記事ID133331のサムネイル画像

筋トレやダイエットにおすすめ!ソイプロテインの人気ランキング10選

筋トレやダイエットなど幅広い用途で使用されている「ソロプロテイン」。大豆から作られており体に良さそうと選ぶ方も多いのではないでしょうか。ですがその種類は多く悩みがち。そこで今回はソロプロテインの選び方や、人気のおすすめ商品をランキング形式で紹介します。

ソロプロテインとは?

ソイプロテインとはその名の通り「ソイ(大豆)」からできています。大豆のたんぱく質部分だけを抽出して作られており、よく知られている「ホエイプロテイン」や「カゼインプロテイン」のような牛乳を主成分としたプロテインとは全く別物です。

 

プロテインと付いているので筋肉を付けるアスリートが飲むイメージがありますが、近年ダイエット等に効果的と女性の間でも人気が高まってきているんですよ。しかしいざ購入しようと思っても様々な種類のものが売られており、一体どれを選べばいいのか迷ってしまいませんか?

 

そこで今回は口コミと一緒にソイプロテインのおすすめランキングを紹介していきます。ぜひ参考にしながら自分に合っていそうな一品の購入を検討してみてはいかがでしょうか。

ソイプロテインの選び方

ソイプロテインのたんぱく質含有量で選ぶ(70%以上がおすすめ)

筋トレにせよダイエットにせよ栄養補給にせよ、最も重要視して欲しい栄養素はたんぱく質です。そもそもプロテインとはたんぱく質のことを言います。人間の身体を構成する筋肉や骨、歯、皮膚、血管、内臓、髪の毛などの多くはたんぱく質からできており、毎日代謝に使う新しいたんぱく質が必要となってきます。

 

このたんぱく質が足りないと肌や髪の毛のツヤやハリがなくなり、筋肉量が減って基礎代謝が落ち、太りやすくなってしまいます。また筋トレの場合は、運動後の筋肉を回復させる役割をしてくれるので多く摂取するのが理想的なのです。

 

そこでカロリーを抑えてたんぱく質を補えるソイプロテインが役に立ちます。飲みやすさや価格等いろいろありますが、できれば70%以上のものを選ぶと良いでしょう。含有量が高ければたくさん摂取する必要もないので、余分な脂質やカロリーを抑えることができます。

何を重要視するかでソイプロテインを選ぶ

味を重要視するか、筋トレを重要視するかで脂質や炭水化物の量も変わってきます。

味を重要視する(脂質多めがおすすめ)

脂質は味を大きく左右する場合がある栄養素と言えます。脂質の摂り過ぎは太る要因の1つ。摂り過ぎは避けたいものです。ですがやはりソイプロテインは長期間飲み続けてこそ効果を発揮するもの。いくら脂質を抑えたいからといって成分が低いものを選んだとしても、不味かったら続きませんよね。

 

脂質が太る要因といっても、1回につき1.5g程度の摂取であれば過剰に太ることはありません。多少許容すれば美味しく続けることができるので、長く飲み続けることができますよ。

 

筋トレを重視する(炭水化物多めがおすすめ)

ダイエット目的の方には向いていないですが、筋肉を付けたい方には炭水化物多めがおすすめです。体重1kgあたり1.2~1.4g程度摂取すると筋肉が付きやすくなりますよ。特にトレーニング前後に摂取するのがベストです。

 

もしソイプロテインを飲んでも筋肉が付かないと悩んでいる方は、もしかしたら炭水化物の摂取が少ないのかもしれません。ぜひパッケージの成分表を確認してみましょう。ただし炭水化物多めのソイプロテイン+食事の摂取は太りやすいので注意が必要です。

 

 

体重1kgに対し、たんぱく質1.2~1.4gが目安(中略)厚生労働省では、一日50gのたんぱく質を摂ることを推奨していますが、筋トレを始めた方で筋肉を増やすためには、体重1kgに対し、1.2〜1.4gを摂る必要があると中野さんは指摘します。体重が50kgなら、60g〜80gは必要、ということです。

出典:https://www.mylohas.net

ソイプロテインの味で選ぶ

ソイプロテインは長期間飲み続けることで効果を実感することができます。そのためやはり味は大変重要です。どんなに成分内容が良くても口に合わなかったら続けにくいですし、苦痛な時間にもなりかねません。特に初心者の方ほど味は重要視して選ぶのがおすすめです。

 

ソイプロテインは従来に比べて大変飲みやすくなっており、ストロベリー・ココア・バニラ等いろいろな味がラインナップされています。ですが商品によっては粉っぽかったり美味しくなかったりと口に合わないものもあります。

 

そのため最初は大量に購入するのではなく、少量タイプのものを買うようにしましょう。少量タイプで試してみて自分に合うものを見つけるのも良い方法です。または口コミやレビューを参考にしても良いでしょう。

筋トレに必要な成分でソイプロテインを選ぶ

筋肉を付けたい方はBCAAやグルタミンといった成分にも注目しましょう。より筋トレを効果的にするためにぜひ摂取したい成分です。サプリでの摂取もおすすめですが、面倒な場合はソイプロテインと一緒になっている商品を選ぶと良いでしょう。

BCAA

BCAAとは必須アミノ酸のことです。私たちの筋肉を構成するたんぱく質(筋たんぱく質)に含まれる必須アミノ酸の約35%を占めるなど、筋肉のエネルギー代謝に深く関わっています。

 

とくにBCAAは必須アミノ酸の中でも筋肉に使用される割合が非常に多いため、運動の関わりが深いアミノ酸と言われています。理由としては運動時にBCAAを摂取すると、それ自体がエネルギー源となり筋たんぱく質の分解を抑制してくれます。

 

また疲労対策にも効果的で、運動時に摂取すれば疲労感を軽減することができるのです。

食物中のたんぱく質を構成する必須アミノ酸に占めるBCAAの割合は約50%と高く、ヒトの筋たんぱく質中の必須アミノ酸のBCAAの割合は約35%にもなります。従って、筋肉づくりに果たすBCAAの役割は大きく、逆に、運動中に分解する量もかなりあると考えられています。

出典:https://www.glico.co.jp

グルタミン

グルタミンは「非必須アミノ酸」と呼ばれており、トレーニング後に摂取するのが特におすすめの栄養素です。なぜかと言いますとトレーニング中、トレーニング後の身体は筋肉分解が行われており、同時に筋肉修復も行われています。そのタイミングにグルタミンを摂取することで筋肉分解を抑制してくれるのです。

 

また運動することでエネルギーが消費され、エネルギー不足になってしまうことで疲労へと繋がります。そのような状態の身体にグルタミンにはグリコーゲン(エネルギーを一時的に体内に蓄積しておくための貯蔵庫)の回復などをサポートしてくれるのです。

ソイプロテインを摂取する目的で選ぶ

ソイプロテインは筋肉を付ける以外にも嬉しい効果がたくさんあるアイテムです。ソイプロテインがもたらすメリットを詳しく見ていきましょう。

ダイエット効果

ソイプロテインは女性に嬉しいダイエット効果にも期待できます。もともとソイプロテインは大豆から作られていることから食物繊維が豊富です。そのため非常に腹持ちが良く、満腹状態が長く続くという特徴があるのです。

 

さらにカロリーも抑えられているということからダイエット目的に摂取する女性の方が増えています。「筋肉を付けてムキムキになりたい」という方よりも「スリムボディを目指したい」という方にピッタリです。

皮膚や骨の強化

ソイプロテインの原料は「大豆」です。この大豆にはイソフラボンという高い栄養価が含まれており、人間の皮膚や骨を強化するのに大きな影響を与えています。ですがイソブラボンは大豆の0.2~0.3%ほどしか含まれておらず、意識しないとなかなか摂取できません。

 

そこでソイプロテインの登場です。ソイプロテインはイソブラボンを中心に摂取したい方向けの商品ではありませんが、少なからず体に取り入れることは可能です。特に普段から大豆製品を食べないという方にはおすすめですよ。

お腹をくだしにくい

牛乳を主成分としたプロテインを飲むとお腹を壊すという方がいらっしゃいます。原因は動物性たんぱく質(乳糖)です。乳糖を摂取することで腸が上手く吸収できず、下痢や腹痛を起こしてしまうのです。

 

ですが牛乳を主成分にしたプロテイン商品のパッケージには「乳糖〇g」といった表記はありません。(中には乳糖不使用と表記されているものもあります)そういった「乳糖不耐症」の方こそソイプロテインはピッタリ。大豆の植物性たんぱく質から作られているので安心して飲むことができます。

ソイプロテインの飲み方で選ぶ(味が苦手な方はタブレットタイプがおすすめ)

プロテインと聞くとシェイカーで溶かして飲むイメージがありませんか?ですがソイプロテインは溶かして飲むパウダータイプの他にもタブレットやゼリー、ドリンクタイプなどの種類もあるのです。

 

シェイカーをいちいち準備する必要がないので、手軽に摂取できるのが魅力。飲んだ後の洗う手間もありません。さらにパウダータイプでは摂取できないビタミンやミネラルも一緒に体内に取り込むことができるので、サプリメントとしての効果もあります。

 

コストはパウダータイプよりも高いですが、ソイプロテイン独特の匂い、味が苦手という方は一度チャレンジしてみる価値はあります。

ソロプロテインのコスパで選ぶ

長く摂取し続けるためにもやはりコスパは非常に大切になってきます。1日の飲む量と値段の関係を計算してから購入するようにしましょう。

1日に摂るべきたんぱく質

まずはたんぱく質を1日にどのくらい摂らなければいけないのか知りましょう。たんぱく質は1度にたくさんの量を摂っても吸収されにくい成分です。そのため1回10~20gを目安にし、1日3回程度飲むのが理想的となっています。

 

そうなると10g×3回で1日30g程摂取するということになります。パウダータイプで20gのたんぱく質を摂取する場合、液体とシェイクすると約200~300mlになります。(ザバスの場合)1日に摂取する内容量を計算して、お得な物を選ぶようにしましょう。

厚生労働省が発表している「日本人の食事摂取基準」では、18歳以上の男性は1日60g、18歳以上の女性だと1日50gのたんぱく質摂取を推奨しています。

出典:https://www.meiji.co.jp

コスパを重視するならパウダータイプ

味が苦手な方にはタブレットタイプもあると上記で紹介しましたが、コスパ面を考えるとあまりおすすめではありません。商品によりますが、たんぱく質を20g摂取したい場合、50粒以上のタブレットを飲む必要があるからです。

 

商品を例に出すと、1日30gのたんぱく質量を、下記のランキングでも紹介しているKentaiのパウダータイプ「100%SOY パワープロテインタブ 1.2㎏」と、タブレットタイプ「100%SOY パワープロテイン 900粒入」で摂取するとしましょう。

 

その場合パウダータイプは34日間で飲みきることになりますが、タブレットタイプの場合は30g=80粒となるため11日で飲みきることになります。ダントツでパウダータイプの方がコスパが良いですね。そのためタブレットを飲みたい方は、外出先や1度の摂取量を少量に留めるといった使い方の場合におすすめです。

ソイプロテインの人気ランキング10選

10位 Kentai(健康体力研究所) 『パワープロテイン プロフェッショナルタイプ 』

価格:3580円(税込)

長時間動き続けるアスリートをサポート!

体内で作ることができない9種類の必須アミノ酸をバランスよく含んだ、大豆たんぱく質100%のソイプロテインです。ビタミン、ミネラルもバランスよく加え、アミノ酸スコア100。

 

必須アミノ酸の理想パターンに適合した高たんぱく食品なので、たんぱく質(アミノ酸)を効率よく摂取することができます。さらに人工甘味料・香料不使用・糖類ゼロなので、アスリートの減量やシェイプアップにおすすめです

 

レビューを参考にすると、腹持ちが良く空腹感が起こりにくいそうです。ダイエットに活用できそうですね。味は大豆をそのまま粉にしたような感じで、飲んでいれば慣れるそうです。

豆乳風タイプパウダー
内容量1.2㎏特徴人工甘味料・香料不使用・糖類ゼロ

9位 540プロジェクト 『ソイプロテイン改』

価格:1798円(税込)

BCAA豊富なソイプロテイン

保存料・着色料・香料不使用のソイプロテインです。糖類を添加していないため低カロリー。そのため人工甘味料を気にしている方、ダイエット、体を引き締めたい方におすすめです。さらにBCAA豊富な大豆プロテインを使用しており、筋肉を付けたい方にピッタリでしょう。

 

原料が脱脂大豆とレシチンと無駄な物が入っていないシンプルな作りとなっています。そのため味はシンプルに豆乳風と言った感じです。豆乳に抵抗がない方は飲みやすいでしょう。コスパがとても高いので味が気にならなければとても良い商品です。

豆乳風タイプ

パウダー

内容量1㎏特徴保存料・着色料・香料不使用

8位 ウイダー 『おいしい大豆プロテイン コーヒー味 』

価格:2513円(税込)

大豆たんぱく質100%使用

植物由来の大豆たんぱく質を100%使用したソイプロテインです。さらに骨の形成に必要なカルシウム、腸管でのカルシウムの吸収を促進し、骨の形成を助けるビタミンDも配合されています。レビューでは、味はコーヒー味と記載されていますが、ミロと似たような味とありました。

 

また他のメーカーのものよりもざらつきが気にならず飲みやすいようです。ただ豆乳が苦手な方だと飲みにくいとあったので注意が必要です。

コーヒー味タイプパウダー
内容量800g(40食分)特徴大豆たんぱく質100%使用

7位 Kentai(健康体力研究所) 『100%SOYパワープロテインタブ 』

価格:3200円(税込)

手軽に飲めるタブレットタイプ

手軽に大豆たんぱく質が補給できるタブレットタイプのソイプロテインです。たんぱく質含有率は75%、さらに9種の必須アミノ酸、ビタミン11種類、ミネラル(カルシウム・鉄)も配合されている満足の設計となっています。

 

加えて健康志向の方には嬉しい人工甘味料、香料、着色料が不使用。身体作りに「必要な栄養素のみ」を徹底強化して作られています。普段の食事で不足する栄養素も補給できるので、サプリメントとしてもおすすめです。

 

レビューを参考にするとパウダータイプのソイプロテインが苦手な方に好評です。ですが1回に飲む量が10粒と多めなので(1日に2回摂取)、面倒な方には向いていません。

なしタイプタブレット
内容量900粒(1日20粒)特徴人工甘味料・香料・着色料不使用

6位  Kentai(健康体力研究所) 『ェイトダウン ソイプロテイン ココア風味』

価格:2980円(税込)

甘さ控えめココア風味

大豆たんぱくと食物繊維が配合されたソイプロテインです。毎日野菜を摂取するのが難しい方にピッタリで、身体作り含め、必要な栄養素を同時に手軽に補給することができます。さらにビタミン11種類、ミネラル(カルシウム・マグネシウム・鉄)も配合されており、身体の引き締めを内側からサポートしてくれます。

 

レビューを参考にすると、コスパや味、成分などの比較サイトでナンバー1評価だったようです。味は薄味ココアで甘さ控えめ。もったりとした感じの飲み心地なので腹持ちが良さそうです。甘いのが苦手な方におすすめの商品です。

 

ココア風味タイプパウダー
内容量1㎏特徴食物繊維配合・甘さ控えめ

5位 SAVAS(ザバス) 『シェイプ&ビューティ ソイプロテイン+コラーゲン ミルクティー風味』

価格:2977円(税込)

女性に嬉しいコラーゲン入り

引き締まった身体作りをサポートする「大豆プロテイン」と美容に嬉しい「フィッシュコラーゲン1500㎎」が配合されており、健康的なキレイを目指すことができます。さらに鉄、カルシウム、マグネシウムと11種類のビタミンも豊富に含まれているので、サプリメント代わりとしても飲むことができるのが魅力です。

 

味は女性に嬉しいミルクティー風味。低脂肪牛乳に混ぜるとよりマイルドになるのでおすすめです。レビューを参考にすると粉臭さや大豆の匂い等は気にならないようです。ですがたんぱく質含有量が少し少なめとありました。筋肉を付けるよりも、髪や爪にハリ、ツヤ、コシを求めている方に向いているかもしれません。

ミルクティー風味タイプパウダー
内容量700g(50色分)特徴コラーゲン配合

4位  ボディウイング 『大豆プロテイン 1kg 無添加 飲みやすいソイプロテイン』

価格:2100円(税込)

余計なものは入れない、厳選された原料のみ使用

原材料が脱脂大豆とレシチンのみというシンプルなソイプロテインです。糖類、保存料・着色料・香料不使用と余計な物が入っていません。糖類が添加していない分低カロリーなので、ダイエットや筋肉UPを考えている方にピッタリの商品でしょう。

 

他社よりも低価格ですが、高品質のみの原料を使っていますので安心して飲むことができます。レビューを参考にすると人工甘味料が苦手な方にピッタリなようで、飲みやすいとのこと。豆乳が飲める方は無理なく飲むことができるようです。もし飲みにくかったとしても牛乳やカルピス、ミルクティーと混ぜると美味しいようです。

豆乳風味タイプパウダー
内容量1㎏特徴無添加・アミノ酸スコア100・BCAA配合

3位 SAVAS(ザバス) 『ウェイトダウン チョコレート風味』

価格:3937円(税込)

飲みやすくて続けやすいチョコレート風味

大豆プロテインとガルシニアエキスを配合したソイプロテインです。大豆のたんぱく質は引き締まった身体作りをサポートし、減量したい体作りに役立ちます。さらに空腹感や体脂肪の蓄積を抑えるガルシニアエキスが配合。ダイエットをサポートしてくれる強い味方です。

 

レビューを参考にすると、粉っぽさはあるものの慣れれば気にならず美味しく飲めるとのこと。ガルシニアエキスが配合されているとありますが1杯100㎎と量が少ないので、あまり効果を実感しにくいようです。味はチョコレートですがかなり甘いとのこと。そのため甘いものが苦手な方には向いていないでしょう。

チョコレート風味タイプパウダー
内容量1050g(50食分)特徴ビタミン・ミネラル・ガルシニアエキス配合

2位  SAVAS(ザバス) 『ソイプロテイン100 』

価格:3453円(税込)

引き締めたい方向け!美味しいココア味

たんぱく質を原料として引き締まった身体作りをサポートするソイプロテインを100%使用しています。さらに身体作りには欠かせない7種類のビタミンB群と、体調維持に欠かせないビタミンCが配合されています。大豆が原料なため、植物性を求める健康志向ユーザーにおすすめです。

 

レビューを参考にすると他社製品よりも腹持ちが良く、筋肉への効果が感じられたという方がいらっしゃいました。飲み味はさらっとしており飲みやすく、ミロのような味わいのようです。混ざりやすいのでシェイカーを使わなくても混ざるとのことでした。

ココアタイプパウダー
内容量1050g(50食分)特徴7種類のビタミンB群+ビタミンC配合

1位 SAVAS(ザバス) 『ウェイトダウン ヨーグルト風味』

価格:3666円(税込)

ミネラル成分配合!人気のソイプロテイン

ヨーグルト風味のソイプロテインです。大豆たんぱく質に加えて減量時に不足しやすく、体つくりに欠かせない11種類のビタミンと、汗で失われがちなカルシウム・鉄・マグネシウムの3種類のミネラルも配合されています。1日2回摂取するだけでアスリートが1日に必要な分が簡単に補えてしまうのが魅力です。

 

レビューを参考にするとあまりヨーグルトという味ではありませんが、ソイプロテインの中では飲みやすく美味しいようです。牛乳や豆乳に混ぜて飲んでいる方が多かった印象でした。また専用のスプーンが付属されているので、毎回量って飲む必要がないので便利でしょう。減量効果を実感されている方が多かったです。

ヨーグルト風味タイプパウダー
内容量1050g(50食分)特徴11種類のビタミン・3種類のミネラル配合

まとめ

ソイプロテインの選び方やおすすめの商品を紹介しましたがいかがでしたか?一口にソイプロテインといっても味や栄養素、種類などいろいろな特徴がありましたね。最初は何が自分に合うのか分からないので、いろいろ少量タイプのものを試してみることがおすすめです。ぜひ自分にピッタリのソイプロテインを見つけて、ダイエットや筋トレに役立てて下さい!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ