記事ID133617のサムネイル画像

【用途別】PS4用USBハブのおすすめ人気ランキング10選【2019年】

PS4にはヘッドセットやキーボード、VRデバイスなどの数多くの周辺機器があり、USBポートが足りなくなりますよね。そんな時にはUSBハブがおすすめです!今回は用途別に、セルフパワータイプ/バスパワータイプ両方のおすすめUSBハブをランキング形式でご紹介します。

PS4の機能を最大限に活かすにはUSBハブ

USBハブとは、PCやゲーム機などでよく扱われるUSBポートの数を増やすための周辺機器です。PS4にはヘッドセットやキーボード、VRデバイスなどの周辺機器をUSBポートを扱って接続しますが、PS4本体に備え付けられたUSBポートの数はたったふたつ

 

これではPS4の機能を最大限に活かすことはできませんよね。足りないUSBポートの数を増やすときは、USBハブがおすすめです!

 

しかしPC用の一部のUSBハブでは、PS4に完全に適しているとはいえません。そこでどのUSBハブが最もPS4での使用に適しているか、用途別に選び方のポイントをまとめ、おすすめの商品をご紹介します!

USBハブの選び方

それではさっそくPS4に適したUSBハブの選び方についてご紹介していきます!PS4用にあらたにUSBハブを購入しようと考えている方は、ぜひ参考にしてくださいね!

セルフパワータイプかバスパワータイプか、用途別に選ぼう

PS4用のUSBハブを選ぶさいに、もっとも重要となってくるふたつの仕様が、USBハブの電力供給の方式であるこのセルフパワータイプバスパワータイプの二種類となります。まずは用途にあわせて、ふたつのどちらかを選びましょう!

不安定だけど扱いやすいバスパワータイプ

セルフパワータイプとバスパワータイプのふたつの違いは、どこから電力を供給するかということです。こちらのバスパワータイプは、PS4のUSBポートに直接差し込み、そのUSBポートを通してPS4から間接的に電力を供給します。

 

バスパワータイプはセルフパワータイプのUSBハブと比べてすこし小柄で省スペース、PS4に直接差し込むだけで使える扱いやすさ、セルフパワータイプの商品と比べると比較的安価な点が魅力です!

 

しかし、基本的には電力を間接的に供給することから少しパワー不足になりがちで、多くの周辺機器を同時に使おうとすると動作が不安定になってしまうことがあります。

 

ヘッドセットやキーボードをつなぐ程度であれば問題なく動作しますが、PSVRなどの電力消費のおおきいものをつなぐ時にはパワー不足となることが多いようです。

安定した動作のセルフパワータイプ

セルフパワータイプの電力供給方式では、PS4を経由せずにコンセントを差して、そこから電力を供給します。これによって多くの周辺機器を同時に使ったとしてもパワー不足となることはなく、安定した動作が見込めます!

 

PS4では、ゲームを楽しむ以外にも「nasne」などを扱ってTV番組の視聴・録画を楽しむこともできます。そういった電力供給の多い機器や、多数の周辺機器をPS4につなぐ方は、こちらのセルフパワータイプを選ぶことが必須となってきます。

 

しかしコンセントを使うことから、配線がおおくなり、こちらのタイプは大型であることが多いので場所をとってしまうという点もあることに注意しましょう。

USB3.0対応とUSB2.0対応のどちらを選ぶのがいいか

USBハブの商品の性能の項目には、USB3.0対応やUSB2.0と書かれた項目があります。こちらの項目もチェックせずに購入してしまうと思ったような動作をせず失敗してしまうことからこちらもチェックしていきましょう!

低速なUSB2.0対応

USB2.0というのは、旧世代のUSB規格であり、USB3.0以降対応の機種とは通信速度がおおきく変わってきます。USB2.0はひと世代前のUSB規格ですから、その通信速度もUSB3.0と比べて遅いものとなっています。

 

USB2.0と3.0では見た目にも違いがあります。USB2.0は端子の部分が白く、USB3.0の端子は青いものになっており、一目瞭然ですね。

 

通信速度の遅さは致命的なものですから、こちらをあえて選ぶメリットはなく、間違えて選んでしまわないように注意しましょう!

高速な通信速度のUSB3.0対応

すでに電子機器ではUSB3.0以降に対応したUSB規格が主流となっており、PS4に搭載されたUSB規格もUSB3.0に対応したものとなっています。新しい規格であるUSB3.0の通信速度は、理論上はUSB2.0の約10倍の速度があると言われています。

 

USB2.0とは電力供給能力にもおおきな差があり、こちらが完全な上位互換となっています。USBハブを購入するさいには、安定した動作が見込めるUSB3.0対応のものを選びましょう!

 

ちなみにUSB3.0の端子が青い理由はUSB-IFという企業団体が推奨していることが理由にあります。推奨ということで例外的に、MacBookなどの一部のデザイン性を重視したものでは青色ではない場合があります。

ポート数の多さで選ぶ

ポートの数も、USBハブを選ぶ上で重要なポイントとなります。基本的にはポート数は多いにこしたことはありませんが、値段が高くなり、ポート数が多いほどスペースをとることから、使いたい用途に合わせて慎重に選びましょう!

多くの周辺機器をつなぐなら、ポート数の多いものを

ヘッドセット・キーボード・TVチューナー・外付けHDD・PSVRなどの周辺機器や、PS4のコントローラーを充電するためにUSBポートを扱うことを考えると、多くの周辺機器を扱う方はなるべくポート数の多いものを購入する必要があります。

 

PS4の機能を最大限に活かそうとする方は、ポート数の多さを意識してUSBハブを選びましょう!しかし基本的にはポート数が多ければ多いほど、その分コストがかかり、形状もおおきなものとなり、置き場所に困るという可能性もある点に注意が必要です。

 

またポート数が多いものであっても、電力供給方式がバスパワータイプの場合、同時に多くの機器を接続するさいに動作が不安定になることがあります。ポート数の多いものを選ぶときには、バスパワータイプではなくセルフパワータイプのUSBハブを選びましょう!

場所をとらないポート数の少ないもの

ポート数が少ないタイプの利点は、省スペースであり、コストもその分少なくすむ点です。それほど周辺機器を多くつなごうとは考えていない方はこちらを選びましょう。

 

また小型であるため、軽く持ち運びにも適しているという利点があります。

 

しかし新たにPS4の周辺機器を購入し、またUSBポートが足りなくなってしまったということのないように慎重に購入しましょう。

デザイン性で選ぶ

PS4を部屋に置くさいに、インテリアのひとつとしても活用している方は、USBハブのデザイン性も重要なポイントとなってくるでしょう。整頓された部屋に、だらんと垂れ下がったコードがあると嫌ですよね。

 

USBハブにはデザイン性を考慮したものもあり、中にはPS4の形状に合わせて作られたおしゃれなUSBハブも存在します。PS4の縦置きスタンドも兼ねたUSBハブというものもあります。

 

PS4をインテリアのひとつとしても活用したい方は、USBハブのデザイン性も考慮していきましょう!

USBハブの人気ランキング10選

それではPS4での使用に適した人気USBハブをランキング形式でご紹介していきます!これまでご紹介した選び方をふまえて、ご自身の用途に適したUSBハブを見つけていきましょう!

第10位

ORICO

ORICO USB3.0 ハブ 4ポート

価格:1,200円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スマホスタンドとしても使えるバスパワータイプのUSBハブ

こちらは非常に小型で、バスパワータイプなのでPS4に直接差し込むだけで使うことのできる扱いやすいUSBハブです。

 

この商品の大きな特徴はスマホスタンドとしても扱えるというところ。コントローラーを充電しているときなど、PS4をしながらスマホで攻略情報を集める場合に非常に便利です!

 

しかしバスパワータイプのため、電力消費の大きい周辺機器をつなぐさいにはパワー不足となってくるでしょう。多数のコントローラーの充電や、ヘッドセットやキーボードなどの電力消費の少ない機器の接続を考えている人におすすめです!

電力供給方式バスパワータイプUSB規格USB3.0
USBポート数4ポート
第9位

UGREEN

UGREEN USBハブ 4ポート

価格:1,380円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトで安価なUSBハブ

こちらの商品は非常にコンパクトなタイプのUSBハブです。値段も非常に安価であり、セルフパワータイプにも対応しています。こちらの商品はACアダプターは別売りである点にご注意ください。

 

円状に搭載されたLEDランプによって、動作状況が一目で分かり、デザイン性も悪くありません。非常に小型であるため、持ち運ぶさいにも適しています。コストパフォーマンス、省スペースを重視するかたにおすすめです!

 

それほど電力消費の大きい周辺機器を使う予定のない方は、こちらの商品をバスパワータイプのUSBハブとして使用し、その後つなぐ機器が増え、電力消費が大きくなってきた時に、新たにACアダプターのみを購入することで、セルフパワータイプに切り替えることもできます。

 

電力供給方式バスパワー・セルフパワー両対応USB規格USB3.0
USBポート数4ポート
第8位

atolla

atolla USB 3.0ハブ

価格:1,399円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

独立スイッチ付きバスパワーUSBハブ

こちらの商品はバスパワータイプのコストパフォーマンスの良いUSBハブです。この商品の特徴は、低価格ながら個別スイッチを搭載している点です。使わない機器は、USBを抜き差しする必要なく簡単にオン・オフを切り替えることができます。

 

小型かつ軽量のため、持ち運びにも適しており、スペースをとることもありません。バスパワータイプのため、電力消費の大きな機器の接続や、多数の機器を接続するさいには動作が不安定になってしまう可能性がある点に注意しましょう!

 

ポート数も4つのため、こちらの商品は電力消費のすくない機器を接続する予定のかたにおすすめです!

電力供給方式バスパワータイプUSB規格USB3.0
USBポート数4ポート
第7位

atolla

atolla USB3.0ハブ 高速4ポート

価格:1,299円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低価格でバスパワー、セルフパワー両対応

こちらの商品は1,299円という低価格で、バスパワー・セルフパワー両方に対応したUSBハブとなっています。こちらも低価格ながら個別スイッチも搭載しています。耐久性も申し分なくAmazonでの商品レビューも好評です!

 

非常に低価格でセルフパワーに対応した商品ですが、セルフパワーをするさいに必要となるACアダプターはこちらの商品には付属していない点にご注意ください!こちらの商品は、すでに自宅にACアダプターを持っているという方に非常におすすめです!

 

ACアダプターも付属した商品もありますが、そちらの商品は2,499円となっており、すこし高額となってしまいますね。またこちらの商品は4ポートとなっており、おおくの周辺機器をつなぐことを考えている方には物足りないかもしれません。

電力供給方式バスパワー・セルフパワー両対応USB規格USB3.0
USBポート数4ポート
第6位

ELECOM

エレコム USB3.0 ハブ 4ポート

価格:2,433円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低価格でACアダプター付きセルフパワーUSBハブ

こちらの商品は非常に低価格ながら、セルフパワータイプかつACアダプター付きのUSBハブとなっています!セルフパワータイプのUSBハブでコストパフォーマンスを重視する方におすすめです!

 

しかし実際に使用した方のなかには、問題なく使用できたという方もいる一方で、一年以内に動作が不安定になってしまったという方もおり、耐久性の面に不安があります。コストパフォーマンスを重視し、こちらの商品を購入しようとする方は十分に注意しましょう!

 

またこちらの商品に付属するACアダプターは、コンセントが非常に大型であることから少し邪魔になるときがあります。スペースをとる点にも注意しましょう。

電力供給方式バスパワー・セルフパワー両対応USB規格USB3.0
USBポート数4ポート
第5位

BUFFALO

BUFFALO USB3.0 セルフパワー 4ポートハブ

価格:2,786円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大手バッファロー製セルフパワーUSBハブ

こちらの商品は製品の品質に信頼のおける大手メーカー、バッファロー製のUSBハブです。こちらもバスパワー・セルフパワー両方に対応しており、こちらの商品にはACアダプターもしっかりと付属しており、ケーブルの長さも申し分ありません。

 

ネックとなるのは価格が多少高めなことですが、独自の発熱防止設計などもされており、品質の良さはさすが大手メーカーですね!またこちらの商品もポート数は4ポートとなっている点に注意しましょう!

 

USBハブ本体、ACアダプターの形状ともに小型で省スペースであり、設置場所に困ることもすくないでしょう。日本国内メーカーということで信頼できる商品です!

電力供給方式バスパワー・セルフパワー両対応USB規格USB3.0
USBポート数4ポート
第4位

VANMASS

VANMASS USB3.0ハブ

価格:1,799円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スタイリッシュな小型バスパワーUSBハブ

こちらの商品はスタイリッシュな見た目の、非常に小型で持ち運びに適したUSBハブです。手で握れるほどのサイズで、重量も非常に軽く、手軽に持ち運べます。シンプルなデザインで見た目もよく、扱いやすい点がこの商品の魅力です!

 

バスパワータイプであり、ポート数も4つと比較的すくないことから、PS4に多くの周辺機器を接続しようと考えている方にはおすすめできません。こちらの商品はヘッドセットやキーボードなどの電力消費のすくない機器を接続するかたにおすすめです!

 

耐久性なども申し分ありませんが、USBを差し込む際にがっちりと固定するため、線を抜くときにはすこし力がいります。これは外れにくいという利点でもあるのですが、その点に注意しましょう!

電力供給方式バスパワータイプUSB規格USB3.0
USBポート数4ポート
第3位

atolla

USB3.0ハブ 電源付き, atolla

価格:4,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

デザイン性の高いセルフパワーUSBハブ

こちらの商品はデザイン性が高く、USBポート数も7ポートと十分な数搭載されたセルフパワータイプのUSBハブです!USBポート数、電力供給もともに多数の周辺機器の接続に申し分ありません!

 

この商品には機器の接続を行うUSBポート以外に、充電専用のUSBポートが3つ搭載されており、USBを使ったスマートフォンの充電なども同時に行うことができます!またデザイン性も高く、個別でオン・オフがおこなえる点も評価されています!

 

価格が相応にすることだけが難点ですが、性能や安定した動作がこの商品の魅力です。PS4の機能を最大限に扱いたいかた、デザイン性に魅力を感じるかたにおすすめです!

電力供給方式バスパワー・セルフパワー両対応USB規格USB3.0
USBポート数7ポート
第2位

PECHAM

PS4 Pro 専用 縦置きスタンド PECHAM

価格:2,000円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コントローラーを置くだけで充電できるスタンド型USBハブ

こちらの商品はPS4 Pro専用の縦置きスタンドとしても使うことのできる画期的なUSBハブとなります。

 

この商品の魅力はなんといってもスタンド型であることからPS4とマッチしデザイン性もよく、なによりPS4のコントローラーをUSBにつなぐ必要なく、置くだけで充電可能になる点です!コントローラーが充電しやすくなることは大きな魅力ですね!

 

こちらの商品はPS4 Pro専用となっていますが、初期型用などPS4の機種にあわせた同系統の製品も存在します。バスパワータイプであり、またポート数は3つしかない点から、多数の周辺機器の接続や電力消費の大きな機器の接続には向かない点にご注意ください!

 

しかしそれを補って余りある性能の高さがあります。この商品は縦置きということで、横に置くと熱がこもりがちなPS4の排熱を手助けし、その上この商品には排熱ファンが搭載されているため、PS4の排熱対策は完璧です!

 

価格も非常に安価であり、バスパワータイプの製品がほしい方はぜひチェックしてみてください!

電力供給方式バスパワータイプUSB規格USB3.0
USBポート数3ポート
第1位

SOWTECH

SOWTECH USBハブ USB3.0

価格:4,399円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

防塵カバー付き10ポートUSBハブ

USBハブ人気ランキング1位となったのはこちらSOWTECH USBハブです!

 

こちらの商品は安全用の防塵カバー付き、セルフパワータイプUSBハブです。この商品の特徴はなんといってもポート数の多さです!10ポート搭載しており、PS4に多数の周辺機器を接続でき、これ一台あればポート数に困ることはないでしょう。

 

また価格も少々高めに見えますが、ポート数の多さを考えると非常にコストパフォーマンスのよい商品だと言えます。

 

セルフパワータイプなので電力供給も申し分なく、ヘッドセット・キーボード・外付けHDD・PSVR・nasneなど、PS4の機能を余すことなく発揮させようとする方にぜひおすすめです!

 

難点といえば、大きさが多少あり少し幅をとる点と、安全用の防塵カバーが場合によっては邪魔になってしまう点でしょう。

 

どちらも機能面には関係なく、また大きさはポート数の関係上仕方のない部分ですし、安全用の防塵カバーもゴミやホコリを防ぐ大切なものですから、難点とは言えないかもしれませんね。

電力供給方式バスパワー・セルフパワー両対応USB規格USB3.0
USBポート数10ポート

PS4のUSBハブに接続して使いたいおすすめ商品とは?

PS4に接続したい商品

PS4にUSBハブを接続すれば、ゲームを楽しむ幅が広がります。
USBに接続してPS4をさらに楽しむために便利なアイテムをいくつかご紹介します!

USBマイク

ソニー(SONY)

SONY エレクトレットコンデンサーマイクロホン PC/ゲーム用 PCV80U ECM-PCV80U

価格:3,190円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

良質な音声でゲームを楽しめる!

PS4でゲームをする際ボイチャットを利用する方がいらっしゃると思いますが、「相手のマイクの音質が悪すぎる、、、」と思ったことはありませんか?ということは自分のマイクの音声は大丈夫なの?と疑問に感じられた方がいるかと思います。

 

そんな時にオススメしたいのが、USBマイクです。数千円という低価格で購入できる上、USBがついているので挿すだけで簡単にPS4で使用することが可能です。

 

このUSBマイクを使えば質の高い音でゲームをすることが可能になります!

USBマウス

『フォートナイト』や『FF14』、『ボーダーブレイク』などPS4のソフトの中にはマウスで操作するものがあります。そんな時に使いたいのがUSBマウスです。PS4本体はマウスに対応しているそうですが、ソフト側が対応しているものでなければマウスは使用できません。

 

しかし、PS4とマウスの間にコンバーターをかますことができれば、強引にマウスで操作することが可能なようです。しかし、コンバーターは基本的に非ライセンス品がほとんどなため、ソフトウェアのアップデートで使えなくなる可能性があるなどするため自己責任で行ってください。

Logicool(ロジクール)

ゲーミングマウス Logicool ロジクール G502RGBh ブラック 最大16,000DPI LIGHTSYNC RGB ウェイト調整 HEROセンサー 国内正規品 2年間メーカー保証

価格:9,617円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プロゲーマーの元作られたゲーマーのためのマウス

USBが付いた有線タイプのマウスは遅延が発生しないのが利点です。操作してから画面に反映されるまでのライムラグがあるとゲームで操作のミスがあるかもしれませんが、そのようなミスが起こらない可能性が高くなっているためストレスなくプレイすることが可能です。

 

また、充電する必要がないためうっかり充電が切れて操作できない・・・というようなことにもなりませんよ!

 

おすすめのロジクールのマウスは左右のマウスボタンだけでなく親指側に12個の寒ボタンを搭載したモデルです。押下圧を調整してクリックミスを最小限に抑えているのもポイントですよ!

用途に合ったUSBハブを活用して、あなたのPS4ライフをもっと欲張りに

いかかでしたでしょうか?ご自身の要望にかなったUSBハブはありましたか?一口にUSBハブといっても、かなりの種類があります。しかしPS4で使用するさいには、用途によって選ぶべきUSBハブはだいたい決まってきます。購入後に後悔しないためにも、USBハブの性能を事前にしっかり確認し、自身の用途にあったUSBハブを選びましょう!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ