記事ID133058のサムネイル画像

    【動きやすくておしゃれ!】おすすめの作務衣人気ランキング10選

    もともとはお寺のお坊さんが掃除などの際に着たという作務衣。最近はおしゃれな作業着として、また寝巻やリラックスウェアとして人気です。ですが最初に作務衣に手を出す際にはどのようなものがいいか迷う人もいます。今回はおすすめの作務衣をランキング形式で紹介します。

    動きやすさ抜群の作務衣でリラックス

    ルームウェアや作業着のまま外出するのはちょっと恥ずかしいもの。でも、ちょっと外に出たいのにわざわざ洋服に着替えるのも面倒に感じます。外出しても恥ずかしくないものを欲しいと思う人もいます。

     

    そんな人におすすめなのが作務衣です。もともとはお坊さんが掃除などをこなす際に着ていたというもので、動きやすく体をしめつけないように設計されています。最近ではおしゃれな作務衣も多く販売されており、いろいろな作務衣を楽しむことができます。しっかりした布地は作業服として、柔らかいものは部屋着として活躍してくれます。

    作務衣の選び方

    作務衣は基本的にどのような体形の人でも着やすいように設計されています。そのためサイズはかなり融通がききます。サイズ以外に作務衣を選ぶ際に気を付けたいポイントをご紹介します。

    作務衣は素材に注目

    作務衣をどのような場面で着るかというのは人それぞれですが、大体の場合は部屋着として着るか作業着として着るかになります。使う場面によって作務衣の素材も使い分けるといいです。

    着心地のよさなら綿

    部屋着や寝巻として使いたいというのであれば綿がおすすめです。実用的な作務衣の中で一番使われているのが柔らかい綿で、安定した人気があります。綿の作務衣を1枚持っておくと一年を通して使うことができます。

     

    綿は吸湿性や通気性がよく服の素材としては非常にポピュラーです。綿の素材といっても厚手のものや薄手のものがあり、それぞれ個人の好みによって選ぶことができます。綿の作務衣は洗えるものが多くお手入れも簡単です。一番最初に購入する作務衣は綿のものにしておけば間違いないでしょう。

     

     

    丈夫なデニム

    丈夫な作業着として使いたいのであればデニムの作務衣がおすすめです。最近はデニムは和装の世界でも人気でデニムの着物などもあります。デニム素材の作務衣は普段着としてもおしゃれなので幅広く使うことができます。

     

    デニムは欧米の炭鉱などで働く人の作業着として発達した素材で、非常に丈夫です。また使っているうちに色落ちやしわなどがついてきて、独特の風合いが出る点も人気の秘密です。長く愛用したいという人はデニムの作務衣を選ぶといいでしょう。ズボンだけを普通のジーンズとして使うこともできます。

    時期によって使い分けよう

    作務衣は通年使えるものが多いですが、夏用冬用の作務衣もあります。使う時期が決まっているようであれば、その時期に合った作務衣を選びましょう。

    夏は通気性のよいものを

    生地が薄く通気性のよい夏用の作務衣があります。綿で作られているものが多いですが、麻などの素材で作られているものもあります。麻は着物などでも夏の素材といて有名です。夏用のジャケットなども麻で作られているものもあります。

     

    夏用の作務衣は半そでのものなども販売されていて、甚平と見た目はそれほど変わりません。そのため、夏用の作務衣があると夏祭りや花火大会などに着ていくこともできるので、1枚持っていると重宝します。作務衣の作りはもともと風通しがいいので夏の部屋着や寝巻としてうってつけです。

    冬は裏起毛など温かいもの

    冬用の作務衣は、裏起毛になっていたりフリース素材で作られているものが多いです。裏地がついているものなどもあります。丈夫な生地の作務衣や綿入りのはんてんのような作務衣もあるのでそういったものも冬用の作務衣です。

     

    作務衣の上は風通しがいいので、どのような素材であってもそのまま着ると寒いと感じることがあります。そのため、作務衣の下にセーターや発熱素材のアンダーウェアなどを着ると作務衣でも温かく着用することが可能です。作務衣の上を上着のように考えるといいです。

    柄や風合いも選べる

    最近では個性的な柄やかわいい柄など、若い人や女性向けの作務衣も発売されています。自分の好みに合うものがきっと見つかります。

    伝統的な柄で落ち着いた印象

    作務衣はもともとは汚れてもいい作業着なので、無地で紺などの濃い色が主流です。無地の作務衣はどのような体格や年齢でも着やすく親しみやすいものです。また、細い縞柄も手を出しやすく人気のある柄です。普段着や寝巻としてつかうのであればこういった流行り廃りのない柄がおすすめです。

     

    無地や縞と一口で言っても、素材や色の違いで印象を変えることができます。薄い色の縞柄なら粋な感じになりますし、濃色の無地であればシックな印象になります。いろいろな色の作務衣があるので、自分に合う色を選びましょう。

    モダンな柄で個性的に

    作務衣はおしゃれ着としても最近人気が出てきています。作務衣をおしゃれに着こなせたらかっこいいですね。個性的な柄の作務衣もたくさん発売されています。人とは違った自分だけのおしゃれを楽しみたいという人はおしゃれな作務衣に挑戦してはいかがでしょうか。

     

    ファッショナブルな作務衣としては、袖やバックに染めで模様が施されているものやかすりの模様の生地で作られたものなどがあります。また、右は無地の生地で左は模様のある生地を使っていたり、袖と胴体の部分の色が違うなど、メーカーは商品に工夫を凝らしています。オーダーメイドなどができるメーカーもあるので、こだわりたい人には向いています

    女性用にかわいいものも

    作務衣を着るのは男性が多かったのですが、最近は女性にも愛用者が増えています。もともと作務衣は多少体形が変わっても対応できるように作られているので、男性より体形が変わりやすい女性にも向いています。女性のユーザーの増加に合わせて、女性向けのかわいい柄などの商品も増えています。

     

    作務衣は基本的にサイズは男女共用となっていますが、女性専用の作務衣は女性用のサイズに作られています。色もエンジやピンクなど女性が好みそうな色が豊富です。柄のあるものも多く、桜などの女性らしいキュートな柄もあります。

    他にもいろいろ!選ぶ際に考えたいポイント

    作務衣を選ぶ際の着目点はほかにもあります。使い勝手を考えて選びましょう

    袖、裾がゴムかどうか

    作務衣の袖は普通はゴムは入っていませんが、ゴムが入っている商品もあります。寝巻として着るのであれば体をなるべく締め付けないようにゴムが入っていない方がいいです。逆に水仕事などをする際に着るのであれば、袖をまくったりできるためゴム入りの方がいいです。

     

    また裾も紐でしぼるものとゴムになっているものがあります。作務衣を着て外に出ることが多い場合は紐だと踏んでしまったりするのでゴムのものの方がいいです。寒い時期に防寒用として着る場合もゴムの方が保温性が高いです。夏に着るようであれば通気性を考えて裾のしぼりを調整できる紐が向いています。

    洗濯できるかどうか

    洗濯できるかできないかは購入する前にしっかりと確認しましょう。特に寝巻などとして使う場合は洗濯できないと非常に不便で、結局買っても使わないということになってしまいます。選択の方法などもよく確認しましょう。

     

    おしゃれ着としての作務衣などは着物などに使う素材を使っていたりすることがあり、家庭用の洗濯機や洗剤では洗濯が難しい場合があります。無理に自分で洗濯してしまうと縮んでしまったり生地を傷めてしまったりすることがあります

    作務衣の人気ランキング10選

    ここからは作務衣の人気ランキング10選をご紹介します。きっとお気に入りのものが見つかるはずです。

    10位 SAKUTANE『作務衣 メンズ』

    価格:2000円(税込み)

    部屋着に最適!リーズナブルな商品

    夏の寝巻や部屋着として最適の商品です。薄手で通気性がよく、着心地もさわり心地もいいです。綿100パーセントなので吸湿性もよく、むしむしとした夜も快適に過ごすことができます。さまざまな柄があるのでどのような年齢の人もたのしむことができます。手の出しやすい価格も魅力的です。

     

    購入した人の口コミを見ると、部屋着として使用している人がほとんどです。コストパフォーマンスのよさが高評価を得ています。リピート買いしたいという声もあり、品質もいいようです。色によっては多少透け感があります。作務衣はゆったりと作られていますが、恰幅のよい人は大き目のサイズを買うといいです。

    素材綿サイズ展開M~XL
    色柄展開11種類対応季節春、夏

    9位 江戸てん『 作務衣 柔らかい平織り 抜染オリジナル柄』

    価格:5940円(税込み)

    おしゃれにきめるならこの商品!豊富な柄展開

    こなれた感じのある個性的な作務衣として人気なのがこの商品です。おしゃれなオリジナル柄の染め抜きがあり、どの柄も日本の伝統的な柄です。柄は招き猫などのかわいい感じのものから、風神雷神などのかっこいいものまで多数。綿のソフトな肌触りも気持ちのいい商品です。

     

    口コミを見ると、やはり柄がかっこいいと好評です。柄も全身に入っているなどの派手なものではなく、袖やバックに入っているので控え目で粋です。何度か洗うと色落ちするので、その風合いを楽しんでいるという声も多いです。洗濯すると多少の縮みがある場合もありますが、それほど気にはなりません。

    素材綿サイズ展開M~LL
    色柄展開17種類対応季節春~秋

    8位 彩布の和み『作務衣【粋】 上下セット』

    価格:4860円(税込み)

    サイズ展開が豊富!機能的な商品

    この商品はサイズがSサイズからあるので女性も着ることができます。女性向けの色も充実していて、渋いけどかわいい作務衣を探している女性におすすめできます。Sサイズは小柄な男性にもちょうどいい大きさと言えるでしょう。

     

    また、ポケットもたくさんあります。ズボンのポケットには小銭を入れることができるように小さいポケットもついています。キーホルダーを引っかけることができるフックホルダーもついていて、機能的に使えるように工夫されています。口コミでもポケットがたくさんあるのが便利という声が見受けられます。

    素材綿サイズ展開S~LL
    色柄展開9種類対応季節通年

    7位 布和里『冬用 フリース 作務衣』

    価格:4980円(税込み)

    フリース素材であたたかい作務衣

    秋冬に活躍してくれそうな商品です。フリース素材であたたかく、袖口と裾はゴム製なので風も入って来ません。サイズは大きめということなので、ワンサイズ下のものを選ぶのがいいです。防寒のために下に何か着る場合はそのままのサイズでもいいかもしれません。

     

    口コミを見ると着心地がよく毎日着たいので2枚ほしいという声や、リピート買いをしましたというものが散見され、満足度が高いことがわかります。着心地や温かさも評価が高く、寝巻や部屋着として重宝しそうです。ポケットが少ないので、洋服のポケットはあまり使わない人向けです。

    素材ポリエステルサイズ展開M~LL
    色柄展開3種類対応季節秋冬

    6位 作務衣と和専門店 職人の技ひめか『婦人作務衣』

    価格:4500円(税込み)

    女性用のかわいい作務衣

    作務衣を着る時も女性らしくありたいという人のための作務衣です。かわいい柄が豊富でサイズも女性用に作られています。部屋着としても活躍しますし、日常の外出であればこれで行ってもおかしくありません。袖はゴムになっているので、炊事などの際も邪魔にならずに着ることができます。

     

    口コミを見ると星5つの割合がほかの商品と比較しても高く、満足度の高い商品であると言えます。洗濯による縮みもほとんど気にならないようです。入院している母にあげたら、同じ病室の人にどこで買ったのかを聞かれたというエピソードも。非常に女性らしいおしゃれな作務衣です。

    素材綿サイズ展開M、L
    色柄展開10種類対応季節春~秋

    5位 オオキニ『作務衣 綿 メンズ 軽やかウルトラライト』

    価格:2980円(税込み)

    軽くて薄い素材でお求めやすい価格

    従来の作務衣はしっかりした生地が多く、動きにくいという声に応えてできたのがこの作務衣です。薄いながらしっかりした素材で通気性がよく寝巻から仕事着として幅広く使うことができます。値段もリーズナブルで、作務衣に手をだしてみたいという初心者に向いています。サイズもSサイズからあるので、女性も着ることができます。

     

    口コミを見ると手の届きやすい値段という点で評価されています。他の商品より小さめに作ってあるので、大き目のサイズを選ぶといいでしょう。涼しくていいという声が多いので、夏の寝巻として重宝します。ユーザーも寝巻や部屋着として使っている人が多いです。

    素材綿サイズ展開S~LL
    色柄展開4種類対応季節春夏

    4位 作務衣と和専門店 職人の技ひめか『粋伝 作務衣 』

    価格:4500円(税込み)

    オーソドックスな作務衣!普段着としてもおすすめ

    部屋着にするもよし、作業用や近場への外出用として使うもよしのオーソドックスな商品です。ちょうどよい生地の暑さで、ほぼオールシーズン使うことができます。Sサイズもあるので、女性も着用することができます。ズボンの後ろにもポケットがついており、ポケットをたくさん使いたいという人に向いています。

     

    口コミでの評価も全体的に高く、渋いデザインと着やすさが人気のポイントのようです。洗った際の縮みを考慮して少し大きめに作られていると注意書きがありますが、洗濯をしてもほとんど縮むことはなく、生地が痛むこともありません。普段着として愛用している人が多いです。色も充実しているので、自分にピッタリなものを選ぶことができます。

    素材綿サイズ展開S~LL
    色柄展開9種類対応季節通年

    3位 綿の郷 『日本製 久留米紬織作務衣』

    価格:5695円(税込み)

    サイズ展開が多い作務衣!色落ちもしにくい

    この商品はサイズ展開が3Lまである上、ウェストがファスナーとゴムになっているので恰幅がいい人でもはきやすくなっています。また、普通の布地は布を織りあげてから染めるので色落ちがしやすいのですが、この商品は糸の状態で染めてから織り上げているので色落ちがしにくいのがポイントです。

     

    口コミを見てみると、長期間使っている人が多く、こんなに長く使えてこの値段はコストパフォーマンスが高いと思う人が多いです。リピート買いしている人も多く、とても着心地のいい商品です。洗濯をしても若干縮む程度で気にならず、使うほどに風合いが出てきて愛着がわく商品です。

    素材綿サイズ展開S~3L
    色柄展開5種類対応季節通年

    2位 キョウエツ『作務衣 洗える 無地』

    価格:2890円(税込み)

    作務衣購入を悩んでいる人にはおすすめの品

    作務衣を購入しようかどうしようかと悩んでいる人にはとてもおすすめできる商品。他の商品と比べてもリーズナブルな値段設定です。サイズは4Lまであるのでなかなか自分にあったサイズがなくて困っている人にもおすすめできます。色もどれも渋くてファッショナブルで部屋着としても作業着としても使えます。

     

    口コミを見てみるとサイズは少し大きめのようです。ポリエステルなのでジャージ感覚で使っている人もちらほら。ジャージよりしっかりして見えるので近所なら出かけることができると好評です。薄くサラリとした生地で、夏用に使っている人が多いです。洗ってもしわがほとんどつかず、使い勝手のいい商品です。

    素材ポリエステルサイズ展開M~4L
    色柄展開5種類対応季節通年

    1位 江戸てん『作務衣 デニム生地』

    価格:4990円(税込み)

    おしゃれな逸品!作業着にも普段着にも

    堂々の1位はこのデニム作務衣。デニムでしっかりした生地ながら重くはなく柔らかい着心地です。デニムの風合いがとてもおしゃれです。サイズ展開も4Lまであり、恰幅のいい人でも着用することができます。ポケットも多く、ポケットの中にペンさしなどもついており、機能的にも十分です。

     

    サイズは大きめなので、1サイズ下のものを選ぶとちょうどいいです。使えば使うほどデニムの風合いがよくなってくる点が好評です。デニムなので他のファッションと組み合わせて着こなしているという声もあります。部屋着や普段着として工夫次第でかなり活躍してくれるアイテムです。

    素材綿サイズ展開M~4L
    色柄展開8種類対応季節通年

    まとめ

    いかがでしたか。人気の作務衣をランキング形式でご紹介しました。作務衣は使い方次第で寝間着からおしゃれ着まで幅広く使うことができます。自分に合った使い方を見つけてぜひ作務衣を生活に取り入れてみてください。

    関連する記事

    この記事に関する記事

    TOPへ