記事ID133172のサムネイル画像

【風邪や喉の痛みに効く】ユンケルの人気おすすめランキング11選

栄養ドリンクの代表格ともいえるユンケル。現在ユンケルは30種類以上あり、どのユンケルが自分の症状に効果的でおすすめなのか選びにくいという方も多いようです。そこで、ユンケルの選び方と人気になっているユンケルのおすすめをランキング形式でご紹介します。

ユンケルはピンポイントの疲労回復には最適?

昭和31年に誕生したユンケル。ユンケルの種類が多いのは、「疲れ」というキーワードにこだわり、疲れのタイプに合わせて生薬配合のバランスを変えて製造し販売しているからです。そもそも疲れの症状はライフスタイルや体質など個人差があります。

 

ユンケルは、「細胞の酸化を防ぐ」・「抵抗力」・「疲れ」の3つに注目し疲れのタイプ別にもっとも効果的に作用する成分を組み合わせてそれぞれのユンケルを誕生させています。その為、免疫力アップから新陳代謝を促進する働きも期待できます。

 

それも使っているのは高品質な原料で、不足しがちなビタミン類もしっかり配合しています。つまり、ピンポイントの疲れに作用させる栄養ドリンクとしては最適です。

 

今回は、実際ユンケルを飲んでいる方の口コミと一緒に、人気になっているおすすめのユンケルをご紹介するのでぜひ検討してみてください。

喉の痛みを感じたときや夏バテに効く!

ユンケルは疲れた時の疲労回復に効果的だと思われている方が多いかもしれませんが、喉の痛みなどの風邪をひいた時にも効果を発揮してくれます。

 

毎年夏になると猛暑によって夏バテになり、体調が悪くなったり食欲が無くなったりして困って入る方もいるのではないでしょうか。ユンケルはそんな夏バテによる症状にも効果があるようです。

 

ユンケルに含まれるビタミンB群やクエン酸の働きによって、夏バテの症状を緩和してくれるのだとか。

ユンケルの選び方

ユンケルは、含まれる成分や種類や値段も様々です。自分の求める効果に合う商品や飲みやすさなどに注目して選び方のポイントをおさえておきましょう。

症状や用途で選ぶ

ユンケルは、症状や用途で選ばないと思ったような効果を得られなかったりリスクも心配です。それぞれどんな効果を期待するのかで選ぶのが基本です。

効き目なら「医薬品」 リスクの心配がないのは「指定医薬部外品」

栄養ドリンクは、薬機法により「一般医薬品」と「指定医薬部外品」の2つの種類に分けられています。「一般医薬品」は、ユンケルのパッケージに「第2類医薬品」・「第3類医薬品」と記載されています。

 

第2類医薬品と第3類医薬品は、効果や効能が医療的な観点から「効果が認められる」もしくは「見込まれる」栄養ドリンクのことです。つまり、効き目に期待するなら第2類医薬品・第3類医薬品と記載があるユンケルがおすすめです

 

ただ、第2類・第3類医薬品は、副作用のリスクなどに注意は必要です。一方、指定医薬部外品は、医薬品と化粧品の中間程度の効果を期待するもので、改善する効果は求められるものの作用については弱く緩やかで副作用のリスクがない栄養ドリンクです。

 

すなわち、穏やかな効き目でリスクの心配がないユンケルなら指定医薬部外品がおすすめです。

疲労回復や風邪なら「滋養強壮タイプ」

体がだるくて、仕事などの疲れがなかなか取れない方には疲労回復作用があり滋養強壮効果に優れた働きをするユンケルがおすすめです。風邪などの熱で体力を消耗してしまったり食欲がないときなどにも適しています。

 

滋養強壮効果を狙ったユンケルは、滋養強壮に的確に働くエレウテロコック流エキスに加え、黄精流エキスなど強壮生薬も配合されているのでより効果的に疲労回復に努めます。

 

他にも、ビタミンB2リン酸エステルやγ-オリザノールなども配合されたユンケルは、肉体疲労や風邪で弱り切った体力の消耗回復から栄養補給までしっかりサポートします。

スポーツ疲れなら「エネルギー補給タイプ」

激しいスポーツや、毎日のランニングなどで疲労がなかなか抜けない方や、体力を消耗したときなど疲れから一気に抜け出し体力を回復するなら、エネルギー補給タイプのユンケルがおすすめです。

 

特に、シリーズの中でトップクラスに位置するユンケルファンティーが優秀で、若い世代からシニア世代までのスポーツ疲れや消耗した体のメンテナンスやサポートに作用します。

 

ユンケルファンティーは、ローヤルゼリーを始め植物性生薬のニンジンやタイソウなど15種類の生薬が配合され疲労回復を促します。

 

さらに、健康維持に働きかけるビタミンB2リン酸エステルや、筋肉や血液を作る時に作用するビタミンB、他にもビタミンE酢酸エステルなども配合されスポーツ疲れに着目した商品です。

眼精疲労や腰痛や肩こりなら「痛み緩和作用があるタイプ」

ユンケルには、目の疲れや神経痛や関節痛に働きかけるユンケルもあります。眼精疲労から五十肩や腰痛、肩こりなどの痛みを緩和するのにおすすめのユンケルです。

 

これらのユンケルに配合されている成分には、腸管からの吸収に特化したフルスルチアミン塩酸塩(ビタミンB1誘導体)や、より効果を高めるためにニコチン酸やアミドに、パントテン酸カルシウムなどで疲れや痛みに効果的に作用します。

 

また、このタイプのユンケルには、ドリンクタイプ以外に錠剤タイプもあります。中には、フィルムコーティング錠を採用したことで1日1~2錠飲むだけの手軽に摂取しやすい持ち歩きに便利な形状もあります。

女性には「栄養補給ができるマイルドタイプ」

ユンケルには、女性を対象にした商品で子育てや働く女性にも飲みやすいマイルドタイプのユンケルもあります。その代表がユンケル皇帝Lです。

 

このユンケルは、妊娠授乳期でも飲むことが可能なので、風邪をひいても風邪薬を飲むことができない時にはおすすめのユンケルです。また、ダイエットの為に食事を制限することで栄養が不足しがちになってしまう方にも、栄養を補うドリンクとして適しています。

 

ユンケル皇帝Lにも、疲労回復を助けるローヤルゼリーから様々な植物性生薬も配合され、各種ビタミンも豊富に含まれているので風邪やダイエットなどで弱っている体に作用します。

カフェインで選ぶ

ユンケルには、カフェイン入りとカフェインフリーもあります。カフェインは注意点もあり、場合によっては体に影響が出る可能性もあるのでカフェインも確認して選びましょう。

眠気を飛ばしシャッキとするなら「カフェイン配合」

休めない仕事や勉強などで、どうしても眠気を取り除いてシャッキとしたいなら覚醒作用があるカフェイン配合のユンケルがおすすめです。

 

ただ、カフェインは、どの栄養ドリンクでも過剰に摂り過ぎる危険性や影響が指摘されているので摂り過ぎのないように注意が必要です。特に、コーヒーやお茶を頻繁に飲むという方はカフェイン入りのユンケルは控えた方がいいかもしれません。

 

もちろんユンケルとコーヒーなどを飲むのも避けましょう。また、寝る前に摂取するのも避けたほうがいいです。ユンケルを飲むタイミングは栄養の吸収率でいくと食後がおすすめです。

飲むタイミングは食前でも食後でも構いませんが、栄養分の吸収を考えれば「食後」のほうが効率的でしょう。また、カフェイン入りのものは、就寝前の服用を避けるようにしてください。

出典:https://www.yunker.jp

妊娠中・授乳中や高齢の方なら「カフェインフリー」

妊娠中や授乳中は、カフェインの量に制限がかかることもあり安心して飲むならカフェインが入っていないカフェインフリーのユンケルがおすすめです。もちろん用法と用量を守って飲むことが原則です。

 

また、高齢の方でもカフェインフリーのユンケルをおすすめします。高齢になってくると消化器官などの働きも低下してくるため、ユンケルを飲んだ後にいつまでもカフェインが体の中にとどまってしまう可能性があります。

 

そうなると不眠の心配やいろんな影響も考えられます。カフェインを含まないユンケルなら、タイミングを考えることなく寝る前でも飲むことができます。

価格や味で選ぶ

ユンケルは、種類によって価格にも幅があり味も違います。特に、辛みや苦みが強いと飲みにくい場合もあります。求める効果や飲みやすさなど自分に合うタイプで選びましょう。

より効果を求めるなら「価格が高いタイプ」

ユンケルは、全般的に価格が高いですがユンケルの価格が高いのは厳選された生薬を用いて効き目に重点を置いているからです。それも、ユンケルには共通する成分がほとんど入っていません。つまり、より効果を求めるなら価格が高いタイプがおすすめです。

 

ユンケルに含まれる生薬は、栽培から入荷まで徹底した管理の中で品質も専門の鑑定士が行うなど丁寧に抽出し時間をかけて製品化しています。

 

また、コンビニで購入できるユンケルは指定医薬部外品のため、価格が手頃なユンケルロイヤルVなどは作用や効き目などが穏やかになっています。

Q、どうしてユンケルは、他の栄養ドリンクに比べて値段が高いの?
A、効き目を重視した生薬を厳選配合しているからです。
それでもちょっと高く感じちゃう・・・という方は、ビタミンB群を中心に配合している「ファンテユンケル3Bドリンク」(150円・税抜)や、お求めやすく厳選された生薬も配合している「スパークユンケル」(272円・税抜)、「スパークユンケルDX」(350円・税抜)などをどうぞ!

出典:https://www.yunker.jp

コスパが良く手軽なら「顆粒タイプ」

ユンケルといえば、栄養ドリンクとして瓶タイプが代表的ですが顆粒タイプもあります。これが意外に人気となっていて、瓶タイプよりもコスパが良く気軽に飲めると好評です。

 

顆粒タイプは、スティックタイプで容量がわかりやすく摂取しやすいメリットや、長期保管するのにも適しています。さらに顆粒にはアルコール成分も入っていません。1包みで約2~3kcal程度なのでダイエット中などでカロリーを心配する人でも安心です。

 

顆粒タイプにはノンカフェインもあるので、女性や高齢者の方でも摂り入れやすくコスパが良く持ち歩けて手軽に飲むなら顆粒タイプがおすすめです。

ドリンク特有の味が苦手なら「マイルド味」

ユンケルの味には、栄養ドリンク剤の独特な辛みが強いタイプもあり苦手に思う方もいるのではないでしょうか。そんな方には、マイルド味のユンケルがおすすめです。特に、辛みが控えめで口当たりが良く、女性に飲みやすいと評判なのはファンテユンケル3Bドリンクです。

 

ビタミンB11硝酸塩やビタミンB2リン酸エステルなどビタミンB群を主流に配合されている商品です。また、ビタミンCを500mg配合している肉体疲労や発熱時の栄養補給に働くユンケルローヤル・Cも甘酸っぱく飲みやすさで人気の商品です。

 

他にも、生薬配合の滋養強壮に大きな働きを見せるユンケル皇帝Lも辛みが控えめです。

ユンケル人気ランキング11選

11位  タケダドラッグ『ユンケル G2』

タケダドラッグ

【第2類医薬品】ユンケルG2 30mlx10 ワンランク上のユンケル

価格:5,979円(税込)

楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

滋養強壮に効果的なユンケルG2

ユンケル黄帝ゴールド2は、中国や日本などで滋養強壮として用いられている薬用植物のイカリソウ・ニンジン・ゴミシ・サンシュユの流エキス、肉ジュ蓉エキスと反鼻チンキを配合したドリンクです。

 

これらの栄養成分は滋養強壮、肉体疲労・病中病後・食欲不振の時の栄養補給などに効果をあらわしてくれます。

容量30ml主成分イカリソウ、ニンジン、反鼻チンキ他
カフェイン50mg

10位 佐藤製薬 『ユンケル1・6・12液 』

佐藤製薬

【第3類医薬品】ユンケル1・6・12液 60mL×3

価格:1,219円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ビタミン類を中心に配合!眼精疲労や神経痛に作用

ビタミン類を中心に配合された、眼精疲労や神経痛などに作用するユンケル1・6・12液 です。ビタミンB群は、炭水化物・脂肪・タンパク質の代謝に作用するといわれ、皮膚や被毛などの成長を促進するB6等も配合されています。

 

他にも、不足すると集中力が低下したり痛みやだるさなどを引き起こすといわれるビタミンB12なども配合され、目の疲れや肩こりや腰痛、しびれなどに悩まされる方におすすめです。

 

また、妊娠中や授乳期の方の腰痛や体力回復などにも適していて、カロリーが気になる方でも約7.5kcalと低カロリーなので飲みやすいです。

容量60ml主成分ビタミンB1硝酸塩/ビタミンB6/ビタミンB12他
カフェイン情報なし

9位 佐藤製薬『ユンケル黄帝液40』

佐藤製薬

【第2類医薬品】ユンケル黄帝液40 40mL

価格:598円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

発熱やだるさを楽にしてくれる風邪をひいた時の救世主!

ユンケルの代名詞、ユンケル黄帝液です。ユンケル黄帝液は、オーソドックスながらも風邪から来る発熱などで体がだるい時に疲労を取り除き体を楽にしてくれると、働き盛りの年代から仕事や育児に忙しい世代の女性にも愛飲する方が多いです。

 

レビューでは、風邪かな?と感じたらユンケルで乗り切れる!風邪をひいた時には即効性がある!など、全体的に風邪をひいた時の救世主と考える口コミが多いです。

 

黄帝液の中でも値段が手頃なので、風邪をひきやすい方や仕事や育児を休めなという方の強い味方としておすすめのユンケルです。

容量40ml主成分反鼻/シベット/ローヤルゼリー他
カフェイン50mg

8位 佐藤製薬『スパークユンケルDCF』

佐藤製薬

【第2類医薬品】スパークユンケルDCF 50mL×10

価格:1,598円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

飲み口がすっきり!もうひと踏ん張りが必要な時に

疲労回復・滋養強壮として疲れた体に的確に働きかけるスパークユンケルDCFです。飲み口がすっきりとしていて口当たりがよく、女性にも飲みやすいユンケルとして人気があるシリーズです。

 

レビューでは、風邪の引き始めや疲れたと感じた時に飲むと体が軽くなり1日中動いても疲れがない!という声や、安いユンケルでも十分効果が感じられる!と活力を与えるユンケルとして推奨したいという口コミもあります。

 

男女問わず、疲れを感じたときや体がだるいときなどもうひと踏ん張りが必要なときにおすすめです。

容量50ml×10本主成分イカリソウ流エキス/オウセイ流エキス他
カフェイン情報なし

7位 佐藤製薬『ユンケルスター 』

佐藤製薬

【第2類医薬品】ユンケルスター 50mL

価格:1,915円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

じっくり疲れを解消させるのに最適!

20種類の生薬が配合されたユンケルスター。このユンケルは、日々忙しく過ごす方に支持されじっくりと疲れを解消させるのに最適なユンケルと好評です。

 

購入した方のレビューには、すぐに効き目を感じないがじんわりと疲れが抜け持続性も感じた!という声や、気疲れや腰痛や頭痛にも飲むと効く!など、痛みの緩和にも一役買っているようです。中には、常に予備のストックがないと不安になるという方もいるほどです。

 

根本的な疲れや痛みなどは病院に行く必要もありますが、いざという時のために常備しておくユンケルとしておすすめです。

容量50ml主成分紅参/何首烏/イカリソウ他
カフェイン情報なし

6位 佐藤製薬『ユンケル黄帝ゴールド』

佐藤製薬

【第2類医薬品】ユンケル黄帝ゴールド 30mL×2 ×5

価格:6,334円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

胃腸や体が弱っているときにはおすすめ!

ユンケル皇帝ゴールドも、根強いファンがいる栄養補給にはもってこいのユンケルです。6種類の植物生薬がバランスよく配合されていて疲労やだるさを感じる方に作用します。

 

特に、滋養強壮では優秀なので、胃腸が弱い方や虚弱体質の方のサポートには最適です。レビューによると、これを飲むとポカポカと体が温まり疲れが軽減される!苦味がきついが風邪をひきそうになった時や疲れた時に飲むと元気になる!と好評です。

 

若干味に辛みもありきつく感じる方もいるかもしれませんが、胃腸や体が弱っている時にはおすすめのユンケルです。

容量30ml主成分イカリソウ/ニンジン/ゴミシ他
カフェイン50mg

5位 佐藤製薬 『ユンケルローヤルD2』

佐藤製薬 ユンケルローヤルD2 50ml 10本

価格:6,426円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

つらい時にこそ乗り切る方法!ここぞという時の栄養補給

高麗人参やローヤルゼリーを始め、体の疲れ回復に有効に働く8種類の生薬とビタミン類もたっぷり配合されたユンケルローヤルD2です。

 

口コミでは、価格が高くても実際飲めば良く効く!翌朝には効果を感じられた!風邪をひいたときには最適!頻繁には飲めないのでここぞという時にこそ飲む!など、つらい時にこそ乗り切る方法としてこのユンケルを飲んでいる方が多いです。

 

また、タンパク質制限があるご高齢の方も、いろんなドリンクを試しながらこのユンケルに落ち着き効果を実感したと愛飲しているようです。ここぞという時の栄養補給におすすめです。

容量50ml主成分ニンジン流エキス/黄精流エキス /ローヤルゼリー他
カフェイン50mg

4位 佐藤製薬 『ユンケルローヤル200』

佐藤製薬

ユンケル ローヤル200 100ml×10本

価格:1,665円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ここまで回復するなら文句なし!コスパ最強栄養ドリンク

ローヤルゼリー・タウリン・各種ビタミンが配合されたローヤルゼリー200です。50個セットのお得なユンケルです。この商品は、コンビニで購入して飲んだ時の効果をきっかけにハマってしまう方が多いです。

 

レビューでは、疲れて動けないしんどい時期にその効果を感じリピした!という方や、この商品ほど値段が安くて効果が感じられるドリンクはない!という声に、藁にもすがる思いで購入し倦怠感が消えて安くてここまで回復するなら文句なしと高評価です。

 

この価格でユンケルが飲めてコスパ最強栄養ドリンク!との声もあります。効き目は個人差もありますが価格で選ぶならおすすめです。

容量1本(100ml)×50本主成分ローヤルゼリーチンキ/ビタミンB1硝酸塩/ビタミンB2リン酸エステル他
カフェイン50mg

3位 佐藤製薬『ユンケル ローヤルF』

佐藤製薬

ユンケル ローヤルF 50ml×3本

価格:3,782円(税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本格的な栄養補給!徹夜でもこれを飲めば覚醒

本格的に栄養補給ができるユンケルとしてファンが多いユンケルローヤルFです。生薬を10種類配合していて、今までユンケルを試したことがない方なら、ユンケルの栄養補給の実力を感じられるかもしれません。

 

実際飲んでいる方のレビューでは、徹夜で仕事してもこれを飲めば覚醒して翌日も仕事ができる!価格が高いユンケルよりもこのユンケルの方がよく効いて大正解!明日も頑張ろうという気持ちを持たせてくれるお気に入りの1本!とかなり好評を得ています。

 

連日疲労が抜けない方などの栄養補給や気力回復におすすめです。

容量50ml×3本主成分コウジン流エキス/ローヤルゼリー他
カフェイン50mg

2位 佐藤製薬『ユンケルローヤル顆粒 』

佐藤製薬

ユンケルローヤル顆粒 1包(1回分)×20個

価格:1,297円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

猛暑も乗り切れるまさに神!

顆粒タイプのユンケルローヤル顆粒です。発売当初から顆粒でユンケルが飲めると男女問わず幅広い年代に人気になっているユンケルです。ローヤルゼリーから疲労回復や風邪による体力消耗などに作用する成分がしっかり配合されています。

 

レビューでは、これほど体のダルさに効く製品は他には知らない!コンビニで何気に買ったら効いた!という声や、猛暑を乗り切れたのはこのユンケルのおかげ!と感謝する方もいて「まさに神!」と絶賛する方もいます。

 

持ち運びに便利な顆粒なので、風邪をひきやすい方など携帯するユンケルとしておすすめです。

容量顆粒 1包2g(1回分)×20個主成分ローヤルゼリー/ニンジンエキス他
カフェイン40mg

1位 佐藤製薬『ユンケルローヤルC』 

佐藤製薬

【佐藤製薬】ユンケルローヤルC 30ml ×10個セット

価格:2,600円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安い割には効く!コスパでも効果でもお得

購入した方から高い評価で支持されるユンケルローヤルCです。ビタミンCやビタミンE・B2・B6などが配合され、疲労から風邪などで消耗した時の栄養補給になります。高い評価を得ているのは、コスパが良くこの価格で効果を感じられるユンケルだからです。

 

愛飲している方のレビューでは、疲れた時にシャキッとする!風邪がひどくなる前にこれで撃退!安い割に効く!飲みやすく元気も出て受験期の必需品!とコスパでも効果面でもお得と高い評価を付けています。

 

継続して毎日の疲れに対応したい方や、ビタミンCも配合されているので女性の方にもおすすめです。

容量30ml×10個セット主成分黄精流エキス/ローヤルゼリー/ビタミンC他
カフェイン30mg

ユンケルを飲む時の注意点とは?

ユンケルを飲む時の注意点

ユンケルは多様な栄養成分を含み、疲労回復や夏バテに効果的など様々な効果をもたらしてくれることが分かりました。そんなユンケルを飲む時に注意すべきことがあるのか気になった方も多いのではないでしょうか。

ユンケルを飲む時の注意点や疑問をいくつかご紹介します!

薬と一緒に飲んでも大丈夫?

よく薬を飲む時はコーヒーやお茶などの飲み物と一緒に飲まないようにした方が良いと聞きますよね。ユンケルは薬と一緒に飲んでも良いのか気になります。

 

調べてみたところ、ユンケルと一緒に飲んではいけない薬はないようです。

 

しかし、ユンケルと同じ成分が配合された製品を一緒に服用すると効き目が強く現れてしまう場合があるため、心配な方は医師に確認してみるのも良いかもしれないとのこと。

コーヒーやお酒などの刺激物と一緒に飲んでも平気?

結論から言うとコーヒーやお酒などと一緒にユンケルを飲んでも支障はきたしませんが、できれば控えた方が良いとのことです。

 

コーヒーはカフェインを多く含んでいるため、ユンケルと一緒に飲んでしまうと1日のカフェイン摂取量を超えてしまう可能性があります。

 

さらに、アルコールはお酒だけ飲んだ時よりも血流増加が起こりやすくなるため、思わぬ作用が出てしまうことがあるかもしれないため、一緒に飲むのは避けたほうが良いと言われています。

子供に飲ませても大丈夫?

佐藤製薬

ユンケルジュニア 50ml×10本【指定医薬部外品】

価格:1,980円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フルーツ味で子供でも飲みやすいユンケルジュニア

ユンケルの主成分は生薬とビタミンなので子供が飲んでも用量を守ってもらえれば大丈夫だそうです。

 

しかし、子供はカフェインに敏感な体質なため、体力維持で飲ませるのであればカフェインの入っていないユンケルジュニアを飲ませてあげることをお勧めします。

関連記事はこちら

まとめ

ここまで人気のユンケルのおすすめをランキングでご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。ユンケルは種類が多いからこそ、より自分の疲れや目的に合うユンケルを見つけてしまえばいざという時に力強くサポートしてくれます。風邪などによる体力の消耗や体の疲れは、休息とユンケルを上手に併用すれば回復も促され前向きになれますよ。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ