記事ID133431のサムネイル画像

【手軽にタンパク質補給】ホエイプロテインのおすすめランキング10選

様々なメーカーから販売されているホエイプロテイン。日本製だけではなく海外製の商品も多く、値段にも大きな差があるのでどれを選ぶべきか迷ってしまう方も多いと思います。今回はホエイプロテインを購入する際にチェックすべきポイントとおすすめ商品10選をご紹介いたいます。

ホエイプロテインを飲むことのメリット

プロテインの王様とも言われることのあるホエイプロテインは、原料である牛乳から乳脂肪分やカゼインを取り除いて作られ、高タンパク質で低脂肪、栄養が豊富に含まれています。「ホエイ」とはヨーグルトなどの乳製品を作る際に固形物から分離した液体のことを指しています。

 

成人男性は65g、女性は50gのタンパク質摂取が推奨されていますが、タンパク質が豊富な鶏胸肉でも100gあたり約30gしかタンパク質が含まれていません。タンパク質豊富なプロテインを摂取することで、食事だけでは不足しがちなタンパク質をしっかりと摂取できるのです。

 

筋トレを行っている人やジムに通ってる人はもちろん、実は筋トレをしない女性などにも手軽に栄養が摂取できるホエイプロテインはおすすめです。この記事ではホエイプロテインの選び方とおすすめ商品10選をご紹介しますので、ぜひ自分にあった商品を見つけてください!

ホエイプロテインの選び方

ホエイプロテインを購入するときにどんな点をチェックするべきかについて説明していきたいと思います。ご購入の際に参考にしてみてくださ。

ホエイプロテインの種類から選ぶ

ホエイプロテインには4つの異なる製造方法があり、製法によってタンパク質含有量が異なります。ホエイプロテインを選ぶ際に最も重要なポイントなので、しっかりと確認してから購入しましょう。

WPC製法

WPC製法はタンパク質含有率75%前後で、ホエイプロテインの中で最もポピュラーな製法です。ホエイを特別なフィルターでろ過し、その液体を乾燥させることでホエイプロテインとなります。

 

他の製法と比べるとタンパク質含有率は低くなりますが、価格が比較的抑えられているので購入しやすいのが嬉しいポイントです。初めてホエイプロテインを購入される方や価格を抑えたい方におすすめのホエイプロテインがこちらのWPC製法です。

 

製法の段階で脂肪分や乳糖などの成分が残ってしまうため、牛乳を飲むとお腹の調子が悪くなる乳糖不耐性の方にはおすすめできません。また、ラクトフェリンや免疫グロブリンといった美容と免疫力向上効果のある成分も残っているので、乳糖不耐性がない方にはおすすめです。

CFM製法

CFM製法では85%前後のタンパク質含有率となります。WPC製法では液体のろ過は1度だけでしたが、こちらの製法では1度ろ過した液体を再度マイクロフィルターによってろ過します。そうすることでタンパク質の含有率を高め、ラクトフェリンなどの有効成分も残すことができるのです。

 

筋肉を構成するアミノ酸であるBCAAも豊富に含まれているため、運動や筋トレを行う人にはよりおすすめです。また、乳糖や脂肪分がWPC製法よりも多く取り除かれますので、そのネガティブな影響を最小限に抑えることができます。

 

プロテインの消化吸収を妨げる脂質もほとんど取り除かれていますので、効率よく身体に吸収されます。他のタイプと比べると価格は高くなりますが、高タンパク質高品質なホエイプロテインをお探しの方にはCFM製法がおすすめです。

WPI製法

WPI製法のホエイプロテインはCFM製法と同様85%前後のタンパク質含有率です。CFM製法との違いは2度目のろ過の方法にあります。WPI製法ではイオン交換処理という方法が用いられており、さらに目の細かいフィルターでろ過が行われます。

 

タンパク質を効率よく抽出できる一方、その他の有効成分などもほとんどフィルター通過できない点がデメリットとなります。しかし、乳糖や脂肪分も極限まで除去されているので乳糖不耐性の方にはおすすめのホエイプロテインです。

 

WPI製法のホエイプロテインは吸収率が一番高いとも言われており、摂取後1時間以内に70%が体内に吸収されます。CFM製法より価格が安い場合も多いので、効率よくタンパク質のみを摂取したい方におすすめのホエイプロテインです。

WPH製法

ホエイペプチドとも呼ばれるWPH製法のタンパク質含有率は90%前後と言われています。ろ過後に加水分解と精製を行うことでホエイを消化吸収の早いペプチド状態にし、消化吸収を邪魔する脂質と乳糖、その他成分を取り除きます。

 

そのため、消化吸収スピードが非常に早くタンパク質含有率が高いのが特徴です。しかし販売されているWPH製法のホエイプロテインは少なく、味の種類もほとんどありません。さらに製造コストがかかるため、他のホエイプロテインと比べるとかなり高価です。

 

高品質で吸収の早いホエイプロテインがどうしても欲しい!という方は他の製法よりも格段に吸収率が高いのでこちらの製法のホエイプロテインがおすすめです。

飲みやすさで選ぶ

ホエイプロテインは日常的に飲み続けることが大切です。たくさんの種類、味があるホエイプロテインですので自分が無理なく続けられる商品を選びましょう。

水への溶けやすさをチェック

プロテインは水や牛乳、豆乳などに入れて溶かして飲みますが、商品によってはパウダーが溶けにくかったりダマ状で残りやすい場合があります。そのようなプロテインは溶かすのが手間になり、さらに口当たりが悪く飲みにくいのでせっかく買ったプロテインが無駄になってしまいます。

 

プロテインを続けるために溶けやすいもの、そして口当たりが滑らかなものを選ぶと無理なく続けられます。しかし溶けやすさや口当たりは成分やパッケージを見ても判断できないので、インターネットなどの口コミを確認してから購入することをおすすめします。

 

スポーツジムなどでもプロテインを販売していますので、トレーナーの方に確認するのも一つの方法です。見落としがちなポイントですが、無理なく飲み続けるための大切なポイントですのでしっかりと確認してから購入しましょう。

味で選ぶ

ホエイプロテインにはたくさんの味の商品があります。一昔前まではバニラ味などがスタンダードでしたが、最近ではチョコレートやカフェオレ、ココアなどの味からチーズケーキやチョコミントなど少し変わった味の商品も販売されています。

 

自分好みで飲みやすい味を選ぶのはもちろん、毎日同じものでは飽きてしまうという方は数種類を飲み分けるのもおすすめです。また、プロテイン特有のドロッとした感じが苦手な方はさっぱりした味の舌触りが滑らかな商品を選ぶと良いでしょう。

 

商品名だけでは味の想像が付きにくい場合もあり、同じ味でも商品によってテイストに差があります。新しい味に挑戦する場合はいきなり大容量を買うのではなく、お試し用などの少量タイプを購入し続けられそうか判断したほうが良いでしょう。

価格で選ぶ

ホエイプロテインはその製法や容量などによって価格に大きな差があります。3000円台から購入できる商品もあれば1万円以上する商品もあります。自分の目的に合った製法のホエイプロテインを選ぶのはもちろん、無理なく購入できる価格帯の商品を買うことが続けるポイントです。

 

お試し用の数回分であれば数百円から購入できますが、日常的に飲むのであれば大容量タイプを購入したほうがコストパフォーマンスが良いのでおすすめです。しかし、容量が多くても1食分の必要量が多いものもあります。

 

そのような商品は減りが早く、結果的にコストがかかってしまいます。容量だけではなく1食あたりに何g摂取するべきなのか、そして何食分なのかをしっかりと確認しましょう。

配合されている栄養素で選ぶ

ホエイプロテインにはタンパク質だけではなく、様々な栄養素が配合されている商品も多くあります。アミノ酸が含まれている場合、筋トレ後や運動後の筋肉の修復を助けてくれる役割を果たします。また、脂肪を減らし筋肉が付きやすくなるBCAAが含まれている商品もあります。

 

ビタミンB群やビタミンCなど日頃の食生活では不足しがちな栄養素が含まれているプロテインも多く、プロテインを飲むだけで1日に必要な栄養素の多くを摂取できるものもあります。これらの栄養素は全て運動後筋力アップに効果的なだけではなく、健康維持などにも効果的です。

 

日頃の食生活などを考え、自分に必要な栄養素を含まれているプロテインを選びましょう。しかしそういった商品の場合はタンパク質含有率が下がりますので、タンパク質だけを摂取したいという方にはおすすめできません。

【PR】プロテインホエイ100 マッスルプレス

筋トレ効果最大化!ハイスペックプロテイン

何より気になるタンパク質含有量は1食で20gを超え、それだけではなく、アミノ酸スコア100の高品質、ビタミン11種配合とまさに筋肉を鍛えるために存在するこちらのホエイプロテイン。





今まで以上に、筋トレの効果を最大化し、理想のボディメイクをしたい方は一度チェックしてみてください!目指す体ごとの目安摂取量も解説されているため、誰でも自分が目指す理想のカラダに向けた一歩を踏み出すことができます!

ホエイプロテインの人気ランキング10選

第10位

THINKフィットネス

GOLD'S GYM ホエイプロテイン

価格:14,040円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大手スポーツジムのこだわりのプロテイン

有名トレーニングジムのゴールドジムから販売されているWPH製法のホエイプロテインです。使用する原材料にこだわり、日本国内の食品メーカーや医療品製造工場で生産を行うなど厳しい管理のもとに生産されている商品です。

 

WPH製法のプロテインは海外メーカーのものが多い中、日本の大手スポーツジムが手がけるこだわりの商品なので安心して口にすることができます。プロテインの中でもトップクラスの吸収の速さですので、高品質のプロテインをお探しの方にはおすすめの商品です。

 

甘酸っぱいストロベリーとさわやかなブルーベリーのミックステイストで、豊かな香りが特徴的です。牛乳と良く合いますが、水で割っても美味しく飲めるプロテインです。

 

 

内容量2kgタンパク質含有率69%
製法WPH製法その他栄養成分ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12など
第9位

ボディウイング

ホエイプロテイン 無添加

価格:5,790円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

完全無添加の身体に優しいプロテイン

こちらのプロテインは高品質と評判高いアメリカ産のホエイプロテインを使用し、砂糖、合成甘味料、着色料や保存料など一切使用されていません。低価格でありながら高品質、そして完全無添加ですので身体に良いプロテインです余計な物を摂取したくない方、無添加にこだわる方におすすめです。

 

香味料が一切入っていないので甘みはありませんが、ミルクのような自然の甘みがあります。飲み慣れていないかたはそのままでは飲みにくいかもしれませんが、ココアやインスタントコーヒーとブレンドしたりなど自分好みにアレンジした飲み方ができます。

内容量3kgタンパク質含有率84%
製法WPC製法その他栄養成分アミノ酸
第8位

健康体力研究所

Kentai 100% CFMホエイプロテイン

価格:6,130円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

タンパク質含有率が約89%と高く、乳由来の生理活性物質やアミノ酸などを豊富に含んでいるのが特徴です。その一方、乳糖や脂肪分はしっかりと取り除かれているうえに精製の段階で発生する変形タンパク質も除去されています。

 

筋肉の回復に役立つグルタミン、意識しないと不足してしまいがちなミネラルとビタミンが11種類も配合されているので、タンパク質だけではなく様々な栄養素を取り入れることのできる優れものです。

 

筋肉量アップを目指す方、体づくりに力を入れている方に特におすすめのプロテインですが、栄養補助などとして間食に飲むのもおすすめです。

内容量850gタンパク質含有率89%
製法CFM製法その他栄養成分ビタミンA・ビタミンB2・ビタミンB12・アミノ酸など
第7位

バルクスポーツ

プロテイン アイソプロ

価格:3,701円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

さらさらとした飲みやすいプロテイン

WPI製法で作られたこちらのホエイプロテインはタンパク質含有率が約86%と高いのが特徴です。乳糖や脂肪分などがほぼ取り除かれているので乳糖不耐性の方でも問題なく摂取していただけます。また、デキストリンや保存料不使用で余計なものが一切入っていないのが嬉しいポイントです。

 

公益財団法人の認定を受けた日本国内の工場で、徹底した品質管理のもとで製造されています。プロテイン特有の粉っぽさがなく、すっきりとした舌触りと飲みやすさにこだわったホエイプロテインです。運動後の栄養補給はもちろん、間食としても取り入れやすい商品です。

内容量1kgタンパク質含有率86%
製法WPI製法その他栄養成分なし
第6位

マッスルファーム

コンバット ホエイプロテイン

価格:5,550円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低価格で高品質のホエイプロテイン

こちらのホエイプロテインはなんと2.2kgという大容量で5550円とかなり格安なプロテインです。1食あたりの値段が約79円と断トツに安いです。アメリカメーカーのプロテインで世界アンチドーピンク機構の検査もクリアしている安心のプロテインです。

 

付属しているスプーン1杯あたりに約25gのタンパク質が含まれており、脂肪分やグルテンなどの成分を限りなく除去しています。水に溶けやすく泡立ちも少ないので、飲みやすいと口コミでも評判の良いプロテインです。

 

しかし容量が大きいため保管しておくために一定のスペースが必要になりますので、注意が必要です。とにかく価格を抑えたい方にはおすすめの低価格でありながら高品質なプロテインです

内容量2.2kgタンパク質含有率78%
製法その他栄養成分
第5位

ドーム

DNS ホエイプロテインストイック

価格:7,202円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

とにかくタンパク質だけを摂取したい方に

タンパク質含有率が97%とその含有率を極限まで高くした商品名通りのまさに「ストイック」なホエイプロテイン。日常生活で取りすぎてしまう傾向のある脂質と炭水化物は0.4%のみですのでカロリーも控えめですので、とにかくタンパク質だけ摂取したいという方におすすめです。

 

プロテイン自体に味はほとんどなく口当たりも滑らかなのが特徴です。そのため、他の飲料やヨーグルトなどに混ぜても邪魔しないので様々な方法で摂取できるのが嬉しいポイントです。禁止物質の検査だけではなく高い品質管理基準を儲けている世界アンチドーピング機構認定のプロテインです。

 

内容量1000gタンパク質含有率97%
製法その他栄養成分なし
第4位

ファインラボ

ホエイプロテインピュアアイソレート

価格:6,912円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

原料にこだわった安心安全のプロテイン

WPI製法でありながらこちらのホエイプロテインのプレーン味はタンパク質含有率が約95%と非常に高いのが特徴です。原料の入荷、製造、出荷全ての段階で厳重な管理がされており、高い衛生管理と安全性のもとに生産されています。

 

さらに最高級品質の原料を使用するため、牛の飼育方法にも厳しい基準をもうけています。与えられる餌は全て厳格なEUの基準を満たしたもので、放牧されてのびのびと育った健康の牛から作られるホエイのみを使用しています。

 

熱処理が少ないためアミノ酸などの栄養素も豊富なのが特徴です。水に溶けやすく、自然な甘みでクセがないので非常に飲みやすいです。乳糖不耐性の方でも飲めるのが嬉しいポイントです。

内容量1kgタンパク質含有率95%
製法WPI製法その他栄養成分アミノ酸など
第3位

ビーレジェンド

ホエイプロテイン

価格:3,184円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

確かな品質と味のコスパ抜群のプロテイン

こちらのプロテインは食品などの技術的水準を審査するモンドセレクション金賞の受賞歴があります。さらに味や風味などを評価する優秀味覚賞でも数多くのフレーバーが受賞しているので、その品質は確かなものです。

 

泡立ちが少なくて水に溶けやすく、プロテイン特有のどろっとした口当たりもないので非常に飲みやすいです。1kgあたり約3000円と比較的安価で、日本メーカーでありながら数あるホエイプロテインの中でもトップクラスのコストパフォーマンスの良さを誇ります。

 

プロテインが初めての方やプロテイン特有のどろっとした感覚が苦手な方にはぜひ試していただきたい商品です。公益財団法人日本アンチドーピング機構認定のプロテインですので、本格的に競技を行っている方でドーピングが気になる場合でも問題なく飲むことができます。

内容量1kgタンパク質含有率73%
製法WPC製法その他栄養成分ビタミンC、ビタミンB6
第2位

オプティマムニュートリション

Gold Standard 100% ホエイ

価格:4,935円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

世界シェアNo.1の高品質プロテイン

こちらのホエイプロテインはアメリカやヨーロッパなどの世界20ヵ国以上で売り上げ第1位を誇る大人気商品です。タンパク質含有率が90%と非常に高い含有率なのはもちろん、アミノ酸や酵素などの豊富な栄養が含まれているので、筋トレ後の摂取に最適なホエイプロテインです。

 

製造の際に独自の専用フィルターを通しているので、水に溶けやすくダマにならずに飲みやすいのも嬉しいポイントです。また、飽きがこないで飲み続けられるよう徹底的に研究されたフレーバーも人気の要因の1つです。

 

やや高めの価格ですが、高タンパク質で豊富な栄養も含まれている確かな成分設計ですので、トレーニングの効果を最大限に発揮したい方にはおすすめです。1食あたりの乳糖量が1g以下と非常に低いので、乳糖不耐性の方でもお飲みいただけます。

内容量907gタンパク質含有率90%前後
製法WPI製法その他栄養成分アミノ酸・酵素・グルタミンなど
第1位

明治

ザバス ホエイプロテイン

価格:5,994円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

飲みやすさと続けやすさNo.1

お菓子でなど有名なメーカーの明治から販売されており、知る人も多いザバスのホエイプロテインです。タンパク質含有率が75%、そして健康維持に欠かせないビタミンCと体づくりをする上で重要なビタミンB群が7種類も配合されています。

 

高価なホエイプロテインも多い中、価格も比較的抑えられているのも続けやすい嬉しいポイントです。牛乳と割って飲めば本物のココアと大差がない味と評判です。そのためプロテイン特有の味が苦手な方はもちろん、栄養が偏ってしまいがちなお子さんでも飲みやすいです。

 

こちらのプロテインはAmazonなどの大手通信販売で購入できるのはもちろん、薬局などでも販売されています。販売店が多いので簡単に手に入れることができるのも嬉しいポイントです。

内容量1,050gタンパク質含有率75%
製法その他栄養成分ビタミンB群、ビタミンC

まとめ

ホエイプロテインのおすすめ商品10選をご紹介いたしましたがいかがでしたでしょうか。タンパク質だけではなく様々な栄養素も手軽に摂取でき、味のレパートリーも豊富ですので飽きずに続けやすいと思います。今よりも筋トレや運動の効率をより上げるためにぜひあなたも自分好みのホエイプロテイン見つけてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ