記事ID133659のサムネイル画像

【安全第一】ベビーシートのおすすめ人気商品ランキング10選

赤ちゃんを車に乗せるときに取り付けが必要なベビーシート。最近はレンタルもありますが、安全性は欠かさずチェックしておきたいですよね。そこで今回はおすすめのベビーシートをランキング形式でご紹介!持ち運び可能なトラベルタイプから話題のisofix式まで幅広くご紹介します。

赤ちゃんを乗せるための大切なベビーシート

新生児~1歳前後の赤ちゃんを車に乗せる時に必ず必要となるアイテムが、ベビーシートです。赤ちゃんを病院に連れて行く時や、お出かけする時などに使え、約1歳頃まで使用することができます。追突事故などが起こった際の命綱でもあるので、必ず用意しておく必要があります。

 

ベビーシートには、シートを寝かせられるタイプや、持ち運びできるタイプなど、様々な種類の商品が販売されています。また、チャイルドシートとしても兼用できるタイプもあり、非常に活躍するアイテムです。

 

どんなベビーシートがよいのか、迷ってしまう方も多いと思います。そこで今回はおすすめのベビーシートをご紹介します。そんなママに向けてベビーシートの種類や、選び方も一緒に紹介しているので、是非参考にして選んでみてはいかがでしょうか?

ベビーシートとチャイルドシートの違いは?

「チャイルドシート」とは車で使う子供用補助シートの総称です。その中でさらに成長過程で種類が分かれており、新生児から1歳ごろまでの新生児用ベビーシート、1歳~4歳の幼児期に使う幼児用チャイルドシート、4歳~10歳が目安の学童用のジュニアシートに分かれています。なので「ベビーシート」は「チャイルドシート」の中の種類、ということになります。

 

ベビーシートの対象となるのは体重10kg以下、おおよそ1歳半程度までの新生児から子供です。子どもの成長は人それぞれですから、場合によってはもう少し長く使用するかもしれませんが、目安としては腰が据わる程度まで

 

幼児用チャイルドシートや学童用のジュニアシートは前方向に設置するのに対して、ベビーシートは後ろ向きなので要注意です。下のリンクから、幼児用チャイルドシート、学童用ジュニアシートのおすすめ10選を紹介しています。ベビーシートを使う年齢よりちょっと上の子供は、こちらを参考にしてみてください。

ベビーシートは必要?

決して安くはないベビーシート。首も座って安定してくると、もういらないんじゃない?と思う方もいるかもしれません。ですが、ベビーシートを含めチャイルドシートの使用は道路使用法で義務付けられているので、未使用が発覚した場合には違反点数1点が加算されてしまいます(詳しくは下記リンクから)

 

チャイルドシート(総称)の使用義務期間は6歳未満までです。6歳未満の子供の装着は義務ですので「使ったほうが安全」ではなく「絶対に使わなければいけない」ものです。体格や身長によっては6歳以上でも使ったほうが良いでしょう。目安として、140cm未満の場合はシートベルトよりもチャイルドシートを使用したほうが安全です。

 

特に新生児~1歳までの「ベビーシート」は、衝撃から守るうえでとても大切なものです。抱っこでは衝撃を受けきれない可能性がありますし、最悪の場合赤ちゃんが車から放り出されます。子どもの命を守るベビーシートおよびチャイルドシートは、絶対に必要です。

 

 

ベビーシートの選び方

固定方法で選ぶ

固定方式も様々あるので、使いやすさや装着方法によって使いやすいタイプを選びましょう。

シートベルト・ISO-FIX(アイソフィックス)式を選ぶ

シートベルト式は、ベビーシートをシートベルトで固定する一般的なタイプです。一方、ISO-FIX式は、専用の固定アンカーを利用してシートに取り付けるタイプで、近年ではこのタイプのものが増えてきています。

 

また、ISO-FIX式はシートベルト式よりも、取り付けミスが少なく、簡単に取り付けができるというメリットもあります。なかにはシートベルトとISO-FIXを兼用できるタイプの商品もあり、どちらの取付方法でも使用できます。

 

ただ、ISO-FIX式の場合は車もISO-FIXに対応していなければなりません。基本的に2012年7月以降に販売された車は対応していますが、それ以前の車は確認が必要なので、注意してください。

回転式を選ぶ

回転式は、自由にシートの向きを変えられるので、赤ちゃんを乗せたり降ろしたりする動作をスムーズに行うことができます。また、赤ちゃんの様子が見やすいのもメリットです。

 

ただし、車の室内高が低い場合、回転式ならではの高さで使いにくくなるケースもあるので注意が必要です。さらに、回転式特有の大きさや重さがあり、価格も高いデメリットがあります。機能性で選びたい方にはおすすめですが、予算との兼ね合いを考えて選びましょう。

固定式を選ぶ

固定式は、回転式に比べて安価な商品が多いのが特徴です。また、ラインナップが充実しています。色々なメーカーやタイプを比較し検討できるので、選択しやすくなります。さらに、誰でも簡単に設置しやすく、造りもコンパクトなので、圧迫感も感じません。

 

しかし、シートが回転しないので赤ちゃんを乗せにくいデメリットがあります。さらに、慣れないうちは、バックルを上手く留めれなかったり、肩ベルトが捻じれたままで気づかないなんてこともあります。ただ、最初は不便を感じやすくても、慣れてくると固定式でも、特に不便を感じることはないでしょう。

タイプで選ぶ

ベビーシートのみで使用したいのか、持ち運びなど多様に使用したいのか自前に考えておきましょう。

ベビーシート専用タイプを選ぶ

ベビーシート専用タイプは、ずっと車に装着させたままでいいので、取り外しの手間が省けます。一度しっかりと装着してしまえば、シートベルトの締め付け不足など、ミスユースを防ぐことができます。

 

また、シートの回転機能や、リクライニングなどの機能的な商品が多いので非常に便利です。赤ちゃんが大きくなってもシートの向きを変えたり、サイズ調整することで、チャイルドシートへと移行できる乳幼児兼用タイプもあります。一般的に、0~4歳ごろまで使えるものが多いので、長く使いたい方におすすめです。

トラベルタイプを選ぶ

トラベル式は、トラベルシステムになっているベビーシートのことで、ベビーシートとベビーカーが一体になったタイプです。そのため、ベビーシートを車から取り外してベビーカーにセットできるので、眠っている赤ちゃんを起こさずに移動できます。

 

また、自宅ではゆりかごやローベッド、ローチェアのように使うことも可能です。しかし、使用期限が1歳半頃までと短く、お子さんの成長具合によって、数ヵ月でサイズアウトしてしまう商品もあります。トラベル式であれば、状況に応じてチャイルドシートを使用される方向けのタイプです。

安全性で選ぶ

ベビーシートを選ぶ際に一番重要なのが安全性です。安全性に力を入れて選ぶことで、赤ちゃんを危険な目から守ることができます。

安全基準で選ぶ

ベビーシートを購入する時に最も重視するべき点は安全性です。道交法では安全基準を満たしていないベビーシートの使用を禁止しているので注意しましょう。

 

また、量販店などでは基準を満たしていない商品が販売されていることもあるので、必ずEマークが付いている商品を選ぶようにしましょう。このEマークとは、国交省の安全基準を満たしている証拠です。また、FMVSSなどの世界基準の安全基準マークがついている場合もあります。

 

アセスメントで選ぶ

アセスメントとは、国土交通省と自動車事故対策機構が安全基準について公表していることを指します。自動車アセスメントの一環として、ベビーシートについて、前面衝突試験と使用性評価試験による評価を行い、その結果をチャイルドシートの安全性能として公表しています。

 

チャイルドシートアセスメントの目的は、信頼できる安全性能評価を公表し、より安全な製品を選択しやすい環境を整える目的があります。なので、ベビーシートを購入する前に、一度アセスメントを確認した上で選ぶことをおすすすめします。

安全機能で選ぶ

ベビーシートには安全基準だけでなく、安全機能も重要です。例えば、突然の事故で横からの衝突にも耐えられるよう側面衝突保護機能を採用している商品や、乳幼児の頭へのショックを和らげる衝撃吸収パッドが備わっていて、頭部を守る工夫が施されている商品など体にかかる衝撃を和らげてくれる機能が備わっている商品があります。

 

機能が備わった商品を選ぶことで、万が一事故に遭っても、最小限の衝撃で抑えることができます。ただし、メーカーによって機能性が違ってくるので、商品ごとの安全対策もしっかり確認しておきましょう。

用途で選ぶ

普段乗られている車に装着ができるのか時前に確認しておきましょう。また、リクライニング機能があると楽な姿勢を保てます。

形式で選ぶ

ベビーシートは大抵の車に装着可能ですが、購入前に目当てのベビーシートが車に適合するのか、しっかりと確認しておく必要があります。ほとんどのベビーシートは、3点式シートベルトに対応しています。

 

ですが、中には後部座席真ん中などに付いている2点式ベルトでは固定できない商品があります。特にアイソフィックス式や、床にバーで固定するタイプのベビーシートは、適合車種が限られている場合もあるので、よく確認した上で購入することが重要です。

リクライニングで選ぶ

新生児用のリクライニング機能付きシートの中には、平らなベッド状態にまでリクライニング可能な商品があります。ただし、傾斜角度がわずか20°程しかできない商品もあるので、何段階まで調節が可能なのかをしっかりと購入前に確認しておきましょう。

 

リクライニング機能があると、寝ている赤ちゃんを楽な姿勢にしてあげられるので、よりよい睡眠をさせてあげることができます。また、無理な姿勢を防止できるので、体の負担を軽減させることができます。

メーカーで選ぶ

安心したものを使いたいチャイルドシートですが、ネットだと実際に安全性や使い心地が分からないので不安ですよね。そこで今回はチャイルドシートの中でも定評のあるメーカーを紹介します。

アップリカ

1947年創業以来、赤ちゃんの笑顔を守るため商品を製造し続けてきた「Aprica(アップリカ)」。チャイルドシートの定番ともいえる、親御さんから人気のメーカーです。安心したチャイルドシートを提供するため、育児工学を研究しています。

 

育児と工学技術を融合させて、理想の育児環境を整えるため分析と検証を積み重ねています。だから安心のチャイルドシート設計。年齢に豊富な商品展開を行っているので、お子さまに合ったチャイルドシートをお選びいただけます

 

ママになった女性はもちろん、ママになる前の女性も応援してくれるからとても心強いメーカーです。以下のリンクから公式ホームページにアクセスできるので、気になった方はぜひご覧ください。

コンビ

ベビーシートやベビーカーを中心にベビー用品を豊富に展開している「Combi(コンビ)」。年齢に合わせた豊富なラインアップ。360°回転してコンパクトに畳むことができる製品は、邪魔にならずに収納できるから超便利です。

 

新安全基準R129に適合した「プロガード ISOFIX」は、衝撃吸収クッション搭載に加えて、赤ちゃんが快適に過ごせる機能性の高さ。新生児~4才頃まで使うことができます。

 

公式オンラインショップで購入もできるので、購入した後に運ぶ手間もありません。ぜひチェックしてみてください。

ベビーシートのおすすめランキング10選

第10位

コンビ

チャイルドシート ウィゴー ロング サイドプロテクション エッグショック HH ネイビー

価格:28,567円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

卵も割れない優れた吸収性が搭載されています。

超衝撃吸収素材のエッグショックを頭部に搭載し、衝撃から赤ちゃんを守ります。 シートカバーには、ウレタンクッションを搭載し、赤ちゃんの頭をしっかりと守ります。また、洗濯機丸洗いもできるので、清潔に使用できます。

 

たまごを落としても割れないほどの衝撃吸収性に優れたベビーシートです。また、軽量シンプル設計なので、持ち運びや付け替えも楽に行えます。ベビーシートとして使用した後も、お子様の成長に合わせて多様に使えるので、最長小学生まで大活躍します。

 

備え付け方法が分かりやすく、吸収性も非常に優秀との好評なロコミが多く挙がっていました。こちらのベビーシートの一番の特徴は優れた吸収性です。大きな衝撃でも最小限に抑えることができるので、安全性が高くおすすめです。

 

サイズW480×D621~761×H537~635cm対象新生児~7歳頃
第9位

ジョイー

インファントカーシート ジュバ juva 38512

価格:15,984円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ベビーシートとしても、バウンサーとしても使えます。

車にもベビーカーにも取り付けできる便利なベビーシートです。いつでもどこでも一緒におでかけが楽しめます。また、トラベルシステム搭載で安全面が非常に高くおすすめの商品です。

 

ベビーシートに赤ちゃんを寝かせたまま、ベビーカーに付けたり、チャイルドシートとしてもが利用できる多機能なベビーシートです。室内、室外の移動がスムーズに行えます。また、持ち手を後ろにすれば椅子としても使えます。

 

様々な使い方ができ、便利で大活躍するとのロコミが挙がっていました。お食事も赤ちゃんを乗せたままできるので、わざわざ抱っこする必要もなく、負担をかけずにお世話が行えます。

 

 

サイズW44×D66×H55cm対象新生児~体重13kg
第8位

Cybex

サイベックス cbx シービーエックス

価格:12,960円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安全な状態で新生児を迎い入れることができます。

産院からの退院時にすぐに使えるベビーシートです。別売のベビーカーに取り付けられるトラベルシステム対応機種で、多機能に使用できます。出産祝いのプレゼントにもおすすめです。 

 

シートベルトで固定できるので、様々な車に対応できます。また、別売のアイソフィックスI専用ベースを合わせて使うことも可能です。軽量モデルで、備え付けも簡単に行えます。厚みのあるヘッドクッションを搭載し頭をしっかりと守ります。

 

ベビーカーとセットで使用し、初めて使われている方が多いとのロコミが挙がっていました。退院後の帰宅時からすぐに安全な状態で赤ちゃんを迎い入れることができます。また、ある程度成長してきたらベビーカーにも付けれるので、利便性がさらに広がります。

サイズW62×D43×H58cm 対象新生児~13kg
第7位

コンビ

チャイルドシート コッコロ S UX ビスケット

価格:14,980円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクト設計で、乗り降りが楽に行えます。

ヘッドサポートの形状や衝撃吸収用クッション材で、頭部の横揺れやサイドからの衝撃時にも頭部を守る効果があります。また、超軽量コンパクト設計で、扱いやすく、小さな車でも広々と使えます。

 

赤ちゃんに自然で安心した姿勢を提供し、ストレスの少ないリラックス状態を作ります。万が一衝突した場合は、背中全体で衝撃を分散できる安全角度を採用しています。さらに、抱き上げる時に邪魔にならない楽々抱っこシェル形状で、乗り降りが快適に行えます。

 

軽量で付けやすく、メッシュ素材で通気性もよくムレにくいとのロコミが挙がっていました。安全性も非常に高いので、おすすめのベビーシートです。新生児から4歳と長く使用できるので、コスパも良くなっています。

サイズW42×D61.5×H55cm対象新生児~4歳頃
第6位

グレコ

G-FLOW(ジーフロウ) レッド

価格:12,800円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リクライニング機能で、赤ちゃんの適切な姿勢をサポートします。

赤ちゃんにプレミアムな快適を提供します。取扱いが簡単で、利便性に優れたベビーシートが誕生しました。ヘッドパッドと新生児パットは、取り外して洗濯できるので、いつでも清潔に使用できます。

 

生まれてすぐから使えるように、柔らかな素材のヘッドパッドと、厚みのあるふわっとした新生児パッドの2つのパーツで構成されています。赤ちゃんの体格や成長に合わせて調節できる3段階リクライニングで、姿勢を楽に保てます。

 

備え付けも簡単で、しっかりと囲い、安全面も高いとのロコミが挙がっていました。リクライニング機能があるので、快適な姿勢をサポートします。取り外してお手入れをすることができるので、衛生面も気になる方におすすめのベビーシートです。

サイズW43×D69×H43cm対象新生児~1歳半頃
第5位

エールベベ

回転型  クルットNT2プレミアム

価格:29,700円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

包み込むようなクッションが頭部を優しく保護します。

360度回転するので、乗り降りしやすくおすすめのベビーシートです。赤ちゃんの快適さ、安全性、使いやすさを重視して作られた商品です。新生児から使用でき、ロックを解除するだけで、楽にターン操作が可能です。

 

両手で包み込んでいるような、優しい安心感のあるクッションで頭部を支えます。安心の日本製で、衝撃軽減システムのベビーキャッチを搭載しています。ヨーロッパ基準のUN適合品で、安全性が高いベビーシートをお探しの方におすすめです

 

丁度良い締まり感で、快適に使用できるとのロコミが挙がっていました。ベビーシートによっては、成長につれて圧迫感を感じやすい商品もありますが、こちらは締め付け感もなく、快適に使用できます。

サイズW71×D47×H65cm対象新生児~4歳
第4位

アップリカ

フラディアグロウ ISOFIX プレミアム

価格:69,800円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

柔らかな素材がデリケートな赤ちゃんの肌にも優しいです。

各発育段階の未熟な部分や、その時期に必要な運動学習をサポートし、かつ骨格が安定する姿勢を維持します。リクライニングやフットレスト、座面奥行き調節などができる多機能なベビーシートです。

 

回転式なので、スムーズに乗り降りできます。クッションには、繊維をたて方向に配列しているので、空気の通りがスムーズでムレにくく快適に使用できます。さらに、ふんわり柔らかな素材で、肌ざわりも良いので肌が敏感な赤ちゃんにも安心です。

 

安定したフラット状態にでき、成長に合わせて多様に使えるとの好評なロコミが多く挙がっていました。お肌がデリケートな新生児にも、肌に優しい素材を使用することで、刺激性をなくし安心して使用していただけます。

サイズW76×D62.5×H53.5cm 対象新生児~48ヶ月
第3位

ジョイ

チャイルドシート 04 チルト ブラウン

価格:13,166円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ヨーロッパ安全基準をクリアした、新生児から4歳頃まで使えるベビーシートです。高品位のファブリックとデザインで、車内を演出します。 快適に使えるように、肌触りの優しいシートを使用しています。

 

また、肉厚なソフトパッドや、リクライニングなど機能も充実しています 今までのチャイルドシートに無かったポップなデザインで、おしゃれなベビーシートをお探しの方におすすめです。

 

しっかりとした作りで、お値段以上の品質とのロコミが挙がっていました。コンパクト設計なので取り付けしやすく、初めて使用される方にもおすすめです。こちらの商品の一番の特徴はかわいいデザイン性です。他ではないおしゃれなデザインで車内も華やかになりますよ。

サイズW43×D50×H62cm対象新生児~4歳頃
第2位

日本育児

スマートキャリー ISOFIX ベースセット ブラック

価格:22,380円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

赤ちゃんの睡眠を妨げません。

病院で出産後、退院の際からすぐにご使用いただけるベビーシートです。車に簡単設置のベースをセットすれば、ベビーシートをしっかりと固定させ、シートベルトを使用せずに赤ちゃんを安全に移動させることができます。


トラベルシステムアダプターを標準装備しているので、ベビーカーに取り付けてトラベルシステムとしても使えます。厚いクッションを搭載し、衝撃を最小限に抑えます。多様に使用できるタイプのベビーシートをお探しの方におすすめです。

 

取り外しも簡単で、寝ているまま移動ができ便利とのロコミが挙がっていました。せっかく寝た赤ちゃんを起こさずスムーズに移動が行えます。寝つきが悪いお子様にもおすすめです。また、助手席後ろに付けるとより安全が増します。

サイズW44×D68×H58cm対象新生児~13kg
第1位

チャイルドガード

タカタ04 ビーンズ シートベルト 固定

価格:10,800円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

必要な機能性が備わり、安全性も高いです。

必要な機能をシンプルにまとめたベーシックモデルのベビーシートです。安全面でも高い評価を得ているおすすめの商品です。軽量でコンパクト設計なので、狭い車内でも取り付け、取り扱いがカ簡単です。

 

本体が軽いので、持ち運びにも適しています。また、ベビー用敷き布団に使われている通気性の良い固綿素材で、ムレにくく快適に使用できます。家で眠っている時と同じような心地よさで赤ちゃんを優しく支えます。

 

とにかく安全性が高く、コスパもいいとのロコミが挙がっていました。安全面や、どれを選んだらいいのか分からないとお悩みの方におすすめのベビーシートです。必要最低限の機能を兼ね揃えた使いやすく、機能性も高い万能な商品です。

サイズW450×D530×H615cm対象新生児~4歳

ベビーシートおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4866115の画像

    チャイルドガード

  • 2
    アイテムID:4866124の画像

    日本育児

  • 3
    アイテムID:4866106の画像

    ジョイ

  • 4
    アイテムID:4866095の画像

    アップリカ

  • 5
    アイテムID:4866070の画像

    エールベベ

  • 6
    アイテムID:4866049の画像

    グレコ

  • 7
    アイテムID:4866027の画像

    コンビ

  • 8
    アイテムID:4866013の画像

    Cybex

  • 9
    アイテムID:4865998の画像

    ジョイー

  • 10
    アイテムID:4865980の画像

    コンビ

  • 商品名
  • タカタ04 ビーンズ シートベルト 固定
  • スマートキャリー ISOFIX ベースセット ブラック
  • チャイルドシート 04 チルト ブラウン
  • フラディアグロウ ISOFIX プレミアム
  • 回転型  クルットNT2プレミアム
  • G-FLOW(ジーフロウ) レッド
  • チャイルドシート コッコロ S UX ビスケット
  • サイベックス cbx シービーエックス
  • インファントカーシート ジュバ juva 38512
  • チャイルドシート ウィゴー ロング サイドプロテクション エッグショック HH ネイビー
  • 特徴
  • 必要な機能性が備わり、安全性も高いです。
  • 赤ちゃんの睡眠を妨げません。
  • 柔らかな素材がデリケートな赤ちゃんの肌にも優しいです。
  • 包み込むようなクッションが頭部を優しく保護します。
  • リクライニング機能で、赤ちゃんの適切な姿勢をサポートします。
  • コンパクト設計で、乗り降りが楽に行えます。
  • 安全な状態で新生児を迎い入れることができます。
  • ベビーシートとしても、バウンサーとしても使えます。
  • 卵も割れない優れた吸収性が搭載されています。
  • 価格
  • 10800円(税込)
  • 22380円(税込)
  • 13166円(税込)
  • 69800円(税込)
  • 29700円(税込)
  • 12800円(税込)
  • 14980円(税込)
  • 12960円(税込)
  • 15984円(税込)
  • 28567円(税込)
  • サイズ
  • W450×D530×H615cm
  • W44×D68×H58cm
  • W43×D50×H62cm
  • W71×D47×H65cm
  • W43×D69×H43cm
  • W42×D61.5×H55cm
  • W62×D43×H58cm
  • W44×D66×H55cm
  • W480×D621~761×H537~635cm
  • 対象
  • 新生児~4歳
  • 新生児~13kg
  • 新生児~4歳頃
  • 新生児~4歳
  • 新生児~1歳半頃
  • 新生児~4歳頃
  • 新生児~13kg
  • 新生児~体重13kg
  • 新生児~7歳頃

まとめ

今回はおすすめのベビーシートをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?安全第一で選ぶことで、安心して使用できます。また、備え付け方法をしっかりと確認しておかないと、上手く取り付けれていないまま使用して、大事故に繋がることもあるので時前の確認が非常に重要になってきます。大切な赤ちゃんを守る為にも是非ベビーシートをお使いください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ