記事ID133748のサムネイル画像

【爽やかで美味しい】人気のミントリキュールおすすめランキング10選

カクテルやお菓子作りにおすすめの人気ミントリキュールをご紹介します。爽やかな風味が口に広がるミントリキュールは、食前酒や食後の一杯のカクテルにもおすすめ。人気ミントリキュールを使って、美味しいミントカクテルを堪能してみてくださいね。

ミントリキュールは爽やかな味わいが美味しいリキュール

爽やかな香りが特徴のミント。お菓子やお茶など様々な用途に使われ、昔より人々に親しまれています。そんなミントを使って作られたリキュールがミントリキュールです。口に含むと爽やかな香りが広がるミントリキュールは、長年多くの人に愛されています。

 

ミントリキュールは18世紀に誕生した、歴史あるリキュールです。1796年、南フランスに住んでいた「ジェット兄弟」がペパーミントを使ったリキュール「ジェット27」を作ったことがミントリキュールの発祥とされています。

 

この「ジェット27」は発売当初こそ売り上げに悩まされていたものの、ボトルの形を変えるなど試行錯誤を重ねた結果、現在ではミントリキュールのトップラインとして人気商品となっています。

 

また、ミントリキュールは消化促進作用があることでも知られています。脂っぽい食事の後や食べ過ぎの後にミントリキュールを使ったカクテルを飲めば、胃もたれも軽減してくれます。爽やかな風味と消化促進の効果は、ミントリキュールの大きな特徴となっています。

ミントリキュールの選び方

色の種類で選ぶ

ミントリキュールには、大きく分けて2種類の色があります。作りたいカクテルの色やお菓子の色に合わせて選んでみてください。

爽やかな見た目の「緑(グリーン)」

1つ目の種類は、爽やかな見た目が特徴的な「緑(グリーン)」のミントリキュールです。ミント本来の色味が活かされた種類で、サイダーや水で割るととても綺麗です。お菓子づくりでも、鮮やかな緑を色づけることができます。

 

代表的な使用例としては、グラスホッパーミントビアが挙げられます。ミントリキュールとカカオリキュール、生クリームを1:1:1の割合でシェイクしたグラスホッパーとミントリキュールをビールで割ったミントビアは、鮮やかな緑が特徴的なカクテルです。

万能に使える「透明(クリア)」

2つ目の種類は、様々なカクテルやお菓子作りにも使いやすい「透明(クリア)」タイプのミントリキュールです。別名ホワイトミントリキュールとも呼ばれ、透明な見た目なのでどんなチェイサーで割っても色味を邪魔しません。

 

代表的な使用例としては、ブランデーとホワイトミントリキュールを3:1でシェイクするスティンガーとウィスキー・ドライジン・ホワイトミントリキュール・レモンジュースを15mlずつシェイクするハリケーンが挙げられます。これらのカクテルはミントリキュールがブランデーやウィスキーの色味を邪魔することなく、綺麗な色のカクテルとなっています。

甘さで選ぶ

ミントリキュールは、メーカーやブランドごとに甘さも様々です。甘めのミントリキュールか辛めのミントリキュールか、お好みの味わいを選んでみてください。

「クレーム・ド」が付いているミントリキュール

ミントリキュールの甘さを判断する基準となるのが、「クレーム・ド」という表記です。ボトルにこの表記がある種類のリキュールは甘みが強く、飲みやすいリキュールとなっています。

 

「クレーム・ド」はEUが定める糖度基準のことで、1リットルあたりに糖分が250グラム以上含まれているリキュールのみ付けることを許されています。そのため「クレーム・ド」が付いているリキュールは総じて甘くなっています。もちろんミントリキュールも例外ではなく、「クレーム・ド」が付いているミントリキュールを選べば甘みの強い種類を選ぶことができます。

 

辛口のお酒があまり得意ではない方、甘みが強く飲みやすいカクテルがお好きな方は「クレーム・ド」の表示があるミントリキュールがおすすめです。

「クレーム・ド」が付いていないミントリキュール

甘みが強く飲みやすい「クレーム・ド」表示のあるリキュールですが、反対に「クレーム・ド」表示のないミントリキュールは甘さ控えめの辛口リキュールになります。

 

「クレーム・ド」表示のないミントリキュールは爽やかなミントの風味を活かしたキレのある味わいが特徴です。カクテルによっては、甘さの少ない「クレーム・ド」表示のないミントリキュールの方が美味しく作れるものもあります。

 

具体的には、先ほどもご紹介したミントビアは「クレーム・ド」表示のないミントリキュールで作るのがおすすめ。ビールの苦みを消さないために、甘さ控えめのリキュールが相性抜群です。他にも辛口のカクテルがお好きという方は、「クレーム・ド」表示のないミントリキュールを選ぶのがベストです。

アルコール度数で選ぶ

ミントリキュールの中にはアルコール度数の種類も多くあり、15%のものもあれば27%のものもあります。アルコール度数の強さで選ぶのもカクテル作りには大切です。

アルコール度数が低いミントリキュール

優しく飲みやすいカクテルを作りたい方には、アルコール度数が低いミントリキュールがおすすめです。特に甘口でアルコール度数が低いミントリキュールで作ったカクテルは飲みやすく、食前酒にも適しています。

 

後述の人気ランキングでご紹介する「アルザス ミント」は、アルコール度数が15%と比較的低めの数値になっています。ミントカクテルを軽く飲みたいときには、アルザス ミントのようにアルコール度数が低いミントリキュールを試してみてください。

 

また、お菓子作りにミントリキュールを使用する場合もアルコール度数が低いものがおすすめです。ミントの香りとともに、程よいお酒の風味を感じられます。

アルコール度数が高いミントリキュール

アルコール度数が高いミントリキュールは、お酒好きの方や食後の一杯におすすめ。しっかりとしたお酒の風味が感じられ、ミントの爽やかさともマッチします。

 

ドーバーから販売されている「クレームドミント グリーン」はアルコール度数が25%と、高めの度数になっています。少量でアルコール度数が高いカクテルを作ることができるためコスパも高く、味わいも濃縮されたものになります。

用途に合わせた容量で選ぶ

お菓子作りや毎日の晩酌作りなど、用途に合わせた容量のミントリキュールを選ぶ方法もあります。使い過ぎや余らせてしまうことを防ぐことができます。

大容量のミントリキュール

一般的なミントリキュールの容量は700mlとなっており、この量であれば食前酒や晩酌の際に飲むカクテルを頻繁に作ることができます。ミントカクテルを飲む頻度が高い方は、700ml以上の大容量ミントリキュールがおすすめです。

 

中には1000mlを越える容量のミントリキュールもあるので、長い期間飲み続けるのであればそちらもおすすめ。また、ボトルのデザインも容量の大きいミントリキュールはおしゃれなものが多いため収納の際に見た目でも楽しむことができます。

コンパクトサイズのミントリキュール

お菓子作りなどに少量だけミントカクテルを使う方は、コンパクトなサイズのミントリキュールがおすすめ。100mlや200mlの容量のものを使うことで、余らせてしまうことも防げます。

 

コンパクトサイズのミントリキュールはボトル自体の大きさも小さいので、収納場所にも困らず便利です。さらにはボトル自体のデザインもかわいらしいものが多くなっています。大きいボトルと一緒に並べてもおしゃれです。

 

また、ミントリキュールの種類によっては大容量のボトルとコンパクトサイズのボトルのどちらも販売している種類があるため、用途に合わせて選択するとよいでしょう。

ミントリキュールの人気ランキング10選

第10位

ジファール

マント・パスティーユ

価格:2,480円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カクテルの他に水割りでも美味しい

ペパーミントの原産地である、ミッチャム産のペパーミントを使用して作られたミントリキュールです。透明のホワイトミントリキュールなので、様々なカクテルを作ることができます。

 

味わいは爽やかで、カクテルにして飲めばすっきりとしたミントの香りと風味が口いっぱいに広がります。とはいえ香りが強すぎるわけではなく、程よく鼻に抜けるくらいの香りです。その味わいは多くの人々に愛されており、雑誌「CLASS MAGAZINE」にて最高得点5点を上回る、5+の点数を獲得しています。

 

カクテルにして飲むのはもちろん、フランスではこちらのリキュールを水割りで堪能する方も多いそう。ミントの爽快感を最もシンプルに味わえる、おすすめの飲み方です。食後の一杯にも最適ですよ。

アルコール度数24%容量700ml
第9位

日仏貿易

モナン モヒートミント

価格:1,380円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ノンアルコールのミントシロップ

製菓やカクテルに入れるミントの代わりとして役立つ、ノンアルコールのミントシロップです。正確にはリキュールではありませんが、カクテルにも使える便利なシロップなのでご紹介します。

 

ミントの香りは強く、ほのかにライムの香りも感じるためモヒートを作るのに最適です。ラムとライムジュースと混ぜるだけで、手軽にモヒートを作ることができます。かなり甘めの味わいなので、少量で甘く飲みやすいカクテルが作れます。

 

すっきりとした甘さ控えめのミントシロップというよりは、お菓子のようなミントの香りと甘みに近いです。飲みやすさを重視したカクテルを作りたいという方や、ミント味のお菓子を作りたい方におすすめです。

アルコール度数0%容量700ml
第8位

ドーバー洋酒貿易

バーディネー クレームドミント

価格:2,809円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フランス産の爽やかなミントリキュール

芳醇なミントの香りが特徴のミントリキュールです。本場フランスで製造されており、ボトルのデザインもおしゃれで人気です。アルコール度数は25%と高めなので、1本700mlのボトルでもかなり長持ちします。

 

新鮮なミントから抽出されたミントエキスをスピリッツに配合することで、爽やかな香りと風味を実現しました。カクテルに入れるとミントの香りを強めに感じることができます。味もかなり濃く、バニラアイスにかけて食べるのもおすすめです。

 

ミントの香りが強すぎると感じる場合は、牛乳や生クリームで割ったカクテルで飲むと滑らかな味わいになります。

アルコール度数25%容量700ml
第7位

アルザス

アルザス ミント

価格:5,240円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プロも愛用する最高級リキュール

他のミントリキュールと比べても高級な価格ですが、味や風味のクオリティは値段以上と世界中のプロバーテンダーからの好評を受けている商品です。

 

フランス原産の新鮮なミントを使用して作られているため、香りはとても爽やか。口の中に上品な爽やかさが広がります。また、無着色のホワイトミントリキュールなのでカクテルの種類を問わず使うことができます。

 

味や風味はペパーミントリキュールでも最高クラスのクオリティで、本格的にミントリキュールを使ったカクテルを楽しみたいという方におすすめです。アルコール度数が15%と低いですが容量が1000mlのため、1ボトルで長く楽しめます。

アルコール度数15%容量1000ml
第6位

Marie Brizard(マリーブリザール)

マリーブリザール ミント・グリーン

価格:1,740円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

新鮮ミントの豊かな香り

フランス・ボルドーで250年以上の歴史を持つ老舗メーカー「マリーブリザール」のミントリキュールです。見た目にも鮮やかで透き通る緑が、品質の高さを物語っています。新鮮なミントを使った味わいはピュアな爽やかさを感じられます。

 

アルコール度数は25%と高めなので、1本で長くカクテルを作ることができます。ミントの香りが爽やかでクセが少ないため、どんなカクテルにも合いやすい点もおすすめのポイントです。

 

こちらのリキュールもバニラアイスにかけて食べたり、さらにそこにカカオリキュールをかけてチョコミント味にするなど、お菓子づくりとしても使いやすくなっています。ケーキなどのクリームの香り付けとしても重宝します。

アルコール度数25%容量700ml
第5位

バカルディジャパン

ペパーミント ジェット31

価格:2,040円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

無色透明の人気ミントリキュール

前述した「ジェット兄弟」が製造したミントリキュール・ジェットシリーズより、まずはジェット31のご紹介です。ホワイトミントリキュールで、ミントの香りや味わいを色付けせずに味わいたいときにおすすめ。

 

甘すぎず辛すぎず、後を引かないほどの適度な甘さが特徴です。さっぱりした口当たりで、食後酒として飲むカクテルにも使いやすくなっています。ミントの風味も程よく感じられ、鼻からふわっと抜けていく香りを楽しめます。

 

原材料のミントはフレンチアルプスのものやイギリス、モロッコなどのほかに日本のミントも使われており、最高級のミントを厳選して作られています。アルコール度数は24%と少し高めです。

アルコール度数24%容量700ml
第4位

株式会社富澤商店

ドーバー クレーム ド ミント

価格:392円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

製菓用にぴったりの少量サイズ

上質なペパーミントを使用して作られた、少量ボトルが便利なミントリキュールです。100mlのボトルは製菓用にぴったり!ボトル自体のサイズも小さく、収納場所に困りません。デザインもかわいらしいため、置いておくだけでインテリアにもなります。

 

清涼感あるミントの香りが特徴で、お菓子の香り付けとしておすすめです。少量ボトルなので使わずに余らせてしまうこともありません。もちろん、お試しの1杯としてカクテルを作ってみてもOKです。

 

アルコール度数が25%なので、リキュールの風味を強く味わうことができます。お菓子に使用した際はアルコールで酔ってしまわないように、食べる量に注意してくださいね。

アルコール度数25%容量100ml
第3位

アサヒビール

ボルス ペパーミントホワイト

価格:1,242円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

どんなカクテルにも染まれる透明リキュール

1575年にルーカス・ボルスによって作られたリキュールライン「ボルス」。高い品質を保ったまま使われる天然材料の美味しさをそのままにした高級リキュールは、多くの人々から愛されています。

 

そんなボルスのミントリキュールは、爽やかなミントの香りをそのまま閉じ込めたようなフレッシュな風味が特徴。ホワイトミントリキュールなので様々なカクテルに使えるだけでなく、水割りや炭酸割りにしても見た目も爽やかにいただけます。

 

アルコール度数は24%と高めで、容量も700mlと使いやすいサイズになっています。ホワイトミントリキュールの中でも使いやすさ・味・風味、どれも最高レベルでおすすめの1本です。

アルコール度数24%容量700ml
第2位

アサヒビール

ボルス ペパーミントグリーン

価格:1,000円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1575年から愛される高品質リキュール

3位でご紹介した、ボルス ペパーミントホワイトと同じラインで販売されているミントリキュールです。ペパーミントの香りが豊かで、爽快感のある味わいが人気となっています。

 

ボルス ペパーミントホワイトとの違いはカラーだけなので、ミントの色合いをカクテルで表現したい際やお菓子作りなど、用途に合わせて使い分けることができます。味や風味もペパーミントホワイトと同じく、最高ランクのクオリティです。フレッシュなミントを使って作られた爽やかな味わいをぜひ堪能してみてください。

 

ペパーミントグリーンはお菓子の色付けに使えるだけでなく、ミントビアやグラスホッパーなど鮮やかな緑色が特徴的なカクテルにおすすめです。

アルコール度数24%容量700ml
第1位

バカルディジャパン

ペパーミント ジェット27

価格:1,501円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

世界No.1ミントリキュール

ミントリキュールといえば、やっぱりこのボトルは外せません!5位でご紹介した「ジェット31」と同じく、ミントリキュールの生みの親であるジェット兄弟が製造したラインで販売されています。

 

適度な甘さでカクテルはもちろんお菓子作りにも適していて、爽やかなミントの香りと控えめな甘さがマッチしています。炭酸水でシンプルに割るだけでも、清涼感に驚かされるはずです。特に夏場の暑い時期にグッと飲めば、このリキュールの美味しさに感動しない方はいないはずです。

 

アルコール度数は21%と、「ジェット31」より少し低くなっています。チェイサーとだいたい3:1の割合で割ると、飲みやすいカクテルを作ることができますよ。

アルコール度数21%容量700ml

ミントリキュールのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4873192の画像

    バカルディジャパン

  • 2
    アイテムID:4873201の画像

    アサヒビール

  • 3
    アイテムID:4873306の画像

    アサヒビール

  • 4
    アイテムID:4873208の画像

    株式会社富澤商店

  • 5
    アイテムID:4873223の画像

    バカルディジャパン

  • 6
    アイテムID:4873232の画像

    Marie Brizard(マリーブリザール)

  • 7
    アイテムID:4873236の画像

    アルザス

  • 8
    アイテムID:4873240の画像

    ドーバー洋酒貿易

  • 9
    アイテムID:4873291の画像

    日仏貿易

  • 10
    アイテムID:4873244の画像

    ジファール

  • 商品名
  • ペパーミント ジェット27
  • ボルス ペパーミントグリーン
  • ボルス ペパーミントホワイト
  • ドーバー クレーム ド ミント
  • ペパーミント ジェット31
  • マリーブリザール ミント・グリーン
  • アルザス ミント
  • バーディネー クレームドミント
  • モナン モヒートミント
  • マント・パスティーユ
  • 特徴
  • 世界No.1ミントリキュール
  • 1575年から愛される高品質リキュール
  • どんなカクテルにも染まれる透明リキュール
  • 製菓用にぴったりの少量サイズ
  • 無色透明の人気ミントリキュール
  • 新鮮ミントの豊かな香り
  • プロも愛用する最高級リキュール
  • フランス産の爽やかなミントリキュール
  • ノンアルコールのミントシロップ
  • カクテルの他に水割りでも美味しい
  • 価格
  • 1501円(税込)
  • 1000円(税込)
  • 1242円(税込)
  • 392円(税込)
  • 2040円(税込)
  • 1740円(税込)
  • 5240円(税込)
  • 2809円(税込)
  • 1380円(税込)
  • 2480円(税込)
  • アルコール度数
  • 21%
  • 24%
  • 24%
  • 25%
  • 24%
  • 25%
  • 15%
  • 25%
  • 0%
  • 24%
  • 容量
  • 700ml
  • 700ml
  • 700ml
  • 100ml
  • 700ml
  • 700ml
  • 1000ml
  • 700ml
  • 700ml
  • 700ml

まとめ

ここまでミントリキュールの人気おすすめ10選をご紹介してきましたがいかがでしたか?ミントリキュールは爽やかな香りや風味が特徴のリキュールですが、商品によって甘さや色、風味は全くと言っていいほど異なります。ご自身のお口に合うミントリキュールはどれか探しながら、ミントカクテルを楽しんでみてはいかがでしょうか。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ