記事ID133598のサムネイル画像

【美味】オイルサーディンの缶詰おすすめ人気ランキング10選

イワシを丸ごと食べることができ、料理やおつまみとしても人気の「オイルサーディンの缶詰」。便利で美味しいですが、実はいろいろな違いがあったんです。今回はそんなオイルサーディン缶詰の選び方やおすすめ人気商品をランキング形式で紹介します。

オイルサーディンとは?

オイルサーディンとはイワシをオイル漬けにしたものを指します。獲れたてのマイワシやウルメイワシなどの小さなイワシから頭や内臓を取り除き、高濃度の塩水に軽く漬けてからオイルで煮込んで完成です。実は日本で最初に缶詰にされたのがイワシのオイル漬けと言われており、その歴史は古いのです。

 

オイルサーディンはイワシを丸ごと手軽に食べられるのが魅力。料理やお酒のおつまみとして活躍してくれます。カルシウムやビタミンDが豊富で、高い健康効果にも期待できるので積極的に摂取したい食品です。その点からいうとオイルサーディンの缶詰はとても優秀。

 

保存もきいて、手軽にイワシを丸ごと食べることができるからです。賞味期限が長い分ストックもできるので、いつでもイワシの栄養素を摂取することができます。そんな便利なオイルサーディンの缶詰ですが、実は商品によっていろいろな違いがあるんですよ。

 

今回はそんなオイルサーディン缶詰の人気おすすめ商品を、ランキング形式でまとめました。ぜひ参考にして自宅で美味しく頂いてみて下さいね。

オイルサーディン缶詰の選び方

オイルサーディン缶詰に使う「オイルの種類」から選ぶ

オイルサーディン缶詰の中にはオイルが含まれていますが、そのオイルに違いがあることはご存知でしたか?どんなオイルが使われているかによって風味や味も変わってきます。

まずは定番の「大豆油(だいずゆ)」がおすすめ

オイルサーディン缶詰によく使われるのが「大豆油」というもの。大豆油とは名前の通り大豆から抽出するオイルのことで、サラダ油やマヨネーズ、ドレッシングにも使用されています。ポーランドのキングオスカーや、ペルーのトマトコーポレーションなど外国産の商品で特にシェアが高いオイルです。

 

クセがなく食べやすいのが特徴となっています。大豆油にはコレステロールを下げる効果があるオレイン酸や人間が生きていくために必要なリノール酸が多く含まれていますが、一方で抽出方法が危険という声もあります。また外国産の大豆は遺伝子組み換え作物であるという危険性も。

 

一概に良い悪いとは言えませんが少し気になる部分でもあります。輸入品のオイルサーディン缶詰も多いため、気になる方は成分表を確認すると安心でしょう。

 

 

高級感を求めるなら「綿実油(めんじつゆ)」がおすすめ

綿実油とは綿の種子から抽出したオイルで、風味がよく雑味が少ないのが特徴です。アジア諸国ではピーナッツ油に続く三大食用油の1つと言われています。大豆油に比べて高価なので、高級缶詰で有名な京都の竹中缶詰や明治屋のおいしい缶詰シリーズで使われています。

 

さらっとした綿実油は驚くほどあっさりしており、上品な味を楽しむことができますよ。オイルをそのまま料理に使っても美味しく食べることができます。

イタリアンが好きなら「オリーブオイル」がおすすめ

健康志向の方にも人気で、日本の食卓でもすっかりおなじみの「オリーブオイル」。実は大きく分けて2種類あります。1つ目はオリーブの実を絞った1番搾りの「バージンオリーブオイル」。2つ目は精製オリーブオイルとバージンオリーブオイルをブレンドした「オリーブオイル」です。

 

オイルサーディンの缶詰に使われているのは、「オリーブオイル」の方でしょう。バージンオリーブオイルと比べ味や香りが控えめなのが特徴です。そんなオリーブオイルで作られたオイルサーディン缶詰はイタリアン料理にピッタリ。

 

パスタやバゲットとの相性がバッチリで、ワインと合わせるとさらに良く合います。イタリアンやワインが好きな方におすすめの缶詰でしょう。

 

 

珍しさなら「米油(こめゆ)」がおすすめ

米油とは日本人が日常的に食べているような白米から作られているのではなく、玄米から白米に精米をする時にできる「米ぬか」を使って作られている食用油です。米ぬかは玄米の表面や成長し芽となる部分が含まれていて、その中には油の成分も20%ほど含まれているのです。

 

そんな米油から作られたオイルサーディンの缶詰は珍しく、例を挙げるとマルハニチロの商品から出ています。こちらは軽い食感が特徴で、小さな子供でも食べやすく作られています。

 

 

「イワシの原産地」からオイルサーディン缶詰を選ぶ

オイルサーディンの缶詰にはいろいろな原産地の商品があります。それぞれの場所によって違った美味しさを味わうことができるのが魅力です。国産の場合は、イワシが大小様々な大きさで入っていることが多いです。国産と言うだけで安心感を感じますね。

 

ホームページで詳しく成分を説明している商品もありますので、そういった点で気になる方は国産品を選ぶと安心でしょう。また外国産の場合ですと、キングオスカーが使用しているノルウェー産のイワシは非常に小ぶりで身が柔らかいので、国産のイワシとはまた違った味わいが楽しめます。

 

コネタブルが使用しているフランス産のイワシは身が大ぶりで食べ応えがあり、こちらも国産とは一味違った食感です。いろいろな国のオイルサーディンの缶詰を食べて、それぞれ違った美味しさを楽しむのも良さそうです。

オイルサーディン缶詰の「価格」から選ぶ

オイルサーディン缶詰には、安価な物から高級なものまで様々な価格帯のものがあります。プレミアム缶詰ブームもあったこともあり、その幅は一層広くなっているようです。安いものですと100~200円前後。一般的なもので300円前後。高級な物で500円前後となっています。

 

コスパを求めるか、味を求めるかなど自分が何を重視したいかで選ぶと良いでしょう。日常的に食べる場合はコスパが高い商品を。月に一度贅沢したいときや来客時のオードブルには高級な商品をと用途に合わせて使い分けるのも良い方法です。

オイルサーディン缶詰の「食べ方」で選ぶ

オイルサーディン缶詰はアレンジが自由自在。料理に使ったり、缶ごと調理したりといろいろな方法があります。

缶ごと調理(洗い物が減っておすすめ)

缶を開けてお皿に移して食べるのも良いですが、一人の時やキャンプの時などは缶から直接食べた方が洗い物もでず楽ちんです。そのまま食べるのではなく温めるのがおすすめ。魚焼き網やオーブントースターを使ったやり方があります。

 

蓋を開けたオイルサーディン缶詰に、薄く切った玉ねぎやチーズをのせるとさらに美味しく仕上げることができますよ。ニンニクや鷹の爪を散らすと簡単アヒージョにもなります。ですが調理する際には缶に直火をあてないことが大切。オーブントースターや魚焼き網で調理する際にも缶がとても熱くなりますので火傷しないように注意してください。

食材と合わせて調理

缶ごと調理する以外にも、食材と合わせておしゃれな料理を作ることもできます。いろいろなレシピがありますがおすすめはパスタではないでしょうか。オイルサーディンと玉ねぎ、ニンニクを一緒に炒めて、茹でたパスタと合わせるだけでとても美味しく仕上がります。

 

ペペロンチーノやトマトソースと和えても良いでしょう。他にもアヒージョやカナッペ、サラダ、サンドイッチ、丼ぶりなど自由にアレンジが可能です。いろいろ試してみて、オリジナルのレシピを見つけてみてはいかがでしょうか。

オイルサーディン缶詰の「効果・効能」で選ぶ

美味しいだけではなく、イワシだからこそある豊富な栄養素にも注目しましょう。じつはオイルサーディンの缶詰を食べることで美容や健康にも効果があるんですよ。

認知症予防におすすめ

イワシに含まれるEPAやDHAには動脈硬化・脳梗塞予防・心筋梗塞予防・高血圧予防・がん予防・骨粗しょう症予防などといった病気の予防に役立つと言われており、血流関係や骨の予防に大きく貢献してくれると言われています。

 

特にDHAは脳内の記憶や学習部分に大きく関わりがあるため、DHAを多く含むイワシには認知症予防効果が期待できるとされているのです。

育毛効果におすすめ

髪の成長、育毛にはアミノ酸の1つシステインが必要です。システインは老化を抑制する効果作用が含まれており、その原料となるのがメチオニンです。メチオニンはたっぷりイワシに含まれていることから髪に良いとされています。

 

またいわしには核酸や亜鉛、DHA、EPAなども含まれますが、髪の成長を整えるコラーゲンを作るビタミンCは含まれていません。そのためビタミンCを補うメニューにするとさらに良いでしょう。

 

ただしすぐに効果が出るというわけではありません。長く食べ続けることが大切となってきます。オイルサーディンの缶詰は100g中、約1.4gの塩分が含まれていますので、食べ過ぎて塩分過多にならないように注意しましょう。

美肌効果におすすめ

イワシには肌の構築にも関わるビタミンB群がとても豊富。さらにコエンザイムQ10も含まれていることからパサつきのない美肌に近づけることができます。ですが忙しい方はいちいちイワシをさばいて調理している暇なんてありませんよね。

 

そんな時に便利なのがオイルサーディンの缶詰なのです。蓋を開けるだけですぐに食べることができるので、忙しくて肌の手入れがおろそかになっている方でも簡単に栄養素を摂取することができます。上手く使ってスマートな美肌生活を送りましょう。

オイルサーディン缶詰の人気ランキング10選

10位 国分 『K&K 缶つまP オイルサーディン 』

価格:614円(税込)

人気の缶つまシリーズ

国産で良質なカタクチイワシを、塩とギリシャ産のコロネイキ種100%のエキストラバージンオリーブオイル仕上げた逸品です。K&Kと言えば、プレミアム缶詰ブームの火付け役としても有名なブランドで、見たことがある方も多いのではないでしょうか。

 

高級缶詰とも知られており、なかなか手が出せない商品かもしれません。ですがおつまみに最適でお酒にピッタリ。自分へのご褒美として購入してみてはいかがでしょうか。レビューでは意外にオイルの香りが薄く、さっぱり食べられるそうです。こってりが好きな方には少し物足りないとありました。

内容量105g原産国日本
油の種類緒EVX.オリーブオイル原材料いわし・オリーブ油・食塩

9位 ヴィボン 『 EXV.オリーブオイル使用オイル・サーディン 』

価格:616円(税込)

国内で水揚げされた小イワシを国内で加工した安心の商品

国産の小イワシを使い、オリーブオイル以外全て国産にこだわった商品です。もちろん加工も国内。イワシの頭部を除去し、バキュームにより内臓も完全に除去した上に製造者独自の熱風乾燥を行うので、生臭さが全く残りません。

 

使用しているオイルは高品質のEXV.オリーブオイルで、化学調味料などの添加物は一切使用していません。安心安全にこだわった商品となっています。レビューではイワシが小さめで食べやすく、魚嫌いな方でも美味しく食べることができる味とのことでした。中の身もキレイに同じ大きさに揃って入っているそうです。

内容量105g原産国日本
油の種類EXV.オリーブオイル原材料いわし(国産)・食用オリーブオイル(ギリシャ又はイタリア又はスペイン産)・食塩(国産)・月桂樹の葉(国産)

8位 竹中缶詰株式会社 『天の橋立オイルサーディン』

価格:2430円(税込)

京都丹後近海で獲れた新鮮な真いわし

テレビでも紹介されたこともある話題のオイルサーディン。京都丹後の近海で獲れた新鮮な真いわしを使用して作られています。綿実油で漬けてあり、さらに月桂樹の葉を効かせることであっさりとしたコクのある味に仕上がっています。

 

オイルサーディンの缶詰の中では価格が高めで、高級感のある逸品です。1つ1つ丁寧に手作業で製造している安心の国産です。レビューを参考にすると、さらっとしたオイルでイワシがとてもキレイ。塩が効きすぎているということもなく美味しく頂くことができるようです。

内容量105g×5個原産国日本
油の種類綿実油原材料真いわし・綿実油・食塩・月桂樹の葉

7位 都光酒販 『スモークオイルサーディン 瓶 』

価格:537円(税込)

瓶入りタイプのオイルサーディン

ラトビアのリガ港で水揚げされた鮮度の良いイワシを使用しています。燻製にしたものを油で漬けているのでお酒のお供にもピッタリ。おつまみとして、前菜としても美味しく食べることができますよ。

 

レビューではスモーク風味が効いててお酒にすごく合うとのこと。そのままでも美味しいですがひと工夫すればさらに美味しく仕上がるそうです。ぎっしり詰まっているので長く楽しめることができます。

内容量270g原産国ラトビア
油の種類食用なたね油原材料燻製いわし・食用なたね油・食塩

6位 はごろもフーズ 『オイルサーディン ゴルゴ13Ver. 』

価格:1226円(税込)

見た目のデザインがインパクト大

「はごろも&キングオスカー オイルサーディン」と「ゴルゴ13」がコラボしたオリジナルパッケージが魅力的のオイルサーディンです。漫画好きにはたまらない商品でしょう。3位で紹介しているものとは違い、こちらは大豆油で漬けてあるのが特徴です。

 

ネットでは特設サイトが設けられており、オリジナルレシピが公開中。様々なお酒に合う簡単美味しいレシピが紹介されています。見た目もさることながら味の方もバッチリ。レビューでは美味しくてリピート買いする方も多いです。魚が柔らかく食べやすい大きさとのことでした。

 

内容量105g×4個原産国ポーランド
油の種類大豆油原材料いわし・大豆油・食塩

5位 信田缶詰 『 いわし油漬唐辛子入』

価格:5130円(税込)

辛みがアクセント。唐辛子入り

マイワシを紅花油で油漬けし、唐辛子を入れて辛みのアクセントを出したオイルサーディンです。オイルサーディンに唐辛子を加えることでクセを最大限になくし、食べやすく仕上げました。

 

あっさりツナ缶のような風味で、ピリ辛が後を引く美味しさです。サラダやピザ、パスタとしてアレンジしても美味しいでしょう。レビューではどんな食べ方をしても合うと高評価でした。ただし辛みに弱い方にはあまり向いていない商品のようです。

内容量100g×30缶原産国日本
油の種類紅化油原材料いわし・紅化油・食塩・唐辛子

4位 竹中罐詰 『竹中罐詰オイルサーディン』

価格:2200円(税込)

京都丹後で獲れた極上のイワシを、綿実油で漬けて作っています。月桂樹の葉の香りを効かせた高級感あふれる逸品です。缶詰はレトロなデザインが特徴。缶詰のまま食べても見た目で楽しめることができますよ。

 

片口イワシではなく普通のイワシを使用しているためその分価格は安くなっています。レビューを参考にすると日本の手作り感が感じられる商品とありました。アレンジしても美味しく頂くことができるそうです。

1つ1つ手作業で製造された自慢の一品

内容量105g×5個原産国日本
油の種類綿実油原材料イワシ・綿実油・食塩・月桂樹の葉

3位 はごろもフーズ 『キングオスカー オリーブオイルサーディン』

価格:335円(税込)

スモークし、オリーブオイルで漬けられたこだわりの逸品

カタクチイワシよりも小型なブリスロング種を使用したオイルサーディンです。身が柔らかく、国産にはない食感を楽しむことができます。樫の木のチップでスモークし、イタリアンと相性が良いオリーブ油で油漬けされました。

 

キングオスカーとはスウェーデン国王に認められたオイルサーディンのブランドで、世界ナンバーワンの知名度を誇っています。それに対しコストパフォーマンスのバランスが良いのが特徴なので、気軽に楽しむことができますよ。

 

レビューでは塩気も強すぎず味は良いのですが、柔らかすぎるというコメントがありました。好みによっては好き嫌いが分かれそうです。

 

内容量105g原産国ノルウェー・ポーランド
油の種類オリーブ油原材料いわし・オリーブ油・食塩

2位 マルハニチロ食品 『オイルサーディン(米油)』

価格:1183円(税込)

さらりと軽い米油使用。あっさりして食べやすい

缶詰メーカーとして有名なマルハニチロ食品のオイルサーディンです。さらりと軽い米油を使用しているので料理に使ってもあっさりした感じに仕上がります。子供やこってりした感じが苦手な方にはちょうど良いでしょう。

 

クセがないのでおつまみとしては物足りなさを感じてしまうかもしれませんが、料理にアレンジしやすくサラダのドレッシングやつみれなどにおすすめです。幅広く活用できるためアレンジしたい方にはおすすめの商品です。

 

レビューを参考にするとイワシが大きく太いそうです。大人のイワシが2匹入っているとありました。料理に使っても身崩れしないので存在感があります。

内容量100g×6個原産国日本
油の種類米油原材料いわし・米油・食塩

1位 トマトコーポレーション 『肴缶 スモークオイルサーディン(ラトビア産) 』

価格:1067円(税込)

スモークの香りがたまらない!スモークオイルサーディン

天然木を使用してじっくり香ばしく燻製されたオイルサーディンです。お酒のおつまみにピッタリで、缶詰でありながら優雅な自宅飲みを体感することができます。またパスタやカナッペにアレンジすれば特徴的なスモークの香りが料理に加わり、さらに美味しく仕上げることができますよ。

 

スモークチーズやブルーチーズ、酒盗など少しクセのあるおつまみが好きな方にはピッタリの商品です。レビューを参考にすると、値段が安価なのに小さめのイワシがギッシリ詰まっているそうです。一般的な5~6尾の倍の量が詰まっているそうなのでコスパが高い商品と言えます。イワシ臭さもなくスモークと言うだけあって香ばしいとありました。

内容量100g×6個原産国ラトビア
油の種類食用なたね油原材料小イワシ・食用なたね油、食塩

まとめ

おつまみやアレンジ料理として幅広く利用することができるオイルサーディン。一口にオイルサーディンと言っても、油の種類や価格など個性豊かでしたね。同じいわしでもいろいろな風味や味を楽しめることができるので、飽きがこなさそうです。ぜひ自分好みの一品を探して楽しんでくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ