なところも嬉しいポイントとなっています。ただしケースのサイズがあっていないと中でスマホが動いて余計なストレスを感じてしまうので、大小どちらのサイズにするかはしっかり考えて購入しましょう。

タイプポーチ型重量-

口コミをご紹介

サイクリングが趣味なので、地図を見たいときにも、スムーズに使えます。
縦向きや横向きにも出来るのも、便利で気に入っています。
携帯を落としてしまうのが怖かったのですが、この商品は落下防止ワイヤー付きなので
安心して使えました。
バイクにも乗るので、使い勝手がよく気に入りました。
購入して良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

ニコマク(NikoMaku)

バイク 自転車兼用 スマホホルダー

価格:2,210円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

耐久性と高級感抜群のアルミ製

オールアルミ製なのでガッチリ取り付けるには六角レンチが必要ですが、他製品でよくみられるネジ締めつけによる破損の心配がありません。もちろんプラスチック製品によくある紫外線劣化も気にしなくてよいのはうれしいポイントですね。

 

走行中の振動によるスマホのズレや、突然ホルダーが割れてスマホが落下することもないので心強いスマホホルダーです。購入前にしっかり寸法を確認して、自分のバイクハンドルのどこに、どの向きに付けるか検討しておくことをおすすめします。

 

注意点として、ホルダーの付け根部分の角度調整ができませんので、ハンドルの形やハンドルと車体の間の幅によっては、スマホをライダーから真正面の角度に取り付けることが出来ない場合もあります。

タイプクランプ型重量299 g

口コミをご紹介

取り付け前に手元で触ってる段階では、思ったより角度調整が自由ではないなーと気になったけども、バイクに取り付けてみたらそんな心配は無用でした。
一度位置が定まったら角度調整など二度としない。
下道と高速、雨天時も含め600kmほど走行して見ましたが何のトラブルもなく使用できています!
全くブレない固定力が素晴らしい。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

Tiakia

バイクスマホホルダー

価格:1,599円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安心して運転できるスマホホルダーです

4本爪でスマホをガッチリ固定、取り付けも簡単、安価と3拍子揃った優れものです。ホルダーの角度もネジを緩めれば容易に調整できます。一般的なスマホでしたら大体の大きさに対応していますので、サイズ選びの失敗がないのも嬉しいポイントです。シンプルなデザインもカッコいいですよね

 

リリースキーのスプリングが固くキーに指を掛けにくいのでリリースがし辛い、ユニバーサルジョイントのパーツの作りが少し甘いので調整がぎこちないとのレビューもありますが、この価格では十分許容できる範囲ではあります。

 

リピーター続出のこの商品は、どんなスマホホルダーを買えばいいか分からない、色々使ったけど全部イマイチだったという方にぜひおすすめします。レビューも好評で、もっと早く購入すればよかったとのコメントも見られます。きっとあなたのスマホホルダー探しを終わらせてくれますよ。

タイプクランプ型重量-

口コミをご紹介

X型の伸縮するステーで四隅を固定するこの手のホルダーの信頼性から安心して使用できます❗️
CB自体もハンドル直付けには取付けスペースがなかったので、これもビクスクに装着していたSSKのハンドルブレースを付け替えて装着したところバッチリでした❗️

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

デイトナ

WIDE IH-550D 92601

価格:3,411円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ボルト留めでしっかり固定できるワイドタイプのホルダー

ブラック基調にワンポイントのレッドが映える、美しいデザインです。取り付けはシンプルで難しくありません。価格はやや高めですが、その分つくりはしっかりしているので高速走行、ワイディング走行、雨天走行、高温低温でもきっちりスマホを守ってくれます。

 

この商品は固定タイプなので、一度マウントをセッティングすると位置を変更できません。その分安定感があります。クイックタイプとリジットタイプの2タイプありますが、マウントを着脱する際に六角レンチが必要なのがリジット、不要なのがクイックタイプです。

 

スマホのホールド感は申し分ないのですが、その分スマホを取り外すときに少し苦労するといったレビューもあります。またホルダーを回転させるには工具が必要です。運転状況に合わせて、気軽に方向を変えられるタイプの商品ではないことに注意してください。

タイプクランプ型重量245 g

口コミをご紹介

BMW F800GTに装着して1000km弱走行に使用しました。途中、高速走行も、峠のワイディング走行も、雨天走行も、30度近い高温日中走行もありましたが、全く問題なく使えています。
装着時のゴム製の口径調整材が同梱されていましたが、F800GTではハンドルバーの口径が太いため使用しませんでした。ゴム素材がないと、振動で緩んでしまうかな?と思いましたが、こちらも全く問題なしでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

バイクスマホホルダーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4875450の画像

    デイトナ

  • 2
    アイテムID:4875454の画像

    Tiakia

  • 3
    アイテムID:4875462の画像

    ニコマク(NikoMaku)

  • 4
    アイテムID:4875477の画像

    AQUALAND (アクアランド)

  • 5
    アイテムID:4875484の画像

    Barsado

  • 6
    アイテムID:4875497の画像

    Plaisiureux

  • 7
    アイテムID:4875710の画像

    ミノウラ(MINOURA)

  • 8
    アイテムID:4875714の画像

    BLITZU

  • 9
    アイテムID:4875724の画像

    QUAD LOCK(クアッド ロック)

  • 10
    アイテムID:4875752の画像

    南海部品

  • 商品名
  • WIDE IH-550D 92601
  • バイクスマホホルダー
  • バイク 自転車兼用 スマホホルダー
  • 防水防塵バイクスマホホルダー
  • バイクスマホホルダー
  • バイク スマホホルダー
  • スマートフォンホルダー
  • 自転車バイクスマホホルダー
  • モーターサイクルマウント
  • ナビタンクバッグ
  • 特徴
  • ボルト留めでしっかり固定できるワイドタイプのホルダー
  • 安心して運転できるスマホホルダーです
  • 耐久性と高級感抜群のアルミ製
  • 落下防止ワイヤー付きで、もしもの時も安心
  • スマホを固定しながら充電可能な防水モデル
  • 充電可能な防水モデルで、ミラーにも装着できます
  • 耐衝撃ロック機構 でストッパー付き
  • 頑丈さとデザインに優れたアルミ合金製
  • 強固なガラス繊維ナイロン製です
  • 強力マグネットでガッチリ固定
  • 価格
  • 3411円(税込)
  • 1599円(税込)
  • 2210円(税込)
  • 1480円(税込)
  • 2080円(税込)
  • 1599円(税込)
  • 2336円(税込)
  • 1799円(税込)
  • 5940円(税込)
  • 3335円(税込)
  • タイプ
  • クランプ型
  • クランプ型
  • クランプ型
  • ポーチ型
  • ゴム型
  • ゴム型
  • クランプ型
  • クランプ型
  • スマホケース併用型
  • タンクパッド型
  • 重量
  • 245 g
  • -
  • 299 g
  • -
  • 141 g
  • 272g
  • 145g
  • -
  • 99.8 g
  • 268 g

バイクスマホホルダーの取り付け方は?

バイクスマホホルダーの取り付け方と言っても、ホルダーの種類によって取り付け方は様々。

いくつかある取り付け方の中から2つピックアップしてご紹介します!

ハンドルバーに直接取り付け

バイクのハンドルバー部分に直接取り付ける方法は最も一般的です。取り付けが簡単なものや工具でバッチリ固定する商品があります。

 

バーハンドルタイプのバイクであれば簡単に取り付け可能ですが、ハンドルブレースにつける場合は、取り付け可能な外径なのかを確認してください。

ネジで共締めするホルダーの取り付け

ミラーのネジで共締めするスマホホルダーは、車載工具を使えば簡単に取り付けることができます。スマホホルダーは左右どちらか一方に設置するので、メーターパネルの視認性も確保することが可能です。

 

右側のミラーに取り付ける場合はフロントブレーキのマスターシリンダーと干渉しないかを確認しながら付けるようにしましょう。

インカムを使って仲間と楽しくツーリング

スマホホルダーを装着すれば、走行中にでもナビを見ることが可能です。しかし、走行音があるため、ナビの音声を聴くことはできません。そこでおすすめしたいのが、バイクインカムです。

 

インカムは、「インターコミュニケーション」の日本式省略形。業界用語として用いられてきた「インカム」という言葉が、いまでは一般的に使われるようになりました。

 

ツーリング中でも、ナビの音声を聴きたいという方や大切な電話がかかってくる可能性があるときなど、スマホを使いたいという場面は多いと思います。インカムを使えば、走行中でもそれらの作業が可能。運転中のスマホ操作は大変危険ですので、インカムを購入して安全な運転を心がけましょう。

スマホホルダーをバイクに固定!ナビで楽しくどこへでも!

バイク用のスマホホルダーのおすすめを紹介してきましたが、いかかでしたでしょうか。エントリーモデルから本格派まで様々なアイテムがありましたが、まだまだクランプ型が主流のようですね。バイクスマホホルダーは貴方のツーリングライフをより豊かなものにしてくれるでしょう。バイク乗りの方にはぜひおすすめします。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ