記事ID133427のサムネイル画像

【最強の音質を手に!】おすすめのU型イヤホン人気ランキング10選

通勤や通学で使用するイヤホン。その中でも付けていてもケーブルが邪魔にならないU型のイヤホンを使いたいけど、おすすめが何かわからず悩んでいる方もいるのではないでしょうか。今回は音質やコスパなどを中心にU型イヤホンの選び方や、人気ランキングを紹介します。

U型ケーブルのイヤホンは邪魔にならずに音質も良い

イヤホンを購入する際に気になるのは、音質と取り回しの良さですよね。無線で接続するイヤホンが流行っていますが、有線のほうがまだ高音質なのが現状です。有線タイプのイヤホンには、U型ケーブルとY型ケーブルの2種類があります。最近はY型が主流になっていますが、首にかけられてイヤホンを外した時に脱落を防げるU型ケーブルは、取り回しの良さが特徴です。

 

U型ケーブルは数が少なくなってきましが、スポーツや日常でイヤホンを使う際にケーブルが邪魔にならず、自然に耳から取り出しておけるなど利点が多く、ファンが多くいます。今回は口コミと一緒にU型ケーブルのイヤホンをランキングと一緒に紹介していきます。

U型ケーブル採用イヤホンの選び方

U型ケーブルのイヤホンは扱いやすく、音質も良いのが特徴ですが、選ぶとなると迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。ここではU型ケーブルのイヤホンを選ぶポイントを紹介していきます。

音の傾向で選ぶ

イヤホンはそれぞれのブランドで音の傾向が違っています。自分に合った音の傾向を持ったイヤホンを選ぶことで快適に音楽を聴くことが出来ます。

どっしりとした低域重視

U型ケーブルを採用したイヤホンに限らず、ヘッドホンやスピーカーなども音の傾向がブランドごとに異なっています。なかでも音の迫力や臨場感を出すために低域を強調したものが多くあります。低域だけだと音がモコモコとなってしまうので、大抵の場合はた高域も持ち上げたドンシャリという音の傾向を持ったものがほとんどです。

 

耳に大きな振動が伝わるので、長い時間聴いていると耳が疲れてしまうというデメリットもありますが、良い音や高級感のあるサウンドを求めている方はこのタイプがおすすめです。ロックやテクノなどの音の圧力を感じるのに最適です。

ボーカルが聴きやすい

中域を強調したモデルは、ボーカルが聴きやすく、歌ものの曲に最適です。低域や高域よりも中域を持ち上げているため、周波数のデータの形から一部ではかまぼこ型とも呼ばれています。低域や高域に重きを置いていないので、軽いサウンドになる傾向があります。

 

ボーカルの他にもギターやヴァイオリンなどの、中高域の楽器を聴くことにも適しているので、インストの楽曲を聴く際にも、自然に注目することが出来、聴きやすいのが特徴です。低域重視とは違い、ずっと聴いていても聴き疲れが出にくく、比較的長く聴くことが出来ます

音のバランス重視

全ての周波数において、バランスが取れている音の特徴をもつものをフラット型といいます。全体の音がまんべんなく出ているので、音楽的には優れていますが、イヤホンで聴いているときに面白みを感じないという感想を抱く人も多くいます。

 

ドンシャリ型とフラット型を比べると、同じ音量でも満足のいく音の圧力を感じられないフラット型は、音量を上げやすい傾向にあり、耳への負担を大きくしてしまう可能性もあります。フラット型を選ぶ際には、音量の大きさなどに注意が必要です。アーティストの意図する音をそのまま聴けるという魅力があります。

イヤホンの形状で選ぶ

U型ケーブルのイヤホンには主に2種類の形状があります。イヤホンを耳に装着した際に違和感のないものを選ぶようにします。

耳にフィットするカナル型

U型ケーブルのイヤホンに限らず、現在主流なのがカナル型と呼ばれるイヤホンです。イヤーピースの付いたイヤホンを耳に押し込む形で装着します。イヤーピースには様々な大きさのものが用意されているので、自分の耳のサイズに合ったものを選ぶことで、脱落を防ぎ、音質を劣化させることも防げます

 

耳の形や耳の穴の大きさに合っていないイヤーピースを選んでしまうと、イヤーピースの先端が折れ曲がって、音を出す穴を塞いでしまい、音質を悪くしてしまう理由にもなります。どうしても、カナル型のイヤホンが合わない場合はインナーイヤー型のイヤホンを選びましょう。

装着感の良いインナーイヤー型

カナル型に比べて数が少なくなってきているのが、インナーイヤー型です。耳の穴にイヤホンを乗せる形で装着をします。空気感のある開放的なサウンドが特徴ですが、逆に周囲の音が入りやすく、低域も出ないという面もあります。細かい音を聴くのには向いていませんが、装着感が良いので自然に音楽を楽しめます。

 

構造的に密閉していない形状なので、音が漏れやすく、電車など音漏れに気を使わなければいけない場所では不向きなのが、インナーイヤー型のイヤホンです。インナーイヤー型を選ぶ際には、音量に注意することが必要です。

ドライバーユニットで選ぶ

イヤホンで音を発音するパーツをドライバーユニットといいます。イヤホンのドライバーユニットは主に3種類あります。もっとも一般的なのが、ダイナミック型低音再生能力がたかくワイドレンジながら低コストなのが特徴です。多くのイヤホンがこのダイナミック型のドライバーユニットを採用しています。

 

そして、バランスド・アーマチュア型繊細なサウンドが特徴ですが、周波数帯の範囲が狭いデメリットもあり、その場合低域が弱くなってしまいます。もう一つは、上記2つのドライバーユニットの特徴を活かしたハイブリッド型です。低域と中高域をバランス良く出せるので、音質は良いですがその分コストがかかり、イヤホンの値段も上がってしまいます。

機能で選ぶ

U型ケーブルのイヤホンには、付随機能がついているモデルもあります。必要な機能があれば、それをふまえて選ぶようにしましょう。

スポーツに最適な防水防滴機能

U型ケーブルのイヤホンは、ケーブルが邪魔にならないので、動きやすく様々なシチュエーションで使うことが出来ます。ランニングやマラソン、フィットネスなどで音楽を聴きながら身体を動かしたい時に有効なのが、防水や防滴機能です。汗や瞬間的な水に強く、中にはそのまま洗えるものもあります

 

また、キャンプなどのアウトドアでも防水や防滴機能がついたイヤホンは効果的です。急な雨や水場での遊びをしている際に水をかぶっても防水や防滴のイヤホンであれば動作に支障が出ることはありません。防水性能を表す表記として、IPXやIPなどがあります。アルファベットの後の数字が大きいほど防水性が高いことを示しています。

マイクやリモコンが付いたイヤホン

スマホで音楽を聴く際に、そのままハンズフリーで電話をすることが出来るマイクやリモコンが付いたイヤホンがあります。いちいちイヤホンを取り外すことなく、電話に出ることが出来るので、スムーズに応対することが出来ます。ただ、マイクやリモコンといったものが付いていると、イヤホン自体の音質にも影響が出る場合があるので、注意も必要です。

 

また、イヤホンの仕様によってはスマホの機種が限られているものもあるので、使っているスマホとの対応がどうなっているかを調べる必要があります。U型ケーブルのイヤホンの場合、片耳だけを外して電話をすることも出来、声の大きさを気にしながら話すことが出来る利点があります。

余計な音を遮断するノイズキャンセリング機能

U型イヤホンには周囲の音を遮断する、ノイズキャンセリング機能が付いたモデルもあります。イヤホン側のマイクで周囲の音を拾いながら、その音を逆位相にしてイヤホンから出すことで、音を打ち消し合うことで周囲の音をカットするのがノイズキャンセリングです。イヤホンを付けている際により静かな時間を楽しむことが出来ます。

 

雑音が無くなる分、音楽もクリアに聴くことができるので、集中して音楽を聴きたい方におすすめです。また、音量を上げなくてもはっきりと音楽を聴くことが出来るので、普通のイヤホンに比べ耳への負担を抑えることが出来ます。

U型イヤホンの人気ランキング10選

第10位

JVCケンウッド

JVC 『HA-EXC25-W』

価格:1,746円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フィットするイヤーフック

スポーツや忙しく動き回る日常に、汗や水しぶきにも強い防滴機能がついたイヤホンです。可動式のイヤーフックは、耳の大きさや形状にフィットさせることができ、どんなシチュエーションでもブレることなく固定してくれます。また、軽量なボディなので耳に負担をかけることなく快適に音楽を楽しむことが出来ます。

 

レビューを見てみると、外へも音漏れしないので普段から使える、値段も機能も音も全て気にいっている、耳に引っ掛けるので走っていても外れる事がないのでとても良いと評価を得ています。マラソンなどスポーツの際に適したモデルです。日常だけでなくスポーツで使いたい方におすすめです。

形状カナルケーブルの長さ1.2m
機能イヤホン、防滴
第9位

バッファロー

BUFFALO 『BSHSMP02 BSHSMP02U07-WH』

価格:1,746円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

マイクとコントローラーが付いたイヤホン

パソコンの周辺機器メーカーのバッファローが出している、マイクとコントローラーが付いたイヤホンです。4極プラグ方式のスマートフォンに対応しており、イヤホンを付けたまま通話をすることが出来ます。また、ケーブルは0.75mと扱いやすい長さで、ポケットに入れて使うには最適です。

 

レビューを見てみると、このイヤホンが1番使いやすい、ズボンのポケットに収納に最適な長さという意見が見られます。スマホなどで音楽を楽しみながら、通勤や通学で使用し、電話が来たときには、イヤホンを装着したまま通話が出来るので便利に使うことが出来ます。U型ケーブルなので片方を外して声の大きさを確認しながら通話出来ます。通話に対応したイヤホンを探している方におすすめです。

形状カナルケーブルの長さ0.75m
機能イヤホン、マイク
第8位

audio-technica

audio-technica 『LOOP SUPPORT ATH-CK505M』

価格:5,499円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

耳に自然にフィット

耳に触れる部分を増やすことで、自然にフィットして安定感を高めたLOOP SUPPORTを採用したイヤホンです。また、耳の形にそうようになだらかな傾斜をつけたデザインによって、音漏れを防ぎ、高い音質で音楽を楽しむことが出来ます。また、イヤーピースが4個付属しているので、耳の小さい方も対応できます。

 

レビューを見てみると、耳から外しても落ちないのがU字の良い所で音質も低音もしっかりしていて良い、数少ないU字コードで耳にぴったり、イヤーピースの感触も安物とは違い良いと装着感に関して高い評価が見られます。U型ケーブルは脱落などを気にしなくていいという利点があります。安定したイヤホンを求めてる方におすすめです。

形状カナルケーブルの長さ1.2m
機能イヤホン
第7位

SONY

ソニー 『MDR-EX300SL/B』

価格:9,800円(税込)

amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高域の繊細さを再生

ソニーのU型ケーブルを採用したイヤホンです。ソニー製品ならではの高音質で装着感の良いこのモデルは、ドライバを垂直につけることで、装着時の安定感を実現しています。また、フィットするイヤーピースは外部の音を防いでくれるので、音量をあまり上げずに音楽を楽しむことが出来ます。

 

レビューを見てみると、低音から高音までバランスのとれたまじめな音、価格と性能のバランスがとても良い、値段も手頃で他の安いイヤホンよりも音に深みがありますと高い評価を得ています。ソニーのイヤホンは音の色付けをあまりせずフラットに聞ける傾向があります。少し良いイヤホンを使いたいと考えている方におすすめです。

形状カナルケーブルの長さ0.6m
機能イヤホン
第6位

ヤマハ

YAMAHA 『EPH-30』

価格:3,980円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

広い周波数帯をカバー

音楽の総合機器メーカーであるYAMAHAは、スピーカーなど歴史に残る製品を数々発表してきました。イヤホンなど日常使いの出来る製品にもそのノウハウが詰め込まれています。バランスに優れたサイズのドライバーを採用し、周波数帯も20~21,000Hzと幅広く再生することが出来ます。

 

レビューを見てみると、音は均整がとれていてはっきりとしている、全体的な音のバランスや質がいいと高い評価を得ています。派手さはありませんが、音楽の機器メーカーが出すイヤホンとしてバランスの優れた製品に仕上がっています。信頼のあるメーカーの安定した高音質のイヤホンを求めている方におすすめです。

形状カナルケーブルの長さ1.2m
機能イヤホン
第5位

audio-technica

audio-technica 『SONICSPORT ATH-SPORT3』

価格:3,680円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スポーツをしながら音楽を聴く

激しく動いてもずれにくく、耳の形に合わせて形状を変えられる360度フレキシブルイヤハンガーを採用しています。防水仕様なので汗をかいたときに水洗いをすることも出来ます。しかし、完全防水ではないので注意が必要です。また凹凸のあるウェーブコードを採用したことで、タッチノイズを防ぐことができ、音質面でも利点があります。

 

レビューを見てみると、運動中にBGMとして聴くには十分な音質、スポーツという用途に合わせた細かい工夫と気配り、一度自分の耳の形に合わせてしまうと簡単には変形せず形状を維持してくれると高い評価を得ています。防水ながら空気の流れをコントロールしているので音質面でも考えられた作りになっています。スポーツをしながら音楽を楽しみたい方におすすめです。

形状カナルケーブルの長さ1.2m
機能イヤホン、防水
第4位

SONY

ソニー 『 MDR-NWNC33』

価格:3,710円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

通勤通学に便利なノイズキャンセリング機能

ウォークマンシリーズやICレコーダーなどソニー製品に対応した、ノイズキャンセリング機能搭載のイヤホンです。周りの騒音を抑えることでクリアなサウンドを楽しむことが出来ます。ドライバーユニットを垂直に配置しているので、装着した際の安定性と快適性を実現しています。また、内側はハード、外側はソフトのハイブリッドイヤーピースによって、音質劣化を防いでいます

 

レビューを参考にすると、静かすぎて乗り過ごしそうなほど劇的な効果、ノイズキャンセルはかなりいいです、音楽にどっぷり浸かるには最高とノイズキャンセル機能について高い評価を得ています。音質もフラットで聴き心地が良いという意見もあり、周囲の音を防ぎながら音楽を楽しみたい方におすすめです。

形状カナルケーブルの長さ0.6m
機能イヤホン、ノイズキャンセリング
第3位

Sennheiser

ゼンハイザー 『CX300-2』

価格:2,800円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

迫力の低域

マイクなどの音響機器で有名なゼンハイザーから出しているU字ケーブルを採用したイヤホンです。厚みのある低域が特徴で、臨場感のある高音質なサウンドに定評があります。また付属の3サイズのイヤーアダプターで、耳にフィットするサイズを選ぶことができ、外に音を漏らさないだけでなく、外部の音を取り込まないようにすることが出来ます。

 

レビューを参考にすると、クリアで音が柔らかい、音質的にも良くまとまって聴きやすい、昔からヘッドホンはゼンハイザーを信用しています今も満足の音と高い評価を得ています。周波数特性が19~21,000Hzと広く、音楽を聴くには十分なスペックを持っています。信頼のブランドの製品を探している方におすすめです。

形状カナルケーブルの長さ1.2m
機能イヤホン
第2位

audio-technica

audio-technica 『PREMIUM COMPACT ATH-CKN70 BL』

価格:13,071円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メリハリのあるサウンド

小型の強磁力マグネットドライバーを採用することで、小さい筐体ながら豊かな低域を再生でき、耳の奥までしっかりと振動を送ります。また、アルミの筐体なので中高域も鮮明に再現して、細かなニュアンスを伝えます。N.L.S.というリングがあるので、装着感が良く、耳とイヤホンを固定してくれます。

 

レビューを見てみると、中低音がほどよく高温もメリハリが効いているので立体的な音で聞こえる、リングによりインナー部がズレずに収まり装着良好、とても楽しく音楽が聴けますと高い評価が得られています。耳にしっかりと固定できるので、再生したサウンドをそのまま聞くことが出来ます。イヤホンを長く使っていきたい方におすすめです。

形状カナルケーブルの長さ1.2m
機能イヤホン、N.L.S.
第1位

PHILIPS

PHILIPS 『SHE9720』

価格:3,780円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

臨場感に富んだサウンド

角度が付いたヘッドフォンで自然にフィットして、サウンドを正確に鼓膜に伝えます。人間の耳を研究し尽くした結果、快適で歪みのない音を実現しています。音響を調整したヘッドフォンドライバーは、広い周波数帯をカバーしており深みのある豊かな高域を楽しむことが出来ます。

 

レビューを参考にすると、重低音はドンドン高音はキーンとせず気持ち良く聞いていられます、値段にしては音質が良くて得した気分、jazz等のライブ音源が心地良く響くと高い評価を集めています。臨場感のあるサウンドが定評のPHILIPSのイヤホンは、音質もよく価格も低い設定なのでコスパにも優れています。素直な音を楽しみたい方におすすめです。

形状カナルケーブルの長さ1.2m
機能イヤホン

まとめ

ここまでU型イヤホンのおすすめ人気ランキングをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。U型イヤホンにもさまざまに特徴があります。音楽を良い音質で楽しむために、こだわりを持って選んでみてはいかがでしょうか。自分のスタイルに合ったイヤホンを選ぶことで、毎日の生活を音楽と共に楽しんで過ごせますよ。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ