記事ID133217のサムネイル画像

【世界中で大人気!】万能オイル「ギー」のおすすめランキング10選

みなさんはギーをご存知でしょうか。ギーとはココナッツオイルと並ぶスーパーフードとして今世界中で大注目されており、近年日本でも目にする機会が増えています。そこで今回はギーを選ぶ際のポイントとおすすめ商品10選をご紹介していきたいと思います!

スーパーフードとして大人気のギー

ギーとはインド発祥の精製されたバターのことを指します。無塩バターをろ過し、余分な水分とタンパク質、糖分が取り除かれたものが高純度の上澄み油脂であるギーとなります。インドの伝統医学であるアーユルヴェーダでも昔から使用されており、アメリカで「最も身体に良い油脂ベスト5」で第1位に選ばれるなど近年注目を集めている食品の1つです。

 

ギーには脂肪の分解と燃焼を促進する共役リノール酸や、抗酸化作用のあるビタミンEとビタミンAなど身体に嬉しい効果のある栄養素がたくさん含まれています。そのためギーを摂取することで健康効果や美容効果が期待できるのです!

 

加熱用油としてのみではなく、パンに塗ったり飲み物に入れるなどそのまま使用できるのも嬉しいポイントです!さらに肌にも使用できるのでマッサージなど様々な場面で使うことができます。スーパーフードとして大注目のギーをぜひあなたも取り入れてみてください。

ギーは太る?

導入でも解説しましたがギーはあくまでバターオイルです。通常のイメージからすると「バターを取ると太りやすくなるのでは?」と感じる方が多いと思いますが、ギーはバターを材料としているもののバターではありません。

 

分かりやすく言うとバターから不純物を取り去ったものがギーです。バターは太りやすいと言われている長鎖脂肪酸を含みますが、ギーは長鎖脂肪酸と比較して4~5倍分解が早いと言われている中鎖脂肪酸が含まれています。

 

さらに共役リノール酸と呼ばれる脂肪燃焼を助ける成分も含まれています。つまりギーは一般的なバターとは違い「脂肪として吸収されにくく代謝を高める」という使い勝手の良いバターなのです。

ギーの選び方

ギーはなんとなく聞いたことがあるけれど、どんなものを選べば良いのか分からないという方も多いのではないでしょうか。購入前にチェックすべきポイントについて確認していきましょう!

ギーのタイプで選ぶ

市販されているギーには形状が異なる2つの種類があります。使用する場面によって適したギーがありますので、自分の目的にあった種類のものを選んでみてください。

ペーストタイプ

市販されているギーのほとんどを占めるのがこのペーストタイプのギーです。冷やされてペーストになっている状態ですので、温めれば黄金色のオイル状に変化します。パンに塗ったり加熱用油として使用したり、コーヒーに入れる際にもそのまま投入するだけですので手間もなく使い勝手が良いです。

 

料理で使用する際は使用場面が多く、幅広いメニューで使いたい方におすすめです。しかし、精製度が低いギーの場合ざらついた塊がペーストの中に紛れ込んでいる可能性もありますので注意が必要です。ギーをあまり食べ慣れていない方は精製度が低いギーは少し食べにくく感じるかもしれません。

 

始めてギーを購入される方やあまり食べ慣れていない方は滑らかな舌触りの商品ですと比較的食べやすいので、精製度の高いものを選ぶことをおすすめします。

オイルタイプ

オイル状のギーはペーストタイプのものに比べると若干割高な場合が多いです。しかしギーをマッサージに使用したい方は使用前に溶かしたりする手間がないので、オイルタイプが使い勝手が良いでしょう。

 

寒い時期などはペースト状に固まってしまう可能性がありますが、ココナッツオイルなどと一緒に混ぜておけば常温でも固まる心配はありません。もとからココナッツオイルとブレンドされている商品も販売されています。

 

サラダのドレッシングオイルとして使用したい方や加熱用油として使用したい方もこちらのオイルタイプのギーが良いでしょう。またコーヒーに入れた場合、ペーストタイプのものと違い溶けるのを待つ必要がないので忙しい朝でもギーを摂取したい方にはおすすめです。

原料から選ぶ

ギーを選ぶ時に原材料をチェックするのは大切です。安全で身体に良いギーを購入するためにはどんな点に注目すべきなのかについて確認していきたいと思います。

グラスフェッドバターが使用されているか

みなさんはグラスフェッドという言葉を聞いたことがあるでしょうか。グラスフェッドというのは自然の牧草をたっぷりと食べて育ったという意味で、ホルモンや抗生物質の投与を行わず、自然の食料のみで育った家畜です。

 

基本的には放し飼いで飼われていることが多いので家畜にかかるストレスもほとんどないと言われています。広大な土地のある国や地域でしかできない飼育法ですので、このような環境で育った家畜の割合は少ないのが現状です。

 

穀物などの人口餌などで育った牛から作ったバターでもギーは作ることができますが、栄養価の高さは家畜の飼育環境に左右されます。そのため、自然の牧草をたくさん食べながらのびのびと育った牛から作られるギーは栄養価がより高くなるのです。このようなギーには「グラスフェッド」という表記がされているので、購入の際に確認してみてください。

オーガニックかどうか

購入の際にはオーガニックかどうかというポイントも重要です。グラスフェッドバターから作られているギーではない場合でも、ホルモン剤や抗生物質の過剰投与がされた牛から作られたバターが使われていないかや有機肥料を食べて育った牛かどうかをきちんと確認しましょう。

 

粗悪な飼育環境ですと、身体に悪影響を与える飽和脂肪酸が多く含まれている場合がありますので、十分な注意が必要です。国によってオーガニック基準は異なりますが、しっかりとオーガニック認証がなされているものですと安心です。

 

身体に良いと思って摂取したギーに良くない成分が多く含まれていては逆効果になりかねません。直接口にするものですので、栄養がたっぷり含まれているオーガニック製品を選ぶことをおすすめします。

フレーバーで選ぶ

ギーには味がついているタイプとついていないタイプがあります。それぞれの特徴やどんな方におすすめかなどについて説明していきたいと思います。

味なしタイプ

ギーはまだあまり一般的には浸透しておらず、バターから作られているので味が濃くクセがあるのではないかと思っている方も多いと思います。しかし実際にはかすかな甘みとコク、そしてさらっとした舌触りでクセが少ないものが多いですが、原料となるバターによって味に差があります。

 

ギーによってはバターの風味やどこかチーズっぽさを感じる場合もあります。購入前にはあらかじめインターネットで口コミなどを調べ、どんな味なのか確認することをおすすめします。

 

ギーを調理油に使用したい方は味が付いているタイプですと料理の味が変わってしまう可能性もあります。コーヒーの場合も同様で、コーヒーそのものの風味と味を楽しみたい方は味が付いていないタイプのものを選びましょう。

味付きタイプ

始めてギーを使う方で味に不安がある方、もしくはギー特有の風味が苦手という方は味がついたタイプのものを選びましょう。レモンやガーリーフレーバー、ココナッツやバニラなど様々なフレーバータイプのギーが販売されています。

 

こういった味付きのものは料理の香り付けや味付けにも使えますので、味が付いていないタイプのものと使い分けるのもおすすめです。ただし味付きのタイプのものを選ぶ時にはしっかりと成分表を確認しましょう。

 

せっかくグラスフェッドバターが使用されていても、香り付けのためにたくさんの添加物や調味料などが使われていては逆効果になりかねません。ギーの持つ本来の栄養素をしっかりと摂取するためにはオーガニックなどで味付けされたものですと安心です。

ブランドで選ぶ

ギーはアーユルヴェーダの思想に基づいて作られた歴史のある食品です。そのため、独自の製法やこだわりのポリシーを持っているブランドが多くあります。オーガニックや食品に対する考え方やどんな考えのもとにギーを作っているのか、自分の価値観と近く、賛同できるブランドを選ぶことで身体だけではなく心も満たされる一品になります。

 

今や世界的に大人気のギーですので、インドだけではなくオーガニックフードやナチュラルフードの本家であるアメリカやヨーロッパなどたくさんのブランドが存在します。特にプレゼントなどをする場合は、ブランド感の強いタイプのものを選ぶとより喜んでもらえるかもしれません。

サイズで選ぶ

ギーは他のオイルなどに比べると高額なものがほとんどです。毎日料理に使われる方、マッサージなどでたくさん使われる方は大容量のものを買ったほうがお得になります。オイルですので長期保存が可能なのも嬉しいポイントです。

 

しかし、ギーは食品ですので時間の経過とともに味も少しづつ落ちていきます。少量づつしか使用しない方は短期間で使いきれる量のものがおすすめです。始めてギーを試される方などは商品によって味に差もあり口に合わない場合もありますので、少量タイプのものを選びましょう。

 

また、ギーは食卓に置いてもお洒落に見える可愛らしいデザインのボトルがたくさんあります。見た目が可愛いと気分も上がりますし、好みのボトルで選んでみるのもいいかもしれません。

ギーの人気ランキング10選

第10位

神戸アールティー

ギー ピュア アムール 1L 1缶 澄ましバター Amul Pure Ghee

価格:2,980円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

インドで人気No.1メーカーのコスパ抜群のギー

ギー発祥のインドで人気ナンバー1のメーカーであるアムール社から発売されているギーです。特に一般家庭での人気が高く、インドでは最も有名なギーとして幅広く知られています。

 

大容量の1リットルで3,480円とコストパフォーマンスも良く、日常的にギーを使用される方やマッサージオイルとして使用したい方におすすめのギーです。フレーバーが付いていないタイプですので料理で使う場合でも様々な場面で活躍間違いなしです!

 

アムール社のギーは独特の香りが特徴的ですので、本場のインド料理の味を再現したい方はこちらのギーを使用するとより本格的な味に仕上がります。また、カラフルで可愛らしい缶で、食卓やキッチンに置いておいてもお洒落に見えるのも嬉しいポイントです。

容量1リットルタイプペースト
フレーバーなしグラスフェッドバター×
第9位

株式会社クロンティップ

アハラ ラーサ ギー/ガーリックレモンギー

価格:324円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ガーリックレモンがクセになるこだわりのギー

オーガニックガーリックとレモンでしっかりと味付けされたフレーバー付きタイプのギーです。こちらの製品は機械での大量生産ではなく、アメリカで職人が少量づつ直火にかけ11品を丁寧に作り上げています。

 

使用されるバターはカリフォルニアにあるチーズカンパニーが昔ながらの方法で丁寧に作り上げたオーガニックのグラスフェッドバターのみを使っています。ガーリックとレモン風味なのでシーフード料理やパスタ、野菜炒めなどに様々な料理に使うことができます。

 

このギーを足すだけで料理に深みと豊かな香りを出すことができ、一度食べるとガーリックの風味がくせになると評判です。味付きで使いやすく、パッケージも可愛いのでプレゼントや始めてギーを使用する方に特におすすめの商品です。

容量118gタイプオイル
フレーバーガーリックレモングラスフェッドバター
第8位

オーガニックギーバター

オーガニックギー(Ghee)バター

価格:5,500円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

品質に徹底的にこだわった人気商品

カリフォルニアの草原で牧草だけを食べて育った栄養価の高い牛から作ったバターのみを使用しています。牛にホルモン剤や抗生物質の投与は一切行っておらず、アメリカのオーガニック認証を受けています。

 

バターは全て手作りのため生産量に限りがありますが、品質には一切の妥協がなく、アメリカ全土でナンバー1を獲得したこともある人気のギーです。キャラメルのような甘い香りとも言われる豊かな香りと滑らかな口当たり、そして濃厚な味が特徴です。

 

フレーバーが付いていないので、様々な料理やマッサージオイルとしても使えるのが嬉しいポイントです。他のギーに比べるとやや高めなお値段ですが、高い品質と味のクオリティーですのでお値段に合った内容のギーです。

容量946mlタイプオイル
フレーバーなしグラスフェッドバター
第7位

Coco

MCT&ギー・オイル 360g

価格:2,445円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安心安全のナチュラル製法

EUのオーガニック認証を受けたオランダ産のグラスフェッドバターから作られたギーと、シンガポール産の100%ココナッツオイルから抽出されたMCTオイルがブレンドされた1本です。

 

ココナッツオイルには中鎖脂肪酸という身体に良い天然成分が入っており、それをギーと一緒に摂取することができるので身体に嬉しい効果が期待できます。合成添加物は一切入っておらず、さらに科学的な工程を一切も行わない完全ナチュラル製法で作られているので安心して使用することができます。

 

オイルタイプのギーなのでサラダやヨーグルトにかけたり冷たい飲み物にも入れられます。また、ココナッツオイルとブレンドされているので寒い冬などでも固まる心配がないのも嬉しいポイントです!

容量360gタイプオイル
フレーバーココナッツグラスフェッドバター
第6位

Pure Indian Foods

オーガニック 有機ギー 精製バター

価格:2,850円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

歴史あるメーカーのオーガニックギー

アメリカで1889年に創業されて以来代々ギーを作ってきた歴史のあるメーカーで、アメリカでオーガニック認証もされているギーです。グラスフェッドバターから作られたギーとオーガニックバージンココナッツオイルを11でブレンドしています。

 

春から秋にかけて育った牛は新鮮な牧草を食べてのびのびとしているのでストレスが少なく、より良い栄養素を蓄えているためこの時期にしか牛乳を絞らないという徹底ぶりです。人に有害とされているトランス脂肪酸を含まず、ラクトースやカゼインなども除去されています。

 

ほんのりと香るバターの匂いとコク、そして甘すぎない絶妙なココナッツオイルはバランスが良くとれていて料理に使いやすいです。プラスチック製の容器なので持ち運びに便利で、万が一落としてしまっても割れる心配がないのも嬉しいポイントです。

容量425gタイプオイル
フレーバーココナッツグラスフェッドバター
第5位

ブリリアントアース株式会社

オーガニック ココナッツ&ギー

価格:2,980円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最高級のギーとココナッツオイルを使用

オランダの国立公園で育った牛から作られた最高級のグラスフェッドバターのみを使用し、EUオーガニック認証も受けている安心安全のギーです。自然の最高級品質成分のみを使用し、世界中のオーガニック農家を支援するというコンセプトで商品の生産を行っています。

 

こちらのギーはココナッツオイルの本場と言われるフィリピンで作られた最高級のオーガニックココナッツのみを使用しています。ココナッツが収穫されてから24時間以内に化学溶剤や化学物質を一切使用せずに低温圧搾法しているので、栄養素が豊富に含まれたままなのが特徴です。

 

ココナッツの香りが強すぎず、ほんのりと香るのでココナッツがあまり得意ではない人でも飲みやすいと評判です。新しいフレーバーに挑戦してみたいけど合うか心配という方はこちらのココナッツオイルとのブレンドギーを選んでみるといいかと思います。

容量325mlタイプオイル
フレーバーココナッツグラスフェッドバター
第4位

ブリリアントアース株式会社

オーガニック グラスフェッド ギー

価格:3,672円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

濃厚でクリーミーなリッチ感溢れるオーガニックギー

フィンランド発祥のこちらのメーカーは徹底的にこだわった品質に定評があり、EUのオーガニック認証を受けています。酪農王国と言われるオランダで牧草のみを食べて育った牛のミルクを100%使用した栄養価の高いグラスフェッドバターから作られています。

 

水分とタンパク質が除去され、バターよりも濃厚な香りとクリーミーな味わいを感じることができるオーガニックギーです。柔らかめのペーストタイプなので使いやすく、パンに塗ったりコーヒーに入れても相性抜群です。

 

滑らかな舌触りが特徴的なのでお菓子作りや調理油としての使用もおすすめです。濃厚な香りとギーの味わいでいつもの料理が少しリッチに感じられるおすすめのオーガニックギーです!

容量300gタイプオイル
フレーバーなしグラスフェッドバター
第3位

デイリーパントリー

お徳用グラスフェッドギー

価格:1,259円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オーガニックでコスパ抜群!

高品質で評判の良いニュージーランドのグラスフェッドバターから作られており、ニュージーランドでオーガニック認証されています。日本でも話題のMCTオイルとギーを混ぜた完全無欠コーヒーを飲むことでダイエットに繋がるという完全無欠ダイエットの提唱者も自身の著書でこちらのギーをおすすめしています。

 

高温殺菌されているのでクセが少ないのが特徴で、お菓子作りやパン作り、調理油としてや飲み物に入れるなどたくさんの使い道があります。そのためギーを始めて購入するという方におすすめです。

 

頑丈なビニール袋に入った簡易包装なので缶や瓶詰めなどよりも捨てやすいのも嬉しいポイントです。コストパフォーマンスも良いので日常的にギーを使用される方には続けやすい人気の商品です。

容量200gタイプオイル
フレーバーなしグラスフェッドバター
第2位

Purity Farms

Purity Farm オーガニックギー

価格:2,200円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本場が生んだ海外直輸入の名品

知る人ぞ知るPurity Farmのオーガニックギーです。香りも良く、味も美味しく、臭みもないと評判の商品です。海外の放牧牛は農薬を散布しているものが多いので、品名から『オーガニック』と明記されているのは珍しい商品になります。

 

オーガニック認定の家族経営農場で放牧牛のオーガニックバター(牛乳)から作られています。塩、遺伝子組み換え、トランス脂肪酸は含まれていません。そして、放牧牛には牛成長ホルモンやあらゆる薬は与えられていません。

 

味はギー独特のまろやかな風味と、後味の引かないさっぱりとした舌触りが両立したギーとなっています。豪華な黄色のセミソフトスプレッドで豊かなバターの味と香りを備えており、国内のギーと比べても大容量なのが嬉しいポイントです。

容量431gタイプオイル
フレーバーなしグラスフェッドバター
第1位

ギー・イージー

ギー・イージー 200g

価格:1,988円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

世界中で大人気のメーカーが作る濃厚オーガニックギー

こちらのギーはAmazonなどの大手通販サイトで評価4.0以上を獲得しており、世界中で人気を誇るギー・イージー社が作るオーガニックギーです。オランダで自然放牧され、穀物などは一切与えずに牧草だけで育った牛から作られたグラスフェッドバターを使用し、EUのオーガニック認証済みです。

 

伝統的な製法で18時間以上かけて精製するので、不純物やタンパク質、水分などをほぼ完全除去しています。瓶詰めの際にキメの細かいフィルターにかけるので舌触りが滑らかなのが特徴で、バターの豊かな香りと濃厚な味わいは様々な料理と相性抜群です。

 

柔らかめのペーストタイプなのでスプーンですくいやすく、温めて溶かす必要もないので忙しい朝や料理中でも使いやすいのが嬉しいポイントです。

容量200gタイプペースト
フレーバーなしグラスフェッドバター

人気のトーストを使ったギーレシピの作り方をご紹介します!

自作でトースト&ギーレシピを作ろう!

実際にギーを使ったレシピを知りたいと思われた方がいるかと思います。ここではご自宅でも簡単に作れるトーストを使ったギーレシピをご紹介します。

用意するもの&使い方

乃が美

乃が美 高級生食パン

価格:3,100円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

柔らかな食感で幅広い世代から大人気

ギーは馴染みやすい風味が特徴であるため、基本的にはどんなトーストとも合います。しかし特にこちらの「乃が美」の食パンは、もちもちとした食感が風味豊かなギーと相性抜群でオススメですよ!

【用意するもの】

・食パン 1枚

・ギー 10g

 

作り方はかなり簡単で食パンにギー10gを塗り、トースターに入れれば完了です。是非お家で試して、ギーの美味しさと魅力に触れてみてくださいね。

関連記事はこちら

まとめ

ここまでギーを選ぶ時のポイントとおすすめの商品10選をご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。ギーを摂取することで嬉しい健康効果や美容効果が期待できます。その効果を十分に感じられるよう、購入の際には成分をしっかりと確認してみてください。日本だけではなく世界的に大注目されているギーをぜひあなたも取り入れてみてください!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ