【2021年最新】人気のオフロードヘルメットのランキング10選【可愛いデザインもおすすめ!】

記事ID133200のサムネイル画像

オフロードヘルメットは一般的なフルフェイスのヘルメットと形状など違う特徴が多くあるヘルメットです。今回はそんなオフロードヘルメットの種類や特徴などおすすめの選び方を紹介します。この記事を読んでぜひ充実したオフロードバイクを楽しんでください!

オフロードヘルメットの特徴的な形状には意味がある

オフロードヘルメットといえば形状がオンロードヘルメットと違うことが特徴的です。まず目の部分の上にバイザーと呼ばれる突出した部分があること。そして口元が少し尖っているようになっていることが特徴的です。

 

オフロードバイクのバイザーの目的は日除けなどもあるが、基本は土除けになっています。レースなどでは前を走るバイクが巻き上げた土が上から大量に降ってくるので、それを除けるためというのが一般的です。

 

また口元はチンガードとも呼ばれており、激しく動くオフロードでは息が荒くなり一般的なヘルメットだと呼吸がしづらくなることがあります。それを防ぐために少し口元に空間を開けているといわれています。

 

またオフロードの場合、顔の前面から木に衝突したり地面に衝突することもある危険なスポーツであることからチンガードやバイザーが先に接触することで顔への衝撃を柔らかくしているという目的もあると言われています。

オフロードヘルメットの選び方

オフロードヘルメットだけに限らずヘルメットは命を守る大切なアイテムです。そのため見えない部分など細かい場所もしっかりと設計して作られているので、自分のサイズに合ったものや用途に合ったオフロードヘルメットを購入するようにしましょう。

オフロードヘルメットの種類から選ぶ

オフロードヘルメットの中にも大きく分けて2種類が存在します。主にどこを走るかで選ぶことができるので自分がどういった場所をよくバイクで走行するのか把握しておくと購入した後に失後悔することがなくなります。

モトクロス用ヘルメットから選ぶ

モトクロスやエンデューロなどの競技や大会に出ることを想定しているのなら本格的なモトクロス用のオフロードヘルメットを購入することをおすすめします。このタイプのオフロードヘルメットの特徴としては一般的なヘルメットに付いているシールドと呼ばれる目を守る部分に何も無いことが特徴です。

 

これはモトクロスなどの競技の場合はシールドだとすぐに曇って前が見えなくなってしまうのでゴーグルを着用することを前提として設計されているためです。そのため主に競技でしか使用しないのであればこのモトクロス用のオフロードヘルメットがおすすめです。

 

またモトクロス用のオフロードヘルメットは一般的なヘルメットよりも重量が軽く設計されている場合も多く、全てにおいて日常的な使いやすさよりも競技でいかに使いやすいかを重視して設計されています。

多目的ヘルメットから選ぶ

多目的ヘルメットとモトクロス用のヘルメットの大きな違いは重量がモトクロス用と比較して少し重たいのとシールドが付いているということです。公道を走ることにも対応している多目的ヘルメットは雨を凌ぐためのシールドが最初から付いており、シールドを上げることでゴーグルも着用できるのでオフロードなどにも対応が出来ます。

 

ハッキリとモトクロスなどの競技や大会に出るかどうか分からないといった場合やオフロードバイク初心者という方はまず多目的ヘルメットをおすすめします。

 

モトクロス用のオフロードヘルメットは公道などが走りにくい場合もあるので多目的ヘルメットで慣れてきてからでも購入は遅くありません。ヘルメットは値段が高いこともあり、すぐに買い替えることが難しいので多目的ヘルメットはおすすめです。

 

 

サイズやデザインから選ぶ

ヘルメットのサイズはしっかりと選ぶようにしましょう。簡単に頭から外れるようなサイズでは命を預けることはできません。その上でデザインなども見て購入するようにするのがベストといえます。

サイズから選ぶ

頭のサイズは画像にもあるようにおでこの高い位置で計測するのが一般的とされていますが、ヘルメットのメーカーによってフィット感が違うことも多いので実際に店舗でかぶらせてもらうのが一番ベストです。

 

またオフロードヘルメットの場合は少し小さいと感じるぐらいのサイズが丁度いいとされています。これは衝撃を多く受けるオフロードでは衝撃でズレることもあるのでオフロードヘルメットは小さめのサイズがおすすめです。

デザインから選ぶ

オフロードヘルメットに限らずデザインが特徴的なヘルメットも多く販売されています。また有名なプロライダーのレプリカモデルなどもあり、サイズや内装など機能性も自分に合ったヘルメットを見つけたらデザインで選ぶのも選択肢の1つです。気に入ったデザインのヘルメットで走行するとよりバイク走行が気持ちよく感じます!

機能性から選ぶ

オフロードヘルメット含むヘルメットには目に見えない部分や細かい部分もしっかりと技術を施していたりする製品が多く販売されています。そのためどんな機能が搭載されているかは購入前にしっかりとチェックしておきたいポイントです。

内装が取り外せるオフロードヘルメットから選ぶ

オフロードヘルメットは土をかぶったり激しい運動をする競技なので汗もすごく一般的なオンロードヘルメットなどよりも手入れをする回数などが増えます。そのため内装が外せるタイプじゃないとしっかりと洗うことが出来なくなります。

 

現在ではほとんどのオフロードヘルメットの内装は外せるようですが、万が一のために内装が取り外せるかどうかは事前にチェックしておきましょう。

ゴーグルも種類があるのでしっかり選ぶ

オフロードを走行する場合はシールドではなくゴーグルを着用する場合が多くなるので、しっかりとゴーグルも選ぶようにしましょう。ゴーグルも眼鏡の上から着用できるタイプのものなどもあり、自分の環境に合ったゴーグルを選ぶことでオフロード走行の快適さが大きく変わる場合もあります。

人気のメーカーから選ぶ

ヘルメットは命を守るアイテムなので安心と信頼のあるメーカーから購入するのも大事な選択肢の1つと言えます。ここでは国内や国外でも人気のヘルメットメーカーを少しですが紹介します。

ショウエイから選ぶ

ショウエイはおそらくバイクに乗る人なら1度は耳にしたことがある世界的にも有名なメーカーです。国内はもちろんアメリカやヨーロッパなどでも人気で世界60ヵ国以上で販売されている人気のヘルメットメーカーです。

 

世界一の品質を目標に設計されたヘルメットは機能性や安全性も抜群で、国内外問わずファンが多いです。またデザイン性も高く評価されているまさに高級ヘルメットの代名詞でもあります。

アライから選ぶ

アライヘルメットは国内のヘルメットメーカーであり、ショウエイブランドと人気を二分しているといっても過言ではない人気のブランドです。60年以上の歴史があり日本で初めてバイク用ヘルメットを創ったとされています。

 

ライダーでもあるアライが納得したヘルメットしか世に出さないという歴史もあり高品質で世界のレーサーから愛用されています。

HJCから選ぶ

HJCは韓国のヘルメットメーカーで世界的なレーサーにも愛用者が多い世界で人気のヘルメットメーカーです。一般向けにレプリカモデルなども販売しており、魅力的なデザインが多いことでも有名です。

 

また値段がリーズナブルなヘルメットも多く販売されていますが品質は高く、国内でも愛用者が多い人気のブランドです。

オフロードヘルメットの規格や認定について

オフロードヘルメットを選ぶならしっかりと規格にも注意しておきましょう。この規格が無いものや認定がされていない場合は公道を走る上で安全性が無いということになってしまったりレースなどにも参加できない可能性があります。

SG規格 JIS規格について

SG規格とは安全性をアピールすることが出来るので国内で販売されているヘルメットにはほぼ全てに付いている規格とされています。そのため海外製のヘルメットなどには付いていない場合がありますが、だからと言って公道が走れないということはないので安心してください。

 

またSG規格には125cc以下での使用が推奨されている場合のものと無制限のものがあり、無制限の方が基準が厳しくなっています。また同じような規格にJIS規格と呼ばれるものもありますが、こちらなSG規格よりも厳しい規格です。

MFJ公認について

MFJ公認かどうかというのは公道を走行する上では関係ありませんが、モトクロスなどのMFJ主催のレースなどに参加する際には必ず必要となる認定です。そのため将来レースなどに参加したいと考えている場合はこのMFJ公認かどうかというのは非常に重要なポイントとなります。

人気のオフロードヘルメットのランキング10選

ここからは人気のオフロードヘルメットをランキング形式で紹介します。ヘルメットは自分の命を守ってくれる大切なアイテムです。しっかりと信頼できるオフロードヘルメットであり、自分好みのデザインのオフロードヘルメットを選んでオフロードバイクを楽しみましょう!

10位 ショウエイ(Shoei) 『バイクヘルメット オフロード HORNET ADV NAVIGATE (ナビゲート) TC-6 L』

スポーツライディング用の多目的ヘルメット

クロスカントリーにも対応でき、オンロードでも軽快に走れる快適性を持ち合わせた多目的用ヘルメットでデザインも素晴らしい商品です。世界的にも有名なヘルメットのメーカーであるショウエイ製品なので信頼性が高く安心して使用できるのも人気の理由です。

 

ベンチレーション構造を採用しており、開閉式のインナーサンバイザーで空気抵抗も軽減するので走行時のライダーの疲労を軽減してくれます。またバイザーは取り外すことも可能なのでヘルメットのお手入れが楽です。

 

チークパッド上部には部分的にウレタンを採用しており眼鏡装着も可能なのもおすすめのポイントです。スポーツライディング用として非常に高品質な多目的ヘルメットで性能や機能が高いおすすめのヘルメットです。

サイズ:L (59cm) 重量:2.42kg
規格:JIS規格  

9位 アライ(Arai) 『バイクヘルメット フルフェイス オフロード Vクロス4 バーシア VX4 BARCIA 57』

ジャスティン・バーシア選手のレプリカモデル

ヘルメットメーカーとして実績もあり人気の高いアライ社製のヘルメットでデザインが特徴的でかっこよく人気が高いです。内装がハイフィッティング冷で乾内装ですがオプションにより調節できるのもおすすめのポイントです。

 

オフロード用ヘルメットの(V-クロス4)をベースとし、プロライダーである「ジャスティン・バーシア」選手のレプリカモデルなのでファンの人にはたまらないヘルメットです。デザインもバーシア選手の鋭い走りを再現しているかのようなデザインです。

 

本格的なオフロード用ヘルメットをベースとしているのでシールドが付いていないのでゴーグルが必要になるので注意が必要です。しっかりと小さいサイズから大きいサイズまで選べるのも人気の理由です。

サイズ:57cm-58cm 重量:2.24kg
規格:SNELL/JIS  

8位 Hjc 『バイクヘルメット オフロード (MC1) CS-MX2エッジ HJH123』

ツーリングからレースまで使用できる人気のオフロードヘルメット

韓国のヘルメットメーカーであるHJC社製でこちらの商品は値段がリーズナブルになっているので手に取りやすいのが特徴的な商品です。リーズナブルですがデザインもかっこよくしっかりと作られているのがおすすめのポイントです。

 

カラーもブラック/レッドとホワイト/ブラックの2種類から選べるのも人気の理由でツーリングからレースまで幅広く使用できるので使い勝手が非常に良いヘルメットです。

 

内装が着脱式になっているので洗濯など手入れが楽でヘルメット自体のアイポートも広く設計されているので視界が広くゴーグルの収まりも良いのでズレたり外れたりすることはまずありません。

サイズ:XL 61cm-62cm 重量:2.18kg
規格:SG、JIS、MFJ公認  

7位 ショウエイ(Shoei) 『 バイクヘルメット オフロード HORNET ADV NAVIGATE (ナビゲート) TC-3 L (59cm) 』

フィットしていても圧迫感がない内装が人気の多目的ヘルメット

硬い素材のポリカーボネイトを素材としたシールドはワンタッチで着脱が可能でしっかりと密閉される上に内装のシステムにより風切り音を極限まで抑える構造でイヤーパッドを装備すれば大幅に風切り音の低減を実現します。

 

アウトレットホールが7ヶ所あるのでヘルメット内の熱をしっかりと外部に逃がしてくれるので快適にライディングが可能なのも人気の理由です。クイックリリーススクリューでバイザーが簡単に着脱可能なのもおすすめのポイントです。

 

レビューでも命を守るものだから値段が高くても性能の高いヘルメットを選んだという声や内装がしっかりしていてフィットしているのに圧迫感がなく快適にライディングできますといった声が挙がっており人気の高さが窺えます。

サイズ:L 59cm 重量:2.42kg
規格:JIS規格  

6位 ショウエイ(Shoei) 『バイクヘルメット オフロードHORNET ADV SEEKER TC-6 M(57cm)』

空気抵抗と風切り音を極限まで低減した人気の多目的ヘルメット

こちらの商品はランキングでも10位と7位に登場したHORNET ADVシリーズで、とても人気が高いことが分かります。空力性能と機能性を実現したバイザーが特徴で泥除けや日除けなどはもちろんですが、バイザーの表面の通気口がしっかりと空気を後ろに流してくれるので空気抵抗を大幅に低減しています。

 

またシールドはポリカーボネイトを素材としており、スプリング機構でシールドと窓ゴムがしっかりと密着し風切り音の発生を極限まで抑えており、ヘルメット本体のエアロフォルムとで風切り音の発生をさせない多目的ヘルメットとなっています。

 

そのためレビューでも風切り音が少ないので快適に走行できるといった声や価格に見合った性能で満足の1品といった高評価を多くの方から得ています。

サイズ:M 57cm 重量:2.38kg
規格:JIS規格  

5位 アライ(Arai) 『バイクヘルメット オフロード V-CROSS4』

内装が調節できる本格的なオフロードヘルメット

本格的なオフロードヘルメットであるV-クロスS4でカラーがホワイト・ブラック・フラットブラックと3種類から選べる人気のオフロードヘルメットです。ブラックとフラットブラックの違いは光沢の違いなので自分の好みで選んで問題ありません。

 

内装はオプションにて調節可能なので自分好みの内装に近づかせることができるのもおすすめのポイントでサイズもXSの小さいサイズからXLまで幅広く販売されているので性別や体型に関係なく使用できるのも人気の理由です。

 

シンプルなデザインでレビューでもインナーの赤が気に入ったといった声やフィット感がすごくありホールド感もあるといった声も多く挙がっている人気のオフロードヘルメットです。

サイズ:M 57cm~58cm 重量:2.24kg
規格:SNELL/JIS  

4位 帝都産業 『インナーサンバイザー装備 オフロードヘルメット TX-28 パールホワイト モトクロス 全排気量対応 【thh-tx28-w】』

開閉式のインナーサンバイザーが特徴のオフロードヘルメット

こちらの商品は値段が非常にリーズナブルなことが特徴的なオフロードヘルメットでエアベンチレーション機能もあります。また内装が着脱可能で、吸汗・速乾性のある素材を使用しているので使い心地が非常に良いです。

 

クイックリリースシールドシステムであり、バイザーも角度の調節が可能なだけでなく着脱が可能なので手入れも楽に行えます。顎周りからの巻き込み風をしっかりと防いでくれるチンカーテンなのもおすすめのポイントです。

 

オフロードやアドベンチャーツアラーに最適でレビューでも価格と性能に満足しているといった声もあるおすすめのオフロードヘルメットです。

サイズ:XXL 63cm~64cm 重量:1.8kg
規格:PSC、SG(全排気量対応)  

3位 ウインズジャパン(Wins Japan) 『ヘルメット オフロード X-ROAD FREE RIDE マットカモグレー M 5735』

シンプルなデザインで値段もリーズナブルな人気のオフロードヘルメット

UVカットのシールドにダブルバイザーシステムを搭載した人気の国内ヘルメットメーカーであるウインズ社製のオフロードヘルメットです。内装もしっかりと洗えるのでお手入れが楽なことはもちろん、値段がリーズナブルなことも人気の理由の1つです。

 

デザインはシンプルでかっこよく、走行中でもベンチレーションの開閉が可能でヘルメット内の蒸れをしっかりと防ぐことができるのでライディングが快適です。ヘルメットのサイズは内装によって変更が可能でM~XLまで調節が可能です。

 

センターパッドやチークパッドのサイズを組み合わせることで自由なカスタマイズが可能なのもおすすめのポイントでレビューでもデザインがかっこよくファンになったという声もあるほど人気のオフロードヘルメットです。

サイズ:M 重量:2.28kg
規格:SG/PSC  

2位 Nakasami 『オフロードヘルメット』

最高級のガラス鋼を使用した安全性の高いオフロードヘルメット

こちらの商品はゴーグルが付いてくる人気のオフロードヘルメットで通気孔が3段階に開閉するのでヘルメット内部の蒸れをしっかり防いでくれる人気のヘルメットです。最高級のガラス鋼を使用しているので安全性もバッチリなのもおすすめのポイントです。

 

海外製品なのでサイズが一般的なものよりも若干ですが小さくなっているので購入する際には注意が必要です。特徴的なカラーも人気で他のヘルメットと並べても目立ちます。

 

高圧ホット可塑性技術を採用したヘルメット本体で 高硬度複合材料を使用し、しっかりと衝撃を吸収してくれるのも人気の理由です。また値段もリーズナブルな点もおすすめのポイントとなっています。

サイズ:XXL 63cm~64cm 重量:ー
規格:PSC  

1位 xinaishan 『WLT-155 オフロードバイク ヘルメット』

12種類ものデザインから選べるリーズナブルなオフロードヘルメット

こちらの商品はゴーグルが付属しており、値段が非常にリーズナブルなのが特徴のオフロードヘルメットです。とにかく持ち合わせがなくてすぐにオフロードヘルメットが欲しいという人におすすめの商品です。

 

写真はシンプルなヘルメットですが、12種類のデザインから選ぶことができるので気になった方はぜひ下のボタンから商品紹介ページに飛んでみてください。インナーにはCOOLMAX素材を使用しており除菌消臭効果もあります。

 

また通気性も高いので走行中も快適です。レビューでも塗装やデザイン・ゴーグルの質の高さに驚いたといった声もあり、リーズナブルながらもしっかりとした作りになっている人気のオフロードヘルメットです。

サイズ:XXL:62~63センチ 重量:ー
規格:ー  

まとめ

人気のオフロードヘルメットを紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。オフロードヘルメットはデザインも特徴的なものが多く他の人と見た目でも差をつけやすいアイテムですが基本は頭部分を守ってくれるものなので、しっかりと守ってくれることを優先してからデザインなどで差をつけましょう!

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2020年11月20日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【女子も必見】今人気のオフロードヘルメットおすすめランキング10選

【女子も必見】今人気のオフロードヘルメットおすすめランキング10選

バイク用品
【安性を担保】システムヘルメットのおすすめ人気商品ランキング10選

【安性を担保】システムヘルメットのおすすめ人気商品ランキング10選

バイク用品
【2021年最新版】システムヘルメットの人気おすすめランキング15選

【2021年最新版】システムヘルメットの人気おすすめランキング15選

バイク用品
バイクゴーグルの人気おすすめランキング15選【ジェットヘルメット】

バイクゴーグルの人気おすすめランキング15選【ジェットヘルメット】

バイク用品
【機能性抜群!】かっこいいオフロードゴーグル人気のおすすめランキング10選

【機能性抜群!】かっこいいオフロードゴーグル人気のおすすめランキング10選

バイク用品
バイクシューズの人気おすすめランキング25選【レディースにも】

バイクシューズの人気おすすめランキング25選【レディースにも】

バイク用品