記事ID133686のサムネイル画像

【健康促進・美容効果アリ!】赤味噌おすすめ人気ランキング10選

最近、お味噌汁を飲んでいますか?実は味噌には、血糖値を下げる効果やアンチエイジング効果があることを知っていますか?毎日味噌を摂取して、健康な体になりましょう。日本の健康食を代表する味噌の中でも、特に栄養価の高い赤味噌のおすすめ人気ランキングをご紹介します!

赤味噌の特徴と魅力

江戸時代のことわざに、「医者に金を払うよりも、味噌屋に払え」という言葉があります。それほど味噌は体によいものとされ、日本の人々の生活に欠かせないものだったのです。味噌には、必須アミノ酸、ビタミン類、カルシウム、カリウム、マグネシウム、鉄分、食物繊維とたくさんの栄養素が詰まっています。味噌を摂取することによって、がんや生活習慣病のリスクを下げたり、老化防止の効果が期待されます。

 

しかし近年では食生活も変わり、食卓に味噌が登場することが少なくなってしまいました。味噌を暮らしの中に取り入れてもらうためにも、今回は味噌の中でも栄養価の高い赤味噌の魅力についてご紹介していきます。

 

大豆、米や麦、塩、水、麹によって味噌は作られています。赤味噌の特徴は、蒸した大豆に麹菌を加えて発酵させることです。白味噌は、大豆を蒸すのではなく茹でて麹菌を加えます。茹でると大豆の栄養素が流れ出してしまうので、白味噌よりも赤味噌のほうが大豆の栄養素がしっかりと残っているのです。

 

赤味噌の茶褐色の理由は、メイラード反応です。メイラード反応は、大豆を蒸す時にアミノ酸と糖が反応することをいいます。また、白味噌に比べて発酵させる時間が長いのも濃い色になる理由です。この茶褐色はメラノイジンと呼ばれ、活性酸素を除去するアンチエイジング効果を持っています。

赤味噌の選び方のポイント

まずは赤味噌の種類についてご説明します。先程述べたように、赤味噌とは、製造工程の中で大豆を蒸してメイラード反応を起こし色が赤褐色に変化したものをいいます。そして、そこにどんな麹菌を加えるかで、味噌の種類がまた分かれます。主に下の三種類に分かれます。

 

米味噌→大豆に米麹を加えたもの

豆味噌→大豆に豆麹を加えたもの

麦味噌→大豆に麦麹を加えたもの

 

その他、一つの味噌に別の種類の味噌を加えた調合味噌があります。豆味噌に米味噌や調味料を合わせた味噌は、赤だし味噌といわれます

 

このように、赤味噌の中でも種類がたくさんあってどの商品を選べばいいのかとても迷いますよね。ここでは色々なポイントに絞って、赤味噌の選び方をご紹介していきます。

原材料で選ぶ

赤味噌は、麹菌によって味噌の種類が分かれることをご説明しました。まずはその種類の中から選んでみましょう。

豆味噌+米味噌

赤味噌の中にもさまざまな種類があります。初めて赤味噌にチャレンジする人は、味の渋みや溶けにくさに慣れていないので、もしかしたら少し抵抗があるかもしれません。そんな時は、まずは赤味噌の中でも味がよりマイルドにつくられたものを選ぶといいでしょう。

 

豆味噌に米味噌を加えた調合味噌のものだと、いい具合に味がまろやかに優しくなっています。かたくて溶けにくい豆味噌に米味噌を加えることによって溶けやすくもなっているので、調理しやすいという利点もあります。

豆味噌100%

大豆本来の旨味と栄養分を100%余すことなく摂取したいという人は、豆味噌だけでつくられたものをおすすめします。少し苦味はあるかもしれませんが、かえってそれが料理の中でアクセントとなるでしょう。

 

また、通常味噌は煮立たせるとその香りや風味が落ちるといいますが、豆味噌は煮込んでも味を損なうことなく、むしろ煮込めば煮込むほど旨味が出て美味しくなるという利点を持っています。こだわりのある人や、余計なものが入っていないほんものの味を求める人は是非お試しください。

製法で選ぶ

味噌はつくり方もさまざまです。栄養素がしっかり残っており、香りやコク・風味が落ちていないものを選びましょう。

粒味噌

粒味噌は、その名の通り大豆や米の粒が残っているもののことです。反対に、細かくすり潰し、完全に粒をなくしたものをすり味噌(こし味噌)といいます。

 

粒味噌は、すり味噌(こし味噌)に比べて香りがしっかりと残っています。大豆や米のコク・風味をきちんと味わいたい人は、粒味噌を選びましょう。

だし入りは避ける

自分でだしをとらなくても、あらかじめ商品に含まれているだし入り味噌。確かに調理には簡単で便利ですが、実は味噌本来のパワーが失われていることを知っていますか?

 

だしが入っていると、酵母菌の出す酵母がだし成分を分解して味を低下させてしまうので、それを防ぐために殺菌処理がされます。殺菌処理によって酵母は死滅し、大切な栄養分が残らず自然の味噌の効果は台無しになってしまいます。本来、味噌は麹の力で旨味を出す発酵食品です。素材をしっかり楽しみたい場合は、だし入りはなるべく避けましょう。

つくられた地域で選ぶ

味噌づくりは、その土地の気候や特徴によってさまざまです。味や色なども影響されています。赤味噌は主に、東海地方のものと東北地方のものが有名です。

東海

東海地方(愛知県、岐阜県、三重県)では、赤味噌というと豆味噌のことを指すのが一般的です。その中でも、愛知県岡崎市で生まれた八丁味噌はとても有名です。その他にも、三河味噌、三州味噌、名古屋味噌などさまざまな名前で呼ばれています。豆味噌の特徴は、甘味の少なさと独特の渋味、コクの深さです。

 

八丁味噌は、常に健康管理に気を配っていた徳川家康にたいへん好まれていました。故郷三河から江戸へ本拠地を移してからも、わざわざ八丁味噌を取り寄せて食していたとされています。当時としては珍しい75歳という長寿も、このおかげかもしれません。

 

味噌が美味しい東海地方では、味噌を使ったご当地料理も発展していきました。愛知県では、味噌カツ、味噌煮込みうどん、どて煮、味噌おでん、味噌田楽。岐阜県では、ぼたん煮、五平餅、鮒味噌、朴葉味噌。三重県では僧兵鍋などです。東海地方でつくられた味噌でその土地の料理をつくれば、あっという間にその土地の味を再現できるでしょう。

 

 

東北

赤味噌といえば愛知の八丁味噌と言われがちですが、東北の赤味噌も負けてはいません。東北味噌には、津軽味噌、仙台味噌、秋田味噌などがあります。特徴は、赤色で味が辛口です。また、東北地方では赤味噌は米味噌が多いです。寒さが厳しい東北地方では、味噌づくりは飢餓対策のために大切な仕事の一つでした。

 

多数の賞を受賞しているほど評価の高い味噌や、戦国時代からその質を保証されている味噌もある東北味噌。その自慢の味を、是非試してみてください。

味で選ぶ

どんな人が食すのか、どんな料理や飲み物と合わせるのか、その時によってふさわしい味噌の種類は違います。味で選ぶことで、より一層美味しく楽しい食卓になるでしょう。

甘口

味の好みで選ぶのも一つの方法です。甘口は口当たりがいいので、家庭の中でお子様にも喜んでもらえるでしょう。育ち盛りのお子様には、栄養たっぷりの味噌汁を飲んでもらいたいものです。毎日飲む味噌汁などにはやはり苦味やクセのない甘口がおすすめといえるでしょう。また、コクを出したり味噌だれにしたり、風味付けにもいいでしょう。

 

基本的に、米味噌の割合が多いと甘口になります。これは、米のデンプン質が分解されてブドウ糖ができるためです。なので、豆味噌だけでできたものより、米味噌が合わさっているものがおすすめです。

辛口

辛口の味噌のよさは、旨味が強く濃厚でコクがものすごく出る点です。お酒と合わせて食事をする場合などは、甘ったるい味よりも辛口の味噌のほうがお酒が進んでいいかもしれません。また、辛口はクセのある具材とも相性がよく、サンマのすり身、豚汁、サバの味噌煮といった料理にはおすすめです。

 

味噌本来の深い味わいを堪能したい人は、是非辛口味噌を試してみてください。

赤味噌の人気ランキング10選

第10位

マルサン 国産原料100%無添加赤だし

価格:480円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

無添加で安心、コスパもいい!

 

国産原料100%「国産大豆・国産米・国産塩」を使用しているこちらの赤だし味噌。特徴は、豆味噌に米味噌を20%合わせることにとよって出てくる、豆味噌が持っている芳醇な旨味と深いコクです。その旨味とコクによって、口当たり良くどんな料理にも使いやすくなっています。原料をしっかりと吟味し、じっくり熟成させています。こだわり抜いた美味しさを、是非味わってください。

 

味噌漬け、味噌汁、辛味噌など、幅広い使い方に適応できる万能味噌になっています。値段も1kgで500円を切るのでコスパがとってもいいです。

 

隠し味的に使用する場合でも、クセがないのでメインの味を邪魔することなくコクと旨味を出すことができます。無添加なので安心して使用できます。

内容量1kg種類豆味噌、米味噌
第9位

石野味噌 京桜

価格:1,460円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

濃厚で上品な奥深い味わい

 

石野味噌は、創業天明元年(1781年)の京都の老舗です。京桜は、品のいい味が特徴の京都の味噌です。八丁味噌と米味噌を合わせたブレンド味噌で、甘みのある上品な口当たりで、主に料理人さんが好んで使用しているそうです。渋みが強めの八丁味噌3割に、マイルドな米味噌と西京味噌が7割で合わせられています。

 

こちらにおすすめの出汁は「かつおと昆布」で、上品な仕上がりになります。具は、甘みのあるかぶ、大根、里芋、かぼちゃなどが合います。えび、かになどを具に選べが、料亭のような味を再現できるでしょう。味噌汁以外にも、味噌田楽や味噌だれ等にもおすすめです。

内容量500g種類豆味噌、米味噌
第8位

まるや八丁味噌 蔵吟赤だし

価格:570円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

味噌で有名な土地で生まれた伝統ブランド

 

八丁味噌といえばこちらのブランド、まるや八丁味噌。創業は延元二年(1337年)、愛知県岡崎市で味噌づくりが始まりました。同じ愛知県の名古屋市といえば、味噌カツ、味噌煮込みうどん、味噌田楽。味噌で有名な愛知県で生まれたのが八丁味噌です。

 

伝統の技と味を今日まで守ってきた老舗の味です。江戸時代から続く八丁味噌の自慢の味を、是非堪能してみてください。まるや八丁味噌はこちらの商品以外にもさまざまな種類が出ているので、好みに合わせて選びましょう。

 

八丁味噌に豆味噌、米味噌などをブレンドした赤だし味噌です。赤だしになれていない人にも馴染みやすいようにマイルドな仕上がりになっています。口当たりは柔らかく、甘めの味わいです。家庭で使いやすいようにきめ細かくすり合わせているので、溶けやすくなっています。内容量もちょうどいい500gです。

内容量500g種類八丁味噌、豆味噌、米味噌
第7位

サンジルシ 無添加特選料亭赤だし

価格:553円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

豆味噌100%で無駄なもの一切なし!

 

豆味噌100%でつくられたこちらの商品。安心の無添加味噌をよりおいしく仕上げた、こだわりの一品です。よけいな出汁が一切入っていないので、色々な料理に使うことができます。あっさりとした味わいです。

 

味噌汁では、あさりやしじみなど貝類の味噌汁に最適です。もちろん回鍋肉や麻婆豆腐など中華料理にも、味噌の味が主張しすぎないので、ちょうどいい具合にコクと風味を出すことができます。

内容量500g種類豆味噌
第6位

ジョウセン 蔵出し本場仙台みそ

価格:1,380円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

伊達政宗公の時代から受け継がれてきた伝統の味

 

国産大豆、国産米で仕込み、長期熟成された仙台味噌です。蔵の中でゆっくり寝かせたことによって香り高く、味は辛口で深みがあるのが特徴です。一粒一粒選び抜かれた厳選豆で、じっくり時間をかけて蒸し上げられた大豆を使用しています。

 

宮城県産の米から米麹をつくり、きれいに澄んだ地下水を使って丁寧に仕込まれた味噌は、厳しい品質管理チェックと、職人の経験豊かな五感でのチェックを経て、多くの人を満足させる質の高さを誇ります。約一年をかけて熟成に熟成を重ねたほんものの赤味噌です。

 

伊達政宗公の時代、味噌は命をつなぐ備蓄品、戦時食とされ、一年を通して味の変わらない味噌を目指し、青葉城内で醸造されたのがこの仙台味噌の始まりです。豊臣秀吉の朝鮮出兵の際に、各地の大名が持ってきた味噌の中で唯一変質しなかった味噌といわれています。このおかけで一躍有名になりました。

 

長期熟成によって生み出された香り高く、深い味わいが楽しめる美味しい仙台味噌。伊達政宗公の頃から代々伝わる原料配合と受け継がれてきた伝統の技で作られた一品です。原料は大豆、米、食塩のみで、無添加で作られているので赤味噌本来の深い味わいを堪能することができます。

内容量1kg種類豆味噌、米味噌
第5位

カクキュー 有機八丁味噌カップ

価格:648円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

愛知の八丁味噌二大トップブランドの一つ

 

まるや八丁味噌と並んで、八丁味噌で有名なブランドがこちらのカクキューです。1645年から続くカクキューは、現在19代目がしっかりとその味を守っています。伝統を守りつつ、近年美容と健康にいいと注目されている味噌の素晴らしさを世に広めるために味噌づくりに尽力しています。

 

NHK連続テレビ小説「純情きらり」(2006年)では、撮影現場としてこちらの工場が使用されました。工場はいつでも無料、予約なしで見学することができます。ちなみに、同じく八丁味噌で有名なまるや八丁味噌も撮影現場に使用されました。

 

こちらの商品は、農薬も化学肥料も使っていない有機大豆からできた八丁味噌です。塩にもこだわり、沖縄原産の塩を使用しています。サンゴ礁に囲まれたきれいな海から採れる沖縄の塩は、カルシウムを多く含み甘みがあるのが特徴です。

 

味噌づくりの原点に立ち返り、昔ながらの味わいを大切にしながら育まれた八丁味噌は、他とは一味違う優しい味わいとして評価が高いです。

内容量300g種類八丁味噌
第4位

イチビキ 名古屋八丁赤だし

価格:940円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

血糖値を下げる絶品の健康食!

 

すっきりした豆味噌に濃厚な八丁味噌を合わせたブレンド味噌です。こちらの商品は、購入した人の評価が高くリピーターも多い満足度の高い味噌です。濃い八丁味噌に豆味噌が加わることで、ちょうどいい美味しさに仕上がっています。

 

イチビキの赤味噌は、NHK「ガッテン!」でも取り上げられました。愛知県は、全国で血糖値の低い人が一番多い県です。その理由は、毎日当たり前のように食事に取り入れている赤味噌に、血糖値を下げる効果があるからです。芳醇な香りとコクがあり、おまけに栄養価が高く体にいい赤味噌を食して、健康体を目指しましょう。

 

特徴のコクの深さの秘密は、豆味噌の煮込めば煮込むほどコクが深まる利点を活かした製法です。苦味が少なく、溶けやすいので使いやすいです。

内容量500g種類八丁味噌、豆味噌
第3位

小玉醸造 ヤマキウ 元祖秋田味噌

価格:1,099円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

東北秋田を代表する故郷の味

 

こちらは国産大豆を原料とした、天然醸造でしっかり熟した味噌です。米麹の独特のほのかな甘みが、東北の郷愁を思い起こさせます。秋田県内一の生産量を誇っており、間違いなく秋田故郷の味といえるでしょう。小玉醸造は、明治12年(1879年)に創業し、創業者の小玉久米之助が、味噌・醤油の醸造を手がけたのが始まりです。現在では、秋田を代表する醸造元としてその地位を確固たるものとしています。

 

これまでに数多くの農林水産大臣賞を受賞しているほか、昭和60年に行われた農林水産祭において、加工食品では初めて、また、民間企業としては初の天皇杯を賜るなど、その質の高さは高く評価され、多くの人に認められています。

 

濃厚な見た目に反して味はしょっぱすぎず、甘みが後を引きます。出汁が必要ないくらい、この味噌だけで奥深い味を引き出すことができます。これまでの味噌の概念を覆されたという人もいるくらい、他の味噌とは格が違います。東北が誇る自慢の赤味噌を、是非試してみてください。

 

内容量1kg種類米味噌
第2位

まるや八丁味噌 三葉葵赤だし

価格:1,310円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

落ち着いた味わいの八丁味噌

 

先程もランクインしていたまるや八丁味噌が、またもやランクインです。八丁味噌に、豆味噌、米味噌などを調合して仕上げられた赤だし味噌です。きめ細かく仕上げられているので、口当たりが大変まろやかです。少し薄めの味となっています。普段薄めの味付けに慣れている人や、初めて八丁噌を試してみる人におすすめです。

 

カクキューと同様に、愛知県岡崎市にあるまるや八丁味噌の工場はいつでも見学することができます。予約不要、無料で試食や味噌の食べ比べ、工場でしか味わえない味噌料理も食べることが可能です。そもそも八丁味噌という名前の由来は、岡崎城から西へ八丁(870m)の距離にあった八帖町(旧八丁村)でつくられた味噌だということからきています

 

二年以上かけて熟成させることによって、味が濃厚で旨味ぎっしりの味噌に仕上がっています。一度食せば他のブランドにはなかなか戻れない、伝統の八丁味噌を是非試してみてください。

 

 

内容量900g種類八丁味噌、豆味噌、米味噌
第1位

まるや八丁味噌 ゴールド赤だし

価格:1,197円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ご当地料理を家庭でも再現!

 

赤味噌おすすめランキングの1位は、やはりまるや八丁味噌の赤味噌です。2位の三葉葵赤だしが薄めなのに対して、こちらは濃い味わいです。八丁味噌に豆味噌、米味噌などを調合している点では同じです。大豆の旨味が凝縮され、深いコクと風味を醸し出しています。

 

きりっとした八丁味噌に、豆味噌と米味噌が加わることで甘みが加わりマイルドになっています。料亭で味わうような本格的な味を再現することができます。名古屋料理とも相性がよく、味噌カツ、味噌煮込みうどん、どて煮など色々試してみてください。

 

赤味噌は慣れないと味の加減が難しいのですが、こちらの商品は調味料が入っていて初めての人でも使いやすい仕様になっています。柔らかめで溶けやすいです。

 

内容量900g種類八丁味噌、豆味噌、米味噌

まとめ

ここまで赤味噌の人気ランキングをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。昔の戦国大名や江戸の将軍に愛され親しまれてきた日本の味噌。味噌離れから脱却し、健康維持と美容のためにも積極的に味噌を取り入れていきましょう!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ