記事ID133219のサムネイル画像

【BSがきれいに見れる】人気の分波器のおすすめランキング10選

BSを見ようとしたらなぜか映らない!こんなときに必要になるのが分波器です。分波器とは、混合している地デジ放送波とBS/CS放送波を分けてテレビに届けるための機器。今回は人気のメーカーやおすすめ分波器をランキング形式でご紹介します。

分波器とは

分波器とは、その名の通り「電波を分ける機器」のこと。分波器は、地デジ放送だけではなくBS(衛星放送)も見たいというときに必要になる機器です。

 

普段は見る機会のないテレビの裏側ですが、実はよく見てみると2つの接続端子があります。それはVHS(地デジ放送)とBS/CS(衛星放送)。地デジしか見られないということはVHS端子にしか配線がされていないということなので、衛星放送を見るためにはもう1つのBS/CS端子にも配線をしなければなりません。

 

これはマンションなどの集合住宅によく見られるケースで、共用アンテナを使用しているために各部屋にケーブルが1本しか配線されていないことによります。1本のケーブルにVHSとBS/CSの放送波の信号が混ざった状態で送られているため、信号の強い地デジの番組しか見れない・テレビ自体が映らないといった現象が起こるのです。

 

このような場合に、分波器をつけることで2つの電波を分けて出力することができるようになるため、地デジ・衛星放送の両番組を正常に視聴することが可能になります。

類似機器(分配器・分岐器)との違い

アンテナからテレビに引く配線に取り付ける機器には、分波器の他にも「分配器」「分岐器」という機器があります。購入前に分波器とこれらの機器との違いを知っておくことが大切です。

分配器との違い

分配器とは、電波を分けて配る機器のこと。分波器と名前は似ていますが、用途は全く違います。分配器は、1つのテレビ端子しかないけれど何台かテレビを置きたいというときに活躍する機器です

 

いわゆるタコ足配線のようなものとイメージすると分かりやすいでしょう。分配器を利用することで、電波を均等に分けてそれぞれのテレビに届けることが可能。2台のテレビを見たいなら2分配器、3台なら3分配器と分配する数に合わせた分配器が販売されています。

 

ただし、分配器は電波を均等に分けて配るものなので、2分配なら5:5、3分配なら3.3:3.3:3.3というように、分ける数が多ければ多いほど電波は弱くなってしまう点は注意が必要。その場合、テレビが正常に映らなくなってしまうことがあるため、ブースターという電波を強くする機器を別につけることになるでしょう。

分岐器との違い

分岐器とは、分配器と同じで電波を分けて配る機器のことです。用途は分配器と同じですが、分け方に違いがあります。電波を均等に分ける分配器に対して分岐器では電波の一部分を分岐させるため、8:2や9:1といった割合で電波が送られます。

 

そのため、分岐されて2つになった双方の電波レベルには大きな差が生じることになるのです。そんなに電波が弱くなって届いてもテレビは見れないのでは?と疑問に思いますよね。まさにその通りで、分岐器は一般住宅に住む個人には必要のない機器です。

 

分岐器が必要になるのはマンションやアパート、オフィスビルなどの部屋数の多い建物の場合で、メインとなるケーブルの電波レベルをなるべく落とさずに各部屋に分配する際に使用されます。

分波器の選び方

分波器を選ぶにあたっては、どんなところに注目すれば良いのでしょうか。ここからは、分波器の選び方をご紹介します。

付属ケーブルの有無

分波器には付属のケーブルが付いているものと、付いていないものがあります。分波器を選ぶにあたっては、付属ケーブルの有無は確認しておきたいポイントです。

ケーブルが附属している分波器

3つの端子が付いている分波器本体の2つの端子はテレビ本体側、1つの端子はテレビ端子がある壁側に接続することになります。壁側に配線するケーブルはすでに持っているもので対応することが多いですが、テレビ本体側に接続する2つの端子には別に新しくケーブルを用意する必要がありますよね。

 

このケーブルが一体型になっている分波器は、もともとその分波器専用のケーブルが付いているということから安定した電波を送ることができるというメリットがあり、おすすめです。

 

しかし、その分分波器本体のみで販売されているものよりは価格が高く設定されているため、この点を考慮する必要があるでしょう。

ケーブルがついていない分波器

ケーブルが付いていない分波器の場合、ケーブル一体型分波器に比べ安く手に入れることができます。すでにケーブルを用意してあるのであれば、分波器本体のみの購入で済むことは非常に経済的と言えるでしょう。

 

ケーブルを新たに購入する場合には、分波器本体との接触がうまく行かずに正常にテレビが映らないということがあるため、ケーブルを選ぶ際にはあらかじめ分波器に関する情報を持っておくか、分波器本体を持参し店員さんに適切なケーブルがどれなのかを聞くなど対応を取ることをおすすめします。

 

ケーブル一体型分波器はケーブルが断線してしまったらその分波器自体が使用できなくなりますが、ケーブルが付属していない分波器であればケーブルに不良があってもケーブルを交換すれば良いだけなので、見方によっては節約になるとも言えます。

サイズで選ぶ

コードが密集していてごちゃごちゃしがちなテレビ裏に接続する分波器のサイズは、意外に重要。分波器を選ぶにあたっては、本体のサイズにも注目してみましょう。

分波器本体がコンパクトなものが〇

販売されている分波器の本体のサイズは、さまざまです。テレビ裏は配線が密集しているため、本体サイズが大きいと他の配線と接触してしまい通電に支障をきたす可能性があります。そのため、できるだけテレビ裏に隠れる小さめな分波器がおすすめ。

 

他の分波器と比較しつつ、よりコンパクトなサイズのものを選ぶようにしましょう。

対応テレビを確認する

従来の2Kに加えて、よく耳にする4Kやここ最近のトレンドワードでもある8K。番組を正常に視聴するためには、これらの映像規格に対応している分波器を購入することが大切です。

4K対応の分波器

そもそも4Kってどういう意味なのか分からないという人は多いのではないでしょうか。4Kとは、縦4,000×横2000=800万画素(解像度)に対応した映像規格のことを指します。従来の2Kの画素数が縦1,920×横1,080=200万画素なので、4Kでは2Kの4倍高密度で迫力のある映像を見ることができるのです。

 

近年では4Kの衛星放送が開始されたことで、4Kテレビの普及率が増していくと予想されます。現在4K対応テレビを持っている人は、4K対応の分波器を使用しないと正常にテレビを視聴することができない可能性があるので、購入前に確認しましょう。

8K対応の分波器

4Kが縦4,000×横2,000の約800万画素であるのに対して、8Kはなんと縦7,680×横4,320の約3,300万画素。2Kの16倍、4Kの4倍の高解像度で見る8Kの映像は、臨場感と立体感があります。

 

4Kの衛星放送開始とともに8Kの衛星放送も開始となり、これから徐々に普及率は拡大していくでしょう。もうすでに8K対応テレビを持っている人はもちろんのこと、今後のことを考えると4Kに限らず8K対応の分波器は用意しておいて損はないと言えます。4K・8Kの映像に対応したテレビを見る場合は周波数が3224MHzの分波器を選びましょう。

おすすめのメーカーで選ぶ

分波器はさまざまなメーカーから販売されていますが、信頼できるメーカーから購入したいとお考えの方も多いのではないでしょうか。ここでは評価の高いメーカーをご紹介していきます。

ホーリック(HORIC)

東京都八王子市に本社を構える家電部品製造メーカー“ホーリック”。ケーブル類の商品を主力としていて、中でもアンテナケーブルの人気が非常に高いメーカーです。ホーリック製のアンテナケーブルを使用している方は、分波器もホーリックで揃えてみてはいかがでしょうか。

エレコム(ELECOM)

エレコムは、大阪市中央区に本社を置く大手コンピュータ周辺機器メーカー。パソコン周辺機器などを数多く手がけており、日本を代表するメーカーのひとつです。販売している分波器の種類こそ少ないものの、4K8K放送に対応した商品でユーザーのニーズを確実にとらえています。

【4K・8K対応】分波器の人気ランキング10選

第10位

ホーリック

アンテナ分波器(S-4C-FB) BCUV-971

価格:841円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

邪魔にならないL字型差し込み式プラグ!白いケーブルでスッキリ見える一体型分波器。

ケーブルの劣化が起きにくいF型ねじ式コネクタを採用した、付属ケーブルがセットになっている分波器です。効率よく地上波と衛星波の分波が可能。分波器本体には、電波ノイズに強い高級メタルケースを採用しています。

 

壁面のテレビ端子に差し込むプラグがL字タイプであるため、ケーブルが邪魔になりません。一方の機器側の出力端子には、ねじ式F型コネクタが使用されていて誤って外れてしまう心配は無用。脱着ができるストッパーがついているため余ることが多いケーブルをまとめることが可能です。白で見栄えも良く、価格も比較的安価です。

対応電波地上波(UHF/VHF)・衛星波(BS/CS)4K/8K対応
出力端子(コネクタ)形状F型ストレート/F型L字ケーブル長40 cm
第9位

日本アンテナ

ケーブル付分波器 SUESL

価格:1,350円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

送電確認できるパイロットランプ付き!CATVからの地デジ信号も分波可能。

大手メーカー日本アンテナのケーブル一体型分波器です。この分波器の最大の特徴は、送電がきちんとできているかどうかを確認することができるパイロットランプがついていること。

 

また、VHSとBS/CSの分波に限らず、CATVからの地デジ放送波とBS/CS放送波の分波も可能という優れものです。ケーブルの先端のコネクタは金メッキ加工が施されているスクリュープラグになっていて回しやすく接続も容易で外れる心配もなし。BS/CS端子側のケーブルには赤い目印が付いていて差込口を迷うことはありません。

対応電波地上波(UHF/VHF)・衛星波(BS/CS)・FM・CATV4K/8K対応
出力端子(コネクタ)形状スクリュープラグケーブル長0.5m
第8位

国内資材メーカー製

4K対応混合分波器 (TOKUSEN-PURAZA8)

価格:580円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

電波ノイズを大幅ブロック!安くて使えるケーブル一体型分波器。

地上放送波と衛星放送波の分波はもちろんのこと、DVD・ブルーレイレコーダーからデジタルテレビへ接続する場合にも使用できます。分波器本体には亜鉛ダイカストケースをはじめとした遮蔽構造が採用されていて、電波ノイズを大幅にブロックすることができます。

 

また、2重シールドケーブルで電波伝送時の損失を抑えることが可能。BS/CS端子側のケーブルには赤い目印付きという心遣いもうれしい限りです。説明書がなくても簡単に接続可能でテレビの映りもきれいです。高スペックで安価という点は最大の魅力と言えるでしょう。

対応電波地上波(UHF)・衛星波(BS/CS)4K/8K対応
出力端子(コネクタ)形状F型ケーブル長0.4m
第7位

F-FACTORY

アンテナ分波器 ケーブル一体型

価格:749円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

3重シールド構造でノイズを防ぐ!CATVも対応のスタイリッシュなケーブル一体型分波器。

4K/8K対応のケーブル一体型分波器で、地上放送波と衛星放送波の分波ができます。また、CATVからの地デジ放送波の分波も可能。黒のスタイリッシュな見た目に加えて、薄型テレビに最も適している極細2.5CFBケーブルを採用しているため、ごちゃごちゃしがちなテレビ裏もスッキリ。

 

さらにノイズ防止対策も完璧。ケーブル部分には3重シールド構造、分波器本体には金属ケースを使用しています。BS/CS端子側のケーブルには赤い目印が付いていて簡単接続。ねじ付きコネクタで外れる心配は不要です。

対応電波地上波(UHF)・衛星波(BS/CS)4K/8K対応
出力端子(コネクタ)形状F型接栓プラグケーブル長0.5m
第6位

サン電子(Sandenshi)

分波器 (らくらくコネクタ加工 出力ケーブル付) 4SP-K77R-WP

価格:1,157円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

新設計のピン付らくらくコネクタが接続不良を防ぐ!全ての放送波対応のケーブル一体型分波器。

4K/8K対応はもちろんのこと、地上波・衛星放送波を含めたすべての放送波に対応する万能分波器です。多くの分波器では、ケーブル先端のコネクタをテレビの端子に差し込む際に芯線がまがってしまうことにより接続不良が起こってしまうという難点がありましたが、この分波器ではピン付らくらくコネクタを採用することでテレビ端子にしっかりと奥まで差し込むことが可能。

 

分波時の電波損失が少ない4Cケーブルを使用し、ケーブルは2重シールド構造になっているため電波ノイズをブロックしてくれます。

対応電波全て4K/8K対応
出力端子(コネクタ)形状ピン付らくらくコネクタケーブル長0.5m
第5位

マスプロ電工

VU/BS・CS分波器(セパレーター) CSR7DW-P

価格:998円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安心のメーカー品質。安価で電波強度も維持する優等生分波器。

大手メーカーマスプロ電工のケーブル一体型分波器です。地デジ放送波と衛星放送波の分波に加えてCATVからの放送波の分波も可能。BS/CS端子側のケーブル先端には青い目印が付いていて、素人でも接続に迷うことはありません。

 

また、ケーブル長さは0.5mのものが多いところ、この分波器のケーブルの長さは0.2m。ごちゃごちゃしがちなテレビ裏もスッキリするのではないでしょうか。安価なものは電波の弱化がしやすいものが多い傾向にありますが、マスプロ電工製は例外。電波強度を維持できるしっかりした作りで、安心の高品質を提供しています。

対応電波地上波(VU)・衛星波(BS/CS)4K/8K対応
出力端子(コネクタ)形状F型接栓プラグケーブル長0.2m
第4位

エレコム

アンテナ分波器 DH-ATS48K05BK

価格:1,834円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

黒×ゴールドのデザインがかっこいい!取り回しやすいスリムケーブル付き分波器。

なんと言ってもデザインがかっこいい!スタイリッシュな見た目がとても魅力的なこの分波器は、スペックも高いという才色兼備さ。ケーブルのコネクタ部分は小型されていてデザイン性の高さが際立ちます。

 

また、柔らかく取り回しがしやすい極細スリムケーブルは邪魔にならない上に扱いやすくておすすめ。ケーブルにはノイズの防止や電波信号の受信に強いテフロン線材に3重シールド構造を施してあるため、ノイズ防止に限らず電波の弱化を抑える効果があります。

 

さらに、地上波と衛星波の周波数を精密に分けることができるため、電波の損失やノイズを抑えることが可能です。

対応電波地上波・衛星波(BS/CS)4K/8K対応
出力端子(コネクタ)形状F型ケーブル長0.5m
第3位

YOU+(ユープラス)

4K8K対応アンテナ分波器

価格:648円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

便利な目印付。安価なのに大手メーカに引けを取らない高品質。

CATVからの地デジ放送波と衛星放送波の分波も可能なケーブル一体型分波器です。BS/CS端子へ接続するケーブル先端部に赤い目印が付いているため差し込む端子を迷うことはありません。ノイズ対策には、2重シールドを採用。

 

分波器本体部分に接続方法を分かりやすく記載したシールが貼ってあるため説明書は不要で接続が可能です。電波の損失も少なく、安価なのに大手メーカー製と同等の品質を誇るとして、多くのユーザーから高評価を獲得している分波器です。

対応電波地上波(UHF)・衛星波(BS/CS)4K/8K対応
出力端子(コネクタ)形状F型ケーブル長0.4m
第2位

Taro's(Taro's)

アンテナ分波器 TS-ABH05WH

価格:680円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高シールド構造で携帯の通信不良も改善!小型なのに高スペックな多機能分波器。

小型な分波器本体に目が行くこのケーブル一体型分波器では、ケーブル先端のコネクタにネジ式を採用しているため、接続の際の芯材損失を軽減する効果があります。本体内部にシールド性の高いアルミダイキャストケースを採用していて、電波ノイズをブロック。

 

さらに、携帯電波やWI-FIの速度低下や通信不良も防ぐという優れものです。ケーブルには3重シールド構造を施してあって、分波器本体に続きノイズ防止対策は完璧。また、この分波器は4K/8K対応で電波漏えいが規格の基準値以下の性能を持つと証明された機器に付けられるSHマークを取得しています。

対応電波地上波・衛星波(BS/CS)4K/8K対応
出力端子(コネクタ)形状F型接栓プラグケーブル長0.5m
第1位

DXアンテナ

DXアンテナ 分波器 MBUM2WS(B)

価格:1,699円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高シールド構造で携帯の通信不良も改善!小型なのに高スペックな多機能分波器。

小型な分波器本体に目が行くこのケーブル一体型分波器では、ケーブル先端のコネクタにネジ式を採用しているため、接続の際の芯材損失を軽減する効果があります。本体内部にシールド性の高いアルミダイキャストケースを採用していて、電波ノイズをブロック。

 

さらに、携帯電波やWI-FIの速度低下や通信不良も防ぐという優れものです。ケーブルには3重シールド構造を施してあって、分波器本体に続きノイズ防止対策は完璧。また、この分波器は4K/8K対応で電波漏えいが規格の基準値以下の性能を持つと証明された機器に付けられるSHマークを取得しています。

対応電波地上波(UHF)・衛星波(BS/CS)4K/8K対応
出力端子(コネクタ)形状F形接栓付ケーブル長0.5m

分波器のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5141130の画像

    DXアンテナ

  • 2
    アイテムID:5141129の画像

    Taro's(Taro's)

  • 3
    アイテムID:5141128の画像

    YOU+(ユープラス)

  • 4
    アイテムID:5141127の画像

    エレコム

  • 5
    アイテムID:5141126の画像

    マスプロ電工

  • 6
    アイテムID:5141125の画像

    サン電子(Sandenshi)

  • 7
    アイテムID:5141124の画像

    F-FACTORY

  • 8
    アイテムID:5141123の画像

    国内資材メーカー製

  • 9
    アイテムID:5141122の画像

    日本アンテナ

  • 10
    アイテムID:5141121の画像

    ホーリック

  • 商品名
  • DXアンテナ 分波器 MBUM2WS(B)
  • アンテナ分波器 TS-ABH05WH
  • 4K8K対応アンテナ分波器
  • アンテナ分波器 DH-ATS48K05BK
  • VU/BS・CS分波器(セパレーター) CSR7DW-P
  • 分波器 (らくらくコネクタ加工 出力ケーブル付) 4SP-K77R-WP
  • アンテナ分波器 ケーブル一体型
  • 4K対応混合分波器 (TOKUSEN-PURAZA8)
  • ケーブル付分波器 SUESL
  • アンテナ分波器(S-4C-FB) BCUV-971
  • 特徴
  • 高シールド構造で携帯の通信不良も改善!小型なのに高スペックな多機能分波器。
  • 高シールド構造で携帯の通信不良も改善!小型なのに高スペックな多機能分波器。
  • 便利な目印付。安価なのに大手メーカに引けを取らない高品質。
  • 黒×ゴールドのデザインがかっこいい!取り回しやすいスリムケーブル付き分波器。
  • 安心のメーカー品質。安価で電波強度も維持する優等生分波器。
  • 新設計のピン付らくらくコネクタが接続不良を防ぐ!全ての放送波対応のケーブル一体型分波器。
  • 3重シールド構造でノイズを防ぐ!CATVも対応のスタイリッシュなケーブル一体型分波器。
  • 電波ノイズを大幅ブロック!安くて使えるケーブル一体型分波器。
  • 送電確認できるパイロットランプ付き!CATVからの地デジ信号も分波可能。
  • 邪魔にならないL字型差し込み式プラグ!白いケーブルでスッキリ見える一体型分波器。
  • 価格
  • 1699円(税込)
  • 680円(税込)
  • 648円(税込)
  • 1834円(税込)
  • 998円(税込)
  • 1157円(税込)
  • 749円(税込)
  • 580円(税込)
  • 1350円(税込)
  • 841円(税込)
  • 対応電波
  • 地上波(UHF)・衛星波(BS/CS)
  • 地上波・衛星波(BS/CS)
  • 地上波(UHF)・衛星波(BS/CS)
  • 地上波・衛星波(BS/CS)
  • 地上波(VU)・衛星波(BS/CS)
  • 全て
  • 地上波(UHF)・衛星波(BS/CS)
  • 地上波(UHF)・衛星波(BS/CS)
  • 地上波(UHF/VHF)・衛星波(BS/CS)・FM・CATV
  • 地上波(UHF/VHF)・衛星波(BS/CS)
  • 4K/8K対応
  • 出力端子(コネクタ)形状
  • F形接栓付
  • F型接栓プラグ
  • F型
  • F型
  • F型接栓プラグ
  • ピン付らくらくコネクタ
  • F型接栓プラグ
  • F型
  • スクリュープラグ
  • F型ストレート/F型L字
  • ケーブル長
  • 0.5m
  • 0.5m
  • 0.4m
  • 0.5m
  • 0.2m
  • 0.5m
  • 0.5m
  • 0.4m
  • 0.5m
  • 40 cm

分波器でテレビをもっと楽しく

いかがでしたでしょうか。分波器は信頼の置ける大手老舗メーカーのもの、安価でも高品質のものとさまざまです。今回ご紹介した分波器は数多く販売されている分波器の中のほんの一部ですが、特に扱いやすいケーブル一体型の分波器はおすすめ。BSが見たくて分波器を探しているけどどれが良いのか分からないというときには、ぜひ本記事を参考にしてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ