記事ID133151のサムネイル画像

【ベストを選んで大漁!】おすすめのリールの人気ランキング10選

釣り糸を快適に巻きとることができるリール。釣りをする上で釣竿とセットで必須なアイテムです。リールの違いは釣果に影響することも多いので、適切なものを選びましょう。今回はそんなリールの人気のおすすめ商品をランキング形式で10選紹介します!

リールとは

釣りをする上で欠かすことのできない釣り糸を巻きとる装置のことをリールと言います。釣り糸の収納場所とも言えるリールは、ハンドルを回すことで糸を楽々巻き取ることができます。また反対に正確にキャスティングする時などの釣り糸を出す作業にも欠かせないアイテムです。

 

しかし、今現在非常に多くのリールがあり、その種類や特性などは製品によって様々です。高価なものほど良いというわけでもなく、その製品によって得意・不得意があるため、自分の用途に合わせた適切なリール選びが必要です。自分にぴったりのリールを選ぶことは良い釣果に繋がり、釣りが楽しくなります。

 

今回はそんな魅力溢れるリールを定番の製品から、あまり知られていない知る人ぞ知るものまで、製品の特徴などともにおすすめの物を幅広く紹介していきます。自分にぴったりの製品の購入を検討してみてはいかがでしょうか?

リールの選び方

リールの種類で選ぼう

リールには幾つかの種類があり、それぞれ特徴を持っています。中には初心者には不向きなタイプなどもあるので自分に合ったものを選びましょう。

扱いやすく初心者にもおすすめな「スピニングリール」

糸を巻くスプールを両側から支えている「スピニングリール」は、非常に扱いやすく汎用性も高いので上級者・初心者問わずおすすめできる最もポピュラーなリールです。キャスティング時も軽いルアーやエサでも飛ばしやすいため、汎用性だけでなくスピニングリールだからこそ活躍できる場面も多いです。

 

バックラッシュという糸が絡まってしまうトラブルの発生率も極めて低く、ライン放出時の抵抗が少ないため遠投が必要な釣りに向いており、ドラグコントロールが細かく調整可能なので、細い糸を用いた釣りにも適しています。

 

釣り糸を横方向に巻き取っていくため糸ヨレが起きやすいですが、欠点が少なく、初めて釣り具を手にする初心者の方はこのスピニングリールから始めてまず間違いないです。

重い仕掛けを扱いやすく、パワーのある「ベイトリール」

スピニングリールと並んで人気のある良く知られた「ベイトリール」。両軸リールとも呼ばれ、その名の通り釣り糸を巻くスプールを両側から支える構造となっています。重いルアーや仕掛けを扱うことに適しており、巻き上げる力も強いのが特徴です。

 

釣り糸を直線的に巻き取っていくため糸ヨレが起きにくいですが、キャスティング時にサミングという技術を習得しなければバックラッシュが起きてしまうことや、ブレーキセッティングなどがやや難しく初心者にはあまり適していません。

 

しかし、太い釣り糸でもライントラブルが少ないことや、キャスティングに入るまでの動作が少ないため手返し良く投げることができ、キャスティングの際のラインコントロールがしやすいので飛距離のコントロールが細かく調整できるなど利点も多いです。

 

 

磯釣り専用とも言える「レバーブレーキリール」

基本的なフォルムはスピニングリールのようですが、リール上部に付いている人差し指を引っ掛けて上げ下げできるレバーブレーキがついたリールを「レバーブレーキリール」と言います。これにより、リールに付いたレバーを手動で操作して道糸の出し入れができるようになっています。

 

見た目も使い方もスピニングリールと大きな違いはなく、初心者でも簡単に操作できます。しかし、シーバス釣りなどにも使用しますが、ほぼ磯釣り専用と言えるほど磯釣りによく使われるリールなため汎用性はあまり高くなく、最初に買う1本としてはあまりおすすめしません。

 

ワンプッシュでスプールの取り外しができるのもこのタイプの特徴で、手軽に狙う魚によってスプールの使い分けができます。

 

水深が深いところや大物を狙うことに適した「電動リール」

電動リール」はその名の通り、電気の力で自動で糸を巻き取るため、水深の深いところなどの、手巻きリールでは気が遠くなる作業を効率的に巻き取ることができます。見た目はベイトリールのようですが、こちらは本体にモーターとモニターを搭載しているのが特徴です。

 

また、特大の魚や引きがあまりにも強い魚を狙う際にも活躍しますが、自動で巻き取るため、魚との駆け引きやファイトを楽しむ用途ではあまり使用されません。用途がかなり限定的なため一般的な釣りに使用されないので初心者に向いていません。

シンプルな構造の「太鼓リール」

その太鼓のようなシルエットからそのまま「太鼓リール」と呼ばれています。ベイトリールの原型とも言われ、リールの中でも最も古い構造をしています。他のリールとは違い、スプールに直結されたハンドルを回すことで糸を巻き取るため、ギアを介さない非常にシンプルな構造をしています。

 

昔はいろいろな釣りに使われていましたが、他のリールが改良されていくに従い、だんだん使われなくなってきています。

 

チヌ釣りや、重さのほとんどない毛鉤を扱うフライフィッシング、感度が要求される落とし込み釣りなどに適していますが、こちらも汎用性が低いため初心者の方にはおすすめできません。

メーカーで選ぼう

選ぶのに困った際はメーカーで判断するのもありです。あまりにも安く、無名のメーカーは掘り出し物もありますが信頼度に欠けるため、失敗しないようにするにはまず大手有名メーカーを選ぶことをおすすめします。

 

そのおすすめのメーカーの一つが「ダイワ」です。ダイワは数多くの名品を世に送り出し、デザイン性も良く、独自の優れた機能や技術を搭載したものが多く信頼性が高いです。

 

そしてもう一つのおすすめメーカーが「シマノ」です。こちらも大手有名メーカーで、操作性の良いものが非常に多く、ドラグ性能や繊細なギアで巻き心地抜群なものが多いです。どのメーカーを選ぶかは好みですが、この二つのメーカーを選んでおけば失敗せず無難と言えます。

リールのサイズ・ラインキャパシティーで選ぼう

リールのサイズはどのくらいの釣り糸を必要量巻き納められるかというラインキャパシティーにも影響を与えるのでとても重要です。構造上スピニングリールの方がベイトリールよりもラインキャパシティーが大きいことが多いです。

 

ですが基本的には使用する釣り糸を100m巻ければ最低限問題無く、150m前後巻くことができるラインキャパシティーであれば十分です。しかし、水深が20m以上あるフィールドで使う場合や、掛かった魚が大きく走ることが想定される場合は、200m以上のラインキャパシティーが必須です。

 

また、釣竿につけた時の竿から鈎までを含めた仕掛けの強度的なバランスのことをタックルバランスと言いますが実際に手にした時に取り扱いやすいかも重要です。

 

 

ギア比で選ぼう

ハンドルを一回転させたときのスプールの回転の比率のことをギア比と言います。3つの種類に分かれており状況に応じて使い分けましょう。ハンドル1回転あたりのラインの巻き取り量が多い「ハイギアタイプ」はルアーの回収などが早く、効率良く釣りをすることができます。表記されているギア比は大体6.0以上です。

 

反対にギア比が低いタイプを「ローギアタイプ」と呼び、巻き上げの力が強く、大きな魚やパワーのある魚が掛かっても力強く巻くことができます。ギア比は4.0〜5.0前後です。

 

ギア比が高くも低くもない「ノーマルギアタイプ」は、トータルバランスが高く、あらゆる釣り方において最も無難に使える汎用性が非常に高いタイプです。ギア比は5.0〜6.0前後です。

ハンドルで選ぼう

ハンドルにも幾つかの種類があります。選ぶ基準の優先度はそこまで高くありませんが、頭に入れておいて損は無いです。まず最も一般的な「シングルハンドル」ですが、軽量で安価なものが多く、ハンドルノブの形状にT型とI型があるのが特徴です。

 

次にハンドルノブが2箇所あるタイプを「ダブルハンドル」と呼び、重心のバランスが取れてるためスムーズに巻くことができて、主に探り釣り、ルアーを使ったエギング、ライトゲームに適しています。

 

最後にハンドルノブが丸くて大きな「パワーハンドル」は、ハンドルに力が伝わりやすく、引きの強い魚や大型の魚とファイトすることに適しています。カゴ釣り、ショアジギング、オフショアゲームに向いています。

価格で選ぼう

リールの価格はピンキリで、安いものは1000円を切り、高価なものは10万円を超えていきます。なので、ある程度の価格帯に絞って選ぶのも一つの手段です。当然高価なリールほど高機能、高性能になってくるわけですが、安いリールも人によっては決してダメというわけではありません。

 

例えば、釣り初心者の方や、長いブランクがあって知識が無い方、長く続けていく自信のない方、とにかくお金をかけたくない方々には、安価なリールの中にも価格以上の掘り出し物も存在しているのでおすすめです。

 

その他の大まかな価格帯としては、1万円以内、1~3万円以内、3~5万円以内、5万円以上のランク分けで考えると良いです。

 

ドラグ力で選ぼう

釣り糸が引っ張られたときに、切れないようにスプールを逆回転させて糸を引き出していく装置のことをドラグと言います。これにより、大物が掛かって走られたときも道糸が出ていき、釣り糸が切られにくく、魚との駆け引きには欠かせません。

 

リールによってドラグの設置場所は違いますが、スピニングリールのタイプだとリールの上部に設置されていることが多く、ベイトリールタイプの場合はハンドルより内側に設置されていることが多いです。

 

製品概要欄にはドラグ力という数値で表されています。例えば5kgと表記されていれば、それ以上の負荷が掛かると、糸を出すという意味になります。大物を狙う場合であればドラグ力は10kg前後あるものがおすすめです。

 

リールのおすすめ人気ランキング10選

10位 ダイワ 『電動リール レオブリッツ S500J』

価格:39646円(税込)

電動パワーで楽々巻き取り

大手人気釣り具メーカー「ダイワ」から、怒涛のパワーを兼ね備えたハイパフォーマンスな電動リールです。大型青物やイカなど、引きの強いターゲットからライトキンメ・ムツなどの中深場まで、ターゲットの幅が広いのも特徴です。

 

手持ち・置き竿双方で快適操作が可能なJOGパワーレバーを搭載し、心臓部にはハイパワーを生み出すマグマイト構造のBRITZモーターにより怒涛のパワーを生み出します。ATDを採用することでドラグは滑らかに効き続けます。

 

電動リールであるため、どうしても使用するフィールドが限定的になり汎用性は高くありませんが、比較的価格が高めな電動リールの中でも抑えめなお手頃価格でおすすめです。

タイプ電動リールラインキャパシティーナイロン(号-m):6-350、7-300
ギア比3.7重量795g

9位 アブガルシア 『ベイトリール 16 BLACKMAX』

価格:5834円(税込)

軽量でコスパ優秀なベイトリール

こちらは安くて良品の多いスウェーデンの総合釣り具メーカー「アブガルシア」から口コミでも評価の高いベイトリールです。特徴はとにかく軽量で非常に滑らかでパワフルに釣り糸を巻くことができます。

 

サイズ感もコンパクトで機動性の高いデザインとなっており、高さが約40mmと低く、竿と一緒に片手で握りこめるパーミングが可能となっています。バスフィッシングに最適ですが、海水でも使用することができます。

 

ハンドルはハイパワーな90mmの大型フラットノブのため、とっさのアタリにもしっかりと対応できます。ダイワやシマノとはまた違った魅力があり、初心者の方にもおすすめできる隠れた名品です。

タイプベイトリールラインキャパシティー0.31mm/14lb:130m
ギア比6.4重量202g

8位 シマノ 『リール 13 パワーエアロ スピンパワー 標準仕様』

価格:27295円(税込)

効きの良い完璧なドラグ性能の置き竿専用タイプ

信頼性の高い日本の大手人気メーカー「シマノ」から、置き竿の釣りに最適なスピニングリールです。剛性はそのままに、シマノツインドラグシリーズでもトップクラスの軽量モデルとなっています。

 

瞬間起動ツインドラグを搭載しており、ドラグのON/OFFを瞬時に可能で、アタリ待ち状態のドラグ設定を対象魚や釣り場の状況にあわせて調整可能となっているので、ドラグ設定を毎回キャストの後に微調整するわずらわしさを解消してくれます。

 

置き竿での大ギス狙いや、活き餌を使用してのマゴチやヒラメ狙いなど用途が限定的なため汎用性は高くありませんが、適切な用途に使用すると、そのパワーや機能性などを十分に発揮してくれます。

タイプスピニングリールラインキャパシティー(ナイロン号-m):2-300/3-200
ギア比3.5重量565g

7位 プロマリン 『リール TRS20 トレンドスピンII』

価格:664円(税込)

圧倒的な低価格で最初の1本としておすすめ

リールにも関わらずルアー1つと同等価格で手に入ってしまう安価なスピニングリールです。その価格はなんと1000円を切るので驚きです。低価格だからと言って特に大きな欠点があるというわけではなく、口コミでもそのコスパの高さから高い評価を受けています。

 

錆びやすい、ハンドルのネジが緩むなど値段相応なところもありますが、性能の面でも最低限は満たしており、使用する上で特に問題はありません。

 

本格的な釣りにはおすすめしませんが、コストパフォーマンスは最高で、これから釣りを始めてみようと考えている方にも非常に手に付けやすく、入門用のリールとして非常におすすめです。

タイプスピニングリールラインキャパシティーナイロン2号130m・3号100m
ギア比5.5重量220g

6位 シマノ 『リール 16 ラリッサ C3000DXG』 

価格:19675円(税込)

バランスが良くクセのないレバーブレーキリール

比較的シンプルなデザインの製品が多い「シマノ」の中でも、こちらは赤と黒のデザインが目を引くレバーブレーキリールです。使用感が素晴らしく、パワーがあり、ガタツキも少ないため魚とのファイト時もその性能を発揮してくれます。

 

シマノ製品の大きな特徴でもある、こだわり抜かれたギアの滑らかさにより快適に巻きとることができ、レバーブレーキリールの中でも比較的軽量で、ドラグの脱着もワンタッチでできハンドルも折りたたみ式なので、収納する際も便利です。

 

磯釣りや防波堤からのフカセ釣りなど用途が限定的ですが、レバーブレーキ初心者の方にも扱いやすく、レバーブレーキリールの中でもおすすめの製品です。

タイプレバーブレーキリールラインキャパシティーナイロン(号-m):2.5-180/3-150
ギア比6.6重量270g

5位 ダイワ 『ベイトリール タトゥーラ SV TW 6.3R』

価格:17721円(税込)

バックラッシュ発生率がかなり低い

スーパーメタルフレーム・超々ジュラルミン製SVスプール採用のメカニカルなデザインがクールなベイトリールです。このリールの最大の特徴はベイトリールでありながらバックラッシュの発生率がとても低い点です。

 

小さい力でもスプールがすぐに立ち上がり、力まなくても驚くほどルアーがよく飛び、逆に力みにより発生するバックラッシュゾーンに対してはきっちりブレーキを掛けるため、初心者の方でもセッティングが合えばほとんどバックラッシュは起こりません。

 

その他のライントラブル全般も非常に少なく、バス釣りでは特にその力を発揮します。操作性・機能性共に優れており、ベイトリールでありながら初心者にもおすすめできる製品となっています。

タイプベイトリールラインキャパシティーナイロン(lb-m):16-40~80
ギア比6.3重量200g

4位 シマノ 『スピニングリール 18 ステラ 2500SHG』

価格:63167円(税込)

どれもこれも高水準!価格に見合った性能

シマノ」でも人気が高いステラシリーズの高級感溢れる外観のスピニングリールです。ギアの巻き心地に徹底的にこだわっており、理想的な歯形状にしたマイクロモジュールギアIIを搭載すことで圧倒的な滑らかさを実現しています。

 

また、ラインローラー部とボディに撥水処理と、内部まで海水が到達しないラビリンス構造を搭載することにより耐久性にも優れているので、長年使い続けても、ほとんど同じ使用感が得られます。

 

スプールの幅が広いため、キャストの際ラインが干渉を受けにくく、よりスムーズに放出されやすいので遠投能力も高いです。お値段は少々高めですが物持ちが良く、それに見合った価値は確かにあります。

タイプスピニングリールラインキャパシティーナイロン(lb-m):5-110、6-95、8-70
ギア比6.0重量205g

3位 カストキング 『リール Sharky BaitfeederIII』

価格:4393円(税込)

2位 シマノ 『ベイトリール 17 バスワン XT ハンドル』

低価格で良品の多いコスパの高さが魅力のアメリカのメーカー「カストキング」から、こちらも例に漏れずコスパの高さが魅力的なスピニングリールです。信頼性の高い高品質真鍮駆動ギアと高級なカーボンワッシャーを搭載で、圧倒的なドラグ性能とパワーを実現しています。

 

国産メーカーの同サイズのものより若干重めですが、エサ釣り、ルアー釣り、淡水、海水両方に対応と汎用性が高く、使用する状況も多いです。フロントとリアにドラグ調整ノブがついているのもポイントです。

 

こちらはSharky Baitfeeder III 3000ですが、他にも4000、5000、6000とあり、それぞれ重量やドラグ力、ハンドル1回転あたりのライン回収率が違うので気になる方は是非チェックしましょう。

 

タイプスピニングリールラインキャパシティー(lb-yds):6LB/235Yds
ギア比5.5重量317g

2位 シマノ 『ベイトリール 17 バスワン XT ハンドル』

価格:6400円(税込)

口コミでも評価が高い価格も抑えた良品!

シマノ」から価格を抑えた初心者にもおすすめなベイトリールです。あらゆる口コミサイトで高評価を得ており、7000円以内で購入できるとは思えない良品だと絶賛されています。ベイトリールですが、遠心力ブレーキSVS搭載のためラインの出過ぎを抑止し、バックラッシュなどのライントラブルが起きにくいです。

 

錆びを寄せ付けないベアリングを使用し、さらに防錆素材でシーリングしているため、快適な巻き心地が長い間続きます

 

主にバスフィッシング専用ですが、他にもエギングやライトジギング、オフショア、タイラバ、シーバスなどの釣法でも使用可能です。低価格で全てのバランスが良く、上級者から初心者まで幅広くおすすめできるベイトリールとなっています。

タイプベイトリールラインキャパシティーナイロン(lb-m):12-130、14-110
ギア比7.2重量210g

1位 ダイワ 『スピニングリール 15 レブロス 3012H』

価格:6549円(税込)

抜群の扱いやすさ・機能性・コスパ・汎用性など全てが高水準!

さて、今回最もおすすめしたい製品がこちらです!大手「ダイワ」から初心者からベテランまでおすすめできる小型汎用スピニングリールです。汎用性が高く、使用状況があまり限定されないので、海水では堤防や磯でのエサ釣りからルアーフィッシング、淡水ではバスやトラウトなどジャンルを問わず扱えます。

 

口コミにおいてもその扱いやすさが高く評価されており、もう何度もリピート購入しているとい声や、あまりに優秀なため複数持っているという声も多く見受けられます。

 

スピニングリールの宿命とも言える糸ヨレ発生率も低く、魚の引きに合わせて滑らかに作動してラインブレイクを防ぐドラグなど、とにかく初心者に扱いやすく、上級者には困ったときの汎用性の高い1本として大活躍してくれます!

タイプスピニングリールラインキャパシティーナイロン(lb-m):8-200/12-150
ギア比5.6重量295g

まとめ

ここまでリールのおすすめランキング10選を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。ここで紹介したものはほんの一部で他にも様々なリールがあります。操作性の感覚も人それぞれなので、参考程度に考えて下さいね。今よりもっと釣りが好きになるように自分にぴったりのリールに出会えるといいですね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ