【初心者向け】人気のシクロクロスバイクとおすすめグッズランキング

ロードバイクとマウンテンバイクのいいとこ取りをしたモデルのシクロクロスバイク。スピードと走破性を両立し、競技だけでなく街乗りでも人気の自転車です。今回はそんなシクロクロスバイクの選び方や、おすすめのシクロクロスバイクとグッズをランキング形式でお伝えします。

通勤・通学、サイクリングにもおすすめのシクロクロスバイク

ロードバイクとマウンテンバイクのいいとこ取りをしたモデルのシクロクロスバイク。スピードと走破性を両立し、競技用というイメージが強いですが、最近では通勤・通学など街乗り用として乗っている人が増えており、今人気急上昇中の自転車です。

 

シクロクロスバイクの魅力は、なんといってもロードバイク並みのスピード感と安定した運転性能を両立している点でしょう。マウンテンバイクのようなタイヤとロードバイクのスピードが合わさった装備は、競技はもちろん、毎日乗る通勤や通学にぴったりです。

 

今回はそんなシクロクロスバイクの選び方や、人気のおすすめシクロクロスバイク、シクロクロスバイクと一緒に購入すべきグッズをランキング形式でまとめました。初めてシクロクロスバイクを購入される方は参考にしてみてください。

シクロクロスバイクの選び方

ここではシクロクロスバイクの選び方について解説していきます。シクロクロスとはなにか、どんな選び方や注意すべき点があるのか注意しましょう。

 

それぞれ、ひとつひとつ簡単に解説していきますので、参考にして選んでみてください。

   

シクロクロスバイクとは

さまざまな種類の自転車がある中で、そもそもシクロクロスバイクとはなにか、ロードバイクなど他の自転車とは違う魅力について簡単に解説していきます。

シクロクロスとは

そもそもシクロクロスとは、障害物が設置された未舗装のコースを、時間内に何周できるかを競う自転車競技のことです。ロードレースと違い、悪路や障害物、急坂などで構成されたコースに特徴のある競技になります。日本でもレースやイベントが開催され、徐々に人気が高まってきています。

シクロクロスバイクの特徴と他の自転車との違い

シクロクロスバイクの特徴は前述の通り、ロードバイクのスピードとマウンテンバイクの走破性を併せ持っている点といえるでしょう。簡単に表現すると、ロードバイクにマウンテンバイクのタイヤを履かせたスポーツバイクとなります。

 

他の自転車との違いを大まかに説明すると、ロードバイクと比べ、太く、グリップの効くタイヤを採用している点です。砂利道や濡れた路面をより安全に乗ることが可能になります。また、マウンテンバイクと比べ、シクロクロスバイクがロードバイク寄りの構造になるので、よりスピードが簡単に出せる点です。

 

競技で悪路を走るのはもちろん、日常の街乗りでの段差や、砂利、濡れた路面などを安心して走れ、なおかつ普通の自転車よりもスピードが出せるという点から、多くの街乗りライダーからも支持を受けているのがシクロクロスバイクといえます。

 
 

価格で選ぶ

次に価格で選ぶ方法をご紹介します。限られた予算の中で失敗しないためにも、価格帯ごとの特徴を把握しておきましょう。ここでは大まかな価格帯ごとの特徴を簡単に解説していきます。自身の予算と相談しながら決めていくことをおすすめします。

5万円以下

5万円以下のシクロクロスバイクは、いわゆるエントリーモデル(入門者用)と呼ばれる自転車です。5万円以下のシクロクロスバイクを選ぶ際は、コストパフォーマンスに注目しましょう。機能面での選択肢は限られますが、各メーカーにより装備は様々です。安かろう悪かろうの自転車も多いので、主な装備やデザインを選びつつ、口コミなどの評価を参考にして選んでみるのが良い選び方と言えるでしょう。

 

5万円以下のシクロクロスバイクは、あまりお金をかけずにシクロクロスバイクに乗りたいという方におすすめの価格帯です。

5万円以上〜10万円以下

5万円以上〜10万円以下のシクロクロスバイクになってくると選択肢が大きく広がってきます。エントリーモデルと比べると、より優れた機能を持つモデルが多くなります。

フレームの材質や、コンポ、ブレーキの種類など、後述する「機能で選ぶ」という項目を参考に、自分が欲しい機能をピックアップしておくと選びやすくなるのでおすすめです。

 

5万円以上〜10万円以下のシクロクロスバイクは予算的に少し余裕があり、せっかくシクロクロスバイクを買うのであれば、ある程度こだわりたいという方におすすめの価格帯と言えるでしょう。

10万円以上

10万円以上になると、有名自転車ブランドの高性能なシクロクロスバイクを選べるようになります。元は競技用の自転車ということもあり、レースに対応するモデルが増えてきます。もちろん街乗り用としても高性能な自転車ばかりなので、予算に余裕があれば選択肢として入れるべきでしょう。

 

特にフレームの材質については10万円を越えると、フォーク(前輪を受ける部分)であったり、フレーム全体がカーボンとなる自転車が増えてきます。軽ければそれだけ疲労感は減るので、長距離の移動や坂道が多いという方は選択肢に入れてみましょう。

 

10万円以上のシクロクロスバイクは、予算が十分あり、とにかく自分が気に入ったシクロクロスバイクを買いたい、どうせ買うならレース出場を目指したいという方におすすめの価格帯です。

機能で選ぶ

大まかな価格帯を決めたら、次にどんな機能のシクロクロスバイクが欲しいのかを見ていきましょう。機能面で重要な部分はたくさんありますが、その中で、コンポーネント・フレーム・ブレーキの3つに着目して簡単に解説していきます。

コンポーネント

コンポーネントとは、自転車を構成する複数の部品(主に駆動系)の総称です。コンポなどと略されて、耳にすることが多い用語だと思います。日本のシクロクロスバイクの完成車の多くはSIMANO(シマノ)製のコンポが主流です。

 

こだわりだすとキリがないのですが、性能順でいえば、105<ティアグラ<ソラ<クラリス(ターニー)となります。簡単に説明するとギアの段数の違いやギアチェンジのスムーズさなどに関わる機能です。

 

上級者になって物足りなくなったらコンポ自体はアップグレードできるので、初心者の方はだいたい105以下で考えると良いでしょう。105がミドルスペックでエントリーモデルの多くはソラやクラリス(ターニー)を装備しています。

 

フレーム

フレームの種類も様々で、競技用シクロクロスバイクには、とにかく軽いカーボン。エントリーモデル〜ミドルグレードのシクロクロスバイクなどにはアルミやクロモリが使われていることが多いです。

 

カーボンは軽くて非常に魅力的です。前述の通り、軽いと長距離走行や坂道での走行に有利です。また競技では自転車を担ぐ場面も多くなるので、軽さは有利になります。ただしデメリットとして自転車の価格が高くなります。

 

対するアルミは強度、耐久性、コスパが良い素材と言えるので初心者におすすめです。他にもクロモリフレームもあり、シンプルなスタイルや衝撃吸収性などで選ぶことも可能です。初心者の方は、わからなければアルミかクロモリを選んでおけば大丈夫です。

ブレーキ

ロードバイクとの違いに、シクロクロスバイクの特徴として、カンチブレーキがあります。泥詰まりを防止するために、タイヤとのクリアランスが大きくとられたカンチブレーキは、シクロクロスのレースに対応するために生まれた技術といえるでしょう。

 

ただし、最近ではロードバイクと同様に、制動力、特に雨天でのブレーキ性能に優れたディスクブレーキが増えてきており、カンチブレーキでも十分な制動力がありますが、より安全に走行したいのであれば、ディスクブレーキモデルの方を選ぶことをおすすめします。

人気のシクロクロスバイクおすすめランキング5選

5位 FELT 『F5X』

レース出場を目指すあなたに

ハイスペックなシクロクロスバイクが30万円以下で手に入ると、シクロクロス乗りから絶大な人気を誇るフェルトのF5x。人気の理由は、シクロクロスの世界チャンピオンのヴァンアールトが、世界選手権を制したシクロクロスバイクとジオメトリ(構造)が一緒という点です。

 

F5xは、シマノ105 コンポーネントのカーボンフレームでレース向けのシクロクロスバイクと言えるでしょう。もちろん街乗りには贅沢なスペックです。どうせ買うならレースも目指すつもりという方におすすめの自転車です。

コンポ シマノ・105 ブレーキタイプ ディスク
重量(kg) 約7.9(ペダル無し) カラー サテンオーシャンターコイズ

4位 MERIDA 『MISSION CX 400』

レース対応の多目的シクロクロスバイク

シクロクロスレースでの使用も考慮したUCI(国際自転車競技連合)承認済みのアルミニウムフレームを採用したメリダのMISSION CX 400。長い歴史を持つメリダのアルミフレーム製造技術を投入した最新鋭フレームに、新型Shimano 105を装備しスペックは抜群。

 

街乗り用のシクロクロスバイクとしては十二分の性能を持っているので、レースも街乗りもハイレベルにこなしたいという方におすすめのシクロクロスバイクといえるでしょう。

3位 FUJI 『FEATHER CX』

無骨なデザインの頼れる相棒

シャープでシンプルなデザインがどこか無骨な印象を感じるFUJIのフェザーCX。名前はFUJIと日本のブランドかと間違いがちですが、発祥が「日本」のアメリカブランドになります。剛性に優れたクロモリフレームをベースに、シマノCLARIS、ディスクブレーキ、ブロックタイヤを標準装備した頼れる相棒。

 

ロングツーリングからタウンユースまで幅広く対応し、剛性が高く前後キャリア搭載可能なので、通勤通学はもちろんバイクパッキングなどにも使いたいという方におすすめのシクロクロスバイクです。

2位 GIOS 『PURE DROP』

ジオスブルーが街中の視線を独占

GIOS(ジオス)のPURE DROP(ピュア ドロップ)は、軽量アルミフレームをベースに、ボリュームのある35Cのタイヤを装着したエントリーモデルのシクロクロスバイクです。また、このブランドの自転車の特徴として、ブランドカラーとなるジオスブルーのカラーリングが特徴です。多くの自転車乗りの憧れのカラーリングになるので、街中での視線を集めます。

 

フェンダーやキャリアを取り付け可能なダボ穴も標準装備しておりさまざまな用途に対応可能な点も嬉しいポイント。機能に優れ、用途を選ばずに使えるマルチ設計の自転車。

 

シクロクロスの競技に限らず、ツーリングや通勤・通学などどんな用途にも応えてくれる自転車に乗りたいという方におすすめのシクロクロスバイクです。

コンポ シマノ・ソラ ブレーキタイプ カンチ
重量(kg) 約11.0 カラー ジオスブルー

1位 21Technology 『GT700S』

シクロクロスバイク入門機の決定版

アマゾンや楽天で多くの販売実績を誇る、自転車ブランド21Technologyのシクロクロスバイク。3万円を切る抜群のコストパフォーマンスを誇り、初めてシクロクロスに乗る方にも手が届きやすいモデル。

 

尖った特徴はないものの、コンポにはシマノのターニーを装備、この価格帯ではほとんど見られないディスクブレーキ採用など、初心者に十分なパフォーマンスを発揮してくれます。とにかく安くて良い自転車が欲しいという方におすすめのシクロクロスバイクです。

コンポ シマノ・ターニー ブレーキタイプ ディスク
重量(kg) 約13.4 カラー ホワイト、マットブラック

シクロクロスバイクグッズおすすめランキング5選

5位 DOPPELGANGER 『イージーマッドガードセット』

5位

DOPPELGANGER

イージーマッドガードセット

日常使いの泥除けに

DOPPELGANGER イージーマッドガードは、超軽量・極薄のシート型簡易マッドガード(泥除け)です。取り付けは非常に簡単で、自転車に結束バンドで取り付けるだけ。(別途結束バンドの購入が必要)安価で購入できる点も嬉しいポイントです。

 

特に通勤通学で乗る方は、雨上がりの運転での泥はねは気になる所。スーツや制服が汚れてしまっては問題です。このイージーマッドガードはシンプルで薄型なので、自転車本来のシルエットを崩しにくく、泥除けをつけたくない派のユーザーにもおすすめできるマットガードです。

4位 Tiakia 『スマホ ホルダー』

4位

Tiakia

スマホ ホルダー

スマホをナビがわりに

次におすすめしたいのは自転車にスマホを取り付ける、スマホホルダーです。振動に強く走行中にスマホが落下するのを防ぎます。取り外しも簡単なのも嬉しいポイント。保証もついて位いるので安心して購入できます。

 

最近では自転車の片手運転による事故が多発しています。片手運転は非常に危険なので、もしスマホをナビがわりに使いたいと考えている方にぜひおすすめしたいグッズです。(運転中の操作はやめましょう)

3位 パナレーサー 『楽々ポンプ エアゲージ付』

3位

パナレーサー

楽々ポンプ エアゲージ付

スポーツバイクの空気入れに必須

多くのご家庭に空気入れがあったりするものですが、一般的なママチャリなどの自転車とシクロクロスバイクのタイヤの空気を入れるバルブの形状は違う可能性があります。いざ空気を入れようとした時に困らないように、事前に調べておきましょう。

 

もし形状が違うようであれば、パナレーサーの空気入れがおすすめです。3種類のバルブに対応しているので、これ一台で多くの用途に使用できる空気入れなので、便利です。また、各タイヤによっても適正な空気圧は違うため、メーターがついているので安心して空気を入れることができるのでおすすめです。

2位 Sportneer 『5桁ダイヤル式チェーンロック』

2位

Sportneer

5桁ダイヤル式チェーンロック

大切な自転車の盗難防止に

残念なことに自転車(特にスポーツバイクの)盗難があとを絶ちません。鍵をかけずに自転車を置いておくのは言語道断、特に高価なシクロクロスバイクなどは格好の標的です。大切なバイクを盗難から守るためにも、ロックは必ず購入し、面倒でも必ずつけるようにしておきましょう。

 

こちらのロックは千円台と安価ながら、5桁ダイヤルを装備。鍵をなくす心配もないですし、5桁なのでより、セキュリティに安心が持てます。さらに強固な素材のチェーンロックなので悪質な盗難から愛車を守るのにおすすめです。

1位 キャットアイ 『LEDヘッドライト VOLT200』

1位

キャットアイ

LEDヘッドライト VOLT200

早朝・夕暮れ時も安心

手軽に充電できるUSB充電式で多くのユーザーから支持を受けるヘッドライト。電池残量が一目でわかるバッテリーインジケータ付きで充電忘れも防いでくれるのも嬉しいポイントです。

 

無灯火による事故が多発しています。自分の暗闇などでの視野の確保はもちろん、早朝や夕暮れ時の周囲からの認識も向上するため、ライトの装着は必須です。

 

峠や山道などを走るにはもう少し明るさが必要となりますが、街乗りには十分な性能を持ち、ライトユーザーにおすすめなヘッドライトです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はシクロクロスバイクの選び方と、おすすめのシクロクロスバイクとシクロクロスバイクと一緒に購入したいおすすめグッズ5選を紹介させていただきました。気になったシクロクロスバイクはあったでしょうか。シクロクロスバイクを購入する際は、一緒におすすめのグッズも検討してみてください。どれも必須レベルのものばかりなはずです。この記事がシクロクロスバイクを選ぶのに参考になれば幸いです。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2020年11月20日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【安心のバイクライフを!】大人気のバイク用ロックおすすめランキング10選

【安心のバイクライフを!】大人気のバイク用ロックおすすめランキング10選

バイク用品
カーボンシートの人気おすすめランキング15選【車をおしゃれに】

カーボンシートの人気おすすめランキング15選【車をおしゃれに】

カー用品
カゴ付き折りたたみ自転車のおすすめ人気ランキング10選【おしゃれなミニチャリも】

カゴ付き折りたたみ自転車のおすすめ人気ランキング10選【おしゃれなミニチャリも】

自転車用品
デイライトの選び方の詳細や人気商品のおすすめランキング10選を紹介します!

デイライトの選び方の詳細や人気商品のおすすめランキング10選を紹介します!

カー用品
【爆光で省エネルギー】大人気のT10LEDバルブおすすめランキング10選

【爆光で省エネルギー】大人気のT10LEDバルブおすすめランキング10選

照明器具・天井照明
【通勤・通学が楽しくなる】人気のバーエンドバーおすすめ10選

【通勤・通学が楽しくなる】人気のバーエンドバーおすすめ10選

自転車用品