記事ID133205のサムネイル画像

人気のパイプカッターのランキング10選【DIYにもおすすめ!】

パイプカッターは円形状のパイプなどを切断するプロが扱う工具というイメージでしたが現在ではDIYなどが流行っていることもあり一般人にも身近な工具となりました。今回はおすすめのパイプカッターの選び方やチェックしておきたいポイントなどを紹介します。

DIYなどでも活躍するパイプカッター

パイプカッターは現在では身近な工具として100円ショップなどでも販売されているので見かけることも多くなりましたが実際に使用する場面というのは一般の人にはあまり無い工具でもあります。

 

配管工事やDIYなどで簡単な管を通すような作業をする方には便利な工具ですが、最近では女性でも扱いやすいパイプカッターが多く販売されており、物干し竿を捨てる際に短く切断したり、自分の長さに合った物干し竿などを作るのに一般の女性でも使う方が増えてきています。

 

またパイプカッターは刃の枚数で切れ味などが変化し、1枚刃や3枚刃、4枚刃などのパイぷカッターも販売されています。種類によって切断可能な素材や太さも全然違ってくるため購入する際には特に注意が必要な工具でもあります。

 

パイプカッターとよく比較されるのがノコギリですが、ノコギリは切断した断面はキレイですが切断した際に屑が出ることもあり場所を選びますが、パイプカッターは屑が出ないのと既に設置されているパイプを切断するのにも適しているので使い勝手が良いです。

パイプカッターの選び方

上でも少し説明しましたがパイプカッターは種類によって大きく性能などの差が出る工具でもあります。そのため重要なのは自分がどういった素材や太さのパイプを切断したいかというのが重要になります。

パイプカッターのタイプで選ぶ

パイプカッターにはパイプを挟んで回転させながら徐々に切断していく一般的なタイプとラチェット機構を採用したラチェット式のパイプカッターが販売されています。ラチェット式の方が一般の人でも扱いやすいとされています。

回転式から選ぶ

パイプカッターというと恐らくパイプを挟んで回転させることで徐々に切断していくタイプのパイプカッターをイメージする方が多いはずです。このタイプは最も一般的なタイプと言われており、ほとんどのパイプカッターはこのタイプに属しています。

 

刃部分でパイプに傷をつけていき、徐々に挟む力を強めて最終的に切断するので切断面がずれることなく力もそこまでいらないので女性でも使いやすいタイプとされています。パイプカッターは比較的にコンパクトなサイズが多い工具なので滑り止めなどを装着して回転させると危険度は減ります。

ラチェットタイプから選ぶ

ラチェット式のタイプのパイプカッターは非常に便利で、回転させることなくパイプを切断することが出来るので人気が高いです。パイプを挟んで切断するタイプの場合はパイプカッターを上下に動かすだけで徐々に切断されていきます。

 

またハサミ型のパイプカッターの場合はほとんどがラチェット式となっており、グリップ部分を開閉させるだけで徐々に切断が可能なため楽に切断が可能です。

切断できる素材から選ぶ

配管工事などで切断するパイプは様々な種類があり、切断したい素材の種類によってパイプカッターを選ぶのも重要なポイントです。また何に使用するかハッキリしていない場合は複数の素材が切断できるタイプか様々な素材に対応している刃が交換できるパイプカッターがおすすめです。

エンビカッターから選ぶ

エンビカッターは塩ビカッターとも呼ばれており、主に塩化ビニールパイプの切断専用のパイプカッターとなっています。塩化ビニールパイプは非常にサイズが豊富で、それに合わせてエンビカッターの種類も豊富に販売されています。

 

またエンビカッターのほとんどはラチェット式になっていますが一部、太い塩化ビニールパイプ用に一般的なタイプの回転式の商品も販売されています。エンビカッターと呼ばれていますが、商品の中にはポリエチレン管が切断可能な商品も販売されています。

様々な素材が切断できるパイプカッターから選ぶ

エンビパイプカッター以外のパイプカッターは専用のパイプカッターを除けば基本的には複数の素材が切断できるようになっています。また刃を替えれるタイプも多く販売されており、こういったタイプのパイプカッターの場合は刃を専用の切断刃に替えることで、対応した素材に柔軟に対応できるのでおすすめです。

切断できる直径から選ぶ

配管工事を仕事でする方やDIYなどで配管まで自分でする方は知っていることですがパイプには様々な太さのパイプが設置されています。そのため切断したい太さに合わせてパイプカッターを購入するのも大事なポイントです。

 

商品の中にはミニパイプカッターと呼ばれる商品もあり3mmほどの太さから20mmを超えるサイズまで切断可能な使い勝手の良いパイプカッターも販売されているので、ハッキリ分からない場合はなるべく幅が広いタイプのパイプカッターがおすすめです。

パイプカッターの使い方

パイプカッターは身近になってきた工具ですが、使い方が分からないといった方もまだ多くいます。そこで、ここでは一般的なタイプである回転させて切断するタイプのパイプカッターの使い方を紹介します。

切断したいパイプをセットする

まず切断したいパイプをしっかりと固定します。この時、クランプや机などで固定すると作業がしやすいです。この固定がしっかりしていないと力が入れにくく、危険なのでしっかりと固定しましょう。

 

パイプを固定したらパイプカッターをパイプより少し大きく開いてしっかりとパイプに噛ませます。この時に刃に手が触れないように気を付けましょう。

回転させながら溝切りから切断へ

パイプにパイプカッターをしっかりと噛ませたら最初から切断しようとするのではなく、まずはパイプに溝を入れるように傷をつけます。この時も1度で溝を付けるのではなく何度も回転させながら溝のような傷を入れていきます。

 

しっかりと溝が出来たら今度は刃がズレる心配がないのでしっかりと力を入れて挟み込みながら回転させていきます。焦らずに徐々に切断するように何度も回転させるつもりで作業するのがおすすめです。

最後は面取りを

切断が終わったら最後に切断面をキレイにするバリ取りの作業です。パイプカッターはノコギリと違い切断面にバリが残ることが多い工具でもあるので、最後にバリ取りをする必要があります。パイプカッターの商品の中には本体にバリ取り用のカッターが付属している場合があるので、しっかりと切断面をキレイにして作業は終了となります。

パイプカッターの注意点

パイプカッターは火花も出ず屑も出ないので場所を選ばず使用できる工具ですが、少し間違えば怪我などをしてしまう可能性もある危険な工具です。使用する際は細心の注意を払って使用しましょう。

圧力に弱い素材のパイプには使用できない

パイプカッターはハサミ式でも回転式でも圧力をかけて徐々に切断していく工具ですので圧力などに弱いガラスなどの素材のパイプには使用できません。圧力に負けて割れてしまいとても危険なので対応する素材には特に気をつけて使用するようにしましょう。

刃の状態は常にチェックしよう

パイプカッターはローラーなどに挟まれていて刃部分がしっかりと見えない可能性が高い工具です。そのため刃が欠けていたり曲がっていたりしていても気が付きにくいです。しっかりと使用する前に刃の確認をするようにしましょう。ただし直接手で触れないようにだけ気を付けてから確認しましょう。

握りやすいグリップのパイプカッターを選ぼう

パイプカッターはハサミ式や回転式など形状が違うことも多いですが、しっかりと持ちやすいグリップだったり回転させやすい設計のパイプカッターを選ぶようにしましょう。徐々に回転させて切断するように使用するパイプカッターですが、力を入れにくいと怪我をしてしまうこともあるので握りやすさはしっかりと事前にチェックしておきましょう。

人気のパイプカッターのランキング10選

ここから人気のパイプカッターをランキング形式で紹介します。パイプカッターは現在では100円均一ショップでも購入できるほど身近な工具となっていますが、今でも本格的な工具店で販売されているようなパイプカッターも人気があります!

10位 Blue hawk 『塩ビ ブレード 大型 塩化 ビニール パイプ カッター (大型 63cm)』

価格:2200円(税込)

ラチェット式のビニールパイプカッター

こちらの商品はラチェット式で一般的なパイプカッターのように挟んで回転させながら切断するのではなく、何度も開閉させながら切断していくタイプのパイプカッターです。ラチェット式なので使いやすいのもおすすめのポイントです。

 

使用しない時は刃先を閉じることが出来るので保管時も安心なのも人気の理由です。ビニールパイプカッターですが塩化ビニール管も切断可能で切断する部分が左右に大きく開くので太いパイプも問題なく切断できます。

 

ブレードは炭素鋼ですが高マンガン鉱を使用しているので耐久性も優れており、衝撃や摩耗への耐久力も高いです。厚さも3mmあるため肉厚なのも安心です。レビューでも良い商品ですといった声もある人気のビニールパイプカッターです。

サイズ:縦:25.5cm / 横:11cm / 高さ:3.5cm重量:約527g
切断可能な直径:最大Φ63mm切断可能な素材:塩化ビニールパイプ

9位 スーパーツール 『スーパー ステンレスフレキ管専用カッター TC105NF』

価格:2386円(税込)

コストパフォーマンスに優れるフレキ管専用カッター

カッターホイルに熱処理をした特殊合金を採用したことで切れ味と強靭性を高めているので切り口がキレイなパイプカッターです。全長が12.6cmとコンパクトですが被覆フレキ管やステンレス管がしっかりと切断できます。

 

パイプカッターなので切り屑も出ず、カッターホイルの両サイド部にあるローラーによって最後までしっかり切断できるのもおすすめのポイントです。フレキ管の切断専用となっているので仕事で使用するプロの方にもおすすめです。

 

レビューでも仕事で使用しているが切れ味が良く気に入っているとの声もありプロからも高い評価を得ており、非常にコストパフォーマンスに優れているのも気に入っているという声もあります。

サイズ:6 x 6 x 13 cm重量:240g
切断可能な直径:8~32mm切断可能な素材:ステンレス鋼製。(単山のコルゲート管)

8位 HangZhou GreatStar Industrial Co., Ltd. 『WORKPRO パイプカッター 硬度HRC58』

価格:1098円(税込)

面取りカッターも付いている人気のパイプカッター

高品質で高性能な製品を販売しており特にDIYを趣味とする方から人気が高いホームツールなどを主に販売しているブランドであるWORKPROのパイプカッターです。塩化ビニールパイプからアルミ管や銅管など様々な素材のパイプが切断可能です。

 

ブレードに合金銅を採用しており本体も亜鉛合金なのでしっかりとしているため安心して使用ができるのもおすすめのポイントです。全長13.7cmとコンパクトで、持ち運びや保管場所にも困ることがなく、替え刃が付属しているのも人気の理由です。

 

本体に面取りカッターが付いているおり、切断した後にキレイに整えることができます。レビューでも女性でも簡単に物干し竿などが切断できましたという声もあり人気が高いですがコンパクトなため滑り止めなどがあると尚使いやすいという声もあります。

サイズ:ー重量:280g
切断可能な直径:φ3~32mmパイプ。銅管・真鍮管・アルミ管・塩ビ管は3mmまで、薄肉ステンレス鋼管・鋼管は1.2mmまで切断可能な素材:ステンレス・真鍮・銅・アルミなどのパイプ

7位 MCC 【エンビカッタ VC-42ED VC0342】

価格:3985円(税込)

使いやすく耐久性もあり人気の高いエンビカッター

耐久性や切れ味が良いと評判のMCC製のエンビカッターです。塩化ビニールパイプはもちろんポリエチレン管にも使用ができ、アタッチメントを付けるとモールも切断が可能なのでプロからDIYなどで使用する人にも大人気です。

 

扱いやすいハサミ型で全長も23cmと長く男性などの手の大きい方でもしっかりと握り込むことができるのもおすすめのポイントです。塩化ビニールパイプだと外径42mmまで切断が可能なのも人気の理由です。

 

レビューでも非常に使いやすく長年愛用しているが耐久性もあり切れ味も落ちていないという声があり長く愛用している方もいます。また鋸と比較してもキレイに切断できて満足ですといった声もあり性能面でも人気が高いです。

サイズ:全長230mm重量:420g
切断可能な直径:最大φ42mm切断可能な素材:塩ビ配管・ポリエチレン管

6位 SK11(エスケー11) 『ステンレス用パイプカッター PC-38S』

価格:2050円(税込)

初心者でも扱いやすい人気のパイプカッター

こちらの製品はステンレス用のパイプカッターとなっていますが、真鍮、銅、アルミなどのパイプにも使用ができるので使い勝手が非常に良いです。切断対応サイズも6~38mmと幅が広いのも人気の理由です。

 

切断面のバリ取りが可能な面取りスクリーマーも付いているので切断した後の面をキレイにすることが可能です。同じ商品の種類で切断対応サイズが3mm~28mmの種類もあるので自分の環境に合った種類を選べます。

 

レビューでも非常に便利で重宝していますといった声や初心者でも扱いやすく難なくパイプをカットすることが出来ましたといった声もあり、どんな方にも扱いやすく人気のあるパイプカッターです。

サイズ:縦160×横60×奥40mm重量:500g
切断可能な直径:φ6mm~38mm切断可能な素材:ステンレス(薄肉)、真鍮、銅、アルミなどのパイプ

5位 SK11(エスケー11) 『パイプカッター PC-22』

価格:609円(税込)

本体はミニだけど存在感は大きいミニパイプカッター

こちらの商品は全長が6cmしかないミニパイプカッターになります。本体はミニでコンパクトですが切断対応サイズは3mm~22mmとしっかりと切断することができ、価格もリーズナブルなことから非常に人気の高い商品です。

 

刃を交換することでステンレス銅管も切断可能なので家に保管しておくだけでも安心感があります。本体が小さいので作業する場所が狭い場合などに特に重宝し、プロの方でも愛用している方が多くいます。

 

もちろんプロだけじゃなくDIYを趣味としている方や、一般の方でも扱えるのでどんな方にもおすすめできる商品です。レビュー優しく回転させるだけで様々なパイプがカットできるということで。購入するべき1品!という方もおり、その人気の高さが窺えます。

サイズ:全長約6cm重量:118g
切断可能な直径:3mm~22mm切断可能な素材:真鍮・銅・アルミニウムパイプ

4位 高儀 『GISUKE パイプカッター ミニ PC-100』

価格:642円(税込)

塩化ビニールパイプやアルミ、銅管まで切断可能なミニパイプカッター

こちらの商品も5位で紹介したミニパイプカッターと同じミニのパイプカッターです。本体の素材に亜鉛合金を採用しているので耐久性があり切断対応サイズも3mm~22mmとなっている使い勝手の良いパイプカッターです。

 

内側用パイプリーマーも付いているのも人気の理由で最大肉厚3mmのパイプまでなら切断可能です。スチールや塩化ビニール、銅やアルミなどのパイプも切断可能なので様々な場面で使用が出来るのもおすすめのポイントです。

 

全長が7cmで高さも4cmなので使用する際は滑り止めなどを着用するのがおすすめです。レビューでも非常に使いやすいといった声も多く挙がっており、保管しておくだでけでも安心感があります。

サイズ:全長約7cm×高さ約4cm重量:130g
切断可能な直径:φ3~22mm、最大肉厚3mm切断可能な素材:スチール・銅・真鍮・アルミ・塩ビのパイプ

3位 kinlight 『パイプカッター PC-32 替刃付き(3枚)』

価格:1150円(税込)

人間工学に基づいた設計とグリップで握りやすい

金属製のパイプも楽々にカットが出来て、替え刃が3枚も付属しているので非常にコストパフォーマンスに優れた商品です。切断対応サイズも3mm~32mmと非常に幅広いのでどんなパイプにも対応がしやすいのみおすすめのポイントです。

 

人間工学に基づいた設計とグリップで非常に握りやすいので力も入れやすいです。そのため性別に関係なく扱いやすく、それも人気の理由となっています。面取りカッターも付いているので切断面を滑らかにできます。

 

レビューでも切れ味が良く、使いやすい上に切断面がキレイですといった声が多数挙がっており、どんな方にもおすすめできる人気のパイプカッターとなっています。

サイズ:ー重量:255.3g
切断可能な直径:3~32mm,1/8″-1-1/4″切断可能な素材:パイプ、銅管・真鍮管・塩ビ管など

2位 SK11(エスケー11) 『パイプカッター 切断能力 4~32mm PC-32』

価格:2107円(税込)

女性でも扱いやすい人気のパイプカッター

ワンタッチスライド機構を採用しているので開閉がスムーズで扱いやすいパイプカッターです。ステンレスや鋼、銅管から塩化ビニールパイプなど、これ1本で様々な種類の素材のパイプを切断できるので非常におすすめです。

 

面取りナイフも付いており、プロの方からDIYを趣味とする一般の方までどんな方にもおすすめしやすいです。重量も400gよりも軽いので女性でも扱いやすく力も入れやすいサイズなのも嬉しいポイントです。

 

レビューでも高性能で値段も安いのでコストパフォーマンスに優れており、非常に使い勝手も良いという声もあり、人気の高さが窺えます。女性でも物干し竿などが簡単に切断できると性別を問わず人気です。

サイズ:ー重量:376g
切断可能な直径:6mm~50mm切断可能な素材:ステンレス管・鋼管・銅・真鍮・アルミ・塩ビ等

1位 SK11(エスケー11) 『パイプカッター 切断能力 4~32mm PC-32』

価格:990円(税込)

値段も安く使いやすいと人気のパイプカッター

専用の替え刃を装着することでその素材専用のパイプカッターにもなる使い勝手の良いパイプカッターです。切断対応サイズも4mm~32mmと幅が広いのでプロの方からDIYを趣味とする方にまで人気です。

 

値段も非常にリーズナブルなのも人気の理由で、面取りカッターも付いているのも嬉しいポイントです。レビューでもキレイに切断ができて使いやすいという声も多くあり、人気が高いです。

サイズ:ー重量:300g
切断可能な直径:4~32mm、切断肉厚:最大3mm(薄肉ステンレス鋼管・鋼管は1.2mm以下)切断可能な素材:パイプ、銅管・真鍮管・塩ビ管など

まとめ

人気のパイプカッターを紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。種類によって切断できる素材やパイプの太さが大きく変わるのでしっかりと確認してから購入するようにしましょう。またラチェット式は使い方が楽なので女性でも扱えることからおすすめです。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ