記事ID133169のサムネイル画像

大人から子供までおすすめ!人気のブレイブボードランキング10選

子供を中心に大流行しているブレイブボード。子供へのプレゼントなどで購入を検討しているけど、どれを選んでいいのか悩んでいる方も多いはず。ここではおすすめのブレイブボードをランキング形式でご紹介していきながら、購入する際のポイントにも触れていきます。

ブレイブボードとリップスティックの違いとは?

もともとは2000年頃に韓国で発売された「キャスターボード」に起源をもつとされているブレイブボード。前後に車輪が一つずつ搭載されたボードを、前後左右の体重に移動によって移動する製品です。

 

地面を蹴ることなく前にすすむことのできる点と、前後に構造が分かれているボード、さらにたった二つの車輪で移動できる点がスケートボードと大きく異なる違いになります。最近では子供を中心に、ブレイブボードで遊ぶ姿をよく見かけるのではないかと思います。子供という層に限ってみればスケートボードよりも愛用されているのではないのでしょうか?

 

子供だけではなく、家族という離れた年齢層でも遊べるブレイブボード。今ではイオンやドンキホーテでも買えて、教室まであるほどの人気ホビーです。

 

乗りこなせれば、一気にお子さんと絆が深まること請け合いです!慣れてしまえば楽しい製品ですね。ここではおすすめのブレイブボードをランキング形式でご紹介していくとともに、ブレイブボードを選ぶ際のポイントなどにも触れていきたいと思います。運動不足の解消や、ご家族での使用にぜひ購入してみましょう。

ブレイブボードは技がたくさんある

ブレイブボードにはスケボーのように技もたくさんあり、とても奥が深いホビーです。

乗り方から高度な技までYoutubeでたくさん動画がありますので、興味を持たれた方は一度見てみると良いでしょう。

 

またブレイブボードは公道では乗らずに、公園などのスペースで遊びましょう。

ブレイブボードの選び方

ブレイブボードの種類で選んでみる

ブレイブボードにも種類があり以下の三つに分けられます。ですが、種類が異なると遊び方に大きく影響する、というわけではありません。もともと韓国で発売されていた「エスボード」というキャスターブレイドがあり、それらの派生や、発売する上で商品名を変えたものになります。販売している会社や価格の違いに目を向けてみましょう。

ブレイブボード

ブレイブボードはキャスターボードの種類の一つですが、株式会社ビタミンiファクトリーという会社から販売されているリップスティックボードの一つです。つまり、リップスティックボードとブレイブボードはほとんど同じ製品です。

 

日本で発売される際に商品名が「ブレイブボード」となりました。ちなみに「ブレイブボード」の由来は、転んでも負けない強い子が育つように、また勇気をもって挑む子どもが育つようにと名づけられました。

 

日本で発売されているキャスターボードの正規代理店の一つがビタミンiファクトリーとなっています。もうひとつラングスジャパンという会社があり、その2つの会社が正式な商品となりますので、購入の際のポイントにすれば失敗することがなくなるでしょう。

キャスターボード

日本での正規取扱店であるラングスジャパンのボードの総称が「キャスターボード」と呼ばれています。海外で販売されている「リップステッィクボード」にパーツを付け加えて、新たにカスタマイズされているのが「キャスターボード」でもあります。商品名のあとのほうに、デラックスとつき、「リップスティック デラックス」という商品名になっています。

 

間違いやすいのが「ブレイブボード」と「キャスターボード」の商品は同じブレイブボードではないという点です。どちらも正規取扱店ではあるのですが、新たにカスタマイズが施されているのが「キャスターボード」です。

 

海外で発売されているものと同じのが使いたい方は「ブレイブボード」、それとは少し違ったものを使いたい方は「キャスターボード」と覚えておくとよいでしょう。

ジェイボード

上記二つのボードは、「リップスティック」と呼ばれる、海外のボードです。「キャスターボード」の場合は、そのままの状態ではなく改良されているボードでした。

 

今回ご紹介する「ジェイボード」は、ジェイディジャパン株式会社という会社が販売しているボードになります。アメリカのJ.D Corporationの日本支社ですね。「ブレイブボード」「キャスターボード」はもとは同じボードでしたが、こちらはまた違った商品になります。

 

大きな違いは商品名ではなく、価格と品質です。入門向けといえる低価格で購入のしやすさがメリットといえます。デメリットとしては、乗り心地と使いやすさといえるでしょう。「ブレイブボード」「キャスターボード」と比べるとどうしても劣ってしまいます。

 

最初になれるという点では「ジェイボード」がいいでしょう。コツをつかみ始めたら「ブレイブボード」などに切り替えることをおすすめします。

レベルにあわせて選んでみる

これから初めて乗ろうと検討している方や、すでにスケートボードなどでコツや容量を得ている方、ブレイブボード経験者など人によってレベルが異なることかと思います。レベルごとに購入するブレイブボードを検討して、自分にあったブレイブボードを選んでみましょう。

入門レベル

初めてのかたや小さなお子さんが使う場合のポイントは、軽くてコンパクトであることです。

 

重いものを買ってしまうと、その分体重移動を加えなければ曲げることができず乗り心地が悪く思えてしまいます。また、小さな子供の場合ブレイブボードをもって、滑りやすい場所へと移動することがつらくなってしまうでしょう。

 

また、もう一つ購入のポイントとなる部分は、足を乗せるボード部分の面積でしょう。細ければ、安定性があまり感じられず慣れていない方だと最初のうちは厳しいかもしれません。自分が思っているよりも少し広めの面積のボードを選ぶといいでしょう。

中級レベル

スノーボードやスケートボードの経験がある方や、すでに少しだけブレイブボードを使ったことのある方はこちらの中級レベルといえるでしょう。

 

コツをつかみどのように動かせばいいのか要領を得た方は、技を磨くような一台を選ぶといいでしょう。またラングスジャパンでとりあつかっている「キャスターボード」だと、「ブレイブボード」には搭載されていないパーツが組み込まれており、より難易度の高い技を習得できるともいえます。

 

また、どのレベルにもいえますが技に挑戦する中で、ボードにダメージが蓄積されていくことが予想されます。そのためハードな素材でできているダメージに強いものを選ぶといいでしょう。

 

上級レベル

すでに「ブレイブボード」を乗りこなしている方や、スノーボードやスケートボードのレベルが高い方におすすめです。

 

スケートボード、スノーボードのレベルが高い方は、スケートボードの体の動かし方で乗ることのできるボードも存在します。ほかのものとは動きのしなやかさが違い、コツが必要ですが、経験者ならすんなりと乗りこなせるでしょう。

 

このレベルの方が楽しもうと考えると、価格が少し高いのがデメリットになるかもしれません。ただ、その一台さえ買ってしまえば自分の技を磨くだけなので、意外とコストを抑えられるかもしれませんね。

大人向けか子供向けかで選んでみる

主に子供向けに販売されていることが多いですが、プロスノーボーダーやプロスケートボーダーに愛用されている大人向けのものも存在します。家族で購入する際は、お子さんのレベルに応じて購入するといいでしょう。

子供向け

もって移動するときに負担にならないような軽めのボードを選ぶこと、足を乗せる面積が比較的大きめであることに注意をしましょう。

 

さらに大事な部分は安全性です。前後のボードの連結部分や、キャスター(車輪)がしっかりと固定されているかなどに気を付けましょう。また、できるだけ故障した際にサポートされている商品を購入すれば安心でしょう。どうしても屋外で遊ぶものになりますので、故障のリスクは否めません。

 

また、一緒にヘルメットやひざ当てなども購入しましょう。足を固定して遊ぶものになりますので、万が一頭から転んでしまった場合、怪我を防ぐ手段が少なくなってしまうからです。

大人向け

実際に乗ってみて、自分の体重とボードがあっているかどうかが最大のポイントといえます。

 

大人の場合は、ただ軽いと体重移動の時にボードが浮き上がってしまうことがあります。なので自分の体重に合った硬さと重さのボードでなければ、前進したりカーブしたりなどができにくく感じてしまいます。体重制限がどこまで設けられているかを確認しましょう。

 

また、大人であってもまったく乗ったことのない方や、スケートボードやスノーボードを乗ったことがない方は、初心者向けがいいでしょう。家族で購入する際は、子供優先で選ぶと家族で楽しむことができます。

大人から子供までおすすめ!人気のブレイブボードランキング10選

第10位

J.D.RAZOR

J BOARD EX RT-169

価格:9,500円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

家族で遊びたい方に

初めての方やお子さんのいる家族におすすめの一台です。

 

デザイン性もよく、機動性にも優れています。価格も抑えられており、入門の一台といえますね。ジェイボードから乗り始めて、ブレイブボード、キャスターボードに変えていけばいいかと思います。連結部分は回転しませんが、乗るコツをこれで習得できるようにしましょう。

 

耐荷重が90㎏なので、大人でも乗れますね。家族で一緒に楽しむことができますので、お子さんと一緒に練習するにはうってつけの一台といえるでしょう。

対象年齢8歳以上耐荷重90kg
第9位

board

エスボード

価格:4,980円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

デザイン重視でまわりのお友達に差をつけたい子におすすめ

初心者の方やデザインを重視したお子様にとくにおすすめです。

 

約2㎏と非常に軽く、コンパクトなので子供は特に使いやすいボードです。また足を乗せる面積が非常に広く、安定性もあり、乗っているあいだも安心感をもって滑ることができます。

 

また車輪部分が光るようにもなり、かわいらしさがいいですね。デザインもよく、かっこいい、かわいいボードに乗りたい子供におすすめしたい一台です。軽いものになりますので、大人が乗るとボードが浮き上がることが考えられますのでご注意を。付属で迷彩バッグがついてきます。

対象年齢-耐荷重-
第8位

J.D.RAZOR

JD RAZOR Piaoo RT-169C

価格:6,450円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

初めての一台におすすめ

DRAZORのジェイボード。入門の方が使うには始めやすい価格といえますね。重量も約2.6㎏と、子供でも持ち運びしやすい点で家族でも使えるかと思います。

 

ブレイブボードなどと違う点は連結部分が回転しないことです。ですのでブレイブボードを使う前に体を横にした移動自体になれることを目的に使用するのがいいでしょう。ほかの初心者向けの』ものと比べると、若干足を乗せる面積が狭いですが、ほとんど問題なく遊べるかと思います。

10位のジェイボードよりも、さらにコンパクトになり使いやすくなっています。デザイン性も良く、家族でまず乗り始めたいという方におすすめです。初めての方もこちらのボードから練習するといいかもしれません

対象年齢-耐荷重70kgまで
第7位

Ripstik

リップスティック ブライト

価格:11,137円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

派手なデザインでかっこよく決めたい方におすすめ!

かなり派手な色で、かっこよく目立つならまさにこの一台といえるでしょう。ビビッドなカラーでコントラストも決まっており、大人も使えるデザイン性ですね。

 

初めての方や小さなお子さんには少し乗りずらいかもしれません。足を乗せる面積は大きめなのですが、カーブをする際に体重をある程度かけないといけないので、比較的大人向けといえます。

 

ある程度、ブレイブボードなどで遊んだ経験がある方などの中級レベルくらいのかたにもおすすめです。デザイン性もいいので、インテリアにも併用できるかもしれませんね。

対象年齢8歳以上耐荷重99kg
第6位

ラングスジャパン

リップスティック デラックス

価格:11,391円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

デラックスなサイズで日本人むけに改良された一台

すでにブレイブボードに乗ったことがある方や、スケートボードやスノーボードに乗ったことがある、中級レベル以上の方におすすめのモデルです。

 

海外で売られているリップスティックボードをさらに日本人向けに改良されたモデルです。サイズもおおきめで、重さもあるので小さな子供には使いづらいかもしれません。非常に性能が良く、衝撃も吸収してくれますので、技を磨きたい方におすすめしたいですね。

 

体のおおきさにもよりますが中学年以上であれば、大人と一緒に使うこともできるでしょう。安定性もあるので、一緒に練習して上手になりたいという家族にもおすすめです。その場合は大人の方にスノーボードの経験などがないとあまりおすすめできません。

対象年齢8歳以上耐荷重100kg
第5位

RAZOR

リップスティックエアープロ』

価格:13,200円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ツイストしながら前にすすめる、持ち運びもうれしいモデル

初めての方から、スケートボードやスノーボード経験者にもおすすめのモデル。

 

従来のリップスティックボードより25パーセント重量を軽減したモデルです。軽いの小さなお子さんにも使えるのがうれしいですね。軽いと大人は使いにくいのが一般的ですが、しっかりと曲がることもできますので大人にもおすすめです。女性や体重の軽い大人であれば家族用の一台にもおすすめです。持ち運びもしやすいモデルなので気軽に遊べることが大きなメリットでしょう。

 

またほかのモデルとの最大の違いは、横方向に力を加えたり回転するように動かすことで滑る点です。スノーボードやスケートボードで遊んだことがある方におすすめです。

対象年齢8歳以上耐荷重99kg
第4位

ビタミンiファクトリー

リップスティックG

価格:15,974円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アメリカナンバーワンモデルの上級者向けレベル

すでにブレイブボードのコツを習得し、乗りこなしている方や、スノーボードやスケートボードをかなり乗りこなせている上級レベルの方におすすめです。

 

従来のブレイブボードよりも軽く設計されており、またハードなアクションにも耐えられるように、アルミニウムで作られています。プロスケーターにも愛用されているモデルなので、ワンランク上の技を習得したいと考えている方におすすめです。

 

アメリカではナンバーワンのモデルになっています。トリッキーな技で遊んだり、うまく乗りこなしたいかたにおすすめです。グラインドができるよう設計されているのがうれしいですね。

対象年齢-耐荷重-
第3位

ラングスジャパン

リップスティックデラックスミニ

価格:8,055円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

さらに軽量化されたモデルで小さな子供も楽しめる一台

大人から子供までこれから始めたいかたにおすすめしたいモデル。

 

6位でご紹介した『リップスティックデラックス』よりも1㎏以上軽量化され、かつコンパクトになったモデル。軽くなったことで小さなお子さんにも使いやすいモデルになっています。軽いのでお子さんも持ち運びやすく、家族用として一台あれば全員で遊べるでしょう。

 

非常に頑丈なつくりにもなっているので、壊れることを気にせず遊べるのもうれしいメリット。1万円台を割っているので、購入のしやすさも初心者のかたにおすすめの理由の一つになっています。

対象年齢8歳以上耐荷重79kg
第2位

ビタミンiファクトリー

ブレイブボード リップスター

価格:9,590円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

子供への配慮が隅々まで考えられたモデル

より小さなお子さんにも遊べるよう設計されたモデル。

 

身長が125センチ以下のお子さん向けのモデルです。小さなお子さんが遊ぶことへの配慮がいきわたっており、遊んだ後の置忘れのための盗難保証までついています。

小回りが利く機能性で、わずかな体重移動でカーブできるのは小柄なお子さんにうれしいですよね。初めての方には乗り方がわかりやすく解説されたDVDがついていますので、見ながら練習すればすぐに乗れるようになるでしょう。

 

初めての方や、お子さんへのプレゼントにおすすめです!

対象年齢8歳以上耐荷重80kg
第1位

ビタミンiファクトリー

ブレイブボード リップスティックネオ

価格:12,744円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

さらに改良がくわえられた乗り心地最高のモデル

大人から子供まで楽しめる、入門から中級レベルまでのモデル。

 

ブレイブボードの中でも特にバランス性能が重視されており、どの年齢層が乗っても気持ちよく遊ぶことができます。2位でご紹介した『リップスター』が子供向けなのですが、そこから新たに改良を加えられており、家族全員で楽しめるのがうれしいですね。

 

非常に乗りやすいので初心者のかたに強くおすすめします。最初の一台にはうってつけなのではないでしょうか。乗る部分がヤスリのようになっているので滑りにくいのも安心です。保障6か月付きなので、安心して楽しむこともできますね。

対象年齢8歳以上耐荷重99kg

ブレイブボードのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4989435の画像

    ビタミンiファクトリー

  • 2
    アイテムID:4989433の画像

    ビタミンiファクトリー

  • 3
    アイテムID:4989426の画像

    ラングスジャパン

  • 4
    アイテムID:4989420の画像

    ビタミンiファクトリー

  • 5
    アイテムID:4989406の画像

    RAZOR

  • 6
    アイテムID:4989398の画像

    ラングスジャパン

  • 7
    アイテムID:4989395の画像

    Ripstik

  • 8
    アイテムID:4989394の画像

    J.D.RAZOR

  • 9
    アイテムID:4989392の画像

    board

  • 10
    アイテムID:4989388の画像

    J.D.RAZOR

  • 商品名
  • ブレイブボード リップスティックネオ
  • ブレイブボード リップスター
  • リップスティックデラックスミニ
  • リップスティックG
  • リップスティックエアープロ』
  • リップスティック デラックス
  • リップスティック ブライト
  • JD RAZOR Piaoo RT-169C
  • エスボード
  • J BOARD EX RT-169
  • 特徴
  • さらに改良がくわえられた乗り心地最高のモデル
  • 子供への配慮が隅々まで考えられたモデル
  • さらに軽量化されたモデルで小さな子供も楽しめる一台
  • アメリカナンバーワンモデルの上級者向けレベル
  • ツイストしながら前にすすめる、持ち運びもうれしいモデル
  • デラックスなサイズで日本人むけに改良された一台
  • 派手なデザインでかっこよく決めたい方におすすめ!
  • 初めての一台におすすめ
  • デザイン重視でまわりのお友達に差をつけたい子におすすめ
  • 家族で遊びたい方に
  • 価格
  • 12744円(税込)
  • 9590円(税込)
  • 8055円(税込)
  • 15974円(税込)
  • 13200円(税込)
  • 11391円(税込)
  • 11137円(税込)
  • 6450円(税込)
  • 4980円(税込)
  • 9500円(税込)
  • 対象年齢
  • 8歳以上
  • 8歳以上
  • 8歳以上
  • -
  • 8歳以上
  • 8歳以上
  • 8歳以上
  • -
  • -
  • 8歳以上
  • 耐荷重
  • 99kg
  • 80kg
  • 79kg
  • -
  • 99kg
  • 100kg
  • 99kg
  • 70kgまで
  • -
  • 90kg

まとめ

ここまでブレイブボードをランキング形式でご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?子供から大人まで楽しめるブレイブボードで、家族で絆を深められそうですよね。またプロも愛用しているボードで、より技に磨きをかけていくのも楽しみ方の一つといえます。この機会に購入を検討している方は、お気に入りの一台をみつけてみてはいかがでしょうか?

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ