記事ID133328のサムネイル画像

【DIYでも人気】テーブルソーのおすすめランキング10選【木工作業ではマストアイテム!】

テーブルソーといえば木工作業の花形ともいえる作業を行える工具です。大きさも非常に大きい物から卓上で使用できる小型なものまで販売されています。日本では丸ノコ盤とも言われており最近ではDIYでも使用する人も多いです。今回はテーブルソーの種類や選び方を紹介します。

テーブルソーは木工ファンにとって憧れの工具である

テーブルソーは名前の通りテーブルの真ん中に刃を取り付けて木材などを切断する工具で木工作業の花形と考える人も多くいるほど人気の工具です。しかし商品によっては非常に大型になることもあり日本では簡単に設置できないのが現実です。

 

しかしテーブルソーは小型のサイズも多く販売されておりDIYなどで使用する分には小型サイズでも十分と考える人も多く人気もあります。またテーブルソーの中には木工専用の他にも金属にも使用できるタイプもあり様々な種類が販売されています。

 

小型テーブルソーの中には卓上で使用できるタイプやミニテーブルソーとして非常にコンパクトなサイズもあり今回は主に小型テーブルソーを中心に紹介することになります。

テーブルソーの選び方

テーブルソーは様々な種類が販売されていますが主に使用する目的は素材の切断という部分では全て一緒となります。そのためデザインなどの見た目を除けば、性能での違いをしっかりと確認してから購入する必要があります。

テーブルソーの種類から選ぶ

テーブルソーの種類はしっかりと区分化されていないですが、一般的に分けられている種類で選ぶことも大事なポイントです。種類によってはサイズなどに大きな違いが出てくるので自分の環境に合った種類を選ぶようにしましょう。

横切り盤から選ぶ

横切り盤と呼ばれるテーブルソーはサイズが非常に大きく日本ではプロの作業場などでしか見かけることは無いかもしれないほどです。重量も100kgを軽く超えるものが多く基本的に横方向にしか切断が出来ないのが特徴と言えます。

 

まさにプロが使用する工具といった種類でDIYなどの趣味で使用している方は日本ではあまりいないかもしれませんが切断の精度は素晴らしく現在でも高い値段で取り引きされることも多い人気の種類です。

昇降盤から選ぶ

昇降版は名前の通りテーブルが昇降するタイプで刃の出幅を調節できるテーブルソーです。こちらの種類も横切り盤ほどではないにしてもサイズが大きいテーブルソーであることが多いのが特徴です。

 

本格的な木工作業をする場合にも使用されることがあるので一般家庭でもDIYや木工を趣味とする方で所持している人もいる種類です。とはいえこちらの種類も高額になることが多くまだまだ普及しているとは言い難い種類です。

小型テーブルソーから選ぶ

小型テーブルソーは種類によっては自宅の中でも作業が出来る商品もあり一般家庭でも所持している人が多い人気のテーブルソーです。性能も良く角度切りが出来る商品やしっかりと集塵機が付属できる商品もあります。

 

小型テーブルソーの中でも種類が豊富で木工専用であったり金属が切断できるモノであったり自分の環境に合わせやすいのも特徴です。

テーブルソーの性能から選ぶ

テーブルソーはパワーや刃の回転速度、切断できる資材など性能面での違いが大きく差を分ける工具なのでしっかりと性能面もチェックしてから購入するようにしましょう。

消費電力から選ぶ

商品電力は主にワット数で記載されていますが、簡単にパワーの目安としても判断できるのでパワーが強いテーブルソーが欲しいなら消費電力が高い商品を選ぶようにしましょう。その分どうしても電気代が気になるところですが、パワーがないと切断する力が弱く作業自体がストレスになる可能性もあります。

 

そのため小型の資材用として使用するならワット数は気にしなくても大丈夫ですが長いモノや大きいモノを切断する場合などはしっかりとチェックしておきましょう。

刃の回転速度から選ぶ

テーブルソーは日本では丸ノコ盤とも言われていることから刃の回転速度で作業の時間効率が変わります。そのためスピーディーに作業を行いたい場合はこの刃の回転速度にもしっかりとチェックしておくのがおすすめです。

 

現在は小型テーブルソーやミニテーブルソーでも回転速度が変更できる商品も多く販売されているので自分の作業する環境や資材なども考慮してチェックするようにしましょう。

定格時間から選ぶ

定格時間というのは簡単に説明すると連続して使用できる時間ということです。そのためこの時間以上に連続して作業した場合は故障などの原因になるので注意が必要です。大体が15分~30分となっている場合が多いです。

 

この定格時間は切断したい資材などが大きかったり長いとどうしても長くなってしまうので自分がどういった大きさの資材を切断するかで決める必要があります。小型テーブルソーなどの場合はそこまで大きい資材は切断しないので15分でも十分と言えます。

集塵ポートが付けられるものから選ぶ

テーブルソーの中には集塵機が接続できるものや標準装備として集塵ポートが付属している場合がああります。主に木工用として使用する事が多いテーブルソーは木材を切断した際に木クズが大量に出ることが多いです。

 

そのため屋内などで使用する場合じゃなくても集塵ポートが付けられるタイプを選ぶようにするのがおすすめです。こうすることで木クズなどがしっかりと掃除されるので木クズを気にすることなく作業に集中できます。

テーブルソーは完成品を購入するだけじゃない

テーブルソーは完成した商品を購入する以外にも手にする方法があります。今回はその方法について紹介します。

自作のテーブルソーもアリ

テーブルソーは簡単に言うと大きいテーブルの真ん中に刃を取り付けた電動工具であることからDIYなどに慣れた人やプロならば自作することも可能です。そのためインターネットなどには自作している動画や自作マニュアルを載せているサイトなども多くあります。

 

そのため自分だけのオリジナルのテーブルソーが欲しい人やサイズやパワーなど自分好みにしたい場合には自作もおすすめです。もちろん、それなりに技術や工具が必要ですが。また商品として自作キットなども販売されているので気になるかたはチェックしてみてはいかがでしょうか。

レンタルという手もアリ

テーブルソーをレンタルしてくれている業者もいます。あまり長期的に使用する必要がない場合や試しに使ってみたいといった場合には非常に便利なので、まずレンタルして使用してから購入するか決めるといった人も多いようです。テーブルソーは大型なため家族から反対されることも多いのでまずはレンタルして有用性を説いてから説得する人も多くいます。

人気のテーブルソーのランキング10選

ここから人気のテーブルソーのランキングを紹介します。どうしても大型のものはランキングに載せることができなかったので100kgを超えるような大型が欲しいという方はぜひ専門店に行ってみてください。

第10位

STaXTOOL

テーブルソー

価格:60,000円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ダストポートが標準装備されていて使いやすいテーブルソー

こちらの商品はテーブルのサイズが幅765mm×奥行535mmと大きいですが収納の際にはリップフェンスとマイターゲージ、レンチ、そして電源コードは本体にスッキリと収納することが出来るので邪魔になりにくいです。

 

また切断可能な幅も340mmですがテーブルの右側のエクステンションウィングを拡張すれば最大で600mmを超えるのもおすすめのポイントです。またテーブルソー使用時に非常に危険な現象であるキックバック防止機能も付いているので安心して使用できます。

 

ダストポートを標準装備しており、65mmの集塵ポートを装備しているので木くずに悩まされることもありません。フェンスにマイクロアジャスト機能が付いているので微妙な位置調整も問題なく出来るのも人気の理由で、最大切断高も89mmとなり十分な高さを確保しています。

サイズメインテーブル 幅765mm×奥行535mm重量42kg
消費電力1800W定格時間
刃の回転速度4500min-1(回転/分)
第9位

ホーザン(HOZAN)

卓上丸鋸盤 K-210

価格:40,491円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

木材だけではなく金属なども切断可能な卓上型テーブルソー

木材や基盤だけでなく金属やプラスチックなども切断可能なテーブルソーです。卓上型なので使い勝手が良く非常に人気が高いです。また刃の角度調節が可能で斜め切りも出来るのもおすすめのポイントです。

 

回転数も3500~6000rpmの中で無段階調整が可能で、加工品や作業の種類によって自由に変えれるのも人気の理由となっており、サイズもコンパクトで重量も6kg弱しかないので持ち運ぶ際や収納にも困ることはありません。

 

刃の角度が45度°まで調節が可能で角度切りが可能なので本格的な作業からDIYなど幅広い場面で活躍してくれます。レビューでも静かで使いやすいという声もあり、高い評価を得ている商品です。

サイズ300(補助テーブル最伸長時500mm)重量5.8kg
消費電力200W定格時間15分
刃の回転速度(rpm):3500~6000
第8位

エボリューション

210mm 2WAY丸ノコ 【万能卓上丸ノコ&木工専用テーブルソー】 FURY6

価格:19,992円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

万能卓上丸ノコとテーブルソーの1台で2役

こちらの商品は卓上丸ノコとしても使用可能で木工用のテーブルソーとしても使用できる2種類の使い方が可能な万能工具です。テーブルソーとして使用する場合は木工専用なので金属など木材以外では使用が出来ないので注意が必要です。

 

定格時間が30分と他の製品と比較しても長めなので長時間の作業など大きな材質に対して作業する場合でも問題なく使用できるのもおすすめのポイントです。価格もリーズナブルなので手を出しやすいのも人気の理由です。

 

テーブルソーモードでは切断深さ(最大厚み)32mmまで切断可能です。レビューでもDIYで使用するならパワーも十分で2種類の使い方が出来るので重宝しているといった声や小型のテーブルソーとして満足しているとの声があり人気が高いです。

サイズ梱包サイズは36 x 22 x 30 cm重量8.2kg
消費電力1050W定格時間30分
刃の回転速度500rpm
第7位

プロクソン (PROXXON)

スーパーサーキュラーソーテーブル No.28070

価格:31,674円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

無段電子コントロール付きで回転数を調節可能な小型テーブルソー

付属品として集塵ポートが付属しているので切り屑の心配をあまりしなくていい人気の小型の卓上型テーブルソーです。直線切りガイドと角度切りガイドも付属しているのもおすすめのポイントです。

 

ブレードの高さも調節が可能で45°まで角度も調節できるのも人気の理由です。本体のサイズはコンパクトですが横幅は最大で500mmまで伸縮可能で少し長い素材でも作業しやすいようになっています。

 

重量は6kg弱しかなく保管の際にも邪魔になりにくいのもおすすめです。レビューでも使いやすいといった声や小型テーブルソーとしては抜群に重宝していますといった声もありとても人気があります。

サイズ横300×奥行260×高さ170mm(横幅は500mmまで伸縮します。)重量7kg
消費電力200W定格時間15分
刃の回転速度3500~6000min-1(回/分)(無段電子コントロール付)
第6位

HiKOKI (ハイコーキ)

テーブル丸のこ C10FE

価格:59,200円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

信頼と実績のあるHiKOKIのテーブルソー

切込み深さが直角だと0~70mmまで幅があり、角度が45°の状態ですと55mmまで可能な使い勝手の良いテーブルソーです。テーブルのサイズが大きいので広いスペースで作業が出来るのがおすすめのポイントです。

 

サブテーブル無しでもサイズが494×500mmもあり、サブテーブル有の場合だと幅が856×500mmとなるので非常に大きいです。重量も25kgを超えるので購入する際は注意が必要です。

 

回転数は1分で5000回転と高速でスピーディーに作業が可能ですがレビューでは音が少し大きいので作業する場所を選ぶ必要があるという声がありますが作りや精度は満足しているという声もあり総合的に高い評価を得ている商品です。

サイズテーブル寸法:幅856×長さ500mm(サブテーブルなし494×500mm)重量25.4kg
消費電力1330W定格時間
刃の回転速度5,000min-1
第5位

イーバリュー(E-Value)

木工用テーブルソー 255mm ETS-10KN

価格:18,900円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コストパフォーマンスに優れているテーブルソー

重量が14kg前後あり、サイズもスタンド付きで奥行580×幅660×高さ980mmと少し大きいので使う場所を選ぶ必要があるテーブルソーです。しっかりと集塵機接続排気口が付いているので掃除機などを接続すれば切断した屑を気にする必要もありません。

 

切り込みの深さは76mm/90度・63mm/45度となっているので使いやすくテーブルは軽量・丈夫なアルミダイカストテーブルを採用しているのもおすすめのポイントです。強力なモーターを使用しているので長い材質なども切断可能です。

 

サーキットブレーカー付きなので安全に使用ができるのも人気の理由で、レビューでも値段を考えても非常に良い買い物だったという声があり高い評価を得ています。

サイズ奥行580×幅660×高さ410mm スタンド付時奥行580×幅660×高さ980mm重量14kg
消費電力1430W定格時間
刃の回転速度
第4位

NovelLife

ミニテーブルソー卓上小型DIY木工用モデル切削工具電源付き80mm HSS丸鋸刃

価格:13,899円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自宅でも使用できるミニテーブルソー

こちらの商品は木工用のミニテーブルソーでDIYなどの作業に非常に向いている人気の商品です。刃の回転数は3800RPMと高速回転であり騒音も他の製品に比べても静かなのが特におすすめのポイントです。

 

テーブルにはマイターゲージと防護フェンスが付いているので作業しやすいのも人気の理由でサイズも非常にコンパクトで重量も2.4kgしかないので保管する際にも邪魔にならずに作業したい時にスッと取り出せるで便利です。

 

回転速度が7段階に調節できるので作業に合わせて調節することが出来ます。レビューでもとても良い買い物でしたという高い評価を得ており人気の高さが窺えます。

サイズ23X18X7cm重量2.4kg
消費電力96W定格時間
刃の回転速度3800RPM
第3位

SK11(エスケー11)

木工用テーブルソー 最大幅1000×奥行570mm STS-255ET 刃径255mm チップソー付き

価格:21,325円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

強力モーターの木工用テーブルソー

1470Wの強力モーターを搭載した木工用のテーブルソーで大きくて長い材質の切断も問題なく出来る便利さがおすすめのポイントです。集塵機接続口付きなので切り屑の処理も問題ないのも人気の理由です。

 

切断角度はハンドルを回すだけで調節が可能で45°~90°まで出来ます。刃の昇降に合わせて安全カバーが連動するので安心して作業が出来ます。定格時間も30分と長いので長時間の作業も苦になりません。

サイズ幅720×高さ470×奥行640mm重量16.5kg
消費電力1470W定格時間30分
刃の回転速度4000min-1
第2位

パオック

木工用スタンド付テーブルソー TBS-255PA

価格:20,000円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スタンド付きの便利なテーブルソー

作業者以外が勝手に作動させることを防ぐ安全キーを設けており、モーターに負荷がかかるとサーキットブレーカーが働くので安全に作業が可能です。しっかりと解説書と説明書が付属しているのもおすすめのポイントです。

 

直線切りはもちろん、角度切りに板切りも可能で傾斜切りも出来ます。刃の回転速度は最高で5000min-1となっているのでスピーディーに作業が可能で定格時間も20分あるのでどんな素材も問題なく切断できます。

サイズ幅660×奥行600×高さ865mm重量18.3kg
消費電力1400W定格時間20分
刃の回転速度5000min-1
第1位

プロクソン (PROXXON)

ミニサーキュラソウテーブルEX NEXモデル小型卓上丸鋸盤 No.27006

価格:10,491円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトでも使い勝手が非常に良い

本体テーブルにアルミダイカストを使用しているので軽量で耐久性も高いです。またサイズはミニというだけありコンパクトで重量も軽いので保管したりする際も邪魔にならず使用する際もサッと取り出せるのでおすすめです。

 

刃のスピードは1分で3500回転あるのでスピーディーに作業が可能で定格時間も15分と卓上型としては十分な時間が確保されています。直線切りと角度切りが可能で木材だけでなく軽金属やプラスチックの切断も可能です。レビューでも入門編としてピッタリな商品で細かい作業に重宝していますといった声があり人気が高いです。

サイズ梱包サイズは30.1 x 19.9 x 14.2 cm重量2.25kg
消費電力90W定格時間15分
刃の回転速度3500回/分

テーブルソーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4916295の画像

    プロクソン (PROXXON)

  • 2
    アイテムID:4916287の画像

    パオック

  • 3
    アイテムID:4916283の画像

    SK11(エスケー11)

  • 4
    アイテムID:4916278の画像

    NovelLife

  • 5
    アイテムID:4916276の画像

    イーバリュー(E-Value)

  • 6
    アイテムID:4916274の画像

    HiKOKI (ハイコーキ)

  • 7
    アイテムID:4916270の画像

    プロクソン (PROXXON)

  • 8
    アイテムID:4916265の画像

    エボリューション

  • 9
    アイテムID:4916242の画像

    ホーザン(HOZAN)

  • 10
    アイテムID:4916233の画像

    STaXTOOL

  • 商品名
  • ミニサーキュラソウテーブルEX NEXモデル小型卓上丸鋸盤 No.27006
  • 木工用スタンド付テーブルソー TBS-255PA
  • 木工用テーブルソー 最大幅1000×奥行570mm STS-255ET 刃径255mm チップソー付き
  • ミニテーブルソー卓上小型DIY木工用モデル切削工具電源付き80mm HSS丸鋸刃
  • 木工用テーブルソー 255mm ETS-10KN
  • テーブル丸のこ C10FE
  • スーパーサーキュラーソーテーブル No.28070
  • 210mm 2WAY丸ノコ 【万能卓上丸ノコ&木工専用テーブルソー】 FURY6
  • 卓上丸鋸盤 K-210
  • テーブルソー
  • 特徴
  • コンパクトでも使い勝手が非常に良い
  • スタンド付きの便利なテーブルソー
  • 強力モーターの木工用テーブルソー
  • 自宅でも使用できるミニテーブルソー
  • コストパフォーマンスに優れているテーブルソー
  • 信頼と実績のあるHiKOKIのテーブルソー
  • 無段電子コントロール付きで回転数を調節可能な小型テーブルソー
  • 万能卓上丸ノコとテーブルソーの1台で2役
  • 木材だけではなく金属なども切断可能な卓上型テーブルソー
  • ダストポートが標準装備されていて使いやすいテーブルソー
  • 価格
  • 10491円(税込)
  • 20000円(税込)
  • 21325円(税込)
  • 13899円(税込)
  • 18900円(税込)
  • 59200円(税込)
  • 31674円(税込)
  • 19992円(税込)
  • 40491円(税込)
  • 60000円(税込)
  • サイズ
  • 梱包サイズは30.1 x 19.9 x 14.2 cm
  • 幅660×奥行600×高さ865mm
  • 幅720×高さ470×奥行640mm
  • 23X18X7cm
  • 奥行580×幅660×高さ410mm スタンド付時奥行580×幅660×高さ980mm
  • テーブル寸法:幅856×長さ500mm(サブテーブルなし494×500mm)
  • 横300×奥行260×高さ170mm(横幅は500mmまで伸縮します。)
  • 梱包サイズは36 x 22 x 30 cm
  • 300(補助テーブル最伸長時500mm)
  • メインテーブル 幅765mm×奥行535mm
  • 重量
  • 2.25kg
  • 18.3kg
  • 16.5kg
  • 2.4kg
  • 14kg
  • 25.4kg
  • 7kg
  • 8.2kg
  • 5.8kg
  • 42kg
  • 消費電力
  • 90W
  • 1400W
  • 1470W
  • 96W
  • 1430W
  • 1330W
  • 200W
  • 1050W
  • 200W
  • 1800W
  • 定格時間
  • 15分
  • 20分
  • 30分
  • 15分
  • 30分
  • 15分
  • 刃の回転速度
  • 3500回/分
  • 5000min-1
  • 4000min-1
  • 3800RPM
  • 5,000min-1
  • 3500~6000min-1(回/分)(無段電子コントロール付)
  • 500rpm
  • (rpm):3500~6000
  • 4500min-1(回転/分)

まとめ

人気のテーブルソーをランキング形式で紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。日本では庭などが狭い家庭が多いため大型のテーブルソーを一般家庭で使用する機会は中々ありませんが、ランキングでも分かる通り小型のテーブルソーは非常に人気なのでDIYなどを趣味とする方はぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ