記事ID133596のサムネイル画像

【一目でわかる!】ソフトテニスのラケットの選び方とおすすめ10選

硬式テニスだとボールが重くラケットが振りづらい人におすすめなのがソフトテニスです。ゴムボールなので打つときの負担も少ないです。ソフトテニスのラケットには【前衛用】と【後衛用】【Wフォワード用】とあります。どのラケットおすすめなのか分かりやすくご紹介します。

ソフトテニスとはどんなスポーツ?

ソフトテニスとはネットを挟んでボールをラケットを使って相手のコートに打ち返し、ノーバウンド又はワンバウンドでボールを打ち返すという競技です。ルールは硬式テニスとほとんど変わりません。

 

硬式はラケットが重く、ソフトテニスはボールがゴムで軽いし、ラケットも軽いので自分の力で調整ができます。ポイントの違いについては、軟式は0.1.2.3と数えるのに対して硬式は0【ラブ】15【フィフティーン】30【サーティーン】とカウントしていきます

 

硬式よりもソフトテニスの方が初めてラケットを使う人にとっては、とてもやりやすいスポーツなんです。いざソフトテニスを始めるに当たって大事なのはラケットですので、どのようにしてラケットを選んでいけばいいのかご紹介します。

ソフトテニスラケットの選び方

ソフトテニスラケットの選び方について様々な観点からご紹介します。

ブランドで選ぶ

ソフトテニスといえばここのメーカというブランドを買うときの選び方をご紹介します。

ヨネックス

テニスの有名メーカーで公式にも使われているのでメーカーとして安心できるラケットです。ヨネックスは基本的に面が小さいものが多いです。そのためあまり後衛用は少なくどちらかというとWフォワードや、前衛用に適しています。面が小さいのでストロークを極めたい人にとてもおすすめです。

 

利用する人は初心者からも使えますが、値段が上がるごとに機能も増えてきてバリエーションが豊富になるので中級~上級者向けが主になってきます。

 

ヨネックスはストローク重視というところで振り抜きを何よりも強化しているラケットが多いので、強い玉を極めたい人は是非ヨネックスを使ってみてください。

ミズノ

ミズノも王道のメーカーです。こちらも振り抜きを重視してますが、打つときにの力を極力、玉に集中するようにしたり、相手からの玉の威力を抑えてくれる機能に優れています。強い玉もそうですが、相手が取れないようなずっしりとした重い玉を打ち返したい人におすすめです。

 

バランスも良いので、守りにも適しているので、前衛にとっては抑えておきたいメーカーです。また、グリップもその人の持ちやすさに合わせて購入時に調整をしてくれるので、ラケット部分だけではなく、グリップなどサイドのパーツにも配慮してくれるので

 

初心者から中級者におすすめです。また、安定性がいいことからラリーを長く続けたい人にもおすすめです。

ゴーセン

ゴーセンはラケットを作るときのガットにとてもこだわりがある会社です。パワーヒッターからショット・ツイスト用など多種多様のガットを用意しています。ラケット本体の機能も軽量で、スイングがとてもしやすく手に負担をかけない構造になっています。

 

初心者にとてもおすすめで、なによりも軽くて振り抜きがしやすいのでラケットにもし悩んだらゴーセンを使ってみてください。反発力に優れているので、まだあまり上手にラケットを振ることが出来ない人でも、相手コートにボールを返せるようになります。

 

初心者と書きましたが、ドライブ機能にも優れているので、中級者からガットにこだわりながらソフトテニスに励みたい方にもおすすめです。

素材で選ぶ

テニスラケットに使われる素材で振りぬきやプレーに必要な物が変わってきます。どれが自分にとってプラスになってくれるのか見ていきましょう。

アルミ性

素材にも色々ありますが、初心者は是非アルミ性を使ってみてください。上手く打ってみたかったり強い玉を打ちたくてどうしてもホームランになりがちな人は軽いアルミ性がおすすめです。

 

耐久性も高く、ラケットの淵が割れづらいのが特徴的です。初めのうちは慣れないことからラケットにも負担が掛かりやすいので耐久性がないとすぐに交換になってしまいます。ホームランになりがちな負担を軽減し、コートにちゃんとボールを打ち返せるようにもなっています。

 

初心者だけど力には自信がある人はアルミをおすすめします。アルミは丈夫なので間違って地面に当たったり擦ったりしてもすぐには壊れません。

カーボン性

アルミ性に比べてカーボン性は操作性に優れており、まだ上手にホールを飛ばす力を調節できない人にとてもおすすめです。反発性にカーボンは優れているので少しの力でも相手コートにボールを飛ばすことが可能です。

 

初めてラケットに触れる人におすすめです。軽量というよりかは機能性を重視しているので、値段は少し張りますが、初めてのスポーツに手を抜きたくなくて、上達していきたい人は是非カーボンが良いです。

 

ちゃんとバランスよく重さを作っている為、肘や腕に掛かる負担も軽減する作りになっています。ですので安定さは抜群です。

値段で選ぶ

値段によって機能や使いやすさがどうなるかをご紹介します。

~5000円

あまりお金を掛けずに気楽にテニスを始めたい人におすすめです。中級者以降になると物足りなくなってきますが、レジャーなどでラリーを楽しむ程度の機能は備わっているので気楽にソフトテニスを楽しむ人が良いでしょう。

 

安いからといっていけないことはなく、初心者用で持ち運びやすいように軽量にできていて、壊れにくいようになっているので長く愛用できます。ガットも最初からついているものがほとんどです。

 

少しずつ上達していって安いラケットに不満を持ったらガットやグリップを変えていくことで長く長く重宝できるでしょう。

5000円~1万円

この金額になるとアルミ性よりカーボン性が多いです。アルミ性もいいのですが、スイングが強くなってくると少し重いように感じ、中には負担に感じる人もいるので、機能を重視してくるカーボン素材がよくなってきます。

 

シャフト部分にも薄さや厚さなどこだわりを持ったラケットが出てくるのと、グリップにも持ちやすさや覚えやすさを重視したラケットが多いので、より早く上達したい人におすすめです。

 

初心者からでも大丈夫ですが、遊び程度だと値段も上がるし、中にはヘッドとグリップで重さが違うものもあるので、中級者以降の人にとっては嬉しい要素がいっぱいです。

1万~

万単位になると初心者やこれから始めたり気楽にやりたい人にとっては手がなかなか出ないなんてこともあります。ちゃんと値段に意味はあり、一つは新型になればなるほど金額があがります。公式だと更にあがることも。

 

その変わりプロ使用に近いようになっているので機能性や反発力・振りぬきの加減・グリップのこだわりなどプレーヤーが多種多様にできるようになっています。どんなポジションでも使える優れものです。

 

試合の際に凝ったプレーや沢山試合をこなしていく中級上級者向けになっています。最初から高いラケットを購入するのもいいですが、合わなくて損したとならないようにお店の人に相談したり、試し打ちを必ずしましょう。

ソフトテニスラケットおすすめランキング10選

第10位

ヨネックス(YONEX)

ヨネックス(YONEX) ソフトテニス 入門用ADX02ライト

価格:4,928円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

初心者ならヨネックス。使いやすいラケット間違いなし!

テニスといえばヨネックスというほど有名なメーカーから出ているソフトテニス用のラケットです。前衛後衛とどちらも使えるので、これから始める人にとってはとても使いやすいし、そのまま前衛用としても使えるのでとても便利です。

 

素材がアルミで出来ているので重くなく軽量になっています。また、有名メーカーというのもあって安心感もあります。グリップも初心者には握りやすいグリップになっていますのでグリップを単体で買って巻く必要がありません。

 

スイングがしやすいソフトテニス用ラケットですので、持ち運びも楽で旅行にも持っていけます。

フレームサイズ90inchi2全長680~690mm
第9位

ミズノ(MIZUNO)

ミズノ(MIZUNO) ソフトテニスラケットTECHNIX200

価格:6,599円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

使いやすさとハンモックグリップで素早く習得

ミズノも有名なラケットメーカーです。こちらは元々ついているハンモックグリップというのが特徴的で、グリップの角度がとても分かりやすく、面の出し方を早く習得できるようになっています。

 

強い玉を打ちたいときに、インパクトを集中し、強い玉を繰り出すことができる優れものです。グリップも色が選べるので自分好みのラケットにできます。

 

そしてシャフトが薄いにも関わらず、しなりが向上しやすいので、前衛にとって一押しのラケットです。強い玉が飛んできても上手に返せるラケットになっています。

フレームサイズ95inchi全長690mm
第8位

ヨネックス(YONEX)

ヨネックス(YONEX) ソフトテニスパワー200XF

価格:6,600円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

強い玉を打ちたい人におすすめなラケット

名前の通りパワーのある玉をだしやすいソフトテニスラケットになっています。軽量で初心者でも持ちやすく、まだ上手に玉を扱えないけど強い玉を打ちたい人にとてもおすすめです。

 

相手からの玉の衝撃にも強く、振動が手までほとんどいかないのでスムーズに相手に打ち返すことができて、扱いやすいです。打つときも硬いイメージなのですが、とても柔らかい玉なのに重みがあって強い玉を作れるラケットです。

 

新素材のLPCファイバーを搭載しているため、より打ちやすくなっています。是非初めてのソフトテニスラケットでヒッターを目指している方は使った見て下さい

フリーサイズ95inchi全長650mm
第7位

LITEC(ライテック)

LITEC(ライテック) ソフトテニスラケット MS140

価格:1,999円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カバーもついてお得!持ち運べる初心者用ラケット

どれを選んで良いかわからないし、この先様々なプレーをしたい入門におすすめなのはLITECのソフトテニスラケットが抜群です。上級者からしたら物足りなさを感じるかもしれませんが、これからソフトテニスを始めて長く続けてやりたい人にとっては是非使ってみてください。

 

とても軽いのと何よりもリーズナブルなところです。ラケットのインチも小さいのでラリーを続けたい後衛向けになります。前衛としても使えますが、インチが小さいので顔に当たらないように気をつけましょう。

 

色々なメーカがあって迷ったらまずLITECをおすすめしたいです。

フレームサイズ85inchi全長685mm
第6位

Kaiser(カイザー)

Kaiser(カイザー) 軟式 テニス ラケット KW-926

価格:1,745円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

初めてラケットを握るならKaiser!お子様にもおすすめ

全長が少し長いので、前衛にも後衛にも仕える多種多様なラケットです。お子様にも使えるくらい軽量なので、安心してラケットを使うことができます。あまり耳にしたことのないメーカーかもしれませんが、ちゃんと素材も丈夫なアルミを使用していて

 

すぐに壊れる心配がありません。本格的に試合などで使うには物足りないですが、旅行先でソフトテニスを楽しんだり、入門用で購入して今後はもしもラケットが壊れた時用の予備に使えるラケットです。

 

値段もリーズナブルで、お手軽にソフトテニスを始めたい人にもってこいな一品です。

フレームサイズ22×31cm全長690mm
第5位

カワサキ(KAWASAKI)

カワサキ(KAWASAKI)テニスラケット TS-2000

価格:2,440円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

公式戦でも使える手軽なエントリーモデル

一見前衛用に見えますが、なんと両方使える優れものなんです。ラケットの重さのバランスがとても良くどっちのポジションになっても快適に利用できます。公式認定をもらっているのでちゃんとしたソフトテニスの試合でも利用することができます。

 

色も何種類かあって、その人に合ったラケットになっており、軽量型やインチが小さめのストロークタイプなどあります。色合いも鮮やかで周りの目を引く注目のラケットになっています。

 

色にこだわりがあって、様々なプレーをしたい人に是非おすすめです。初心者だけでなく、上級者も使えます。

フレームサイズ85inchi全長685mm
第4位

サクライ貿易(SAKURAI)

サクライ貿易(SAKURAI) CALFLEX(カルフレックス)

価格:2,680円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

初心者もすぐに使うことが可能なラケット

インチがちょうど真ん中基準の95inchiなので両方使いができます。2本シャフトの部分が薄そうに見えますが、横からみるとしっかりしていて、玉の衝撃を軽減してくれます。強い玉にも対応できて、初心者でも試合を楽しくすることができます。

 

色は鮮やかなブルーで爽やかなラケットになっています。ガットも張っている状態でこの値段なのでとても格安です。ガットやポンド数にこだわりのある人は最初だけ使ってあとで張り替えてもらうことも可能です。

 

レジャーで使用する際にもおすすめですので、持ち運べてなおかつ性能がしっかりしているのを求めている人におすすめです。

フレームサイズ95inchi全長680mm
第3位

ヨネックス(YONEX)

ヨネックス(YONEX) エアロデューク02ライト

価格:4,989円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

マッスルなパワーを間単に発揮できるラケット

ラケットで玉を打ち返すときに軽快に返せて、軽量なのとヘッドがとても振りやすいラケットです。ボールを飛ばすことにとても優れています。反発力がとても高いので、すぐにハードヒッターやヒッターになることができます。

 

ジュニアでも使える軽さなのにボールに力を集中できるので、これから後衛やストロークを中心にやって行きたい人におすすめなラケットです。

 

上達しやすいように「プレーシフトグリップ」といってイチが分かりやすいグリップをしようしているので、打ち方や技を覚えるのも速いグリップです。

 

 

 

フレームサイズ90inchi2全長680mm~690mm
第2位

ヨネックス

ヨネックス ネクシーガ70G LIMITED

価格:16,632円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

振りづらいとは言わせない1本シャフトラケット

1本シャフトになると玉に集中させるほうが強くなり、振りづらいことが多いのですが、とても振りやすいのと、スイングがとても楽に出来てボールスピードを向上してくれます。初心者というよりかは中級~上級向けになってくるのでコンパクトなスイングをする時でも鋭い振り抜きを実現させてくれます。

 

相手からの玉のパワーの影響を受けないように高剛性断面形状という打球時のパワーをさらによくしてくれる素材や薄型形状でより振りぬきを良くしたり、カーボンを利用して玉持ちと玉のスピードを向上してくれる機能など沢山ついています。

 

そして軽量化した重量をグリップに持っていき、コントロール性を高めたラケットです。沢山の機能がついているので値段も張りますが、より良いプレーやプロになっていきたい方におすすめです。

フレームサイズ90inchi全長700mm
第1位

ヨネックス(YONEX)

ヨネックス(YONEX) ジーエスアール 9 ライトシルバー SL1 GSR9

価格:9,200円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ヨネックス史上初シングルスを追及したラケット

ソフトテニスにはシングルスはありませんが、実は最近になってソフトテニスもシングルをしたいというお声から大会などでシングルがでてきています。しかし実際はダブルスメインなので他のラケット会社が追いついていない中、大手ヨネックスからシングルス用のソフトテニスラケットがでました。

 

不十分な体制からでもちゃんとスイングができ、玉の威力を落とさずに振りぬける優れものになっています。フレーム部分とシャフト部分が今までにない新形状になっておりコントロール機能がとても優れ、スイングする際の空気抵抗を軽減することによって

 

素早い振りぬきができます。ダブルスではなく、シングルスをしたかったり大会を目指していく上級者におすすめです。

フレームサイズ90inchi全長690mm

まとめ

ソフトテニスラケットのおすすめや、試合で使えそうな技などご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?初心者はWフォワードをおすすめしますが、慣れてきたら前衛・後衛に特化して自分にしかできないプレーを極めて最高の試合にしましょう。メーカーや公式用・初心者用と値段も違いますのでご自身にあったラケットを選んでみてはいかがでしょうか?

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ