2021最新!おすすめの登録販売者のテキスト人気ランキング12選【合格する!】

記事ID133376のサムネイル画像

近年注目を集めている登録販売者ですが、実は受験資格がないため誰でも挑戦できる資格なんです!ただ様々な種類の登録販売者テキストがあるため、どれで勉強しようかお悩みの方も多いのではないでしょうか。今回は、登録販売者テキストの選び方や人気テキストをランキング形式でご紹介します。

2021年おすすめの登録販売者テキストとは

登録販売者は、かぜ薬や鎮痛剤などの一般用医薬品(第2類・第3類に限る)の販売を行うための専門資格のことです。一般用医薬品の販売なので薬剤師が不在でも販売でき、薬局やドラッグストアから注目されています。

 

この資格を取得するには、年1回実施の試験を受けて合格する必要があります。受験資格はなく誰でも挑戦できるのも魅力的です。国としてもセルフメディケーションを推進していますので、これまで以上に医薬品に関してのリスク管理がとても重要です。

 

種類豊富な登録販売者テキストの中から、自分に合ったテキストを選ぶことで効率良く勉強できます。そこで今回はおすすめのテキストをランキング形式でご紹介します。この記事の最後には合格ラインも紹介しています。ぜひ参考にしてください。

いつ買う?2021年登録販売者テキストの発売日は?

実際に登録販売者の試験で出題された問題がまとめられている過去問題集は、実践的に勉強することができるのでおすすめです。そしてこの過去問題集は毎年発売されているようです。多くの合格者は、過去問題集を繰り返し学習することで合格を手にしているようです。

 

ちなみに全国登録販売者試験の令和3年版の過去問題集の発売日は、2021年2月8日に発売されています。早速登録販売者の資格勉強を始めたいという方は、ぜひ過去問題集を使って実践的な学習をしてみてくださいね。

登録販売者のテキストの選び方

登録販売者のテキストといっても種類が豊富にあるので、どのテキストを選べば良いのか迷っている方も多いと思います。ここからはテキストを選ぶ際のポイントを項目ごとにご紹介するので、ぜひ参考にしてみて下さい。

「試験問題作成に関する手引き」改定への対応を確認

そもそも登録販売者試験の問題は、厚生労働省が定めている「試験問題作成に関する手引き」に基づいて作成、出題されています。そしてこの手引きは度々改定され、それに伴い試験範囲も変わる可能性があるので、資格勉強を始まる前に現在の手引きの内容を確認することが大切です。

 

改定されない年もありますが、基本的には年に1度、3月から4月頃に改定が行われます。なので登録販売者テキストを選ぶ際には、最新の手引きに対応しているテキストかどうかをしっかりとチェックしましょう。

「過去問で自分の実力を知ってから」テキストを選ぶ

登録販売者試験の過去問を本番と同じ制限時間で解いてみると、現在の実力が分かりどんなテキストを選べばいいのかが分かります。半分も正解できないどころか問題文の意味すら理解できないなんて場合もあると思います。

 

過去問はインターネット上で公開されているものを利用することもできます。過去問を解いてみて自分の苦手な部分を理解してから、書店で自分の苦手を克服できるテキストを選ぶことで、効率的に学習を進めることができます。

「主になるテキスト」を選ぶ

テキストを選ぶ時には、1冊だけで試験範囲をカバーすることができる、勉強の主軸となる参考書も必要です。中には出版社の公式サイトで法律改正のデータを提供するフォローを行っているものもあります。

 

医療業界の出版社ほど信頼できる内容であり、大衆向けの出版社ほど始めやすいが合格水準より低い内容となっています。他のものと併用すると中途半端になってしまう場合があるので、主軸となる参考書を決めたら集中して勉強しましょう。

ポイントを絞ってテキストを選ぶ

登録販売者テキストは分厚いものもあれば、漫画のようにイラストでわかりやすく説明してくれるものもあり、値段も商品によってバラバラです。登録販売者テキストを選ぶ際には、自分が参考書に求めるポイントをあらかじめ決めておくことがおすすめです。

「カラー」で見やすいテキスト

カラーの良い所は要点や大事な部分が分かりやすく学習する必要のある個所が一目で分かります。また、赤いシートで隠すと見えなくなるテキストもあり、暗記する時や理解したか確認する時には大変便利。

「図や表」などの解説があるか

学習する中で理解が難しい箇所も出てくるかと思いますが、その時に図や表などの解説があると、文字だけで理解するより視覚的に覚えやすいので頭に入りやすいです。また、テキストごとに図や表の色合いや表現方法が異なるので、自分が見て理解しやすいものかどうかで決めましょう。

「用語集」などがまとめてあるか

用語集や要点をまとめた付属のテキストなどがあると、テキストを逆引きする必要がないので学習の効率が上がります。登録販売者のテキストには薬の事など普段自分が知らない用語も多いと思います。そういった事がまとめてあるだけでテキストも読みやすくなると思います。

「別冊テキスト」があれば学習効率アップ

登録販売者テキストの中には、問題や解説がまとめられた本編に加えて、重要な用語や押さえておくべきポイントだけがまとまった別冊テキストが付いているものもあります。別冊テキストはサクッと要点を確認できるので、あると非常に便利です。

 

また別冊テキストは持ち運びに最適なので通勤通学の時間に使いやすいですし、ちょっとした空き時間や試験直前の復習用として使用するのもおすすめです。別冊テキストが付いていない場合でも、別途で一問一答の問題集を購入することで、十分に代用できます。

インプットのためには「赤シート付き」

販売登録者の勉強を始めるにあたって、ますは専門用語などの知識を身につけることが大切です。そのインプットをする作業の時に役立つのが赤シートです。赤シートで自分の覚えたい文字を隠しながら、何度も反復してインプットすることで、知識を定着させることができます。

 

赤シートが付属している登録販売者テキストは、あらかじめ赤シートに対応した内容になっていますし、赤シートを別途購入する必要もないのでおすすめです。またテキストと赤シートさえあれば、場所を問わずどこでも勉強できる点も魅力的です。

過去問を解く事が大事

テキストで登録販売者の勉強をして理解できたら、次は過去問を解きましょう。実際に出題された問題なので、より本番を意識した学習をすることができます。ここからは、過去問を選ぶ際のポイントをご紹介します。

「解説付き」の過去問を選ぶ

過去問の解答にはしっかり解説がある物を選びましょう。○×のものなど問題数が多く解説が薄いものがありますが、しっかり解説されていると何が間違いだったのかを把握できるので解答と同時に復習や理解を深めることができます。

「出題形式」が同じようなもの

実際の試験問題と同じ形式だと本番のような試験問題に慣れることができ、試験当日も落ち着いて臨むことができます。試験問題に合格しなければ意味がないので、なるべく早い段階から実際の試験問題に慣れておくことが大切です。

 

過去問の中には試験の時に回答するような用紙がセットになっているものもあるので、そういったものを利用して時間を測り、実際に模擬試験のように解いてみることをおすすめします。そうすることで問題に対して上手に時間配分できるようになります。

「直近」のものか

資格試験では内容の改訂がされる場合があるので、直近の改訂に対応した問題集を解きましょう。改訂される前の問題を解いてしまうと知識が定着するうちは混乱してしまい、誤った知識を身に着けてしまうことになりかねません。

 

1年分の過去問を解いただけではまだ理解が薄く、なかなか本番を意識することが難しいので、最低でも3年分は解くことをおすすめします。さらに余裕があるのであれば、5年分の過去問を解いておくと安心です。

「アプリ」もおすすめ

登録販売者テキストでの勉強だけではなく、アプリを使った勉強も併用して学習を進めていくことをおすすめします。アプリならスマートフォンで通勤時や空き時間に勉強できるので、効率よく学ぶことができます。

 

1問1答でサクサクと勉強できるものもあり、忙しい方には隙間時間も利用できるのでおすすめ。最新版に更新されているものや問題数が多いアプリを選ぶといいです。無料で使えるアプリもあるので確認してみましょう。

目的で選ぶ

登録販売者テキストの中には、資格取得向け、仕事向け、日常生活レベル向けという、主に3つの目的ごとに種類がわかれます。自分の目的に合わせて、最適なテキストを選択できるようにしましょう。

登録販売者「資格取得」のためのテキスト

登録販売者の資格試験に合格することを目的としているテキストは、資格試験に必要な知識や要点をしっかりと学習することができます。解説から過去問まで全てを網羅したテキストや、一問一答のように要点を簡潔に学ぶことができるテキストなど、様々なタイプがあります。

 

また出版社によっても違いがあり、医療業界の出版社はレベルの高い内容で難しめ、大衆向けの出版社は初心者にもわかりやすいような内容がまとまっているという、それぞれの特徴があります。自分のレベルに合わせて、無理なく学習できるテキストを選びましょう。

登録販売者が「輝くため」のテキスト

登録販売者の資格を既に持っている人が、仕事をする上で活用できる登録販売者テキストもあります。資格を取得してから何をすればいいか迷っている方や、ドラッグストアで登録販売者として働く時に必要な接客方法を学びたい方におすすめです。

 

医薬品の種類などが詳しくまとめられたテキストで勉強すれば、登録販売者として働く上で必要不可欠な知識を身につけることができるのでおすすめです。登録販売者の資格を持っている方は、1冊持っておくのもいいかもしれません。

日常の「知識のため」に選ぶ

最近では、「自分の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てすること」を意味するセルフメディケーションに注目が集まっています。このセルフメディケーションについて学習したい方にも、登録販売者テキストがおすすめです。

 

登録販売者の資格取得を目的としていなくても、自分や家族の健康を考えて薬の知識を身につけておくのもいいかもしれません。日常生活レベルの知識を学べるテキストもたくさん出版されているので、1度試してみてはいかがでしょうか。

サイズで選ぶ

登録販売者テキストを選び時には、テキストのサイズにも注目してみましょう。持ち運びに向いているサイズや、机の上での勉強に向いているサイズなど、サイズによって勉強のスタイルも変わってきます。

持ち歩くなら「文庫・新書サイズ」

文庫サイズや新書サイズの登録販売者テキストは、コンパクトで持ち運びに最適です。通勤や通学の合間や、ちょっとしたすきま時間に気軽に勉強ができるので、時間を有効に活用したい方におすすめです。

 

また文庫サイズや新書サイズの登録販売者テキストは、分厚いテキストに比べて価格が安いことも魅力的です。手軽で手に入れやすいので、登録販売者の勉強を始めようと思っている人にもおすすめです。

文字が見やすいのは「単行本サイズ」

単行本サイズの登録販売者テキストは、文庫・新書サイズのテキストより大きいので文字や図がはっきりと書かれており、見やすいというメリットがあります。また厚みがあるので、テキストを開きながら勉強できるのも魅力的です。

 

しかし、サイズが大きいので持ち運び用のテキストとしてはあまり向いていません。そのため、机の上でしっかりと勉強したい方や、テキストやノートに書き込みをしながら勉強をしたい方におすすめです。

テキストや過去問を買う際の「注意点」

過去問やテキストはコツコツと計画を立てて自分で進められる方にとっては、おすすめの試験対策方法ですが、テキストや過去問を買い過ぎると手つかずで費用が無駄になってしまう事もあります。どのテキストや過去問が良いのか分からず何冊か購入してしまうことはありがちです。

 

 

たくさん購入すると試験まで全てを熟読するのは難しくなるでしょう。テキスト1冊では不安に感じる方もいると思いますので、多くてもテキスト2冊、過去問1冊程度で十分。まずは買ったテキストを最後までやり終わってから他の問題集などを探してみましょう。

「中古」の登録販売者テキスト購入の注意点とは?

テキストを中古で購入する時のメリットとしては、定価よりも安く購入できるところです。試験が終われば使い道がなくなってしまうテキストは、中古でも気にしないという方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、中古のテキストを購入する際には注意も必要です。試験では内容の改訂がされる場合があるため、テキストが古すぎると間違った答えを覚えてしまう可能性があります。中古のテキストを買う際は、あまり古すぎないものを選びましょう。

登録販売者テキストの人気おすすめランキング12選

1位

ネットパイロティング株式会社

登録販売者試験対策教材セット

\お買い物マラソン開催中!!7/26(月)まで/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

これ1冊で安心!

500セット限定販売でイチオシ商品。2019年受験者向けの登録販売者試験対策のココデル虎の巻教材セットです。テキスト上下巻、DVD10枚組、予想模試3セットでこれ1冊で試験準備ができます。

 

試験対策チームが自信を持っておすすめする試験対策テキストの決定版。DVDが10枚もついていて、試験に合わせたポイントを動画で完全解説しています。予想模試3セットは解説付きでマークシートはついていません。

 

価格は他の物よりは高いですが、DVDも付いているので価値があります。テキストを読むのが苦手な方にはこの動画でしっかりと学びましょう。

発売日 2019/1/18 図表 あり
ページ数 不明

口コミを紹介

DVDがついているので学習がすいすい進みます。 まるで通学して講義を受けているような感じです。
通学より良いのは、分からないところを何度でも見れるし、自分の好きな時間にできます。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

ユーキャン

登録販売者速習テキスト&重要過去問題集

オールカラーで分かりやすい

ユーキャンの大好評のオールカラー誌面のテキスト&問題集の決定版。手引きの重要項目を31日分に収録しコツコツじっくり学習できます。テキストと問題集が1冊になっていて、過去問200題収録しています。初学者でも安心のふりがなや重要ポイントがよくわかるようになっています。

 

医薬品の知識を徹底的に解説しているので点数アップが狙えます。生薬はよく出る順で書かれており漢方名には頻出度マークがついています。受験生からよくある質問や図解で整理・用語解説など理解を助けるコーナーも充実しています。

ページ数 536 発売日 2018/8/31
図表 あり

口コミを紹介

書店で見たなかで一番理解しやすいと思い購入しました。
ポイント間の文章も長くなく、頭に入りやすいと思います。
色はカラーです。読み仮名もちゃんとあります。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

薬事日報社

令和2年版 全国登録販売者試験過去問正解

令和元年版の過去問!必見!

昨年全国で行われた登録販売者試験の全ブロックの解説付過去問集。平成30年の登録販売者試験問題と解答に解説を加えた必見の1冊です。全都道府県10ブロックの全1200問を収載しているので、しっかり過去問を解きたい方にはおすすめです。

 

字が大きくて解答編を切り離せるので勉強しやすい。試験に合格するためには早く学習を始めて過去問を繰り返し解くことが大切なのでこのテキストは約に立ちます。

ページ数 318 発売日 2020/1/16
図表

口コミを紹介

使いやすかったです。
解説も分かりやすく、無事に合格できました。
全てのブロックが網羅されているのが良いと思いました。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

技術評論社

登録販売者合格教本

DVDがついていて分かりやすい

テキストを読んで右ページに○×問題ががありますのですぐに解けます付録のCD-ROMには、平成29年度の試験問題を7地域840題分収録。Windows版のソフトウェアで徹底的に学習できます。

 

DVDまで付属しているのでテキストだけの学習では不安という方におすすめです。独学からの受験でこちらのテキストを選び、試験問題にでた普段あまり目にしない成分や生薬についても触れられています。

ページ数 404 発売日 2018/6/19
図表 あり

口コミを紹介

分かりやすく、とても役に立っています。
問題集が添付されていればベストです。
別の教本が間違いだらけで信用出来なかったのに比べ、信頼出来る教本です。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

日本経済新聞出版社

7日間でうかる! 登録販売者 テキスト&問題集 2019年度版

試験まで時間がない方にはおすすめ

試験問題作成の手引きを独学者向けに薬の作用が理解しやすいよう、7つに分けて再編成。合格に必要不可欠なポイントに絞り込んだ内容で、短期間で効率よく合格点を目指すことができます。まぎらわしい成分名は分かりやすく一覧表に整理しています。

 

重要ポイントや頻出箇所には判別しやすいようにアイコンで表示しています。出題率が特に高い生薬成分と漢方処方は、巻末に見やすくまとめられています。成分の覚え方や引っかかりやすい箇所の注意点など、ワンポイントアドバイスが記入されてあり必ず役立ちます。

 

暗記に役立つ赤シート付き。7日で合格出来ると書いていますが、試験勉強は早めに準備しておく事をおすすめします。

発売日 2019/5/23 図表 あり
ページ数 416

口コミを紹介

確かに短期間で学習できます。一週間休みを取ってまるまる7日間やれば受かると思います。過去問をくまなくクリアーしていますし、編集も学習しやすくなっています。練習問題のヒントも必ず開設されています。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

ユーキャン

登録販売者これだけ! 一問一答&要点まとめ

○×式で分かりやすくサクサク勉強できる

ユーキャンの1冊で必須ポイントを全て点検できる一問一答集。解いたその場で知識が定着するように左側に問題、右側に解答解説を掲載しているので○☓の理由がその場ではっきり分かります。覚えにくい項目は図表を使って見やすく整理しています。

 

いつでもどこでも学習できるようにコンパクトなので、時間の有効活用ができます。試験分析から抽出した注目点を含む問題にはアイコンを表示しています。赤シートつきなので穴埋め問題集としても活用できます。

 

基礎からしっかり効率よく学びたい方や学習時間がたっぷりとれない方、過去問を解いてみたい方にはおすすめです。

図表 あり 発売日 2018/10/5
ページ数 320

口コミを紹介

コンパクトで持ち運びができて、内容もよくまとめられていて、覚えられたか確認するのに便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

メディカルレビュー社

登録販売者になる! いちばんわかるテキスト!

この1冊で試験対策はばっちり

文字が多いですが図や表も使用されているので、更に詳しく理解したい方向けです。最新の試験問題作成に関する手引き(平成30年3月)に基づき、ポイントをわかりやすくまとめて解説。過去に行われた各都道府県の試験問題を徹底的に分析して作成した摸擬試験を120問掲載していてしっかり過去問が解けます。

 

時間がない方は各単元にあるチェックテストを解いていくだけでも試験対策には十分できます。重要語句は赤字で記載していて、付属の赤シートで隠せば暗記もできます。合格者が続出

 

ポイントを絞ったテキストもありますがバイブルのようなテキストが1冊だけあれば助かります。これは厚みもあり、かなり細かく詳細が記載されています。

発売日 2018/6/26 図表 あり
ページ数 544

口コミを紹介

ポイントを絞ったテキストもありますが、バイブルのようなテキストが1冊だけあれば助かります。人によっては1ヶ月やそこらの学習で合格との記載を散見しますが、最低テキストを2~3回覚え直し、別途問題集を繰り返し不安要素を縮小するには3か月以上勉強しました。お陰様で合格し本書は名実ともにバイブルです。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

コンデックス情報研究所

いちばんわかりやすい!登録販売者 合格テキスト

満足できる内容

厚労省発表の最新の試験問題の作成に関する手引きに準拠して、試験合格のために必要な知識をわかりやすく解説。重要項目はイラストとゴロ合わせでラクラク暗記できます。セクションごとに学習した内容を一問一答形式で確認できるので安心です。

 

暗記ポイントと確認問題の正答を隠せる赤シート付きですので、簡単に理解できたか確認できます。口コミでは、ゴロ合わせって覚えやすいものがあるとほんとに覚えるのがラクなので、覚えやすくてよかったとの事で暗記が苦手な方にはおすすめです。

発売日 2018/9/27 図表 あり
ページ数 377

口コミを紹介

一問一答形式なので、自分の苦手とするところが分かった

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

翔泳社

現場で使える 新人登録販売者便利帖 成分と特徴で選ぶOTC医薬品 (現場で使える便利帖)

使いやすいサイズで持ち運びもラク

大好評の前作に続いて第2弾登場。自信をもって接客するために必要な知識が身につきます。資格取得にも役に立ち、現場でも使えます。「かぜっぽい」などドラッグストアの店頭で様々な相談を受ける登録販売者は、病態や商品に関する知識がないと上手に接客できません。

 

痛みや熱やかぜなど店頭でよく相談される症状について、聴き取りから適した商品の選択をするための知識を分かりやすく解説。主成分早見表なども収録しているので困った時には役に立ちます。

 

口コミでは、本の大きさもちょうどよくて使いやすく、成分の特徴・製品の成分比較・副作用や相互作用など見やすく説明されていて最低限このくらいは頭に入れておいた方がいい内容との事で、資格取得後の事も考えている方にはおすすめです。

発売日 2019/4/8 図表 あり
ページ数 264

口コミを紹介

新人のOJT研修で使ってます。
成分はわかってもOTC薬が分からないので、とてもわかりやすいです。
商品名も載っているのと、お客様への養生ポイント等もかいてあるので、現場で重宝しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

翔泳社

現場で使える 薬剤師・登録販売者のための漢方相談便利帖

分かりやすく漢方薬について解説している

初めて勉強する方にちょうどいい解説と好評の漢方相談便利帖シリーズの第2弾。医療用・一般用を含め多種多様な処方が存在する漢方薬ですが、初学者が知っておくと役に立つ163処方をコンパクトにまとめました。

 

登録販売者の試験を受ける人や仕事にも役に立ちます。年間100本を超える漢方セミナーを開催する著者が、使用者の体質や適応証や構成生薬の働きなどの基本情報に類似処方との使い分けや一言アドバイスもまじえて分かりやすく紹介します。

 

口コミでは、見易くて効果や効能などが整理されて分かりやすく表示されているとのことで、漢方薬について学びたい方には大変便利な内容ですね。

発売日 2018/12/20 図表 あり
ページ数 248

口コミを紹介

じっくり読み覚えたいと思っています。
漢方薬の他、構成生薬や用語についての解説等あり、わかりやすいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

中央法規出版

【完全攻略】医薬品「登録販売者試験」合格テキスト 第8版

詳しい解説が役に立つ

「記憶に残りやすく学習を継続しやすい」をコンセプトに作成した登録販売者の受験対策参考書。ワンポイントや一問一答式で理解力をチェックします。医薬品の成分名や重要語句は巻末の索引から調べられます。

 

重要なキーワードや出題された問題のポイントとなる部分は色つき文字で書かれています。○×問題で理解力をチェックし、間違えたところは単元に戻りもう一度確認しましょう。

発売日 2019/8/30 図表 不明
ページ数 379

口コミを紹介

こちらのテキストを丸暗記し、一発合格することができました。買って損はないと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

TAC出版

医薬品販売実務コンパクトブック 第3版

コンパクトで実用的

漢方の解説が充実しているのでテキストとは別で1冊用意しておくと安心。試験だけではなく、実際の現場でも役に立ちます。医薬品販売の際に携帯していると役立つ1冊。コンパクトなので持ち歩きやすく、仕事場でもお客様の症状に適切な医薬品がどれなのかすぐに分かります。

 

薬効別の医薬品販売対応を簡単に調べることができ、既往症・妊産婦・小児への対応も書かれています。口コミでは、気血水の簡単でわかりやすい解説から始まり各論となるので構成がとても良いとの事で、入門書として使うには最適です。

発売日 2019/7/21 図表 あり
ページ 272

口コミを紹介

大きさなどジャストサイズでいつも持ち歩いています、今まで購入したテキストの中で一番良い本です。

出典:https://www.amazon.co.jp

登録販売者テキストのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5764468の画像

    ネットパイロティング株式会社

  • 2
    アイテムID:5764467の画像

    ユーキャン

  • 3
    アイテムID:5764466の画像

    薬事日報社

  • 4
    アイテムID:5764465の画像

    技術評論社

  • 5
    アイテムID:5764464の画像

    日本経済新聞出版社

  • 6
    アイテムID:5764463の画像

    ユーキャン

  • 7
    アイテムID:5764462の画像

    メディカルレビュー社

  • 8
    アイテムID:5764461の画像

    コンデックス情報研究所

  • 9
    アイテムID:5764460の画像

    翔泳社

  • 10
    アイテムID:5764459の画像

    翔泳社

  • 11
    アイテムID:5764458の画像

    中央法規出版

  • 12
    アイテムID:5764457の画像

    TAC出版

  • 商品名
  • 登録販売者試験対策教材セット
  • 登録販売者速習テキスト&重要過去問題集
  • 令和2年版 全国登録販売者試験過去問正解
  • 登録販売者合格教本
  • 7日間でうかる! 登録販売者 テキスト&問題集 2019年度版
  • 登録販売者これだけ! 一問一答&要点まとめ
  • 登録販売者になる! いちばんわかるテキスト!
  • いちばんわかりやすい!登録販売者 合格テキスト
  • 現場で使える 新人登録販売者便利帖 成分と特徴で選ぶOTC医薬品 (現場で使える便利帖)
  • 現場で使える 薬剤師・登録販売者のための漢方相談便利帖
  • 【完全攻略】医薬品「登録販売者試験」合格テキスト 第8版
  • 医薬品販売実務コンパクトブック 第3版
  • 特徴
  • これ1冊で安心!
  • オールカラーで分かりやすい
  • 令和元年版の過去問!必見!
  • DVDがついていて分かりやすい
  • 試験まで時間がない方にはおすすめ
  • ○×式で分かりやすくサクサク勉強できる
  • この1冊で試験対策はばっちり
  • 満足できる内容
  • 使いやすいサイズで持ち運びもラク
  • 分かりやすく漢方薬について解説している
  • 詳しい解説が役に立つ
  • コンパクトで実用的
  • 価格
  • 9990円(税込)
  • 2160円(税込)
  • 2200円(税込)
  • 2268円(税込)
  • 1980円(税込)
  • 1836円(税込)
  • 3456円(税込)
  • 1836円(税込)
  • 2860円(税込)
  • 2700円(税込)
  • 3520円(税込)
  • 1760円(税込)
  • 発売日
  • 2019/1/18
  • 2018/8/31
  • 2020/1/16
  • 2018/6/19
  • 2019/5/23
  • 2018/10/5
  • 2018/6/26
  • 2018/9/27
  • 2019/4/8
  • 2018/12/20
  • 2019/8/30
  • 2019/7/21
  • 図表
  • あり
  • あり
  • あり
  • あり
  • あり
  • あり
  • あり
  • あり
  • あり
  • 不明
  • あり
  • ページ数
  • 不明
  • 536
  • 318
  • 404
  • 416
  • 320
  • 544
  • 377
  • 264
  • 248
  • 379

登録販売者試験は難しい?合格ラインはどれくらい?

登録販売者試験は合格基準点が全体の7割以上の得点、かつ各試験項目ごとの出題数に対して3.5割以上の正答と決められているようです。そのため、試験対策を徹底的に行い合格基準点を獲得すればそこまで難易度の高い試験ではないようです。

 

2015年の試験から「実務経験が無くても受験可能」となったため誰でも受験できるようになり、受験者数は年々増加しています。気になる登録販売者試験の合格ラインはどれくらいなのでしょうか。

登録販売者試験の「合格ライン」は?

登録販売者資格試験で合格するためには、原則全体の7割以上の得点を取る必要があります。問題は1問1点形式となっており、問題数は全部で120問あるので、84点以上が合格ラインになっているようです。

 

原則7割となっているのは、年や地域によって合格難易度の差が出ないように調整するためです。もし問題の難易度が高すぎて84点以上の点数を取った人が極端に少ない場合は、合格基準点を83点に下げるなどの調整が入ると考えられます。

 

注意すべき点としては全体の7割以上の得点を取ること意外にも、各科目4割または3.5割以上得点を取らなければならないということです。登録販売者試験は5科目に分かれているため、科目に偏りを作らずに勉強することが必要です。

登録販売者試験の勉強を効率化させる「アイテム」は?

コクヨ

チェックル 暗記用ペンセット

暗記ペンで効率よく暗記!

暗記ペンは学生時代誰もが一度は使ったことがあるのではないでしょうか。 登録販売者試験の勉強の際も、参考書の覚えたい部分を暗記ペンで塗りつぶし、暗記用シートで透かして見れば、効率よく暗記することが可能です。 登録販売者試験のテキストと一緒に使用してみるのも良いかもしれませんね!

暗記ペンは学生時代に1度は使ったことがあるのではないでしょうか。 登録販売者試験の勉強の際も、参考書の覚えたい部分を暗記ペンで塗りつぶし、暗記用シートで透かして見れば、効率よく暗記することが可能です。 登録販売者テキストと一緒に使用してみるのも良いかもしれませんね。

その他の資格取得に便利な参考書はこちらをチェック

その他の資格取得に便利な参考書は下記の記事で紹介しています。選び方使い方も合わせて紹介しているので是非チェックしてみて下さい。

まとめ

資格試験に合格する為には、テキスト選びが重要です。値段の高いものや分厚いものが良いテキストというわけではなく、自分が見やすいもので勉強が続けやすいものを選びましょう。テキストを読むのが苦手な方はDVD付きのもので勉強してみてもいいですね。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年06月28日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2021年版】買い替えOK!社労士テキストおすすめランキング10選

【2021年版】買い替えOK!社労士テキストおすすめランキング10選

参考書・専門書
【独学で合格】定評のある簿記2級テキストおすすめランキング10選

【独学で合格】定評のある簿記2級テキストおすすめランキング10選

参考書・専門書
【わかりやすい!】独学初心者のための日商簿記3級おすすめテキスト

【わかりやすい!】独学初心者のための日商簿記3級おすすめテキスト

参考書・専門書
【自分へのご褒美に!】大人気クナイプのおすすめバスソルトランキング10選

【自分へのご褒美に!】大人気クナイプのおすすめバスソルトランキング10選

バス用品
【特徴別】人気の高い鼻づまりに効く薬のおすすめランキング10選

【特徴別】人気の高い鼻づまりに効く薬のおすすめランキング10選

医薬品・サプリメント
【名作揃い】ゲームボーイアドバンスの人気ソフトおすすめランキング61選

【名作揃い】ゲームボーイアドバンスの人気ソフトおすすめランキング61選

ニンテンドーソフト