記事ID133339のサムネイル画像

【最強の音に!】おすすめパッチケーブル人気ランキング10選

ギター用のエフェクターをつなぐために必要なパッチケーブル。いい音を出すためにこだわりたいけど、どれがおすすめなのか分からず選べない方も多いのではないでしょうか。今回はそんなお悩みをお持ちの方に、パッチケーブルの選び方から人気のおすすめ商品を紹介していきます。

パッチケーブルで音を良くする

ギターやベース用のエフェクターを複数台つなぐ時に必要なパッチケーブルは、それ自体で音の良し悪しを変えてしまうほどの影響力を持っています。良いシールドケーブルやエフェクターを購入しても、パッチケーブルをこだわらないのでは、良い音にしようと思っていても逆に悪くなってしまう可能性もあります。

 

また、エフェクターを踏みやすい位置に置くことで、スムーズに操作できるようにする役割もあり、プレイヤビリティにおいても重要です。パッチケーブルのプラグ形状やシールドの長さを適切なサイズにすることで整理された配置をすることが出来ます。今回は口コミと一緒にパッチケーブルのおすすめランキングを紹介していきます。

パッチケーブルの選び方

パッチケーブルは様々なブランドから出ていて、どれを選んだら良いのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。ここでは選び方のポイントを見ていきます。

シールドの長さで選ぶ

エフェクターをつなぐために必要な長さのパッチケーブルを選びます。エフェクター同士の距離を決めてから、長さを決めていきます。

エフェクターをつなぐ距離

パッチケーブルの一般的に、10cmや15cm、20cm、25cmと5cm刻みで販売されています。シールド部分が短ければ短いほど、音質的には有利で音の劣化を防いでくれます。逆に取り回しの良さやエフェクターを安定させる面では、シールド部分が長いほうが上回っています。

 

足元にそのままエフェクターを置く場合は、シールド部分に少し余裕のある長さのパッチケーブルを選びます。エフェクターにもよりますが、シールド部分の反発でエフェクターが動いてしまう可能性があります。また、エフェクターボードに固定して組み込む場合は、短いパッチケーブルを選ぶことで、整理された状態で配置をすることが出来ます。

自作でパッチケーブルを作る

パッチケーブルは他のシールドケーブルと同じように、プラグ部分とシールドをハンダ付けで接続することで出来ています。2ヶ所ハンダ付けを行わなければならないので、ハンダ付けに慣れていない方にはおすすめできません。ハンダが中途半端に付いている状態やハンダの盛りすぎなど、音質を悪くしたり音が出ないといったトラブルのもとになってしまいます。

 

ハンダ付け不要の自作できるソルダーレスのセットであれば、シールドを切りプラグに差し込むだけの簡単な作業で作ることが出来るのでおすすめです。また、好きな長さで作ることが出来るので、持っているエフェクターの配置に合わせることが出来ます。

プラグの形状で選ぶ

プラグの形状はSとLの2種類があります。接続するエフェクターによって組み合わせを変えることでスマートな配置にします。

Sタイプのプラグ

ストレートタイプのプラグは、ブランドにもよりますが一般的にSと表記されています。パッチケーブルでの組み合わせは、ストレートとストレートのS/Sストレートとライトアングル(L字型)のS/Lがあります。Sタイプのプラグは、筒の部分であるハウジングである程度の長さを取ってしまうので、注意が必要な場合があります。

 

エフェクターのジャックの位置が上部にある際に、Sタイプのプラグを使用することが多くあります。接続するエフェクターが同じく上部にジャックがある場合は、S/Sタイプのパッチケーブルを使うと、平行にシールドを出せるのですっきりとおさまります。また、スイッチャーなどと接続する場合も、Sタイプのプラグを使うことで見た目もきれいに整理することが出来ます。

Lタイプのプラグ

ライトアングルやL字型と呼ばれるプラグは、一般的にLと表記されています。パッチケーブルの組み合わせは、ライトアングルとライトアングルのL/L、ライトアングルとストレートのS/L、そしてL/Lのプラグの向きが逆になっているクランクと呼ばれているものの3種類があります。

 

エフェクターを接続するパッチケーブルで、よく使われているのがLタイプです。Lタイプのプラグは、ジャックからすぐにL字型に折れているので、省スペースで接続することが出来ます。そして、短い距離でつなぐことが出来るため、音に関しても効果的です。エフェクター同士のジャックの位置を確認して、最も効率的なプラグの組み合わせを選びます。

省スペース仕様のプラグ

Lタイプの中でもさらに省スペースで接続できるプラグもあります。一般的なLタイプのプラグは、プラグとキャップ、ハウジングを組み合わせて作られているので、シールドの太さ以上の大きさになってしまいます。それをシールドと同じくらいの大きさに抑えた省スペースのパッチケーブルがあります。

 

また、シールド自体を細くしたり平らなシールドにすることで、プラグ部分の厚みをより小さくしているパッチケーブルもあります。細いシールドや平らなシールドは、スペースを取れる反面、ダメージを受けやすい傾向があるので取扱いには注意が必要です。

省スペースのパッチケーブルは、足元をコンパクトにするだけでなく、エフェクターボードの中に多くのエフェクターを入れられるようにする効果もあります。

使用するパーツの特徴で選ぶ

パッチケーブルは非常にシンプルな作りなので、パーツひとつひとつの性能などで音や耐久性などが変わってきます。

プラグの素材と構造

プラグの先端部分であるチップの部分だけに金メッキを施したものや、スリーブなど全体に金メッキをしたプラグがあります。効果としては、酸化を防いだり接触部分の抵抗を下げる効果があるので、電気信号をスムーズに流すことが出来るようにしています。

 

またプラグの芯部はブラスで出来ているものが多くありますが、中には銅などを使うことで電気の通りをよくする工夫がされています。メーカーが独自開発したプラグの場合、あまり構造などの情報が出てこない場合がありますが、他のブランドのプラグを使っている場合は、構造についてメーカーで調べることが出来ます。

シールドの素材と特徴

シールドは表面のシースが硬ければ断線する可能性が減りますが、エフェクター同士を接続するパッチケーブルに関しては、柔軟性のあるシースを選ぶ必要があります。硬すぎると取り回しが悪くなるだけでなく、パッチケーブルが反発してエフェクターを動かしてしまうなどのトラブルが生まれます。

 

シールドは各ブランドで狙った音になるように製造されています。太い音なのか、芯がある音なのか、高域に特徴がある音なのかなどの特徴を打ち出している場合があるので、チェックするようにします。また、パッチケーブルを複数使う場合、違う種類のパッチケーブルを使うと打ち消し合ってしまう可能性もあるので、同じ種類のものを揃えるようにしましょう。

ハンダの種類

プラグとシールドをつなぐハンダも種類が変われば音も変わってきます。KESTER44など有名なハンダを使うメーカーもあれば、銀の含有量が高い国産のハンダを使うところもあります。メーカーによって表記している所としてない所があり、あえて公表しないところなどもあるので、確認が難しい面もあります。

 

また、ハンダ自体を使わないパッチケーブルの場合は、プラグ内部の針をシールドの芯部に刺すことで接続します。ハンダを使用せずに直接プラグと繋げるので、シールドの長さを変えることもでき、エフェクターの入れ替えといった長さの変更が必要な場合でも対応できます。

パッチケーブルの人気ランキング10選

第10位

MOGAMI モガミ

2524 SWITCHCRAFT/LL (15cm)

価格:1,850円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ギターリストにも人気のモガミ

モガミのシールドケーブルは多くのギターリストに使われ、有名なベルデンのシールドケーブルと比較されるなど注目を集めています。2524は癖がなく、クリアでシャープさをもった特徴があります。またプラグにスイッチクラフトの226を使用しているので、トラブルの少ない安定した使用をすることができます。またハンダには日本アルミット社製の音響用ハンダを使用しています。

 

レビューを見てみると、フラットな音で良い作りでしたという意見が見られます。ギターの音を素直に出せるモガミの2524は、パッチケーブルとして短くカットされた状態でも、その効果を発揮します。癖のないフラットな特性でエフェクターを繋げたい方におすすめです。

長さ15cmプラグ形状LL
シールド種類モガミ 2524ハンダKR-19RMA
第9位

YOTTO

16cm ギターパッチケーブル 3本セット

価格:1,290円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパに優れたパッチケーブル

柔軟性をもったシールド部は取り回しが良く、エフェクター同士をつなぐ際にある程度の自由度で配置することが出来ます。また、芯線に高純度の銅を使用しているので電気信号をスムーズに伝えることが可能になっています。癖のないクリアなサウンドが特徴で、耐久性も持ち合わせた製品です。

 

レビューを見てみると、エフェクター周りをスッキリと短く配線するのにはもってこい、安いケーブルの時にあったノイズが無くなった、なかなかコスパ良いセットなどの評価が多く見られました。性能もよく価格帯も低いことからコスパの良さの意見が見られます。コスパ重視の方におすすめです。

長さ16cmプラグ形状LL
シールド種類ハンダ
第8位

Providence

パッチケーブル P203 0.15m L/L

価格:2,420円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

音質にこだわったパッチケーブル

ギターやスイッチャーで有名なプロヴィデンスが作るパッチケーブルです。金メッキを施されたプラグ紫色のシールドが特徴で、エフェクターをつないだときの音痩せや音質の劣化を起こさないよう開発されています。また、ローノイズで軽量高い柔軟性という部分も持ち合わせているパッチケーブルです。

 

レビューを見てみると、明らかに音が良くなりケーブルの重要性を再認識しました、音も細くならずにそのまま伝わる、紫で見やすいという評価を得ています。サウンドにも定評のあるモデルで、太さを兼ね備えています。暗いライブハウスなどで、エフェクターの接続をする際や確認をする際に紫色のケーブルは見やすく、トラブルを防いでくれます。音質重視の方にもおすすめです。

長さ15cmプラグ形状LL
シールド種類ハンダ
第7位

EBS

フラットパッチケーブル 10CM PCF-10

価格:590円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

独特なフラットケーブル

ベースアンプやエフェクターが人気のEBSから出しているパッチケーブルです。フラットなシールド部と樹脂製のプラグが特徴的なパッチケーブルで、柔らかくて取り回しがよく、平らなことから場所を取らないので、省スペースを実現できるモデルです。

 

レビューを参考にすると、省スペースを目的にパッチケーブルを選ぶなら間違いなくこれ、エフェクター同士の距離を最小限に出来る、とっても使い勝手の良いケーブルですと高い評価が見られます。

 

シールド部も薄く平らなのでエフェクターを接近させることもでき、狭い間隔で収納することも出来るので、省スペースで使うのに便利な形状をしています。エフェクターをより接近させて使いたい方におすすめです。

長さ10cmプラグ形状LL
シールド種類ハンダ
第6位

LIVE LINE

L-15C L/L

価格:794円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

信頼のあるクラシックモデル

フラット型のLタイプのプラグがクラシックな雰囲気をだしているパッチケーブルです。シールドには高級なOFC銅線を使用しているので、低ノイズで音の劣化を少なくすることを実現しています。熟練のクラフトマンが手作業によってハンダ付けをし、丁寧に作られているのが特徴です。

 

レビューを見てみると、プラグの部分が薄くて場所を取らなくていい、すごくクリアな音でノイズがほとんどなくなりました、価格も安価ですし音質も良いと高い評価が見られます。フラット型のLタイププラグが一般的なプラグよりも薄く、省スペースで使用することが出来ます。エフェクターの間隔を狭くしたい方におすすめです。

長さ15cmプラグ形状LL
シールド種類OFC銅線ハンダ
第5位

VITAL AUDIO

VA-Patch-F-0.15m S/S

価格:2,246円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

取り回しと音質を追求

直径5mmのスリムな4406 OFCケーブルを使うことで、エフェクター同士をつなげるパッチケーブルに求められる柔軟性を持ち、取り回しの良さを実現しています。細くした分音質が落ちてしまわないように、内部構造に工夫をして信号の流れを安定化しています。さらにシースには難燃PEを使用して、柔らかさと軽量化に成功しました。

 

細いシールドからは想像がつかないほどのパワフルながら引き締まったサウンドが特徴です。またプラグはハウジングにアルミ素材を使うことで軽量化し、ブランドイメージの赤い色を着色しています。エフェクター同士を接続するだけでなく、パッチケーブルにも存在感をもたせたい方におすすめです。

長さ15cmプラグ形状SS
シールド種類4406 OFCケーブルハンダ
第4位

CUSTOM AUDIO JAPAN

KLOTZ LL-20 20cm

価格:2,391円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハイファイなサウンド

CAJはギター用のサウンドシステムを提供するブランドで、パッチケーブルの製作もその経験が活かされています。エフェクトボードやラックシステム用に開発されたKLOTZ社製のシールドを使用することで、ダイナミックレンジが広くフラットなサウンドを出すことが出来ます。

 

またプラグはCAJオリジナルで、チップ部分をあらゆるタイプのジャックに対応できるようにしてあり、振動が無くなりレスポンスを早くすることを実現しています。

 

レビューを見てみると、取り回しは非常に良好、音質はクリーンかつフラット、ノイズが全く出ないと高い評価を得ています。細めのケーブルなので取り回しがよく、ノイズ対策や音響のバランスを工夫しているシールドです。ノイズの少ないハイファイサウンドを求めている方におすすめです。

長さ20cmプラグ形状LL
シールド種類KLOTZハンダハンダ接融合
第3位

FREE THE TONE

ソルダーレスケーブルキット SLK-L-10 (NICKEL)

価格:17,500円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自由な長さで作れる自作キット

フリーザトーンのハンダ付けが必要ないソルダーレスのキットです。シールドを差し込んでネジを締めるだけで簡単に作れる自作キットで、長さを調節できるのでぴったりのサイズでエフェクターをつなぐことが出来ます。直接プラグとシールドをつなぐので、音質も向上し、さらにプラグ形状は省スペースを可能にしています。

 

レビューを見てみると、音質も良くボードを組むにも取り回しがかなり楽、自分の思い通りに長さを調整できるのでボードの中がスッキリすると高い評価を得ています。細くて柔らかいシールドなので取り回しもよく、構造上トラブルも少なくすることが出来ています。足元をすっきりさせたい方におすすめです。

長さ3mプラグ形状LL
シールド種類CU-416ハンダ
第2位

Sound MOMO

9395 15cm L-L型 2本セット

価格:2,290円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プロも愛用の定番

ベルデンの8421はシールドケーブルで有名ですが、9395はパッチケーブルにおいてその取り扱いやすさから人気を集めています。耐久性が高いのも特徴のひとつで、プラグとシールドの接続に使うハンダは、音響部品用のKESTER44を使用しています。また、プラグのチップ部分は金メッキを施してあります。ベルデンの9395は音が太くミッドローよりのサウンドの傾向があります。

 

レビューを見てみると、頑丈、ノイズが減ったなど高い評価を得ています。プラグ部分だけでなくベルデンのシールドは柔軟性もあるので、取り回しのしやすさと堅牢さを持ち合わせています。音を太くしたい方におすすめです。

長さ15cmプラグ形状LL
シールド種類ベルデン9395ハンダKester44
第1位

カナレ

15cm L-L型 パッチケーブル 3本セット

価格:2,380円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

世界に誇るケーブルメーカー

カナレのGS-6は多くのプロミュージシャンも使用する、カナレの定番シールドです。サウンドはフラットで、入った音をそのまま出力します。耐久性もあり、内側の導電ビニールで完璧なノイズ対策が施されています。また、エフェクター同士を接続している際にノイズを拾わないため音質劣化を防止し、音のバランスを保てます。

 

レビューを参考にすると、劇的に音が変わりました、大音量でもノイズは気にならない、必要になればさらに追加したいと高い評価を得ています。信頼のあるカナレのパッチケーブルはノイズ対策や取り回しの良さなど、プレイヤーが望むことを叶えてくれます。安定した製品を使っていきたい方におすすめです。

長さ15cmプラグ形状LL
シールド種類カナレGS-6ハンダKester44

パッチケーブルのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5176814の画像

    カナレ

  • 2
    アイテムID:5176817の画像

    Sound MOMO

  • 3
    アイテムID:5176818の画像

    FREE THE TONE

  • 4
    アイテムID:5176822の画像

    CUSTOM AUDIO JAPAN

  • 5
    アイテムID:5176824の画像

    VITAL AUDIO

  • 6
    アイテムID:5176825の画像

    LIVE LINE

  • 7
    アイテムID:5176830の画像

    EBS

  • 8
    アイテムID:5176845の画像

    Providence

  • 9
    アイテムID:5176867の画像

    YOTTO

  • 10
    アイテムID:5176885の画像

    MOGAMI モガミ

  • 商品名
  • 15cm L-L型 パッチケーブル 3本セット
  • 9395 15cm L-L型 2本セット
  • ソルダーレスケーブルキット SLK-L-10 (NICKEL)
  • KLOTZ LL-20 20cm
  • VA-Patch-F-0.15m S/S
  • L-15C L/L
  • フラットパッチケーブル 10CM PCF-10
  • パッチケーブル P203 0.15m L/L
  • 16cm ギターパッチケーブル 3本セット
  • 2524 SWITCHCRAFT/LL (15cm)
  • 特徴
  • 世界に誇るケーブルメーカー
  • プロも愛用の定番
  • 自由な長さで作れる自作キット
  • ハイファイなサウンド
  • 取り回しと音質を追求
  • 信頼のあるクラシックモデル
  • 独特なフラットケーブル
  • 音質にこだわったパッチケーブル
  • コスパに優れたパッチケーブル
  • ギターリストにも人気のモガミ
  • 価格
  • 2380円(税込)
  • 2290円(税込)
  • 17500円(税込)
  • 2391円(税込)
  • 2246円(税込)
  • 794円(税込)
  • 590円(税込)
  • 2420円(税込)
  • 1290円(税込)
  • 1850円(税込)
  • 長さ
  • 15cm
  • 15cm
  • 3m
  • 20cm
  • 15cm
  • 15cm
  • 10cm
  • 15cm
  • 16cm
  • 15cm
  • プラグ形状
  • LL
  • LL
  • LL
  • LL
  • SS
  • LL
  • LL
  • LL
  • LL
  • LL
  • シールド種類
  • カナレGS-6
  • ベルデン9395
  • CU-416
  • KLOTZ
  • 4406 OFCケーブル
  • OFC銅線
  • モガミ 2524
  • ハンダ
  • Kester44
  • Kester44
  • ハンダ接融合
  • KR-19RMA

おすすめのパッチケーブルを使ってボードを組む!

ここまでパッチケーブルのおすすめ人気ランキングを紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。パッチケーブルも長さや形状でさまざまな使い方が出来ます。演奏を楽しむためにも足元を整理してみてはいかがでしょうか。きれいに並べたエフェクターはきっと演奏を盛り上げてくれますよ。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ