塗り絵ペンの人気おすすめランキング15選【イラストマーカーも】

認知予防に効果的とされていることから話題となっている「塗り絵」。文房具・100均など各メーカーから実に様々なペンが販売されているため、なかには「どのペンが使いやすいのかわからない」という方も多いことでしょう。そこで今回は塗り絵におすすめな人気のペンをランキング形式で15商品ご紹介します。購入に迷われている方は必見です。

イラストや大人の塗り絵に!「塗り絵ペン」のススメ

色鉛筆とは一味違った雰囲気と表現が可能な「ペン」は、絵具を使った時のような面倒なメンテナンスがなく気軽に使えて、様々な表現をすることができるます。しかしたくさんの種類の塗り絵ペンがありどれがいいのか迷ってる方も多いのではないでしょうか。

 

実は「塗り絵ペン」といっても、メーカーやインクの種類によって色付きや描きやすさが異なります。そのため、同じ塗り絵であってもペンを変えるだけで全く違う雰囲気の作品ができあがるという塗り絵ならではの楽しみ方があるのです。

 

そこで今回は「塗り絵ペン」の選び方やおすすめ商品をご紹介します。おすすめは種類・太さ・インクのタイプを基準に作成しました。購入を迷われている方はぜひ参考にしてください。記事の最後には使い方や塗り方もご紹介していきます。

塗り絵ペンの選び方

自分がイメージする塗り絵の完成図・雰囲気によってマッチするペンは異なります。ここでは「ペンの種類」「ペンの太さ・細さ」「インクのタイプ」「セット品」の観点から解説いたします。

ペンの種類で選ぶ

最初にペンの種類をご紹介します。ペンの種類によって塗り絵・イラストのスタイルや表現も変化します。ここでは「硬筆タイプ」「毛筆タイプ」「軟筆タイプ」の観点から解説します。

初心者・子供の色塗りにはカラーマーカーペンなどの「硬筆タイプ」

多彩な種類・特徴を持つペンのなかでもおすすめなのが「硬筆タイプ」です。カラーマーカーペンは塗り絵初心者にもおすすめです。カラーマーカーペンは100均などでも手軽に購入可能で、色鉛筆やクレヨンでは表現できない色合い・発色の良さが特徴的です。

 

本来、書き込んだ部分を目立たせるための筆記用具であるカラーマーカーペンは、実際に塗り絵をした時の描き心地が大変軽く、速乾性を持つものが多いこともあり、小さなお子様が塗り絵をする時にも手を汚さずに楽しむことができます。

 

100均で購入できるようなリーズナブルなものから、プロのイラストレーターも愛用しているものまで、実に様々なマーカーペンが販売されています。「コスパの高いペン」の代表とも呼ばれ、使い勝手が良く塗り絵やスケッチの練習用として用いる方も多いです。

イラストマーカーとしておすすめ!「毛筆タイプ(カラー筆ペン)」

塗り絵に用いられるペンのなかでも、グラデーションや「ぼかし」などといったテクニックにより、より豊富な表現をすることができるペンが「毛筆ペン」です。毛筆のしなやかな描き心地と、水彩画が持つ魅力の1つである絵具の濃淡が手軽に表現できるところが魅力です。

 

マーカーペンよりやわらかくて優しい色付きが毛筆ペンの特徴で、ナイロン・人造毛などといった筆の主原料によって、塗り絵をした時の雰囲気・描き心地が変化し楽しめると、口コミでは大変人気です。

線の強弱が表現できる「軟筆タイプ」

硬筆の硬さでもなく毛筆の柔らかさでもなく、両者の間のような使い勝手ができるのが「軟筆」です。軟筆タイプの塗り絵ペンは、ウレタンなどが素材に使われているので程よいコシがあり、線の強弱の表現がしやすいペンです。

 

力を入れずに思うようなペン運びができるのも、この軟筆の塗り絵ペンの利点といえます。もちろん力をいれて太い線を描くことも可能です。毛筆タイプは柔らか過ぎて使いにくいといった方でもこの軟筆タイプなら扱いやすいでしょう。

ペン先の太さ・細さで選ぶ

ペン自体の種類だけでなく、塗り絵に用いるペン先の太さによっても、塗り絵のしやすさや使いやすさが異なります。ここでは「細字タイプ」「太字タイプ」「ツインタイプ」をご紹介します。

細かい部分までしっかり塗りたい方は「細字タイプ」がおすすめ

塗り絵のイラストによっては、線が細かい部分や曲線があるものも多く、通常のマーカーペンなどを使用するとはみ出してしまったり、塗り残しが出てしまう場合もあります。通常細字ペンは0.05~0.3cm程度のペンの太さとなっています。

 

細いペン先を持つ「細字タイプ」のペンは、名前の通りペン先が細くてシャープになっており、イラストの細かい部分などをきれいに塗ることができるのが魅力的です。「細字タイプ」のなかでも「細字マーカー」はペ先が固いものが多く描きやすさは抜群です。

 

力加減に左右されることなく安定した細さの線を描くことができるため「塗り絵の細かい部分までこだわりたい」という方や塗り絵初心者にもおすすめです。

ダイナミックな塗り絵を楽しみたい方は「ペン先が太いもの」がおすすめ

細かい部分を塗ることができる「細字タイプ」に対して、ペン先が太いものは幅広い部分を一度に塗ることができるのが特徴です。なかには本体が太く設計されているものも多く、小さなお子様が塗り絵をする時にもしっかり握れるという特徴があります。

 

ペン先が太いもののなかでも、太字サインペンのようにペン先全体が太いものだけでなく、ペン先が四角形になっており、1回描くだけで幅広い部分を塗ることができるものまで販売されています。

 

絵にインパクトを持たせたい時にも活躍させることができるため「一度に思い切り塗りたい」という方や「大きい作品を作りたい」という方におすすめの選び方と言えるでしょう

コスパ重視の方は「ツインタイプ」がおすすめ

細字・太字のペンにはそれぞれ異なる特徴がありますが、画材屋や通販などでは2つのペン先を併せ持った「ツインタイプ」が販売されています。リーズナブルでありながら、先ほど紹介した2つのペン先が一度に使えるため、とても利便性に富んでいます。

 

このように塗り絵のスタイルや描き込むものに合わせて使い分けることができるのが「ツインタイプ」の魅力ともいえます。「塗り絵に使うペンもコスパが命」「どのペン先がいいかわからない。」という方におすすめのタイプといえるでしょう。

ペンのインクのタイプで選ぶ

ペンの命ともいえるインクですが、油性・水性だけでなくインクにも様々な種類が存在しています。ここでは「水性インク」「油性インク」「顔料インク」「染料インク」をご紹介します。

水彩画に欠かせない「水性インク」

塗り絵や水彩画などに向いているインクといえば、水性インクが最もポピュラーです。塗り絵をしていると、ついつい夢中になって一生懸命に塗ってしまいがちですが、水性インクの良いところは、紙に塗っても裏に移りにくいところです。

 

また水性インクなら重ね塗りがしやすいという利点もあります。加えて塗り絵に夢中になるばかりに、インクが手についてしまった時でも水性インクなら洗えばサッと落とすことができます。塗り絵初心者の方にはおすすめのインクです。

幅広く使える「油性インク」

油性インクといえば、子供さんのいる家庭なら必ず1本はあると思います。スニーカーに、靴やカバン等名前を書き入れる際に、消えないインクとして重宝するのがこの油性ペンです。耐水性に優れているので、少々のことでも消えることがありません。

 

それ以外でもこの油性ペンは、揮発性に優れていて描いたあとの乾きが早いのが特徴です。紙に塗り絵をするという点では、この油性ペンが使われることは少ないかもしれませんが、ガラスや段ボールなどに絵を残しておきたい時には、大活躍するのがこの油性ペンです。

速乾性とはみだしにくさが特徴の「顔料インク」

ペンに用いられている代表的なインクの1つとして「顔料インク」があります。「顔料インク」は水や溶剤に溶けにくい特製を持つインクで、さらには速乾性があり紙ににじみにくいという特徴を持っています。

 

色付きが鮮やかであり、紙などの表面にしっかり定着してくれるため、プリンターのインクとしても用いられています。塗り絵の道具として使う場合には、絵具や他のペンと併用してもマッチするため、使いやすいインクです。

 

塗り絵にも多く用いられていますが、紫外線や赤外線などといった光に当たった時に劣化しにくいというメリットも持っています。また他の色と混ざりにくい・耐水性があるため落ちにくいという注意点もあるため「1つの色をきれいに塗りたい」という方におすすめです。

墨汁のようななめらかな描き心地の「染料インク」

「顔料インク」とともに、カラーペンや筆ペンなどに多く用いられているインクが「染料インク」です。「染料インク」とは、溶剤に溶けやすいインクのことであり、元々は繊維を染めるために用いられてきました。

 

「染料インク」は、描いた時の色付きが、顔料インクより大変鮮やかなものが多いのが特徴です。染料インクのペンで描くだけでもきれいに塗ることができますが、他の色や水と混ざりやすい性質もあります。

 

染料インクは顔料インクより簡単に混色を作ったり、グラデーションを表現することができます。「塗り絵で色々な表現を試してみたい」という方にはおすすめのインクです。

最初は「セット」のものがおすすめ

塗り絵をはじめたいと思ったら、まずは手はじめに色の種類が豊富な「セット」ものがおすすめです。セットものでもいろんなタイプがあります。先述したように毛筆タイプや硬筆・軟筆タイプなどがあります。

 

また両端がそれぞれ毛筆と細筆・硬筆と細筆などに分かれているツインタイプもありますが、実際に店舗に赴き、試し書きなどをして描きやすそうなタイプのものを選ぶと良いでしょう。セットものなら色の買い足しをしなくてもいいのでおすすめです。

メーカーで選ぶ

イラストや塗り絵を描くためのカラー筆ペンは、いろいろなメーカーから販売されています。ここでは、そのうち主なメーカーについて紹介します。

毛筆スタイルの「ぺんてる」のカラー筆ペン

普段から毛筆に慣れている方なら、ぺんてるのカラー筆ペン「ART Brush」がおすすめです。発色が鮮やかで、本体から出るインクの量が力の入れ具合で調節できます。自由自在に色を塗ったり、線を書いたり、色を混ぜてグラデーションを作ったりできます。

多彩なアレンジができる「トンボ(Tombow)」の筆ペン

トンボのカラー筆ペン「ABT」は、マーカー芯のような筆先が特徴です。これなら普段毛筆や筆ペンを使い慣れていない人でも気軽に試してみることができるでしょう。透明感のあるインクは色を混合しても美しさを保ちます。

 

透明な水筆ペンなどを上手に使うことによって、濃淡やグラデーションやぼかしを入れるなど、多彩の表現方法を楽しむことができます。

細く柔らかいペン先が特徴の「呉竹(Kuretake)」の筆ペン

呉竹(Kuretake)のカラー筆ペン「ZIG CLEAN COLOR」のペン先は、細く柔らかいのが特徴です。細く滑らかな線が描けます。細かい文字やミニサイズのイラストを添えたい方におすすめです。しかも色数が豊富で、全89色と混合用のブレンダーがそろっています。

日本の伝統色なら「あかしや」におまかせ

あかしやの「彩」は、紅・緑青・群青など、日本の伝統色を取り入れたカラー筆ペンです。人造毛のペン先は、フェルトペンでは描くことのできない微妙なタッチから、マーカーペンのようなしっかりとしたタッチまで、幅広く対応できます。

「100均(セリア・キャンドゥ)」のマーカーも使い方次第

塗り絵用のマーカーは、実はダイソーやセリアやキャンドゥなどの100均でも買うことが可能です。それも、2本1袋で110円(100円+消費税)という安さが標準的な価格です。子どもの塗り絵などに使うのにはぴったりです。

 

ただし品質に関しては、上で紹介したメーカーより裏写りが激しかったり、どこか作りが雑だったりするのですが、割り切って使うことも可能なので、目的に応じて使い分ければ十分に役に立つのではないでしょうか。

【硬筆タイプ】塗り絵ペンの人気おすすめランキング5選

1位

トゥー(Too)

コピック チャオ

価格: 13,500円(税込)

\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

汎用性の高い優れたアルコールマーカー

世界50ヶ国以上に出荷され、世界中のクリエイターに愛されているこちらのペンは、全180色という他のカラーペンの種類を凌ぐほどの豊富なカラーバリエーションのなかから、紫系統・緑系統などのビビッドカラーを中心に厳選した色が入っています。

 

蛍光ペンやラインマーカーのような分厚い線を描ける「ミディアム」と、シャープで細かい部分の色塗りにも対応できる「スーパーブラシ」の2つがツインになっており、ほどよいやわらかさのペン先による描き心地が癖になったという人も多いほどの人気を誇っています。

ペン先 ナイロン・ツインタイプ インク アルコール染料インク
36色

口コミを紹介

発色がワンランク上です。とてもいいとの評判を聞いて購入したのですが、大正解でした。
この上に「スケッチ」というランクがまだあるようです。取りあえず、この「チャオ」でも自分は充分に満足出来ます。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Shuttle Art

イラストマーカー

価格: 3,399円(税込)

\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

色の表現の幅が広がる

ツインタイプの塗り絵ペン、全色88色というバリエーションです。それぞれの色のナンバーがキャップに印字されているので、収納時でもとてもわかりやすく、使い勝手の良い硬筆マーカーです。大人から子供さんまで楽しんで使うことができます。

 

プレンダーペン1本が付属しています。また特徴的なのがペンの持ち手、柄の部分です。人間工学に基づいて三角形に設計されていて、握りやすく疲れにくいというメリットがあります。防水性があるので、色あせしにくいのも嬉しいところです。

ペン先 硬筆・ツインタイプ インク 油性タイプ
88色

口コミを紹介

やっぱり高いけど、本物はクオリティが違います。似顔絵やイラスト描いたりするのなら、コピックは必須ですよね。デジタルもいいけどアナログの良さは不滅です!

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

Shuttle Art

油性ペン 極細

価格: 1,999円(税込)

\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

細かな描写にぴったり

全30色がコンパクトケースにぴったり収納されています。しかも油性ペンの極細なので、どんな画材でも使えるのが嬉しいところです。チェキ・プラスティック・木材・金属・DVDなど、家庭のみならず学校やオフィス内でも活躍します。

 

極細のペン先は0.4mmサイズで、塗り絵の細かい部分であっても鮮明に色を塗ることができます。細かいところまでしっかりと色をつけたい方には、ピッタリの塗り絵ペンといえます。もちろん速乾性・耐水性にも優れています。

ペン先 硬筆・ツインタイプ インク 油性タイプ
30色

口コミを紹介

小学3年と、年中の娘用に書いましたが、大人も楽しくなるぐらい綺麗な色でした。30色で充分かと思いましたが、塗り絵をしてるともっと多いのを買えばよかったかと思いました。ただ持ち運び等考えるとちょうどいいかもしれません。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

wowatt

【2021年最新版】 イラストマーカー セット

価格: 2,799円(税込)

\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

発色がずっと鮮やか

全色80色に2色がプラスされ、82色とカラーバリエーションが豊富なイラストマーカーです。どちらも硬筆のツインタイプで、太ペン側のペン先は約6mm、そして細ペン側のペン先は約1mmの太さなので、塗りたい部分によって使い分けることができます。

 

油性染料インクなので速乾性に優れ、乾きやすく手につきにくいのが嬉しいところです。キャップには色の番号が記載されているので、大人から子供まで使いやすさは抜群です。時間が経過しても色あせしないので年賀状にも向いています。

ペン先 硬筆・ツインタイプ インク 油性インク
82色

口コミを紹介

ペンは太めのしっかりした造りです。本数も多く重量もあり、かなりのボリューム感があります。ペンの書きやすい点は、ベタ塗りしてもすぐ乾くので紙がボロボロになりにくくて重ね塗りしても色がにじみにくいことです。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

三菱鉛筆

プロッキーツイン

価格: 856円(税込)

\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

くっきりと鮮やかな発色

お馴染みの三菱鉛筆から「プロッキーツイン PM150TR8CN」を紹介します。油性ペンかと思いきや、水性顔料インクのこのマーカーは、塗り絵の紙の裏にも色移りしないので心配せずに使えます。

 

このマーカー、一度乾燥すると耐水性に優れ、ガラス・金属・プラスティックにも描くことができます。加えて紙からインクがはみ出たとしても、濡らした布で拭けば綺麗にとれます。一気にしっかりと色を塗りたい方には、おすすめの塗り絵ペンです。

ペン先 硬筆・太い インク 水性顔料インク
8色

口コミを紹介

3歳児がお絵描きに利用しています。筆圧が低いので、クーピーやクレヨンでは色が上手く出ないのですが、こちらのマジックを使うと当然ですがはっきりとした色が出て喜んでいます。蓋も自分でしめることができます。

出典:https://www.amazon.co.jp

【硬筆タイプ】塗り絵ペンの比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 ペン先 インク
1
アイテムID:5767827の画像
コピック チャオ 13,500円

詳細を見る

汎用性の高い優れたアルコールマーカー

ナイロン・ツインタイプ アルコール染料インク 36色
2
アイテムID:5768033の画像
イラストマーカー 3,399円

詳細を見る

色の表現の幅が広がる

硬筆・ツインタイプ 油性タイプ 88色
3
アイテムID:5766146の画像
油性ペン 極細 1,999円

詳細を見る

細かな描写にぴったり

硬筆・ツインタイプ 油性タイプ 30色
4
アイテムID:5768176の画像
【2021年最新版】 イラストマーカー セット 2,799円

詳細を見る

発色がずっと鮮やか

硬筆・ツインタイプ 油性インク 82色
5
アイテムID:5768181の画像
プロッキーツイン 856円

詳細を見る

くっきりと鮮やかな発色

硬筆・太い 水性顔料インク 8色

【毛筆タイプ】塗り絵ペンの人気おすすめランキング5選

1位

あかしや

水彩毛筆 彩

価格: 2,218円(税込)

\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

手づくりで丹念に仕上げた穂先

塗り絵タイプの毛筆部門第一位は、あかしやの「水彩毛筆・彩」です。この塗り絵ペンの穂先は筆職人が一本一本丁寧に仕上げました。筆専門のブランド・あかしやは筆だけでなく、日本らしさを追求した色味にもこだわりました。

 

毛筆ならではのタッチを生かしてのグラデーションや、穂先に水を含ませた「ぼかし」や「にじみ」手法も可能で、さらにはパレット上で違う色同士を混ぜ合わせ、独自のカラーを創り出すこともできます。本格的な塗り絵を楽しみたい方におすすめです。

ペン先 人造毛・太さ2mm インク 水性顔料インク
20色

口コミを紹介

インクの色は素晴らしく、毛筆らしいタッチも抜群です。発色は大変よく濃い目の設計ですので、水で薄めて使うことを想定しているようです。また混色やグラデーションも十分できます。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

呉竹(Kuretake)

ZIG クリーンカラー リアルブラッシュ

価格: 4,173円(税込)

\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

水彩特有の「ぼかし」が可能

スケッチから本格的な水彩画まで、イラストのスタイルに合わせた塗り方が実現できる水彩カラー筆ペンです。ペン先はコンパクトかつシャープな細筆タイプでありながら、水彩特有のテクニックからタッチ・独特の透明感まで幅広いイメージに対応できるます。

 

なめらかな描き心地が人気のペンであり、塗り絵初心者が手こずりがちな細かい部分や曲線もムラやはみだすこともなく塗ることができるため、水彩ペンに初めて触れる方やマンダラ塗りにも大変おすすめできます。

ペン先 ナイロン筆・細い インク 水性染料インク
36色

口コミを紹介

裏抜けもほぼなく乾きもはやいところが良いです。色も鮮やかで手帳を書くのが楽しいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

ぺんてる

アートブラッシュ

価格: 6,454円(税込)

\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

多彩な表現が可能な軟筆

カラーインキと毛筆が一体化した筆です。インクは水性のためみずみずしく鮮やで、水彩画やイラストを描くににも適しています。また、文字を書く際にも毛筆に特有の柔らかいタッチで描くことが可能です。

 

ペン先は高品質のナイロン製人造毛を使っているため、耐久性も十分です。万が一ダメージを負って毛がばさばさになってしまっても、60℃から80℃くらいのお湯に数分つけることで、再び新品と同様に戻ってしまう、という優れた性質もあります。

ペン先 ナイロン筆 インク 水性インク
18色

口コミを紹介

4位

Ohuhu

水彩毛筆48色+水ペン2本

価格: 2,499円(税込)

\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

厳選された48色セット

カラーペンのような「気軽さ」と、水彩絵具ならではの透明感を併せ持ったコスパの高い毛筆ペンです。カラー筆ペンだけでなく、水彩画には必要不可欠な「水ペン」が2本も附属しているため、水を自分で用意する必要がありません。

 

また、ペン先の動かし方やペンを持つ角度によって描く時の線の太さを自由に変えることができるため、塗り絵初心者にもおすすめです。細かい部分の塗り絵や絵に立体感を持たせる時にも大いに活躍してくれます。色にこだわりたい方におすすめです。

ペン先 ナイロン筆・細い インク 水性インク
48色

口コミを紹介

48色でこのお値段、安すぎ!水ペンを初めて使いましたが、便利〜(o^^o)使い終わった後に筆を洗わなくていいと思うだけで思い立ったらすぐ手に取り使うことができます。手軽さが一番の魅力ではないでしょうか?

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

GCQUILL

アートマーカーペン セット

価格: 3,099円(税込)

\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

色が見分けやすい鮮やかなカラーバリエーション

全色100色でありながら、収納ボックス自体がとても色を見分けやすく工夫されていて、使いたい色をサッとえらぶことができます。識別性に優れているこの塗り絵ペンは、筆先がナイロン筆で、弾力性に富みグラデーションもつけやすいのが特徴的です。

 

ツインタイプとなっていて、毛筆タイプの反対側は0.4mmの硬筆で、細かいところを繊細に塗り上げることができます。水性インクタイプで環境にも優しく、手についてしまっても簡単に洗い流すことができます。

ペン先 ナイロン筆・ツインタイプ インク 水性インク
100色

口コミを紹介

塗り絵用に購入しました。水性なので重ねて塗るとどんどん色が変わるし、100色もあるとバリエーションが多彩ですね。筆は柔らかいです。撫でる感じのペンでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

【毛筆タイプ】塗り絵ペンの比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 ペン先 インク
1
アイテムID:5768294の画像
水彩毛筆 彩 2,218円

詳細を見る

手づくりで丹念に仕上げた穂先

人造毛・太さ2mm 水性顔料インク 20色
2
アイテムID:5768302の画像
ZIG クリーンカラー リアルブラッシュ 4,173円

詳細を見る

水彩特有の「ぼかし」が可能

ナイロン筆・細い 水性染料インク 36色
3
アイテムID:5768305の画像
アートブラッシュ 6,454円

詳細を見る

多彩な表現が可能な軟筆

ナイロン筆 水性インク 18色
4
アイテムID:5768306の画像
水彩毛筆48色+水ペン2本 2,499円

詳細を見る

厳選された48色セット

ナイロン筆・細い 水性インク 48色
5
アイテムID:5768308の画像
アートマーカーペン セット 3,099円

詳細を見る

色が見分けやすい鮮やかなカラーバリエーション

ナイロン筆・ツインタイプ 水性インク 100色

【軟筆タイプ】塗り絵ペンの人気おすすめランキング5選

1位

呉竹(Kuretake)

ZIG アート&グラフィック ツインマーカー

価格: 13,200円(税込)

\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

塗り心地が良く様々な表現が可能

ナイロンの筆と0.8mmの細芯のツインタイプのマーカーです。全80色。豊富な色とナイロンの軟筆によるやわらかな表現、0.8mmの細芯による線描を組み合わせることで、デザインやイラストなどに大活躍させることができます。

 

軟筆は特に便利で、水彩染料の透明感を活かしたグラデーションや混色、ブレンダーや水筆ペンを使った混色など、幅広い表現を試みることができます。

ペン先 ナイロン筆・ツインタイプ インク 水性染料インキ
80色

口コミを紹介

筆タイプのほうはすごく使いやすくて細かいところも塗りやすい。
発色もよく塗り心地もとてもいい。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

U UZOPI

水性ペン 100色セット

価格: 2,980円(税込)

\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

鮮やかな発色のインク

ツインタイプの軟筆セットで、全色なんと100色というカラーバリエーションの豊富さが特徴的です。軟筆の反対側は0.4mmの硬筆となっていて、軟筆を使って色のグラデーションも楽しめ、さらには細字の硬筆で細かい部分の色塗りもしっかりと塗れます。

 

発色が鮮やかで、かつ水彩染料インクを原料としているため、速乾性もあり塗ったあとでも、インクが手や服につきにくいのが嬉しいポイントです。塗り絵初心者の方からプロの方まで使っていただける塗り絵ペンです。

ペン先 ナイロン筆・ツインタイプ インク 水性インク
100色

口コミを紹介

キャップの開け閉めもしやすく、インクの出も丁度良いので子供でも使いやすそうです。なんといっても同じ色でも数パターンあるので、色々なグラデーションもでき、子供にも色んな色に触れて覚えて欲しかったので本当に購入してよかったです!

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

Arteza

リアル筆ペン 水彩画用96色

価格: 8,099円(税込)

\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

柔軟で耐久性のある筆先

Artezaの塗り絵ペンは、全86色で豊かなカラーバリエーションで、塗り絵を始めた初心者の方からプロの方まで幅広く使える色彩ペンとなっています。使いやすさを追求したケース収納で使いたい色が一目でわかります。

 

柔軟性と耐久性のある軟筆タイプで線の強弱がつけやすく、様々なグラデーションを楽しむことができます。水を含ませると「にじみ」「ぼかし」の手法も可能で表現力豊かな塗り絵で、幅広い作品に仕上げることができます。

ペン先 ナイロン筆 インク
96色

口コミを紹介

豊富な色の範囲、インクはブラシ先端からとてもスムーズに流れるので、ブレンドが簡単になります。プロでも趣味でも水彩画が好きなら、私は強くこれらのペンをお勧めします。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

ZSCM

イラストペン セット

価格: 1,100円(税込)

\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軟筆の太字が1~2㎜で線の強弱をつけやすい

発光色が鮮やかなZSCMイラストペンは、ツインタイプで軟筆・硬筆どちらも使うことができます。柔軟性のある軟筆は強弱がつけやすく、また充実の25色入りでこの価格なので、コスパ重視の方には非常におすすめの塗り絵ペンとなっています。

 

水性染料インクを使用しているので、無臭・無毒なのも嬉しいポイントです。小さな子供さんから学生の方、社会人、高齢者の方まで幅広く使っていただけます。もちろん手についても水で洗い流すことができます。

ペン先 筆・ツインタイプ インク 水性タイプ
25色

口コミを紹介

色数が多く、塗り潰すのも楽でした。自分で色見本を作る様に冊子が入っていて、とても良いと思いました。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

Hethrone

ペンセット 水彩毛筆

価格: 3,399円(税込)

\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

定着性も強く変色や褪色も心配ない

硬筆と軟筆、必要な時にどちらもつかうことができるツインタイプの塗り絵ペンは、カラーバリエーションも豊かな72色入りです。軟筆側は1~2mmの太さで、硬筆側は0.4mmの細さとなっています。

 

軟筆側は、角度や力の加減によって線の太さや強弱を調整することが出来るので、特に小さな子供さんの想像力を伸ばすのに大いに役立ちます。もちろん社会人や高齢者の方の塗り絵でも様々なグラデーションを楽しむことができるペンとなっています。

ペン先 軟筆・ツインタイプ インク 水性インク
72色

口コミを紹介

お洒落な見た目と、発色の良さ、汚れにくいところも気に入っています。今まで4種類ほどペンを使い分けていたのですが、筆とペンの2タイプなので細かいところも描けるので、HETHRONEが1セットあるだけで事足ります。

出典:https://www.amazon.co.jp

【軟筆タイプ】塗り絵ペンの比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 ペン先 インク
1
アイテムID:5768335の画像
ZIG アート&グラフィック ツインマーカー 13,200円

詳細を見る

塗り心地が良く様々な表現が可能

ナイロン筆・ツインタイプ 水性染料インキ 80色
2
アイテムID:5768347の画像
水性ペン 100色セット 2,980円

詳細を見る

鮮やかな発色のインク

ナイロン筆・ツインタイプ 水性インク 100色
3
アイテムID:5768348の画像
リアル筆ペン 水彩画用96色 8,099円

詳細を見る

柔軟で耐久性のある筆先

ナイロン筆 96色
4
アイテムID:5768349の画像
イラストペン セット 1,100円

詳細を見る

軟筆の太字が1~2㎜で線の強弱をつけやすい

筆・ツインタイプ 水性タイプ 25色
5
アイテムID:5768354の画像
ペンセット 水彩毛筆 3,399円

詳細を見る

定着性も強く変色や褪色も心配ない

軟筆・ツインタイプ 水性インク 72色

塗り絵ペンで大人の塗り絵を楽しもう!

せっかくカラー筆ペンを手に入れたのなら、イラストや塗り絵に取りかかってみましょう。イラストを描くのに自信のない方でも「大人の塗り絵」なら、十分に楽しむことができます。下記の記事で、大人の塗り絵のおすすめを紹介しますので、ご参考にしてください。

色鉛筆のおすすめはこちら

塗り絵やイラストを楽しむために、色鉛筆も試してみましょう。塗り絵ペンとはまた異なる仕上がりに、新しい「何か」を見つけることができるかもしれません。興味のある方は、次の記事を参考にして、お気に入りの色鉛筆も探してみましょう。

塗り方・使い方

それでは最後に、塗り絵ペンの塗り方・使い方をご紹介したいと思います。塗り絵ペンの中でもカラー筆ペンといわれるようなタイプには、「ぼかし」「にじみ」などといった手法を施すことができるものもあります。

 

色ペンで色を塗った後に、その上を水筆でなぞることにより水彩画のような風合いを出すこともでき、また筆自体を水につけてグラデーションをつけることもできます。このようにちょっとした工夫で、水彩画のような仕上がりも楽しめるのです。

まとめ

塗り絵に用いられるペンには実に様々な性能・特徴を持つものが多く販売されています。ペンによって完成した時の作品の雰囲気や色合いも変わってくるため、是非あなたのお気に入りのペンを探してみましょう。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年11月16日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【セットが人気!】イラストにもおすすめ!カラーペンのランキング10選

【セットが人気!】イラストにもおすすめ!カラーペンのランキング10選

文房具・文具
【漫画やイラストにもおすすめ!】大人気の筆ペンのランキング10選

【漫画やイラストにもおすすめ!】大人気の筆ペンのランキング10選

文房具・文具
【暗記効果が高まる!】人気の青ペンおすすめランキング10選

【暗記効果が高まる!】人気の青ペンおすすめランキング10選

文房具・文具
【洗練された高級感】人気のシャープペンなどカランダッシュのおすすめランキング10選

【洗練された高級感】人気のシャープペンなどカランダッシュのおすすめランキング10選

文房具・文具
【定番品からあの商品まで!】おすすめ油性ペン人気ランキング10選

【定番品からあの商品まで!】おすすめ油性ペン人気ランキング10選

文房具・文具
【世界に認められた日本製万年筆】おすすめ人気セーラー万年筆10選

【世界に認められた日本製万年筆】おすすめ人気セーラー万年筆10選

文房具・文具