記事ID133449のサムネイル画像

【敏感肌にも安心の無添加も人気!】泡ボディソープのおすすめランキング10選

毎日使うボディソープですが、せっかく使うなら自分に合ったものを選びたいものです。泡ボディソープは、泡立てる手間がかからず、肌にやさしいのが魅力です。今回は、泡ボディソープの特徴やおすすめの選び方など人気のアイテムをランキング形式でご紹介していきます。

泡ボディソープの特徴やメリットは?

一般的な液体タイプのボディソープは、直接体につけるのではなく、洗う前にタオルなどを使って自分で泡立てる必要があります。この泡立てるという作業は、時間にすればわずかですが、入浴の度に毎日行うのは意外と面倒なものです。そこで、近年は、泡タイプのボディソープを使っている方が増え、さまざまな種類の泡ボディソープが展開されています。

泡ボディソープの容器は、一般的に液体タイプのものと同様、ポンプ式になっています。液体タイプの容器とは異なり、容器内で予め泡が作られる仕組みになっているため、自分で泡立てる必要がないので、時間をかけずに手早く洗うことができます。

また、自分で泡立てた泡よりもふわふわの泡が作られるので、直接つけて洗っても摩擦による肌への刺激が少ないので、やさしく洗いあげることができるためおすすめのボディソープと言えます。

泡ボディソープの選び方

それでは、泡ボディソープを選ぶ際のポイントについてご紹介していきましょう。

原液の違いで選ぶ

ボディソープの中の原液のテクスチャーなどの違いについてご説明します。

石鹸系で選ぶ

昔から使われている石鹸は、肌に優しいというイメージがありますが、本来は洗浄力が高くアルカリ性が強い性質があります。石鹸系の泡ボディソープは、肌に付いた汚れや皮脂をしっかりと落とすことができ、スッキリした洗い上がりが特徴です。

しかし、強力な洗浄力で汚れを落とす石鹸系の泡ボディソープは、強アルカリ性の性質ですので、弱酸性である人の肌にとっては刺激が強すぎる成分であると言えます。肌が敏感な方には刺激が強すぎて肌荒れの原因になることもありますので注意が必要です。ひどい汚れをしっかりと落としたい方には向いていますが、乾燥肌の方や敏感肌の方は、避けた方が安心です。

弱酸性系で選ぶ

弱酸性という言葉をよく耳にしますが、弱酸性の泡ボディソープでは、合成界面活性剤のPh値が弱酸性のものが使われています。人間の肌に近いPh値である弱酸性の泡ボディソープは、石鹸系のものに比べて肌への刺激が少なく、肌の潤いを落とし過ぎることなく洗うことができるのが特徴です。

弱酸性の泡ボディソープは、肌に負担をかけずにやさしく洗い上げることができるため、特に敏感肌の方や乾燥が気になる方、小さなお子様にもおすすめです。ただ、石鹸系のものに比べて弱酸性のものは、性質上、やや泡立ちが少ない点が挙げられますが、泡立ちの容器に工夫されたタイプのものもありますので、チェックしてみることをおすすめします。

肌質で選ぶ

泡ボディソープは、どのような肌質の方に適しているのでしょうか。肌質別に見ていきましょう。

乾燥肌に適したものを選ぶ

空気が乾燥しやすい寒い季節だけでなく、入浴後の肌がつっぱり感や、乾燥しやすいという悩みを抱えている方が多く見られます。肌の乾燥の多くは、刺激やうるおい不足が主な原因と言われています。泡ボディソープは、一般的な液体ボディソープや石鹸に比べ、細かい泡で洗うので、肌への刺激が少なく優しく洗うことができます。

また、洗う時はやわらかいボディタオルを使うなど、できるだけ摩擦を少なくすることが大切です。手でやさしく洗うこともおすすめです。肌へうるおいを与える保湿成分が入っている泡ボディソープを使えば、肌のうるおいを残しながら洗うことができるので乾燥肌の方におすすめです。

敏感肌に適したものを選ぶ

外からの刺激を受けやすく、肌の赤みやかゆみなどのトラブルを起こしやすいといった敏感肌の方も多く見られます。敏感肌は、アレルギーなどの疾患である場合もありますが、肌への過剰な刺激が原因で引き起こされることが多く見られます。泡ボディソープは、刺激を受けやすい肌でも柔らかな泡で優しく洗うことができます。

また、洗う時には、ナイロン製のボディタオルは刺激が強すぎるため避け、やわらかい木綿製のものや、手で洗うことをおすすめします。また、より刺激の少ない弱酸性のものや、アミノ酸系の成分が入った泡ボディソープを選べば、肌への負担を軽減することができるので、おすすめです。

成分で選ぶ

泡ボディソープは、使用されている成分によってさまざまなものがありますので、ご紹介していきましょう。

無添加のものを選ぶ

泡ボディソープは、毎日使うものですのでできるだけ安全なものを選ぶことをおすすめします。無添加のものは、洗浄成分は入っていますが、極めて低刺激のものが多く、肌に刺激を与える恐れのある成分が入っていないため安心して使うことができます。

無添加のものは、香料や着色料、また肌に悪影響があるとされるパラベンや安定剤などの添加物を含んでいませんので、赤ちゃんや肌が敏感な方にも安心して使えるおすすめの泡ボディソープと言えます。

うるおい成分が入ったものを選ぶ

泡ボディソープは、体の汚れを落とす目的であるため、洗浄成分が含まれています。洗浄成分によって肌に必要な皮脂も洗い流してしまうことも考えられます。肌のpH値は、弱酸性ですので、できるだけ近いpH値のものを選ぶとより安心です。

肌本来のうるおいを保つ働きのあるセラミドやヒアルロン酸などの肌に近い成分が含まれている泡ボディソープであれば、肌の乾燥を防ぎ、しっとりと洗い上げることができるのでおすすめです。

香りで選ぶ

泡ボディソープには、さまざまな香りが違うものがありますので、ご紹介します。

せっけんの香りを選ぶ

泡ボディソープには、せっけんの香りのものがあります。誰もが好きな清潔感のあるせっけんの香りは、どこか懐かしく親しみのある人気の香りです。入浴後もさわやかで清潔感が感じられる香りですので、男女問わず使いやすい香りと言えます。リフレッシュしたい時にも爽やかなせっけんの香りの泡ボディソープは、おすすめです。

 

フローラル系の香りを選ぶ

フローラル系の香りは、優雅で華やかですので、特に女性には人気が高い香りです。フローラル系の香りの泡ボディソープは、バスタイムのひと時を優雅な雰囲気にさせてくれるので、おすすめです。フローラル系の香りがあまり強くないタイプの泡ボディソープであれば、家族でも使えるのでおすすめの泡ボディソープです。

無香料のものを選ぶ

香りが無い無香料の泡ボディソープは、無添加のものに多く見られます。オーガニックブームで、体に安全なものを選ぶ方が多く、無香料の泡ボディソープも人気の高いアイテムとなっています。無香料で添加物を含まないタイプの泡ボディソープを選べば、赤ちゃんからお年寄りまで安心して使うことができるのでおすすめです。

コスパで選ぶ

泡ボディソープのコストパフォーマンスについてご紹介します。

使用量で選ぶ

泡ボディソープは、容器から泡が直接出てくる仕組みになっています。そのため、使用量がわかりにくいかもしれませんが、1プッシュあたりの原液の使用量は、およそ1mlです。わすか1mlの原液でふわふわの泡を作ることができるのです。一回の入浴で3プッシュ使用する場合、3ml使うことになります。

600ml入りの泡ボディソープを4人家族で毎日3プッシュずつ使った場合で換算すると、約50日間も使えるということになります。液体タイプのボディソープに比べ、泡ボディソープの方が圧倒的に使用量を少量に抑えることができます。泡ボディソープは、コストパフォーマンスに優れていることもおすすめのポイントと言えます。

 

容器で選ぶ

泡ボディソープの容器は、中で泡を生成してから出てくる仕組みになっています。一般的な液体のボディソープの原液に比べてサラサラの原液を使用する泡ボディソープは、ポンプ内のチューブの部分が細くなっており、少ない原液でより多くの泡を作り出せる工夫がされているため、コストパフォーマンスに優れています。

ちなみに一般的な液体ボディソープの原液を泡ボディソープ用の容器に入れた場合、途中で詰まってしまいます。泡ボディソープ用の容器には、必ず泡ボディソープの原液を入れて使いましょう。

泡ボディソープの人気ランキング10選

第10位

持田ヘルスケア

コラージュフルフル 泡石鹸 ピンク

価格:1,964円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
現在サンドイッチキャンペーン中Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

汗のニオイも防いで安心

もともと女性のデリケートゾーンに使用できるために誕生した、この泡石鹸は、刺激が少なく優れた洗浄性があるので全身用として多く使用されています。高い洗浄性があるので、ワキの下や足裏など汗が気になる部分のニオイを防ぐ効果が長時間持続します。

 

高い洗浄性がありますが、肌に刺激を与える成分が含まれていませんので、安心して使うことができます。ボトルのデザインが可愛いのも魅力です。体臭やニオイが気になる方や、いつも清潔に保ちたいという方には特におすすめの泡ボディソープです。

内容量300 ml香り無香料
詰め替え用あり
第9位

ロート製薬

ケアセラ

価格:650円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
現在サンドイッチキャンペーン中Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

洗った後のツッパリ感なし

ケアセラの「泡の高保湿 ボディウォッシュ」は、特にキメの細かい泡で洗うことができるのが特徴です。保湿成分である7種類のセラミドが含まれているので、肌のうるおいを取り過ぎず、洗い上がりの肌がクリームを塗ったようにしっとりするのが嬉しいポイントです。

 

うるおいを保ちながら肌の汚れだけを取り除くことができ、洗う度にうるおいが増すような使い心地が魅力です。肌が敏感な方や、洗ったあとの乾燥やツッパリ感が気になる方に特におすすめの泡ボディソープです。

内容量450 ml香りピュアフローラル
詰め替え用あり
第8位

クラシエホームプロダクツ

ミュオ 泡のボディソープ ポンプ

価格:632円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
現在サンドイッチキャンペーン中Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

独自の潤いキープ処方に注目

ミュオ「泡のボディソープ」は、肌に刺激を与える香料や着色料、防腐剤などの添加物が一切含まれていないのが特徴です。独自の「潤いキープ処方」が取り入れられているため、肌の汚れだけをしっかり取り除き、本来の潤いを保つことができます。


また、米ぬかエキスや酒粕エキスなどの天然由来の保湿成分が配合されているため、しっとりと潤いのある肌をキープすることができます。刺激に弱い敏感肌の方やお子様にも家族全員で安心して使えるおすすめの泡ボディソープです。

内容量480 ml香り無香料
詰め替え用あり
第7位

ライオン

BATHTOLOGY 泡のボディケアウォッシュ

価格:950円(税込)

Amazonで詳細を見る
現在サンドイッチキャンペーン中Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

モチモチの泡が心地よい

BATHTOLOGYの「泡のボディケアウォッシュ」は、キメ細かく、モチモチの泡が特徴です。通常の泡に比べて約3倍の量の泡が出てきますので、コストパフォーマンスに優れています。細かく濃厚な泡で肌に負担をかけず、潤いは残しつつ皮脂汚れを優しく洗い流すことができます。

 

低刺激のアミノ酸系の洗浄成分と、肌に良いとされるハチミツやグリセリンも配合されおり、ゴシゴシこすらなくても泡の力で汚れをしっかりと取り除きます。できればボディタオルを使わず、手を使って洗えばより肌へ負担をかけず洗うことができます。優雅なホワイトフローラルの香りも魅力です。乾燥肌の方や敏感肌の方にもおすすめの泡ボディソープです。

内容量450 ml香りホワイトフローラルの香り
詰め替え用あり
第6位

クラシエホームプロダクツ

ナイーブ 泡で出てくるボディソープ ジャンボ

価格:458円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
現在サンドイッチキャンペーン中Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こだわりの植物成分100%が魅力

ナイーブ「泡で出てくるボディソープ」は、石油系の洗浄成分や添加物を使用せず、植物成分100%の原料にこだわって作られているのが特徴です。ホホバオイルやオリーブオイルなど、肌に優しい成分が配合され、さらに桃の葉エキスも入っているので、みずみずしい肌に洗い上げます。

 

ヘタれにくい弾力のある泡で肌に負担をかけず、手洗い派の方でもしっかりと汚れを落とすことができます。フルーティフローラルのやさしく自然な香りもおすすめのポイントです。家族みんなで安心して使えるおすすめの泡ボディソープです。

内容量500 ml香りフルーティフローラル
詰め替え用あり
第5位

ピジョン

全身泡ソープ

価格:600円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ベビー用品メーカーならではの安心感

ピジョン「全身泡ソープ」は、ベビー用品メーカーの「ピジョン」が開発されていますので、生まれたての赤ちゃんの沐浴から使用できる赤ちゃんの肌と同じ弱酸性で安心の泡ボディソープです。

 

胎脂と呼ばれる赤ちゃんの肌を守る働きをする成分に近い潤い成分が配合されていますので、乾燥しがちなデリケートな肌もみずみすしく保つことができます。もちろん、赤ちゃんだけでなく大人の方にも家族全員で使えます。

 

また、この泡ボディソープのボトルにも注目してほしい点です。流線形をしたポンプの形状は、お母さんのお腹の中にいる赤ちゃんを守っている様子をイメージされています。ポンプの先端の部分が斜めになっているので、液だれしにくく、泡を手に取りやすい形状になっているのもポイントです。また側面に透明な窓があるため、残りの量が確認できるので便利です。

内容量500 ml香り無香料
詰め替え用あり
第4位

レイヴィー

フォームボディシャンプー ゴートミルク

価格:1,120円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
現在サンドイッチキャンペーン中Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大容量でコストパフォーマンス抜群

レイヴィー の「フォームボディシャンプー ゴートミルク」は、弱酸性で肌に優しい泡ボディソープです。容器にプリントされたヤギの絵が特徴的ですが、実は、保湿成分としてココヤシ果実エキスの他に、実際にヤギの乳の成分も配合されています。

 

しっかりした泡が出てきますので、優しく肌を洗い上げ、洗った後の肌の保湿もしっとりと保つことができます。優しいフローラルスイートの懐かしい香りが人気の泡ボディソープです。大容量でコストパフォーマンスにも優れており、一日あたり10プッシュ使った場合、100日くらい使うことができます。

 

ボディ用だけでなく、手洗い用として愛用している方も多く見られます。肌の潤いをキープできるので、乾燥肌の方にもおすすめの泡ボディソープです。

内容量1000 ml香りフローラルスイート
詰め替え用あり
第3位

牛乳石鹸

カウブランド 無添加泡のボディソープ

価格:539円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
現在サンドイッチキャンペーン中Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

厳選された天然成分配合で安心

カウブランド「無添加泡のボディソープ」は、厳選された天然の成分を使用し、低刺激で無添加なのが特徴です。肌に刺激を与える香料や着色料などの添加物を一切配合されていないので、小さなお子さんからお年寄りの方まで安心して使うことができる泡ボディソープです。

 

キメ細かな濃密な泡で、肌の汚れをやさしく洗い流すことができます。ワンプッシュでも泡の量が多く出てくるので、何度もプッシュする必要がなく使いやすいもの魅力です。無添加、無香料ですので、肌への負担が気になる方や、香りが苦手な方にも安心して使えるおすすめの泡ボディソープです。

内容量550 ml香り無香料
詰め替え用あり
第2位

花王

ビオレu 泡で出てくるボディウォッシュ

価格:516円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
現在サンドイッチキャンペーン中Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

肌に近い弱酸性の低刺激で安心

ビオレu「泡で出てくるボディウォッシュ」は、ボディタオルなしでも豊かでキメ細かな泡で全身洗えるのが特徴です。肌の成分に近い弱酸性ですので、赤ちゃんや小さなお子さんからお年寄りまで家族全員で使える泡ボディソープです。

 

独自の肌を洗浄する技術SPTを採用しているため、ゴシゴシこすらなくても泡だけでしっかりと肌の汚れを落とすことができます。やさしいフレッシュフローラルの心地よい香りも人気の泡ボディソープです。

内容量600 ml香りフレッシュフローラル
詰め替え用あり
第1位

ミヨシ石鹸株式会社

無添加せっけん泡のボディソープ

価格:498円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
現在サンドイッチキャンペーン中Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

完全無添加で安心安全なのが魅力

MIYOSHIの「無添加せっけん 泡のボディソープ」は、その名の通り完全無添加にこだわって作られた泡ボディソープです。原料もシンプルで、使われているのは、カリ石ケン素地と水のみという徹底したこだわりようです。

 

香料や着色料などの添加物は一切含まれていませんので、肌へ負担をかけずやさしく洗うことができます。赤ちゃんからお年寄りまで、全ての方に安心して使えます。石鹸成分が残るのが気になる方や、添加物が気になる方には特におすすめの泡ボディソープです。

内容量無香料香り500 ml
詰め替え用あり

泡ボディソープのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5145839の画像

    ミヨシ石鹸株式会社

  • 2
    アイテムID:5145838の画像

    花王

  • 3
    アイテムID:5145837の画像

    牛乳石鹸

  • 4
    アイテムID:5145836の画像

    レイヴィー

  • 5
    アイテムID:5145835の画像

    ピジョン

  • 6
    アイテムID:5145834の画像

    クラシエホームプロダクツ

  • 7
    アイテムID:5145833の画像

    ライオン

  • 8
    アイテムID:5145832の画像

    クラシエホームプロダクツ

  • 9
    アイテムID:5145831の画像

    ロート製薬

  • 10
    アイテムID:5145829の画像

    持田ヘルスケア

  • 商品名
  • 無添加せっけん泡のボディソープ
  • ビオレu 泡で出てくるボディウォッシュ
  • カウブランド 無添加泡のボディソープ
  • フォームボディシャンプー ゴートミルク
  • 全身泡ソープ
  • ナイーブ 泡で出てくるボディソープ ジャンボ
  • BATHTOLOGY 泡のボディケアウォッシュ
  • ミュオ 泡のボディソープ ポンプ
  • ケアセラ
  • コラージュフルフル 泡石鹸 ピンク
  • 特徴
  • 完全無添加で安心安全なのが魅力
  • 肌に近い弱酸性の低刺激で安心
  • 厳選された天然成分配合で安心
  • 大容量でコストパフォーマンス抜群
  • ベビー用品メーカーならではの安心感
  • こだわりの植物成分100%が魅力
  • モチモチの泡が心地よい
  • 独自の潤いキープ処方に注目
  • 洗った後のツッパリ感なし
  • 汗のニオイも防いで安心
  • 価格
  • 498円(税込)
  • 516円(税込)
  • 539円(税込)
  • 1120円(税込)
  • 600円(税込)
  • 458円(税込)
  • 950円(税込)
  • 632円(税込)
  • 650円(税込)
  • 1964円(税込)
  • 内容量
  • 無香料
  • 600 ml
  • 550 ml
  • 1000 ml
  • 500 ml
  • 500 ml
  • 450 ml
  • 480 ml
  • 450 ml
  • 300 ml
  • 香り
  • 500 ml
  • フレッシュフローラル
  • 無香料
  • フローラルスイート
  • 無香料
  • フルーティフローラル
  • ホワイトフローラルの香り
  • 無香料
  • ピュアフローラル
  • 無香料
  • 詰め替え用
  • あり
  • あり
  • あり
  • あり
  • あり
  • あり
  • あり
  • あり
  • あり
  • あり

おすすめの泡ボディソープで快適なバスタイムを

今回は、人気の泡ボディソープについてご紹介してまいりましたが、いかがでしたでしょうか。肌質や使用頻度など自分にピッタリ合ったお気に入りの泡ボディソープを選んで、快適なバスタイムを過ごしましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ