記事ID133733のサムネイル画像

【釣竿は1本で十分!】超万能!人気のエギングロッドおすすめランキング10選

気軽に出来て釣り初心者にも大人気のエギング。実はエギング以外にも使用出来る超万能でおすすめなエギングロッド。海釣りはエギングロッド1本あれば大丈夫です。そんなエギングロッドを選ぶポイントや種類を説明しつつ人気のおすすめエギングロッドを紹介します。

釣竿はエギングロッド1本で大丈夫!

堤防から手軽に出来て生き餌を使わずにルアー(餌木)を使用しイカを釣るエギング、手が汚れない事や常にルアーアクションが必要なアクティブさから女性やお子様にも大人気の釣りです。エギングに必要なエギングロッドを求めて釣り道具屋に行くとエギングロッドの種類の豊富さに驚きます。

 

また、エギング以外の釣りをしたい時に専用の釣竿を揃える必要があるかと不安にもなります。実は、エギングロッドは超万能で1本あれば、イカ以外にもシーバスやチヌ、青物、根魚等、ルアーで狙える魚ならほとんどの魚種に対応出来ます。

 

そんなエギングロッドですが、万能であるがゆえに種類も豊富です。ただし選び方のポイントを知ると自身がしたい釣りに合ったおすすめのエギングロッドが見つかる筈です。ポイントは大きく分けて2つ、硬さと長さです。エギングロッドの硬さと長さの説明とその他のポイントも踏まえておすすめのエギングロッドを紹介出来ればと思います。

エギングロッドの選び方

 

エギングロッドを選ぶ上で最初に確認したいポイントが「長さ」と「硬さ」です。エギングロッド本体に「(製品名)86M」の様な記載があります。これはエギングロッドの「長さ」と「硬さ」を表しています。

 

この表記は、長さが8.6フィートで硬さがM(ミディアム)を表しています。エギングロッドのこの表記を確認しつつ釣りたい魚種や釣方に適したエギングロッドを選べば釣果は上がる事と狙いたい魚種もはっきりするかと思います。

 

もちろん、エギングロッドは万能なのでどの魚種も狙えるオールラウンドな1本もあります。

「硬さ」で選ぶ

エギングロッドには、「ML/ミディアムライト/軟」「M/ミディアム/標準」「MH/ミディアムヘビー/硬」と大きく分けて3つ硬さの種類があります。

 

また、稀に「L/ライト/すごく軟らかい」や「H/ヘビー/すごく硬い」がありますが、使用できる環境が限定されるので万能な釣り竿としては使用が困難です。選ぶ硬さによってそれぞれに特徴があります。

M/ミディアム(オールラウンドの定番)

硬さのクラスでは中間になるMクラスのエギングロッド。エギングで使用する餌木の対象は2.5号~4号になります。Mクラスのエギングロッドは適度に軟らかく長時間のルアーアクション(しゃくり)をしても疲れにくい、しなやかさがあります。

 

エギング以外でも、ちょい投げやライトショアジギングでも活躍し、ジグなら大体20g程度なら問題無く使用可能です。中小型のシーバスやチヌ、タチウオ等がかかっても十分対応可能な釣り竿になります。

 

エギングの使用頻度としてもオールシーズン使用出来て非常に重宝しますので最初に選ぶにはおすすめのエギングロッドになります。

ML/ミディアムライト(アタリがとりやすく初心者向き)

硬さのクラスでは軟らかいクラスになるMLクラスのエギングロッド。エギングで使用する餌木の対象は2.5号以下になります。MLクラスのエギングロッドの特徴は軟らかくしなやかな事です。

 

しなやかなロッドアクションで餌木やルアーに繊細な動きを出すことや小さなアタリも感じる事が出来ます。ちょい投げや軽めのジグやワーム等にも適しており小型の根魚等にも利用可能です。エギングは主に秋口の小型のイカに適しています。

 

この時期のイカは食欲も旺盛なのでエギング初心者にもおすすめのエギングロッドになります。

MH/ミディアムヘビー(大型のヒキにも負けないパワー)

硬さのクラスでは硬いクラスになるMHクラスのエギングロッド。エギングで使用する餌木の対象は4号以上になります。MHクラスのエギングロッドは弾力が強く大きめのルアーや餌木の遠投に優れていいます。

 

反発力も強く大型のヒキにも負けないパワーがある為、ヒキの強いヒラマサやカツオ等の青物や大型のシーバス等も対応可能です。エギングは主に春先の大型のイカ狙いに適しています。MクラスやMLクラス程のしなやかさは無く、エギングロッドの動きがダイレクトにルアーや餌木に伝わる特徴もあります。

 

その為、ルアーや餌木にアタリを感じてからのアワセがダイレクトに伝わるのでエギングロッドのしなやかさが生む独特の「間」も無い為にバラしてしまう事もあります。釣りに慣れてきて狙いたい魚種が特定出来る様になってきた時におすすめのエギングロッドになります。

「長さ」で選ぶ

エギングロッドを選ぶもう1つの重要ポイントが「長さ」です。8.6フィート(1フィート=約30cm)が標準的な長さで8.6フィート以上か8.6フィート未満かでエギングロッドの特徴が分かれる1つの基準でもあります。もし「長さ」で迷われるならオーソドックスで汎用性が高い8.6フィートをおすすめします。

8.6フィート未満(小回りが利く初心者向け)

8.6フィート未満のエギングロッドの特徴は短い分小回りが利き、安定しない足場でも扱いやすい利便性です。また、エギングに限らずルアーアクションは見た目以上に体力がいります。特に、エギングは餌木を「しゃくり」と呼ばれるアクションを頻繁に行う必要があります。

 

短いエギングロッドは軽く疲れにくい事と、エギングロッドのアクションがダイレクトにルアーや餌木に伝わる為、より自然に違和感無く魚を誘き寄せる事が出来ます。感覚をつかみたい初心者にも短いエギングロッドはおすすめです。

8.6フィート以上(遠投に適した大物狙い)

8.6フィート以上のエギングロッドの特徴は遠投力です。遠投する事でイカのいるエリアの奥から誘い込める為、警戒心の強い大物のイカには効果的です。

 

また、エギング以外でも沖でナブラが湧いた時など短いエギングロッドでは投げても届かない範囲でも長いエギングロッドでは十分届きます。この様に釣りをしていると遠投が必要になる場面はよくあります。そういう時に長いエギングロッドは効果を発揮するのでおすすめです。

 

ただ、短いエギングロッドに比べて長い分、重たく長時間のルアーアクションは疲れる事と安定しない足場では小回りが利かない事もあるので、よく行くフィールドの環境等も長いエギングロッドを選ぶ上で重要になります。

エギングロッドの「重さ」や「ガイド」で選ぶ

エギングロッドの「硬さ」や「長さ」以外にも「重さ」や「ガイド」もエギングロッドを選ぶ上で大切です。「重さ」は長時間の釣りに大きく影響する事と、「ガイド」は糸(ライン)への負荷に影響するのでどちらも重要なポイントになります。

重さ(おすすめは軽量エギングロッド)

エギングやショアジギングは1日中ルアーや餌木を投げてアクションをする動作を繰り返します。腕にかかる負担は大きく気がつけば疲れて投げれない状態になる事もあります。エギングロッドが軽ければ軽いほど腕にかかる負担は軽減出来てより長い時間、釣りを楽しむ事が出来ると思います。

 

ただし、軽ければいいという訳ではありません、大事なのはリールとのバランスです。ポイントは重心を意識する事です。エギングロッドにリールをセットして持った際に重心が手元に近くエギングロッドが水平に安定する状態が理想のバランスです。

 

リールにエギングロッドを合わせるかエギングロッドにリールを合わせるかはその時々ですが、エギングロッドの重さを意識し重心やバランスを合わせれば腕への負担は軽くなります。

Sicガイド(ライン切れを未然に防ぐ)

基本エギングに限らずルアーを使用する釣りではPEラインを使用します。PEラインは感度が他のラインに比べ良いことや、より遠くに遠投出来る特性があることからルアー釣りで使用するラインの主流となっています。

 

ただし、しなやかでコシが全く無いラインなのでライントラブルが非常に多いラインでもあります。更に他のラインに比べて高価です。ガイドを意識すればライントラブルも少なくなり高価なPEラインを切る事になる心配も無くなります。ガイドで意識したいポイントはSicガイドでなおかつ形状はKガイドかどうかになります。

 

Sicガイドとは、通常の金属製のガイドとは違いガイドの中を通るラインの摩擦熱を軽減する素材を使用しています。これによりラインが擦れて切れる心配も無くなります。通常エギングロッドの箱等に記載がありますが、ガイドの中を見れば黒いリングが付いていればSicガイドになります。

Kガイド(ライン絡まりを未然に防ぐ)

Kガイドとは、形状の事でラインが絡まりにくい形状のガイドの事をKガイドと言います。ルアーアクションでラインが絡まる事もありますが、それ以上に厄介なのが風です。風にラインが流されてエギングロッドのガイドに絡まる事はよくあります。

 

もし、PEラインを使用していればPEラインの特性上、一度絡んでしまったら解くのが非常に困難な素材です。最悪、途中でラインを切る事になる場合もあります。Kガイドはそんな厄介な風にも対応出来る形状なのでKガイドがあれば釣り場でのライントラブルは激減します。

超万能!エギングロッド人気ランキング10選

フィールドやシーズンを問わず、どんな釣りにも対応できる万能エギングロッドの人気ランキング10選を紹介します。

第10位

シマノ(SHIMANO)

シマノ セフィアBB S86M

価格:12,919円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シマノのエギングロッド、セフィアシリーズの入門モデル

シマノの代表的なエギングロッドであるセフィアシリーズ。セフィアシリーズの中でもエギング入門モデルと言われるセフィアBBですが、2018年ニューモデルになり、シマノ独自のエギングロッドのアクション時に生まれる「ねじれ」を抑制するハイパワーXが搭載されました。

 

これによりエギングロッドのパワーが上がり、遠投にも耐えれる仕様になっています。エギング入門モデルと言われていますが初心者だけでなく、上級者にもおすすめのエギングロッドです。

硬さM/ミディアム長さ8.6フィート
自重107g
第9位

ハラ(TIGA)

シェアーズ DIVIDE EGI 8.4F

価格:4,600円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

持ち運びに便利な5ピースエギングロッド

足場の悪いフィールドや自転車やバイク等での移動、キャンプ等のレジャーにも便利な5ピース仕様のエギングロッド。コンパクトに収納可能なので持ち運びが快適な1本です。なおかつお求めやすいコストで性能も抜群です。

 

素材は高弾性カーボンを使用しており確かなパワーがある事や対応している餌木も2号~4号と幅が広くシーズン問わずに活躍できます。エギング以外にもちょい投げやシーバスロッドとしても使用可能で、コスト面や使用用途からもセカンドロッドと思いきや十分メインのロッドとしてもおすすめ出来ます。

硬さM/ミディア程度(メーカー非公表)長さ8.4フィート
自重153g
第8位

ダイワ(DAIWA)

ダイワ リバティクラブ 832M

価格:6,496円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

初心者が選ぶ最初のエギングロッドに最適

釣りの楽しさをコンセプトに開発されたダイワのリバティクラブ。そのコンセプトの通り使い勝手が非常によくクセも無いので初心者にも扱いやすいエギングロッドとしておすすめです。エギングロッドの基本的な性能もしっかりしていることもありエギング以外の釣りでも十分活躍します。

 

シーバスやサゴシ、サビキ釣りもこのエギングロッド1本で十分です。ショアジギングで使用する場合は20g~30gぐらいのジグが対応可能です。最初の1本で迷う場合は十分候補に考えてもいいエギングロッドです。

硬さM/ミディアム長さ8.3フィート
自重135g
第7位

シマノ(SHIMANO)

シマノ セフィアCI4+ S806M

価格:26,686円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シマノが誇るセフィアシリーズ至高の1本

シマノのエギングロッドの代名詞であるセフィアシリーズが進化を遂げた1本。手首の負担を軽くするために軽量化にこだわり長時間の釣りも苦にならないエギングロッドです。

 

軽量化する事で竿が折れやすくなるかと思いきや、シマノ独自の技術であるハイパワーXとスパイラルXを採用する事でエギングロッドのねじれを抑制しパワーが飛躍的にアップしています。キロオーバーのイカも楽に引き寄せる事が可能で秋口の小型のイカから春先の大型のイカまでオールシーズンで活躍出来ます。

 

また、ガイドにもこだわりライントラブルが起こりにくい形状のシマノオリジナルXガイドを採用しています。本格的なエギングロッドを選ぶにはおすすめです。

硬さM/ミディアム長さ8.6フィート
自重94g
第6位

シマノ(SHIMANO)

シマノ セフィアSSR S806M

価格:15,246円(税込)

amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シマノのセフィアシリーズを世に知らしめた代表作

シマノのエギングロッドであるセフィアシリーズの代表作でもあるSSR。バランスを追求しフィールドやシーズンに左右されない対応力があります。エギングロッドですが、シーバスやチヌ、青物や根魚等にも十分対応出来る超万能な1本です。

 

仕様もシマノ独自のハイパワーXでエギングロッドのねじれを抑制しパワーを上げている事や、Kガイドを採用する事でライントラブルの心配もありません。万能エギングロッドとしては全てにおいてワンランク上のエギングロッドとしておすすめです。

硬さM/ミディアム長さ8.6フィート
自重111g
第5位

アブガルシア(Abu Garcia)

アブガルシア ソルティースタイル STES-862MLS-KR

価格:10,313円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ティップランスタイルをショアから可能にした1本

ルアーフィッシングの魅力を最大限に活かす事を考え作られたアブガルシアのソルティシリーズ。ソルティシリーズのエギング専用のエギングロッドになります。価格はリーズナブルながらも使用しているパーツは十分にエギングロッドのパフォーマンスを発揮できる様に揃っています。

 

また、ショアからでもティップランがしやすい竿先に空洞が無いソリッドティップを採用しているのも大きな特徴です。ソリッドティップにする事でより以下の繊細なアタリを感じる事が出来ます。また、アジングやメバリング等の繊細なワームアクションにも対応可能な1本で、磯や堤防やボート等、幅広く釣りをしたい時におすすめ出来るエギングロッドです。

硬さML/ミディアムライト長さ8.6フィート
自重125g
第4位

ダイワ(DAIWA)

ダイワ エメラルダス エア AGS86M

価格:31,546円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ダイワの技術を詰め込んだ、エメラルダスシリーズの最高傑作

エギングロッドといえばダイワのエメラルダスシリーズと言われる程、有名なエメラルダスシリーズ。そのエメラルダスの中でも最高傑作と呼び声が高いのが、エメラルダスAGS(エア・ガイド・システム)です。

 

エギング界のカリスマ山田ヒロヒト氏が開発に携わり太鼓判を押した事でも有名です。性能は、とにかく軽量(自重は90g)で感度も他のエギングロッドに比べても群を抜いています。軽量にとことんこだわったエギングロッド、一度手に取ればその軽さに驚きます。

 

更にエギングロッドの素材やガイド、グリップに至るまでダイワ独自の技術を惜しみなく採用しており、軽さ、強度、操作性、遠投性等が全てにおいて高いレベルにある1本です。もちろん、エギング以外にも十分使用できるオールラウンダーモデル。より高みのエギングロッドをお探しならおすすめの1本です。

硬さM/ミディアム長さ8.6フィート
自重90g
第3位

メジャークラフト

メジャークラフト ファーストキャスト FCS-862E

価格:6,168円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ルアーフィッシングにこだわり尽くしたエギングロッド

ルアーフィッシングにこだわり続けるメジャークラフトの代表作、ファーストキャストのエギングロッドです。ルアーフィッシングを知り尽くしたメジャークラフトだからこそ出来るこだわりが詰まった1本です。

 

エギングはもちろん、アジング、チニングや根魚、シーバス等、ほとんどのルアーフィッシングにも対応出来るオールラウンドなエギングロッドです。メイン素材に中弾性カーボンを採用し、しなやかなブランク性能が初心者にもやさしく扱いやすくなっています。

 

ルアーフィッシング以外にもちょい投げやサビキ釣りも可能で、エギングロッドですが、エギング以外の釣りもこれから始めたいとお考えの人にもおすすめです。

硬さM/ミディアム長さ8.6フィート
自重-(メーカー非公表)
第2位

メジャークラフト

メジャークラフト ソルパラ SPS-862E

価格:5,890円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最高のコストパフォーマンスで間違いの無い1本

エギングもしたいが他のルアーフィッシングもしたい、とりあえず調べたけど結局どのエギングロッドが自分のしたい釣りに合うのか解らない、そもそも何が釣れるかも解らない等、エギングロッド選びに困ったらメジャークラフトのソルパラを選べば間違いありません。

 

ルアーフィッシングにこだわり尽くしたメジャークラフトのソルパラは素材やグリップの形状、各モデル毎にガイドの位置まで計算されていて、上級者にはもちろん初心者や子供にも扱いやすい設計になっており、エギングロッドの中でも最高のコストパフォーマンスを誇ります。

 

アジが釣れているからアジング、ナブラが湧いたからショアジギング、シーバスが上がっているのでルアーフィッシング等、その時々のフィールドに対応出来るおすすめのエギングロッドです。

硬さM/ミディアム長さ8.6フィート
自重- (メーカー非公表)
第1位

ダイワ(Daiwa)

ダイワ エメラルダス 86M

価格:11,906円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最初のエギングロッドにして超万能な完成形

エギングというフィッシングスタイルを世の中に浸透させたパイオニア的存在のダイワ。初めてエギング専用のエギングロッドとして誕生したのがエメラルダスシリーズです。

 

様々なフィールドに対応出来る様に設計され、素材はカーボン素材でX状に締め上げるブレーディングX、ガイドはライントラブルが少ないKガイド、軽量で疲れにくく手に馴染みやすいオーバル型のリールシート等、ダイワの技術が詰まったエギングロッドの完成形とも言える1本です。


また、86Mはシリーズの中でも汎用性が高く、ショアジギング・ちょい投げ・サビキ釣り等もこなせ、シーズンやフィールドに左右されない正に超万能なエギングロッドです。
エメラルダスが1本あればどのシーズン・フィールドでも対応出来、末永く使える1本なので、初心者はもちろん上級者にもおすすめ出来るエギングロッドです。

硬さM/ミディアム長さ8.6フィート
自重120g

エギングロッドのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4878156の画像

    ダイワ(Daiwa)

  • 2
    アイテムID:4878091の画像

    メジャークラフト

  • 3
    アイテムID:4878081の画像

    メジャークラフト

  • 4
    アイテムID:4878074の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 5
    アイテムID:4876812の画像

    アブガルシア(Abu Garcia)

  • 6
    アイテムID:4876750の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • 7
    アイテムID:4876734の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • 8
    アイテムID:4876716の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 9
    アイテムID:4878204の画像

    ハラ(TIGA)

  • 10
    アイテムID:4876617の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • 商品名
  • ダイワ エメラルダス 86M
  • メジャークラフト ソルパラ SPS-862E
  • メジャークラフト ファーストキャスト FCS-862E
  • ダイワ エメラルダス エア AGS86M
  • アブガルシア ソルティースタイル STES-862MLS-KR
  • シマノ セフィアSSR S806M
  • シマノ セフィアCI4+ S806M
  • ダイワ リバティクラブ 832M
  • シェアーズ DIVIDE EGI 8.4F
  • シマノ セフィアBB S86M
  • 特徴
  • 最初のエギングロッドにして超万能な完成形
  • 最高のコストパフォーマンスで間違いの無い1本
  • ルアーフィッシングにこだわり尽くしたエギングロッド
  • ダイワの技術を詰め込んだ、エメラルダスシリーズの最高傑作
  • ティップランスタイルをショアから可能にした1本
  • シマノのセフィアシリーズを世に知らしめた代表作
  • シマノが誇るセフィアシリーズ至高の1本
  • 初心者が選ぶ最初のエギングロッドに最適
  • 持ち運びに便利な5ピースエギングロッド
  • シマノのエギングロッド、セフィアシリーズの入門モデル
  • 価格
  • 11906円(税込)
  • 5890円(税込)
  • 6168円(税込)
  • 31546円(税込)
  • 10313円(税込)
  • 15246円(税込)
  • 26686円(税込)
  • 6496円(税込)
  • 4600円(税込)
  • 12919円(税込)
  • 硬さ
  • M/ミディアム
  • M/ミディアム
  • M/ミディアム
  • M/ミディアム
  • ML/ミディアムライト
  • M/ミディアム
  • M/ミディアム
  • M/ミディアム
  • M/ミディア程度(メーカー非公表)
  • M/ミディアム
  • 長さ
  • 8.6フィート
  • 8.6フィート
  • 8.6フィート
  • 8.6フィート
  • 8.6フィート
  • 8.6フィート
  • 8.6フィート
  • 8.3フィート
  • 8.4フィート
  • 8.6フィート
  • 自重
  • 120g
  • - (メーカー非公表)
  • -(メーカー非公表)
  • 90g
  • 125g
  • 111g
  • 94g
  • 135g
  • 153g
  • 107g

まとめ

今回は、どんなフィールドやシーズン、釣り方にも対応出来る万能なエギングロッドを紹介しました。これからルアーフィッシングを始めたい人も、色んな魚を釣ってみたいと思う人も、間違いなくエギングロッドはおすすめでルアーフィッシングするなら万能エギングロッド1本あれば十分です。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ