記事ID133699のサムネイル画像

【書くのが楽しくなる】書きやすい鉛筆おすすめランキング10選

子供たちが初めて字を書く時や、デッサン、製図、マークシートにも使う鉛筆。今も昔もずっと使われている日用品であり、沢山のペンがでてきている中消えずに皆から愛されている品物です。そこで大人も子供も使いやすくておすすめな鉛筆をランキングでご紹介したいと思います。

鉛筆はいつから使われているの?

普段字を書いたりするときに当たり前にスーパーやコンビニでも売っている鉛筆ですが、最近ではシャーペンやボールペンそして振るシャーペンなど様々なペンが出てきている中ずっと生産され続けている日用品の一つです。

 

そんな中でも鉛筆を利用する人は「削る時が気持ちいい」「昔から使っていたから」「素朴な感じが良い」など様々な理由で未だに愛されています。何よりも鉛筆は、描き間違えたときに消しゴムで修正が利くので何度も書き直しが出来ます。

 

昔から使っている鉛筆ですが、鉛筆の種類や選び方などをおすすめランキング形式を交えてご紹介したいと思います。鉛筆に懐かしさを感じた人は久しぶりに手元にとってみてくださいね。

鉛筆の選び方

実は400年という歴史を持っている鉛筆ですが、どんな鉛筆を選んだら使いやすくて良いのか分かりやすくご紹介します。

用途に合わせた硬度(濃さ)で選ぶ

鉛筆で良く使われる硬さはHB・Bですが、実は硬さが9H~6Bまで17種類もあります。今回は分かりやすく、いくつかに分けて選び方をご紹介したいと思います。

デッサンた長時間の勉強用には「6B~3B」がおすすめ

B(Black)がつくと基本的に濃いですが、6Bや4Bなど濃い鉛筆はデッサンやあまり力をいれずに書くことをしたい人におすすめです。特にB~3Bはお子様が利用するのにとても適しています。子供にとって丁度良い濃さになっているので、スムーズに字を書いたりすることができます。

 

中でも2B~3Bは丁度良い濃さで柔らかく滑らかに書けるので、長時間書いても疲れが少なく書くことができます。Bもやや芯が柔らかいのですが、長時間となるとずっと筆圧をかけるのに手に負担がかかるため、2B~3Bが良いでしょう。

 

Bは全般的に強く書きすぎたり、何度も同じところを塗りすぎたりすると消しゴムで消しにくく、跡が残る可能性があるので注意しましょう。

小学校1年生には柔らかめの「B」マークシートには「HB」はおすすめ

みんなが一番愛用している硬さだと思います。テストの時などによく指定で「鉛筆はHB・B」という記載がしてあったりします。それは濃すぎると消しゴムで消しづらいのがやはり特徴だからです。

 

HBは丁度硬さの中で真ん中になるので上手に筆圧をかければ濃くなるし、力を要れずに書けば薄く書くことができます。鉛筆を削る時も柔らかいと芯が折れやすいですが、丁度程よく尖がってくれるので小さなスペースにも上手にかけます。

 

中には薄く感じる人もいるので、箇条書きのメモに利用している人も多いようです。

製図や設計図には「H~4H」がおすすめ

Hがつくと硬くなっていきます。一般用というよりかは設計図や精密製図設計によく利用されます。細かい図形や文字を書くときによく利用されています。そして硬いということから芯が太くなりにくいので字がいつまでも細く書くことが出来ます。

 

H~2Hあたりは硬さが好きで一般書記に利用している人も多いですが、3Hになってくると硬すぎて筆圧をかけることに疲れてしまうので、あまり勉強用にもおすすめではありません。専門職で利用されることが多いだけあって鉛筆も独特しさを感じます。

 

硬いだけあって、強く書きすぎると紙を傷つけてしまったり時には破けてしまうので子供が使うのにはおすすめできないので気をつけましょう。

金属や石材には硬くて薄い「5H~9H」がおすすめ

5Hあたりは4Hあたりと同様に精密な製図におすすめですが、それ以降の数字になると硬すぎて紙に書くときも気をつけないとすぐに破けてしまいます。硬ければ硬いほど芯が減るのも遅いので長く愛用することができるので使用する際にコストは削減できます。

 

7H以降になると紙以外にも金属や石才に記載することができます。芯が鋭いため、書くというよりかは刻むといった印象がとても強くなります。ですので紙も画用紙レベルに硬いほうがスムーズにかけますが、普段使いのように

 

書こうとすると硬すぎたり薄すぎたりしてあまり使えなかったりするので、石や金属に名前を彫ったりしたいときに利用してみましょう。

 

硬度 特徴 用途
2B~6B 濃く柔らかい イラスト・デッサン・長時間の勉強など
B~HB やや柔らかい 小学校低学年向け・マークシート用

H~4H

やや硬くて薄い 製図・硬い芯が好きな方

5H~9H

非常に硬い 精密製図・デザイン・金属や石材への筆記

メーカーで選ぶ

どのメーカーが自分にとって合っているのかご紹介します。

三菱鉛筆

多くのお店に売られている鉛筆のメーカーで、日本で一番最初に鉛筆を作った会社でもあります。長い歴史をもっており、さまざまな専用の鉛筆をいくつも販売しております。種類としてはマークシート用や事務用など特化された鉛筆が様々あります。

 

沢山のシリーズがある中で一番愛されているシリーズが「ハイユニ」シリーズ。黒いのに関わらず消し残りも少なく滑らかに書けるのが売りな商品です。鉛筆のデザインも高級感溢れるものにし、書いても黒鉛の粉が出づらく手につくという心配があまりありません。

 

ハイユニは今年で60周年を迎えた歴史ある会社です。長く愛用したい、歴史の長い会社にこだわりたい人は是非三菱鉛筆がおすすめです。

トンボ

誰でも使えるという作りにこだわっているトンボ鉛筆。一番愛用されているのはトンボから出ている「8900」という鉛筆です。デザインは古風ですが、逆に味が出ており長く愛用されている大変人気のメーカーです。

 

誰でもというところから硬さも2H~2Bと一般的に使える鉛筆を販売しています。他にもリサイクルにこだわった鉛筆「木物語」があり、鉛筆のメーカーの中で始めてエコマーク認定がついているのはトンボだけです。

 

自然で優しいものにこだわりたい、どんなときでも使えるリーズナブルな鉛筆を使いたい人は是非トンボにしてみてください。

北星鉛筆

北星鉛筆は「大人の鉛筆」を一押しでおすすめできるメーカーです。どこか懐かしさを漂わせているほっこりとしたデザインそして書き心地のよい大人の鉛筆は他のメーカーでは味わえないそんな温かみがあります。

 

鉛筆の作り方にこだわりが強く、よりまっすぐな鉛筆を作るために2枚の板で黒鉛をしっかり挟み、折れにくく芯の鋭い鉛筆を作っています。リサイクルにも力が入っており、鉛筆を生成する際にこぼれたおがくずで商品を作ったりとエコ活動に大きく取り組んでいます。

 

長時間鉛筆を使用したい人、あの頃使っていた懐かしさを味わいたい人は是非北星鉛筆を使ってみてください。

鉛筆の軸形で選ぶ

六角形や三角形など様々な形があります。どの形がどんな時に使いやすいのかご紹介します。

三角鉛筆

今はあまり見かけない三角の鉛筆ですが、実は小さい頃から上手に鉛筆を持たせるなら六角形ではなく、三角形を最初に持たせたほうがおすすめなんです。そもそも何故3の倍数なのかというと、鉛筆を持つときに親指・人差し指・中指で持つことから3の倍数なんです。

ですので鉛筆を持たせる順番も

  1. 三角形
  2. 六角形

上記のほうが綺麗な鉛筆の持ち方ができるので小さい頃から矯正をかけたいのなら是非三角形の鉛筆から使ってみてください。しかし無理にやらせる必要はないのと、あまり三角形の鉛筆が売っているところが少ないし、硬さの種類も少なくペンケースに入りづらいこともあるので、購入される前によく相談して選んでみてください。

六角鉛筆

主流になっている六角形の鉛筆ですが、角形が大きいほど芯に掛かる負担を減らすことができるからこそ、硬さの種類も豊富なのです。軸が細いと鉛筆の芯が折れやすくなるように、角が丸になっていくほど軸の厚さが一定になっていくため、安定性に優れていきます。

 

何よりも持ちやすいということから今は主流になっている形です。初めて鉛筆を持つ子でも間単に字を書けることから3の倍数で一番角が多い6角形になっています。

 

また、角が多いと机から落ちないための滑り止めの役目を果たしています。実は鉛筆を作る際にコストが一番掛からないのは六角形なんです。コスト削減から四角形の鉛筆も出ていたのですが、あまりにも書きづらいことから今はあまり見かけなくなってしまいました。

 

丸形

6角形が主流ですが、さらに力を均等に芯に与えてくれるのが丸形なんです。色鉛筆がほとんど丸なのはご存知でしょうか?あれは色鉛筆の芯が柔らかいために丸形なんです。つまり鉛筆を正しく持つには三角形とでましたが、

 

書く際に芯に力が均等に加わる順番は

  1. 6角形
  2. 3角形

になります。これから鉛筆を持たせたりまだまだ上手に三つの指で握れないお子さんには丸の鉛筆がおすすめですよ。大人は逆に今まで使っていた角形から丸に慣れない人もいるし、全く気にしない人もいるので自分にあった形を選んでみてくださいね。

 

デッサン・マークシート・勉強に!鉛筆のおすすめランキング10選

第10位

三菱鉛筆

三菱鉛筆 鉛筆 ユニ 2B

価格:719円(税込)

amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

昔から使われた安定の鉛筆

勉強からデッサンまで幅広い用途に人気の三菱鉛筆ユニ。人気の理由はその書きやすさにあります。芯が柔らかく、滑らかな書き心地。しかも折れにくいので、筆圧が強い方にもおすすめです。力加減が分からず、鉛筆の先をポキポキ折ってしまうという子供にも人気です。

 

 

硬度2B形状六角形
内容量12本
第9位

三菱鉛筆

三菱鉛筆 鉛筆 9800 2H

価格:360円(税込)

amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

硬いはずなのにとても書き心地が良い

2Hとなると子供が使うには少しばかり硬いイメージがありますが、手にとると六角形で持ちやすく、深い緑色のシンプルなデザインで金色の刻印が入っているのも独特でそこがまた良い味を出しています。

 

黒鉛の粒子が細かいので、紙と鉛筆が良くフィットするようになっており、最後まで疲れることなく書ける鉛筆です。作文やレポート提出など長期に渡って書くときにおすすめな鉛筆です。丁度良い濃さなので見えづらくなくてスラスラとかけます。

 

芯に柔らかさがあるのですが、ちゃんと硬くて筆圧が高い人にも適した鉛筆なので、すぐに折れることなく使えます。

硬度2H形状六角形
内容量12本
第8位

シンワ測定(Shinwa Sokutei)

シンワ測定 工事用鉛筆 4H

価格:145円(税込)

amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

木材や石膏ボードの墨付けも可能な設計用鉛筆

一般的に使うのは少し難しいけど、硬いだけあって普通は書けない硬いものに書いたり、刻むことが出来ます。硬いだけではなく、純度の高い黒鉛を使用している為とても滑らかに書くことができ、紙との相性も良いです。

 

鉛筆に使用されている木材もカッターなどで簡単にカットできるので様々な使い方が可能です。デッサンの薄い影や細かい設計図を書きたい人におすすめです。中にはこの硬さが良くて一般的に使用している人も少なからずです。

 

字を書いたり書類を長期に渡って書いたりする用ではないので、そこだけ気をつけて購入してみましょう。

硬度4H形状六角形
内容量3本
第7位

北星鉛筆

北星鉛筆 大人の鉛筆 B/2mm

価格:437円(税込)

amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大人だからこそこだわった素材に注目

鉛筆を使っていたあの頃の気持ちに戻りたいという方におすすめです。木材がこだわっていて、アメリカ産の高級なインセスシダーという木材を使用しており、とても綺麗な木目になっているのが特徴的で、どこか懐かしい気持ちをよみがえらせてくれます。

 

黒鉛も不純物が少ないものと粘土を混ぜ合わせており、書くときによりなめらかに黒く書けるようにしています。木製の軸と金属の金具をバランスよく使っており、真ん中が軽くて両端が重くなるように設定されたなんとも絶妙な鉛筆です。

 

そして一部ではこの鉛筆を削るシャリシャリといった音が快感でつい買ってしまう人もいるようです。是非使ってみてください。

 

硬度B形状丸形
内容量2本
第6位

三菱鉛筆

三菱鉛筆 鉛筆 マークシートセット V52MN

価格:378円(税込)

amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

受験のテスト勉強ならこのセットでばっちり対策

テストで使用する時にマークシートがあるとつい気合を入れて黒く塗って時間を押すということがありますが、この鉛筆は色が濃いだけではなく、濃いのに間違えたらちゃんと消えるという優れものです。

 

書き直しを何回もよくしてしまう人におすすめな鉛筆です。なんとセットに専用の消しゴム・鉛筆削りそして受験準備のチェックシートがついているのでとてもお得です。これで受験勉強の準備はばっちりです。

 

さらにケースがつているのでいちいち自分で購入しなくてもこれ一つでほとんど筆記用具が揃ってしまいます。揃えるのが面倒くさい人にもおすすめです。

硬度HB形状六角形
内容量3本(消しゴム、シャープナー入り)
第5位

ステッドラー

ステッドラー 鉛筆 ルモグラフ 製図用 H

価格:1,451円(税込)

amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

製図ならルモグラフで楽々作成

製図用に作られた機能性の高い鉛筆だからこそ、粒子が細かいだけではなく、さらに細かくした後にちゃんと綺麗に揃えて芯にしているため、紙への定着性や消字性がとても優れています。何度書き直しても綺麗に消えるのが魅力的です。

 

書くときにでる芯粉も出づらいので細かい作成も粉がつくことなく丁寧に仕上げることができ、デザイナーから学生そして使いやすい持ち手になっているのでお子様でも使うことが出来ます。

 

書いてある表示の硬さより少しだけ硬めになっています。ですのでHだけど硬さは2Hほどという感じです。少し固めの鉛筆が好きだったり細かい作業で使用する人におすすめです。

硬度H形状六角形
内容量12本
第4位

三菱鉛筆

三菱鉛筆 鉛筆 ハイユニ H

価格:1,190円(税込)

amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

三菱鉛筆の中で最も最高品質な鉛筆

ハイユニシリーズは素材にもこだわっていて、芯が折れにくく非常に丈夫な為、削りすぎて芯が折れることがありません。そして書いている途中で芯が折れるというトラブルを防いでくれる優れものです。

 

これから字を練習するお子様にもとてもぴったりで、筆圧をそこまでかけなくても滑らかで綺麗に字がかけます。逆に力を入れすぎてしまっても濃さは出ますが、スムーズに書くことができ、紙との相性も良いです。

 

高級感溢れるケース付きですので、デザイン性はシンプルで大人から子供まで使えるリーズナブルなケースつきの鉛筆です。字を沢山練習したい人におすすめです。

硬度H形状六角形
内容量12本
第3位

トンボ(Tombow)

トンボ鉛筆 鉛筆 MONO モノ 6B

価格:765円(税込)

amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

超微粒子を使用した高級感溢れるデザイン鉛筆

MONOと聞くと消しゴムを想像しますが、鉛筆ももちろん売っています。MONOの6Bはデッサンに最適で、何よりも1ミリ立法に80億個の微粒子を使用した鉛筆で、オンリーワンな鉛筆です。

 

MONOという意味も唯一の無類のという意味から来ているため、鉛筆のデザインや芯へのこだわりなど他の会社とは一味違った書き心地になっています。6Bとなると芯が柔らかくなりますが、しっかりと微粒子を使って折れづらいようになっているので、持ち運びにも

 

とても適しています。これからデッサンや絵を描きたい人。質にこだわった鉛筆を使いたい人におすすめです。

硬度6B形状六角形
内容量12本(消しゴム入り)
第2位

三菱鉛筆

かきかた鉛筆 ユニパレット 2B

価格:441円(税込)

amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カラフルな可愛い見た目で使いやすさ抜群

使いやすい6角形で色が目に優しい水色系で手に取りやすい鉛筆になっています。お子様にとっては鉛筆に名前を書く欄がありますので、失くさずに使用することができます。何よりも芯が強く、力をかけすぎても芯粉の出が少なく折れることがあまりありません。丈夫ですので力んでしまうお子様の鉛筆トレーニングにもおすすめです。

 

小さなお子様は濡れた手で触ってしまい、芯ではなく、木材が傷んでしまい、割れて芯が丸見えになるなんてこともありますが、木材もしっかりしていてちゃんと加工されているので安心して長く使うことができます。

 

通常の2Bより少し濃いのでデッサンやお絵かきにも向いています。

硬度2B形状六角形
内容量12本
第1位

トンボ(Tombow)

トンボ鉛筆 鉛筆 木物語 HB

価格:322円(税込)

amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

環境に優しいリサイクル鉛筆

森を守る・木を活かすという目的から作られたリサイクルの鉛筆です。全然リサイクルに見えないどころかとても自然な木材と温かみを感じられるデザインです。ケースは再生紙で出来ており、鉛筆本体は廃材やリサイクルされた黒鉛を利用して作られています。

 

名前を記入するときも、いちいちシールを貼らなくても軸に塗装がしてあり、油性ペンで滲むことなく書くことが出来ます。環境にとことん優しく、普通なら廃材になってしまう短い木材から「フィンガージョイント技術」というここでしかできない技術を使用して作っています。

 

唯一「エコマーク認定」をもらっているのもトンボのこの鉛筆だけです。環境に優しいものにこだわったり、木材の鉛筆を利用したい人に是非おすすめです。実際に使って木の温かみを味わってみてください。

硬度HB形状六角形
内容量12本

鉛筆のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4868495の画像

    トンボ(Tombow)

  • 2
    アイテムID:4868436の画像

    三菱鉛筆

  • 3
    アイテムID:4868487の画像

    トンボ(Tombow)

  • 4
    アイテムID:4868480の画像

    三菱鉛筆

  • 5
    アイテムID:4868484の画像

    ステッドラー

  • 6
    アイテムID:4868475の画像

    三菱鉛筆

  • 7
    アイテムID:4868471の画像

    北星鉛筆

  • 8
    アイテムID:4868492の画像

    シンワ測定(Shinwa Sokutei)

  • 9
    アイテムID:4868467の画像

    三菱鉛筆

  • 10
    アイテムID:4868433の画像

    三菱鉛筆

  • 商品名
  • トンボ鉛筆 鉛筆 木物語 HB
  • かきかた鉛筆 ユニパレット 2B
  • トンボ鉛筆 鉛筆 MONO モノ 6B
  • 三菱鉛筆 鉛筆 ハイユニ H
  • ステッドラー 鉛筆 ルモグラフ 製図用 H
  • 三菱鉛筆 鉛筆 マークシートセット V52MN
  • 北星鉛筆 大人の鉛筆 B/2mm
  • シンワ測定 工事用鉛筆 4H
  • 三菱鉛筆 鉛筆 9800 2H
  • 三菱鉛筆 鉛筆 ユニ 2B
  • 特徴
  • 環境に優しいリサイクル鉛筆
  • カラフルな可愛い見た目で使いやすさ抜群
  • 超微粒子を使用した高級感溢れるデザイン鉛筆
  • 三菱鉛筆の中で最も最高品質な鉛筆
  • 製図ならルモグラフで楽々作成
  • 受験のテスト勉強ならこのセットでばっちり対策
  • 大人だからこそこだわった素材に注目
  • 木材や石膏ボードの墨付けも可能な設計用鉛筆
  • 硬いはずなのにとても書き心地が良い
  • 昔から使われた安定の鉛筆
  • 価格
  • 322円(税込)
  • 441円(税込)
  • 765円(税込)
  • 1190円(税込)
  • 1451円(税込)
  • 378円(税込)
  • 437円(税込)
  • 145円(税込)
  • 360円(税込)
  • 719円(税込)
  • 硬度
  • HB
  • 2B
  • 6B
  • H
  • H
  • HB
  • B
  • 4H
  • 2H
  • 2B
  • 形状
  • 六角形
  • 六角形
  • 六角形
  • 六角形
  • 六角形
  • 六角形
  • 丸形
  • 六角形
  • 六角形
  • 六角形
  • 内容量
  • 12本
  • 12本
  • 12本(消しゴム入り)
  • 12本
  • 12本
  • 3本(消しゴム、シャープナー入り)
  • 2本
  • 3本
  • 12本
  • 12本

鉛筆削りのおすすめはこちらをチェック!

まとめ

沢山のおすすめな鉛筆をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?使う目的や書く材質によって適している鉛筆がさまざまあり、多種多様の鉛筆もあります。自分に合った鉛筆を選んで購入してみてはいかがでしょうか?

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ