記事ID133527のサムネイル画像

【子育ての味方】人気のハイローチェアおすすめランキング10選

ハイローチェアは育児をサポートする機能が充実しています。赤ちゃんがご機嫌ななめ、でも手が離せない、トイレに行きたい、お風呂に入りたいというときに、ゆらゆらリズムであやしてくれるのがハイローチェアです。ハイローチェアの選び方と、おすすめランキングをご紹介します。

『ハイローチェア』には、育児をサポートする機能がいっぱい!

ママの抱っこのように、ゆらゆらとあやしてくれるのがハイローチェアです。高さ調整が可能でリクライニング機能もあり、ママの育児をサポートする機能が充実しています。ママのかわりに赤ちゃんをあやしてくれるハイローチェアですから、活躍するシーンはたくさんあります。

 

ご機嫌ななめな赤ちゃんをあやしたいけど、手が離せないという経験はあるでしょう。そんなときはハイローチェアが、赤ちゃんをゆらゆらリズムであやしてくれます。トイレやお風呂のときなど、赤ちゃんに待っていて欲しいときにも便利です。

 

特に高齢出産や帝王切開で、赤ちゃんの抱っこがつらい方におすすめです。しかし、ハイローチェアの相場は1万5千円~7万円なので、購入をためらう方もいるでしょう。買ってよかったと思えるハイローチェアの選び方と、ママから人気のおすすめハイローチェアをご紹介します。

 

ハイローチェアの選び方

ハイローチェアの価格には幅がありますが、買ってから「これじゃない!」ということでは困ります。そこでハイローチェアを選ぶときに、押さえておきたいポイントをご紹介します。

【電動スウィングと手動スウィング】

初に決めるのはスウィング機能の仕様です。スウィング機能には電動と手動の2種類があります。それぞれにメリットとデメリットがあるので、その違いを見てみましょう。

電動スウィング

スイッチを入れると設定したリズムで動いてくれるので、家事をしながら赤ちゃんをあやせます。揺れるリズムも赤ちゃんの状態に合わせて選べるので、ママの負担も減るでしょう。スイッチを切ると手動スウィングになるので、状況や環境に応じた使い分けができます。

 

電気を動力源とした他のサポート機能も充実しまが、そのぶん価格が高くなるのでるので経済的負担も大きいでしょう。電源コードが必要なので使用場所を制限され、電気代がかかるのもデメリットです。

手動スウィング

電源コンセントが不要なので、使用場所を制限されません。シンプルな機能で電気代がかからず、価格も安いので経済的です。しかし、手動で揺らすので付きっきりになり、手も疲れます。また、電動に比べると機能が見劣りします。

 

赤ちゃんも成長とともに重たくなるので、ママの負担も増えるでしょう。抱きっぱなしではママが疲れ切ってしまうので、手動式のハイローチェアも実用的です。寝かしつけるときに手で揺らしながら優しく語りかけたり、子守唄を歌いながら使うことで赤ちゃんも安心するでしょう。

【機能を確かめる】

ハイローチェアの機能を見てみましょう。付いていて当たり前の機能でも、モデルによって細かい仕様が異なります。

スウィング機能

電動スウィングは入眠を誘うリズムや、ぐずっているときに落ち着かせるリズムなどを、決められた設定の中から選択することが可能です。そのリズムの種類やスピードの調整は、プログラムで決まります。機種によって異なるので、購入する前に仕様を確かめましょう

 

また、スウィングの機能が充実するほど活躍するシーンは増えますが、価格にも影響します。ご予算の範囲で必要なスウィング機能を満たしていくようにしましょう。

リクライニング機能

ハイローチェアにはリクライニング機能も備わっています。赤ちゃんも天井ばかりを見ていると、飽きてくるのでぐずりだすでしょう。生後間もないころは寝かせたままでも、リクライニング機能は成長段階によって必要になります。

 

ハイローチェアはベビーチェアとしての機能もあるので、リクライニングの仕様は大切です。離乳食を食べるようになると使うので、どの角度で何段階にリクライニングをするのか、チェックをしましょう。

高さ調整機能

ハイローチェアはハイ&ローチェアの略なので、高さを調整する機能が備わっています。これがバウンサーとの違いです。床に座った姿勢や椅子に腰をかけた姿勢、立った姿勢など、赤ちゃんを見るときの状況は変わるでしょう。ハイローチェアは使用する状況に応じて、柔軟な高さ調整が可能です。

 

高さを調整することで、ママの体にかかる負担を減らせます。使用する環境や身長に合わせて、高さの調整が可能な範囲を確かめましょう

キャスターとストッパーを見る

キャスターの種類は進行方向が決まっている固定キャスターと、方向が360度回転をする自在キャスターの2種類です。ハイローチェアにはキャスターが付いていますが、使用しているキャスターの組み合わせによって主に2つの仕様に別れます

 

前輪が自在キャスターで後輪が固定キャスターのタイプと、全輪が自在キャスターのタイプです。前輪が自在キャスターのタイプは自動車のように、進行方向を決めた前輪のあとを後輪が追います

 

全輪が自在キャスターのタイプは横方向への移動も可能で、ハイローチェアを壁際に寄せたいときに便利です。キャスターの素材にはプラスチック製とゴム製があり、ゴム製キャスターの方が音は静かです。

クッション性を見る

ハイローチェアの多くは対象年齢が0歳から4歳です。新生児でも安心して使えるように、クッション性のよいものを選びましょう。それぞれのメーカーが工夫を凝らしていますが、購入をする前にクッションの仕様をご自分でも確かめるようにしましょう。

 

また、寝ている時間が長い赤ちゃんのために、通気性のよいものを選ぶことも大切です。通気性が悪いと蒸れて不快なばかりではなく、風邪をひいたり汗疹などもできるでしょう。赤ちゃんのお肌はデリケートなので、健康のために通気性も確かめましょう。

 

 

ベルトの仕様を見る

ハイローチェアには、チャイルドシートのようなベルトも付いています。赤ちゃんは成長をすると、寝返りを打つようになります。ベルトは赤ちゃんがハイローチェアから転げ落ちないように、赤ちゃんを固定するためのものです。

 

ベルトの素材や固定方式も機種によって違います。赤ちゃんが上下左右にズレないように、5点式になっているのが一般的です。また、ベルトを柔らかい素材で包んでいるタイプもあります。ハイローチェアはベビーチェアにもなるので、転落防止のベルトは大切な装備です。

 

 

リモコン付き

電動スウィング式の機種は、リモコンが付いていると便利に運用できます。ハイローチェアは移動が可能なのでママのそばに置けますが、油を使った料理をしているときなど、常に手の届くところに置いておくということはできません。

 

すぐに赤ちゃんのそばに行けない状況のときでも、リモコン付きなら離れた場所から操作が可能なので、ママの行動の制限を減らせます。しかし、機能が増えるほど価格も高くなるので、ご予算に応じて選びましょう。

メロディー機能

電動スウィングタイプのハイローチェアには、メロディー機能を備えた機種もあります。予めセットされているメロディーのほかに、自分の好きな音楽を流せるものなど、機種により仕様は異なります

 

赤ちゃんがじっと聞き入る曲ならぐずっているときに、静かな曲なら入眠を誘うときにいいでしょう。ハイローチェアのスウィングとメロディーの併用で効果も高まります。メロディー機能付きのハイローチェアを購入したい方は、メロディー機能の仕様をチェックしましょう。

 

小物入れ付き

オムツを交換したり、よだれをハンカチやガーゼで拭いてあげたり、赤ちゃんのお世話には小物がよく使われます。小物入れによく使う育児グッズを入れておくと、ハイローチェアから離れずに必要なものを用意できます。ママの移動を少なくできるので育児の負担も減るでしょう。

 

育児グッズを素早く用意できる小物入れは赤ちゃんのためになりますが、それ以上にママの育児サポートとしての役割が大きいでしょう。小物入れはママのためにも欲しい機能です。

ベビーチェア機能

リクライニング機能は首すわりが済んだ赤ちゃんを座らせるための機能ですが、首すわりが済んで2~3ヶ月ほどで離乳食を試す時期に入ります。ハイローチェアはベビーチェアとしての機能があり、テーブルをセットできます

 

ベビーチェアとして使いやすいように、テーブルは広めの方がいいでしょう。また、成長過程や個人差により、赤ちゃんの体格も異なります。テーブルを前後にスライドできるタイプがおすすめです。

 

離乳食の時期が終わって自分でご飯を食べるようになると、家族と一緒の食卓に付きます。家族と一緒の食卓と、ベビーチェアの高さが合っていることが大切です。ベビーチェアとしての高さは高さ調整機能と関係します

【その他のチェックポイントも確認】

育児をサポートするために確かめておきたい、その他のポイントをご紹介します。ママの負担を減らせるので、ぜひチェックしましょう。

静音性をチェックする

赤ちゃんを落ち着かせたり入眠を誘うハイローチェアの運転音が、うるさかったらお話になりません。メーカーも考慮して設計しているので、呆れるほど運転音が大きなハイローチェアはないでしょう。逆に、静かなハイローチェアの運転音を、更に静かにしたという機種はあります。

 

運転音は静かなほどいいので、各ハイローチェアの仕様を確かめましょう。特に寝静まっている時間帯に使用するときは、小さな音も耳障りに感じるものです。運転音は小さいほどいいのです。

部屋の広さに合うサイズを選ぶ

ハイローチェアは結構サイズが大きいので、使用するスペースを確保できるかは大切なポイントです。同じハイローチェアでも量販店など広い売り場で見るときと、自宅の部屋で見るときでは大きさのイメージが違います。

 

量販店ではそれほど大きく感じなかったハイローチェアも、自宅に運んでみるとその大きさに驚くこともあります。機種によってサイズは異なりますが、極端にコンパクトなものというのはありません。また、サイズは使用しなくなったあとの収納にも影響します。

洗いやすいものを選ぶ

赤ちゃんがおとなしく寝てくれている時期はいいのですが、離乳食が始まるとハイローチェアも汚れやすくなります。自分で食べたがるようになると更に汚れます。赤ちゃんグッズのスタイ(よだれかけ)に、食べこぼしを受けるポケット付きがあるほどです。

 

そうなると、ハイローチェアのクッションを洗わなくてはいけません。クッションを簡単に脱着できるか、仕様を確かめましょう。育児をサポートするハイローチェアのお手入れが困難では、逆にママの負担も大きくなります。

 

クッションを洗濯機で丸洗いできるものがいいでしょう。また、洗ったあとに乾くのが早いものが使いやすいでしょう。洗いやすくて乾きやすいものを選びましょう。

使用する期間を確かめる

例外もありますがハイローチェアの多くは、対象年齢を0~4歳と設定しています。したがって、ハイローチェア自体は4歳まで使用できるように、成長に合わせた調整が可能です。しかし実際に4歳までハイローチェアを使うのは稀でしょう。

 

ハイローチェアはサイズが大きいので、邪魔になってくるという人が多いのも事実です。試用期間を短く考えている方は、ハイローチェアにかける予算を考えることも大切です。また、ハイローチェアには1.5歳くらいまでを対象年齢としている機種もあります。

 

ハイローチェアは高価な機種も多いので、特に長く使いたい方にとって、使用期間に合う機種を選ぶのは重要なことです。

大人気のハイローチェアおすすめ11選

ママたちから喜びの声が送られた、『大人気のハイローチェアおすすめランキング10選』をご紹介します。おすすめのポイントを、ぜひチェックしてください。

第11位

アップリカ

ユラリズム オート プレミアム プラス フォルテシモBR 91123

価格:74,864円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

【電動スウィング】ユラリズムオートでママの抱っこのようなスウィングと豊富なリズム

日常生活の中では大人の目線が水平なのに対し、赤ちゃんの目線は垂直です。常に天井を向いている赤ちゃんは、蛍光灯の明かりを受け続けていることになるのです。赤ちゃんを紫外線や眩しい明かりから守るために、遮光率99.9%の幌を搭載しています。

 

ごきげんななめな赤ちゃんも、ママが抱っこをすると安心して落ち着きます。長い間ママのお腹にいた赤ちゃんは、ママのリズムが好きなのでしょう。ママのゆらゆら抱っこを解析したスウィングプログラムが、赤ちゃんをじょうずにあやします。

 

赤ちゃんを眠りに誘うリズムのほかに、あやしたり落ち着かせたいときのリズムなど、赤ちゃんの状態によって豊富なリズムの中から選べます。クッションは丸洗いが可能なので、衛生面を気にするママも安心でしょう。4輪キャスターで移動も楽です。

対象年齢0~4歳重量
サイズ高72~105 幅54.5 奥86.5~89.5その他電動
第10位

アップリカ

ユラリズム エアークッション

価格:21,600円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

【手動スウィング】通気孔があるから通気性がいい。イージーウォッシュでいつも清潔

クッションの下にシートを装備しているので、赤ちゃんを柔らかく受け止めて寝心地のいい環境が整えられます。クッションは丸洗いできる仕様で、新生児パッドは手洗いが可能です。股関節の脱臼に配慮されたベルトも安心できます。

 

クッションの背中には通気孔があるので、蒸れや汗が気になるママはチェックしてみましょう。手動スウィングですが、指一本で押せるほど軽い動きです。

対象年齢0~4歳重量
サイズ高40.5~97 幅54.5 奥70~88.5その他手動
第9位

カトージ

スイングハイローラック

価格:15,984円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

【手動スウィング】3段階のリクライニングで、場面によって使い分け可能

4段階の高さ調節と、3段階のリクライニング機能が搭載されています。座高の高さは54/49/45/22cm・テーブルの高さは70/65/61/38cmに調整できます。リクライニング機能は120°/140°/165°にできるので、睡眠時も食事の時も、場面に合わせて使えます

 

テーブルは取り外し可能で、汚れてしまっても丸洗いできるので便利。通気性の良いシートで赤ちゃんも快適です。タイヤ&ストッパーも付いているので安心。室内のどこでも、ママのそばで快適に過ごせます

対象年齢0~4歳 重量
サイズ幅56×奥行88×高さ70~100cm その他手動

8位 JTC『ハイロースイングラック 』

第8位

JTC

ハイロースイングラック

価格:13,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

【手動スウィング】リーズナブルな価格でも、ハイローチェアとしての機能はしっかり揃っています

手動スウィングですが、スウィングロック機能も装備しています。キャスターは後輪がロック可能な仕様です。リーズナブルな価格ですがハイローチェアとしての機能はしっかりしていて、3段階のリクライニングと4段階の高さ調整が可能です。

 

できるだけ安価なものが欲しいという方におすすめです。成長とともに赤ちゃんも重たくなるので、赤ちゃんを抱っこするママの負担を減らせます。

対象年齢0~4歳重量13㎏
サイズ高38.5~101 幅54.5 奥86~92その他手動
第7位

アップリカ

ベーシック ピアッタ 2026681

価格:14,300円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

【手動スウィング】テーブルは片手で素早く取り外しが可能。細かい調整機能付き

クッションのほかに汗取りシートが付いているので、汗っかきな赤ちゃんも安心です。もちろんクッションも汗とりシートも丸洗いができます。キャスターは前輪自在で後輪はストッパー付きです。

 

ベビーチェア用のテーブルは片手で取り外しが可能なので、食事後のお手入れも素早くできます。さらに前後3段階での位置調整が可能です。高さとリクライニングは各5段階なので、細かい調整ができます。

対象年齢0~4歳重量
サイズ高40.5~97 幅54.5 奥70~88.5その他手動
第6位

ジェーティーシー

ナチュラルハーモニー

価格:15,990円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

【手動タイプ】ベビーラックが便利。いっぱい動く赤ちゃんも、のびのびワイドロングシート

クッションの中にインナークッションが入っているので、厚みがあって柔らかな肌触りは赤ちゃんを眠りへと誘うでしょう。手動スウィングでリーズナブルな価格なのに、高級機種のようなふわふわクッションです。

 

ワイドロングシートなので、手足をいっぱい動かす元気な赤ちゃんものびのびできます。ゆったりしたシートでぐっすり眠っている間は、ママの大切な休憩タイムです。テーブルは縁付きなので、飲み物をこぼしても安心です。

 

本体下にはベビーラックが付いているので、オムツやおしり拭きを置くといいでしょう。

対象年齢0~4歳重量10㎏
サイズ高88.5 幅57 奥88その他手動
第5位

アップリカ

ユラリズム オート ネオ カンタービレ

価格:39,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

【電動スウィング】8曲の子守唄とユラリズムオートが、赤ちゃんを夢の世界へ誘います

赤ちゃんはママの抱っこが好きですが、忙しいママは常に抱っこをしてあげられません。ママが見えるところで、ママのようなゆらゆら抱っこをしてくれるユラリズムオートが、赤ちゃんを安心させます。

 

ママを育児をしっかりサポートするために、クッションは洗濯機で丸洗いが可能な仕様です。オルゴール音で奏でる8曲の子守唄が、赤ちゃんをウトウトと心地いい眠りに誘うでしょう。キャスターは4輪自在で、全てにストッパー付きです。

対象年齢0~4歳重量
サイズ高37~102 幅54 奥72~90その他電動

4位 コンビ『ネムリラ AUTO SWING BEDi おやすみドーム EG』

第4位

コンビ

ネムリラ AUTO SWING BEDi おやすみドーム EG

価格:60,478円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

【電動スウィング】赤ちゃんのやわらかな頭を優しく支える、エッグショック搭載

スリープシェルは赤ちゃんの眠りに理想的な暗さを作るので、日中のお昼寝もすやすやです。周囲の光環境の影響を大きく受ける赤ちゃんのために、「夜はつくれる」のキャッチコピーに負けない、質のいい睡眠環境を整えます

 

ママに抱かれている環境を作るダッコシートプラスと、センサー内蔵で揺れを一定に保つオートスウィングが、赤ちゃんに理想的な環境を作るでしょう。新生児のやわらかな頭を側頭部まで優しく支えるおやすみピローで、ママをしっかりサポートします。

 

シートクッションとダッコシートは、もちろん洗濯が可能です。リバーシブルのシートは光沢面がはっ水仕様なので、離乳食の時期も安心して使用できます。

対象年齢0~4歳重量
サイズ高41~107.5 幅52.5 奥69~94.5その他電動
第3位

コンビ

ネムリラ エッグショック CE

価格:23,762円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

【手動スウィング】ママの抱っこに近い、なめらかなスウィング。充実した機能が大人気

ンナークッションの頭部には、新生児の頭を優しく支えるエッグショックを内蔵しています。ママの抱っこに近い滑らかな手動スウィングが、おすすめのポイントです。寝かしつけから泣き止ませまでお任せできるので、ママの負担を減らすでしょう。

 

ローポジションからダイニングテーブルに対応したハイポジションまで、環境に合わせて幅広い柔軟な高さ調整が可能です。移動がらくな4輪自在キャスターは、床を傷つけないラバー製でロック機能が付いています。

 

ベビーチェアモードでは、ワイドテーブルが赤ちゃんのお食事をサポートするので、離乳食のときも使いやすいでしょう。手動スウィングですが、充実した機能で大人気です。

対象年齢0~4歳重量
サイズ高41~102 幅52 奥69~88その他手動
第2位

コンビ

ネムリラ FF リバーシブルシートモデル

価格:19,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

【手動スウィング】お値段以上の機能と性能。幅広い調整機能が使えるシーンを広げます

なめらかな優しいスウィングが、赤ちゃんをじょうずにあやします。引っ張るだけでフィットするベルトや、丸洗いが可能なクッションなど、使いやすい機能が盛りだくさんです。ステップと連動したリクライニングは快適な姿勢を保つので、赤ちゃんのストレスも減るでしょう。

 

すやすやサポートの手動スウィングや幅広い高さ調整、3段階調整が可能なワイドテーブルなど、お値段以上の機能と性能で育児のサポートも申し分ありません。赤ちゃんが自由に走り回るようになるまで、赤ちゃんお気に入りのポジションになるでしょう。

対象年齢0~4歳 重量8.6kg
サイズ高41~102 幅52 奥63~88その他手動
第1位

コンビ

ネムリラ AUTO SWING エッグショック

価格:35,497円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

【電動スウィング】 電動なのにモーターを使わないサイレントスウィングがおすすめのポイント

大人気の理由はサイレントスウィング機能です。電動なのにモーターを使っていないので、静音性に優れています。ママの抱っこに近い静かで優しいスウィングが、赤ちゃんの眠りをサポートします。オルゴールの音質で奏でる名曲が、赤ちゃんを心地よい眠りに誘うでしょう。

 

インナークッションの頭部内蔵されたエッグショックは、新生児のやわらかい頭をそっと支えます。育児グッズを収納できるボックス付きで、移動することなく素早くお世話ができるのでママの負担も減るでしょう。

 

家事で手が離せないときも、オートスウィングがママをしっかりフォローします。電源オフで手動スウィングにもなるので、シーンに合わせて使い分けましょう。ママと赤ちゃんに嬉しいハイローチェアです。

対象年齢0~4歳 重量
サイズ高41~102 幅52 奥63~88その他電動

ハイローチェアのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5033730の画像

    コンビ

  • 2
    アイテムID:5033722の画像

    コンビ

  • 3
    アイテムID:5033717の画像

    コンビ

  • 4
    アイテムID:5033713の画像

    コンビ

  • 5
    アイテムID:5033710の画像

    アップリカ

  • 6
    アイテムID:5033705の画像

    ジェーティーシー

  • 7
    アイテムID:5033700の画像

    アップリカ

  • 8
    アイテムID:5033697の画像

    JTC

  • 9
    アイテムID:5033774の画像

    カトージ

  • 10
    アイテムID:5033691の画像

    アップリカ

  • 11
    アイテムID:5033674の画像

    アップリカ

  • 商品名
  • ネムリラ AUTO SWING エッグショック
  • ネムリラ FF リバーシブルシートモデル
  • ネムリラ エッグショック CE
  • ネムリラ AUTO SWING BEDi おやすみドーム EG
  • ユラリズム オート ネオ カンタービレ
  • ナチュラルハーモニー
  • ベーシック ピアッタ 2026681
  • ハイロースイングラック
  • スイングハイローラック
  • ユラリズム エアークッション
  • ユラリズム オート プレミアム プラス フォルテシモBR 91123
  • 特徴
  • 【電動スウィング】 電動なのにモーターを使わないサイレントスウィングがおすすめのポイント
  • 【手動スウィング】お値段以上の機能と性能。幅広い調整機能が使えるシーンを広げます
  • 【手動スウィング】ママの抱っこに近い、なめらかなスウィング。充実した機能が大人気
  • 【電動スウィング】赤ちゃんのやわらかな頭を優しく支える、エッグショック搭載
  • 【電動スウィング】8曲の子守唄とユラリズムオートが、赤ちゃんを夢の世界へ誘います
  • 【手動タイプ】ベビーラックが便利。いっぱい動く赤ちゃんも、のびのびワイドロングシート
  • 【手動スウィング】テーブルは片手で素早く取り外しが可能。細かい調整機能付き
  • 【手動スウィング】リーズナブルな価格でも、ハイローチェアとしての機能はしっかり揃っています
  • 【手動スウィング】3段階のリクライニングで、場面によって使い分け可能
  • 【手動スウィング】通気孔があるから通気性がいい。イージーウォッシュでいつも清潔
  • 【電動スウィング】ユラリズムオートでママの抱っこのようなスウィングと豊富なリズム
  • 価格
  • 35497円(税込)
  • 19800円(税込)
  • 23762円(税込)
  • 60478円(税込)
  • 39800円(税込)
  • 15990円(税込)
  • 14300円(税込)
  • 13800円(税込)
  • 15984円(税込)
  • 21600円(税込)
  • 74864円(税込)
  • 対象年齢
  • 0~4歳
  • 0~4歳
  • 0~4歳
  • 0~4歳
  • 0~4歳
  • 0~4歳
  • 0~4歳
  • 0~4歳
  • 0~4歳
  • 0~4歳
  • 0~4歳
  • 重量
  • 8.6kg
  • 10㎏
  • 13㎏
  • サイズ
  • 高41~102 幅52 奥63~88
  • 高41~102 幅52 奥63~88
  • 高41~102 幅52 奥69~88
  • 高41~107.5 幅52.5 奥69~94.5
  • 高37~102 幅54 奥72~90
  • 高88.5 幅57 奥88
  • 高40.5~97 幅54.5 奥70~88.5
  • 高38.5~101 幅54.5 奥86~92
  • 幅56×奥行88×高さ70~100cm
  • 高40.5~97 幅54.5 奥70~88.5
  • 高72~105 幅54.5 奥86.5~89.5
  • その他
  • 電動
  • 手動
  • 手動
  • 電動
  • 電動
  • 手動
  • 手動
  • 手動
  • 手動
  • 手動
  • 電動

ハイローチェアはいつまで使える?

ハイローチェアは、一体いつまで使えるのでしょうか。今回取り上げたハイローチェアのほとんどは0歳~4歳までが対象年齢であり、18kgまで使用可能となっています。角度や高さを調節できるので、大きくなってもイスとして使うこともできます。

 

ただ、寝返りを打ち始めると落下してしまう恐れがあったり、ハイローチェアに座るのを嫌がるお子さんもいるようなので、早ければ1歳になる前に使わなくなるかもしれません

 

お子さまの様子によって使えるか使えないかは異なります。実際に使い始めてもお子様が嫌がって全く使わなかった、ということもあり得るので、初めはレンタルしてみてはいかがでしょうか。試してみて問題なければ、実際に購入してみるのも良いかもしれません。

関連記事はこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか。電動スウィングも手動スウィングも、ママの抱っこに近づける工夫があります。ハイローチェアは赤ちゃんに優しく、そしてママの育児をサポートする心強いパートナーになるでしょう。ママのための機能もあるので、ママのためにも欲しい育児グッズではないでしょうか。ハイローチェアの選び方を参考に、赤ちゃんとママにとって相性のいいパートナーを見つけてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ