記事ID133614のサムネイル画像

【冬でもあったかい】大人気のシートヒーターおすすめランキング10選

冬場の車のシートの冷たさをなんとかしたい方へ。しかし、シートヒーターはたくさん種類がありどれが良いかわからないなんてことありませんか?シートヒーターの詳しい選び方と、大人気のシートヒーターおすすめランキング10選にてご紹介します。要チェックです!

冬でも座席が暖かいシートヒーター

シートヒーターはとても簡単に電源を取ることが可能であり、シガーソケットから電気を取れるので、購入後すぐに利用することができるメリットが人気です。暖房は少し時間がかかりますが、シートヒーターはすぐに温まるので暖かさをすぐに作り出すことができます。

シートヒーターの選び方

それでは、シートヒーターの選び方について解説していきます。選び方をある程度把握しておくことによって、自分との相性に合ったシートヒーターを見つけるキッカケになることがあるので、一緒に確認していきましょう。

シートヒーターの機能で選ぶ

シートヒーターを選ぶ際に大切と言えるのは、シートヒーターのあらゆる機能が付いているで判断できます。大まかに解説していきますので、どんな機能があるとシートヒーターとしておすすめなのかを見ていきましょう。

急速加熱できるかで選ぶ

シートヒーターの性能を左右する急速加熱の機能についてですが、この機能が付いているシートヒーターは、すぐに座席を温めることができるので、付いていると嬉しい機能と言えます。温めるのが早いシートヒーターであれば、10秒間ほどで50度ほどに温度上昇するので、非常に早く温まります。

 

車の暖房はエンジンをかけてから、使えるようになるまで結構な時間を要しますが、シートヒーターの急速加熱の機能が付いていると、オープンカーなどでもすぐに快適なドライブを開始することができるメリットがあると言えます。

 

ランキング内でも急速加熱を行うことができるシートヒーターをご紹介しているので、参考にしてみましょう。

クッション性で選ぶ

シートヒーターを選ぶ際に大切なポイントがあるとすると、シートヒーターのクッション性で選ぶことが大切と言えます。純正シートでは少し納得いかない方であれば、シートヒーターのクッション性を重視することによって、暖かさも柔らかさも獲得することができます。

 

クッション性があることによって、座席に長時間座って運転しても、疲れが蓄積されにくくなるので、体の負担を少なくすることが可能になります。なので、体の負担を少し減らしたい方もクッション性で選ぶことが大切なポイントと言えるでしょう。

 

長距離ドライブをよく行う方であれば、必須項目である選び方と言えますので、参考にしてみてくださいね。

シートヒーターの安全性能で選ぶ

シートヒーターには加熱を行うチューブが入っており、発熱を行う仕組みになっているので、安全性能の高さは大切と言えます。温度調節できる製品であれば、なるべく温度を下げることによって対策を打つことができます。

 

しかし、温度調節ができない製品の中で、長時間使用すると製品に負担がかかるものもあります。そんな場合に、できる限り自動で電源がオフになるものや、調整を自分で行ってくれるシートヒーターが安全性が高いと言えます。

シートヒーターの温め時間で選ぶ

シートヒーターを選ぶ際に大切な項目として、温め時間で選ぶことが大切と言えます。温め時間は、シートヒーターの性能に直結するものであり、早く温めることができれば、冬場の寒い時期でもすぐに座席を温めることができるメリットがあります。

 

なので、シートヒーターを選ぶ際は、できる限り温め時間の早い製品を選ぶようにしましょう。それらによって、冬場の寒い時期でも暖房が効き出す前から、快適な暖かさを実感することができます。なので、冬場の最初の寒さを解決できるようになるメリットがあります。

 

シートヒーターを選ぶ際は、温めの時間を調べておくことによって、その製品の性能の高さを調べることができると言って良いでしょう。できる限り、早く温めてくれるシートヒーターがおすすめと言えます。

シートヒーターの温度調節機能で選ぶ

シートヒーターを選ぶ際に大切な項目として、温度調節機能が付いているかで選ぶのもおすすめです。温度調節機能が付いていることによって、自分の最適な温度に調節することができるメリットがあります。

 

それらによって、暑すぎ寒すぎないという環境を作り出すことができます。なので、温度調節機能が付いているシートヒーターを選ぶことがポイントと言えます。シートヒーターのオンオフで調整するよりも、温度調整ができると丁度いい温度を維持することができるメリットもあります。

 

温度調節機能が付いていることによって、車の暖房に頼ることなく体を効率的に温めることができ、長距離ドライブを行なっても体に負担をかけることなく、あなたの体を守ってくれます。

シートヒーターが水洗いできるかで選ぶ

シートヒーターの中には、水洗いに対応している製品もあります。防水性能の高いシートヒーターとなるので、水洗いが可能になっております。電気を取り扱うシートヒーターですが、水洗いができるので、汚れがついても簡単に綺麗にできるメリットがあります。

 

お子様の利用が考えられる場合や、汚れが付いた時に簡単に綺麗にしやすいシートヒーターが良いという方は、手洗い可能なシートヒーターをおすすめします。

価格で選ぶ

シートヒーターを選ぶ際に価格で選ぶという選択があります。できる限りシートヒーターとしての性能を求めたい方は、高価なシートヒーターを購入することによって、より早く温めることができたり、温度調整を行えるシートヒーターがあります。

 

ある程度温められたら十分だと思う方は、価格の安いシートヒーターを選ぶことによって、リーズナブルにシートヒーターのメリットを得ることができます。

給電方法で選ぶ

シートヒーターの電源の取り出し方のほとんどは、シガーソケットより給電を行う製品が多いので、選び方であまり気にする必要はありません。しかし、中にはヒューズボックスなどから給電が必要な製品もあるので、給電方法も購入前に一度確認しておきましょう。

シートヒーター人気おすすめランキング10選

それではシートヒーター人気おすすめランキング10選をご紹介していきます。上記の選び方を参考にしつつ、自分の用途に合ったシートヒーターを探してみましょう。Amazonレビューなどを参考にすることによって、より明確に選ぶことができるでしょう。

第10位

KINGLETING

KINGLETING 12 V インテリジェント温度調節自動車用加熱マット(シングル,ブラック

価格:4,250円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

電源offを自動的にしてくれる機能付き

こちらのシートヒーターは、冬の寒い日であっても暖かいドライブ環境を提供してくれます。良くあるシートヒーターの問題として、自動車を降りる際に電源オフをすることを忘れたりすることがあります。ですが、こちらのシートヒーターは、タイマータイムオフ機能が搭載されているので解決されています。

 

他にも、安全性能としてシガーライターの短絡保護機能を搭載していたり、高温自動遮断機能などを搭載しているので、安全性能がとても高いシートヒーターとなっております。加熱する電気製品であることから、安心できるのもおすすめな理由です。

 

安全性能の高さと、タイマータイムオフ機能が搭載されている製品であり、非常に安全性能が高いシートヒーターになっております。安全性能を重視したい方におすすめなシートヒーターと言えます。満遍なく座席を温めてくれるシートヒーターであることもおすすめな理由と言えます。

温め時間2分間温度調整あり
第9位

steman--net

steman--net 超高品質ダイヤモンドカシミア暖房クッション 水洗い可の自動車座席シートヒーター 

価格:2,999円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

クッション性を確保した、特殊なヒューズ搭載で長時間使用できる

こちらのシートヒーターは、加熱クッションという構造になっていて、遠赤外線加熱抵抗線を利用しており、効率的な温めを実現しています。対策として、擦り傷を防止したり、腐食防止をしたりできるので、長持ちしやすいシートヒーターと言えます。

 

安全性能も非常に高く、難燃性耐熱プラグを採用しており、特殊なヒューズを内蔵しているので、いきなり止まったりする問題がなく、長時間使用することが可能です。3分間で急速温めを可能としている急速加熱機能は、冬の寒さをすぐに解決できます

 

クッション性についても非常に高く、通気性や耐摩耗性にも優れているので、長い間快適なドライブ環境を実現できます。取り付けについてもシートに引くタイプなので、ほとんどの車種に適応可能です。安全性能の高いシートヒーターであり、急速加熱ができる優れものです。

温め時間急速と記載温度調整あり
第8位

KYU

KYU 加熱クッション ホットカーシート 12 V インテリジェント温度調節 過熱保護 薄型 自動車用加熱マット

価格:7,499円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

95%の車種に対応しているシートヒーター

こちらのシートヒーターは、発熱材質の安全性を重視しており、アウディ車系元車座席加熱糸を使用しています。これらによって、温度上昇速度が速い、耐熱性に優れて、耐摩耗強度も高い品質の高いシートヒーターになっております。

 

温度調節についても、30〜60度に自由自在に調節が可能であり、3度ごとに温度を制御できるのも大きなメリットです。自分のお好みの温度に調節できるので、温めすぎを予防してくれます。電源を入れ直しても温度はそのままなので、いちいち調整する必要もありません。

 

サーマルサーモスタットを採用しており、規定以上の65度などの高温になると、自動的に電源を切る安全装置も付いております。加熱シートについては、防水材料を使用しているので、水洗い、クリーニングを行うことも可能です。多くの車種に対応しているメリットが大きいと言えます。

温め時間記載なし温度調整あり
第7位

クラッツィオ

クラッツィオ シートヒーター 2席分 コードレスリモコン 12V車用 フロント 後付け

価格:9,908円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2席用のシートヒーター付きで便利

こちらのシートヒーターは、安全性能を重視しているモデルであり、高温設定が8分すぎると自動的に中温に切り替える機能なども搭載しています。低音やけど防止などを行う機能や、60分連続作動すると自動で電源オフになる機能なども搭載しています。

 

加熱を行うヒーターワイヤーには、112本のコンポジットファイバーを搭載しており、25,000回の90度の折り曲げテストなどにもクリアしている頑丈な材料をしています。なので、長期間使っても故障したりすることが無く、長持ちするシートヒーターと言えます。

 

メリットとしてこちらのシートヒーターの製品は2席用用意されているので、一つ購入するだけで、運転席も助手席もシートを温めることが可能になっております。2つ購入する必要が無く、運転席だけで良いという方も予備で持っておくことができるので、便利な製品と言えます。

温め時間記載なし温度調整あり
第6位

KJshop

KJshop ホットカーシート 12V 座席ヒートクッション シートヒーター 車載 防寒

価格:1,160円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

滑り止め素材付きで、しっかりと体を温めることができる

こちらのシートヒーターは滑り止め素材を採用しているので、長時間の運転をしてもずれることが無いので、快適な運転を可能としています。装着についてもとても簡単になっているので、楽々取り付けが可能です。

 

快適さと程よい暖かさが魅力的なシートヒーターであり、二段階温度調整が可能になっております。ハイとローの二段階の温度調節が可能なので、自分の良いと思った温度に調節できるメリットがあります。

 

寒い季節のドライブをより快適にしてくれるシートヒーターですが、車でも使用以外にも、家での使用も可能になっております。オフィスの座席にも使用できるので、幅広い使い方ができるメリットがあります。車だけの使用に限らないのもおすすめな理由と言えます。

温め時間3分程度温度調整あり
第5位

Aoomiya

Aoomiya ホットカーシート 車 12V カーヒーター 4段階温度調整 10秒速暖 ぽかぽか

価格:2,999円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

約1分間でポカポカしてくる急速あたためが魅力的

こちらのシートヒーターのメリットは、加熱を行う面積がとても広いことです。熱を効率よく広げることができるように合金ワイヤーを使用しています。座面、腰面などにヒーターを採用しているので、寒い日であっても体全体を温めようとしてくれます。

 

10秒で温度を上げようとし、1分ほどで暖かくなる急速な温度上昇機能は、運転を始める際の寒さを和らげてくれるでしょう。手触りの良いふわふわとしたクッション性も素晴らしいと人気です。電源を切ったとしても長時間温度を維持する保温性も高い製品です。

 

温度については、四段階の温度調節が可能となっておりまして、車内の温度に合わせて自由自在に温度を調節することができます。お手元のスイッチ一つで簡単に調節できる手軽さであり、エアコンを使用するよりも乾燥を抑えることができるメリットも大きいです。

 

安全性能も高く、加熱防止装置も内臓しているので、仮眠時などにも安心して使用することができるようになっております。シートヒーターの裏地には滑り止めを採用しているので、ずれる心配も少なく、快適で安全な運転をサポートしてくれます。

温め時間1分温度調節あり
第4位

SUPTEMPO

カーシート マッサージ 恒熱ヒーター 冷風送風機能搭載 シートクッション カーエアーシート

価格:0円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ヒーターと冷風扇風機付きで、季節問わずに使える

こちらのシートヒーターは、温めることはもちろん、夏場のムレまで解消してくれるシートヒーターとなっております。シートクッションの部分には冷風扇風機を備えており、お尻から背中まで風を通すことができるようになっております。

 

風量も調節が可能となっておりまして、快適な環境を季節問わずに作り出してくれます。動作音もほとんどしないモデルとなっているので、静かなドライブ空間を実現できます。ヒーターについてもボタンを押すだけで、30秒間で55度に到達することが可能です。

 

安全性能も高く安全装置が付いているので、安心して利用することができます。魅力的な部分としてマッサージ機能も搭載しているので、快適な環境を実現しながら、体のマッサージまで行ってくれるので、他のシートヒーターよりもポイントが高いと言えます。

温め時間30秒温度調節なし
第3位

Panasony

Panasony(パナソニ) 12V/24V兼用 シートヒーター ホットカーシート 車 カーヒーター 3段階温度調節 10秒速暖 ぽかぽか ベルベット 高級

価格:2,899円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

10秒で温めることができる高性能シートヒーター

ヒーターボタンを押すだけですぐに温めてくれるシートヒーターであり、そのスピードがランキング内でもトップクラスになっています約10秒間で座席を温めてくれるので、寒い季節の冷えた座席が一瞬で温められるので、快適な環境を実現できると言えます。

 

他にもクッション性の良さ、滑り止めのついているシートカバーなので、運転をしていても安定した接地感を獲得できます。なので。安心して運転に集中することが可能です。非常におしゃれなベルベットの生地などを利用しているので、通気性も良くムレにくいです。

 

遠赤外線加熱技術を搭載しており、あらゆる劣化要因からシートヒーターを守ることができるので、長期間安心して利用することができます。シートヒーターの温度調節も三段階行える仕組みになっているので、自分に合った温度調節ができ、ストレスフリーな運転を行うことができるでしょう。

温め時間10秒温度調節あり
第2位

TARO WORKS

[TARO WORKS] 高級ベルベット地 シガーソケット ホットカーシート 12V車用 ブラック

価格:2,480円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

どんな車でもらくらく取り付け可能

こちらのシートヒーターは、どんな車でも圧倒的な簡単に取り付けることができるように製造されたモデルです。他にも高級ベルベットを採用しており、クッション性も高く、ふわふわとした肌触りがとても人気となっております。

 

シガーソケットにはめ込むだけで、シートを温めてくれるので、ワンタッチでポカポカスタートが可能です。温度調節についてもハイとローで調整を行うことができ、エアコンの使用を控えることによって、湿度を一定に保つことができて、乾燥から肌を守ることができます。

 

車の乗り始めた際の冷たいシートをぽかぽかに温めてくれるので、冬場の車の運転がいつもより快適になること間違いなしです。取り付けもワンタッチのイメージなので、すぐに座席に取り付けることが可能です。この手軽さはこの製品の魅力と言えるでしょう。

温め時間記載なし温度調節あり
第1位

lucrubun

lucrubun シートヒーター 車用 カーシート 後付け 12V専用 3点止め 冬場のひんやりシートとおさらば

価格:2,780円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

しっかりとした材料で作られた暖かいシートヒーター

こちらのランキング1位のシートヒーターは、冬場の冷たいシートをすぐに温めてくれるクイックヒートを搭載しております。ほとんどの車種に適応しているオールマイティなシートヒーターとなっており、どんな車にも利用できる優れものです。

 

車中泊などの電気毛布代わりにも利用でき、安全性能も抜群なので、安心して利用することが可能です。運転席、助手席どちらでも利用できる構造になっているので、利便性も高いです。3点式のベルト構造は、しっかりとシートに固定できるので、滑りにくいメリットがあります。

 

シートヒーターの中でも、まんべんなく温めてくれるシートヒーターなので、冬場にオープンカーで走行する方にもおすすめなシートヒーターと言えます。使い方は自由自在であり、車中泊などの際にも使用できるメリットが大きいと言えます。

温め時間3分温度調節なし

まとめ

シートヒーターおすすめ人気ランキング10選をご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。選び方を参考にすることによって、シートヒーターをもっと明確に選ぶことができるようになるので、是非とも参考にしてみてくださいね。

 

自分の条件に合ったものにピントを当てることによって、より価格の安いシートヒーターを選ぶことができるようになることが多いので、Amazonレビューなども参考にしつつ選んでみましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

TOPへ