記事ID133551のサムネイル画像

【2020年最新版】子猫用餌のおすすめ人気ランキング11選【栄養管理】

子猫の時の栄養は非常に重要です。しかし、何ヶ月の子猫にどんな餌をあげたら良いのか、回数や量の適正判断が難しいと思います。そこで今回はおすすめの子猫用の餌と、あげ方についてご紹介します。これから子猫を迎い入れる方は是非参考にしてみてください。

子猫用の餌(キャットフード)で成長をサポート

生まれたての子猫は、まだ歯や顎が未発達なので、柔らかいごはんしか食べることができません。そこで、現在では子猫に特化したご飯が多く販売されています。子猫用の餌にはいくつか種類があり、時期や状況によって使い分ける必要があります。

 

子猫の時期は猫の成長過程でとても重要な時期です。そのため、成猫が食べるごはんより栄養価の高いごはんが必要です。生後1ヶ月未満にはミルク、生後1ヶ月~3ヶ月には離乳食、生後3ヶ月以降は子猫用はカリカリやウェットといったように、段階を踏んで変えましょう。

 

そこで今回はおすすめの子猫用の餌をご紹介します。年齢によって餌のペーストを変えることで、栄養を適切に摂取させることができます。また、人間の赤ちゃんと同じように消化器官がまだ発達していないので、健康状況にも注意しましょう。

子猫用の餌の選び方

商品で選ぶ

成長段階に合わせて与えることで、必要な栄養素を摂取することができます。あせらず徐々に慣らしていきましょう。

ミルクを選ぶ

生まれて間もない子猫には猫用のミルクを与えましょう。パックになっているタイプと、お湯で溶かす粉ミルクタイプの2種類あります。パックのタイプは、電子レンジで人肌に温めて与えるようにしてください。また、粉ミルクタイプは量が多くてお得なので、多頭飼いの方にもおすすめです。

 

生後3ヶ月頃になってきたら、徐々に与える回数を減らしましょう。ミルクを与えるのは長くても生後3ヶ月までにしておかないと、栄養過多になり肥満の原因になってしまうので、回数を減らし卒乳するようにしましょう。

ウェットフードを選ぶ

ウェットフードとは、水分量が多いタイプのフードで、75%以上の水分を含んでいます。ウェットフードは、動物性たんぱくが豊富で消化吸収しやすい特徴があります。また、種類が豊富で食いつきが良く栄養が必要な子猫にぴったりの商品です。

 

あまり水分を補給しない子猫にも水分補給を同時にできるのでおすすめです。しかし、歯石がつきやすかったり、噛む力を養えないのでドライフードも適宜与えるようにしましょう。

ドライフードを選ぶ

ドライフードはカリカリと固いタイプのフードです。与える目安としては、乳歯が永久歯に生え変わる時期になります。乳歯は徐々に生え変わっていくので、生後3か月~7か月を目安に与えるようにしましょう。

 

ドライフードは食べ応えがあるので、顎を発達させたり、噛む力を付けることができます。ただ、子猫は大人の猫よりも胃がまだ小さく、1度に沢山食べることができないので、1日分のドライフードを2~3回に分けて与えるようにしてください。

離乳食を選ぶ

離乳食は、ペースト状になっているタイプのフードです。母乳又はミルクを飲んでいた子猫も、さらに栄養を蓄える必要があります。最初はミルクと併用して離乳食をあげて、徐々にキャットフードのみの食事に切り替えていきましょう。

 

初めて離乳食をあげる時には、指の先に柔らかいペーストのフードをすくって、子猫の鼻の先に持っていきましょう。いきなり多くの量を与えると、吐いてしまうこともあるので、様子を見て徐々に慣らしながら与えるようにしましょう。

猫もアレルギーを起こしたり、入っている成分によって異常を起こしてしまうことがあるので、安全面も気にして選びましょう。

グレインフリーを選ぶ

グレインとは、穀類のことを指します。小麦、大麦、米、玄米、とうもろこしといった穀物類はグレインと呼ばれ、場合によっては、アレルギー症状を起こしてしまう可能性のある原材料です。

 

また、猫はほぼ肉食動物となっているので、食べられないというわけではありませんが、消化がよくないので、できる限りグレインの含有量が少ない商品を選びましょう。全く含有していないグレインフリーのキャットフードを選ぶと身体にも優しくおすすめです。

無添加を選ぶ

販売されているキャットフードの中に配合されている添加物は、商品によっては人が摂取すると、身体に悪影響を及ぼすような成分が含まれていることがあります。これは、キャットフードに含まれている添加物に明確な規定がないことから起こります。

 

ガンやアレルギー症状、などの異常を起こしてしまうリスクがあるので、できる限り添加物が入っていない商品を選びましょう。仔猫は成猫と比べると一度に食べる量も少ないので、より影響のないように無添加のキャットフードを選ぶことをおすすめします。

動物性タンパク質を選ぶ

猫はほぼ肉食動物に属しているので、動物性タンパク質が多いキャットフードがおすすめです。また、動物性タンパク質であれば、お肉などが含まれているので、子猫の時から必要な栄養素をしっかりと補うことができます。

 

また、魚が配合しているキャットフードでも問題はありませんが、マグロ・カツオ・アジ・サバなどの青魚を含んだキャットフードを与えすぎないようにしましょう。それらに含まれる不飽和脂肪酸を過剰に摂取してしまうことによって、黄色脂肪症になるリスクを高めてしまうので注意してください。

年齢で選ぶ

年齢によって与えるタイプの餌が異なってくるので、適した商品を選んで与える必要があります。ここで上手く餌を切り替えられないと、栄養不足になっていしまいます。そうならないために、チェックしておきましょう。

生後1ヶ月未満|必ず子猫用のミルクを!

生後1ヶ月未満はまだペースト状の餌も食べれないので、ミルクを与えましょう。一番いいのは母親の母乳ですが、いない場合は子猫用ミルクを与えることで栄養を補給してあげることができます。生後1日~10日は5~6回、20日までは4~5回、30日までは3~4回と回数や分量を調節しましょう。

 

 

ただ、人間用の牛乳は子猫には消化ができないので必ず子猫用を飲ませてあげましょう。適切な温度は、手首に当ててみて熱くない人肌くらいが理想です。また、毎回与える分だけのミルクを作るようにして、ミルクの作り置きは傷んでしまうので絶対にしないでください。

生後1ヶ月~3ヶ月|切替の時期

子猫は1ヶ月を過ぎると、柔らかいペースト状の離乳食が食べれるようになります。ミルクから離乳食に切り替えるタイミングとしては、歯が生えてきたあたりが離乳食開始の目安です。しかし、無理をして与えてしまうと、吐いてしまったりすることが多くなるので、子猫の成長具合など様子を見ながら進めてください。

 

慣れてきたら徐々にミルクから子猫用フードと水のみの食事へ切り替えていきましょう。3か月を終えるまでは栄養をしっかり補給する必要があるので、子猫用フードを続けましょう。

生後3~4ヶ月以上|栄養不足に注意

生後3ヶ月にもなると、ふかしたウェットフードを食べれるようになります。人間でいうと、小~中学生くらいの時期を迎え、カラダが急激に大きくなっていく時期です。この頃に気をつけたいのは、仔猫が栄養不足に陥ることです。

 

なので、仔猫が必要なエネルギー量を確保できるご飯の管理が必要となります。体重×200キロカロリーが目安となります。これを参考に、キャットフードの量を決めて与えてあげてください。ただ、最初はすぐに食べないこともあるので、ミルクでふやかして与えるのもポイントです。

子猫用と表記がある物を選ぶ

子猫用の餌はよく子猫用と表記があると思います。もちろん、大人用の餌は成猫用と表記があります。大人の猫と子猫のキャットフードの一番の違いはカロリーです。

 

子猫用のキャットフードの方が、大人用よりもカロリーが高めになっています。大切な成長期には、多くのカロリーが必要なので、子猫のうちは子猫用のキャットフードでしっかりとカロリーや栄養を摂取する必要があります。また、形状や固さなど子猫に適した状態になっているので、子猫用を与えましょう。

子猫用の餌のおすすめランキング11選

第11位

ミャウミャウ

キャットフード ジューシー 子ねこ用 あじわいまぐろ

価格:731円(税込)

お買い物マラソン開催中!楽天で詳細を見る
amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

5つの成分で健康をサポートします。

おいしさ溢れるジューシーゼリータイプの子猫用フードです。お部屋で暮らす愛猫の心の健康維持に配慮してa-iペプチドを配合しています。子猫の健康な成長に配慮して骨格の発達をサポートするカルシウムや、脳の発達に配慮してDHAを配合したおすすめの子猫用フードです。

 

この子猫用フードは、総合栄養食の基準を満たすことが証明されていて、安全に与えることができます。子猫の健康な成長に配慮して5つの健康維持をサポートしています。子猫に不足がちな免疫力も高めてくれます。

 

食いつきが良いとのロコミが多く挙がっていました。なかなか餌を食べてくれないとお悩みの方にもおすすめの子猫用フードです。栄養素も満点で必要なエネルギーを蓄えることができます。また、離乳食やドライフードと混ぜて与えると子猫も食べやすくなりおすすめです。

内容量70g年齢12ヶ月まで
第10位

モンプチ

ボックス 子ねこ用 7種のブレンド 小魚・ミルク・チキン・まぐろ・かつお・にんじん・お米味

価格:615円(税込)

お買い物マラソン開催中!楽天で詳細を見る
amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

食べやすいサイズで、美味しさが広がります。

天日干しのほぐし小魚の味わいから始まり、カリッとした食感、そして一口ごとに食材の美味しさが広がる子猫用フードです。チキン、まぐろ、かつおの良質なたんぱく質が入っていて、お腹に優しいお米、カルシウム豊富な小魚、ミルクやにんじんの栄養など、子ねこの健やかな成長を美味しくサポートします。

 

7種の食材を贅沢にブレンドした食べやすい小粒タイプでおすすめです。 美味しさはもちろん、健康にもきちんと配慮した理想的な栄養バランスを実現します。栄養の偏りが心配な子猫にもおすすめです。

 

小分けになっているので、風味を逃がさずいつでも美味しいご飯を提供できます。栄養バランスの取れる配合がされているので、子猫から身体を健康にサポートすることができます。ただ、ロコミでもあったように、風味が強いので好き嫌いが分かれる商品です。 

内容量240g年齢1歳まで
第9位

ワンラック

ゴールデンキャットミルク

価格:1,858円(税込)

お買い物マラソン開催中!楽天で詳細を見る
amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

離乳食後や成猫にも与えれます。

吟味された食品原材料のみで作られた幼猫用のミルクです。成分を猫の母乳に近づけているので、生まれたばかりの子猫をこのミルクだけで哺育することができます。乳糖を調整して、お腹になかにやさしいミルクです。

 

特殊な加工技術により、溶解性に優れています。生体防御に重要なタンパク質ラクトフェリンと、DNAの構成単位で種々の機能性を有するヌクレオチドを配合しました。母乳に多く含まれ、発育をサポートするイノシトールを配合しできる限り母乳に近づけて栄養補給ができます。

 

お腹も壊すことなく、飲みつきも良いとのロコミが多く見られました。初めてのミルクでどれを与えたら良いか不安な方にもおすすめの子猫用ミルクです。母乳に近いタイプになっているので、安心して与えれます。

内容量130g年齢離乳食後~成猫
第8位

アイムス

12か月までの子ねこ用 チキン

価格:1,964円(税込)

お買い物マラソン開催中!楽天で詳細を見る
amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

免疫力を付け強い身体にサポートします。

美味しいから続く、続くから実感、日々の健康サポートを提供します。2016年にうまみ成分のリニューアルで、従来品比で美味しさが143%にアップしています。品質改良をしたおかげで、より美味し風味を味わえます。

 

粒の構造をうまみ3層コーティングにすることで、美味しさが広がります。魚由来のDHAで健康を維持し、発育期の子ねこの脳と目の発達をサポートします。 健康を維持し、子ねこ本来の免疫力を高める効果もあります。

 

食いつきが良く、小粒で与えやすいとのロコミが与えられました。子猫が食べやすい形状なので、ウェットフードからの切り替えにもおすすめの子猫用フードです。美味しさを追求しているので、ドライフードをなかなか食べてくれない子猫にも適しています。

内容量1.5kg年齢12ヶ月まで
第7位

銀のスプーン

三ツ星グルメ 健康に育つ子ねこ用(離乳から12ヶ月) お魚レシピ

価格:769円(税込)

お買い物マラソン開催中!楽天で詳細を見る
amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

様々な栄養素を一度に補給できます。

贅沢な素材のうまみたっぷりで、香ばしく焼き上げた三ツ星の美味しさを提供します。小分けタイプなので、風味や美味しさを逃さず繊維を保ったまま与えることができます。ミルクが入っているので、初めてのドライフードでも与えやすいです。

 

猫が大好きな、まぐろ・かつお節・煮干し・白身魚・しらす入りのお魚レシピです。12か月までの子猫に適した栄養バランス設計で、子ねこの健康維持をサポートします。最上級のプレミアムな味わいで、満足のいく味と栄養素を摂ることができます。

 

主食としてではなく、味に飽きた時や、合間などに与えているとのロコミが多く挙がっていました。また、美味しいのか食いつきも以前より増したとの意見も見られました。味に飽きがちな子猫におすすめの子猫用フードです。

 

 

内容量240g年齢離乳~12ヶ月
第6位

ナチュラルバランス

ホールボディヘルス キャットフード

価格:1,455円(税込)

お買い物マラソン開催中!楽天で詳細を見る
amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

グレインフリーで、アレルギーなどの心配もありません。

愛猫の生涯の健康を願い開発されたウルトラプレミアムフードです。果物や穀物の繊維質をユニークに配合することにより、愛猫の消化機能を健康に保つ手助けをします。また、グルテンフリーなので、グルテンに食物アレルギーを起こす愛猫にもおすすめです。

 

食物アレルギーの原因となる大豆・卵・乳製品・ヒマワリ油・小麦・トウモロコシは一切使用していないので、安心して与えることができます。また、全年齢対象のフードなので、成長に合わせて買い替える必要がなくコストを抑えることができます。

 

小分けされているので、便利だとのロコミが挙がっていました。アレルギーの原因になる素材は一切使用されていないので、安心して与えられます。しかし、身体に合わなくて吐いてしまったり、好き嫌いが激しいとのロコミも多く見られたので、注意しましょう。

内容量500g年齢全年齢
第5位

デビフペット

子猫の離乳食 ささみペースト 80g×12コ

価格:3,200円(税込)

お買い物マラソン開催中!楽天で詳細を見る
amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

栄養満点のペースト状の離乳食です。

鶏ささみと鶏レバーを主原料に、離乳期の子猫に必要な栄養成分をバランス良く配合しています。生後20日頃からの主食として与えられるようにペースト状に仕上げたおすすめの子猫用フードです。


DHA、オリゴ糖、カルシウムを配合し、必要な栄養素を補給できます。初めて離乳食を与える際におすすめです。ただ、いきなり大量に与えてしまうと、吐いてしまうこともあるので、少量ずつ与えてあげてください。

 

子猫に優しい素材を使用し、安心して与えられるとのロコミが挙がっていました。また、食いつきも良く下痢もならないとの意見もありました。身体が敏感なお子猫にもおすすめの子猫用フードです。ペースト状なので、飲み込みやすくなっています。

内容量80g年齢生後20日頃~
第4位

ワンラック

キャットミルク

価格:2,414円(税込)

お買い物マラソン開催中!楽天で詳細を見る
amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

母乳に近い風味で栄養満載です。

吟味された食品原材料のみで作った子猫用ミルクです。また、子猫だけでなく、成猫にも与えることができます。ただ、子猫と成猫では分量が違うので、作る際は注意しましょう。猫の母乳に近い成分で作っているので、子猫にも優しい口通りです。

 


特殊加工技術により溶解性に優れています。体の発育や健康のために大切な、必須脂肪酸がバランスよく含まれているので、しっかりと栄養を補給できます。種々の生理機能を有するヌクレオチドを強化し、猫に必須のアミノ酸タウリンを配合しています。

 

子猫から成猫まで与えることができるので、成猫の栄養補給としても活躍するといったロコミが挙げられていました。ただし、与えすぎると軟便になってしまうので、注意しましょう。缶タイプなので、容量もあり保管も困らずおすすめです。

内容量270g年齢離乳食後~成猫
第3位

ブルーバッファロー

キャットフード ライフプロテクション・フォーミュラ チキン&玄米レシピ

価格:4,103円(税込)

お買い物マラソン開催中!楽天で詳細を見る
amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自然素材のみで作られた安全性が高い猫用フードです。

こちらの子猫用フードは、自然素材にこだわり、最も多く含まれる素材に、良質なタンパク質源である鶏肉を豊富に使用しています。また、鶏や家禽の副産物ミールは、使用していないので、安全でおすすめの子猫用フードです。

 

コーン、小麦、大豆は使用せずに、玄米、大麦、オートミールといった穀類を全粒で配合すると共に、ペットフードの品質管理において重要な酸化防止剤には、自然派の素材を使用しています。製造過程での熱による栄養価の損失を出来るだけ少なくするように、コールドプロセス製法で製造しています。

 

粒が小さめで食べやすいとのロコミが挙がっていました。大粒では食べにくそうな子猫にもおすすめです。また、全年齢の猫に与えることができます。しかし、お腹が緩くなったとの意見も見られたので、お腹が弱い猫には不向きな商品です。

内容量2kg年齢全猫
第2位

Beautiii

ねこはぐ

価格:3,980円(税込)

お買い物マラソン開催中!楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

品質管理にこだわった、日本産

こちらの「ねこはぐ」は品質管理に徹底したこだわりを持っている商品です。全て国産かつ、人間でも食べられるように原材料を選定しています。ノンオイルコーティングで、人工的な風味オイルを一切使用しておりません。また、小麦粉アレルギーの猫のために、小麦粉フリー(小麦グルテンフリー)になっています

 

黒米・赤米・玄米・大麦などの国産雑穀、九州産若鳥、九州産鰹節、国産大根・人参などが含まれているため、栄養素にも問題ありません。このように徹底して、猫のための品質管理を考えている商品です。

 

 

 

内容量1.5kg年齢全年齢
第1位

ピュリナ ワン

ピュリナ

価格:1,527円(税込)

公式サイトで詳細を見るAmazonで詳細を見る
お買い物マラソン開催中!楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

健康と成長の為に作られたプレミアムなシリーズです。

ピュリナのシリーズ商品は、愛猫の健康と成長のために、必要な全ての栄養素がバランスよく含まれているだけでなく、高い栄養価、優れた消化吸収を実現します。また、抜群の美味しさをも兼ね備えたプレミアムでおすすめの商品です。

 

高品質で新鮮な原材料を使用し、抜群の嗜好性と優れた消化吸収をサポートします。子ねこと妊娠・授乳期の母猫に最適な栄養設計で、健やかな成長と発達をサポートします。新鮮なチキンに含まれる良質なたんぱく質を40%以上配合し、子猫の健康な成長を支えます。

 

素材が良く、食いつきも良いとのロコミが挙がっていました。また、お湯でふやかして工夫して与えているといった意見も見られました。子猫だけでなく、母猫にも不足しがちな栄養を蓄えることで、健康を維持できおすすめの商品です。

 

内容量2,2kg年齢母猫。1歳まで
ネスレ通販ペットフード【ピュリナ】

子猫用の餌おすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4862434の画像

    ピュリナ ワン

  • 2
    アイテムID:5092821の画像

    Beautiii

  • 3
    アイテムID:4862431の画像

    ブルーバッファロー

  • 4
    アイテムID:4862428の画像

    ワンラック

  • 5
    アイテムID:4862427の画像

    デビフペット

  • 6
    アイテムID:4862421の画像

    ナチュラルバランス

  • 7
    アイテムID:4862417の画像

    銀のスプーン

  • 8
    アイテムID:4862414の画像

    アイムス

  • 9
    アイテムID:4862408の画像

    ワンラック

  • 10
    アイテムID:4862403の画像

    モンプチ

  • 11
    アイテムID:4862400の画像

    ミャウミャウ

  • 商品名
  • ピュリナ
  • ねこはぐ
  • キャットフード ライフプロテクション・フォーミュラ チキン&玄米レシピ
  • キャットミルク
  • 子猫の離乳食 ささみペースト 80g×12コ
  • ホールボディヘルス キャットフード
  • 三ツ星グルメ 健康に育つ子ねこ用(離乳から12ヶ月) お魚レシピ
  • 12か月までの子ねこ用 チキン
  • ゴールデンキャットミルク
  • ボックス 子ねこ用 7種のブレンド 小魚・ミルク・チキン・まぐろ・かつお・にんじん・お米味
  • キャットフード ジューシー 子ねこ用 あじわいまぐろ
  • 特徴
  • 健康と成長の為に作られたプレミアムなシリーズです。
  • 品質管理にこだわった、日本産
  • 自然素材のみで作られた安全性が高い猫用フードです。
  • 母乳に近い風味で栄養満載です。
  • 栄養満点のペースト状の離乳食です。
  • グレインフリーで、アレルギーなどの心配もありません。
  • 様々な栄養素を一度に補給できます。
  • 免疫力を付け強い身体にサポートします。
  • 離乳食後や成猫にも与えれます。
  • 食べやすいサイズで、美味しさが広がります。
  • 5つの成分で健康をサポートします。
  • 価格
  • 1527円(税込)
  • 3980円(税込)
  • 4103円(税込)
  • 2414円(税込)
  • 3200円(税込)
  • 1455円(税込)
  • 769円(税込)
  • 1964円(税込)
  • 1858円(税込)
  • 615円(税込)
  • 731円(税込)
  • 内容量
  • 2,2kg
  • 1.5kg
  • 2kg
  • 270g
  • 80g
  • 500g
  • 240g
  • 1.5kg
  • 130g
  • 240g
  • 70g
  • 年齢
  • 母猫。1歳まで
  • 全年齢
  • 全猫
  • 離乳食後~成猫
  • 生後20日頃~
  • 全年齢
  • 離乳~12ヶ月
  • 12ヶ月まで
  • 離乳食後~成猫
  • 1歳まで
  • 12ヶ月まで

子猫の餌の与え方|回数・量・食べないときの対策も!

餌の与え方|量・回数

子猫の成長段階で最も重要なのが生まれたときから1才になるまで。この期間に栄養が足りないと身体が弱くなり、反対に餌を与えすぎると肥満体質になっていまいます。生まれたてから一年間は、餌の量と回数に注意しなければなりません。

 

生後3週間まではミルクを、生後4〜7週間にはふやかした子猫用のドライフードをつぶして与えましょう。ミルクの量は1週間:2〜4ml 2週間:5〜10ml 3週間:10〜15mlと徐々に増やし、一日5回程度に分けて与えます。ふやかした子猫用のドライフードは1日50g程度与えましょう。

 

生後7か月以降は離乳食や子猫用のカリカリをそのまま与えます。徐々に量を増やして、回数を一日3回程度に減らしていきます。以下のサイトでは詳しい与え方や量を説明しているので、ぜひ参考にしてみてください。

餌の与え方|食べないときの対策

子猫が突然餌を食べなくなった・・・という時は、体調不良の可能性があります。単に満腹なだけだったり好みの味でない場合もありますが、元気が無かったり餌を変えても時間が経っても食べないときは獣医さんに診てもらいましょう。

 

また、餌をミルクからウェットフードに、ウェットフードからドライフードに切り替えるときは、固すぎたり大きすぎて食べられないという可能性も高いです。餌をふやかしたりフォークでつぶしたりして、子猫でも食べやすいサイズに砕いてあげましょう。

猫と生活するための必需品はそろっていますか?

子猫の健やかな成長にのために、栄養満点の餌を選ぼう!

今回はおすすめの子猫用の餌をご紹介しました。種類も様々あるので子猫の成長に応じて適した餌を与えてあげてください。また、成分などによっては病気になってしまうリスクが高くなるので、素材などにこだわって選ぶことをおすすめします。大切な家族をできる限り長く一緒に入れるように食事にも気を使いましょう。

様々な種類の餌がありますが、子猫によって合う味・成分は違います。口コミだけでなく、実際に与えてみて様子をじっくり見てあげることを忘れないようにしてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ