記事ID133355のサムネイル画像

【低糖質で低カロリー】こんにゃく麺のおすすめ人気ランキング10選

こんにゃく麺は低カロリー、低糖質なのにお腹の中で膨れるのでしっかりと満足感を感じることができる食べ物です。ダイエットや食生活見直しのために取り入れる方もたくさんいます。そんな今注目のこんにゃく麺を選ぶ際のポイントとおすすめ商品10選をご紹介していきたいと思います。

こんにゃく麺で簡単ダイエット

ラーメンやうどんなど麺類は小麦粉でできているのでカロリーが高く、特にダイエット中の方などは食べるのを我慢している方も多いのではないでしょうか。そんな時にぜひ取り入れて欲しいのがこんにゃくを麺状に加工したこんにゃく麺です。

 

こんにゃくはヘルシーな食べ物として有名ですが、こんにゃくだけでは食べにくくレパートリーに飽きてしまいがちです。しかしこんにゃく麺は様々な味の商品が出ていたり、アレンジレシピもたくさんあります。こんにゃく独特の臭みも消されているので食べやすく満足感も得やすいです。

 

今回はそんなダイエットに最適なこんにゃく麺を選ぶ時にチェックするポイントやおすすめ商品10選をご紹介していきます。ダイエット中の方だけではなく、日頃の料理に新しいレパートリーを増やすことのできるこんにゃく麺をぜひあなたも取り入れてみてください!

こんにゃく麺の選び方

こんにゃく麺は商品によって成分や麺の種類、そしてスープの有無やその味に違いがあります。自分に合ったこんにゃく麺を選び、おいしく食べられるものを選びましょう。

成分・栄養素から選ぶ

ダイエット目的でこんにゃく麺を取り入れようと考えている方はこちらの項目が非常に重要になります。まずは購入時にどんな点をチャックするべきか説明していきたいと思います。

ダイエット中ならカロリーと糖質量をチェック

こんにゃく麺は他の麺類と比べても圧倒的に低カロリーです。100gあたりのカロリーで比べてみると、玄米が350Kcal、豆腐でも56Kcalありますがこんにゃくだとたったの5Kcalです!商品によって差はありますが、1食分のカロリーは約20Kcalほどですのでそのヘルシーさは一目瞭然です。

 

さらに嬉しいのがこんにゃくには糖質が少ないという点です。パスタやうどんなど1食あたり約60gほど糖質が含まれていますが、なんとこんにゃくは0gです!スープ付きのタイプの商品を選んだ場合はカロリーは150Kcal前後の物が多いです。

 

ダイエット中の方はカロリーを抑えている方が多いと思います。商品によって多少の誤差はありますので購入前にカロリーや糖質量をしっかり確認しましょう。また、これらを確認しておけば料理の献立や栄養バランスを考える際の参考にもなります。

食感重視なら原材料を

こんにゃく麺の原材料はこんにゃくだけではなく、食感を出し臭みを消すために様々な食材が使われています。そしてこんにゃく麺の食感は使われている原材料によって異なってきますので、原材料をチェックすることでだいたいの食感を知ることができるのです。

 

基本的にはこんにゃくと一緒に大豆粉や豆乳が使われていることが多いです。大豆粉が入っている物はもちもちとした食感に、豆乳入りなら滑らかな舌触りの食感になりますので、自分の好みの食感のものを選んでみてください。

 

また、スープには塩分が多く含まれている場合もあります。塩分を抑えたい方はスープ入りではないものやスープの塩分が控えめな物、もしくはスープを全部飲み干さないようにするなどの工夫も必要です。

好みのこんにゃく麺を選ぶ

こんにゃく麺にも他の麺類と同様に様々な麺のタイプがあります。どんなタイプのこんにゃく麺があるのかについて確認していきたいと思います。

麺の太さで選ぶ

こんにゃく麺には様々な太さの麺があります。細麺はそうめんのような軽やかな食感を感じることができます。さらに茹で時間が短いので短時間で調理が可能です。太麺でしたらコシがあるので喉越しとを楽しむことができますし、パスタソースと合わせてパスタのように食べることもできます。

 

さらにこんにゃく麺には平麺だけではなくちぢれ麺もあります。スープが絡みやすいのがちぢれ麺の特徴ですので、ラーメンのスープにちぢれ麺タイプのこんにゃく麺を入れれば、まるでラーメンそのものを食べているかのような感覚を味わうことができます。

麺のタイプで選ぶ

こんにゃく麺の麺は生のタイプと乾燥タイプがあります。一般的にスーパーマーケットなどで販売されているのは生のタイプのこんにゃく麺がほとんどです。乾燥こんにゃく麺は生の物と違い、乾燥しているので長期保存できるのが特徴です。

 

乾燥こんにゃくは日本製の商品はなく、インドネシア原産のこんにゃく芋が使用されているので食感などに違いがあります。こんにゃくが持つ独特のにおいがなく、味がしみやすいので和風、洋食、中華などどんな料理にも合うと評判があります。

 

生こんにゃく麺も乾燥こんにゃく麺もそれぞれ味や食感などに違いがあります。こんにゃく麺を使用する料理などで2つを使い分けてみるのもいいかもしれません。

スープの有無で選ぶ

スーパーマーケットなどで変えるこんにゃく麺にはスーパーが付いているタイプと付いていないタイプの物がありますが、すぐに食べたい方などはスープ付きのものがおすすめです。しかし一口にスープと言ってもラーメンのスープやうどんの汁などいろいろなスープの種類が販売されています。

 

ラーメンスープの場合は塩味や醤油などのあっさりとしたものから、とんこつや味噌などまで様々です。麺のカロリーが低い分、しっかりとした味付けを楽しみたいという方はとんこつなどの濃厚なタイプのものを選ぶこともできます。

 

スープが付いていない麺だけの場合は、焼きそばやパスタの麺の代わりに使用したりなど様々な料理に使用することができます。また、とにかくカロリーを抑えたいという方や塩分濃度が気になる方は麺だけのタイプのものにしましょう。

食べるシチュエーションで選ぶ

自宅で食べるのか、それ以外の場所で食べるのかによっても選ぶこんにゃく麺が変わってきます。自宅以外で食べる場合はカップ麺のようなタイプのこんにゃく麺を選ぶと良いでしょう。お湯を注ぐだけで簡単に作れるので、カップラーメンのように簡単に作ることができます。

 

また、近年ではコンビニエンスでも手軽にこんにゃく麺が購入できるようになっています。カップ麺タイプだけではなく、サラダパスタのパスタ麺の代わりにこんにゃくが使用されている商品もあります。通常のこんにゃく麺と比べると割高になりますが、外でも気軽に食べたいという方にはおすすめです。

こんにゃく麺のおすすめランキング10選

10位 ヨコオデイリーフーズ『月のうさぎ冷やし中華こんにゃく』

価格:3,190円(税込)

さっぱり食べられる中華風こんにゃく麺

滑らかでのどごしの良い食感のこちらのこんにゃく麺は冷やし中華風に仕上がっています。麺は茹でる必要なく、袋から取り出してさっと水ですすぐだけで食べられます。お鍋などの調理器具を使用しないので、洗い物が少なく済むのも嬉しいですね。

 

醤油ベースのスープが付属しているのでそれを麺にかけるだけで完成です。冷やし中華風なのでお好みできゅうりやトマトなどの野菜をトッピングしても良く合います。こんにゃくの産地として有名な群馬県産のこんにゃくを使用し、麺だけのカロリーは27Kcalです。

 

ヨコオデイリーフーズは群馬でも有名なこんにゃくメーカーですので、その品質には定評があります。1食あたり133円で麺とスープが付いてくるお買い得な商品です。

カロリー27Kcal糖質量
原材料こんにゃく粉、食用植物油脂、マルトデキストリン、糊料、卵殻カルシウム、水酸化カルシウム、カロチノイド色素スープの有無

9位 堀内八郎兵衛『万能こんにゃくめん』

価格:980円(税込)

食物繊維豊富な乾燥麺

こちらのこんにゃく麺は乾燥麺タイプです。寒さに弱く日本では栽培できないムカゴこんにゃくが使用されており、食物繊維が豊富に含まれているのが特徴です。栄養バランスが崩れている方やお野菜が苦手な方などは食物繊維が不足しがちですので、そのような方にはこちらの商品はおすすめです。

 

お湯で戻すと約2.5倍に膨れます。また、茹で時間7分でしっかりと歯ごたえのある食感になり、10分茹でると柔らかくしっとりとした食感になります。茹で時間を変えることで麺の硬さに調整できるので、好みの硬さにしたり料理似合わせて変えたりなどできるのが他にはないポイントです。

カロリー28kcal糖質量6.1g
原材料水飴(タピオカ)、タピオカでん粉、こんにゃく粉、凝固剤(水酸化カルシウム)、PH調整剤(クエン酸)スープの有無 無

8位 かぶら食品『こんにゃくラーメン』

価格:3,100円(税込)

コスパ抜群で使い方も様々!

こちらのこんにゃく麺はスープなどは付いていない麺のみで販売されているラーメンの麺に近いこんにゃく麺です。1食あたり150gとボリュームがある麺が30食分入って3100円ですので、1食あたり約100円とかなりコストパフォーマンスの良い商品です。

 

1食あたりのカロリーは18Kcalで糖質量も0.3gですと低カロリー低糖質ですので、他のスープ付きこんにゃく麺の替え玉としても安心して食べることもできます。自分好みのスープを作ったり、アレンジレシピを作ってみたりなどたくさんの食べ方があるのが嬉しいポイントです。

 

こんにゃくの名産地である群馬県にあるこちらのメーカーは、こんにゃくを知り尽くしたメーカーだからこそ作り出せる商品開発力と徹底した品質管理のもとに生産されています。

カロリー18Kcal糖質量0.3g
原材料こんにゃく、食塩/安定剤(加工でん粉)、水酸化カルシウム(こんにゃく用凝固剤)、カロチン色素(大豆由来)、酸化防止剤(V.E) 〕スープの有無 無

7位 ナカキ食品『こんにゃくラーメン』

価格:2,376円(税込)

わずか8秒で完成するカップ麺

大正3年に創業されたこんにゃくメーカーのナカキ食品のカップ麺タイプの商品です。ナカキ食品はこんにゃくに含まれる食物繊維の一種であるグルコマンナンを研究し、独自の開発を続けています。グルコマンナンはお腹の中で膨らみ、満腹感を持続してくれる作用があります。

 

この商品には食物繊維が5.2gと豊富に含まれているので腹持ちが良く、ダイエット中の方には特におすすめです。また、生麺が使用されておりスープが良く麺にしみ込みます。煮崩れや麺が伸びるといった心配もなく、しっかりとした歯応えを感じることができます。

 

さらにお湯を注いでわずか8秒で完成するのがこちらの商品の一番の魅力です。急いでご飯を食べたい時、夜食にささっと済ませたい時に時間をかけずに準備することができます。カロリーも86Kcalと低いので、時間を気にせず食べられる嬉しい商品です。

カロリー86Kcal糖質量15.5g
原材料こんにゃく、大豆、加工デンプンなどスープの有無 有

6位 神戸こんにゃくグルメ『んにゃく麺 お試しセット』

価格:1,600円(税込)

6種類の異なる味を楽しめるお得なパック

こちらのこんにゃく麺は明治19年に創業されたこんにゃくメーカーが作るこんにゃく麺で、6種類の異なるテイストのこんにゃく麺を楽しむことができるお得なパックです。麺に使われている豆乳は豆腐屋さんが作る豆乳を使用し、つるつるとした滑らかな食感を感じることができます。

 

醤油、塩、味噌、中華ダレ、焼きそば、カレーの6種類入っており、一番高い味噌味でもカロリーは126.4Kcal、一番低いものは焼きそばの21.7Kcalです。その日の気分に合わせて味を選ぶことができます。また、全て天然原料を使用しているので安心して食べられる嬉しいポイントです。

 

自社の持つ工場で作られており、コンピューターによって自動化されたシステムで効率良く商品を生産しています。そのため1食あたり約267円と低コストを実現できるのです。様々な味を試してみたい方にはコストパフォーマンスも良いのでおすすめの商品です。

カロリー21.7Kcal〜126.4Kcal糖質量1.1g(麺のみ)
原材料こんにゃく芋精粉・豆乳(遺伝子組み替えではない)・凝固剤(水酸化カルシウム)・着色料(β-カロチン)スープの有無 有

5位 伊豆河童『ゼンパスタ』

価格:1,674円(税込)

食べ応え抜群の乾燥麺

こちらの商品はパスタの本場であるイタリアでも評判になっている乾燥タイプの商品です。完全乾燥されているので水っぽさがなく、またにおいもほとんどありませんのでどんな料理にも使いやすいとイタリアだけではなく日本でも評判の商品です。

 

しかしこちらの商品はコーティングに水飴が使用されていますので、しっかりと茹でて水飴を落とす必要があります。また、茹で汁を使用してしまうとせっかくヘルシーな食材にも関わらず、カロリーが高くなってしまう可能性もありますので注意が必要です。

 

賞味期限も1年半ほどあり、冷蔵庫に入れて保管しておく必要もないので非常食として自宅に保管しておくこともできます。スープと良く絡み、しっかりとした歯応えを感じられるので満足感の高い商品です。

カロリー48kcal(100g中)糖質量
原材料水あめ、タピオカでんぷん、こんにゃく粉スープの有無 無

4位 紀文『糖質0g麺 平麺』

価格:3,360円(税込)

うどんのような本格的なコシ

こんにゃくと一緒におからも一緒に練りこまれているこんにゃく麺です。こんにゃく特有のにおいもなく、うどんならではのコシが再現されているのでまるで本当のうどんを食べているかのような感覚になります。食べ応えも抜群でありながら1食あたり20Kcalというのも嬉しいですね。

 

糖質0で食物繊維がなんとレタス約3個分の10.6gも入っています。ダイエット中だけではなく日常の食生活の中で不足しがちな食物繊維をしっかり摂取することができます。ゆつが付いていないタイプなので、お好みの味付けにアレンジして食べれます。茹でる必要はありませんので、お手軽に食べられるのも嬉しいポイントです。

カロリー20Kcal糖質量0g
原材料おからパウダー、こんにゃく粉/セルロース、糊料(アルギン酸Na、サイリウムハスク、キサンタン、カラギナン)、調味料(アミノ酸等)、炭酸Ca、炭酸水素Na、塩化Caスープの有無

3位 DHC『こんにゃくラーメン しょうゆ味』

価格:248円(税込)

まるで本物の中華麺のようなこだわりの麺

こんにゃくと大豆で作られたこちらの麺は食物繊維もしっかりと含まれているのでダイエット中の方や健康志向の方におすすめの商品です。スープを合わせても68Kcalとかなりヘルシーですので、夜食としてやお酒のシメに食べるのもおすすめです。

 

こだわり製法で作られた麺はこんにゃく特有の臭みなどを抑え、中華麺に近い食べ応えを感じることができます。また、ちぢれ麺を使用しているのでスープが麺と良く絡み合うのも特徴です。スープは鶏とかつおを使用しており、あっさりとした醤油味に仕上げています。

 

こちらの商品は湯通し、湯きり、水洗いが不要で、電子レンジに入れてわずか30秒で完成します。お値段も1食248円と大変お手頃価格ですので、初めてこんにゃく麺を試される方や新しい味にチャレンジしたい方などにおすすめです。

カロリー

68kcal

糖質量9.5g
原材料こんにゃく(国内製造)、大豆/加工デンプン、水酸化カルシウム、マリーゴールド色素スープの有無 有

2位 石橋屋『雑穀こんにゃく麺』

価格:1,944円(税込)

老舗メーカーのこだわりの野菜こんにゃく麺

こちらの商品はスープは付いていない麺のみの商品になります。かぼちゃ麺、ほうれん草麺、人参麺の3種類の麺にはこんにゃくと一緒にそれぞれ8種類の雑穀と8種類の野菜が練りこまれています。鮮やかな色味は着色料ではなく野菜の色味ですので、安心して口にすることができます。

 

こちらのメーカーは明治10年に創業されて以来、伝統の製法を守ってきた歴史のあるメーカーです。こんにゃく麺は機械で大量生産されることが多い中、バタ練製法という昔ながらの製法で熟練の職人によってひとつひとつ丁寧に生産されています。

 

麺の断面が星型になっているので、もちもちとこりこりを感じられる独特の食感になっており、スープと良く絡みあります。アク抜きも行われているので非常に食べやすいのも特徴ですので、いろいろな料理に使用できる万能なこんにゃく麺です!

カロリー28kcal糖質量
原材料こんにゃく精粉・国内産雑穀(胚芽押麦・もち玄米・もち赤米・もち黒米・ハト麦・もちきび・もちあわ・ひえ)にんじん・パプリカスープの有無 無

1位 ナカキ食品『こんにゃくラーメン』

価格:2,088円(税込)

本格派のスープが自慢のバラエティパック

7位の商品と同様の老舗のナカキが作る袋麺タイプのこんにゃく麺です。醤油、ピリ辛和風醤油、とんこつ、塩、味噌と5種類がセットになっているので飽きずに食べ続けることができます。原材料にはこんにゃくと一緒に大豆が使用されており、もちもちとした食感を感じることができます。

 

ピリ辛和風醤油はカロリーが27Kcalと一番低く、一番高い味噌味でも79Kcalですのでどれを食べてもヘルシーです。スープを飲まずにこんにゃく麺だけでしたらカロリーはゼロというダイエッターに嬉しい商品です。カロリーが抑えられるのでその分お野菜などのトッピングを楽しむこともできます。

 

こちらの商品はスープにもこだわっており、行列の絶えない人気ラーメン店と共同開発した逸品です。スープが美味しい、麺のにおいも気にならないと口コミでも評判の高い商品です。

 

カロリー27kcal~79Kcal糖質量1.3g~4.5g
原材料蒟蒻粉(国内産)・大豆・クチナシ色素・貝殻焼成カルシウムスープの有無 有

まとめ

こんにゃく麺のおすすめ商品10選をご紹介いたしましたがいかがでしたでしょうか。ダイエットにはもちろん、健康志向の方や食べ過ぎが続いてしまったあとなどにも大活躍間違い無のこんにゃく麺。商品によってそれぞれ味や食感などの違いがありますので、ぜひ自分好みのこんにゃく麺を見つけてみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ