記事ID133086のサムネイル画像

【色褪せぬ名作】ゲームボーイアドバンスの人気ソフトおすすめランキング10選

今やレトロゲームとなってしまったゲームボーイアドバンス。とはいえ名作の価値は古いからという理由だけで失われるものではなく、今でもおすすめできる作品がたくさん眠っています。名作揃いのゲームボーイアドバンスのソフトを、人気順にランキング形式で紹介します。

レトロゲームと侮れないゲームボーイアドバンス

00年代の前半のゲーム業界を彩った、子供たちだけにとどまらず大人までもをとりこにした携帯型ゲーム機、ゲームボーイアドバンス。携帯ゲームはちゃちなもの、子供だましというイメージを一新するほどの本体性能と層の厚いゲームソフトの数々は、単なるレトロゲームだと侮ることのできない魅力に満ちています。

 

映画のようなグラフィックの家庭用ゲーム機や、常に身につけているスマートフォンでゲームをするのが当たり前になった今だからこそ、ゲームボーイアドバンスが持っている手軽さと奥深さは代えられない価値があります。

 

今回は大ヒットを記録した名作の数々を中心に、ゲームボーイアドバンスのおすすめソフトをランキング形式で紹介していきます。興味をひかれた方は購入を検討してみてはいかがでしょうか。

ゲームボーイアドバンスのソフトの選び方

名作の多いゲームボーイアドバンスですが、評価の高いゲームソフトが自分の好みに合うとは限りません。ゲームソフトの選び方を紹介していきます。

ジャンルから選ぶ

好みのジャンルからゲームソフトを選ぶのはもちろん良いですが、対象年齢の低さから子供向けで優しい難易度の多いゲームボーイアドバンスでは、馴染みのないジャンルに目を向けるのも悪くないでしょう。

ロールプレイングゲームやシミュレーションゲームを選ぶ

ゲームボーイアドバンスのロールプレイングゲームやシミュレーションゲームは、家庭用テレビゲームほどの長大なシナリオのものは少ないですが、クリアまで飽きさせないように趣向を凝らした質の良い作品が目立ちます。

 

スマートフォンでプレイするような、シナリオが随時追加される終わりの見えないゲームに疲れた方は、短いながらもしっかりと遊びきれるロールプレイングゲームやシミュレーションゲームに触れてみると、思っていた以上に楽しめるかもしれません。

 

ロールプレイングゲームやシミュレーションゲームを遊ぶならば、ゲーム機本体は「ゲームボーイアドバンスSP」を選ぶのがおすすめです。折りたたみ可能なコンパクトサイズ、バックライト機能、充電機能が揃っているので、いつでもどこでもゲームの続きをすることができます。

アクション系のゲームを選ぶ

ゲームボーイアドバンスのアクションゲームは、難易度の優しい対象年齢が低めのゲームソフトばかり。……かと思いきや、意外とやりごたえのある骨太な作品も多いので、気軽に、しかしがっつりという相反したプレイ感覚を求める方におすすめです。

 

ゲームボーイアドバンスでアクションゲームを遊ぶ場合、ゲーム機本体は「ゲームボーイアドバンス」(通常版)を選ぶのがおすすめです。横長のフォルムデザインはしっかりと握って遊べるよう随所に工夫が凝らされていて、家庭用ゲームのコントローラーのような手に馴染む触り心地となっています。

 

ただし単3の乾電池を用いるという点、バックライト機能がついていないという点が少々マイナスなポイント。充電式の乾電池などを事前に用意しておくと良いかもしれません。

人気シリーズから選ぶ

いくつものヒット作を抱える人気シリーズは、そのクオリティに期待が持てるだけでなく、シリーズを通してプレイすることで携帯型ゲーム機でも満足のいくボリュームを味わえます。

シリーズの正統後継作品を選ぶ

ゲーム機の種類を問わず人気のあるゲームシリーズを見ると、ゲームボーイアドバンスにもそのシリーズ内の作品が発売されているものがたくさんあります。シリーズのファンならばもちろんプレイしておきたいですし、有名シリーズのスタッフが作り上げたゲームは完成度の高さも期待できます

 

特に任天堂が開発した有名シリーズには、前世代機のゲームボーイやゲームボーイカラーで人気を博したシリーズをさらにボリュームアップさせたもの、スーパーファミコンやNINTENDO64のようなテレビゲーム用ソフトを携帯型ゲーム機向けに最適化させたものもあり、名作揃い。

 

携帯型ゲームの金字塔とも言える「ポケットモンスター」シリーズからは、ゲームボーイアドバンスの新作としては「ポケットモンスター ルビー/サファイア」「ポケットモンスター エメラルド」が発売され、ニンテンドー3DSでリメイク作品が発売されるほど今でも根強い人気を誇っており、特におすすめです。

シリーズのスピンオフ作品を選ぶ

ゲームボーイアドバンスには人気シリーズからちょっと離れた、スピンオフ的な作品も多く存在します。それまでのシリーズとは一風変わったゲームシステムや、脇役のキャラクターをメインに据えた実験作のようなものもあり、見逃せない名作も隠れています。

 

例えばゲームボーイアドバンスの名作「ロックマンゼロ」シリーズは本家「ロックマン」に近い横スクロール式のアクションゲームですが、「ロックマンエグゼ」シリーズはデータアクションRPGというオリジナリティのあるジャンルを開拓しました。

 

「ドラゴンクエスト」シリーズの「スライム」を主人公にした「スライムもりもり 衝撃のしっぽ団」や、「風来のシレン」シリーズの敵キャラクターを題材にした「シレン・モンスターズ ネットサル」などは、シリーズの雰囲気とは異なった独自の世界観が魅力的。おなじみの敵キャラクターの特徴がゲームに活かされています。

新規作品のシリーズを選ぶ

ゲームボーイアドバンスで発売された一作目が爆発的な人気となり、以降のシリーズへと繋がった作品もあります。挑戦的なゲームシステムや作りこまれた世界観など、他にはない魅力が詰まったゲームは、気を抜いているとどっぷりハマってしまう名作ばかりです。

 

「逆転裁判」は裁判所を舞台とした人気ゲームシリーズの1作目。裁判を簡略化した「法廷バトル」と呼ばれるゲームシステムは、形式ばったイメージのある裁判を明快かつコミカルにゲーム化しており、のちに実写映画やアニメにもなっています。

 

可愛らしい黄色いヒトデのキャラクターが目を引く「伝説のスタフィー」は、その作りこまれたプレイ感覚と絶妙な難易度、そしてひとつひとつのアクションにも力の入ったグラフィックから、シリーズ化も頷ける名作となっています。

移植・リメイク作品から選ぶ

携帯型ゲーム機でありながら、当時としては破格の本体性能を持ったゲームボーイアドバンスは、過去の名作ゲームのリメイク作品も多く発売されました。

リメイクシリーズを選ぶ

ゲームボーイアドバンスのリメイク作品で見逃せないのは、「マリオ」シリーズの過去の大人気作をリメイクした「スーパーマリオアドバンス」シリーズ。ただ移植したのではなく、新アイテムや隠しステージを導入したり、ゲームシステムに細かな改修を加えたりと、より遊びやすくなっています。

 

有名RPG「ファイナルファンタジー」シリーズのリメイクもゲームボーイアドバンスにはいくつかあります。1作目と2作目がひとつのソフトで楽しめる「ファイナルファンタジー Ⅰ・Ⅱアドバンス」のほか、スーパーファミコン時代の4〜6作目もリメイクされています。

 

ファミリーコンピュータの名作ゲームを移植した「ファミコンミニ」というシリーズもあり、いかにもレトロ!といったゲームを遊べます。同時期に発売された本体「ゲームボーイミクロ」と合わせると、その徹底的に無駄を廃したミニサイズのプレイ感覚が、不思議と没頭してしまう古き良き傑作ソフトとベスマッチです。

評価の高いリメイク作品を選ぶ

シリーズ化されていないリメイク作品にも、評価の高いゲームソフトはいくつもあります。ゲームボーイソフト「ポケットモンスター 赤/緑」をリメイクした「ポケットモンスター ファイアレッド/リーフグリーン」は、表面的なリメイクに留まらない名作。インターフェイス調整やシステム変更に力を入れており、完成度の高い作品です。

 

スーパーファミコンの高難易度アクションゲーム「超魔界村」のリメイク作品「超魔界村R」や、シリーズ内でも人気のあるゲームボーイのロールプレイングゲーム「メダロット2」をリメイクした「メダロット弐CORE カブトバージョン/クワガタバージョン」などは、今でも評価の高いリメイク作品です。

 

あまりメジャーではない評価の高いソフトは特に値段が高騰していて、中古でも新品相当かそれ以上の価格になっているケースもあります。プレミアのついたゲームソフトは、他のゲーム機で遊べるよう移植されたバーチャルコンソールにラインナップされていないか、購入前に確認してみるとよいかもしれません。

実機ならではの作品から選ぶ

過去のゲームソフトを気軽に遊べるバーチャルコンソールにも、どうしても移植の限界があります。あえて古いゲームで遊ぶならば、実物のゲーム機でしか遊べないソフトを選ぶのはいかがでしょうか。

通信対戦ができるソフトを選ぶ

バーチャルコンソールで配信されたソフトには、本来はあった通信プレイ機能が失われていることもあり、ゲームソフトを遊びつくすにはやはり実物のゲーム機が最適というケースが多いです。ゲームボーイアドバンスでは専用の通信ケーブルやワイヤレスアダプタなどを介して、対戦や協力など多彩な楽しみ方ができます。

 

ゲームボーイアドバンスのソフトには、人数分のゲームボーイアドバンス本体とそれらを繋ぐ通信ケーブルがあれば、1本のソフトを通じて楽しめるミニゲームなどが内蔵されているゲームもあります。「星のカービィ 夢の泉デラックス」は人数分のソフトがあれば最大4人で協力してゲーム本編を、1本だけでも数種類の対戦ミニゲームを通信プレイで遊ぶことができます。

特殊な機能のついたソフトを選ぶ

ゲームソフト自体に他のソフトにはない物理的な特殊機能が内蔵されている、というようなゲームが稀に存在しますが、ゲームボーイアドバンスにもそういったゲームソフトがあります。例えばアクションRPGの「ボクらの太陽」シリーズには、「太陽センサー」というその名の通り太陽光を感知するセンサーがついています。

 

「メイドインワリオ」シリーズの「まわるメイドインワリオ」は多彩なミニゲーム、「ヨッシー」シリーズの「ヨッシーの万有引力」は横スクロールのアクションゲームですが、それぞれ「回転センサー」と「傾きセンサー」が搭載されていて、普通のゲームとはちょっと違ったプレイ感覚を楽しめます。

【アクション】ゲームボーイアドバンスの人気ランキング

第27位

任天堂

どーもくんの不思議てれび

価格:7,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

見た目によらない、意外とハマれるミニゲーム集

任天堂の『どーもくんの不思議てれび』は、NHKのマスコットキャラクターである「どーもくん」とその仲間たちを題材にしたミニゲーム集。とぼけた雰囲気の可愛らしいキャラクターを操り、多彩なミニゲームに挑戦できます。幅広いジャンルのミニゲームが収められた、バラエティ豊かな品揃えです。

 

一見よくあるキャラクターもののゲームですが、この作品はグラフィックや音楽、そして当のゲーム部分の出来がとても良いです。難易度が高すぎると思ったときはお助けアイテムを入手することで、適度なバランスに抑えることもできるので、苦手なミニゲームにもそれほどストレスを溜めずにプレイすることができます。

ジャンル番組アクションゲームプレイ人数1人
第26位

任天堂

マリオvs.ドンキーコング

価格:3,350円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アクションとパズルの謎解き要素が合体した、コミカルなアクションゲーム

マリオがドンキーコングをやっつける、アクションパズルゲーム。シンプルな操作で簡単ながらもパズルの謎解き要素が加わって楽しさ倍増です。

 

本作では火山や砂漠など多種多様な40以上のステージが用意されています。マリオはハンマー、ロープ、ハイジャンプ、逆立ちジャンプなどたくさんのアクションを使いこなしてステージクリアを目指します。最後にはドンキーコングとの対戦も…。

 

いままでマリオの敵といえばクッパだったので、ドンキーコングが敵となったことでこれまでとは少し違った世界観を楽しめます。

ジャンルパズルアクションプレイ人数1人
第25位

任天堂

スーパーマリオボール

価格:4,450円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

今度のマリオはボールになった!ボール型アクションゲーム

これまでマリオのアクションゲームというと横スクロールアクションでマリオが目の前の敵を踏んで倒してくもののイメージが強かったですが、本作はマリオがボールになって戦うボーリングのような新感覚ゲーム。ボールになってころころ転がり、多彩なアクションでステージクリアを目指しましょう

 

ステージには仕掛けがいっぱい。テレサやヘイホーなどおなじみのキャラが敵として現れます。今までマリオアクションをたくさんやってきたという方でも、新鮮に楽しめるでしょう

ジャンルボールアクションプレイ人数1人
第24位

任天堂

マリオパーティアドバンス

価格:2,640円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

あのパーティーゲームの代名詞がアドバンスでも楽しめる

パーティーゲームの代名詞『マリオパーティー』のGBAバージョン。クッパがばらばらに吹き散らしてしまったミニゲームを集めます。そのため、パーティーで対戦する、というよりは、クリアしてミニゲームを増やしていく、という色合いのゲームです。

 

集めたミニゲームはいつでもプレイ可能になり、通信すれば友人同士で対戦することもできます。クッパが用意した恐ろしい「クッパランド」といったモードも楽しめて、楽しみ方は盛りだくさん。ワイワイゲームがしたいという方におすすめです。

ジャンルパーティーゲームプレイ人数1人~2人
第23位

セガ/ヒットメーカー

ASTRO BOY 鉄腕アトム アトムハートの秘密

価格:9,500円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

手塚作品のキャラクターが総活躍する横スクロールアクション

『ASTRO BOY 鉄腕アトム アトムハートの秘密』は、タイトル通りアトムを主役とした横スクロールアクションゲームで、プレイヤーはアトムを操作して次々と敵キャラを倒していきます。本作はアトムを軸として手塚作品のキャラクターが出てくるクロスオーバー作品です。

 

ブラックジャックや火の鳥、アトラスなど手塚作品に登場する人気キャラクターが続々登場。総勢46名のキャラクターが活躍を見せてくれます。戦闘システムはABボタンと十字ボタンを組み合わせたアクションが基本となっていますが、アトムらしく空中戦で戦うステージもあります。

 

また、攻撃するとEXポイントというものが溜まり、必殺技を発動できます。完成度の高さは評価も高く、とにかく手塚作品ファンにおすすめのゲームです。

 

ジャンルアクションプレイ人数1人
第22位

任天堂

ヨッシーの万有引力

価格:1,190円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

飛び出す絵本になった世界をもとに戻せ

任天堂のマリオとセットで人気キャラクターのヨッシーが主人公の本作。絵本になってしまった世界をもとに戻すために、ヨッシーの冒険が始まります。ゲームボーイアドバンス本体を傾けて、ゲームの中のヨッシーが前に進めるよう支援しましょう

 

絵本になってしまったヨッシーアイランド。草原やゆうえんちをステージとして進みますが、そこには仕掛けがたくさん。アクションを繰り出して、華麗にクリアしましょう。

ジャンルアクションプレイ人数1人
第21位

任天堂

ワリオランドアドバンス ヨーキのお宝

価格:8,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

完成度の高い「リアクション」アクションゲーム

『ワリオランドアドバンス ヨーキのお宝』。横スクロールアクションゲームなのですが、特徴的なのはステージに入り財宝を手に入れたあと、入り口まで戻ってくる必要があること。入り口(出口)はステージ内に配置された時間制限付きのスイッチでしか開かないために、急いで帰らなければならないのです。

 

行きと帰りで同じマップが違う姿を見せる構成や、敵や仕掛けに触れると起きる多彩でコミカルな「リアクション」による謎解きは、数あるアクションゲームの中でも秀逸。「ふつう」「むずかしい」「げきむず」と用意された難易度は設定が絶妙で、腕に自信のあるプレイヤーも満足できる手応えです。

 

隠しアイテムのBGM曲を聞けるCDやボス戦のタイムアタックによる財宝コンプリート、お助けアイテム入手用のミニゲームとやりこみ要素もしっかり用意されていて、深く楽しめる一本となっています。

ジャンルアクションプレイ人数1人
第20位

ナムコ

風のクロノア~夢見る帝国

価格:6,980円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パズル要素の濃いアクションゲーム大作

夢見ることを禁じられた帝国を舞台に、怪物を倒すためクロノアが冒険に繰り出すアクションゲーム。本作はアクションよりもパズルゲームの要素が色濃く、高いところにあるアイテムをどうやって手に入れるかなど謎解き要素が満載です。

 

難易度は少し高く苦戦するところもあると思いますが、鬼畜なほど難しいというわけではなく、きちんとクリアできる難易度です。アクションステージも用意されており、パズルとアクションの2つを上手に組み合わせている作品です。

ジャンルパズルアクションプレイ人数1人
第19位

任天堂

スーパードンキーコング

価格:25,780円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ドンキーとディディの名コンビで、奪われたバナナを奪還せよ

任天堂ではおなじみのキャラクター・ドンキーコングとその相棒ディディが繰り広げる横スクロールアクションゲーム。一番の特徴はゴリラらしいアクションの数々。両手を地面にたたきつつけたり、体当たりしたりと、普通の横スクロールアクションとは一線を画した特殊なアクションが魅力です。

 

ドンキーコングとディディはコンビでありながら正反対の性能です。ビジュアルからして大きくて力のありそうなドンキーと小さくて小回りの利きそうなディディの違いが目に見えます。その二人を協力させてステージをクリアしていきます。

 

ほかのキャラクターも実に個性的で愛すべきキャラばかり。やったことがない方には、ぜひ一度プレイしていただきたいですね。

ジャンルアクションプレイ人数1人~2人
第18位

ナムコ

ナムコミュージアム

価格:12,000円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「ディグダグ」「ミズ・パックマン」などのレトロゲームがここで復活!

ナムコのアーケードゲームを5つできる『ナムコミュージアム』。『ミズ・パックマン』『ディグダグ』『ポールポジション』『ギャラクシアン』『ギャラガ』の5つが収録されており、レトロゲームがどこでもプレイできます。ゲームセンターでやってた、というゲームもあるのではないでしょうか。

 

5つが一度にプレイできるのでとてもお得!レトロゲーム好きの方はぜひプレイしてみてください

 

 

ジャンルアクションプレイ人数1人
第17位

任天堂

伝説のスタフィー2

価格:920円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スタフィーの魅力がいっぱい!大人気マリンアクション第二弾

テンカイの王子「スタフィー」が繰り広げるステージクリア型のアクションゲーム『伝説のスタフィー』。さらわれたママを助けるため、スタフィーの大冒険が始まります。可愛らしいキャラクターと単純な操作が、小さなお子様に大人気です。

 

多彩なアクションが魅力の本作ですが、前作から新アクションが追加。「しゃがみすべり」「だぶるじゃんぷ」が追加され、これまで以上に行動の幅が広がりました。さらに前作「すぴんあたっく」に続いて必殺技「だぶるじゃんぷ」が追加されました。

 

難易度は少しやさしめなので、アクションゲーム上級者には簡単すぎるかもしれません。簡単に操作できてシステムもシンプルなので、小さいお子様やアクションゲーム初心者にはおすすめです。

ジャンルマリンアクションプレイ人数1人
第16位

任天堂

メトロイドゼロミッション

価格:6,980円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人気ゲーム『メトロイド』のリメイクバージョン、アドバンスで登場

サムス・アランが活躍する人気アクションゲーム『メトロイド』シリーズ。『スマブラ』でキャラクターだけは知っているという方も多いのはないでしょうか。本作は初代のリメイク版で、第一部と第二部のシナリオから構成されている。

 

第一部は初代と同じく機械生命体「マザーブレイン」の破壊を目的としているが、第二部では新たに生身になったサムスの脱出が描かれています。おなじみモーフボールをはじめとした多彩なアクションが盛りだくさんで、さらに自由度の高さも改善されており、初代ファンでも新鮮に楽しめるゲームです。

ジャンルアクションプレイ人数1人
第15位

任天堂

F-ZERO CLIMAX

価格:41,860円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

普通の速さじゃモノ足りない、超高速ガチンコレースゲーム

ファルコンら総勢35名のキャラクターを操作し、時速1000kmの速さで駆ける超高速スピードレース。アクションが豊富で、普通のレースゲームじゃ味わえない爽快感と疾走感を楽しめます。

 

体当たりして相手の邪魔をする「スピンアタック」・高速状態からさらに加速する「スーパーブースター」・コーナーを曲がるアクション「ドリフトターン」など多彩なアクションで駆け抜けます。「エディット」モードでは自分のコースを作ることができるので、とんでもなく難易度の高いコースをつくって、通信で友達と対戦できます。

 

 

ジャンルレースゲームプレイ人数1人~4人
第14位

コナミ

コナミワイワイレーシング

価格:2,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コナミの人気キャラクターが、レースバトルで夢の対決

『がんばれゴエモン』シリーズの主人公「ゴエモン」や『パワプロ』のマスコットキャラクター「パワプロくん」など、コナミゲームのキャラクターを操作し速さを競うレースゲーム。難しいルールや操作は一切なく、説明書を見なくても楽しめるシンプルな楽しさが魅力です。

 

アイテムを使って対戦相手の邪魔をしたり、キャラクターごとに助っ人を呼んでレースをサポートしてもらうことができます。やりこんでいくと隠しキャラクターも登場するので、キャラクターが増えればキャラ選択の楽しさも広がります。

ジャンルレースゲームプレイ人数1人~4人
第13位

ハドソン

桃太郎電鉄G ~ゴールド・デッキを作れ!~

価格:11,750円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

あの桃鉄がゲームボーイで!懐かしいイベントも開催中

ルーレットで目的地の駅を決めて、プレイヤーがさいころを振って目的地を目指すボードゲーム『桃鉄』シリーズ。マップとなる舞台は日本に実際にある地名なので、自分の住んでる土地が登場するとうれしくなっちゃうゲームです。本作は「愛知万博」や「北京オリンピック」にちなんだイベントが開催され、懐かしさを感じます。

 

本作の特色として「ピヨピー」が登場。しゃべり方に癖がある、なんだかかわいいヒヨコです。さらに目的地となる駅には北は北海道から南は沖縄、さらにはハワイまで設定されています。

 

ゲームモードは「いつもの桃鉄」「桃鉄3年決戦」の2つのモードがあり、1人で楽しむも良し。二人で楽しむも良しです。『桃鉄』シリーズ未経験の方は、ぜひプレイしてみてください。

ジャンルボードゲームプレイ人数1人~4人
第12位

ハドソン

ボンバーマンストーリー

価格:2,050円(税込)

楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

爆弾をおいて道を開く、大人気シリーズがGBAに登場

フィールド内に爆弾を設置して障害物を壊したり対戦相手にぶつけるアクションゲーム。本作はそこにRPG要素を加えたもので、従来の4人対戦モードよりもソロで楽しめる要素が増えました。

 

ボンバーマンが惑星「フォンタリオン」の異常事態を探るべく進行する「ノーマルストーリー」では、凶悪ボンバー5人衆が登場します。また、おなじみ「4人対戦モード」も健在。最大4人での対戦が楽しめます。

 

ボンバーマンファンにはたまらない作品ですので、ファンの方におすすめのゲームです。

ジャンルアクションRPGプレイ人数1人~4人
第11位

任天堂

星のカービィ 鏡の大迷宮

価格:9,280円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

探索に困ったら仲間を呼び出せる協力アクション

『星のカービィ 鏡の大迷宮』。吸い込みアクション「星のカービィ」シリーズなのですが、今作ではなんとカービィが4人(?)に分裂。時には携帯通信機で他のカービィを呼び出して協力しながら探索します。通信プレイで同時に探索するという遊び方もできます。

 

迷宮には宝箱が随所に隠されており、スーパーファミコンソフト「星のカービィ スーパーデラックス」の「洞窟大作戦」を思わせるプレイ感覚となっています。この探索要素にコピー能力を使いこなすテクニックが必要となることも多く、各地で繋がった8つのステージを冒険するのはかなりのやりごたえです。

ジャンルアクションゲームプレ人数1人~4人
第10位

任天堂

まわるメイドインワリオ

価格:3,771円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

今度は回して遊ぶ!メイドインワリオの大人気作

次々とミニゲームをプレイしていく大人気『メイドインワリオ』。本作は、ゲームボーイアドバンス本体をぐるぐる回して遊ぶゲームが盛りだくさん。「回す」ミニゲームだけなのに驚くほど幅があって驚くほど楽しいんです。

 

一度遊んだミニゲームはいつでも遊べるようになるので、練習して楽しむもよし、同じゲームを何度もやって懐かしむもよしです。次々と短いミニゲームが登場するので、ババっといろんなゲームをプレイできます

 

人を選ばずだれでも楽しめるゲームなので、クラスで1人は持ってる子がいたはず。ミニゲームや任天堂のゲームが好きな方におすすめのゲームです

 

 

ジャンル瞬間アクションプレイ人数1人
第9位

任天堂

くるくるくるりん

価格:4,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

くるくる回る棒を操作し、ゴールを目指そう

任天堂『くるくるくるりん』。本作は十字ボタンを操作して、ゆっくりと回る棒「ヘリリン」を障害物に当てないようにゴールを目指すアクションゲームです。世界観や単純なルールとは裏腹に難易度が高いので、思わず夢中になれるゲームです。

 

作中で「ヘリリン」を操作するのは主人公の「クルリン」。兄妹たちの行方を捜すため、特殊ヘリコプターの「ヘリリン」に乗って世界各地を旅します。壁や障害物に当たるとダメージを受けるので、ゴールするまで気が抜けません。

 

無事にゴールするためには、わざと障害物に当たって回転方向を変えたりスタートの角度を調整したりとテクニックが盛りだくさん。初見プレイでは難しいので、経験がものをいうゲームです。シリーズで後作も出ているので、知らなかったという方にぜひプレイしていただきたい作品です。

ジャンルアクションプレイ人数1人~4人
第8位

任天堂

カスタムロボGX

価格:4,680円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

少年心をくすぐる!自分だけロボをカスタマイズして対戦しよう

ロボット対戦アクションゲーム『カスタムロボ』。対戦するロボの本体や武器、パーツを自由にカスタマイズして、自分が好きなロボで戦うことができる、少年にはたまらないゲームです。本作は3Dではなく2Dで、相手との距離感をつかみやすいため戦いやすい画面になっています。

 

登場パーツは100種類以上。カスタムできるパーツはこれまでと同じく「ボム」「ガン」「サブウエポン」に加え、「アクションチップ」が増えました。特殊な攻撃や防御をひとつだけつけることができるので、戦闘方法によってアクションを増やすことができます。

 

カスタマイズパーツを購入できるなど、自由度も高いです。自分の好きなパーツを食い合わせることができるなんて、ロボ好きにはたまらない作品ですね。対戦アクションが好きで、かつロボットが好きな方におすすめです。

ジャンルロボットアクションRPGプレイ人数1人
第7位

アトラス

ダウンタウン熱血物語 ex

価格:8,600円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

くにおくんシリーズのリメイク。進化したグラフィックで、熱血を楽しめ!

『熱血硬派くにおくん』などくにおくんシリーズのファミコン『ダウンタウン熱血物語』のリメイクバージョン高校生のけんかや不良同士の争いを描いた格闘アクションゲームです。世界観はコミカルで、横スクロールで襲い掛かる敵を倒していきます。

 

くにおライバル番長のりきの二人が敵校に挑みます。FC版からキャラクターやアイテムが増加し、さらにグラフィックが進化しました。キャラクターがより色彩豊かに、表情豊かに争います。

 

高校生の抗争を描いたストーリーですが、血生臭さや怖さの要素は薄く、むしろギャグやアクションで楽しみやすい要素が満載なので、不良アクションが苦手という方にもおすすめ。思わずくにおくんの虜になれちゃうゲームです。

ジャンルドタバタ格闘RPGアクションプレイ人数1人~2人
第6位

セガ

ソニックアドバンス

価格:17,750円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

風のごとく疾走するソニックのアクションゲーム

主人公ソニックを操作して敵を倒しリングを集める横スクロールアクション。特徴はなんといってもその疾走感。超高速で駆けるソニックを操作する点が、ほかの横スクロールアクションと一線を画しています

 

仲間のテイルス・ナックルズ・エミーも最初から操作可能。それぞれ特有のアクションがあるので、ステージに合わせて使いこなしましょう。通信ケーブルにつなぐと最大4人まで同時対戦できます

 

ソニックはいまだに根強い人気を誇るアクションゲームです。その原点ともいえる本作、未プレイの方にぜひプレイしてほしいです

ジャンルアクションプレイ人数1人~4人
第5位

任天堂

メイド イン ワリオ

価格:8,750円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ミニゲームがドドーンとやってくる、最速最短瞬間ゲーム

マリオファミリーでおなじみ「ワリオ」が主人公の本作。次々と出される5秒程度のミニゲームをプレイしていくタイプのアクションゲームで、まさに「瞬間アクション」。画面が切り替わった瞬間に「えっ、これどんなミニゲーム?」ととまどってしまいます。

 

プチゲームが始まる前に「いれろ」「とめて」といった簡単な指示が出て、その指示に沿ったミニゲームを行うといったプレイスタイル。どんどん加速していくので、思わず慌てて、プレイが終わったころにはため息を漏らしてしまうほどの圧倒感。「忙しい、荒々しい、破天荒」といったゲームですが、ただ一言本当に「楽しい」でゲームなので、一度でいいからプレイしていただきたいゲームです。

ジャンル瞬間アクションプレイ人数1人~2人
第4位

任天堂

スーパーマリオアドバンス

価格:3,961円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

任天堂が誇る、マリオの超人気アクションゲーム

任天堂の人気キャラクター、マリオが繰り広げる横スクロールアクション。本作ではマリオのほか、ルイージ、ピーチ、ピノキオから好きなキャラクターを操作できます。最大4人の対戦モードも入っているので、ソロでもみんなでも楽しめます。

 

バトルゲームは一人がカードリッジを持っていれば、4人対戦のコイン争奪戦ができます。協力プレイのクラシックモードはカードリッジが人数分必要ですが、面クリア型のゲームを協力したり、はたまた邪魔をしたりしてクリアできます。

 

子どもから大人まで全世代を楽しませるゲームです。家族で楽しみたいという方や、アクションゲーム初心者の方におすすめです。

 

ジャンルアクションプレイ人数1人~4人
第3位

任天堂

スーパーマリオアドバンス4

価格:11,840円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

いろんなコスチュームのマリオが登場、大人気アクションゲーム

おなじみマリオが繰り広げる横スクロールアクションゲーム。今回はクッパが盗み出した魔法の杖を取り返す冒険に出るというストーリーのもと、「タヌキマリオ」「カエルマリオ」「しっぽマリオ」など、いろんな変身マリオが楽しめる、大人気アクションゲームです。

 

「草原の国」「砂漠の国」「海の国」など豊富なステージを舞台にクッパのもとを目指します。変身する姿によって特殊なアクションがあるので、飽きることなく楽しめます。

 

また、本作の特徴として、カードe+との連動させるとコースやアイテムが追加できます。3作との連動もできるので、シリーズのファンにはうれしい特典がいっぱい。もちろん初心者の方も楽しめるので、ファン・初心者どちらにもおすすめできるゲームです。

ジャンルアクションプレイ人数1人~4人
第2位

任天堂

マリオカートアドバンス

価格:5,200円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

マリオファミリーがレースで対戦!

おなじみマリオファミリーを操作してカーレースするレースゲーム『マリオカート』。スーパーファミコンから始まり、今や多くの媒体で販売されている超人気シリーズです。

 

ゲームボーイアドバンス版の特徴は、一人で一つの画面を占有できるということ。家庭用ゲーム機だとモニターを2分割ないしは4分割してのプレイでしたが、携帯用ゲーム機なら一つの画面で快適にプレイできます。最大4人と対戦可能です

 

もちろんソロプレイも充実しており、おなじみミニゲームもたくさん。COMが強いので、レースでもなかなか一位になるのは難しいです。全年代ゲーム好き嫌い問わず、誰にでもおすすめできるソフトです。

ジャンルレースゲームプレイ人数1人~4人
第1位

カプコン

逆転裁判

価格:0円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

弁護士となって被告人を救う裁判アドベンチャー

大人気の『逆転裁判』。子供向けのイメージが強かった携帯ゲーム機に、あえて裁判という異質な要素を主軸にした挑戦的な作品です。

 

裁判といってもとっつきにくいところはなく、「探偵パート」で集めた証拠や情報を「法廷パート」で的確に使用し、証人の語る矛盾を指摘して真実を見つけ出すという単純化されたもの。「異議あり!」のセリフとともに指をつきつける印象的なカットは、一度見たら忘れられません。

 

斬新なシステムもそうですが、このゲームで特に注目したいところはシナリオの秀逸さです。被告人の無実を信じ抜き、彼らを助けるために謎を解き明かすという熱い展開は実に爽快。また、登場キャラクターも個性豊かで、ともすれば暗鬱になりそうな殺人事件というシナリオをコミカルに彩ってくれます。

ジャンル法廷バトル プレイ人数 1人

【パズルゲーム】ゲームボーイアドバンスの人気ランキング

第6位

任天堂

通勤ヒトフデ

価格:1,250円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

超手軽、なのに難解。通勤時間にサクッとゲーム

『通勤ヒトフデ』はその名の通り、通勤時間にサクッとできるパズルゲームです。ルールは単純、なぞると色が変わる2色のピースの色を一筆書きで揃えます。一発ですべてのピースを揃えることができたらクリアですが、一つでも残っていたらダメです。

 

説明書を読まなくても感覚でできるゲームなので、難しいゲームが苦手という方におすすめ。また、仕事や勉強で普段頭を使っている現代人、ぼーっと気楽にゲームしたいというときにおすすめです。超単純なのになぜかハマるので、ぜひ一度プレイしていただきたい作品ですね。

ジャンルパズルゲームプレイ人数1人
第5位

ナムコ

ことばのパズル もじぴったんアドバンス

価格:3,204円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ことばを作ってマスにはめる、単純なのに超楽しい

「ぴったん、もじぴったん」のメロディーでおなじみ『もじぴったん』。クロスワードのようなマス目に、用意されている文字を組み合わせて、自由に言葉をつくるゲームです。クロスワードと違って作る言葉は自分の発想次第なのが魅力的な点の一つです。

 

 

600以上用意されたステージごとに条件が用意されており、条件を満たせば見事ステージクリアです。徐々に難易度が上がっていくので、最初は簡単かもしれませんが槍ごたえは満載。中毒になりそうです。

 

登録されている言葉は8万語以上お子さまの語彙力増加にぴったりなゲームです。もちろん大人も楽しめるので、プレイしたことがない人は、ぜひプレイしてみてください。

ジャンル知的好奇心くすぐり系パズルゲームプレイ人数1人
第4位

セガ

チューチューロケット!

価格:5,000円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

チューチューが食べられないように、ロケットに逃げろ!

ネズミの「チューチュー」が猫に食べられないようにロケットへ追い込むパズルゲーム。スピーディーな素早いアクションが癖になる、単純ながら完成度の高いゲームです。

 

1人でプレイするのも良いのですが、このゲームは大人数で遊ぶとより楽しめます。4人のキャラクターが画面をはしりまわるさまが魅力です。大人数で簡単なゲームをしたいという方におすすめです。

ジャンルパズルゲームプレイ人数1人~4人
第3位

ナムコ

ミスタードリラー2

価格:5,970円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

掘って掘って掘りまくれ!地中を進むアクションパズルゲーム

地中のブロックをとにかく掘っていくパズルゲーム『ミスタードリラー』。本作はライバル「アンナ・ホッテンマイヤー」が追加され、対戦バトルもできるようになりました。前作の面白さそのままに、楽しみ方が倍増です。

 

「ミッションドリラー」では、地下500mインドステージ、1000mのアメリカステージ、そして2000mのエジプトステージがあり、前作で物足りなかったつわものでも楽しめること間違いなし。単純ですがやりこみがいがあり、なぜか癖になるので、パズルゲーム好きのみなさんにはぜひプレイしていただきたいおすすめソフトです。

ジャンルアクションパズルゲームプレイ人数1人~2人
第2位

セガ

みんなでぷよぷよ

価格:11,850円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ぷよぷよを積んで、連鎖を起こそう!

見た目がおもちみたいに柔らかい「ぷよ」を積んで、4色以上揃ったら消えていく『ぷよぷよ』。画面がいっぱいになったら負け、という単純なパズルゲームです。個性的なキャラクターが盛りだくさんで、好きなキャラクターがきっと見つかるでしょう。

 

基本的には対戦で、先に画面いっぱいのぷよを積んだほうが負けというルールです。連続でぷよを消す「連鎖」を起こすと、相手の画面に透明な「邪魔ぷよ」が落ちてきます。「邪魔ぷよ」は一定の時間が経過しないと消えないので、連鎖の妨げになります。

 

定番のパズルゲーム『ぷよぷよ』のオーソドックスなゲームです。単純で特別なシステムもないので、初心者の方におすすめです

ジャンルパズルゲームプレイ人数1人~4人
第1位

セガ/ソニックチーム

ぷよぷよフィーバー

価格:11,950円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

新主人公アミティ登場、新システム「フィーバーモード」も追加

人気パズルゲーム『ぷよぷよ』に新システム、新キャラクターが追加されたニューバージョンです。これまでの主人公は茶髪の「アルル」でしたが、本作から「アミティ」という少女に変更。それに伴いほとんどのキャラクターが総入れ替えとなりました。

 

本作で特筆すべきは新システム「フィーバーモード」。ゲージを満タンにするとフィールドが切り替わり、一定時間連鎖を起こしやすい特別な空間に変更します。「フィーバーモード」になれば、一発逆転も狙えます。

 

イラストの画風も変更され、ポップなイラストになりました。「フィーバーモード」のおかげで誰でも勝てるチャンスがあるので、初心者の方におすすめです。また、かわいいキャラクターが出てくるもの魅力の一点です。

ジャンルパズルゲームプレイ人数1人~4人

【アドベンチャー】ゲームボーイアドバンスの人気ランキング

第3位

スクウェア・エニックス

スライムもりもり ドラゴンクエスト 衝撃のしっぽ団

価格:7,150円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人気モンスター、スライムが主人公になった!

『ドラゴンクエスト』の人気モンスター・スライムが主人公の『スライムもりもり ドラゴンクエスト 衝撃のしっぽ団』。スライムが仲間を救うため「しっぽ団」を追うというストーリーです。監修・堀井雄二、音楽・すぎやまこういち、そしてキャラクターデザイン・鳥山明とおなじみの豪華スタッフたちが集う、わくわくアドベンチャーゲームです。

 

本作の魅力はスライムのかわいいアクション。伸びて攻撃するなど、スライムならではの独特のアクションが満載で、スライム好きにはたまらないポイントです。また、本作はミニゲーム「ドキドキツボくらっしゅ」「スッカー」「なみのり小ゼニトール」「テキや」が収録されています。

 

操作は単純なのでゲームが苦手な人でも楽しめますが、見た目に反して難易度が高いステージもあるので、やりこみがいがあります。『ドラクエ』好きはもちろん「スライム」好きの方にはぜひプレイしてもらいたい、おすすめゲームソフトです。

ジャンルアクションアドベンチャープレイ人数1人
第2位

コナミ

傑作選!がんばれゴエモン1・2 ゆき姫とマッギネス

価格:14,350円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

江戸を舞台に繰り広げる、義賊ゴエモンのコミカルアクションアドベンチャー

1986年にファミコンで発売された横スクロールアクションゲーム『がんばれゴエモン』シリーズは、実在した盗賊、石川五右衛門をモデルにしています。主人公の義賊・ゴエモンが江戸時代を舞台に日本各地を駆け回る、コミカルな世界観が魅力のアクションアドベンチャーです。

 

本作はシリーズの中でも好評の『ユキ姫救出絵巻』と『奇天烈将軍マッギネス』のカップリング移植版。イラストがアニメタッチなので簡単かと思われがちですが、ステージに進むために試行錯誤しなければならない場面が多いため、苦戦することもあります。

 

ステージの一つ一つは簡単にクリアできるものではありませんがそのぶんやりこみがいがあり、時代劇風な世界観も相まって思わず夢中になる作品です。アクションアドベンチャーが好きな方におすすめのゲームです。

ジャンルアクションアドベンチャープレイ人数1人
第1位

任天堂

ゼルダの伝説 ふしぎのぼうし

価格:12,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ファンタジーな小人の世界で謎解きアクション

任天堂『ゼルダの伝説 ふしぎのぼうし』。「ゼルダの伝説」シリーズの名に恥じない、質の良い謎解きアクションが魅力です。今作では主人公「リンク」が頭に被ったしゃべる帽子(のようなキャラクター)、「エゼロ」の力を借りて、大きくなったり小さくなったりしながらサイズの異なる世界を冒険していきます。

 

小さくなる他にも、シリーズおなじみのアイテムを利用したアクションも多数。弓矢や爆弾など見慣れたアイテムだけでなく、2Dの低い頭身によく似合うファンシーなアイテムが多数登場します。作り込まれた可愛らしいグラフィックとともに、戦闘に謎解きにと、しっかり活躍してくれます。

ジャンルアクションアドベンチャープレイ人数1人

【格闘対戦】ゲームボーイアドバンスの人気ランキング

第4位

バンプレスト

ドラゴンボールZ 舞空闘劇

価格:0円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

『ドラゴンボールZ』の世界を、プレイヤー自身が体験できる対戦アクションゲーム

『ドラゴンボールZ』の対戦格闘ゲーム。原作通りのストーリーとキャラクターごとのストーリーが描かれており、マンガで読んだ物語を自らの手で追体験できます。キャラクターボイスも付いているので、ファンにはたまらない作品です。

 

戦闘システムは格闘ゲームらしく1対1が基本。ですが、3人のキャラクターを選んで戦うタッグバトルも用意されているので、敵同士でも協力させる夢のタッグができあがります。登場キャラクターは孫悟空をはじめとして魔人ブウも登場します

 

ストーリーモードは悟空以外はオリジナルストーリー。原作にはない展開が描かれているので、原作ファンも楽しめること間違いなし。難しい操作もないので、格闘ゲーム初心者の方にもおすすめの作品です。

ジャンル対戦アクションプレイ人数1人~2人
第3位

バンプレスト

金色のガッシュベル!うなれ!友情の電撃2

価格:2,200円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

『金色のガッシュベル』の対戦アクションゲームがGBAでも登場

大人気漫画『金色のガッシュベル』の対戦アクションゲームで、『金色のガッシュベル!うなれ!友情の電撃』の続編です。前作から大きな追加点として、ガッシュ以外のキャラクターボイスも追加。清麿やティオたちの声も聞けるようになりました。

 

ガッシュをはじめ原作での人気キャラクターが続々登場します。原作ファン、アニメファンだけでなく格闘ゲームの初心者にもおすすめのゲームです。

ジャンル対戦アクションゲームプレイ人数1人~2人
第2位

ナムコ

鉄拳アドバンス

価格:2,990円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

格闘ゲームの金字塔

今や世界で人気の人気格闘ゲーム『鉄拳』シリーズ。ゲームボーイアドバンスでもおなじみ空中コンボ・十連コンボ・投げコンボが完全再現されています。ダウン時の攻防も楽しめます。

 

ゲームボーイアドバンスでは基本的にA・Bボタンを使ってパンチキックを行うので、難しい操作は少ないです。3人タッグアーケードモードでは好きなキャラクターを交代制で使えるので、アーケード版とは違った楽しみが増えます。

 

仁、ポール、ニーナ、吉光を代表とした『鉄拳』人気キャラが参戦。さらに隠しキャラもいて、やりこみがいがありますね。『鉄拳』ファンはもちろん、やったことがないという方にもおすすめです。

ジャンル対戦格闘ゲームプレイ人数1人
第1位

カプコン

スーパーストリートファイターIIXリバイバル

価格:2,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

今だ色褪せない、人気格闘ゲームの完成形

格闘ゲームの金字塔『ストリートファイター』。本作はシリーズの中でも好評だった『スーパーストリートファイターIIX』の移植版。携帯ゲーム機とは思えないハイクオリティなグラフィックが特徴で、今も昔も評価の高い作品です。

 

ABボタンを同時押しするとスーパーコンボが決められたり、弱中強のパンチを使い分けられたりと、アクションの幅が広くやりこみがいがあります。必殺技を出すのが少し難しく、慣れるまで時間がかかるかもしれませんが、使いこなせるようになれば圧倒的な強さが手に入ります。

 

リュウや春麗、ガイルやキャミィなどおなじみのキャラも多数参戦。個性豊かなキャラクターが多いので、初心者の方もお気に入りのキャラクターが見つかることでしょう。これぞ「格ゲーの中の格ゲー」です。

ジャンル対戦格闘ゲームプレイ人数1人

【RPG】ゲームボーイアドバンスの人気ランキング

第16位

カプコン

超魔界村R

価格:24,850円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

『大魔界村』の続編が、新要素追加でGBAに登場

アクションゲーム『大魔界村』の続編で、豊富な武器とアクションが魅力の作品です。前作の基本操作に加えて新武器、新アクションが追加され、アドバンスならではの美しいグラフィックが楽しめます。

 

前作の上下射撃が廃止され、今回追加されたのが2段階ジャンプ。前作とは異なる操作アクションが求められます。また新たに「月の盾」「太陽の盾」が追加されました。前作以上に多彩なアイテムで戦闘することができます。

 

難易度は前作に比べると易しめですが、それでも初心者には難しいところがあります。経験者でも苦難するところがあるかもしれないので、難しいアクションゲームがしたいという方におすすめです。もちろん、魔界村の世界観が好きな方もプレイしてみると良いでしょう。

ジャンルアクションRPGプレイ人数1人
第15位

任天堂

ポケモン不思議のダンジョン 赤の救助隊

価格:4,650円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ポケモンになって冒険する「不思議のダンジョン」

『ポケモン不思議のダンジョン 赤の救助隊』はお馴染みの「不思議のダンジョン」を、「ポケットモンスター」を題材にして作り上げたゲーム「ポケダン」シリーズの一作目です。「ポケットモンスター ルビー/サファイア/エメラルド」までに登場したポケモンがすべて登場し、その全員を仲間にできるという大ボリューム。

 

このシリーズはプレイヤーも一匹のポケモンとなって、他のモンスターと交流しながらダンジョンを探索するというゲームです。ポケモンと人間同士のように会話できるので、いつものポケモンシリーズとは違った感覚で遊ぶことができます。

 

同時に発売されたニンテンドーDSソフト「ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊」とはゲームシステムからシナリオまで同一ですが、本体機能やそれに合わせた一部追加機能の差から、こちらが下位互換となってしまいます。

ジャンルRPGプレイ人数1人
第14位

バンプレスト

スーパーロボット大戦D

価格:4,980円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人気ロボ集結!『マクロス』新規参戦で、さらに加速するムネアツ大戦ゲーム

ガンダムやマジンガーZなど、ロボットアニメ界の人気ロボが集結し、悪との戦闘を繰り広げる『スーパーロボット大戦』。第四作目となる本作は『マクロス7』などの5作品が追加。さらに新システムも追加され、今まで以上の胸が熱くなる大戦が開幕します

 

本作では「歌」システムが追加されました。『マクロス7』の一部のユニットを使うと、味方の気力上昇やSP回復になります。また「コンボ」システム追加で、一列に並んだ敵を一気に仕留められるようになり、簡単すぎず難しすぎない難易度のゲームです。

 

本作で評価の高い点が重たくて息をのむ圧倒的なシナリオの完成度です。完全オリジナルストーリーですが、前作とは違い重たいストーリーがプレイヤーをスパロボの世界に引き込みます。ガンダムやマクロスが好きな人はもちろん、オリジナルストーリーなので全く知らない人でも楽しめる作品です。

ジャンルシミレーションRPGプレイ人数1人
第13位

エニックス

スナップキッズ

価格:0円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「ワンダー」の写真を撮って、カードでバトル

この世界では「ワンダー」というモンスターを写真に撮って、集めたカードでカードゲームを行います。ワンダーは「無・地・火・水・風」の属性と「竜・霊・獣・虫・植物・謎」の種族に分かれています。スナップしたワンダーを戦わせて、HPを0にしたほうが勝利です。

 

本作の特徴が、写真を撮るときの手ブレや表情・動きでカードの強さが変わってくるという点。自分だけのオリジナルカードを作って、カードバトルを楽しめるので、カードゲームとしての面白さだけではなく、収集する楽しさも併せ持っています。

 

 

ジャンルカードゲームRPGプレイ人数1人
第12位

バンプレスト

サモンナイト クラフトソード物語 はじまりの石

価格:4,480円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

新要素追加!鍛冶屋として、少女を救おう

2000年に発売されて好評を得た『サモンナイト』シリーズ。『クラフトソード物語 はじまりの石』は前作の続編的作品ですが、物語のつながりはありません。主人公は男女どちらかから選択でき、名前もプレイヤーの自由に設定できます。

 

 

本作から「護衛獣」が戦闘に参加可能に。これまでは後方でのサポートがメインでしたが、本作から主人公の代わりに戦闘することができます。また、遠距離攻撃に優れた武器「ボウ」も追加され、攻撃の幅が広がりました。

 

『サモンナイト』シリーズはGBAからたくさん出ていますが、中でもおすすめの一作です。

ジャンルファンタジックバトルRPGプレイ人数1人
第11位

任天堂

黄金の太陽 開かれし封印

価格:6,979円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

特徴的なシステムの王道ロールプレイングゲーム

『黄金の太陽 開かれし封印』は、ゲームボーイアドバンスでも評価の高いロールプレイングゲーム。前後編の前編となっており、続編の『黄金の太陽 失われし時代』まで続けてプレイすることでストーリーが完結します。レベルなどのデータも引き継ぐことができ、通信またはパスワード入力の2通りの方法が用意されています。

 

このゲーム最大の特徴は、ジンと呼ばれる精霊をセット(装備)することで戦闘で様々なメリットを受けられるということ。クラスチェンジによるステータスの上昇やエナジーと呼ばれる魔法の習得のほか、強力な召喚攻撃が可能になるので、バトル前の準備や戦略が重要になってきます。

 

また、エナジーはフィールドでも使用でき、謎解きにも利用される仕組みでこれまた頭を悩ませます。ゲームシステムだけでなくフィールドマップの作り込み、音楽やグラフィックにも力を入れている、没入度の高い一本です。

ジャンルファンタジーRPG プレイ人数1人~2人
第10位

ナムコ

テイルズ オブ ザ ワールド なりきりダンジョン2

価格:5,180円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キャラクターになりきって、テイルズの世界を体験できる

『テイルズ オブ ザ ワールド なりきりダンジョン』シリーズは、テイルズファンにはたまらないソフトです。フリオとキャロという男女の主人公がコスチュームを着て戦士や魔法使いなど、その職業になりきり冒険していきます。本作は『なりきりダンジョン』の続編ですが、世界観は一新されています

登場するキャラクターは『ファンタジア』『ディステニー』『エターニア』の三作品のキャラクターたち。プレイヤーは彼らとパーティーを組み、戦闘を行うことができます。「クエストバトル」が新規で追加され、依頼されたクエストにチャレンジできるようになった。

 

『テイルズ』好きにはたまらない作品ですが、シリーズ初めての方も本作から『テイルズ』を知るのも良いでしょう。RPG好きな方やアニメ的な作風が好きという方におすすめです。

ジャンルRPGプレイ人数1人
第9位

ナムコ

テイルズオブザワールド なりきりダンジョン3

価格:3,980円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

『ディスティニー2』『シンフォニア』が参加!テイルズ好きのためのRPG

ナムコがゲームボーイアドバンスで最後に出したソフトです。本作から『テイルズオブディスティニー2』と『シンフォニア』のキャラクターが新規で参加。特に『ディスティニー2』は『ディスティニー』の息子が主人公となっているので、夢の共演が実現されて、ファンにはたまりません

 

基本的な操作は10位の『なりきりダンジョン2』と変わらず、リニアモーションバトルというリアルタイムに戦闘できるシステムを採用しています。この戦闘はテイルズならではの戦闘で、相手の出方を窺いながら一気に攻められるので勢いがあります。3では違ったストーリーが楽しめるので、ぜひプレイしてみてください。

ジャンルRPGプレイ人数1人
第8位

任天堂

トマトアドベンチャー

価格:4,820円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

多種多様なギミックを使いこなし、ガールフレンドを救出しよう

トマト嫌いな主人公が「ケチャプ―王国」を舞台に、さまざまなステージをクリアしていくアクションRPG。主人公・デミルが、王国にさらわれた彼女・パサランを救出するため戦う物語です。全部で6つのエリアを冒険し、各地にいる「スーパーキッズ」を倒さなければなりません。

 

本作で特徴的なのが「ギミック」と呼ばれる武器。この武器は「れんだ」「どきどき」といったさまざまなコマンド入力が勝敗を左右します。この「ギミック」を手にするためには、各地の発明家に会いに行く必要があるため、RPGらしい冒険要素が盛りだくさんです。

 

また「ギミカ」というミニゲーム要素もあり、飽きることなく楽しめます。コミカルなRGを楽しみたいという方におすすめです。

ジャンルアクションコマンド型RPGプレイ人数1人
第7位

任天堂

マジカルバケーション

価格:7,450円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

鍵は「コミュニケーション」、個性豊かなキャラクターが盛りだくさんのRPG

武器を一切使わずに、属性魔法だけで戦闘するRPG『マジカルバケーション』。魔法を主軸に、登場人物たちとの「コミュニケーション」、そして友人間での通信などが楽しめます。

 

臨海学校に来た学生たちは、魔物「エグニマ」に襲われ離れ離れになってしまいます。主人公は魔法を使って魔物を倒しながら、15人の仲間たちを探すという物語です。主人公を含め、クラスメートたちは個性的でかわいいキャラクターばかりです。

 

本作は魔法を使って戦闘をしますが、通信プレイで使える魔法の幅がさらに広がるので、協力プレイが重要になります。ゲーム内のコミュニケーションだけでなく、友人間でのコミュニケーションもカギとなる、RPGゲームです。

ジャンルコミュニケーションRPGプレイ人数1人~2人
第6位

スクウェア・エニックス

キングダムハーツ チェインオブメモリーズ

価格:4,619円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

『KH』から『KH2』へとつながる物語

ディズニーキャラの参戦で話題になった『キングダムハーツ』の続編の物語。次の『キングダムハーツ2』の間の出来ごとが物語られているので、ファンのみなさんは絶対にプレイすべき作品です。

 

フィールドで敵とエンカウントするとバトル画面が開かれるシンボルエンカウント方式。プレイヤーは主人公・リクを操作して、バトルカードで戦闘します。本シリーズを知らない、やったことがないという方は、一度前作をプレイしてみてからの方が楽しさが倍増するでしょう。『キングダムハーツ』ファンには必見のソフトです。

ジャンルRPGプレイ人数1人
第5位

スクウェア

ファイナルファンタジータクティクス アドバンス

価格:9,800円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「ロウ」システムが組み込まれた、新しいFFの物語

大人気RPG『ファイナルファンタジー』のゲームボーイアドバンスバージョン。主人公のマーシュが見知らぬ世界に1人放り出され、出会った仲間たちとさまざまなクエストを達成していく物語です。

 

戦闘システムはFFではおなじみ6人のキャラクターを動かして戦います。本作は、「味方→敵」のようなターン制ではなく、キャラクターのスピードで順番が決まります。さらに特徴的なシステムが「ジャッジメントシステム」で、戦闘の際に「ロウ」というルールが決められています。

 

FFの中でもとにかくやりこみ要素が強い作品です。ファンの方には特におすすめの作品ですね

 

 

ジャンルシミレーションRPGプレイ人数1人
第4位

ナムコ

テイルズ オブ ファンタジア

価格:9,921円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

テイルズシリーズの原点「伝説のRPG」

テイルズオブシリーズの第一作目で、今でも根強いファンが多い『テイルズオブファンタジア』。ゲームの中でもトップクラスのグラフィック、音楽、そしてストーリーがプレイヤーをテイルズの世界に引き込ませます。

 

主人公のクレスたちが、魔王ダオスを倒すための冒険に旅立つというストーリー。その最大の魅力は個性豊かなキャラクターたちでしょう。主人公のクレスらも魅力的ですが、敵のダオスも単なる悪役を超えた愛のあるキャラクターです。

 

戦闘システムはシリーズでおなじみ「リニアモーションバトルシステム」を採用。ターン性ではなく、リアルタイムで敵に攻撃できるシステムです。未プレイの方は、テイルズの世界を一度体験してみてください。

ジャンルRPGプレイ人数1人
第3位

任天堂

マリオ&ルイージRPG

価格:0円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

凸凹コンビの兄弟によるドタバタ協力アクション

誰もがご存知「マリオ」シリーズから、ロールプレイングゲームへと趣向を変えた『マリオ&ルイージRPG』。スーパーファミコンソフト「スーパーマリオRPG」の流れを汲んだバトルは、攻撃や回避にアクション要素が入っており、タイミングよく操作することで戦闘を有利に進められます。

 

操作キャラクターはタイトルの通りマリオとルイージの兄弟なのですが、二人が協力するブラザーアクションはバトルだけでなく、フィールド探索パートでもコミカルに活躍してくれます。「マリオ」シリーズのキャラクターが登場したりと、「マリオ」シリーズのエッセンスを感じる要素もたびたび出てきます。

 

どっぷりハマってクリアした後、他の「マリルイ」シリーズも遊びたくなること請け合い。通信プレイ用ミニゲーム「マリオブラザーズ」がおまけに付いているのも嬉しいところです。

ジャンルブラザーアクションRPGプレイ人数 1人/2人〜4人
第2位

カプコン

バトルネットワーク ロックマンエグゼ

価格:24,150円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

少年の心をつかむ斬新かつ明快なバトルシステム

『バトルネットワーク ロックマンエグゼ』は、近未来的な世界観の現実世界と電脳世界で起きる事件を、人間の少年とプログラムである「ロックマン」が協力して解決していくゲームです。ゲームボーイアドバンスと同時に発売されたこの作品はたちまち人気作となりました。

 

ジャンルを「データアクションRPG」と銘打たれたこの作品は、探索パートのロールプレイングゲーム部分とバトルパートのアクションゲーム部分に分かれています。敵味方それぞれ3×3のマス目を自由に移動しながら、シリーズおなじみの「ロックバスター」などの武器を使って敵を倒す、明快なバトルシステムを採用。

 

さらに武器の交換やフィールドへの特殊効果には「バトルチップ」と呼ばれるアイテムカードを活用する、カードゲームを思わせる奥深いルールが使われています。自分好みのデッキを組み上げるような、戦略的な楽しさをも味あわせてくれます。

ジャンルデータアクションRPG プレイ人数 1〜2人
第1位

任天堂

ポケットモンスター エメラルド

価格:27,480円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「ポケットモンスター」一つの頂点

栄えある1位に輝いたのは、「ポケットモンスター」シリーズより『ポケットモンスター エメラルド』。先に発売された「ポケットモンスター ルビー/サファイア」とは冒険の舞台が同じ、いわゆるマイナーチェンジ版のソフトです。他バージョンをプレイした方でも、あるいは一度プレイしたからこそ楽しめる内容となっています。

 

本作最大の追加要素が、「バトルフロンティア」というストーリークリア後に訪れることができる施設。「ルビー/サファイア」では「バトルタワー」という勝ち抜きバトルを楽しめる場所だけでしたが、「エメラルド」では「バトルタワー」を含む7種類の施設が用意されています。

 

どれもがポケモンバトルを題材にしたやりこみ要素で、それぞれルールを制限した特殊なバトルに挑めます。ポケモンに対する幅広い知識や並々ならぬプレイ時間が必要とされる高い難易度は、歴戦のポケモンファンをも唸らせてくれます。

ジャンルRPGプレイ人数1人〜5人

【シミレーション】ゲームボーイアドバンスの人気ランキング

任天堂

The Tower SP

価格:15,700円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

あなたはビルの経営者、テナントを集めて「Tower」を目指そう

高層ビルの開発責任者として、テナントの設置、管理をし、住民たちの要求を満たして拡張していく新感覚シミレーションゲーム。ビルに入れるテナントや設備などは自由に設置できるので、フリーダムにビルを建設できます。愛されるビルになるか、はたまた人気のないさみしいビルになるかはプレイヤーの腕次第。

 

目標は最高グレードの「Tower」になること。2000人以上の住人を集めて、要求を満たしていきます。ただ、1人の要求を満たすと誰かのクレームに繋がるので、同時に全住人を満足させるのはなかなか大変。バランスと機転を活かしましょう。

 

 

時にはゴキブリが出たり、停電したり、泥棒に入られたりとハプニングも続出。そんな時に経営者はどうするのか。「住人」としての目線ではなく「経営者」としての目線で考えるので、視野が広がり勉強にもなるゲームです。

ジャンル高層ビル経営シミレーションプレイ人数1人

ビクター インタラクティブ ソフトウエア

牧場物語 ミネラルタウンのなかまたち

価格:0円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

時間を気にしない!自由気ままに牧場ライフ

「ミネラルタウン」を舞台に主人公が牧場生活を送るシミュレーションゲームです。何よりもその魅力は時間制限がなく自由気ままに楽しめるということ。任天堂では定番のゲームで、初心者の方でもプレイしやすいのでおすすめです。

 

ゲームキューブで発売された『牧場物語 ワンダフルライフ』と通信できるのも楽しみの一つ。農作物の収穫や村人との交流を時間を忘れて楽しめます。さらに、別荘を増築できたりイベントが発生したりと飽きない魅力が盛りだくさん。

 

難しい操作やルールは一切ないので、ゲーム初心者ゆったり楽しみたい方におすすめ。また、お子様の教育にも良いゲームだと思います。

 

 

ジャンルシミレーションプレイ人数1人

マーベラスエンターテイメント

牧場物語 ミネラルタウンのなかまたちforガール

価格:0円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

女の子だって牧場生活!恋におしゃれを楽しもう

タイトル通り、『牧場物語』の主人公が女の子になったバージョンです。5人の男の子との恋愛も楽しめて、結婚することができます。条件を満たせば、ある特別なキャラクターとも恋愛可能に。

 

新要素として「着替え」ができるようになりました。鏡を設置すると着替えが可能になり、これまでの牧場生活に加えておしゃれも楽しめるようになりました。農作物の収穫や牧場の管理だけでなく、住人とのコミュニケーションを楽しめる点も、前作と同様です。

 

主人公は女の子ですが、新要素も加わり男の子でも楽しめる点が多いので、性別問わずおすすめです。また、子どもから大人まで違った楽しみ方ができるゲームなので、誰にでもおすすめできるゲームです。

 

ジャンルシミレーションプレイ人数1人

そのほかのゲームボーイアドバンスおすすめゲーム

任天堂

ポケモンピンボール ルビー&サファイア

価格:12,999円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

『ルビー』『サファイア』のポケモンをゲットしよう

ポケットモンスターを題材にしたピンボールゲーム。ピンボールの台のうえでモンスターボールを動かし、目的のポケモンを手に入れます。本作は二作目で、同じGBAで大人気の『ルビー&サファイア』がテーマになっています。

 

ピンボールには様々なギミックが仕掛けられており、あちこちで動いているポケモンキャラが可愛くて癒されちゃいます。本作はEGGモードとSHOPモードが追加されており、プレイモードも多様に。難易度も低めなので、初心者の方や、ポケモンの可愛さを楽しみたい方におすすめです。

ジャンルピンボールプレイ人数1人

任天堂

リズム天国

価格:6,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

思わずノリノリになれる、楽しい音楽ゲームが盛りだくさん

『リズム天国』は、音楽に合わせて単純なアクションを繰り返すリズムゲーム。DS、Wiiからも発売されているので、一度は耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。いわゆる音楽ゲームよりも単純で、複雑な操作が一切ないのに、思わずノリノリになれちゃうリズムゲームが盛りだくさんです。

 

リズムゲームは全部で40種類。リズムに合わせて手を叩いたり、切ったり、斬ったり、飛んだり、踊ったり。40種類すべてのゲームが楽しくて、夢中になれちゃいます。

 

プロデュースはミュージシャンの「つんく♂」氏。不思議なおまけ要素もあるので、一度始めると止まらない!とにかく楽しいゲームがしたい、感覚でリズムゲームを楽しみたいという方におすすめです。

ジャンルノリ感ゲームプレイ人数1人

関連記事はこちら

まとめ

ゲームボーイアドバンスのおすすめソフトをランキング形式で紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。どれも遊んでみて損はしない名作揃いですし、中古やバーチャルコンソールならば気軽な値段で購入することができます。レトロゲームだから、携帯型ゲームは子供向けのソフトが多いから…といった理由でなんとなく敬遠していた方も、興味を持っていただけたならプレイしてみることをおすすめします。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ