記事ID133445のサムネイル画像

ママから伝わるぬくもり【哺乳瓶の人気おすすめランキング10選】

哺乳瓶を通して伝わるママの愛情は、赤ちゃんが求めるぬくもりです。ママのおっぱいのようにミルクを飲んでくれる人気のおすすめ哺乳瓶を、ランキング形式でご紹介します。哺乳瓶の選び方にも触れていますので、ぜひ参考にしてください。ママの願いを届けましょう。

赤ちゃんがママを感じる『哺乳瓶』

ママとパパのところに生まれてきてくれた喜びを、誰もが健やかに育んでいきたいと願うでしょう。ミルクを飲む安心しきった穏やかな表情に、深い愛しみを感じます。ママと赤ちゃんの大切なスキンシップである授乳をとおして、優しさとぬくもりを伝えましょう。

 

母乳で育てるという方にも哺乳瓶はおすすめです。赤ちゃんの成長とともに、母乳だけでは足りなくなることもあります。また、乳房トラブルで一時的に粉ミルクに移行しなくてはいけないこともあります。

 

外出先でも安心して授乳ができるので、母乳で育てるという方も一つは準備をしておくといいでしょう。哺乳瓶には自宅で使いやすいタイプや、外出用として使いやすいタイプなどいろいろあります。哺乳瓶の選び方を参考に、赤ちゃんと相性の合う哺乳瓶を見つけましょう

 

 

哺乳瓶の選び方

哺乳瓶はポイントを押さえて選ぶことがとても大切です。適切な哺乳瓶を選ばないと、赤ちゃんが哺乳瓶を嫌がることもあるからです。スムーズな授乳ができないとママのストレスにもなるので、ポイントをしっかりと押さえましょう。

大きさで選ぶ

哺乳瓶を選ぶときの大切なポイントの1つ目が大きさです。月齢に合わせた容量のものを選ぶことも大切ですし、ミルクの入れやすさにもかかわってきます。使いやすさに影響するポイントなので、しっかりチェックしましょう。

容量を見る

哺乳瓶の容量は赤ちゃんの月齢に合わせましょう。個人差はありますが目安は、3ヶ月未満の赤ちゃんなら120~160ml、3ヶ月以降は240ml以上です。新生児はミルクを飲む量が少ないので120mlもあればじゅうぶんですが、3ヶ月以降からは成長が進むにつれて飲む量がグッと増えます。

 

赤ちゃんによって多少の違いがあるので、ようすを見て選びましょう。買い替えの時期は月齢だけで判断をするのではなく、赤ちゃんがミルクを飲むペースも考慮しましょう。

口の広さを見る

哺乳瓶には広口タイプとスリムタイプがあります。広口タイプは哺乳瓶に粉ミルクを入れやすく、洗いやすいのがメリットです。ニップルの付け根も肉厚になるので、ママのおっぱいの感じに近づきます。

 

スリムタイプは持ち運びに便利で、ママの小さな手でも持ちやすいのがメリットです。また、リーズナブルなものが多く出ています。どちらが哺乳瓶として優れているかということではないので、好みでや目的で選びましょう。

 

自宅用ならママのおっぱいに近い広口タイプ、お出かけ用にスリムタイプというように使い分けるのもいいでしょう。

ニップル(ちくび)を確認する

哺乳瓶を選ぶときに、特に注目したいのがニップル(ちくび)です。ニップルは赤ちゃんが直接口に含む部分なので、衛生面や安全面に直結します。しっかりとチェックをしましょう。

乳口を見る

ニップルの乳口には丸穴、スリーカット、クロスカットがあります。丸穴は哺乳瓶を傾けるとミルクが出てきます。丸穴は吸う力が弱い新生児に適しているので、出産前に準備をしておくといいでしょう。

 

スリーカットは乳口がYの字型にカットされていて、吸う力によってミルクの出る量が変わります。ミルクが出すぎてむせ返ることもないので、生後2ヶ月~3ヶ月の赤ちゃんにおすすめです。

 

クロスカットは乳口がX字型にカットされています。3種類の乳口の中で最もミルクの出る量が多いタイプです。スリーカットではミルクの出る量が少なかったり、ミルクをたくさん飲む赤ちゃんにおすすめです。

ニップルのサイズを見る

ニップルにはS、M、Lのサイズがあります。SSサイズもありますが、あまり多くはありません。サイズは月齢を目安に合わせるといいでしょう。3ヶ月未満ならSS~Sサイズですが、力強くミルクを飲むようならSサイズを試しましょう。

 

ミルクを飲んでいる途中で遊ぶようなら、Mサイズにしてみましょう。3~6ヶ月ならMサイズ6ヶ月以降ならLサイズが目安です。10分くらいを目安にして、それよりも早く飲むようならサイズを下げ、遅いようならサイズを上げましょう。

 

 

 

ニップルの素材を見る

ニップルの素材によって赤ちゃんの好みが別れます。合わないニップルの場合哺乳瓶を嫌がるので、ニップルを替えてみましょう。天然ゴムの弾力と柔らかさはママのおっぱいに近いのですが、ゴム特有の匂いがあるので赤ちゃんの好みが大きく分かれるところです。

 

シリコーンゴムは劣化しにくく耐久性に優れています。ゴム特有の匂いがしないので、赤ちゃんが警戒心を持たずに口に含みやすい素材です。しかし滑りやすい性質もあるので、最初のうちはじょうずに飲めないこともあります。また、傷が付きやすいので丁寧な体入れが必要です。

 

イソプレンゴムは天然ゴムのような弾力と柔らかさがあり、ゴム特有の匂いがある程度抑えられます。しかし、全く匂いがしないわけではないので、匂いに敏感な赤ちゃんは拒絶することもあります。また、耐久性も優れてはいないので、こまめな交換が必要です。

本体の素材で選ぶ

本体の素材は赤ちゃんの好みにかかわるものではないので、ママの立場で選ぶといいでしょう。大きくわけてガラス製とプラスチック製ですが、その特徴をご紹介します。

耐熱ガラス製

耐熱ガラスは、熱に強くニオイ移りがしにくい素材です。煮沸消毒や薬液消毒、電子レンジ消毒にも対応している商品が多く出ています。傷も付きにくいので雑菌の繁殖も防げ、お手入れも楽です。短時間でミルクを温めたり冷ますことができるのもメリットです。

 

しかし、重たいのでお出かけ用としては使いづらく、落とすと割れてしまう欠点があります。自宅用の哺乳瓶として使うのがいいでしょう。

プラスチック製

プラスチック製も煮沸消毒や薬液消毒ができますが、電子レンジ消毒は商品によって変わります。電子レンジ消毒が可能なプラスチック製の哺乳瓶を希望の方は、仕様をよくチェックしましょう。プラスチック製は軽いので持ち運びに便利です。お出かけ用として使いやすいでしょう。

 

落としても割れない性質も使いやすさのポイントです。使っているうちにニオイ移りがしたり、傷が付きやすい欠点もあります。細かな傷は雑菌の繁殖にもつながるので、丁寧な手入れと日頃の確認が大切です。

その他のチェックポイント【形状・消毒方法】

形状は洗いやすさに影響します。育児や家事は時間に追われるので、洗いやすさは押さえておきたいポイントです。広口タイプのストレート形状が、最もお手入れがしやすいでしょう。スリム型は持ちやすいですが、スポンジで中を隅々まで洗うのは手間がかかります。

 

哺乳瓶の中央がくびれている形状や、カーブをしている形状も洗いやすいとはいえません。お手入れの方法で確認をしておきたいのが消毒方法です。哺乳瓶は煮沸消毒が基本でしたが、今は哺乳瓶用の薬液もあります

 

煮沸消毒以外に薬液消毒や、手軽な電子レンジ消毒も可能な哺乳瓶かをチェックしましょう。電子レンジ消毒用のケースもあるので、併用するとお手入れも楽になるでしょう。

哺乳瓶のおすすめランキング10選

哺乳瓶をとおして小さな赤ちゃんに願うのは、健やかな成長と幸せな未来ではないでしょうか。赤ちゃんがごくごくとミルクを飲んでくれる哺乳瓶をピックアップしました。ランキング形式でご紹介するので、ぜひチェックしてください。

10位 ズームティー『ドクターベッタ哺乳びん ジュエル P2 240ml』

価格:1512円(税込)

独特のカーブは母乳を飲むときの姿勢に近づける、空気を飲みにくい形状

独特のカーブは、母乳を飲むときの姿勢に近づけるための心配りです。空気を含みにくいのでゲップや吐き戻しを押さえる効果もあります。赤ちゃんが自分で哺乳瓶を持ってミルクを飲むようになったときに、その効果を感じるでしょう。

 

軽量で割れにくい素材ですが、ポリプロピレン製なので薬液消毒によってメモリが劣化することもあります。消毒をするときは注意をしてください。

容量240ml対象年齢
消毒煮沸ニップル乳孔
本体素材

プラスチック

(ポリプロピレン)

ニップル素材
製造国日本その他120mlサイズもあります

9位 ピジョン『母乳実感 哺乳びん my Precious 160ml』

価格:2698円(税込)

新生児期や母乳の不足を補うときに便利なサイズ

160mlサイズのほかに80mlサイズもリリースしています。新生児期は少ない量のミルクを何度も飲むので、少量タイプの哺乳瓶は新生児用におすすめです。母乳育児の方でも、足りない分を粉ミルクで補うのに適しています。

 

ニップルの付け根が唇にピタッと張り付き、空気漏れを軽減します。普通の台所用スポンジで洗えるくらいコンパクトなのでお手入れも楽でしょう。そして、このかわいらしさも人気の理由です。

容量160ml対象年齢0ヶ月~
消毒煮沸・薬液・電子レンジニップル乳孔丸穴・SSサイズ
本体素材耐熱ガラスップル素材シリコーンゴム
製造国中国その他

哺乳瓶:広口タイプ

80mlサイズもあります

カラー:6色

8位 ピジョン『Pigeon母乳実感 ミッキー柄 240ml』

価格:1679円(税込)

ママのおっぱいみたいな飲みやすさ、哺乳瓶とおっぱいの併用がスムーズ

ママのおっぱいを飲むときと同じ口の動きで飲めるので、おっぱいとの併用がスムーズです。ママのおっぱいに近いので、パパが哺乳瓶でミルクをあげるときも心強いでしょう。哺乳瓶からおっぱいに戻れることを目指して研究開発をした哺乳瓶なので、一時的な使用でも安心です。

 

いろいろな授乳姿勢でも持ちやすい形状と、粉ミルクを入れやすい広口タイプで使いやすい哺乳瓶です。洗いやすいので衛生面の心配もありません。

容量240ml対象年齢3ヵ月~
消毒煮沸・薬液・電子レンジニップル乳孔スリーカット・Mサイズ
本体素材

プラスチック(PPSU)

ップル素材シリコーンゴム
製造国タイその他

哺乳瓶:広口タイプ

160mlサイズもあります

7位 ジェクス『【日本製】チュチュベビー 哺乳びん スリムタイプ 240ml』

価格:1045円(税込)

全パーツ安心の日本製!ニップルは新生児期から離乳期まで、ずっとワンサイズでOK

同じニップルで新生児期から離乳期まで使えるので経済的です。哺乳瓶に使われる全てのパーツが日本製で、自社工場で生産と検品をしています。日本は品質管理に厳しいことでも知られているので安心できます。

 

乳口はスーパークロスカットで、赤ちゃんの吸う力によってミルクの出方が変わりますが、哺乳瓶が倒れてもミルクがこぼれない仕様です。内分泌撹乱科学部質を含まない素材、ポリフェニルサルホン(PPSU)を採用している赤ちゃんに優しい哺乳瓶です。

容量240ml対象年齢0ヶ月~離乳期
消毒煮沸・薬液・電子レンジニップル乳孔スーパークロスカット
本体素材プラスチック(PPSU)ニップル素材シリコーンゴム
製造国日本その他

哺乳瓶:スリムタイプ

150mlサイズもあります

6位 ジェクス『チュチュベビー らく飲み哺乳びん 160ml』

価格:750円(税込)

シーンに合わせて使い分けたい豊富なラインナップ

一般的な哺乳瓶は成長や発達に合わせてニップルを変える必要がありますが、新生児期から離乳期まで一つのニップルでとおせるので経済的です。メリットはそれだけではありません。新しいニップルの感触や匂いを嫌がる敏感な赤ちゃんでも安心です。

 

160mlサイズのほかに240mlサイズも用意されています。また、素材はプラスチックのほかに耐熱ガラス製もあるので、両方のタイプを用意してシーンに合わせた使い分けも可能です。

 

 

容量160ml対象年齢0ヶ月~離乳期
消毒ニップル乳孔スーパークロスカット
本体素材プラスチック(PPSU)ニップル素材シリコーンゴム
製造国その他

哺乳瓶:広口タイプ

240mlサイズもあります

耐熱ガラス製もあります

5位 ビーンスターク『ビーンスターク 哺乳びん 240ml 』

価格:1046円(税込)

ママのちくびに似ているから赤ちゃんも安心、医療用にも使われているホウケイ酸ガラス製

医療用にも使用されているホウケイ酸ガラスは、繰り返し煮沸しても劣化しない特徴があります。軽量でニオイ移りがしにくいのもおすすめのポイントです。赤ちゃんの吸う力に合わせてミルクの出る量が変わるので、長く使えて経済的です。

 

ビンも薄いので、ミルクを温めたり冷やしたりするのも短時間ですみます。おっぱいのちくびに似ているので赤ちゃんも安心です。品質管理に厳しい日本製というのも信頼できます。

容量240ml対象年齢0ヶ月~
消毒煮沸・薬液ニップル乳孔クロスカット
本体素材ホウケイ酸ガラスニップル素材シリコーンゴム
製造国日本その他

哺乳瓶:スリムタイプ

150mlサイズもあります

4位 ピジョン『母乳実感 哺乳びん 耐熱ガラス製 オレンジイエロー 240ml』

価格:1583円(税込)

母乳と粉ミルク混合で育児をしているママにおすすめ、乳頭混乱をしにくいニップルが人気の秘密

ママのちくびによく似せて作られている母乳実感は、赤ちゃんが乳頭混乱をおこしにくいと評判です。安全なPPSU素材は軽量で、お出かけ用としてもおすすめします。広口タイプで洗いやすく煮沸消毒や薬液消毒はもちろん、電子レンジ消毒もできるのでお手入れも手軽です。

 

ママと赤ちゃんに優しい哺乳瓶なので、人気なのもうなずけます。母乳と粉ミルク混合で育児をする方にも使いやすいでしょう。産婦人科でも使用しているメーカーなので安心です。

 

 

 

容量240ml対象年齢3ヶ月~
消毒煮沸・薬液・電子レンジニップル乳孔スリーカット・Mサイズ
本体素材プラスチック(PPSU)ニップル素材シリコーンゴム
製造国タイその他

哺乳瓶:広口タイプ

160mlサイズもあります

テキスト

3位 ピジョン『Pigeon 母乳実感 哺乳びん 耐熱ガラス製 160ml 』

価格:1671円(税込)

赤ちゃんの口の動きを研究して作られた母乳実感は、赤ちゃんに馴染みやすい哺乳瓶

母乳実感の名のとおりママのちくびにそっくりなので、赤ちゃんが混乱しないで飲んでくれます。舌と顎を使って飲むのをサポートする仕様で、混合で育てている方や粉ミルクから母乳に戻したいママにおすすめです。

 

付属のニップルは3ヶ月からですが、SSサイズからLサイズまで対応なので長く使えます。赤ちゃんの成長や発達に合わせてニップルを交換しながら使うといいでしょう。母乳を飲む赤ちゃんの口の動きを研究して作られたので、赤ちゃんも自然と馴染んでくれるでしょう。

容量160ml対象年齢0ヶ月~
本体素材耐熱ガラスニップル乳孔丸穴
消毒 ニップル素材シリコーンゴム
製造国

乳首・フード・キャップ:

ピジョン(株)中国工場製

びんの生産・組み立て:日本

その他

哺乳瓶:広口タイプ

240mlサイズもあります

カラー:2色

2位 ピジョン『Pigeon 母乳実感 哺乳びん 耐熱ガラス製 オレンジイエロー 240ml』

価格:1590円(税込)

赤ちゃんの哺乳運動をしっかりサポート、手入れもしやすいのが人気の理由です

赤ちゃんが口に含みやすいニップルはミルクを飲みやすく、育児をサポートしてくれます。ニップルを交換することで、新生児期から離乳期まで使えるので経済的です。ニップルの口径が大きいので赤ちゃんの口に密着し、弾力性のある柔らかさがなめらかな舌の動きを助けます。

 

赤ちゃんの哺乳運動をサポートするだけではなく、お手入れが楽な形状も人気の理由です。広口タイプなので粉ミルクを入れやすく、洗いやすいのも長く使っていく上で大切なポイントになります。

容量240ml対象年齢3ヶ月~
消毒ニップル乳孔スリーカット
本体素材耐熱ガラスニップル素材シリコーンゴム
製造国

ニップル・フード・キャップ:ピジョン(株)中国工場製

びんの生産と組み立て:日本

その他

哺乳瓶:広口タイプ

160mlサイズもあります

1位 ピジョン『桶谷式直接授乳訓練用 母乳相談室』

価格:1528円(税込)

母乳育児を応援する哺乳瓶、混合で育てたい方にもおすすめ

母乳相談室は母乳育児を応援する哺乳瓶です。乳頭乳房トラブルなどで一時的に母乳から粉ミルクに変えなければいけないときに、ママたちから大きな支持を得ています。また、母乳哺乳に移行するトレーニング用としても実績があります。

 

混合で育てたい方にも心強い味方になるでしょう。使用するに当たっては桶谷式母乳育児推進協会のアドバイスに従いましょう。適切な使い方をすることが大切で、効果につながります。

 

 

容量160ml対象年齢0ヶ月~
消毒ニップル乳孔丸穴・SSサイズ
本体素材耐熱ガラスニップル素材シリコーンゴム
製造国日本素材哺乳瓶:広口タイプ

まとめ

いかがでしたでしょうか。命を授かったときの喜びや、お腹の中に宿る生命の神秘、そして自分たちの元に生まれてきてくれた感動は忘れがたいものです。哺乳瓶から伝わってくるママの柔らかな愛情に、赤ちゃんはどんな夢を見るのでしょうか。

 

健やかな健康と明るい未来を願いながら与えるミルクは、安心で安全な哺乳瓶があるからこそです。哺乳瓶の選び方を参考に、ぜひ新しい命を温かく育む哺乳瓶をみつけましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ