記事ID133171のサムネイル画像

【頭の体操に最適】人気の知恵の輪「はずる」おすすめランキング10選

どなたも一度は遊んだことがある知恵の輪。その知恵の輪に「はずる」という人気シリーズ商品があるのをご存知でしょうか。大人から子どもまで誰でも、そしてどこでも楽しめる、おすすめ知恵の輪の「はずる」について、選び方やおすすめ商品をランキングにしてご紹介します。

おすすめ知恵の輪「はずる」とは

「はずる」はもともと株式会社ハナヤマから「キャストパズル」という名称で販売されていた知恵の輪です。現在は「はずす」と「パズル」を組み合わた「はずる」というキャッチな名前で、なんと世界50か国以上で商品展開されている大人気の知恵の輪です。

 

知恵の輪と聞いて多くの人が思い浮かべるのは、複数の細い金属棒に輪っかを作って絡みあわせたものを試行錯誤して外すタイプではないでしょうか。しかし「はずる」はさまざまな図形やマーク、記号などを立体化させた部品を組み合わせた、まるでオブジェのようにも見える、見た目にも楽しい知恵の輪です。

 

今回は大人から子どもまで楽しめる知恵の輪「はずる」シリーズを人気ランキングでご紹介しますので、ぜひ挑戦してみてはいかがですか。頭の体操として一人でも楽めますし、親しい方や子供さんへのプレゼントにも最適ですよ。

人気の知恵の輪「はずる」の選び方

1983年に発売スタートした「はずる」シリーズには、現在50以上の商品ラインナップがあります。これから「はずる」に挑戦しようという方のために、これら多くのシリーズの中から「はずる」を選ぶ際のポイントをご紹介します。

難易度レベルで選ぶ

知恵の輪に挑戦する際に、最も気になるのは難易度ではないでしょうか。「はずる」はあらかじめ商品ごとに難易度の目安が6段階で表されているので、知恵の輪の初心者から上級者まで安心して楽しむことができます。

初心者はまず難易度1から

知恵の輪の初心者や、子供さんはまず難易度1の「はずる」からスタートして徐々に難易度の高いものにチャレンジしていくようにしてみましょう。知恵の輪は上手く解けたときの爽快感が一番肝心ですから、最初から難しいものに挑戦して、いつまでたっても解けないということでは面白くありません。

 

とは言っても、難易度1や2でも、十分手ごたえがありますから、簡単すぎてつまらないということはないのでご安心を。形もシンプルな難易度1から徐々に複雑な形状になっている難易度2ぐらいまでは、むずかしさと達成感のバランスが、初心者向けのちょうど良いバランスになっているので、初めての方にもぜひおすすめです。

自信のある方は難易度3の中級から

知恵の輪に自信のある方は、難易度3の中級レベルからさっそくスタートしてみるのも良いでしょう。中級レベルからはパーツの形状もバラエティに富んだものも多くなり、まさに知恵の輪と立体パズルを組み合わせた面白さを体感できます。このレベルで「はずる」の魅力にはまってしまう方も多いでしょう。

 

難易度5以上の上級レベルでは「脳に汗をかく」という表現がぴったり当てはまるほどの難しさになります。パーツの隙間や割れ目がはっきり見えているにもかかわらず、一筋縄ではいかない試行錯誤を要求されるのは確実ですので、上級者や知恵の輪ファンの方でも、そうとの覚悟をもって挑戦することをおすすめします。

デザインで選ぶ

「はずる」シリーズには50種類以上の商品があるので、形やデザインもさまざまなタイプがあります。これはどんなタイプなんだろうと、事前にあれこれ吟味するのも、また楽しいものです。

さまざまなデザイン・形からまずはお好みで

「はずる」はシンプルなブロック形状のものから、さまざまな図形が組み合わさったものまで、形にもいろいろなタイプがあります。また、形だけではなく種類によって質感や色合いもさまざまです。

 

「はずる」はダイキャスト(亜鉛合金)製なので、銅色の渋い色合いの物から金色と銀色にコーティングされたものまで、金属の質感も感じられる知恵の輪です。「はずる」ビギナーの方は、最初に難易度を選んだら、まずは自分の好みの形や色合いのものを選んで挑戦してみるとよいでしょう。

キャッチなデザインはプレゼントにも最適

「はずる」のデザインは、どれもおしゃれなものばかりです。その中でも特に、星形やハートマークを取り入れたものや、リング(指輪)やネックレスといったアクセサリーをかたどった、まさにおしゃれをもモチーフにしたものもたくさんあります。

 

おしゃれさは、個人で「はずる」を遊ぶ上でも楽しいポイントの一つですが、こうしたモチーフを上手く活用すれば、「はずる」はちょっとしたプレゼントとしても、とても喜ばれる商品になります。遊んでよし、飾ってよしの「はずる」を贈り物として活用してみてはいかがでしょうか。

ファンにはうれしいウルトラマンシリーズ

「はずる」のシリーズの中には、特別モデルとしてウルトラマンをモチーフにしたものがあります。ウルトラマンシリーズに登場するアイテムやシンボルマークをかたどって、上手く知恵の輪パズルに仕立ててある、とても面白い商品です。

 

難易度1から6までのそれぞれの難易度ごとに1つづつ商品がラインナップされていますので、ウルトラマンシリーズのファンの方は、ぜひ全種類コンプリートしてクリアに挑戦してみてはいかがでしょうか。

どこで遊ぶかで選ぶ

どこでも場所を問わず楽しめるのが知恵の輪の良いところですが、立体的で凹凸のあるデザインも多い「はずる」は持ち運びの際などに注意が必要な場合があります。その注意点について紹介します。

持ち運びするなら凹凸のないものを

50種類以上ある「はずる」は形やデザインもさまざまです。立体的な知恵の輪なので、種類によっては尖った部分があるものや、ややかさばるものもあります。

 

場所を問わずどこでも楽しめるのが知恵の輪のよいところですが、尖った部分のあるものをそのままカバンなどにいれて持ち運んでいると、知らないうちにカバンを傷つけてしまう可能性もあります。

 

外出先で、ちょっと時間の空いた時にでも気軽に楽しめる「はずる」ですが、持ち運びの事を考えるなら、できるだけ形がシンプルな凹凸のないデザインの物を選びましょう。

家で楽しむならお好みの物を

家でじっくりと「はずる」に取り組もうという場合は、形は気にする必要はありません。さまざまな難易度や形、デザインの中から、自分の好みの物を選んで挑戦していきましょう。

 

知恵の輪は一つをクリアしたら別の新しいものに挑戦したくなりますが、「はずる」は同じものを何度も外したり、また戻したりしても楽しむことができます。ワンポイントオブジェとして、いろいろなタイプの「はずる」をデスクや棚の上に置いたり、引出しの中に入れておけば、ずっと長く楽しめるのも「はずる」の魅力です。

オブジェを前提にした「はずる」プレミアムシリーズもあり

お部屋のアクセサリーやオブジェとして活用できる「はずる」ですが、シリーズの中には、通常の「はずる」シリーズよりもずっと大型サイズで、オブジェとして活用することを前提にしたタイプもあります。

 

「はずるプレミアムシリーズ」として6種類のみ展開されているこれらの商品は、チェスの駒をモチーフにしています。知恵の輪というよりも、立体パズルの要素が強い商品ですが「はずる」シリーズの一つとしてご紹介します。メタリックな輝く金属光沢がとても美しい、まさにオブジェとしてぴったりの商品となっています。

知恵の輪「はずる」の人気ランキング10選

10位 ナカヤマ『はずる キャストループ』

価格:880円(税込)

シンプルで美しい!「はずる」入門の定番

おすすめ「はずる」の10位はフィンランドのデザイナーVesa Timonenが恋人のために作ったリングをモチーフにして作られた「キャストループ」です。リング形状のオブジェを二つのパーツに分割したり、また戻したりして遊べる知恵の輪です。

 

パーツ同士の連結部分にはマグネットが組み込まれており、2つのパーツが上手くかみ合ってピタリとはまった時の、カチッという音と手の感触がたまらなく快感という声も多い商品です。またそのシンプルな形状と金属光沢の美しさから、ペーパーウェイトとして卓上において使っているという方もいます。

 

シンプルな形状であることに加え、難易度1で知恵の輪としては簡単な部類に入りますので、これから「はずる」に挑戦したいという方は、こちらの商品から始めてみてはいかがでしょうか。

難易度 2(6段階中) パズルテーマ
重さ 82g パズルデザイン Vesa Timonen
発売年 2007年9月    

9位 ナカヤマ『はずる キャストハーモニー』 

価格: 816円(税込)

金と銀の音符と記号のコントラストが美しい!

9位の「はずる」は、ト音記号と音符が絡みあい音楽をモチーフにしたアクセサリーのようにも見える「キャストハーモニー」です。ゴールドとシルバーの色合いも美しいそのデザインから、2010年の「世界パズルデザインコンペティション」においてPuzzler’s Awardを受賞した作品です。

形を見るとわかるように、音符の輪っかをト音記号のしっぽのところから抜いて外すのがゴールライン。そのために音符とト音記号を手の中であれこれ動かしていると、まるで音楽を奏でているかのような面白さも感じられる商品です。

 

難易度は2なので知恵の輪としてはそれほど難しくはありません。しかし、その見た目のかわいらしさやデザイン性の高さから、女性や子供さんから1,2を争う人気をほこる、おすすめ「はずる」です。

難易度 2(6段階中) パズルテーマ
重さ 85g パズルデザイン  Dmitry Pevnitskiy他
発売年 2007年9月    

8位 ナカヤマ『はずる キャストダイヤモンド』 

価格:880円(税込)

パーツがピッタリはまる美しい動きを堪能できる!

8位の『キャストダイヤモンド』も難易度1の初心者におすすめの「はずる」です。ダイヤ型にきっちりとはまった2つのパーツを外したり、また元に戻したりして遊べます。

 

外すのは、比較手に容易にできたという声も多いので簡単かと思いきや、元のダイヤ型に戻すのにはかなり骨が折れる造りになっています。外せたのに戻せないと言う、知恵の輪特有のできそうでできないという良い意味でのモヤモヤ感も十分に味わえる商品です。

 

それだけにパーツがきっちりはまったときの快感もまた格別。凹凸のない形状なのでポケットに入れても邪魔にならず、オブジェや文鎮としてデスクの上に置いて置いてもおしゃれなおすすめ「はずる」です。

難易度 1(6段階中) パズルテーマ
重さ 123g パズルデザイン Scott Elliott
発売年 2016年7月    

7位 ナカヤマ『はずる キャストスター』 

価格:880円(税込)

ただ一つの外れるポイントを見つけ出そう!

7位はしっぽをくわえた蛇の輪っかの中から星形のパーツを取り外すのがまずゴールの『キャストスター』です。7位からは難易度3以降の中級から上級レベルの「はずる」がメインになってきます。

 

知恵の輪である以上、外れるポイントは必ずあるので、その唯一のポイントを見事探し当てることができればベストですが、意に反して思いがけず「あれ、外れちゃった」という方も多いです。しかし元に戻すのは更なる難関。「外れたときどういうふうになってたっけ?」とますます「はずる」の巧妙なしくみにはまっていける商品です。

 

難易度3の中級は取り組みやすいレベルなので、何度も繰り返し挑戦して、ぜひただ一つの外れるポイントを探し当ててもらいたい「はずる」です。

難易度 3(6段階中) パズルテーマ
重さ 180g パズルデザイン  Nob Yoshigahara
発売年 1983年    

6位 ナカヤマ『はずる キャストシリンダー』

価格:900円(税込)

くるくる回るシリンダーの感触も気持ちいい!

6位の『キャストシリンダー』は難易度4の手ごたえのある「はずる」です。パーツは全部で5つ、3つのパーツが組み合わさった内部のネジやシリンダー錠を思わせるパーツが、外側上下の2つのリングのパーツで締められています。

 

くるくるとハンドスピナーのように回転するリングパーツの感触も気持ちいいのですが、もちろん回しているだけでは解くことはできません。最初は内部の構造が全く見えないので、注意深くリングを回して、内部の構造をイメージしながらヒントを見つけ出していくしかありません。

 

金庫を開けているようなドキドキ感も楽しく、見事に解法を見つけ出した時は構造や仕掛けの巧妙さにきっと感心することでしょう。

難易度 4(6段階中) パズルテーマ
重さ 152g パズルデザイン Vesa Timonen
発売年 2013年8月    

5位 ナカヤマ『はずる キャストドルチェ』

価格:900円(税込)

オスとメスを外したりくっつけたりが楽しい!

5位の『キャストドルチェ』は、形こそ雄と雌の記号がモチーフですが、二つの輪っかが組み合わさった、いかにも知恵の輪らしいフォルムをしています。難易度もレベル3と、挑戦しやすい商品です。

 

太めの輪っかがはっきり見えていますが、見た目で簡単そうと感じるか手ごわそうと感じるかはその人次第。もちろん輪っかの部分のくぼみを上手く利用しながら、2つのパーツを回したり位置を入れ替えたり、試行錯誤しないと解くことはできません。

 

知恵の輪パズルとして、とても完成度の商品ですが、あまり強くカチャカチャやると、金色の塗装(メッキ)部分が剥げてしまうことがあるそうなので、その点だけご注意を。

難易度 3(6段階中) パズルテーマ
重さ 153g パズルデザイン Akio Yamamoto
発売年 2002年    

4位 ナカヤマ『はずる キャストリング』

価格:802円(税込)

浮気防止リングがモチーフの強敵知恵の輪!

15世紀のトルコが発祥と言われる、複数のパーツをパズルのように組み合わせた指輪「パズルリング」。指から外すとばらばらになって元に戻せなくなるので、出征する兵士が、指輪をはずして浮気しないようにと妻に贈ったのが起源とされています。

 

そのパズルリングが、知恵の輪として現代によみがえったのが「キャストリング」です。パーツは全部で4つ。外すよりもばらばらの4つの輪っかを元のきれいなリング状に組み上げるのがメインの知恵の輪です。

 

中級レベルですが、難易度4はかなりの強敵。それだけに見事組みあがった時は、その造形の美しさとすべてのパーツがピッタリかっちりとはまり込む快感とで感動を覚えるほどです。知恵の輪の腕に自信のある方は、ぜひ挑戦を。

難易度 4(6段階中) パズルテーマ
重さ 131g パズルデザイン  Nob Yoshigahara
発売年 2000年    

3位 ナカヤマ『はずる キャストエニグマ』

価格:900円(税込)

最高難度の名作知恵の輪をその手で体感!

エニグマとは英語で「謎」のこと。3位は奇妙な曲線の金属輪が絡み合った、いかにも知恵の輪らしい見た目をした『キャストエニグマ』を紹介します。

 

「はずる」シリーズにおける難易度6の最上級レベルというだけでなく、あらゆる知恵の輪の中で「史上最も難易度が高い」最高傑作とも言われています。3つのパーツの曲線や輪っか、切れ目にはすべて意味が隠されており、それらをじっくりと観察し、見極めていかないことにはゴールにたどり着けません。

 

全部外し終えるのに1か月かかったという声もあるくらいの最強知恵の輪なので、かなりの覚悟をもって挑戦することをおすすめします。しかし知恵の輪の魅力にはまった人にとってはそれもまた至福。見事に解法を見つけ出せれば最高の快感が得られるでしょう。

難易度 6(6段階中) パズルテーマ
重さ 134g パズルデザイン Eldon Vaughn
発売年 2004年3月    

2位 ナカヤマ『はずる キャストデビル』

価格:900円(税込)

単純だけど侮れない!デビルの名を持つ名作

2位は悪魔のツメをイメージさせる名前を持つ『キャストデビル』を紹介します。2つのパーツがわかりやすく繋がり合った、一見、何の変哲もない知恵の輪のように見えますが、難易度5のデビルの名に値する難しさがあります。

 

同じ形、同じ大きさの2つのパーツからなり、眺めていれば「こうすれば外れるんだろうな」というのは予想のつくところ。しかし実際やり始めると、同じ場所を行ったり来たりするだけで、なぜか思う形に持っていくことができず、シンプルな形状に見合わない奥深さを思い知らされることになります。

 

もちろん、外れるときは何の力もいらずスルリと抜けるので、単純な構造の裏に隠された巧妙さに感心することは間違いありません。初心者でも勇気のある方はぜひチャレンジしてみてください。

難易度 5(6段階中) パズルテーマ
重さ 164g パズルデザイン Nob Yoshigahara
発売年 1994年    

1位 ナカヤマ『はずる キャストカルテット』

価格:880円(税込)

感覚の全てを研ぎ澄ませて挑む!最高峰の知恵の輪

おすすめ知恵の輪「はずる」の1位は、シンプルな四角い形状の4つのパーツを外し、また組み上げることでも遊べる『キャストカルテット』をご紹介します。難易度6の最高難度の知恵の輪で、人によっては3位の『キャストエニグマ』よりも難しいという声も多い商品です。

 

少ない可動域のなかで、パーツの特徴をよく見極めながら解いていかないと、袋小路にはまり込んでしまいます。精巧な形と金属のメタリックな質感も美しく、まさに最高峰の知恵の輪と言えるので、初心者の方も、いつかクリアすることを目指してチャレンジしてもよいでしょう。

 

『キャストカルテット』がクリアできた方は、もう立派な知恵の輪マスターとして自慢できることは間違いありません。見事にクリアしたときは勲章のオブジェとしてぜひお部屋のインテリアとして飾っておきましょう。

難易度 6(6段階中) パズルテーマ
重さ 154g パズルデザイン MINE Uyematsu
発売年 2007年9月    

まとめ

おすすめ知恵の輪「はずる」のおすすめランキング10選をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。比較的簡単なものから難しいものまで、またデザインがシンプルなものから可愛いものまでさまざまなものがありました。ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。とてもよい頭の体操になりますよ。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ