【2021年最新版】パッチケーブルの人気おすすめランキング15選

記事ID133339のサムネイル画像

ギター用のエフェクターをつなぐために必要なパッチケーブル。いい音を出すためにこだわりたいけど、どれがおすすめなのか分からず選べない方も多いのではないでしょうか。今回はそんなお悩みをお持ちの方に、パッチケーブルの選び方から人気のおすすめ商品を紹介していきます。

「パッチケーブル」は音質を左右する!

パッチケーブルはギターやベース用のエフェクターを接続するためのケーブルです。良いシールドケーブルやエフェクターを購入しても、パッチケーブルによっては音が悪くなってしまうこともあります。パッチケーブルもこだわって選ぶことが必要です。

 

音質に影響するだけでなくパッチケーブルの大きさは、エフェクターの配置にも影響します。スムーズに操作するために、適切なサイズのパッチケーブルを選ぶことが大事です。パッチケーブルは、カナレやベルデンなどのメーカー製やソルダーレス、自作キットなどがあります。

 

そこで今回はパッチケーブルの選び方とおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われている方はぜひ参考にしてください。自作キットの作り方に関しても、ご紹介します。

パッチケーブルの選び方

パッチケーブルは様々なブランドから出ていて、どれを選んだら良いのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。ここでは選び方のポイントを見ていきます。

シールドの長さで選ぶ

エフェクターをつなぐために必要な長さのパッチケーブルを選びます。エフェクター同士の距離を決めてから、長さを決めていきます。

「エフェクター」をつなぐ距離

パッチケーブルの一般的に、10cmや15cm、20cm、25cmと5cm刻みで販売されています。シールド部分が短ければ短いほど、音質的には有利で音の劣化を防いでくれます。逆に取り回しの良さやエフェクターを安定させる面では、シールド部分が長いほうが上回っています。

 

足元にそのままエフェクターを置く場合は、シールド部分に少し余裕のある長さのパッチケーブルを選びます。エフェクターにもよりますが、シールド部分の反発でエフェクターが動いてしまう可能性があります。

 

また、エフェクターボードに固定して組み込む場合は、短いパッチケーブルを選ぶことで、整理された状態で配置をすることが出来ます。

プラグの形状で選ぶ

プラグの形状はSとLの2種類があります。接続するエフェクターによって組み合わせを変えることでスマートな配置にします。

ジャックが上部にあるエフェクターの接続に最適な「Sタイプのプラグ」

ストレートタイプのプラグは、ブランドにもよりますが一般的にSと表記されています。パッチケーブルでの組み合わせは、ストレートとストレートのS/Sストレートとライトアングル(L字型)のS/Lがあります。

 

Sタイプのプラグは、筒の部分であるハウジングである程度の長さを取ってしまうので、注意が必要な場合があります。エフェクターのジャックの位置が上部にある際に、Sタイプのプラグを使用することが多くあります。

 

接続するエフェクターの上部にジャックがある場合は、S/Sタイプのパッチケーブルを使うと、平行にシールドを出せるのですっきりとおさまります。また、スイッチャーなどと接続する場合も、Sタイプのプラグを使うことで見た目もきれいに整理することが出来ます。

エフェクター間の距離が短くてもすっきりとつなげる「Lタイプのプラグ」

ライトアングルやL字型と呼ばれるプラグは、一般的にLと表記されています。パッチケーブルの組み合わせは3種類です。ライトアングルとライトアングルのL/LライトアングルとストレートのS/L、そしてL/Lのプラグの向きが逆になっているクランクがあります。

 

エフェクターを接続するパッチケーブルで、よく使われているのがLタイプです。Lタイプのプラグは、ジャックからすぐにL字型に折れているので、省スペースで接続することが出来ます。

 

そして、短い距離でつなぐことが出来るため、音に関しても効果的です。エフェクター同士のジャックの位置を確認して、最も効率的なプラグの組み合わせを選びます。

より多くのエフェクターを設置することができる「省スペース仕様のプラグ」

Lタイプの中でもさらに省スペースで接続できるプラグもあります。一般的なLタイプのプラグは、プラグとキャップ、ハウジングを組み合わせて作ります。そのため、大きさはシールドの太さ以上なってしまいます。

 

それをシールドと同じくらいの大きさに抑えたのが省スペースのパッチケーブルです。シールド自体を細くしたり平らなシールドにすることで、プラグ部分の厚みをより小さくしているパッチケーブルもあります。

 

細いシールドや平らなシールドは、スペースを取れる反面、ダメージを受けやすい傾向があるので取扱いには注意が必要です。省スペースのパッチケーブルは、足元をコンパクトにするだけでなく、エフェクターボードの中に多くのエフェクターを入れることができます。

価格で選ぶ

パッチケーブルの1本当たりの価格帯は、1000円以下~3000円くらいです。価格の高いものはパッチケーブル専用に作られたものなどがあり、機能的に優れたものが多くなります。ただし、価格の安いものでも安定した性能のものもあります。

 

パッチケーブルごとに音の個性などもあるので、必ずしも価格が高いものが優れているとは限りません。用途や相性を考えて、自分に合ったパッチケーブルを選ぶことが大切です。複数のエフェクターを接続する場合などは、価格が安くなるセット販売もおすすめです。

 

自作キットなら、安い価格で配置にピッタリの長さのパッチケーブルを作ることもできます。

使用するパーツの特徴で選ぶ

パッチケーブルは非常にシンプルな作りなので、パーツひとつひとつの性能などで音や耐久性などが変わってきます。

「プラグ」の素材と構造

プラグの先端部分であるチップの部分だけに金メッキを施したものや、スリーブなど全体に金メッキをしたプラグがあります。効果としては、酸化を防いだり接触部分の抵抗を下げる効果があるので、電気信号をスムーズに流すことが出来るようにしています。

 

またプラグの芯部はブラスで出来ているものが多くありますが、中には銅などを使うことで電気の通りをよくする工夫がされています。メーカーが独自開発したプラグの場合、あまり構造などの情報が出てこない場合があります。

 

ただし、他のブランドのプラグを使っている場合は、構造についてメーカーで調べることが出来ます。

「シールド」の素材と特徴

シールドは表面のシースが硬いと断線しにくいですが、エフェクター同士を接続するパッチケーブルに関しては、柔軟性のあるシースを選ぶ必要があります。硬すぎると取り回しが悪くなり、パッチケーブルが反発してエフェクターを動くなどのトラブルが生まれます。

 

シールドは各ブランドで狙った音になるように製造されています。太い音、芯がある音、高域に特徴がある音などの特徴を打ち出している場合があるので、チェックしておきましょう。

 

また、パッチケーブルを複数使う場合、違う種類のパッチケーブルを使うと打ち消し合ってしまう可能性もあります。同じ種類のものを揃えるようにしましょう。

「ハンダ」の種類

プラグとシールドをつなぐハンダも種類が変われば音も変わってきます。KESTER44など有名なハンダを使うメーカーもあれば、銀の含有量が高い国産のハンダを使うところもあります。

 

メーカーによって表記している所としてない所があり、あえて公表しないところなどもあるので、確認が難しい面もあります。ハンダ自体を使わないパッチケーブルの場合は、プラグ内部の針をシールドの芯部に刺すことで接続します。

 

ハンダを使用せずに直接プラグと繋げるので、シールドの長さを変えることもできます。そのため、エフェクターの入れ替えといった長さの変更が必要な場合でも対応できます。

「メーカー」で選ぶ

パッチケーブルはさまざまなメーカーから販売されており、メーカーごとの特徴もあります。長く愛用される定番商品を販売するメーカーや話題のメーカーについてまとめました。パッチケーブルを選ぶ際の参考にしてください。

FREE THE TONE(フリーザトーン)

有限会社フリーザトーンは、2002年にペダルボードやツアーシステムを設計・製作など行う会社として設立されました。エフェクターやパワーサプライなど様々な音響機器を販売している会社です。2012年には、超小型のソルダーレスプラグを考案して話題になりました。

 

パッチケーブルはソルダーレスで作れる自作キットを販売しており、プロミュージシャンにも人気があります。ハンダを使わずに高性能なパッチケーブルを作ることができるので、自作のパッチケーブルが欲しい方におすすめです。

CANARE(カナレ)

カナレは、音響ケーブルメーカーとして世界的に高い評価を受けるメーカーです。シールドケーブルメーカーの老舗として有名ですが、音響ケーブルならあらゆる用途の製品を販売しています。カナレのケーブルは世界中のアマチュアやプロに愛用されています。

 

シールドの定番として愛用されてきたGS-6は、8万回の屈折実験を行っても内部構造が安定しているという驚きの耐久性があります。音質には個性がないと言われていますが、ギターやアンプの種類に関係なく安定した音質が得られるのが魅力です。

 

価格的にもリーズナブルなパッチケーブルを販売しています。耐久性が高く、安定した音質のパッチケーブルが欲しいならおすすめです。

【Sタイプ】パッチケーブルの人気おすすめランキング5選

プロも愛用する定番ケーブル

S-S型のプラグが付属するパッチケーブルです。立ち上がりの早いシャープな音が持ち味で、高音域も原音のままアンプや楽器に伝えることができます。音のバランスを保ち、音質の劣化を抑えることがでいるパッチケーブルです。

 

愛用するプロの多い定番のケーブルと言われています。アコースティックギターやカッティングに適したさわやかで明るい音色が特徴です。

長さ 30cm プラグ形状 SS
シールド種類 BELDEN9778 ハンダ KESTER44

口コミを紹介

トランスミッターからギターの接続に使用してます。
長さ、品質不満はありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

コスパの良い10本セット

上方向ジャック+横方向ジャックの組み合わせで使えるので、エフェクターとスイッチャーの接続に便利なパッチケーブルです。柔軟性と耐久性の高いPVCを外側のジャケットに採用し、ケーブル部に密度の高いシールドを施すことでノイズを抑えています。

 

21AWG銅線とOFCを含んだ撚り線を採用することで、音声信号の劣化を防いでいます。楽器本来の音を楽しむことができるパッチケーブルです。10本セットなので、コスパも優れています

長さ 60cm プラグ形状 LS
シールド種類 ハンダ

口コミを紹介

パワーサプライとコンパクトエフェクターの架け橋となる、ケーブルといえば、やはりこの製品が一番いいかもしれません。

出典:https://www.amazon.co.jp

安心の日本製

日本の世界的な音響ケーブルメーカー「CANARE 」の定番商品で、多くのプロに愛用されているパッチケーブルです。しなやかな取り回しの良いケーブルで、導電ビニールによるノイズ防止処理が施されています。

 

フラットなケーブルで、ギターの音をそのままアンプや楽器に伝えることができます。日本製の高品質なパッチケーブルが欲しい方におすすめです。

長さ 50cm プラグ形状 LS
シールド種類 GS-6 ハンダ KESTER44

口コミを紹介

丈夫さだけではなく、音質も変わったような気がします。
文句なしです。

出典:https://www.amazon.co.jp

耐久性が高く、取り回しも良い

高い耐久性と取り回しの良さで、世界中のプロに人気のベルデンの9395を使用したL-S型プラグ付パッチケーブルです。高音質の音響部品用ハンダ「KESTER44」を使用しており、職人が手作業でハンダ付けをして熱収縮チューブで端末の処理をしています。

 

両端のフォンプラグはゴールドチップ仕上げになっており、酸化や音質の劣化を防いでくれます。太い音が出るケーブルなので、歪系の音を出すのにおすすめです。

長さ 1m プラグ形状 LS
シールド種類 BELDEN9395 ハンダ KESTER44

口コミを紹介

さすがベルデン!音質もさることながら、ケーブルの素材がいいのか
張りがあるので解きやすい。(絡みやすい電源ケーブルとくらべて)

出典:https://www.amazon.co.jp

ロックに最適

ペダルボード・エフェクターラック・PAに使用するパッチケーブルです。ケーブルに信号の方向性を持たせたプロ仕様で、音源側を黒いチューブに接続し赤いチューブを楽器側に接続します。逆向きに使用することも可能です。

 

太い音質が特徴的なロックに適したケーブルで、中・低音域にエッジが効いているのが特徴です。「BELDEN 8412」は歪ませてもファットなサウンドになり、ツヤのある音が楽しめます。

長さ 15cm プラグ形状 SL
シールド種類 BELDEN8412 ハンダ KESTER44

口コミを紹介

このケーブルは値段も手頃で性能もしっかりしている。上を見ればキリがないのでしょうが、実用品として何の不満もなく使っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

【Sタイプ】パッチケーブルの比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 長さ プラグ形状 シールド種類 ハンダ
1
アイテムID:5716511の画像
BELDEN 9778 S-S型プラグ付 1,120円

詳細を見る

プロも愛用する定番ケーブル

30cm SS BELDEN9778 KESTER44
2
アイテムID:5716514の画像
パッチケーブル DCケーブル S/L型 1,280円

詳細を見る

コスパの良い10本セット

60cm LS
3
アイテムID:5716517の画像
カナレ GS-6 50cm L-S型プラグ付 1,420円

詳細を見る

安心の日本製

50cm LS GS-6 KESTER44
4
アイテムID:5716520の画像
BELDEN 9395 1m L-S型プラグ付 パッチケーブル 1,630円

詳細を見る

耐久性が高く、取り回しも良い

1m LS BELDEN9395 KESTER44
5
アイテムID:5716523の画像
BELDEN 8412 S-L型プラグ付 1,750円

詳細を見る

ロックに最適

15cm SL BELDEN8412 KESTER44

【Lタイプ】パッチケーブルの人気おすすめランキング5選

ノイズを防いでフラットな音を実現

プロからも高い評価を受けるカナレのGS-6を使用したパッチケーブルです。エフェクター同士を接続しても、接続によるノイズを防いでくれます。ノイズで音が劣化しにくいので、バランスの良い音を楽しむことができます。

 

ハンダにKester44を使用することで、耐久性と強度を高めています。安定したパッチケーブルを使いたい方におすすめです。

長さ 15cm プラグ形状 LL
シールド種類 カナレGS-6 ハンダ Kester44

口コミを紹介

さすが日本製。
品質がそこら辺の中華製のシールドの1万倍良いです。
これなら断線やシールドがすっぽ抜けるなんてことはありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

自由な長さのパッチケーブルが作れる

自作キットのパッチケーブルです。ハンダ付け不要で、シールドを差し込んでネジを締めるだけで作ることができます。長さは自分で決められるので、エフェクターの配置に合ったサイズのパッチケーブルを作ることができます

 

プラグはソルダーレスで省スペースになっています。音質に関しても評価の高いレビューが多いです。自分好みのエフェクターボートを作りたい方におすすめです。

長さ 3m プラグ形状 LL
シールド種類 CU-416 ハンダ

口コミを紹介

とても使い勝手良かったので結局3セットくらい買ってボード完成させました
おすすめです

出典:https://www.amazon.co.jp

音質にこだわった使いやすいパッチケーブル

エフェクター同士の接続やエフェクターとアンプを接続するために作られた専用のパッチケーブルです。音質の劣化や音痩せが起こりにくく、コンパクトエフェクターと接続しても音質が落ちないように作られています。

 

プリアンプやラックタイプのエフェクターと繋いでも性能は落ちません。柔軟性が高く軽量なパッチケーブルです。紫色なので、黒いケーブルと比較して視認性も優れています。

長さ 15cm プラグ形状 LL
シールド種類 ハンダ

口コミを紹介

安い500円のパッチケーブルから交換しましたが、明らかに音が良くなりケーブルの重要性を再認識しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

コスパの良いパッチケーブルセット

しなやかで柔軟性があり、クセのない音が特徴のパッチケーブルです。取り回しがよく、高純度の銅を使用しているのでスムーズな信号転送が行えます。3本セットなので、複数のエフェクターやアンプを接続するに便利です。

 

ノイズなく接続良好というレビューもあり、性能的にも優れています。低価格で使いやすいので、初めてパッチケーブルを購入する人にもおすすめです。

長さ 16cm プラグ形状 LL
シールド種類 ハンダ

口コミを紹介

ベルデンのシールドが好きなんですが高いので、これを試してみました。結果ベルデンに近く良いもので購入して良かったです。
一度皆さんもどうぞ

出典:https://www.amazon.co.jp

音がフラットで取り回しも容易

クセのないモガミの2524のシールドを使用したパッチケーブルです。フラットな音が出せるので音作りがしやすくなっています。柔軟性のあるケーブルなので、取り回しが簡単なのも魅力です。

 

トラブルの少ないスイッチクラフトの226のプラグを採用しており、安定して使用することができます。素直な音が出るパッチケーブルが欲しい方におすすめです。

長さ 15cm プラグ形状 LL
シールド種類 モガミ 2524 ハンダ KR-19RMA

口コミを紹介

調べた通り フラットな音でした。ベルデン等と考えましたが パッチケーブルには 素直な音を求めました。店舗作成ですが 良い作りでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

【Lタイプ】パッチケーブルの比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 長さ プラグ形状 シールド種類 ハンダ
1
アイテムID:5716528の画像
15cm L-L型 パッチケーブル 3本セット 2,380円

詳細を見る

ノイズを防いでフラットな音を実現

15cm LL カナレGS-6 Kester44
2
アイテムID:5716531の画像
SL-4L-NI-10K ソルダーレスケーブルキット 11,550円

詳細を見る

自由な長さのパッチケーブルが作れる

3m LL CU-416
3
アイテムID:5716534の画像
パッチケーブル P203 0.15m L/L 2,420円

詳細を見る

音質にこだわった使いやすいパッチケーブル

15cm LL
4
アイテムID:5716537の画像
16cm ギターパッチケーブル 3本セット 1,290円

詳細を見る

コスパの良いパッチケーブルセット

16cm LL
5
アイテムID:5716540の画像
2524 SWITCHCRAFT/LL 1,850円

詳細を見る

音がフラットで取り回しも容易

15cm LL モガミ 2524 KR-19RMA

【省スペース仕様】パッチケーブルの人気おすすめランキング5選

耐久性も高い

人気の高いベルデンの9395ケーブルに、ビンテージ(フラットタイプ)プラグを装着しています。スイッチクラフトのプラグに比べてかなり薄型のプラグなので、省スペース仕様のパッチケーブルになっています。エフェクターの多い場所でも、使いやすいです。

 

ベルデンの9395を採用しているので、音が太く耐久性も優れています。耐久性が高い省スペース仕様のパッチケーブルが欲しい方におすすめです。

長さ 30cm プラグ形状 LL
シールド種類 BELDEN9395 ハンダ KESTER44

口コミを紹介

ケース上でビッシリとエフェクターを並べているので省スペース性に大変満足しています。

欲を言えば25cmがあると助かる箇所がありましたが、なんとかしました。

出典:https://www.amazon.co.jp

高品質なクラシックモデル

80年代から変わらずに販売されているクラシックタイプのパッチケーブルです。フラットなL型プラグは省スペース化に役立つだけでなく、音質にも貢献しています。高級OFC銅線を採用することで、非常に音の変化の少ない良質なパッチケーブルになっています。

 

一つ一つが丁寧な手作業で作られており、品質も優れています。ハイクオリティーな省スペース用パッチケーブルが欲しい方におすすめです。

長さ 15cm プラグ形状 LL
シールド種類 OFC銅線 ハンダ

口コミを紹介

プラグの頭が薄くて隣接するエフェクター間隔を狭くすることが出来ます。結果として同じエフェクターボードに搭載できるエフェクターが1つ増えました。

出典:https://www.amazon.co.jp

フラットで柔らかい

非常に薄く柔らかいパッチケーブルです。省スペース仕様のプラグを採用しているだけでなく、非常に柔らかくしなやかなケーブルになっています。エフェクター同士の距離を最小にできるケーブルとして高い評価を受けています。

 

ペダルに高低差がある場合でも、問題なく接続することができます。狭い距離でエフェクターを接続したいならおすすめです。

長さ 10cm プラグ形状 LL
シールド種類 ハンダ

口コミを紹介

こちらを見つけ、色々調べて購入。結果とても満足しています。
厚さがとにかく薄いのでEBS / PL-20と同じかそれ以下の間隔でペダルを配置でき、ケーブルも柔らかく細く、10cmと短いのでボードにすっきりおさまりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

専用ケーブルを使用

一般的なパッチケーブルはギターケーブルを短くカットしたものがほとんどです。こちらのパッチケーブルは、ボードシステム、ラックシステム専用に作られたKLOTZ社製ケーブルを採用しています。ケーブルが細いので、省スペースでも使うことができます。

 

 

コンプレッション感がほとんどなく、ダイナミックレンジが広いのが特徴です。ハイクオリティマイクケーブル並みのフラットでワイドな周波数特性があります。フラットなハイファイサウンドを出せるパッチケーブルが欲しい方におすすめです。

長さ 20cm プラグ形状 LL
シールド種類 KLOTZ ハンダ ハンダ接融合

口コミを紹介

エフェクター同士の接続に使用。このほっそいケーブルを使うと、ふっといケーブルには戻れなくなります、音質はクリーン、かつフラットです。

出典:https://www.amazon.co.jp

省スペースで取り回しも良好

省スペース設計のフラットプラグを採用したパッチケーブルです。ケーブル自体も細くなっているので、場所を取りません。柔軟性の高いケーブルなので、使いやすくなっています。音質面に関しても問題ないというレビューが多いです。

 

スペースを取りたくない場合はもちろん、マイクロエフェクターに接続する場合もおすすめです。

長さ 18cm プラグ形状 LL
シールド種類 ハンダ

口コミを紹介

パッチケーブルは取り回しに制限があるものが多い中、
これは柔らかく、薄く取り回しが非常に楽でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

【省スペース仕様】パッチケーブルの比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 長さ プラグ形状 シールド種類 ハンダ
1
アイテムID:5716545の画像
パッチケーブル ヴィンテージ 【 L-L 薄型プラグ付 】 910円

詳細を見る

耐久性も高い

30cm LL BELDEN9395 KESTER44
2
アイテムID:5716548の画像
L-15C L/L 794円

詳細を見る

高品質なクラシックモデル

15cm LL OFC銅線
3
アイテムID:5716551の画像
フラットパッチケーブル 10CM PCF-10 590円

詳細を見る

フラットで柔らかい

10cm LL
4
アイテムID:5716554の画像
KLOTZ LL-20 20cm 2,391円

詳細を見る

専用ケーブルを使用

20cm LL KLOTZ ハンダ接融合
5
アイテムID:5716557の画像
フラットパッチケーブル 18CM PCF-18 750円

詳細を見る

省スペースで取り回しも良好

18cm LL

パッチケーブルを自作しよう!

パッチケーブルは自作することもできます。パッチケーブルを自作するメリットは、好きな長さに作ることができることです。エフェクターの配置に合った長さのパッチケーブルを用意できます。

 

パッチケーブルの自作キットも販売されており、ハンダ付けが必要なタイプとハンダがいらないソルダーレスタイプがあります。ハンダを使う場合は、プラグ部分とシールドを繋げて2ヶ所をハンダ付けします。ハンダがないと作れない上に、失敗すると音が出ない場合もあります。

 

ソルダーレスタイプなら、シールドを切ってプラグに差し込んでネジを締めるだけで作ることができます。ニッパーとマイナスドライバーだけで簡単に作れるのが、ソルダーレスのメリットです。ハンダの扱いに自信がない方は、ソルダーレスタイプがおすすめです。

まとめ

ここまでパッチケーブルのおすすめ人気ランキングを紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。パッチケーブルも長さや形状でさまざまな使い方が出来ます。演奏を楽しむためにも足元を整理してみてはいかがでしょうか。きれいに並べたエフェクターはきっと演奏を盛り上げてくれますよ。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年04月24日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【最強】ギターリストにおすすめのファズ(FUZZ)人気ランキング10選

【最強】ギターリストにおすすめのファズ(FUZZ)人気ランキング10選

楽器
RCAケーブルの人気おすすめランキング15選【音質を徹底比較!】

RCAケーブルの人気おすすめランキング15選【音質を徹底比較!】

AV・情報家電
アンテナケーブルの人気おすすめランキング15選【4K対応や人気のメーカーも!】

アンテナケーブルの人気おすすめランキング15選【4K対応や人気のメーカーも!】

AV・情報家電
【2021年最新版】XLRケーブルの人気おすすめランキング19選【キャノンケーブルとの違いは?】

【2021年最新版】XLRケーブルの人気おすすめランキング19選【キャノンケーブルとの違いは?】

楽器
【2021年最新版】名器!アナログミキサーの人気おすすめランキング10選

【2021年最新版】名器!アナログミキサーの人気おすすめランキング10選

楽器
【最強の音質を手に!】おすすめのU型イヤホン人気ランキング10選

【最強の音質を手に!】おすすめのU型イヤホン人気ランキング10選

その他生活雑貨