人気のベースアンプのランキング10選【家庭での練習にもおすすめ】

ベースアンプは様々な機能や種類の商品が販売されているのでどこを選んで購入すればいいのか難しい製品です。またベースを弾く場所や用途に合わせて選ぶ必要もあるためしっかりと機能や性能を把握しておきましょう。今回はベースアンプの種類やおすすめの選び方を紹介します。

ベースアンプは自分の好みの音や使用用途によって選ぼう

ベースアンプはベースを演奏するのに必須のアイテムですが機能や性能の違いなどが多くどれを選べばいいのか難しいアイテムです。特に楽器を始めたばかりの方には余計に悩みやすいアイテムとなっています。

 

そのためまずは自分好みの音を奏でることが出来るかどうかを基準に選ぶのがおすすめです。また使用する場所や用途によっても出力ワット数から選ぶのがおすすめで、まずは音と使用する場所から考えるのがベストです。

 

特に最初はいきなりライブなどをすることもないので初心者の方は自宅での練習にピッタリな商品が人気があります。慣れてくるとベースアンプの種類やタイプなども考えることになるので最初は音の直感で購入するのも選択肢の1つです。

ベースアンプの選び方

ベースアンプは細かい機能や性能が違う商品が多く販売されているのでチェックするポイントは多くあるのでしっかりと自分の用途に合っているかどうかチェックしてから購入するようにしましょう。

ベースアンプの形状から選ぶ

ベースアンプには大きく分けて2種類の形状が販売されています。使用する用途に合わせて最適な形状も変わることがあるのでしっかりと選ぶようにしましょう。

セパレートタイプから選ぶ

セパレートタイプのベースアンプはヘッドアンプとキャビネットに分かれた形状となっており、この2つの製品の組み合わせ次第で色んな音そ再現することが出来るのが特徴です。また故障した場合でもそれぞれが独立しているので修理などもやりやすいです。

 

ただし下記で紹介するコンボタイプよりも形状が大型になりやすく値段も高価な商品が多いのがデメリットと言えます。スタジオやライブハウスなどに設置されているタイプはこのセパレートタイプのベースアンプが多いです。

コンボタイプから選ぶ

コンボタイプのベースアンプはセパレートタイプの商品と違いヘッドアンプとキャビネットが一体化されている商品の事を指します。そのため再現できる音などの自由度は低いですが比較的に値段が安価な商品が多いです。

 

また一体化されているので持ち運ぶ際に楽だったりすることもメリットの1つで初心者用のコンパクトな商品から大型の物まで幅広く販売されているのが特徴と言えます。接続など難しい設定も少なく済むので初心者におすすめの形状です。

ベースアンプの種類から選ぶ

ベースアンプには種類もあり、これは電気信号の増幅方法の違いとされています。これが違うだけで音の特徴が大きく変わるので自分の好みの種類を選ぶようにしましょう。

チューブアンプから選ぶ

真空管によって電気信号が増幅される種類をチューブアンプタイプとされており暖かみのある音色が特徴となっています。またプリアンプとパワーアンプの両方で真空管を用いた製品をフルチューブアンプと呼びます。

 

逆にプリアンプのみ真空管を採用した製品はプリチューブアンプと呼ばれています。音色が太いと感じる方も多いですが真空管は消耗品のため交換することが必要になるのがデメリットでもあります。

ソリッドステートアンプから選ぶ

ソリッドステートアンプは真空管ではなくトランジスタにより電気信号を増幅されます。チューブアンプの音色よりもクリアな音色が特徴で長期間使用していても交換などをする必要がないのがメリットの1つです。

 

また真空管を使用していないのでメンテンナンスなども楽で手間がかかりません。とてもクリアで素直な音色なので各種エフェクターとの相性が抜群です。個体差などに関係なく同じ音色が出しやすい種類です。

用途に合わせてワット数から選ぶ

ベースアンプには上記でも紹介したように種類や形状などの違いも大事なポイントですがワット数にもしっかりと注目しておきたい製品です。このワット数は出力できる音の大きさの違いを表した数値です。

家庭練習用から選ぶ

屋内や自宅での練習用にと考えているなら出力ワット数は10W~30Wの出力ワット数の商品がおすすめです。もしくは10W以下の製品でも家庭での練習用としては十分使用が可能となっているので目安にしましょう。

 

あんまり出力が大きすぎると近所に迷惑になってしまうこともあるので自宅の環境や練習する環境に合わせるのがベストですが最大でも30W以下の製品がおすすめです。

小規模ライブ用から選ぶ

30W以上となると小規模なライブでも使用が可能なほど大きな音が出力できるようになります。そのため家庭での練習用には30W以下の商品がおすすめでした。また公園や小規模な屋外のライブなどでもこの30W~の製品がおすすめです。

 

自分の用途に合わせたワット数の製品を選びましょう。当然ワット数が大きくなると値段も高くなることがあることも頭に入れておく必要があります。

大規模ライブ用から選ぶ

大規模なライブ用としては500W以上の出力が可能な製品がおすすめです。こちらの製品は主にプロのミュージシャンなどが使用するので一般の方や趣味で音楽をやっている方には馴染みが無いかもしれませんが知識として覚えておくのがおすすめです。

ヘッドホン端子がついているかどうかで選ぶ

家庭や屋内での練習用としてベースアンプを購入しようと考えている方はヘッドホン端子が付いているかどうかは必ずチェックするようにしましょう。基本的に家庭で使用する場合は何を置いても必須の機能だと考えられます。

 

ベースの音はギターとは違い非常に大きいです。そのため防音部屋などでもベースの音には効果が無い場合もあります。そのためヘッドホンを付けて練習するのがおすすめです。近所迷惑なども考えて家庭で使用するヘッドホン端子があるかどうかチェックしておきましょう。

ギターアンプはベースで使えるのか

ベースアンプと同じような商品でギターアンプも販売されていますが、よくギターアンプでベースを奏でようとする方もいます。ですがギターアンプでベースを奏でると最悪の場合は故障に繋がるので絶対にやめるようにしましょう。

 

理由としては上記でも紹介したベースの音はギターよりも非常に大きいためギターアンプでは耐えられない可能性があるからです。そのためベースには必ずベースアンプを使用するようにしましょう。

 

ただしベースアンプでギターは演奏することが出来ます。これは音量がギターの方が小さいからです。ですがしっかりと使用する場合はちゃんと対応したアンプを使用するようにするのがおすすめです。

人気のベースアンプのランキング10選

ここから人気のベースアンプの種類をランキング形式で紹介します。アンプ1つで音に大きな違いが生まれることもあるのでしっかりと自分の好みのベースアンプを探してお気に入りの音で気持ちよく音楽を楽しんでください!

10位

ローランド

ベース アンプ MICRO CUBE BASS RX MCB-RX

高音質カスタム・スピーカー×4のベースアンプ

アルカリ単3乾電池×6本でも動く使いやすいベースアンプです。もちろん付属のACアダプターでも動くので屋内でも屋外でも使用が可能です。単3乾電池×6本の場合は最大で11時間の連続使用が可能なのもおすすめのポイントです。

 

ベース用にチューンされた高音質カスタム・スピーカー×4のスピーカーなのでサイズを超えた音圧感があります。チューナー機能も内蔵されているので演奏前に素早くチューニングが行えるのも人気の理由です。

 

リズム・ガイドも内蔵されているので様々なリズムに合わせたベースプレイを楽しむことが可能でAUX IN端子もステレオとモノラルの2系統を備えているので使い勝手が良いです。レビューでも音が良くバッテリー駆動するもの使いやすい。という声があります。

サイズ 20.7 x 29.59 x 29.39 cm 重量 6.8 kg
出力ワット数 5ワット
9位

VOX

ヘッドホン・ベースギター・アンプ amPlug 2 Bass

180度回転する収納式プラグ機構を採用

2007年に登場して以来から超ロングセラーを続ける大人気シリーズのamPlugが一新され様々な機能や性能がグレードアップした商品です。180度回転する収納プラグ機構でギターやベースに合わせて見やすい角度に調整が可能です。

 

収納時はコンパクトに収めることが出来るのも人気の理由です。真空管アンプの回路を完全アナログ仕様でシミュレートし、音にとことんこだわった製品で新たにリズム機能も追加されたのでリズムに合わせて気軽に演奏が出来ます。

 

電源は単4乾電池×2本となっており、最大で17時間もの駆動が可能なので好きな場所で練習や演奏が可能です。CD/MP3プレイヤーの入力が可能なAUXイン端子も搭載しており好きな曲をバックに演奏することが出来るのもおすすめのポイントです。レビューでも音質が良く練習に最適。との声が挙がっています。

サイズ 86(W)×80(D)×31(H)mm 重量 40g
出力ワット数 3ワット
8位

Roland(ローランド)

Battery Powered Stereo Amplifier CUBE-ST-R

5.2kgと軽量なボディー

カスタム・スピーカーを採用しておりハイクオリティーなサウンドを楽しめる人気のベースアンプです。また床置きに最適なスラント・キャビネットデザインを採用しており重量も5.2kgの軽量を実現しマイクも同時に入力できる独立2チャンネル構成となっています。

 

電源はACアダプターによる駆動と乾電池による駆動も行えるので場所を選ばず使用が可能なのも人気の理由です。単3乾電池×6本で最大15時間の駆動が行えるので途中でバッテリー切れを起こす心配などもありません。

 

クロマチック・チューナーを搭載しており、フットスイッチ操作にも対応しているので使いやすいです。レビューでも場所を選ばずにオールマイティに使えるので便利です。といった声や抜群のポテンシャルです。といった声も多くあり高い人気を得ています。

サイズ 重量 5.2kg
出力ワット数 5ワット
7位

ヘッドホン端子付きで使いやすい

これからベースを始める人にもピッタリの人気のベースアンプです。ヘッドホン端子付きなので部屋での練習にもピッタリなのも人気の理由で、サイズもお手軽なので屋内でも屋外でも使いやすいです。

 

デザインもシンプルで飽きが来ず、コントロールはボリュームと2Band EQのシンプルなレイアウトとなっているのもおすすめのポイントで夜でも思い切り練習が出来るので人気が非常に高いです。

 

レビューでも音が割れることもないので使いやすいです。といった声やヘッドホン端子も付いているので部屋や屋内での練習にピッタリで使いやすいです。といった声も多くあり初めてのベースアンプにピッタリな商品です。

サイズ W260 x D155 x H240 重量
出力ワット数 10ワット
6位

VOX

ミニ・スタックアンプ ギター/ベース用 amPlug2 Cabinet AP2-CAB

単体ミニ・アンプとしても使用可能

ベースアンプのメーカーとしては信頼も実績もあるVOX製の商品でキャビネット設計になっているので音質の向上が実現している人気のベースアンプです。こちらの商品は単品とケーブル付きの2種類が販売されているので自分の用途に合った方を購入できるのも人気の理由です。

 

人気のamPlug 2シリーズが接続可能なのもおすすめのポイントで単体でも使用が可能なので使い勝手も良いです。最大出力が2ワットにパワーアップしているのもこれまでのシリーズとの大きな違いです。

 

サイズも非常にコンパクトで重量も300gほどしかないので持ち運んだりする際にも便利です。レビューでも音も完璧で基礎練習にピッタリです。といった声や予想以上に使いやすいです。といった声が挙がっています。

サイズ 6 x 10 x 10 cm 重量 300g
出力ワット数 2ワット

バリエーション豊富なリズム機能を搭載

コーラスのみならずディレイ、リバーブのエフェクトを搭載している人気のミニチュア・アンプです。VOX伝統のハンドルとベンチ・グリルで高級感を演出しているので見た目にも美しくポテンシャルの高い商品です。

 

バリエーションが豊富なリズム機能も内蔵されているので好きなリズムでベースを演奏することが出来るのもおすすめのポイントです。チューナーやヘッドホン端子はもちろん付属しているので使用する場所を選ぶ必要もありません。

 

AUX IN端子を用意しているのも使いやすさの理由の1つです。レビューでもサイズがコンパクトで電池で長く連続使用が出来るので使いやすいです。といった声や集合住宅でも使いやすいので重宝しています。といった声もあり高い人気を得ています。

サイズ 20.57 x 13.97 x 7.62 cm 重量 620g
出力ワット数 2ワット
4位

Fender(フェンダー)

ベースアンプ RUMBLE 15 V3 100V JPN DS

様々なサイズが販売されている

こちらの商品は最小でも15W~最大で1000Wまでの出力数が販売されているので自分の用途に合ったサイズを購入できる人気の商品です。またコンボタイプやキャビネットタイプなど4タイプからも販売されています。

 

自宅練習用から大規模なライブなどにも使用が可能で15Wのサイズの商品はヘッドホン端子も付いているので夜中でも練習が出来るのもおすすめのポイントです。またサイズもコンパクトで取り回しも良いので持ち運びにも便利です。

 

 AUXインプットからMP3などの音源を接続することでバックに流しベースの練習も可能なので上達も早いです。レビューでも15Wのサイズは一般的なベースの練習にピッタリで重宝しています。との声が挙がっています。

サイズ 11.61 x 17.91 x 17.13 cm 重量
出力ワット数 15ワット

厳選された高品質パーツによって作り上げられた

最適化設計のスピーカーを採用しており、ワイドでフラットな周波数特注で余裕のあるヘッドルームでエレクトリックベースやアップライトベースに特化したベースアンプです。クラスA回路を採用しているので他のアンプ回路を凌駕しています。

 

内部電子回路を低インピーダンスにしたことで熱によるノイズをしっかりと抑えてくれるので音質が非常に良く幅広いサウンド・メイキングを楽しむことが可能です。あらゆるサウンド・スタイルに対応するので使いやすいです。

 

MP3やCDプレイヤーに接続可能なAUXステレオ・ミニ・ジャック・インプットが装備されており、レビューでもノイズがなくクリーントーンです。といった声やコストパフォーマンスに優れている最高のベースアンプです。といった声もあり高い人気を得ています。

サイズ 320 (W) x 220(D) x 250 (H) mm 重量 6.5kg
出力ワット数 10ワット
2位

VOX

ミニ・スタック・アンプ MINI SUPERBEETLE MSB25

ヘッドホン/ライン・アウト搭載で使いやすい

歴史的なステージを彩ったスタック・セットを踏襲したデザインで最大50W出力を実現した人気のベースアンプです。自宅での演奏や録音にも重宝するヘッドホン/ライン・アウトを搭載しています。

 

Celestion製10インチ・スピーカーを一基搭載したオープンバック構造のキャビネットでデザインも美しいので高い人気を得ています。弾いても飾っても素材感が抜群なのでどんな場面でも使えます。

 

レビューでもまず見た目が抜群SUPERBEETLEの名前に相応しい商品です。といった声や見た目はもちろんですが音も抜群に良く値段も相応なので文句なしです。といった声もあり非常に満足度の高い商品となっています。

サイズ 323(W)×180(D)×596(H)mm 重量 8.7kg
出力ワット数 12.5、25、50ワット
1位

VOX

コンパクト・ベースアンプ 10W Pathfinder Bass 10

ブライト・スイッチも装備したベースアンプ

ベースアンプのメーカーとして高い実績と信頼があるVOX製のベースアンプなので安心して使用が可能な商品です。VOX伝統のルックス・サウンドを継承しているので人気の高いベースアンプです。

 

こちらの商品は本体のみ以外にもケーブルがセットになったもの、ご自宅の練習用セットが販売されているので自分の用途に合わせた商品を選べるのもおすすめのポイントです。サイズはコンパクトながら10ワットのパワフルなサウンドを実現しています。

 

重量も僅か5.6kgとなっているので持ち運んだりする際にも便利です。レビューでもコストパフォーマンスに優れており値段に対しては最高のベースアンプです。といった声や自宅の練習にはピッタリな商品です。といった声が挙がっています。

サイズ 40.89 x 19.05 x 29.97 cm 重量
出力ワット数 10ワット

ベースアンプのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 サイズ 重量 出力ワット数
1
アイテムID:4897452の画像
コンパクト・ベースアンプ 10W Pathfinder Bass 10 6,828円

詳細を見る

ブライト・スイッチも装備したベースアンプ

40.89 x 19.05 x 29.97 cm 10ワット
2
アイテムID:4897447の画像
ミニ・スタック・アンプ MINI SUPERBEETLE MSB25 30,900円

詳細を見る

ヘッドホン/ライン・アウト搭載で使いやすい

323(W)×180(D)×596(H)mm 8.7kg 12.5、25、50ワット
3
アイテムID:4897439の画像
ベースアンプ 10W BC10 15,174円

詳細を見る

厳選された高品質パーツによって作り上げられた

320 (W) x 220(D) x 250 (H) mm 6.5kg 10ワット
4
アイテムID:4897431の画像
ベースアンプ RUMBLE 15 V3 100V JPN DS 11,335円

詳細を見る

様々なサイズが販売されている

11.61 x 17.91 x 17.13 cm 15ワット
5
アイテムID:4897424の画像
ミニアンプ AC2 Rhythm VOX Bass 5,940円

詳細を見る

バリエーション豊富なリズム機能を搭載

20.57 x 13.97 x 7.62 cm 620g 2ワット
6
アイテムID:4897420の画像
ミニ・スタックアンプ ギター/ベース用 amPlug2 Cabinet AP2-CAB 3,130円

詳細を見る

単体ミニ・アンプとしても使用可能

6 x 10 x 10 cm 300g 2ワット
7
アイテムID:4897407の画像
ベースアンプ TB-80/BK 7,223円

詳細を見る

ヘッドホン端子付きで使いやすい

W260 x D155 x H240 10ワット
8
アイテムID:4897396の画像
Battery Powered Stereo Amplifier CUBE-ST-R 31,320円

詳細を見る

5.2kgと軽量なボディー

5.2kg 5ワット
9
アイテムID:4897373の画像
ヘッドホン・ベースギター・アンプ amPlug 2 Bass 3,400円

詳細を見る

180度回転する収納式プラグ機構を採用

86(W)×80(D)×31(H)mm 40g 3ワット
10
アイテムID:4897343の画像
ベース アンプ MICRO CUBE BASS RX MCB-RX 25,920円

詳細を見る

高音質カスタム・スピーカー×4のベースアンプ

20.7 x 29.59 x 29.39 cm 6.8 kg 5ワット

まとめ

人気のベースアンプをランキング形式で紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。使用用途や場所によって出力ワット数やサイズなどを選ぶ必要があるので自分の用途に合った商品をしっかりと選びましょう。また屋内で練習用にする場合はヘッドホン端末が付いているかは必ずチェックしましょう。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年07月02日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【美味しい!】レトルト食品の人気おすすめランキング59選【おかずになるものも】

【美味しい!】レトルト食品の人気おすすめランキング59選【おかずになるものも】

加工食品
【花粉症の方必見!】人気の甜茶おすすめランキング10選!

【花粉症の方必見!】人気の甜茶おすすめランキング10選!

コーヒー・紅茶・お茶
【選び方が重要!】マルチビタミンおすすめ人気ランキング10選

【選び方が重要!】マルチビタミンおすすめ人気ランキング10選

医薬品・サプリメント
食べる炭の人気おすすめランキング12選【危険?】

食べる炭の人気おすすめランキング12選【危険?】

ダイエット
【疲労回復を効率的に】大人気のアミノ酸おすすめランキング10選

【疲労回復を効率的に】大人気のアミノ酸おすすめランキング10選

医薬品・サプリメント
【特徴別】人気が非常に高いプロポリスのおすすめランキング10選

【特徴別】人気が非常に高いプロポリスのおすすめランキング10選

医薬品・サプリメント