記事ID133262のサムネイル画像

【読者を惹きつける】人気の百田尚樹おすすめ人気ランキング10選

話題の百田尚樹作品。興味は湧いても何がおすすめかわからなくて、読み始めるにも何を選んだらいいのか悩んでしまっている人もいるのではないでしょうか。今回はそんなお悩みを解決するために、百田尚樹作品の選び方や、人気のおすすめ作品をランキング形式でご紹介します。

百田尚樹の魅力とは

百田尚樹は新作が出るたびに話題になるだけでなく、その発言でも注目を集める小説家です。テレビ番組の放送作家としてキャリアを積み、番組構成なども手がけつつ永遠の0で小説家デビューを果たしました。

 

デビュー以来ヒット作を連発している百田尚樹は、さまざまな形式の小説やその他の書籍を発表しており、その著作数も豊富にあります。そのなかでも最初に読む百田尚樹作品としておすすめな著作を口コミと一緒にランキング形式で紹介していきます。興味の湧く作品があれば購入を検討してみてはいかがでしょうか。

百田尚樹作品の選び方

百田尚樹作品の多くの作品の中で最初に読む作品はどう選べば良いのでしょうか。百田尚樹作品の選び方のポイントを紹介していきます。

ジャンルで選ぶ

政治や歴史の話題で有名な百田尚樹ですが、作品のジャンルは幅広く名作と呼ばれる小説も数多くあります。ここでは百田尚樹作品の様々なジャンルについて見ていきます。

歴史小説

百田尚樹作品の中で人気があるのが、歴史を題材にした小説です。中でも近代がテーマの小説に人気が集まっていて、その時代に生きる人間の心の動きを巧妙に描写しています。また、背景や物語を色濃くする詳細な描写など、バランス良く盛り込まれていて、それが物語に引き込まれる要因になっています。

 

近代や現代をテーマにした小説が多い中、百田尚樹作品には江戸時代を背景とした時代小説も代表作の中にあり、純粋な人間の想いを描写しています。その時代ならではの言葉が難しく感じる面もありますが、的確な描写なので流れよく読むことができます。

動物目線の小説

動物や虫が主人公の小説には、社会という現代における日本や人に置き換えて考えられるテーマが盛り込まれています。主人公の動物や虫の生活を通して、目の前に突きつけられる問題に対処をしていく様が描かれていて、読みやすさがありながらも読み終わった後に残るものがあります。

 

動物に置き換えることで現実を薄めつつも問題提起する作品や、虫の目線からその世界と社会を描いた作品は、読みながら小説の中で息をしている感覚にもなれます。描写力の高い百田尚樹作品を感じられる小説です。

人間味あふれる小説

百田尚樹作品の多くは、人間性を見事に描写しながら物語が進んでいきます。人の奥にある感情を引き出しつつ、的確な言葉で表現することで、自然にその意味を受け取ることができます。また、複雑な感情を持つ人間をその背景とともに描写することで、より深い世界観を出しています。

 

様々なジャンルがある百田尚樹作品では、人物の年齢や背景などがそれぞれに特徴を持っています。淡々とした場面から非常に感情的な場面まで、絡み合う感情を非常に人間味のある表現で書いています。

エンターテイメント小説

百田尚樹作品で人気を集めているのがエンターテイメント性のある小説です。ドラマチックに進んでいく物語にのめり込むことができ、描写や言動に心が揺り動かされます。中には難しい表現や描写もありますが、読み進めていくと自然とその内容も入ってきて納得することができる巧さがあります。

 

映画化された作品もあり、本を読み終わったあとにそれを観ることでさらに作品を違った方向から理解する楽しみ方もできます。テーマが難しく、手に取りづらいという作品もありますが、基本的に読みやすく物語に没頭出来るのが百田尚樹作品です。

百田尚樹作品の長さで選ぶ

百田尚樹作品は、長編小説が有名ですが、短編小説もありその長さは様々です。興味を持ち続けられる読みやすい長さの小説を選びます。

長編の小説

百田尚樹作品の代表作の中で多くを占めているのが長編小説です。中には海賊と呼ばれた男などの長編大作もあります。百田尚樹作品は物語の進め方の巧さから、ページ数の多い作品を読んでいても、スムーズに読み進めることができるのが特徴です。

 

物語の中で繰り広げられるドラマにのめり込むことができる長編小説は、百田尚樹作品そのものを知ることができ、最初の一冊としておすすめです。言葉の巧さから構成力、背景の表現力などのすべてを感じることができるのが長編小説です。

短編の小説

長編のイメージのある百田尚樹作品ですが、読みやすいい長さの短編小説もあります。短編小説集として幸福な生活があり、18篇の短編が収録されています。読む時間が限られていたり、長編小説は最後まで読み終えることができるか不安という方におすすめです。

 

百田尚樹の短編小説は、長編小説と同じくジャンルも様々人間の心を巧く描写しています。自分や周りの人間に投影したり、物語に入り込んだりと短編小説でも十分に楽しむことが出来ます。あっと驚くようなギミックもあり、エンターテイメント性も短編小説に盛り込まれています。

小説の雰囲気で選ぶ

百田尚樹作品はシリアスな作品もありますが、読み終わった後にすっきりとするような作品もあります。読みたい雰囲気の小説で選びます。

生きることは素晴らしいと思える作品

百田尚樹作品には、読み終わった後にいいものを読んだなと思える小説が多くあります。物語の時代背景や人物像、それに発言などを自分自身に投影することで、日常の世界の見方を変えさせてくれる魅力があります。特に生きるというテーマがある作品にはそれが如実に感じられます。

 

物語の中で挫折を味わい暗い気分に浸ったり、逆に熱い感情が湧き上がって高揚したりと感情の動きを感じることによって、作品の中でだけでなく、読み終わったその瞬間に残っている感情を楽しむことが出来ます。

考えさせられる作品

エンターテイメント性のある小説が代表作としてある百田尚樹作品には、過去や現在における問題を物語に反映した小説もあり、読み進めるうちに考えさせられる場面に突き当たることもしばしばあります。読者に考える余地を与えるように問題提起しているので、一度立ち止まって自分の考えを整理しながら読むことも出来ます。

 

カエルが主人公のファンタジーであるカエルの楽園は、日本の国際問題をテーマにしたような作品で、現代における日本のあり方を物語を楽しみながら、考えていくことが出来ます。

百田尚樹作品の人気ランキング10選

10位 新潮社『カエルの楽園』

価格:980円(税込)

平和を求めるカエルの物語

平和に暮らせる楽園を求めて旅をするアマガエルの主人公たちは、平和で豊かな国ナバージュにたどり着いた。そこでは戒律を守って心優しいツチガエルが暮らしていた。しかしある事件が起こり平穏な暮らしに影が差すという物語です。壮大なファンタジー平和を題材とした作品です。

 

レビューを参考にすると、面白いし考えさせられる、今の日本の課題を鋭く指摘している、深い内容と様々な意見が見られました。日本の国際問題を投影しているかのような物語で、日本の現状を当てはめることで日本の政治に関して考えてることが出来る作品です。政治に関心のある方にもおすすめです。

出版年2016年種類長編小説
ページ数256ページ特徴ファンタジー

9位 講談社『風の中のマリア』

価格:1620円(税込)

オオスズメバチが見た昆虫の世界

オオスズメバチの視点から描いた作品で、ドキュメンタリータッチのリアルな描写が特徴です。物語は淡々と進んでいく形体をとっていて、オオスズメバチの女王が日々見ている世界とその他の昆虫の生態などが詳細に書かれています。昆虫のことを学びながら読める作品です。

 

レビューを見てみると、切ない気持ちになるが引き込まれて一気に読んでしまった、興味深く読めた、参ったと言うしか無いと高い評価が得られています。オオスズメバチの女王である主人公の短い生涯を一冊にまとめていて、学術的にも小説としても質の高い作品です。日常とは違う世界を覗いてみたいと思う方におすすめです。

出版年2011年種類長編小説
ページ数258ページ特徴昆虫の視点

8位 講談社『ボックス!』

価格:700円(税込)

ストレートな熱血青春小説

高校のボクシング部を舞台にした青春物語です。天才と努力家の幼馴染2人がボクシングを通して織りなす青春の日々と、とりまく人々との関係を描いています。ボクシングの詳細な説明や描写があり、ボクシングをよく知らなくても読み進めることが出来る作品です。

 

レビューを見てみると、テンポが良くて読み進められる、ドラマを観ているような感覚、どんどん引き込まれると高い評価を得ています。主人公だけでなくその他の登場人物も魅力的に描かれていることもあり、小説全体を通して興味深く読み進められる作品です。爽やかな気分になりたい方におすすめです。

出版年2013年種類長編大作
ページ数408ページ特徴青春物語

7位 太田出版『夢を売る男』

価格:1412円(税込)

自費出版のブラックコメディ

自費出版業界を題材に現代人の欲望を描いた笑いと涙のブラックコメディです。自費を出して著書を出版させようと言葉巧みに勧誘する出版社は、売れても売れなくても客を集めることで甘い汁を吸っている。出版社と客のやりとりをそれぞれの欲と共に社会的問題を交えながら巧妙に描いた作品です。

 

レビューを参考にすると、全体の構成がうまくできている、最後にはポロっと感動した、あっという間に読み終えてしまったと高い評価が見られます。自費出版の裏側だけでなく、出版業界の現在などにも触れているなど、内容の濃い一冊です。笑いや感動などがあり面白く読みたい方におすすめです。

出版年2015年種類長編小説
ページ数284ページ特徴コメディ

6位 祥伝社『幸福な生活』

価格:1620円(税込)

驚きを閉じ込めた短編小説集

百田尚樹の短編小説を18篇まとめた短編集です。それぞれの物語は短く映画でいうショートショートのような作りで、最後の1行だけ別ページに収める作りになっています。衝撃のラスト1行はどの作品もあっと驚かされる百田尚樹の巧さが光ります。

 

レビューを見てみると、日常生活の疲れをほぐしてくれる、短編集なので楽な気持ちで読めた、心理的にひやっときたなど様々な評価が見られます。短編集ならではの読みやすさと最後の1行のギミックとで、興味を持ちながら最後まで読める作品です。気軽に百田尚樹作品を読んでみたいという方におすすめです。

出版年2013年種類短編小説
ページ数274ページ特徴短編小説集

5位 講談社『影法師』

価格:1728円(税込)

人間の純粋な気持ちを描いた時代小説

江戸時代の武士を描いた作品で、不器用なほど真っ直ぐな友情と親友の不遇の死はなぜ起こったのかという謎を追いながら進んでいく物語です。時代小説を書いたことが無かった百田尚樹が研究を重ね、主人公が生きた時代を詳細に描きながら、人間の純粋な気持ちを描いた小説です。

 

レビューを参考にすると、涙があふれて止まらない、素晴らしい人間模様に感動できる、最高級の傑作時代劇と高い評価を得ています。美しい友情だけでなく、困難に立ち向かう姿など人間としてあるべき姿を伝えている作品です。

出版年2012年種類長編小説
ページ数338ページ特徴時代小説

4位 幻冬舎『日本国紀』

価格:1800円(税込)

独自の発展を遂げてきた日本の歴史

歴史資料から日本がどのように作られ、どういった経緯で現代に至るまでを百田尚樹の推論や研究者の意見、歴史的事実などをふまえながら書いた作品です。教科書には載らないような細かな史実もあり、日本人とは何者で日本とはどんな国なのかを改めて考えることが出来る内容です。

 

レビューを参考にすると、日本の歴史をわかりやすく解説していてわかりやすい、日本が好きになる、思想への誘導もなく安心して読めるという高い評価が見られます。生まれ育った日本のことをもっと知っておきたいという方におすすめです。

出版年2018年種類日本通史
ページ数509ページ特徴歴史

 

3位 講談社『海賊とよばれた男』

価格:1400円(税込)

戦後の情熱的な男を描く

敗戦で一代で築き上げてきた財産の殆どを失った主人公が、日本人の誇りを胸に石油を武器にして世界に立ち向かう物語です。出光興産の社長がモデルの物語で、敗戦から立ち直る日本の姿主人公の挑戦を描いた作品です。

 

レビューを見てみると、真っ直ぐな心をもって仕事に励む姿が清々しい、生きることに自身が持てた、興奮と感動であっという間に読み終えたという高い評価が見られます。苦境をものともせず、社員を守りながらも果敢に挑戦していく姿に感動できる作品です。ビジネスマンにおすすめの一冊です。

出版年2012年種類長編大作
ページ数386ページ特徴歴史

2位 幻冬舎『モンスター』

価格:782円(税込)

恐ろしさと悲しさが同居した物語

生まれながらにして醜く周囲からも蔑まれていた主人公は、ある事件を起こし街を追われ顔を変えるために整形手術を繰り返しすることで美しい見た目になりました。しかし内面は変わることなく疲弊していくうちに、初恋の男性に対する情念が再び蘇ってきます。愛を求める悲哀に満ちた女性を描いた小説です。

 

レビューを見てみると、主人公の人物像が魅力的、まるで映画を観ているような感覚になったと高い評価が得られています。美しさを求める主人公の内面の感情をリアルに描いていて、読んでいるうちに引き込まれてしまう魅力のある作品です。

出版年2012年種類長編小説
ページ数494ページ特徴サスペンス

1位 講談社『永遠の0』

価格:946円(税込)

涙がとまらない名作

娘に会うまでは死なないと命を大切にしていた祖父が、なぜ特攻隊員になったのかを新聞社の終戦記念プロジェクトで、フリーライターである孫娘が解き明かしていく物語です。当時の時代背景や戦争の壮絶さ、人間性などを細かな描写で表現している、リアリティが感じられるフィクションの作品です。

 

レビューを参考にすると、戦争時の状況がよくわかった、感動で涙がとまらないなど高い評価が多く見られます。戦争の愚かさ人間の闇などが具体的に表現されていて、その当時の状況を読み取ることができます。映画を一度観たことがある方にも、文字からでしか感じられない面もあるのでおすすめです。

出版年2009年種類長編小説
ページ数608ページ特徴歴史

まとめ

ここまで百田尚樹作品のおすすめ人気ランキング10選を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。なにかと話題の百田尚樹ですが、作品には多様性があり、心を揺さぶられながら興味を持って読み進められる文体があります。現代の名作を手にとって読み始めてはいかがでしょうか。新しい世界観で日々の生活を充実させてくれますよ。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ