記事ID133682のサムネイル画像

オーラルケアの人気アイテム!歯ブラシなどおすすめランキング10選

私たちの歯の健康を保つために欠かせないオーラルケアアイテム。歯ブラシや歯磨き剤を使ってケアしている方がほとんどですよね。おすすめのオーラルケア用品を一緒に使うことで、より高い効果が期待できます。ここではオーラルケアのおすすめランキングをご紹介していきましょう。

オーラルケアには様々な種類がある

オーラルケアという言葉は耳にしたことがあるけど、具体的にどういうことをすればいいか分からないという方も多いのでは?ここではオーラルケアの主な種類をご紹介します。

歯ブラシ

ヘッドが大きいものから小さいものなど、バラエティ豊かなアイテムが販売されている歯ブラシ。歯磨き粉を使って磨く歯ブラシは、誰もが知っていますよね。一度使っただけで捨てる方は少ないと思いますが、汚れた歯ブラシは細菌にとって最高の繁殖地

 

使用した後は流水できれいに流し、湿気の少ない風通しのいい場所で乾燥させる必要があります。浴室に置いているという方もいるかと思いますが、雑菌が繁殖する原因になるので、窓際など、風がよく通る場所で乾燥させるようにすることが、オーラルケアのポイントです。

デンタルフロス

デンタルフロスは歯ブラシの毛先が届きにくい、歯と歯の間の歯垢を掃除してくれるオーラルケア用品です。歯ブラシのみのオーラルケアだと、歯垢除去率は58%とされていますが、歯ブラシとデンタルフロスを使うことえ、86%もの歯垢除去率になります。

 

デンタルフロスは細いナイロン繊維からできているので、歯間部の掃除に使うと効率的に歯垢を取り除くことが可能です。しっかりと磨けているつもりでも、歯の間には自分の想像以上に汚れが溜まっているので、デンタルフロスを使って口内を清潔に保ちましょう。

また、歯茎のマッサージにもなり、歯茎の血行が促され、歯の健康状態をキープすることができます

プラーク除去率

歯ブラシのみ 58%

歯ブラシ+歯間ブラシ 96%

歯ブラシ+デンタルフロス 86%

出典:https://www.fujita-dc.com

電動歯ブラシ

電動歯ブラシはブルブルと動きながら、自分では手の届かない部分もうまくブラッシングできる歯ブラシです。ドラッグストアでも手に入る電池式のもの、グレードの高い充電式の対応があります。電池式のものは比較的使い捨てタイプが多く、長く使うことができません。

 

高性能の電動歯ブラシになるとそれなりに値段もしますが、長く愛用できたりより高い歯磨き効果が手に入るなどのメリットもたくさん。手用歯ブラシもしっかり磨くと電動歯ブラシを使わなくても問題ありませんが、電動歯ブラシにすることで、効果を簡単に実感できますよ

 

歯磨き剤

歯磨き剤は歯ブラシと一緒に使って歯の掃除効果を促すためのもの。歯の掃除はもちろん、虫歯や歯周病の予防、口臭除去などの効果が期待できる薬用成分を配合している歯磨き剤がたくさんあります。

 

歯磨き剤をつけて磨いた場合と、つけないで磨いた場合で回数ごとに歯垢除去率を比較検証したところ、どの歯磨き回数でも歯磨き剤をつけた状態の方が高い歯垢除去率が出ています。このことから、歯磨き粉を使うとより効率的に歯垢を除去できることがわかります。

 

また、歯垢をつきにくくする効果もあるので、虫歯の予防や対策にもぴったりです。

オーラルケアの選び方

歯ブラシの選び方

歯ブラシは毎日のオーラルケアの質に関わるほど、重要なポイントです。ここでは歯ブラシを選ぶときに気をつけたいポイントについてご紹介しましょう。

毛先の種類は細め、やわらかいものを選ぶ

歯ブラシの毛先の種類は、歯周ポケットを効果的にブラッシングできる細いタイプのものを選びましょう。一般的な歯ブラシの毛先の太さは直径が約0.2ミリほど。毛の太さは均一です。超極細毛の歯ブラシであれば、細さ約0.02ミリ。鉛筆のように毛先が細くなっているので、歯と歯茎の隙間など、磨き残しが多いところもスムーズに入り込みます。

 

また、毛先はやわらかければやわらかいほどいいですね、歯や歯茎を傷めることなくブラッシングできるので、乳幼児やお年寄りも安心して使うことができますよ。さらにやわらかい動物の毛でできているものであれば、なお良しです。

普通のハブラシは、毛の直径が約0.2ミリ前後。毛の太さは均一です。
超極細毛のハブラシの毛先は、わずか約0.02ミリ。毛の中程から根元に向かって適度に太くし、コシが出るように設計されています。
毛先が細いことで、歯周ポケットにも無理なく入り込みます。

出典:https://systema.lion.co.jp

自分の口に合ったヘッドを選ぶ

効果的なオーラルケアをするためには、歯ブラシのヘッドサイズに注意しましょう。歯ブラシのヘッドにはさまざまな大きさのものがありますが、目安はだいたい上前歯2本分。磨き方に合わせて調整することがポイントです。

 

1本ずつ細かくじっくり時間をかけて磨く人は、コンパクトヘッドや超コンパクトヘッドなど、小さいサイズのヘッドを選んでください。歯磨きをする時間がなく、細かく磨くことができないという方は普通サイズのヘッドを選びましょう。

 

大き目のヘッドは歯に当たる面積が大きく、一度に磨ける歯の数は多くなりますが、歯と歯茎の間や奥歯など、細い部分まで毛先がとどかず、磨き残しの原因になるので極力避けましょう。

デンタルフロスの選び方

デンタルフロスには主に二つの種類があります。持ち手がついたホルダータイプと、指に巻きつけて使用できるロールタイプです。

ホルダータイプ

ホルダータイプはホルダーにフロスが取り付けられたデンタルフロスです。ホルダータイプにはF字とY字があり、F字型は前歯部Y字は前歯と奥歯に使います。使いやすいので初めてデンタルフロスを使うという方は、こちらのホルダータイプを利用してみましょう。

 

歯と歯の接しているところを通すときに少しきつい感じがありますが、勢いよく挿入すると歯肉にダメージをつける原因となるので、ゆっくり挿入するように意識することが大切です。

 

使い捨てタイプと何度か繰り返し使えるタイプのものがありますが、使い捨てのタイプであることがほとんど。コストパフォーマンス的にはロールタイプの方がおすすめと言えるでしょう。

ロールタイプ

ロールタイプは、ホルダータイプのような取っ手がなく、糸だけのタイプ。ロールタイプにはワックスタイプノンワックスタイプエクスバンドがあり、ワックスタイプはワックスで繊維がコーティングされていて、歯と歯の隙間に入れやすいので、磨き残しもらくらく除去してくれます。

 

ノンワックスタイプはワックスがコーティングされていないので繊維が広がり、歯垢の除去効果が高いです。しかし、歯と歯の間に入れるときギシギシするので、初心者向けとは言いかねますが、慣れてしまえばとても簡単。

 

エクスバンドは水や摩擦によってスポンジ状に広がります。そのため汚れを取りやすいのですが、動かしにくくなるというデメリットもあります。

電動歯ブラシは駆動方式で選ぶ

電動歯ブラシには、音波歯ブラシ、超音波歯ブラシ、回転歯ブラシと3つの駆動方式があります。音波歯ブラシは、通常の電動歯ブラシより振動回数が多く、水の力を使って歯垢を落とす電動歯ブラシです。

 

超音波歯ブラシは、音波歯ブラシよりさらに振動回数が多く、歯垢を浮かして剥がしたり、歯垢がつきにくくなるという特徴があります。歯茎があまり強くない方は、やわらかめのブラシが好きな方におすすめです。

 

回転歯ブラシも通常の電動歯ブラシより振動数が多く、1分間に3,000回以上の振動があるとされています。細やかな振動によって生じる水流で歯垢をしっかり取り除きたいと考える方や、歯のつるつるとした感触を楽しみたい方にぴったりです。

○電動歯ブラシ(中略)
ストローク数 約3,000~7,000ストローク/分。
○音波振動歯ブラシ(中略)
ストローク数 約20,000~30,000ストローク/分。
○超音波振動歯ブラシ(中略)
ストローク数  約1,020,000ストローク/分。

出典:http://amaterus.co.jp

歯磨き剤の選び方

歯磨き粉を選ぶときは、配合されている成分をチェックすることが大切。どんな症状を改善、予防したいかによって選び方が異なります。

虫歯予防にはフッ素配合のものを選ぶ

虫歯予防を目的にしている場合、フッ素配合の歯磨き剤がおすすめです。フッ素は口内で酸が発生するのを抑制し、歯垢の細菌の活動を防いだり、酸で溶けたエナメル質の修復などを行う作用があります。

 

ただたんにフッ素を配合している歯磨き剤を選ぶのではなく、フッ素の配合濃度が高いアイテムを選ぶようにしましょう。最近の統計では950ppm以上のフッ素濃度の歯磨きで、虫歯予防の効果が出たとされています。

 

フッ素が配合されているかどうか確認するときは、歯磨き粉の成分表に「モノフルオロリン酸ナトリウム」や「フッ化ナトリウム」などの表示があるので、チェックしてみてください。

 

 

市販の歯磨き粉に配合するフッ素の上限は1,000ppmというルールがあり、
そのため、多くても950ppm程度のフッ素が配合されているというのが歯磨き粉の虫歯予防としての有効成分量でした。

出典:https://mihoshika.com

歯周病を予防したい時は血行促進するものを選ぶ

知覚過敏などの歯周病には、歯茎を引き締めて血行を促進させる歯磨き剤を選ぶといいでしょう。「塩酸クロルヘキシジン」や「塩化セチルビリジニウム」などが、歯周病の原因に繋がる細菌を減らす成分です。

 

また歯周病ケアの場合、極力研磨剤が入っていないもの、もしくは微量のものを選んでください。研磨剤は歯に付着した歯垢や着色汚れを落とすのには効果的ですが、歯や歯茎を傷つける可能性もあります。

 

知覚過敏におすすめなのは、歯の表面をコーティングする成分が入った歯磨き剤です。フッ素など歯をコーティングする成分が配合された歯磨き粉を選んで、できるかぎり刺激を与えないようにしましょう。

 

 

オーラルケアの人気おすすめランキング10選

10位 フィリップス『ソニッケアー イージークリーン 電動歯ブラシ ホワイト』

価格:3,994円(税込)

第10位はフィリップスによる電動歯ブラシです。日本の歯科医・衛生士の使用率連続1位を9年連続獲得しています。世界累計販売台数はなんと500万台。シンプルで機能的な電動歯ブラシは国内外問わず愛され続けていますよ。

 

にぎりやすい細身のデザインで、電動歯ブラシを使ったことがないという方もらくらく使いこなせます。毎分約3,1000回もの振動で、歯の隙間に挟まった頑固な歯垢も効果的に除去してくれますよ。

ブラシのヘッドは互換性なので、ご自身の歯や歯茎の状態によって選ぶことができます。電池入らずの充電式で、充電時間は24時間。1日2回の使用目安で約2週間持ちます。

 ASIN B01JS86C24発送重量 413g

9位 クリニカ『アドバンテージ デンタルフロス Y字タイプ 18本入×3個』

価格:803円(税込)

第9位はクリニカによるデンタルフロスです。歯科医水晶のY字型のデンタルフロスで、効果的な歯間ケアを実現します。Y字型ホルダーが奥歯の歯間にしっかり入り、きちんとケアできますよ。滑りのいいフロスなので、歯間が狭い方もスムーズに入れることが可能です。

 

使い捨てではなく、洗って何度も使える高強度フロスを採用しているので、コスパ抜群。120本のミクロ繊維束なので、どんな歯面も広く覆い、歯垢をしっかり除去してくれます。お子様も使用できますが、保護者の方の指導のもと使うのがおすすめです。

 

3つのカラーバリエーションが一つのセットになっているので、誰がどの色を使っているか見分けやすいですね。

ASINB07B5CD8NY発送重量141g

8位 APAGARD(アパガード)『プレミオ 【医薬部外品】 100g』

価格:1,243円(税込)

第8位はアパガードによるホワイトニング効果のある歯磨き剤です。エナメル質を修復する独自成分「mHAP」が配合されていて、歯垢を吸着除去してくれます。歯の主成分ハイドロキシアパタイトをナノレベルで補給し、エナメル質の欠損部の修復、再石灰化する効果があり、虫歯をしっかり予防してくれますよ。

 

爽快感のあるミントフレーバーで使い心地も抜群。虫歯の予防にはもちろん、歯槽膿漏の予防やタバコのやにの除去、口臭の防止などの効果もあるので、普段からたばこを吸う習慣がある方や、最近口臭が気になるという方にぜひおすすめしたい歯磨き剤です。

 

 

ASINB00NE7JU34発送重量 132g

7位 クリニカ『アドバンテージ デンタルリンス 低刺激タイプ(ノンアルコール) 900ml 』

価格:488円(税込)

第7位はクリニカによるデンタルリンス。おやすみ前の殺菌だけでなく、朝まで抗菌コートしてくれるので、増殖などリスクが高まりやすい就寝中の虫歯予防にぴったりです。旅先やゆっ超先で歯ブラシや歯磨き剤を忘れたというときも、これ一つで虫歯予防に役立ちます。

 

アルコールを配合したすっきりタイプと、ノンアルコールの低刺激タイプがあります。すっきりタイプは就寝前に使うと、翌朝道徳のねばつきを防いでくれますよ。低刺激タイプさわやかなしとら明日ハーブの香味で、大人から子供まで使いやすく、家族での利用におすすめです。

 

 

ASINB01ALFAHK6発送重量 1,000g

6位 レノビーゴ『増量品 38ml フッ素配合 薬用ハミガキ』

価格:943円(税込)

第6位はレノビーゴによる歯磨き剤です。誰でも手軽にフッ素をとりれられるように作られた薬用歯磨き剤で、液体スプレータイプですから、家族での虫歯予防にうってつけです。大人はもちろん、歯の生え始めた赤ちゃんの歯も虫歯に負けない丈夫な歯にしてくれますよ。

 

虫歯菌が出す酵素が歯を溶かすのを防ぎ、レモンの香りとほどよい甘味があります。虫歯意外にも歯肉炎の予防や歯を白くする効果、歯周炎の予防などの効能もありますよ。1本で約2ヶ月ぐらい使えるので、コスパもいいですね。

ASINB003M6AGD0発送重量 68g

5位 タフト『キャップなし タフト24 歯ブラシ × 10本 (MS)』

価格:1,170円(税込)

第5位はタフトによる歯ブラシ。歯の表面についた細菌のかたまりを、口腔内を傷つけることなく除去できる歯ブラシです。歯茎の晴れや歯垢のつき具合など、一人一人の口腔内に合わせて選べる6種類のタイプを用意しているので、それぞれの好みに合った硬さの歯ブラシを使えますよ。

 

1本1本の毛先がなめらかにカットされていて、しっかりとしたコシがあるので、一般の歯ブラシよりしっかり歯垢を取り除くことができます。また、毛先の高さがフラットになっているので、均一に歯に当てることができますよ。

 

ASINB00DW2CRJU発送重量 109g

4位 ライオン『チェックアップ スタンダード 1450F 135g』

価格:498円(税込)

第4位はライオンによる歯磨き剤です。普段使いに最適なフッ化物配合ペーストで、口腔内の奥の奥まで広がりやすいソフトペーストです。歯や死肉にやさしい低研磨性で、泡立ちが少ないため少量の水ですすぐことができます。

 

軽い虫歯のようなものであれば、毎日使うことでなくなることもあります。口臭に悩んでいる方など、口腔内のトラブルの改善も期待できますよ。虫歯予防したいけど歯科専売の歯磨き粉はちょっぴり高い、強い味の刺激がどうしても苦手という方におすすめの歯磨き剤です。

 

 

ASINB07519JQHG発送重量 159g

3位 LISTERINE(リステリン)『[医薬部外品] 薬用 マウスウォッシュ トータルケア 』

価格:930円(税込)

第3位はリステリンによる、オールインワントータルケアの薬用マウスウォッシュです。通常の歯磨きでは届きにくい、歯と歯茎の隙間をしっかり洗浄、殺菌してくれます。口臭や口内のネバつき、着色などさまざまなお口のトラブルにこれ1本で対応してくれますよ。歯肉炎の予防や自然な白い歯へ導く効果もあります。

 

リステリンシリーズの中でも得に多くの効果があり、口内の健康を全体的にサポートしてくれます。味はクリーンミント味で、クールな使用感を楽しめますよ。こちらのマウスウォッシュには奥歯まで届くアングルネックの歯ブラシがついているので、オーラルケアをトータルでコスパよくしたいときにうってつけです。

ASINB01MV3M9S1発送重量 1,200g

2位 ブラウン『オーラルB 電動歯ブラシ プラックコントロール DB4510NE』

価格:1,219円(税込)

第2位はブラウンによる電動歯ブラシです。旅先や出張先でも手軽に使える携帯できる乾電池式モデル。多くの歯科クリーニング器具と同様の丸形ブラシで、歯と歯茎の境目にぴったりフィットしてくれます。高速反動振動で手での歯磨きより約2倍の歯垢除去力と、効果的に歯垢を除去してくれます。

 

こちらのオーラルBの替えブラシは互換性なので、いろんなニーズに合わせて選ぶことができますよ。またブラシを分けると家族でも一緒に使えるのでとても便利ですね。付属ブラシはベーシックブラシなので、ホワイトニングブラシやマルチアクションブラシなど、自分の用途に合ったブラシに変更するのもおすすめです。

 

 

ASINB004WMNUI6発送重量 163g

1位 ウェルコート『コンクール ジェルコートF 90g』

価格:1,260円(税込)

第1位はウェルコートによるフッ素コート歯磨きジェルです。じっくり磨けるジェル処方の歯磨き剤で、毎日のブラッシング効果を最大限に引き出してくれます。発泡剤、研磨剤無配合なので、口内が泡だらけになるということもなく、歯面を傷めずに歯磨きできますよ。

 

歯科医推奨の殺菌剤とフッ素効果が歯をきちんとコートしてくれるので、虫歯や歯周病を予防したい方にぴったり。さわやかなミント味で毎日の歯磨きタイムに爽快感をプラスしてくれますよ。毎日の歯磨きだけでなく、歯磨き後のフッ素コートとしても使え、薬用マウスウォッシュ「コンクールF」と併用すると、より効果的です。

ASINB00871HYMQ発送重量 118g

まとめ

いかがでしたか?歯ブラシや歯磨き剤だけでなく、デンタルフロスなど様々なオーラルケア用品があることを知っていただけたと思います。歯ブラシを使った歯磨きでも、丁寧に行えば高い歯垢除去率が期待できますが、これらのアイテムを併用することで、より手軽に歯を健康に保つことができるので、ぜひ利用してみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ