記事ID133497のサムネイル画像

【機能性&おしゃれ!】今人気の親子ベッドおすすめランキング10選!

親子の触れ合いを大切にしつつ、一人寝ができる親子ベッド。子どもの顔を見ながら眠れる、スペースを有効活用できる、ライフスタイルに合わせて活用できる…実はメリットたくさんの賢い選択なんです。今回は、今人気の親子ベッドの魅力、選び方やおすすめ商品をご紹介します。

親子ベッドの魅力

親子ベッドをご存知ですか?二段構造になっていて、上段のベッド下から、下段のベッドを引き出して使うことができるベッドを言います。

 

親子ベッドの最大の魅力は、なんといっても相手を近くに感じることができる点です。上段の子どもはすぐに下で眠るお母さんの顔を見下ろすことができますし、下段のお母さんも少し起き上がれば子どもの寝顔を見守ることができます。

 

また、起きている間は下段のベッドを上段の下にスライドして収納しておくことで、通常のベッドを並べて置いておくよりもずっと、お部屋のスペースを広くつかうことができるのも人気の理由の一つでしょう。

 

更に、一緒に寝ていた子どもが成長し別々に寝るようになったら、使わなくなった下段ベッドは収納スペースとして活用したり、製品によってはベッドを分割してそれぞれシングルベッドとして使用することも可能です。一つの製品で長く使うことができるのも魅力です。

親子ベッドの選び方

一口に親子ベッドといっても、様々なメーカーから様々なベッドが発売されています。親子ベッドが様々な面でメリットの多いものだからこそ、各メーカーがそれぞれの思いやこだわりを込めた商品づくりをしています。その家族によって魅力的な特徴は違うので、自分だけの、より良い商品に出会うことができるよう、ここでは、自分の家族に合った親子ベッドの選び方をご紹介します。

まずは機能面をチェック

なんといってもベッドは毎日使うもの。そして、子どもの成長に欠かせない「眠り」を任せる家具です。その機能をよく理解し、自分にとっての最適な形を見つけることが、合う商品を見つけるためには不可欠です。まずは機能面、使い勝手の良さについて見ていきたいと思います。

ベッドの高さ

まず大きな特徴は、ベッドの高さ、特に上段のベッドの高さです。高い場合も低い場合もメリット・デメリットがありますので、よく考えてちょうどいい高さを選ぶことが大切です。

 

上段ベッドが低いものは上段ベッドから天井までのスペースが十分あり、圧迫感を感じません。また、万一寝ている間に上段ベッドから下段ベッドへ転落することがあっても、その落差が小さく、安全です。

逆に、上段ベッドが高いものの魅力は収納力です。下段ベッドのスペースが広いため、寝具をのせたまま収納することができます。また、子どもが大きくなって親子ベッドを卒業した後、下段ベッドを収納スペースとして使用する際にも、より多くのものをしまうことができます。

 

一部には、高さが調整できるベッドもあります。こちらも、子どもの成長に合わせて変えていくことができ、便利に使うことができそうです。

ベッドの広さ

そもそも親子ベッドのコンセプトはベッドを重ねて収納することでスペースを広くつかうことにありますから、ベッドサイズもあまり大きくないものが多くなっています。

 

収納性を重視した場合、小さなベッドであればお部屋がより広く使えますが、その分下段ベッドが一般的なシングルサイズよりも小さく、既存のベッドマットで適合するものが限られるものもあります。一方で、兄弟や家族みんなで使うことを想定し、ダブルベッドサイズの大きなベッドもあります。大きめのサイズのベッドを選べば、添い寝が必要な年齢の頃から通して使い続けることも可能です。

 

お部屋の大きさや利用シーンに合ったベッドを選ぶことが大切ですから、ベッドのサイズはきちんとチェックした方がいいでしょう。

発展性

子どもが小さいうちは上段に子ども、下段にお母さんでそばで眠る時間が幸せですよね。でも少しずつ大きくなると、自分の部屋がほしくなったり、お母さんと並んで眠ることから卒業するようになるでしょう。親子ベッドを卒業した後、新たにベッドを買うとなるとまたまとまった支出になり、負担も大きくなってしまいますよね。

 

商品によってですが、例えば子どもしか使わなくなる、あるいは子どもが独立して使わなくなったの後も、下段を引き出し収納として使用できるものもあります。あるいは、外して独立した2台のベッドとして使用することができるものも多いです。せっかく買うのですから、ライフステージの変化に合わせて形を変えて長く使い続けられるものを選ぶのもポイントです。

安全性も大事!

子どもが使うものですから、親が最も気にするポイントは、やはり安全性なのではないでしょうか。不安な点のある寝具では気持ちよく安眠することもできません。親子共に安心して眠ることができるように、チェックすべきポイントをお伝えします。

柵の有無、形状

親子ベッドの場合、子どもが使用することを踏まえて、上段ベッドに転落防止のため安全柵がついているものが多くあります。柵の位置も、ベッドをぐるりと一周するようにあるものや、はしご部分だけ開いているもの、頭側だけあるもの等があります。柵の素材も、ベッド素材同様複数あります。

 

柵はあれば転落のリスクは減りますが、その分圧迫感を感じる原因ともなります。柵があることで、ベッドに入ることを嫌がる子供もいるかもしれません。その場合は、例えばベッド自体を低くすることで、柵なしで安全性を担保している商品もあります。柵がないということは、お部屋のレイアウトの自由度が広がることにもつながります。

 

柵はあればいい、なければいいというものではありませんので、お部屋の作りや子どもの特徴に合わせて、柵は必要なのか、最も合う柵はどんな形なのかも考えてみるといいでしょう。

耐荷重

子どもはあっという間に大きくなりますよね。子ども用のベッドだからと、耐荷重が軽めの商品を選ぶと、長く使い続けると不安が出てくることもあるかもしれません。逆に子どもが小さいうちは、隣のベッドに親がいるとはいえ、一人が不安で、添い寝が必要な時もあるかもしれません。その場合は、大人と子ども1人ずつの体重を支えてくれるベッドでなければいけません。

 

長く使いたい、たまには添い寝をするかもしれない等の理由があれば、耐荷重には余裕をもっておいた方が安心です。二段ベッドでは、床面のすのこが損傷して上段ベッドに寝ていた人が転落したという事故もあるようです。購入前には、何kgまで安全に使用することができるのか、確認しておいた方がいいでしょう。

 

尚、耐荷重は寝る人の体重に加え、寝具の重さも含まれる点も注意してくださいね。

メーカー保証の有無、保証期間

毎日人の体重を支えている家具ですから、経年とともにダメージは蓄積していきます。特に子どもはベッドの上に立ったり歩いたり、あるいは飛び跳ねたりすることもあるでしょう。すると、ベッドの床面には一部に強い力がかかり、とても強いダメージを受けることになります。このようなダメージが蓄積して、使用とともに破損が生じる可能性があります。

 

前述しましたが、ベッドの破損は寝ている人の落下や、怪我につながる恐れがありとても危険です。こういった破損は小さな破損のうちに見つけて交換することが有効です。けれど、またベッドを買うとなると負担が大きいですよね。

 

メーカーによっては、ベッドの経年劣化での破損に対し、保証期間内であれば無料で修理や交換をしてくれる場合があります。これはメーカー毎の取り決めになるので、購入時にはぜひ保証はあるのか、ある場合は何年間保証されるのかを調べてみることをおすすめします。

見た目も外せないポイント!

ぱっと見た瞬間に一番違いが分かりやすいのがこの項目です。ベッドはお部屋の中では一番大きい家具であることも多く、ひときわ目を引く存在です。ベッドのイメージでお部屋のイメージがほぼ決まるといっても過言ではありません。機能性、安全性共に納得できるものがあったとして、お部屋のインテリアとして、やっぱり見た目は外せないですよね。大好きなお部屋になるように、見た目にもしっかりこだわって選んでください。

素材

木製、金属製、ファブリック素材等。木製なら暖かい印象、金属製ならスタイリッシュな印象、等、ベッドフレームの素材によって、受ける印象はずいぶん変わってきます。そして、ベッドの印象はそのままお部屋の印象につながると思います。気持ちよく眠れるお部屋のイメージをしっかり持って、そのイメージに近いベッドを買うことが安眠への近道です。

 

また、素材の重要性は見た目だけでもありません。素材のそれぞれに、ベッドでの眠りを快適にする特性があります。木は防湿性に優れていますし、すのこであればさらに通気性もよく、カビの発生を抑えることができます。

 

ベッドにはずっと寝具がのっているわけですから、防カビの取り組みはとても大切です。金属製であればもほかの素材よりも衝撃に強く、耐久性が高い傾向にあります。これも毎晩体重を支えているベッドには必要な特性のひとつです。

 

また、木材の場合、塗装の材料が刺激性であったりすることもあります。もし刺激に敏感な子どもが使う場合には、材料の産地や塗装の種類にも気を配る必要があります。素材は製品の性質を大きく左右します。見た目/機能両面から、色々な素材を選択肢として検討してみてください。

デザイン

子ども部屋に置くものですから、かわいいもの・かっこいいものを置いてあげたいですよね。市販されている親子ベッドにも色々なデザインのものがあります。できるなら、子どもがわくわくするような、夜寝る時間が楽しみになるような素敵なベッドを選んであげたいですよね。好みに合ったベッドを見つけられるように、子どもと一緒に選んでみるのはどうでしょうか。

親子ベッドの人気ランキング10選

ここまでご紹介した選び方のポイントをもとに、実際に販売されている商品を見ていきたいと思います。ここからは今人気の親子ベッド商品を、ランキング形式でご紹介します。

第10位

充英アート

【ヒュプノス】ナチュラル

価格:37,584円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

王道商品。飽きのこないデザインと素材で長く使えるベッド。

親子ベッドとしては王道のデザインのベッドです。下段ベッドはキャスター式で稼働し、子どもでも引き出し可能。主張の強すぎないナチュラルなデザインなので、お部屋のイメージを問わず幅広く使えます。

 

木製すのこベッドなので、通気性も抜群。年中安心して使用できます。また、木の温かみとナチュラルカラーのイメージで安心感を与え、毎日の安眠につながるでしょう。

ベッドサイズ(上段)100×202.4cmベッドサイズ(下段)100×198cm
素材天然木(フィンランドパイン材)耐荷重90kg
カラーバリエーションナチュラル、ホワイト
第9位

VEGA CORPORATION

北欧パインロフトベッド

価格:52,990円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

北欧デザインがかわいいロフトベッド。

今とても人気の北欧デザインですが、そのかわいさはベッドにも健在です。こちらは北欧発のロフトベッドですが、よくあるベッドと違い、上り下りがはしごではなく階段式になっています。そのため、デザインとしてもかわいらしさがありますし、何より、小さな子どもでも安全に上り下りすることができます。

 

またカラーバリエーションも豊富。定番のナチュラルに加え、ダークブラウン、ホワイト、ライトブラウン、そしてホワイト×ライトブラウンのバイカラーの展開があります。バイカラーのベッドはとてもレア。子ども部屋をぱっと明るくかわいく演出してくれます。

ベッドサイズ(上段)197x99cmベッドサイズ(下段)なし 下段ベッドは別途購入する必要があります。
素材天然木(パイン材)耐荷重90kg
カラーバリエーションナチュラル、ダークブラウン、ホワイト、ライトブラウン、ホワイト×ライトブラウン
第8位

Links

ツインベッドフレームベッド

価格:29,800円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

デザインと機能性のバランス型ベッド。リーズナブルな価格設定も嬉しい。

このベッドの最大の特徴はその値段です。子ども用品はその種類も交換頻度も多く、なにかと出費がかさむもの。そんな中、2万円台で親子ベッドが買えるのはとてもうれしいですよね。

 

価格はお安いですが、転落防止用の柵もあり、構造もしっかり。機能面でも文句のない親子ベッドです。デザインもスタイリッシュなモノトーンで、幅広いお部屋で活躍しそうです。

ベッドサイズ(上段)206x107.5cmベッドサイズ(下段)200x102cm
素材フレーム:パイン材、プリント化粧繊維板 すのこ:積層合板耐荷重90kg
カラーバリエーションナチュラル、ホワイト
第7位

コスパクリエーション (COSPA CREATION)

親子ベッド Bene&Chic ベーネ&チック(マットレス付き)

価格:44,420円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルで柔らかみのある優しいデザイン。

余計な装飾を一切省いた、シンプルで優しいデザインのベッドです。シンプルだからこそ下段ベッドの高さが抑えられ、寝具を置いたまま収納できるのに上段ベッドも安心して子どもを寝かせられるくらい低めにできています。はしごも柵も必要なく、安全に使用できるのがうれしいですね。

 

ベッドは金属製ですので、耐久性の面でも安心して使用できます。低床で安全なため柵も設置されておらず、ベッドにいても圧迫感がありません。お部屋全体が広い印象になるのもポイントです。

ベッドサイズ(上段)97×200cmベッドサイズ(下段)97×180cm
素材天然木、ウレタンフォーム、不織布、ポリエステル100%生地、スチール脚耐荷重150kg
カラーバリエーション白×黒
第6位

充英アート

エレガントペアベッド姫系デザイン

価格:51,840円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

女の子ならだれでも憧れる、お姫様のようなデザインのベッド。

機能性が高い親子ベッドでも、デザインは妥協したくないですよね。このベッドは「姫系ベッド」とあるように、童話に出てきそうなかわいいデザインで女の子に大人気です。

 

また、こちらのベッドは下段ベッドに枠があります。ベッドマットのずれを抑えてくれるとともに、将来収納として活用する際には目かくしとなり、中身が見えにくくなるのも嬉しいポイントです。

ベッドサイズ(上段)97×200cmベッドサイズ(下段)97.6×198cm
素材天然木(パイン材)ウレタン樹脂塗装耐荷重90kg
カラーバリエーションホワイト
第5位

コスパクリエーション (COSPA CREATION)

3段ベッド【triperro】トリペロ

価格:130,452円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

兄弟みんなで使える3段ベッドの親子ベッド。

兄弟はふたりいるけど、お母さんはひとり。みんなお母さんと一緒に寝たいけど親子ベッドじゃベッドは2つだし…と悩んでいませんか?このベッドなら、お子さんふたりが二段ベッドで、お母さんが下段ベッドでみんなで寝ることができます。

 

また、こちらのベッドは下段が完全に取り出して使える他、上段・中段のベッドも取り外し可能ですので、独立した3つのシングルベッドとして使用することが可能です。子どもたちがそれぞれのお部屋を持った後も、長く使うことができるのも嬉しいですね。

ベッドサイズ(上段・中段)98×200cmベッドサイズ(下段)98×187cm
素材フレーム=天然木パイン、すのこ=パイン材耐荷重120kg
カラーバリエーションライトブラウン
第4位

ビックスリー(Bic3)

木製はしご付きツインベッド

価格:49,800円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

全面柵付きで親子共に安心。はしごタイプの親子ベッド。

このベッドの特徴は何といっても、上段ベッドをぐるりと囲む柵の安心感です。はしごのための開口部以外はすべて柵で囲まれていて、子どもが寝ても転落が怖くありません。柵が低めで、起きているときの圧迫感がないのも嬉しいポイントです。

 

下段はキャスター式ですが、キャスター部分にストッパーがついていますので、引き出したあとストッパーをかけておけば、ベッドが動く危険性もありません。

ベッドサイズ(上段)98x202cmベッドサイズ(下段)98 x197cm
素材フィンランド パイン材耐荷重記載なし
カラーバリエーションベッド:ホワイト はしご:ナチュラル、ホワイト
第3位

KTK

高さが変えられる棚付き親子2段ベッド Star&Moon スターアンドムーン

価格:79,690円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ダブルサイズの添い寝ベッド、親子ベッド、収納付きベッドと、幅広い使い方が可能。

親子ベッドの魅力は何といっても子どもとの時間を共有することですよね。このベッドは床面の高さ調整が可能なので、マットレスを上手に選べば、上段ベッドと下段ベッドの高さを合わせて、ダブルベッドのようにして添い寝が可能です。ダブルベッド、親子ベッド、収納付きベッドと三種の使い方ができ、ずっと大切に使うことができるベッドです。

 

枕元には棚がありますので、目覚ましやライトスタンド等、ベッド周囲にほしいものを置いておくことも可能ですし、子どものぬいぐるみやおもちゃ等、お気に入りのグッズと一緒に眠りにつくことも可能です。

ベッドサイズ(上段)98×200cmベッドサイズ(下段)98×187cm
素材フレーム=天然木パイン(ラッカー塗装)、すのこ=天然木パイン(無塗装)耐荷重上段ベッド:120kg、下段ベッド:90kg
カラーバリエーションライトブラウン
第2位

充英アート

欧パインフレームのすのこベッド【スカーレット】

価格:35,424円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

耐荷重150kg!添い寝も安心の頑丈ベッドです。

このベッドの特徴はとにかくその頑丈さにあります。子どもが小さいうちは、寝入るまでは同じベッドで添い寝して寝かしつける日もありますよね。一般的な耐荷重のベッドでは、二人分の体重だと不安になることもあると思います。また、子どもはベッドの上に立ったり飛んだりして、一時的に大きな負荷がかかることもありますよね。

 

その点、このベッドは耐荷重150kgと他の製品に比べてひときわ頑丈にできていますので、様々な利用シーンにおいて、いつも安心・安全に使用することが可能です。

ベッドサイズ(上段)100×204cmベッドサイズ(下段)100×197cm
素材本体フレーム:パイン材(ラッカー塗装) ・すのこ:パイン材、単板積層材(無塗装)耐荷重150kg
カラーバリエーションナチュラル、ブラウン、ホワイト
第1位

タンスのゲン

国産蜜蝋エコ塗装ベッド

価格:82,800円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日本製の親子ベッド。無添加、蜜蝋塗装で心と体に優しい。

子どもが寝るものだからこそ、なんと言っても一番大切なのは安全性ですよね。ベッドは構造や破損に対する強さも重要ですが、それに加え、素材の安心性に注力して作られているのがこちらのベッドです。

 

木製のベッドは表面がラッカー塗装されていることがほとんどなのですが、こちらのベッドは低刺激の蜜蝋で仕上げられており、添加物も使用されていません。子どもは大人より更に刺激物に敏感ですから、素材にこだわった安心ベッドは魅力的ですよね。

ベッドサイズ(上段)97x196cmベッドサイズ(下段)97x180cm
素材レーム:パイン材(蜜ろう塗装仕上げ) すのこ:桐無垢材耐荷重100kg
カラーバリエーションナチュラル

まとめ

子どもは親の顔を見て安心を覚えたり、情緒的に成長すると言われています。親子ベッドであれば、子どもは夜中に目を覚ましても、親の顔を見て安心することができます。添い寝の時期を卒業してからも、親子がお互いを感じながら一緒に寝ることができる親子ベッドをうまく活用して、子どもとの時間をより良いものにしてみませんか。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ