記事ID133743のサムネイル画像

【五感に幸せを】大人気のガソリンランタンおすすめランキング10選

ガソリンランタンがあれば自然の灯火を満喫できる。しかし、ガソリンランタンはたくさん種類がありどれが良いかわからないなんてことありませんか?ガソリンランタンの詳しい選び方と、大人気のガソリンランタンおすすめランキング10選にてご紹介します。要チェックです!

ガソリンランタンは五感に訴える味わい深さがポイント

ガソリンランタンは、LEDランタンやガスランタンと比べて、自然の明かりを出してくれることでアウトドア用品でとても人気と言える製品です。五感に訴えてくる気持ち良さがランタンの魅力的なポイントと言えます。ガソリンランタンの選び方とランキング10選をご紹介していきます。

ガソリンランタンの選び方

それでは、ガソリンランタンの選び方について解説していきます。選び方をある程度把握しておくことによって、自分との相性に合ったガソリンランタンを見つけるキッカケになることがあるので、一緒に確認していきましょう。

ガソリンランタンの燃料で選ぶ

ガソリンランタンには燃料を使って、点火を行う仕組みになっておりますが、その燃料には大きく分けてガソリンと、灯油が使われています。それぞれの違いや、使いやすさなどを解説していくので、自分の用途に合った方を選びましょう。

ガソリンのランタンを選ぶ

ガソリンランタンは、ホワイトガソリンという燃料を使用して、ランタンに火を灯すランタンとなっております。メリットは、灯油のランタンに比べて真冬の寒さの中でも、簡単に火を灯すことが可能になっております。

 

他にも、他のランタンに比べて抜群の明るさを実現しております。なので、キャンプ全体を安定した力で、明るさを維持することができるパワーのあるランタンと言って良いでしょう。

 

デメリットとしては、ホワイトガソリンは灯油に比べて高価であり、ガソリンランタンは構造上の問題で価格が高い傾向にあります。自然の暖かさを味わうことができるランタンとして、アウトドアではとても人気になっております。

灯油のランタンを選ぶ

ガソリンランタンと比べて、灯油ランタンは燃料のコストのリーズナブルさが魅力の一つです。ホワイトガソリンは高価であるために、毎回アウトドアを行なっている方にとっては、高価な燃料になります。しかし、灯油はリーズナブルな燃料なので、安くで自然の火を楽しむことができます。

 

灯油を使ったランタンは、構造上もシンプルであり、ガソリンランタンに比べてとても安い傾向にあります。点火後のほんのりとした暖かさが魅力的であり、暖房としての効果も発揮してくれます。

 

ただ、明るさについてはガソリンランタンに及ばず、イメージ的にはサブとして利用するランタンと言えます。ガソリンランタンよりも点火がしやすく、メンテナンスの難易度も低いので、入門用におすすめなランタンと言えます。

ガソリンランタンの明るさで選ぶ

ランタンにはガスを利用したものや、LEDを利用したランタンがあります。しかし、ガソリン、灯油を使ったランタンについては、これらよりも明るい傾向にあります。キャンプサイト全体を明るく照らしてくれるので、メインのランタンとしておすすめです。

 

ガソリンランタンの明るさを調べる基準として、CPというキャンドルパワーという数値が記載されているものがありますので、それらを参考にしてみましょう。200CP程度あればメインランタンの機能としては十分な明るさとなります。

 

注意したいのは、ガソリンランタンは燃料などの火気を利用するランタンになりますので、テント内での使用には向きません。燃えやすいものとは避けて使用するようにしましょう。

ガソリンランタンのポンピング可能かで選ぶ

ガソリンランタンには、ポンピング機能という点火方式に違いありまして、それぞれ2つの方式がありますが、それぞれメリットデメリットが存在します。それらを詳しく解説していきますので、初心者の方は参考程度に目を通しておきましょう。

加圧式を選ぶ

一般的なガソリンランタンであれば、ほとんどの製品が加圧式となっております。加圧式のガソリンランタンを点火する前にポンピングという圧力をかける作業を行う必要があります。少し手間がかかるポンピング方式と言えます。

 

素早く点火を行うことができないデメリットがありますが、安全性能の高い点火方式となっているので、入門用としておすすめなポンピング方式と言えます。

 

 

非加圧式を選ぶ

こちらのポンピング方式は、非加圧式と言いまして、灯油を芯に吸い上げる方式となっておりますので、ポンピングの必要がほとんどなく、手軽に点火を行うことが可能になっております。圧倒的な手軽さから入門用におすすめと言えます。

 

ですが、加圧式のメリットである非常に明るい性能は無く、メインランタンとして使う場合は少し力不足を感じてしまうイメージです。テーブルで使用するテーブルランタンとしては十分な明るさを維持してくれるので、そのようなシチュエーションではおすすめと言えます。

ガソリンランタンの重さで選ぶ

ガソリンランタンの性能に限らずに、ガソリンランタンの重さで選ぶのも大切と言えます。ガソリンランタンには燃料なども入れて使用するので、重さについては少し上がります。すると、結構な重量になる可能性があります。

 

なので、アウトドアで使用する際に軽い方が、持ち運びが楽になりますので、できる限り軽いガソリンランタンを選ぶのがおすすめと言えます。持ち運びが便利になるので、アウトドアを毎回行う方であればあるほど、軽いガソリンランタンを選ぶことが大切と言えます。

ガソリンランタン人気おすすめランキング10選

それではガソリンランタン人気おすすめランキング10選をご紹介していきます。上記の選び方を参考にしつつ、自分の用途に合ったガソリンランタンを探してみましょう。Amazonレビューなどを参考にすることによって、より明確に選ぶことができるでしょう。

第10位

フュアーハンド

ハリケーンランタン中型 フュアーハンド ドイツ フュアーハンド社製

価格:3,680円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

テーブルでの利用に最適なランタン

大人気のガソリンランタンとして、フュアーハンドのガソリンランタンがあります。こちらは、非加圧式の代表と言われている灯油ランタンであり、入門者に最適な点火のしやすさが魅力と言えます。ハリケーンランタンと言われる名前に爽快さがあるように、簡易的なランタンと言えます。

 

こちらのガソリンランタンのイメージとしては、アルコールランプのような感じとなっておりまして、点火する際にポンピングを行う必要性が無いので、手軽に火を灯すことが可能になっております。

 

ハリケーンランタンは、世界でも有名なランタンであり、世界6各国の軍隊でも使用されるほどの、有名なガソリンランタンとなっております。その信頼性の高さと点火のしやすさが魅力的なポイントと言えます。加圧式ほどの明るさはありませんが、デザイン性もレトロで抜群となっております。

 

ポンピング機能非加圧式燃料灯油
重さ0.53kg
第9位

Coleman(コールマン)

Coleman(コールマン) ケロシン(灯油) ランタン 12022-L [並行輸入品]

価格:13,400円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

国内では販売されていないコールマンのランタン

こちらのガソリンランタンは、有名なガソリンランタン発売会社のコールマンが販売している日本未発売のレアなランタンです。輸入のみの取り扱いとなっているので、あまり手に入れることができない希少性の高いランタンとなっております。

 

輸入のみとなるケロシンランタンとなっており、コールマンはガソリンを燃料としたランタンが多い中で、こちらのランタンは灯油を使用するランタンなので、より希少性の高いコールマンのランタンとなっております。

 

高さ46cmの大型ランタンとなっておりまして、灯油ランタンでありながら、メインランタンとしても利用できるほどの、明るさを維持することができます。ガソリンを使用するランタンに比べて、ほんのりとしたオレンジ色の明るさがキャンプの雰囲気をよりよくしてくれます。

 

ポンピング機能加圧式燃料灯油
重さ2.2kg
第8位

YOGOGO

マルチフューエルランタン 100/150CP ケロシン・ガソリン

価格:8,751円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

灯油もガソリンも両方使えてしまうマルチタイプのランタン

ランキング内でもこちらだけのランタンが、ガソリンと灯油を使うことができるマルチタイプのランタンとなっております。ポンピング方式は加圧式となっておりまして、非常に明るい光を灯すことができるのがメリットです。

 

燃料について制限がなくて、灯油またはホワイトガソリンで点火を行うことができるので、手軽さがメリットと言えます。他にも大きなメリットとしてガソリンの燃料には、車用のレギュラーガソリンも使用することができるので、燃料費をリーズナブルに抑えることができるのもポイントです。

 

ただ、こちらのガソリンランタンは、初級者には向いておらず、圧力計などが付いていないので、点火する際に難易度が高いと言えます。慣れることで点火をできるようになるので、少しチャレンジしたい方や、上級者の方におすすめなガソリンランタンと言えます。

 

ポンピング機能加圧式燃料ガソリン
重さ1.27kg
第7位

Coleman(コールマン)

Coleman(コールマン) ランタン シーズンズランタン 2017 ヴィンテージブルー

価格:61,800円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シーズンズランタン限定モデル2017年版、デザインがオシャレ

こちらのシーズンズランタンの特徴は、毎年発売される限定カラーの特別なガソリンランタンであることです。アメリカンなデザインが人気のポイントであり、ランタンのカラーはブルー、専用で付いてくるキャリーについてはオレンジとデザイン性に優れております。

 

コールマンを知っている方であれば、非常に欲しくなってしまうデザイン性を持ったモデルです。限定品となっているためにやや高価なモデルとなりますが。ガソリンランタンとしての明るさが特徴的であり、燃焼時間の長さも魅力的な部分です。

 

 少し物珍しいガソリンランタンとなっているので、ガソリンランタンに興味がある方や、アウトドアの際にデザイン性を重視している方におすすめな製品と言えます。

ポンピング機能加圧式燃料ガソリン
重さ1.4kg
第6位

PETROMAX(ペトロマックス)

PETROMAX(ペトロマックス) ランタン ペトロマックス HK500

価格:28,080円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

群を抜く大光量。メインライトとしても機能する明るさ

ペトロマックスというガソリンランタンメーカーの中でも人気な製品です。HK500というモデルであり、明るさは非常に明るくなっているのがポイントです。白熱電球の400w相当の光量を発揮してくれるので、メインランタンとしてとてもおすすめなモデルです。

 

灯油式でありながら、ランキング内の中でも群を抜いている明るさなので、ガソリンランタンの明るさを重視したい方には、とてもおすすめなモデルとなります。メインラントとして人気であり、灯油を使うことができるのも人気の秘密です。

 

キャンプに明るい環境を作り出し、非常に明るい灯火を出してくれるのですが、200個以上のパーツから形成されているので、メンテナンスに少し手間がかかるデメリットがあります。上級者の方や、ガソリンランタンに興味があり、メンテナンスを楽しめる方におすすめなモデルと言えます。

ポンピング機能加圧式燃料灯油
重さ2.4kg
第5位

コールマン

コールマン ランタン パワーハウスツーマントルランタン 290A740J

価格:22,800円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

口コミでも高評価のツーマントルタイプ

こちらのガソリンランタンは、マントルという発行体を2個使うことによって、他のガソリンランタンには無い明るさを実現しています。ツーマントルのランタンは非常に明るいメリットがあり、メインランタンとしてとても人気です。

 

マントルが2つ付いているので、装着などのメンテナンスを行う際や、点火の際に少し手間がかかる傾向にありますが、非常に明るいメリットと自然な暖かい明かりを出すことができるので、アウトドアが好きな方にとてもおすすめなガソリンランタンと言えます。

 

3人から4人のキャンプでの使用に最適であり、家族でのキャンプにとてもおすすめです。サイズ間についても大きすぎないモデルであり、小さくも無い丁度いいサイズ感なので、持ち運びも便利であり、明るさについても丁度良いポイントがあります。

 

 

ポンピング機能加圧式燃料ガソリン
重さ1.8kg
第4位

COLEMAN

COLEMAN コールマン ワンマントルランタンケースツキ286A740J 〔2018SS キャンプ用品

価格:15,611円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コールマンの入門におすすめ、リーズナブルな価格が魅力的

こちらのガソリンランタンは、2010年度のロングライフデザイン賞という名門の賞を受賞した特別なガソリンランタンとなっております。シンプルさを重視しており、シンプルな中にもデザイン性を重視した洗練されているガソリンランタンのモデルです。

 

ガソリンランタンをアウトドアの際に使用する喜びを与えてくれるイメージのランタンに仕上がっておりますので、アウトドアの際にガソリンランタンが欲しい方には、とてもおすすめです。圧倒的な灯火で、あなたの心さえも癒してくれるそんなイメージの製品となっております。

 

メインランタンとして利用できる光の強さと、最大光量を長い間維持してくれる燃焼時間も大きなメリットです。コストパフォーマンスに優れているガソリンランタンとして人気であり、入門用におすすめなガソリンランタンと言えるでしょう。

ポンピング機能加圧式燃料ガソリン
重さ1.4kg
第3位

COLEMAN

COLEMAN コールマン ノーススターチュ-ブマントルランタン 〔2018SS キャンプ用品 ランタン ライト ガソリン

価格:24,349円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

電池式の自動着火装置付きで入門者に最適なモデル

コールマンのチューブマントルランタンであり、ホワイトガソリンを使用するランタンの中でも、他の製品には無い自動点火装置を採用しております。なので、通常はライターで点火したりするので、少し手間がかかかるデメリットがあります。

 

しかし、こちらのガソリンランタンはボタンを押しながら、調整バルブを回すだけで、簡単に点火を行うことが可能になっております。なので、入門者にとても最適なガソリンランタンと言えます。ランタンの明るさについても230w級の明るさを維持できるので、とても明るいです。

 

とても明るい光量があるのに、燃焼時間については最大14時間となっているので、アウトドアを楽しんでいる間に、追加で燃料を入れる手間もかかりにくいので、とても利便性の高いガソリンランタンと言えます。アウトドアによく行く方であれば、是非とも持っておきたいランタンと言えます。

ポンピング機能加圧式燃料ガソリン
重さ1.8kg
第2位

Coleman

Coleman コールマン 285 ツーマントル デュアルフューエル ランタン ケース付 [並行輸入品]

価格:13,000円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コールマンの大人気シリーズのランタン

コールマンと言えば、ガソリンランタンの大人気ブランドですが、こちらの製品はコールマンジャパンから発売されていない特殊なモデルとなっております。国内では販売されていないモデルであり、少し変わったデザインとなっております。

 

こちらのガソリンランタンのポイントとして、多くのランタンはホワイトガソリンのみの使用となっておりますが、こちらのランタンはレギュラーガソリンという車用のガソリンも使用することができます。

 

災害時にも利用できるガソリンを使用することができるので、燃料費をリーズナブルな抑えることができるとも言えます。マントル2つ付きであり、キャンプを行う際のメインランタンとして十分な明るさを維持します。通常のガソリンを使うことができるのが何よりもメリットと言えます。

ポンピング機能加圧式燃料ガソリン
重さ2.49kg
第1位

Coleman

Colman コールマン Northstar Candle (ノーススター キャンドル) ランタン 日本未発売 2000003454 [並行輸入品]

価格:4,370円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ランキング1位のガソリンランタンは、コールマンの加圧式のガソリンを使用するランタンです。日本では販売されていない、日本未発売の製品であり、希少性の高いインテリアとしてもおすすめなガソリンランタンです。

 

最大燃焼時間は9時間程度となっているので、長持ちするガソリンランタンと言えます。1日のゆっくりとしたアウトドアを楽しむには最適なガソリンランタンです。デザインについてもこだわりがある製品となっており、アウトドアの雰囲気をより一層贅沢に飾ってくれます。

 

キャンプでの使用に最適ですし、重量についても軽い方なので、持ち運びにも便利と言えます。価格についてもリーズナブルなので、それなりの性能と価格の安さは他のランタンには無い魅力と言えます。入門用としておすすめできるオールマイティな製品です。

ポンピング機能加圧式燃料ガソリン
重さ0.25kg

まとめ

ガソリンランタンおすすめ人気ランキング10選をご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。選び方を参考にすることによって、ガソリンランタンをもっと明確に選ぶことができるようになるので、是非とも参考にしてみてくださいね。

 

自分の条件に合ったものにピントを当てることによって、より価格の安いガソリンランタンを選ぶことができるようになることが多いので、Amazonレビューなども参考にしつつ選んでみましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ