エアーマットの人気おすすめランキング20選【防災用にも】

記事ID133594のサムネイル画像

手軽に持ち運べる、エアーマット。キャンプや車中泊にも便利なアイテムです。ですが、防災用マットや、コンパクトなもの、日本製マットや、足踏み式で膨らむマットなど様々で、どれを選ぶか困りがちです。今回はエアーマットの選び方や人気商品をランキング形式でご紹介します。

エアーマットはキャンプの必需品!ストレッチや防災グッズにも

エアーマットとは、コンパクトに折りたためるのに、膨らむと弾力のあるマットになる、快眠を助ける便利なマットです。キャンプなどのアウトドアで使えるのはもちろん、部屋でストレッチをする際のマット、災害時に役立つ防災グッズとしても注目を集めています。

 

そして、エアーマットには、なんと豪華ホテルのような寝心地を、アウトドアや車中泊に持ち込める製品もあります。とはいえ、エアーマットには、防災用のもの、コンパクトなもの、日本製のもの、足踏み式のものなど種類も豊富で、どれを選ぶかお困りではありませんか。

 

そこで今回は、エアーマットの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われている方は、ぜひ参考にしてみてください。また、この記事の最後には、膨らまないエアーマットについても紹介していますので、一緒にチェックしてみてください。

エアーマットの選び方

エアーマットの機能性は進化しており、バリエーションも豊かです。今回はシーンに合わせた選び方や、どんな機能が備わっていると便利なのか詳しくご紹介します。

タイプで選ぶ

エアーマットは、タイプごとに使い勝手が異なってきます。2つのタイプをご紹介しますので、どちらが合っているか確認してみてください。

手軽で破れても使えてコンパクトな「クローズドセルマット」

クローズドセルマットは、空気を入れずにそのまま使えるマットです。コンパクトで軽くて、簡単に使える、手軽でシンプルな造りです。空気を入れる必要がないため、たとえ破れても使えるのが特徴です。アウトドアで、設営や収納を素早く行いたい人にもおすすめです。

 

しかも、表面にはアルミ加工などがされていることから、意外と温かくて、摩擦にも強いです。クローズドセルマットの収納方法には、丸めて収納するものと、折り畳んで収納するものがあります。

使い勝手が良い「インフレーターマット」

インフレーターマットとは、空気を入れて使うエアーマットです。用途は、お部屋でいつも使う用にも使えますが、アウトドア用としても活躍し、寝心地と携帯性のバランスも良く、使い勝手が良いのが特徴です。

 

インフレーターマットは、空気を入れると、それなりの厚さになるので、凸凹があるところでも寝心地が良く、寒い季節にも断熱性があるので底冷えしなくて快適です。

 

ただし、万が一破れてしまえば、空気が上手く入らなくなってしまうのがデメリットです。

シーンによって選ぶ

使用する場所が屋内なのか屋外なのか、どれほどの頻度で使うかによっても欲しいエアーマットの種類が異なります。それぞれのシーンに合ったエアーマットを見てみましょう。

キャンプやテント内で使うならエアーマットの「素材」をチェック

キャンプや登山の時に、テントを張って屋外でキャンプマットとして用いるなら、さまざまな気温や天候に対応できる素材がよいです。防水加工の施されたものや、冷感素材断熱素材のエアーマットなら、天気の変わりやすい日も安心、季節を問わず長く使えます。

 

購入する前に、エアーマットを膨らませた状態でどのくらいの大きさになるか、テント内のサイズと合わせてイメージすることをおすすめします。エアーマットのサイズによっては、膨張した時にテントからはみ出てしまうということになりかねません。

 

サイズとともにチェックしておきたいのは、エアーマットの耐久性です。穴が開いたり、穴が開いていなくても空気が抜けたりするという現象はあるようです。それほど頻繁に使わないという方は、使用する前に一度膨らませて空気が抜けていないか確認しましょう。

防災用・防災グッズならエアーマットの「大きさ」をチェック

災害が多い昨今、いざという時にすぐ持ち出せるように、防災用に防災グッズをカバンに詰めておくことが勧められています。体育館などで夜を過ごすことも想定すると、エアーマットがあると背中や腰の負担を減らすことができて便利です。

 

防災バッグの容量も限られているので、エアーマットもコンパクトであることが求められます。小さく収納できることもエアーマットの特徴なので、たいていの商品は空気を抜いたものを専用の小袋に収納できるようになっていますが、袋に持ち手がついたものや、片手で握れるサイズのものなどいろいろあります。

 

防災バッグの形やエアーマットを家族分詰めるか考慮しつつ、エアーマットの収縮時のサイズや重量を確認して購入しましょう。

普段使いなら「寝心地」をチェック

部屋での急な来客用やお昼寝用にエアーマットを使うのも便利です。キャンプや災害時と違って、持ち運ぶためにコンパクトである必要はないので、マットの分厚いものを選ぶならマットレスと変わらない寝心地も実現できます。

 

寝心地という点でチェックするといいのは、どれほどの重量に耐えられるか重みでどれほど沈むかです。また、枕がマットと一体型になったものや、エアー枕が付属で付いているものもあるので、首にフィットするものを選びましょう。

車の中で寝るなら「車中泊用」をチェック

車の社内には、凹凸や傾斜が多いため、車種によっては寝心地を良くするのが容易ではありません。そこで、車中泊用のエアーマットで重要となるのが、エアーマットの厚さです。8cm以上の分厚いものが良いでしょう。

 

また、当然ながら、自動車で就寝に使えるスペースを考慮した大きさのマットを選ぶことが重要です。加えて、複数人で寝る場合には、その点も考慮してマットのサイズを考えましょう。

 

そして、秋から冬にかけては社内は冷えます。エアコンを切ると底冷えが厳しく、断熱性能の高いエアーマットを選ぶことが重要となります。

機能性で選ぶ

エアーマットの機能性もさまざまです。今回は使う時に特に気になる、重さ、厚さ、メンテナンス、耐久性の4つの観点で見てみましょう。

「軽量」にこだわる

アウトドアでエアーマットを使うことが多いため、軽量ということを売りにしている商品が多いのですが、実際商品の重量を確認すると重さはまちまちです。他の荷物とともに持ち運ぶことを考えると数グラムでも軽い方がいいです。

 

人気のエアーマットを比較してみると、450-500gの商品は超軽量エアーマットとされています。1kg前後の商品も軽量と表示されています。大きさや厚さがそれほど変わらないように見えても、素材が変わると重みが増しますので、購入の際は商品重量の確認が大切です。

寝心地に関わる「厚さ」

寝心地を追求するならやはり、マットが高く、厚みのあるものをおすすめします。面積の大きいエアーマットは、耐荷重量も多く安定感があります。耐荷重量が300kgであれば、大人2人で寝ることも可能です。

 

厚みのあるエアーマットは、面積も大きいので、空気を抜いてもそれなりの大きさ、重さがあるので持ち運ぶのには不向きでしょう。また、空気をたくさん入れる必要があるので、どれくらいの時間で膨張できるか自動か電動かなども確認しておきましょう。

 

自動膨張式のエアーマットは、たいてい手動式よりも空気が満タンになるまでに時間がかかります。電動式のエアーマットは、空気を入れる際に機械の音が出る場合があるので、レビューなどを見てあらかじめ確認しておくことをおすすめします。

耐久性のあるエアーマットは「メンテナンス」しやすいもの

エアーマットの寿命は2-3年と言われています。空気を入れて使うものなので、穴が開いたり、素材が劣化してしまうと、寝ている間に空気が抜けていくようになります。消耗品として使うなら、安価のものを定期的に購入することもできます。

 

エアーマットにダメージを与えると言われている一つの要素は、湿気です。それで自分で空気を入れるタイプのエアーマットは、口で空気を入れることで内部に湿気が生じ、耐久性を考えると良くないです。自動膨張式や、エアーポンプの付いている商品がおすすめです。

 

また、エアーマットが水洗いできるタイプであれば、清潔に保つことができます。穴が開いた場合の補修キットが付いている商品もあるので、定期的にメンテナンスすれば長く使えそうですね。

アウトドアで使用するなら「断熱性能・通気性」をチェック

断熱性能は、R値という数値を見ると分かります。秋から冬にかけては、R値が5以上あるものを選んでおけば、エアコンを切っても厳しい底冷えの中で耐えられるでしょう。また、単純に分厚いマットの方が、空気の層が厚く、断熱性は高くなります。

 

それから、エアーマットの通気性が悪いと、エアーマットの表面にカビが発生しやすくなったり、皮膚疾患につながったりします。特に、梅雨や夏季には、そのリスクが向上します。梅雨や夏季にアウトドアをするなら、通気性の良いものがおすすめです。

デザインで選ぶ

エアーマットの形状の種類はそれほど豊富ではありませんが、ソファタイプや背もたれのあるチェアタイプなど、一般的の平坦なマット以外にも、ユニークなデザインのものもあります。

 

カラーのバリエーションは、増えつつあります。側面がスケルトンになっているエアーマットや、キャラクターのプリントの入ったエアーマットも人気があります。家族で色違いを使うのもいいかもしれません。

 

これから防災グッズとして、エアーマットの需要が増えていくことが予測されます。それに伴いオリジナルのデザインや面白い形のエアーマットが増えていくことでしょう。

「空気の入れ方」で選ぶ

エアーマットには、空気入れをした上で使用可能となる製品も多く、それに多くの時間や労力が掛かります。空気の入れ方により、その時間や労力は全く違ってきます。

コスパが良い足踏み式などの「手動タイプ」

手動タイプとは、自分の力で膨らませるタイプです。口で空気を入れる製品や、手で膨らませる製品、足踏み式の製品などがあります。手動タイプのメリットは、安価でコスパが良い製品が多い点です。

 

一方で、分厚いエアーマットを選ぶと、手動で膨らませるのに多くの時間や労力が掛かります。その度合いによっては、キャンプや登山などを楽しむのに支障出ることもあるでしょう。膨らませるための時間や労力を計算に入れたうえで購入することをおすすめします。

楽に空気が入れられる自動膨張などの「ポンプ内蔵タイプ」

ポンプ内蔵タイプとは、自動で楽に空気が入るタイプです。電源を用いて膨らませるタイプと、自動膨張をするタイプに分かれます。手動タイプとは違い、自分の力で空気を入れる必要がないので、時間や労力を軽減したい人におすすめです。

 

ただ、ポンプ内蔵タイプには、電源や充電が必要な製品も多いので、その点も考慮に入れる必要があります。また、手動タイプと比べて高価な製品が多いため、予算が十分に取れるなら、購入を検討してみても良いでしょう。

日本製で選ぶ

エアーマットは、素材によって製造コストが異なるため、海外メーカーの中には、安価な素材を使って作ることに注力しているメーカーもあります。そうした製品の中には、簡単に破れてしまうものもあります。

 

海外メーカーのものでも、もちろん素材や厚さ、用途などをきちんと確認して購入すれば問題ありませんが、日本製のエアーマットを購入しておけば、そうした心配は比較的少なくなります。余計な心配をせずに信頼性の高い製品が欲しいなら、日本製のものを選んでおくと良いでしょう。

口コミで選ぶ

エアーマットを買う際には、口コミもチェックすると良いでしょう。各製品には、「寝心地が良い」「破れにくい」「コンパクト」などの説明が記載されていますが、実際に使ってみると必ずしもそうとは限りません

 

購入前に、他の人が使用してみた口コミに目を通すことで、そうした売り文句に惑わされずに、実際の使用感を確認できます。それに、自分が重視していなかった、意外な視点を見つけられることも多いでしょう。

 

ただし、最終的には、製品の良し悪しは人それぞれなので、あくまで口コミは参考程度に留めておいた方が良いことも覚えておきましょう。

メーカーで選ぶ

エアーマットを選ぶ際に、どこのメーカーの製品を選ぶかは大切です。メーカーごとに特徴に違いがあるからです。

コスパや耐久性なら「NITORI(ニトリ)」

NITORI(ニトリ)は、全国に店舗展開している大手家具メーカーです。NITORI(ニトリ)のエアーマットは、コスパと耐久性に優れているのが特徴です。

 

電動でないものは3000円以下で購入できる製品もあります。電動のものは、わずか70秒ほどで膨らませられる製品もあります。

 

NITORI(ニトリ)製は、必ずしも多くの製品ラインナップがあるわけではないのですが、店舗に行って確認してみることが出来るので、購入前に使用感を確かめたい人におすすめです。

キャンプ関連アイテムを一括して揃えたいなら「COLEMAN(コールマン)」

COLEMAN(コールマン)は、世界最大規模のアウトドアメーカーです。キャンプ関連で活躍する製品を幅広く揃えています

 

価格帯は、4000円~20000円程度で幅広いです。製品数も比較的多く、タイプやシーンなどを考慮しながら、自分に合ったエアーマットを選べるでしょう。

 

また、寝袋なども扱っている上に、キャンプの他の道具も一緒に見れるので、キャンプ関連のアイテムを一度に揃えてしまいたい人におすすめです。

エアーマット以外のマット製品も検討したいなら「サーマレスト」

サーマレストは、アウトドアで良い一夜を過ごすことに特化した製品群を扱っているメーカーです。1972年に創業して以来、マットレスや寝袋、エアーマットなどを展開し、折り畳み方や形状が独特な製品が見られます。関連製品を見てから購入を決めたい人にはサーマレストがおすすめです

登山用のエアーマットなら「モンベル」

モンベルは、登山グッズの専門店であり、険しい山々を登る人のための快適なグッズを提供しています。そのため、登山にも耐えうるような軽量で、クッション性や保温性の高い製品が揃っています。普通のエアーマットは登山に持っていけないので、登山用ならモンベルで決まりです。

アウトドア製品のラインナップの豊富さなら「フィールドア」

フィールドアは、野や山や海など、自然が多い場所でのアウトドア製品を扱うメーカーです。車中泊にも使えるエアーマットやエアーベッドなど、アウトドアで使えそうな製品が豊富です。豊富なラインナップを見たうえで製品を決めたいなら、フィールドアがおすすめです。

安価に揃えたいなら「アイリスオーヤマ」

アイリスオーヤマは、キャンプ用品などの専門店ではなく、生活用品を広く販売しているメーカーです。エアーマットの製品ラインナップは決して多いわけではありませんが、安価に購入できるので、最低スペックで良いのでエアーマットを揃えたいという人におすすめです。

エアーマットの人気おすすめランキング20選

1位

GDY DIRECT

【2021進化版】エアーマット

\楽天スーパーDEAL開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

バランスの良いエアーマットなら

足踏み式で簡単に膨らませられ、人間工学に基づいて設計された枕もついたエアーマットです。軽い水洗いも可能なので、比較的メンテナンスしやすいエアーマットです。

 

機能面にしても、防水加工や断熱性、耐摩擦性などが付いており、キャンプの場面での活躍が期待できます。キャンプ初心者でも使いやすい、バランスの取れたマットです。

素材 40Dナイロン複合TPU 大きさ 196cm×68cm(膨張時)
重さ 0.86kg 厚さ 7~9cm(膨張時)
空気の入れ方 手動タイプ(足踏み式)

口コミを紹介

片付けは空気中に1分、折り畳みに1分くらいです。収納袋が余裕のある作りなので、このタイプのキャンプギアでありがちな「一旦広げると袋に入れ直すのが大変」という事もなく、キレイに元通り収納できました。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

CHS DIRECT

エアーマット

\楽天スーパーDEAL開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

撥水性に優れ、雨の日も安心!

水と接触しても浸水せずに、雨の日も安心の素材で出来ています。海で濡れることや、飲み物をこぼすことにも強いので、水関連の心配がある人におすすめです。

 

コンパクトで持ち運びしやすいのに、枕もついています。足踏み式で簡単に膨らませることができます。断熱性や耐摩耗性にも優れている、高スペックなエアーマットです。

素材 40Dナイロン+TPU生地 大きさ 200cm×70cm(膨張時)
重さ 860 グラム 厚さ 8~10cm(膨張時)
空気の入れ方 手動タイプ(足踏み式)

口コミを紹介

8/8〜12迄使いましたが、超快適でした。簡単に膨らみ、簡単に収納でき、いい買い物をしたと思います。耐久性は、まだ5日しか使っていないので、わかりませんが、体重90キロの僕が使っても、とりあえず問題ありませんでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

枕の厚みを変えられるタイプ

自動膨張タイプなので、パルプを開くだけである程度の空気が入り、空気入れが楽なタイプです。防水性、耐摩耗性、耐久性があり、キャンプなどで使いやすいでしょう。

 

また、メモリーフォームタイプ枕でもあり、人によって好みが分かれがちな枕の硬さを調整可能です。口で息入れて微調整でき、寝心地が調整しやすいでしょう。

素材 高反発フォーム、190Tポリエステル 大きさ 192cm×66cm(膨張時)
重さ 1.5kg 厚さ 3cm(膨張時)
空気の入れ方 ポンプ内蔵タイプ(自動膨張)

口コミを紹介

エアポンプの用意、口をつけて空気を入れる必要が無く衛生的ですし、生地もしっかりしており中華製ながらクオリティの高いエアーマットでした

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

ワック(WAQ)

車中泊マット

\楽天スーパーDEAL開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

車中泊で使いやすいエアーマット

ミニバン車をフルフラットにしたときに、2枚がピッタリと収まるようなサイズになっている車中泊用マットです。2回購入すれば、快適に2人で車中泊できます。

 

1枚しか敷かない場合でも、マットの裏には滑り止め加工もされており、寝相が良くない人でもマットがずれにくいでしょう。弾力性に富んだ存在のエアーマットです。

素材 ひし形ウレタンフォーム 大きさ 190cm×60cm(膨張時)
重さ 2.5kg 厚さ 8cm(膨張時)
空気の入れ方 ポンプ内蔵タイプ(自動膨張)

口コミを紹介

たたむときはバルブを開けて空気を抜きながらくるくると丸めて、附属の袋に入ります。
力も必要ないです。すごいいい商品だと思いました。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

AirExpect

エアーマット

\楽天スーパーDEAL開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

身体に親しみやすいエアーマット

40Dナイロン+TPUの素材を用いたうえで、体圧を均等に分散できる六角形の形をしたエアーマットです。通気性にも優れ、汗をかいた身体でも親しみやすいマットです。

 

わずか0.7kgしかなく畳むのも簡単なので、使いやすいのもメリットです。膨らませるのも手で行えるので、キャンプにもこれ1つ持っていけば、寝場所には困らないでしょう。

素材 40Dナイロン+TPU 大きさ 195cm×56cm(膨張時)
重さ 0.7kg 厚さ 6cm(膨張時)
空気の入れ方 手動タイプ(ハンドポンプ)

口コミを紹介

値段からして正直余り期待はしていなかったのですが、非常にふかふかして寝心地は良いと思います。大人が寝転がっても余るくらいの大きさですし、複数を連結できるようになっているので大きな布団のように扱えます。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

UPBOXN

エアーマット

\楽天スーパーDEAL開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

LEDキャンプライト付きの珍しいエアーマット

人間工学に基づくデザインで、六角形のハニカム構造によって、体重を均等に分散し、身体のバランスをよく支えてくれます。

 

そして、5つの照明モードを持った3つのLEDキャンプライトがセットになっており、キャンプの夜に読書や作業をするのに大活躍するでしょう。

素材 40Dナイロン+多重構造TPU 大きさ 196cm×65cm(膨張時)
重さ 0.85kg 厚さ 7cm(膨張時)
空気の入れ方 手動タイプ(足踏み式)

口コミを紹介

なかなか良い。
入門には最適かな?

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

KOOLSEN

キャンピングマット

\楽天スーパーDEAL開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

耐荷重200~300kgで長く使えるマット

マットの上に200~300kgの負荷を掛けても平気で丈夫なマットです。2人で寝転がったり、移動中に物を載せたりするのにも耐えられます

 

防水性が高く、雨の日に濡れても平気です。重さも0.6kgととても軽いので、登山などに持っていくことも現実的に可能な重さです。

素材 40Dナイロン 大きさ 187cm×56cm(膨張時)
重さ 0.6kg 厚さ 4.3cm(膨張時)
空気の入れ方 手動タイプ

口コミを紹介

最高です❗
超快適なクッション性能です

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

コンフォートエアーマットレス

\楽天スーパーDEAL開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

電動ポンプ(乾電池式)で、楽に膨らませられる

マットレスタイプのエアーマットであり、アウトドアでも、普段と同等レベルの寝心地を求める人におすすめです。19cmもの厚みがあり、敷き場所の凸凹を感じさせないでしょう。

 

しかも、乾電池で動く電動ポンプが付いているのが嬉しい点で、電源コードなしに自動で膨らませられます。アウトドアに、手軽で快適な睡眠を持ち込みたい人におすすめです。

素材 PVC 大きさ 187cm×97cm
重さ 2.5kg 厚さ 19cm
空気の入れ方 ポンプ内蔵タイプ(電動ポンプ)

口コミを紹介

使いやすいです。汚れてしまっても、ふきとりできるのでアウトドアで気兼ねなく使用できるし、空気を入れてポンプを抜くさい、エアー漏れストッパーがあるので、その辺も気に入ってます。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

KOOLSEN

エアーマット

\楽天スーパーDEAL開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

薄めで小さく畳めるコンパクトタイプ

今回ご紹介する中でも、特にマットが薄く2.8cmのみです。そのため、凹凸の軽減力などは弱めである一方で、持ち運びのしやすさを重視したい人におすすめです。

 

特に、海や公園などで一時的に寝転がるのに使うだけなら、凹凸の軽減効果はさほど必要ないため、すぐにサッと使える本製品は活躍しやすいでしょう。

素材 190Tポリエステル 大きさ 187cm×67cm
重さ 1.6kg 厚さ 2.8cm
空気の入れ方 ポンプ内蔵タイプ(自動膨張)

口コミを紹介

自宅で展開してみて、寝転んでみたら「これは・・!」となる位、絶妙でした。
そのまま寝たくなりました。
キャンプではあまり安眠できませんでしたが、これならよく寝られそうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

INTEX(インテックス)

エアーベッド

\楽天スーパーDEAL開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

ダブルサイズのエアーベッド

電源ポンプを使って、膨らましたり縮めたりが自由自在にできるエアーベッドです。革新的な技術力により、理想的な寝心地や高い快適性を実現しています。

 

本製品は、キャリーバッグで持ち運べるため、大きなテントがあるなら、アウトドアにも使えます。大切な人と2人での思い出を作りたいならおすすめです。

素材 塩化ビニル樹脂 大きさ 191cm×137cm
重さ 厚さ 33cm
空気の入れ方 ポンプ内蔵タイプ(電動ポンプ)

口コミを紹介

ハイエース等の大型ワンボックスや自宅で使うには問題ないと思う。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

Sable

エアーベッド

\楽天スーパーDEAL開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

アウトドアでも快適に眠りたい人へ

超高品質素材を用いて肌触りや通気性、防臭、防菌などの効果がある上に、首や頸椎を自然な形にキープするエアピローが快眠を促してくれる高性能マットレスです。

 

しかも、とても小さく畳めるため、アウトドアにも持ち込めます。電動ポンプか内臓ポンプで、空気を入れることが出来るため、快適に眠りたい人には最強でしょう。

素材 100%コットンリブ編地 大きさ 222cm×99cm(膨張時)
重さ 8kg 厚さ 43cm(膨張時)
空気の入れ方 ポンプ内蔵タイプ(電動ポンプ)

口コミを紹介

キャンプで使用する為に購入しました。
いつもはコットで、幅がないので寝返りが打てなかったのですが、寝返りが楽に打てました。

出典:https://www.amazon.co.jp

1~2分踏むだけで完成の足踏み式マット

1~2分かけて、40~60回程度踏むだけで完成してしまうエアーマットです。連結ボタンもついているので、2つくっつければ、恋人や夫婦で寝ることも可能です。

 

また、重さが600gしかないため、持ち運ぶのにも気になりません。荷物の多いアウトドアや、移動距離の多い旅など、様々なシーンで活躍してくれるでしょう。

素材 40Dナイロン+多重構造TPU 大きさ 195cm×60cm(膨張時)
重さ 0.6kg 厚さ 6cm(膨張時)
空気の入れ方 手動タイプ(足踏み式)

口コミを紹介

アウトドア用に足踏み式って新しいなと思いこちらの商品購入しました。足踏みで空気入れられるので、ポンプを一緒に持ち歩かなくて良いので楽です。足踏みでもまぁまぁ時間はかかりますが息で膨らます事を考えるとかなり楽です。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

Zenph

エアーマット

\楽天スーパーDEAL開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

19倍高弾性スポンジを採用

インナーコアに、19倍高弾性スポンジを用いており、寝返りを打ってもバリバリと音が鳴らず、静かに眠れるエアーマットです。表面素材には、防水性や耐摩耗性があります。

 

また、人体工学に基づくデザインで良質の睡眠を約束しています。内部の空気圧を均一に保つことで、快適な睡眠体験を提供してくれるのです。

素材 ポリエステル 大きさ 192cm×65cm(膨張時)
重さ 1.6kg 厚さ 5cm(膨張時)
空気の入れ方 ポンプ内蔵タイプ(自動膨張)

口コミを紹介

少々時間はかかりますが、放っておくだけである程度までは自動で空気が入るので楽チンです。空気の量で高さ調節可能なマクラ部分も気に入ってます。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

REvoform

エアーマット

\楽天スーパーDEAL開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

防災用にも使えるエアーマット

横向き姿勢の時には、頭から腰までが直線になるようにし、仰向けの時には、S字カーブを意識したマットです。身体を面で支えず、体圧を分散してくれます。

 

収納袋に収納すると、27cm×10cm×10cmという大変小さなサイズにまとまり、アウトドアに便利です。防災グッズに入れても逃げる時に邪魔にならないでしょう。

素材 ナイロン 大きさ 205cm×65cm(膨張時)
重さ 0.75kg 厚さ 5.5cm(膨張時)
空気の入れ方 手動タイプ(足踏み式)

口コミを紹介

安くてコンパクト。他にも登山用とかサーマレストとか持ってるけど、キャンプにはこれでいいかも。膝をついて座ると地面のゴツゴツ感が伝わってイマイチかと思ったけど、寝っ転がると分散されてふかふかな感じになる。

出典:https://www.amazon.co.jp

15位

エアーベッド

\楽天スーパーDEAL開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

クイーンサイズの格安エアーベッド

2人の大人が余裕をもって眠れるクイーンサイズのエアーベッドです。エアーコイル技術を用いており、コイルタイプのベッドのような快適な寝心地です。

 

小さく折り畳めるのでアウトドアにも便利ですし、室内用にも使うことが出来ます。1つ持っておけば、急な来客時にも3~5分で膨らませて使えるので、便利でしょう。

素材 フロック、PVC(ポリ塩化ビニール) 大きさ 203cm×152cm(膨張時)
重さ 厚さ 46cm(膨張時)
空気の入れ方 ポンプ内蔵タイプ(電動ポンプ)

口コミを紹介

昔のエアベッドは空気の出し入れが大変でした。それが今は3分か4分かでダブルサイズがぴっちり膨らみます。これは買う価値があります。
一人でもダブルがお勧めですよ。

出典:https://www.amazon.co.jp

I型構造で、電動ポンプを用いるタイプ

表面部分がI型構造になっており、体圧分散に適しています。耐久性と保温性に優れた素材を用いており、ベッド表面の肌触りも柔らかくなっています。

 

ベッド底面には、PVC素材が使われており、湿気を防ぎつつ耐久性もあります。そして空気入れは電動ポンプで自動で行えるので、アウトドア時の労力や時間も掛かりません

素材 フロック、PVC 大きさ 191cm×76cm(膨張時)
重さ 厚さ 25cm(膨張時)
空気の入れ方 ポンプ内蔵タイプ(電動ポンプ)

口コミを紹介

意外だったのがかなりパンパンになるまで、電動ポンプで空気を入れられたこと。表面はベルベット調で肌触りも良く、家で試した限り安眠できました。
この商品を使ったキャンプが楽しみです。

出典:https://www.amazon.co.jp

17位

エコロヴィーバルーン(Ecolovy)

簡便エアーマット 10個セット 空気入れ付

\楽天スーパーDEAL開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

防災グッズ用エアーマット

防災グッズ用のエアーマットであり、とても小さいのに10枚入りです。2つ付属してくるエアーポンプがあれば、防災時にも簡単に膨らまして使用可能です。

 

床に寝る場合に比べて体温も上がるため、非常時としては十分な能力です。防災グッズの1つとして入れるのにも、大きさとして丁度よく、1家に1つ欲しいアイテムです。

素材 ポリエチレン、ナイロン 大きさ 195cm×58cm(膨張時)
重さ 厚さ 5cm(膨張時)
空気の入れ方 手動タイプ(エアーポンプ)

口コミを紹介

仮設避難所のリノリウムの床で1週間使用しました。
恥ずかしながら体重100キロと70キロの夫婦ですが、一人一つの使用で破裂などせず、とても寝心地が良く助かりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

18位

ロゴス(LOGOS)

セルフインフレートマット

\楽天スーパーDEAL開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

シンプルな、ダブルサイズのベッド

マットレスタイプを除き、アウトドア用のマットにはダブルサイズが少ないのですが、本製品はダブルサイズの上に、表面に凹凸がなく、寝ながら2人で交流しやすいタイプです。

 

リバーシブルデザインのため、気分によって色を変えることも可能です。自動膨張するため、空気を入れる煩わしさも少ないでしょう。

素材 ポリエステル、ポリウレタンフォーム 大きさ 135cm×190cm(膨張時)
重さ 3.9kg 厚さ 5.5cm(膨張時)
空気の入れ方 ポンプ内蔵タイプ(自動膨張)

口コミを紹介

プレゼントで購入!使い心地よく好評でした

出典:https://www.amazon.co.jp

19位

アウトドアで使えるエアーソファ

ソファは室内で使うという常識を覆し、キャンプ場やビーチ、花見やハイキングなど、アウトドアで使えるソファです。寝転がることも可能なので、夜寝るのにも使えます。

 

室内にあれが子供の遊び道具にすることも出来ます。工夫次第では、天体観測や昼寝にも使えるため、1つでも気になる用途が見つかれば購入を考えてみても良いでしょう。

素材 210Dオックスフォード、ポリエチレン 大きさ 180~200cm×70cm(膨張時)
重さ 1kg 厚さ 50cm
空気の入れ方 手動タイプ(走って空気を入れる)

口コミを紹介

本来は1人用でしょうが、友達と2人で乗ってみても以外に丈夫で安心しました。
後片付けも空気を抜いて丸めて収納袋にしまうだけだし汚れても丸洗いできるので、長く使えるのかなと思いました。

出典:https://www.amazon.co.jp

20位

eSPORTSオリジナル

コットベッド

折りたたみ式の日本製ベッド

空気を入れずにそのまま使えるクローズドセルマットです。脚の部分も含めて折りたたみ式なので、簡単に折りたためます。日本製なので、製品の品質についても安心です。

 

100kgまでの耐荷重があるので、多くの人は問題なく使用できるでしょう。寝相が悪いと落ちてしまうリスクはあるので、寝相が良い人におすすめです。

素材 大きさ 190cm×64cm
重さ 6.9kg 厚さ 43cm(地面からの高さ)
空気の入れ方

口コミを紹介

軽さは、これだけ堅牢なフレームがついていながら、この重さなので軽い方だと思います。嫁も息子も、とても気に入っています。良い買い物をしました。ありがとうございます。

出典:https://www.amazon.co.jp

エアーマットの比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 素材 大きさ 重さ 厚さ 空気の入れ方
1
アイテムID:5830173の画像
【2021進化版】エアーマット 3,599円

詳細を見る

バランスの良いエアーマットなら

40Dナイロン複合TPU 196cm×68cm(膨張時) 0.86kg 7~9cm(膨張時) 手動タイプ(足踏み式)
2
アイテムID:5830284の画像
エアーマット 3,680円

詳細を見る

撥水性に優れ、雨の日も安心!

40Dナイロン+TPU生地 200cm×70cm(膨張時) 860 グラム 8~10cm(膨張時) 手動タイプ(足踏み式)
3
アイテムID:5830176の画像
エアーマット 2,533円

詳細を見る

枕の厚みを変えられるタイプ

高反発フォーム、190Tポリエステル 192cm×66cm(膨張時) 1.5kg 3cm(膨張時) ポンプ内蔵タイプ(自動膨張)
4
アイテムID:5830179の画像
車中泊マット 6,980円

詳細を見る

車中泊で使いやすいエアーマット

ひし形ウレタンフォーム 190cm×60cm(膨張時) 2.5kg 8cm(膨張時) ポンプ内蔵タイプ(自動膨張)
5
アイテムID:5830182の画像
エアーマット 3,680円

詳細を見る

身体に親しみやすいエアーマット

40Dナイロン+TPU 195cm×56cm(膨張時) 0.7kg 6cm(膨張時) 手動タイプ(ハンドポンプ)
6
アイテムID:5830185の画像
エアーマット 3,899円

詳細を見る

LEDキャンプライト付きの珍しいエアーマット

40Dナイロン+多重構造TPU 196cm×65cm(膨張時) 0.85kg 7cm(膨張時) 手動タイプ(足踏み式)
7
アイテムID:5830188の画像
キャンピングマット 3,099円

詳細を見る

耐荷重200~300kgで長く使えるマット

40Dナイロン 187cm×56cm(膨張時) 0.6kg 4.3cm(膨張時) 手動タイプ
8
アイテムID:5830191の画像
コンフォートエアーマットレス 4,982円

詳細を見る

電動ポンプ(乾電池式)で、楽に膨らませられる

PVC 187cm×97cm 2.5kg 19cm ポンプ内蔵タイプ(電動ポンプ)
9
アイテムID:5830194の画像
エアーマット 3,280円

詳細を見る

薄めで小さく畳めるコンパクトタイプ

190Tポリエステル 187cm×67cm 1.6kg 2.8cm ポンプ内蔵タイプ(自動膨張)
10
アイテムID:5830197の画像
エアーベッド 6,590円

詳細を見る

ダブルサイズのエアーベッド

塩化ビニル樹脂 191cm×137cm 33cm ポンプ内蔵タイプ(電動ポンプ)
11
アイテムID:5830200の画像
エアーベッド 12,599円

詳細を見る

アウトドアでも快適に眠りたい人へ

100%コットンリブ編地 222cm×99cm(膨張時) 8kg 43cm(膨張時) ポンプ内蔵タイプ(電動ポンプ)
12
アイテムID:5830203の画像
エアーマット 2,980円

詳細を見る

1~2分踏むだけで完成の足踏み式マット

40Dナイロン+多重構造TPU 195cm×60cm(膨張時) 0.6kg 6cm(膨張時) 手動タイプ(足踏み式)
13
アイテムID:5830206の画像
エアーマット 3,780円

詳細を見る

19倍高弾性スポンジを採用

ポリエステル 192cm×65cm(膨張時) 1.6kg 5cm(膨張時) ポンプ内蔵タイプ(自動膨張)
14
アイテムID:5830209の画像
エアーマット 3,580円

詳細を見る

防災用にも使えるエアーマット

ナイロン 205cm×65cm(膨張時) 0.75kg 5.5cm(膨張時) 手動タイプ(足踏み式)
15
アイテムID:5830212の画像
エアーベッド 8,799円

詳細を見る

クイーンサイズの格安エアーベッド

フロック、PVC(ポリ塩化ビニール) 203cm×152cm(膨張時) 46cm(膨張時) ポンプ内蔵タイプ(電動ポンプ)
16
アイテムID:5830215の画像
エアーベッド 3,000円

詳細を見る

I型構造で、電動ポンプを用いるタイプ

フロック、PVC 191cm×76cm(膨張時) 25cm(膨張時) ポンプ内蔵タイプ(電動ポンプ)
17
アイテムID:5830218の画像
簡便エアーマット 10個セット 空気入れ付 13,237円

詳細を見る

防災グッズ用エアーマット

ポリエチレン、ナイロン 195cm×58cm(膨張時) 5cm(膨張時) 手動タイプ(エアーポンプ)
18
アイテムID:5830221の画像
セルフインフレートマット 14,000円

詳細を見る

シンプルな、ダブルサイズのベッド

ポリエステル、ポリウレタンフォーム 135cm×190cm(膨張時) 3.9kg 5.5cm(膨張時) ポンプ内蔵タイプ(自動膨張)
19
アイテムID:5830227の画像
エアーソファー 2,500円

詳細を見る

アウトドアで使えるエアーソファ

210Dオックスフォード、ポリエチレン 180~200cm×70cm(膨張時) 1kg 50cm 手動タイプ(走って空気を入れる)
20
アイテムID:5830230の画像
コットベッド 8,290円

詳細を見る

折りたたみ式の日本製ベッド

190cm×64cm 6.9kg 43cm(地面からの高さ)

KOOLSENLのエアーマットは「膨らまない?」

KOOLSENLのエアーマットをはじめとして、自動膨張と謳われたエアーマットを使ったうえで、期待していたように膨らまないという感想を持つ人が多いようです。

 

実は、自動膨張のタイプでは、バルブを開けただけでは、空気が入るのにとても時間が掛かるうえに、パンパンまで空気が入ることもありません。自動膨張は気休め程度であることを心得ておいた方がよいでしょう。

 

最終的には自分自身で空気を入れることで、仕上がりを調整することが必要です。どうしても、空気入れはすべて自動で行いたいという人は、電動タイプのエアーマットを購入するようにしましょう。

その他のマットも一緒にチェック

その他のマットは下記の記事で紹介しています。選び方使い方も合わせて紹介しているので是非チェックしてみて下さい。

まとめ

エアーマットは、アウトドアはもちろん、来客用のベッドとして、災害時のベッドとしても役立つ便利グッズです。防災用のもの、コンパクトなもの、日本製のもの、足踏み式のものなど種類も豊富ですが、自分に合ったものを選んで生活を便利にしていきましょう。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年10月06日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

ドーム型も!犬ベッドのおすすめ人気ランキング15選【おしゃれ】

ドーム型も!犬ベッドのおすすめ人気ランキング15選【おしゃれ】

犬用品
【へたらない!赤ちゃんも快適】長座布団おすすめ人気ランキング10選

【へたらない!赤ちゃんも快適】長座布団おすすめ人気ランキング10選

布団・寝具
【登山】トレッキングパンツのおすすめの選び方!人気ランキング10選

【登山】トレッキングパンツのおすすめの選び方!人気ランキング10選

アウトドアウェア
【足元ぽかぽかでリラックス】足温器おすすめ人気ランキング10選

【足元ぽかぽかでリラックス】足温器おすすめ人気ランキング10選

その他家電
おしゃれ!プレイマットの人気おすすめランキング15選【洗えるものも】

おしゃれ!プレイマットの人気おすすめランキング15選【洗えるものも】

ベビー・キッズ
タッパーの人気おすすめランキング20選【冷凍にもレンジにも】

タッパーの人気おすすめランキング20選【冷凍にもレンジにも】

生活雑貨・日用品