記事ID133710のサムネイル画像

【人気の引き出し式も】衣装ケースのおすすめ人気ランキング10選

衣装ケースは、すぐに増えてしまいがちな衣類を収納するのに活躍する便利なアイテムです。効率的に収納できる衣装ケースがあれば、面倒な衣替えも手早く行うことができます。今回は、fitsシリーズやニトリ・無印良品などの人気商品をランキング形式でご紹介していきます。

衣装ケースの特徴とは?

衣替えの時期になると、いつも面倒な衣類の収納に悩まされている方も多いのではないでしょうか。衣類は、すぐに増えてしまってタンスに収まらないことも。そんな時にも衣装ケースを使えば、快適にかつ機能的に衣類の収納をすることが可能です。衣装ケースには、形やデザインなどさまざまなものがあります。

衣装ケースはもともと押入れの中に衣類を収納するために生まれたものと言われています。衣装ケースの奥行きが押入れの奥行きにピッタリなのもそのためです。しかし、近年は昔ながらの押入れがある住宅が少なくなっており、代わりにクローゼットが主流となってきています。それに伴い、求められる衣装ケースの種類も多様化してきています。

今回は、そんな数多くのタイプが展開されている衣装ケースの選び方やおすすめの人気アイテムをランキング形式でご紹介していきましょう。自分の使用用途にピッタリ合った衣装ケースを選ぶ時の参考にしてみてください。

 

衣装ケースの選び方

衣装ケースには、さまざまな種類のものが展開されています。選び方のポイントをご紹介していきます。

タイプで選ぶ

衣装ケースは、タイプ別に分類されています。それぞれについて見ていきましょう。

引き出し型(連結式)を選ぶ

衣装ケースの中でも、引き出しタイプのものは、タンスのように引き出し式になっているのが特徴です。チェストタイプとも呼ばれている引き出し式のものの中でも何段かが連結されたタイプがあります、

連結式のタイプは、初めから完成しているものが多く、組み立てる手間がかからないのも魅力です。中には組み立て式になったものもありますが、工具などを使わずに簡単に組み立てられるようになっているものが主流です。

チェストタイプの衣装ケースは、比較的大型のものが多いのでキャスター付きのタイプであれば、軽々と移動ができるため、掃除をする時でも楽に動かせるので便利です。また、衣類の種類ごとに一段ずつ分類して収納しておけるので、衣類を探しやすいのでおすすめです。

引き出し型(単体)を選ぶ

引き出し型の衣装ケースの中でも、一段の引き出しが単体になっているタイプのものがあります。引き出し型の単体のタイプの衣装ケースは、取り出しやすいので、下着やハンカチ、普段からよく使う衣類を収納するのに適しています。

また、一段分の高さのスペースがあれば、自由に置いて使うことができるので空いたスぺースを有効に活用することができるのでおすすめです。スペースに合わせて組み合わせて使うことができるものおすすめのポイントです。

 

ボックス型を選ぶ

衣装ケースの中でも、箱型になったボックスタイプのものは、一つ一つが分離しているのが特徴です。チェストタイプでは入らない狭いスペースでも有効に活用しながら衣類を収納することができるのが魅力です。

組み合わせて使用できるタイプのものなどがありますので、空いたスペースを最大限に利用することが可能です。チェストタイプのものに比べて、価格もリーズナブルですので手軽に購入しやすいのもおすすめのポイントです。ボックスタイプの中でもキャスター付きのものであれば、軽い力で移動できるので取り扱いもしやすくおすすめです。

深さで選ぶ

衣装ケースにはさまざまな深さのものがあります。ご紹介していきましょう。

深いものを選ぶ

衣装ケースの中でも深さのあるものは、衣類が大量に収納できるのが特徴です。深いタイプの衣装ケースの深さは、30㎝と35㎝になっているものが多く見られます。この深さに適している衣類は、厚手のセーターやダウンジャケットなど嵩のある衣類の収納に向いています。たくさん入るからと言って、深いタイプの衣装ケースに薄手の衣類の収納に使ってしまうと、取り出しにくく探すのも大変になってしまいますので注意が必要です。

 

浅いものを選ぶ

衣装ケースの中でも深さがなく、浅いタイプのものは下着や薄手の衣類の収納に向いています。浅いタイプの一般的な衣装ケースの深さは、18㎝や23㎝のものが多く展開されています。浅いタイプの衣装ケースであれば、クローゼットの空いたスペースの有効活用がしやすいのでおすすめです。浅い衣装ケースは容量は少ないですが、収納した衣類を取り出しやすく、積み重ねて使うことも可能なところも魅力です。

奥行きで選ぶ

衣装ケースの奥行きも長いものから短いものまでありますのでチェックしてみましょう。

奥行きの長いものを選ぶ

衣装ケースの中で奥行きの長いタイプのものは、押入れなどの収納にも使えて何より大量に収納できることが特徴です。奥行きのあるものを使って収納する場合は、奥にはあまり使わないものを入れ、手前には良く使う衣類を入れておくと取り出しやすいので便利でおすすめです。ただ奥行きがある分、衣類を入れた後にかなりの重量になる可能性があるので、移動しやすさを重視する場合には注意が必要です。

 

奥行きの短いものを選ぶ

衣装ケースの中で奥行きの短いタイプのものは、薄手の衣類や下着などよく使うものを収納するのに適しています。奥行きが短いタイプの衣装ケースであれば、奥行きのないタンスの上やクローゼットのすき間などデッドスペースを有効に活用することができるのも魅力です。一つ一つが独立しているタイプであれば、スペースに合わせて積み重ねたり単体で使うことも可能ですのでおすすめです。

素材で選ぶ

衣装ケースに使われている素材もさまざまなものがありますのでチェックしてみましょう。

プラスチック製を選ぶ

衣装ケースの中でプラスチック製のものは、近年、最も多く使われており、衣装ケースの主流となっています。プラスチックの衣装ケースは、湿気に強く密閉性が高いのが特徴です。ただ、熱や衝撃に弱く、衣類を入れ過ぎて重くなったものを重ねると割れてしまうこともありますので、積み重ねて使う場合には注意が必要です。

木製で選ぶ

衣装ケースの中には、木製で作られているものもあります。木製の衣装ケースは、主に桐の木が使われている場合が多く、和服など大切な衣類を収納しておくのに適しています。桐で作られた衣装ケースは、通気性に優れ、防虫効果が高いのが特徴です。ただ、衣類を入れる前であっても重量があるものが多く、衣類を入れた後では、かなりの重量になりますので注意が必要です。木製の衣装ケースにはキャスターが付いたタイプのものもありますので、重くても移動

がしやすいので便利でおすすめです。

不織布製で選ぶ

衣装ケースには、不織布を用いて作られているものもあります。不織布の衣装ケースは、通気性が高く軽いのが特徴です。底の強度を増すためにビニール板が敷かれているものもあります。基本的に布はやわらかい素材ですので、移動する際に持ちあげた時に中の衣類が偏ってしまう場合がありますので注意が必要です。また防虫効果のある布が使われているものもありますが、長期間の収納であれば、防虫剤を併用することをおすすめします。

 

プチプラなものを選ぶ

安くて人気の衣装ケースをお探しな、ニトリ・無印・カインズなどのホームセンターがおすすめ。小さめサイズから大きめまで幅広く商品があります。

ニトリ

ニトリはBOXタイプから引き出し式の連結タイプまで幅広く展開しています。カラーもピンクやブラウン、水色など幅広いため、お好きな色をお選びいただけます。

 

気になる価格帯は、だいたい2000円程度ですが、安いもので600円代から高いもので10000円近くまで幅広くあります。特にプラスチック製の引き出しタイプは大容量なのにお安いので、服が多くて大変な方におすすめです。

 

また、ニトリでは収納ケースの中に使用する仕切りも売っているため、周辺グッズも取り揃えられます。

無印良品

無印良品の衣装ケースは引き出し式でシンプルなデザインが特徴です。プラスチック素材を使用しており、中が見えやすいためどこになにを収納したのかが確認しやすく、重ねても使いやすいです。

 

クローゼットはもちろん押し入れの中にも収納できます。お値段は1000円から2000円代後半で手に入ります。まとめ買いでお得になることもあるので、同時購入したい方にはおすすめです。

カインズ

カインズの衣装ケースはBOXタイプが豊富です。一つ1000円から2000円程度とプチプラな値段で何個も買い集めることができます。

 

中でもおすすめなのが「インテリアキャリコ」。蓋が斜めについてるため、重ねて使用しても開けやすいのが特徴です。またカラー展開もホワイトやブラックのほか、イエローなどのパステルカラーも取り揃えているので、並べて使うとカラフルに。

 

また他にもキャスター付きのものやクローゼットの収納用もあるので、使用場所に合わせてお選びいただけます。今回紹介する衣装ケースのなかでも抜群に安いため、プチプラをお探しの方におすすめです。

 

衣装ケースの人気ランキング10選

第10位

天馬(Tenma)

木製天板ストッカー 550(3段)

価格:4,280円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

天然木の天板がお洒落

天馬の「木製天板ストッカー 550(4段)」は、天板部分に天然木を使用した引き出しタイプの衣装ケースです。引き出しは自動的に閉まる「セルフクローズ」機能が採用されているで、使いやすくて便利です。さらに、ストッパーが付いているので、引き出し過ぎても引き出しが落下することなく快適に使うことができます。



引き出しに開け閉めがしやすい工夫が施されているので、下着や普段からよく使う衣類などの収納にもおすすめです。天板には天然木が使用されているので、上に物を置いても潰れにくく、また部屋に出した状態で使ってもインテリアの邪魔にならず、タンスのように使えるおすすめの衣装ケースです。

重量7㎏材質天板:プリント紙化粧合板/外枠・引出:ポリプロピレン
サイズ幅55cm×奥40cm×高80cm
第9位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

チェスト ラクラク引出し 木天板5段

価格:7,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

丈夫な天板で安心

アイリスオーヤマの「チェスト ラクラク引出し 木天板5段」は、その名の通り引き出しの開け閉めがスムーズなのが特徴です。金属製のスライドレールが採用されているため、衣類をたくさん収納しても引き出しの滑りがなめらかで快適に使うことができます。引き出しの上下に取っ手があるので、上下どちらからでも引き出すことができるので便利です。

完成した状態で販売されているので、面倒な組み立て作業も不要で、届いてすぐに使うことができます。天板には天然木が使用されているので、重いものを乗せても潰れにくく、インテリア性に優れている点もおすすめのポイントです。また、耐水性にも優れているので、脱衣所などの湿気の多いところでも使うことができます。

重量10.73㎏材質天板:合成樹脂化粧繊維板/本体・引出し:ポリプロピレン・スチロール樹脂
サイズ幅56cm×奥41.5cm×高81cm
第8位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

チェスト 木天板

価格:3,989円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サイズの違う引き出しが便利

アイリスオーヤマの「チェスト 木天板」は、5段の引き出しタイプの衣装ケースですが、上の2段は大きさの異なる浅い引き出しになっているのが特徴です。上2段の浅い引き出し部分には、ハンカチや小物などの収納に便利です。下の3段の引き出しはやや深めですので、厚手のトレーナーなどの収納にもおすすめです。



天板には天然木が使用されているので、部屋に出した状態で使用してもインテリアの邪魔にならず、チェストのように使うことができます。天板の耐荷重量は10kgありますので、重いものを乗せても潰れる心配がなく安心して使うことができます。クローゼットの中で使用しても、引き出しが半透明になっているので中身が確認しやすいので安心です。

重量8.4㎏材質天板:プリント紙化粧パーティクルボード/本体:ポリプロピレン
サイズ幅55.8cm×奥40.2cm
第7位

ナサ流通企画

キャスター付き桐衣装箱 5段

価格:15,800円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大切な衣類の収納に最適

ナサ流通企画の「キャスター付き桐衣装箱 5段」は、桐を使ったキャスター付きの衣装ケースです。桐の衣装ケースは通気性があり、防虫効果が高いので和服など大切な衣類の収納に最適な衣装ケースです。

国産製で丁寧な作りですので安心して使うことができます。角の部分に隅金具が施されているため、高級感があるのも魅力。高級感のある一般的な衣装ケースのサイズに比べ、幅が長めに作られているので、大型の衣類でも収納することができるのも魅力です。重くなりがちな木製の衣装ケースですが、キャスターが付いているので移動も楽ですのでおすすめです。

重量9㎏材質主材:天然木(桐材)/天板・底板:天然木桐化粧板
サイズ幅95cm×奥42cm×高さ55cm
第6位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

収納ボックス チェスト

価格:3,120円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

豊富なサイズ展開が魅力

アイリスオーヤマの「収納ボックス チェスト」は、積み重ねても前に倒れにくい工夫が施されており、安定感があるのが特徴です。押入れの奥行きにピッタリなのもおすすめのポイントです。


天板部分が丈夫な素材で作られているため潰れにくく、4段まで重ねて使用することができます。半透明の引き出しですので、引き出しを開けなくても中の衣類を確認しやすいのも魅力です。同じシリーズで7サイズが展開されているので、スペースに合わせて、自由に組み合わせて使えるおすすめの衣装ケースです。

重量3㎏材質ポリプロピレン/ABS樹脂
サイズ幅37.6cm×奥74cm×高さ28cm
第5位

天馬(Tenma)

フィッツケース ロング

価格:2,351円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

変形しにくい丈夫さが魅力

累計販売数8,800万個を誇る天馬の「フィッツ(fits)」シリーズの衣装ケースです。こちらの衣装ケースには、前部分の枠に独自の工夫が施されているので、積み重ねて使っても潰れにくく変形しにくいのが特徴です。

 

耐久性に優れた衣装ケースですので、長く使いたいという方には特におすすめです。サイズバリエーションが豊富に展開されているので、スペースに合わせてシリーズで揃えて使うことができるのも魅力です。別売りのキャスターを取り付けることも化のですので、移動して使用する時にも便利でおすすめの衣装ケースです。

重量材質本体:ポリプロピレン/枠:スチロール樹脂
サイズ幅39cm×奥74cm×高さ23cm
第4位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

チェスト ワイド 3段

価格:4,764円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リーズナブルな価格が魅力

アイリスオーヤマの「チェスト ワイド 3段」は、引き出し型の連結タイプの衣装ケースです。引き出し型の3段チェストタイプでありながらリーズナブルな価格が魅力です。簡単に取り外しができるフレームを使っているので組み立てもあっという間にできます。



底面にはローラーが付いているため、掃除など簡易的な移動もラクに行えます。引き出し部分にストッパーが付いているので引き出し過ぎても落下する心配なく快適に使うことができます。同じシリーズで3種類のサイズ展開がありますので、スペースに合わせて選ぶことができるおすすめの衣装ケースです。

重量4.1㎏材質本体・引出:ポリプロピレン/ローラー:ポリアセタール樹脂
サイズ幅54cm×奥40cm×高さ62.5cm
第3位

桐タンス

桐衣装箱5段キャスター付

価格:15,800円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

たとう紙がそのまま入る

桐の木材を使用した5段タイプの衣装ケースです。通気性が良く調湿製に優れた桐の衣装ケースは、和服など大切な衣類を保管しておくのに最適です。重くなりがちな桐の衣装ケースですがキャスターが付いているので、ラクに移動できるのも魅力です。



幅9cmのたとう紙がそのまま入るサイズですので和服の整理におすすめです。押入れに縦に入る奥行きですので、便利で使いやすいおすすめの衣装ケースです。

重量9㎏材質天然木(桐材)/天板・底板:天然木桐化粧板
サイズ幅95cm×奥42cm×高さ55cm
第2位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

チェスト ワイド 3段

価格:4,161円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シリーズで揃えやすい魅力的な価格

アイリスオーヤマの「チェスト ワイド 3段」は、シンプルなデザインで、コストパフォーマンスに優れているのが特徴です。カッターシャツがちょうど2枚並べて入る引き出しの幅(48.5cm)になっています。引き出しにはストッパーが付いているため、引っ張り過ぎても落ちにくい工夫がされています。



また、フレーム部分は、簡単に取り外すことが可能ですので、必要に合わせて引き出しの数を変更することもできます。底面にはローラーが付いていますので、掃除をする時に移動するのもラクです。引き出しタイプで比較的安価ですので、シリーズでまとめて揃えればスッキリと整理することができるおすすめの衣装ケースです。

重量4.1㎏材質本体:ポリプロピレン/ローラー:ポリアセタール樹脂
サイズ幅54cm×奥40cm×高さ62.5cm
第1位

ナサ流通企画

桐衣装箱 深型1段 高さ35cm 桐天然木 日本製 HI-0005

価格:10,584円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

桐衣装ケースでは珍しい深型が使いやすい

ナサ流通企画の「桐衣装箱 深型1段」は、家具の製造で有名な九州の大川で製造された本格的な桐材の衣装ケースです。何と言っても、その安心の高い品質が特徴です。持ち手が付いているので移動にも便利です。他にはない深さ35cmの抜群の収納力で、押入れの奥行きにピッタリ入るサイズも使いやすいのでおすすめです。

 

いわゆる昔ながらの桐材を使った衣装ケースといったイメージですが、逆にお洒落なインテリアとしても人気があります。桐材の衣装ケースは、調湿効果が高く、防虫効果もありますので、大切な衣類の収納には最適です。重くなりがちな衣装ケースですが、便利なキャスターつきですので、移動も軽い力でラクに動かすことができます。良いものを長く使いたい方には特におすすめの衣装ケースです。

重量5㎏材質本体:天然木(桐材)/天板・底板:天然木桐化粧板
サイズ幅91cm×奥42cm×高さ35cm

衣装ケースのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5093845の画像

    ナサ流通企画

  • 2
    アイテムID:5093839の画像

    アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

  • 3
    アイテムID:5093835の画像

    桐タンス

  • 4
    アイテムID:5093830の画像

    アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

  • 5
    アイテムID:5093814の画像

    天馬(Tenma)

  • 6
    アイテムID:5093812の画像

    アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

  • 7
    アイテムID:5093810の画像

    ナサ流通企画

  • 8
    アイテムID:5093806の画像

    アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

  • 9
    アイテムID:5093805の画像

    アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

  • 10
    アイテムID:5093800の画像

    天馬(Tenma)

  • 商品名
  • 桐衣装箱 深型1段 高さ35cm 桐天然木 日本製 HI-0005
  • チェスト ワイド 3段
  • 桐衣装箱5段キャスター付
  • チェスト ワイド 3段
  • フィッツケース ロング
  • 収納ボックス チェスト
  • キャスター付き桐衣装箱 5段
  • チェスト 木天板
  • チェスト ラクラク引出し 木天板5段
  • 木製天板ストッカー 550(3段)
  • 特徴
  • 桐衣装ケースでは珍しい深型が使いやすい
  • シリーズで揃えやすい魅力的な価格
  • たとう紙がそのまま入る
  • リーズナブルな価格が魅力
  • 変形しにくい丈夫さが魅力
  • 豊富なサイズ展開が魅力
  • 大切な衣類の収納に最適
  • サイズの違う引き出しが便利
  • 丈夫な天板で安心
  • 天然木の天板がお洒落
  • 価格
  • 10584円(税込)
  • 4161円(税込)
  • 15800円(税込)
  • 4764円(税込)
  • 2351円(税込)
  • 3120円(税込)
  • 15800円(税込)
  • 3989円(税込)
  • 7800円(税込)
  • 4280円(税込)
  • 重量
  • 5㎏
  • 4.1㎏
  • 9㎏
  • 4.1㎏
  • 3㎏
  • 9㎏
  • 8.4㎏
  • 10.73㎏
  • 7㎏
  • 材質
  • 本体:天然木(桐材)/天板・底板:天然木桐化粧板
  • 本体:ポリプロピレン/ローラー:ポリアセタール樹脂
  • 天然木(桐材)/天板・底板:天然木桐化粧板
  • 本体・引出:ポリプロピレン/ローラー:ポリアセタール樹脂
  • 本体:ポリプロピレン/枠:スチロール樹脂
  • ポリプロピレン/ABS樹脂
  • 主材:天然木(桐材)/天板・底板:天然木桐化粧板
  • 天板:プリント紙化粧パーティクルボード/本体:ポリプロピレン
  • 天板:合成樹脂化粧繊維板/本体・引出し:ポリプロピレン・スチロール樹脂
  • 天板:プリント紙化粧合板/外枠・引出:ポリプロピレン
  • サイズ
  • 幅91cm×奥42cm×高さ35cm
  • 幅54cm×奥40cm×高さ62.5cm
  • 幅95cm×奥42cm×高さ55cm
  • 幅54cm×奥40cm×高さ62.5cm
  • 幅39cm×奥74cm×高さ23cm
  • 幅37.6cm×奥74cm×高さ28cm
  • 幅95cm×奥42cm×高さ55cm
  • 幅55.8cm×奥40.2cm
  • 幅56cm×奥41.5cm×高81cm
  • 幅55cm×奥40cm×高80cm

クローゼットの収納ケースはこちら

まとめ

衣装ケースの選び方や人気商品をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。今回ご紹介ししました選び方のポイントを参考に自分にピッタリ合った衣装ケースを選んで、衣類を効率よく快適に収納しましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ