記事ID133044のサムネイル画像

【圧倒的な世界観へ】大人気の司馬遼太郎書籍おすすめランキング10選

多大な人気を誇る歴史小説シリーズが大人気な司馬遼太郎書籍。しかし、たくさん種類がありどれが良いかわからないなんてことも。どの司馬遼太郎の書籍が自分に合っているのか?そんな方に、大人気の司馬遼太郎小説おすすめランキング10選にてご紹介します。要チェックです!

司馬遼太郎の書籍は歴史を面白く学べる

司馬遼太郎が描く歴史小説は、激動の幕末時代の物語が多いですが、登場人物の内面をわかりやすく表現しながら、理解していくことができるので、どんどん引き込まれていく面白い書籍となっております。司馬遼太郎の内面を描く力は、歴史ファンからも多大な人気です。歴史に興味が無い方でも楽しむことができるイメージの書籍です。

 

司馬遼太郎の書籍の選び方

それでは、司馬遼太郎の書籍を選ぶ際のポイントとなる選び方を解説していきます。ちなみに歴史小説とは、忠実にアレンジした時代小説を言います。司馬遼太郎の面白い書籍を見つける参考にしてみましょう。たくさんの選び方があると言えますが、一番参考になる選び方を解説して見ましたので参考にして見ましょう。

出版日で選ぶ

司馬遼太郎の書籍は昭和の時代から幅広く販売されており、時代によって、描かれる雰囲気も少し違います。最近の書籍であれば、できる限りわかりやすく描かれているものが多く、昔の書籍であればあるほど、個性あふれる表現がされている傾向にあるので、初めて司馬遼太郎の書籍を読むのであれば、最近の書籍を選んでみるようにしましょう。

 

司馬遼太郎の書籍を選ぶ際には、出版日に少し着目して見ることによって、司馬遼太郎の文書の雰囲気の違いに気づけるかもしれません。出版日の離れた書籍を手にして見ることによって、少し変わった書籍の選び方をすることができるでしょう。

ページ数で選ぶ

あまり普段書籍を読まない方だと、ページ数が多いだけで気がめいってしまう方もいるかもしれません。ランキングの概要欄にページ数を記載したので、ページ数が少ない書籍を手に取ると最小の一歩のキッカケを与えてくれるでしょう。

 

書籍に親しみがある方にとっては、ページ数はあまり気にならないと言えますが、あまりなれていない方にとっては、ページ数が少ない書籍の方が読み始める一歩が歩みやすいので、是非とも参考にして見てくださいね。司馬遼太郎の書籍は、ページ数が多い傾向にありますが、とてもわかりやすく読みやすいので、書籍を読むのが慣れている方は、あまり気にする必要は無いかもしれません。

表紙で選ぶ

司馬遼太郎の書籍には、表紙にも文章には無い魅力が出ており、表紙で気に入った書籍を手にとってみるのもおすすめです。内容については、ランキングの概要欄に詳しく解説しているので、表紙も内容も興味をそそったものを選んでみるのもおすすめです。

 

司馬遼太郎の表紙を参考にしつつ、概要欄の解説を参考にすることによって、どんな物語なのかを把握することができるでしょう。司馬遼太郎の表紙はシンプルなのに、文章の濃さに驚くことでしょう。

ネットレビューを参考に選ぶ

司馬遼太郎の書籍を選ぶ際におすすめな選び方があります。それは、商品レビューに目を通すことです。これらによって、この書籍の感想を知ることができるので、自分のイメージに近い書籍を見つけることができます。書籍を選ぶ際は自分のイメージしたものを見つけるのは難しいので、とても参考になります。

 

自分の読みたいと思う書籍を見つけるキッカケにもなるので、ランキングの概要欄の解説を参考にしつつ、商品レビューも参考にして見ましょう。商品レビューには歴史ファンの方の感想も書かれているので、書籍選びの参考になることでしょう。

描かれている時代で選ぶ

司馬遼太郎の書籍は、時代小説がメインですが、描かれている時代に変化があります。なので、大きく分けて魅力ある時代が2つあるので、そちらも参考にしてみましょう。

戦国時代を選ぶ

司馬遼太郎の書籍の中で、戦国時代を鮮明に描いた書籍もあります。多くは有名な歴史登場人物が出てきますし、一人一人に魅力が有り触れているので、男なら憧れるそんな雰囲気を感じ取ることができます。展開の変化が一つ一つ濃く、熱い戦いと熱い男たちのストーリーを体験したい方におすすめです。

幕末を選ぶ

司馬遼太郎の書籍で、幕末の時代の書籍を選ぶ方は、その時代の国民たちの生活、どんな常識やルールで世の中が回っていたのか参考になることが満載となっております。昔の生活に興味がある方におすすめです。

司馬遼太郎の書籍おすすめ人気ランキング10選

それでは司馬遼太郎の書籍おすすめ人気ランキング10選をご紹介していきますので、選び方を参考の上で、自分と相性のあった司馬遼太郎の書籍を選んでみましょう。

 

レビューなどもしっかり確認することによって、より自分に合った司馬遼太郎書籍に出会うことができるでしょう。レビューには、たくさんの人の感想も寄せられているので、自分の堪能したい物語を探す一つの方法と言えるでしょう。

10位 世界文化社『二十一世紀に生きる君たちへ 』

価格:600円(税込)

現代を生きる上で、司馬遼太郎が残した言葉が心に響く

数多くの素晴らしい小説を生み出してきた司馬遼太郎の人気時代小説です。21世紀を生きる子供たちに対してのメッセージであり、国語の教科書にも掲載されたほどの書籍になります。司馬遼太郎はとても予想できないとしているが、人間の根本的な部分は変わらないとしている。人が生きていく上で、大切にしなければならない心構えがあるとしていて、今の時代に読みことによって、多大な人生について学びがあると言えます。

 

自分にきびしく、相手に優しくという言葉が出てくるのですが、この言葉には多くの司馬遼太郎ファンが背筋を伸びる思いをしているとの声が多いです。それだけ衝撃を受けた書籍と言えるので、入門用にもおすすめですし、小学生の方でも読み進める事ができるメッセージが熱いです。社会人になってからのビジネスマンにも響く文章となっておりますので、司馬遼太郎のメッセージを感じ取って見てはいかがですか。

ページ数47ページ
出版日2001年02月12日

9位 新潮文庫 『関ヶ原〈上〉』

価格:810円(税込)

関ヶ原の熱い一日のストーリーを楽しめる

時代小説の話の中で一番の最大の合戦と言われる関ヶ原の戦いを軸に、幅広い時代小説を楽しむ事ができます。全3巻からなる対策ですが、映画化されたりもしているので、とても注目を浴びている司馬遼太郎の傑作と言えます。たった一日で決着がついたと言われている関ヶ原の戦いですが、どのような結末によって終焉したのかが気になる物語と言えます。

 

あらゆる人間の策略や、複雑な絡まり合いは今の時代には無い、雰囲気を楽しむ事ができます。司馬遼太郎の関ヶ原の戦いでは、その経緯や、人と人の心情がとてもリアルに描かれているので、歴史を楽しく学べますし、ストーリー展開を楽しみながら読み進める事ができます。時代小説にしかない今とは違う雰囲気や、人の考え方を知る上でとても良作と言える司馬遼太郎の書籍と言えます。

ページ数544ページ
出版日1974年06月24日

8位 新潮文庫『項羽と劉邦 (上) 』

価格:810円(税込)

中国の歴史を感じる事ができ、優れた主人公の魅力が表面に出ている

司馬遼太郎が中国の時代小説を描いた本書は、政権争いのために戦うことになる上で、二人の全く違うタイプの2人が登場します。舞台は紀元前3世紀の中国なのですが、中国の国を治めていた始皇帝が亡くなってしまったのです。そのあとは、国が乱れて大変な争いごとが頻繁に起こるようになってしまうという状況です。

 

二人は軍事力を次第に集めて行き、圧倒的に他の人間という違う特徴によって、優秀な人間を魅了して戦っていく姿は、現代の仕事にも応用できるストーリーと学びがあります。自分に厳しくも、部下にも厳しい勇敢な男であり、敵に対する残忍な行為もしない。もう一人は、これといって何も無い臆病な人間だが、それでも唯一持っていた才能があり、優秀な人間だけを惹きつける謎を持った力です。この人物の特徴を知っておくと、普段の日常にも応用できるかも知れません。

 

 

ページ数496ページ
出版日1984年09月27日

7位 新潮文庫『国盗り物語〈1〉』

価格:810円(税込)

明智光秀の悩み、葛藤を知れる、魅力が知れる

ページ数544ページ
出版日1971年12月02日

6位 新潮文庫『峠 (上巻)』

価格:810円(税込)

幕末時代に日本中を旅して、時代を予測する人物がいた

司馬遼太郎の峠という書籍は、幕末の時代に若い頃から、日本中を歩き回り、放浪旅をしていた継之助という旅人がいました。この継之助は、この旅を行うことによって、時代の流れを敏感に感じ取る事ができたのでした。すると、早くから武士の時代が終わると仮説していた時代に鋭い人物が登場します。あまり有名な人物ではありませんが、家老となり継之助の仮説通りに、大政奉還によって幕府は無くなりました。

 

このように時代を仮説する人物はどのように思考をして、考えているのか、未来を予測する能力を少し感じる事ができる不思議な書籍です。先を見通す力には大きなメリットがあると、たくさんの出来事に関わっていく姿も面白い部分と言えます。中立的な立場である一藩独立を目指すことを決意し物語が進んで行きます。司馬遼太郎のファンであれば、是非とも読んでおきたい書籍と言えます。

 

ページ数512ページ
出版日情報なし

5位 文春文庫『坂の上の雲〈1〉 』

価格:702円(税込)

欧米という大きな雲を見た主人公の話

ページ数350ページ
出版日1999年01月10日

4位 角川文庫『新選組血風録 』

価格:950円(税込)

新撰組の沖田総司の恋の行方とは

司馬遼太郎が新撰組を描いた作品であり、沖田総司という新撰組でも名が知れている人物の物語が展開されます。しかし、戦争などの争いごとを描いた書籍ではなく、医者としてやってきた娘に惚れてしまうという恋愛物語になっているので、誰でも興味を持って楽しみ、読み進める事ができる時代小説と言えます。新撰組と淡い恋愛物語は、ギャップを感じる事ができるでしょう。

 

沖田総司の純粋な恋を繊細に描いた作品であり、甘酸っぱい青春を感じれることができます。他にも沖田総司の近くにいた人物の物語を楽しむことができるので、新撰組とはどんなグループだったのかを理解することもできるので、司馬遼太郎の入門用の書籍としておすすめと言えます。あまり書籍に慣れていない人でも、恋愛の展開は文章だけでも、楽しむことができます。時代小説でありながら、恋愛などの展開が描写を鋭く描かれているので、知らない内に、読み進めてしまうイメージの書籍です。

ページ数635ページ
出版日2003年11月22日

3位  (文春文庫)『世に棲む日日〈1〉』

価格:605円(税込)

竜馬がゆくとは少し似ているが、違う世界観を知れる傑作

吉田松陰という時代小説でも有名な人物が登場します。性格は極めてストイックで繰り広げる物語は変わったもので面白い展開になっています。不器用かつ愚直な性格であり、一度信じたことは疑わないところがあるほどでした。松下村塾という私塾を開設し、優秀な弟子を育てる展開になります。高杉晋作という弟子を育てることになるのですが、高杉は遊び人という正反対な人物であったのです。器用でたくさんの物事に対して長けていた部分があるのですが、信念を守る強さ、行動力については劣っていたのです。

 

この司馬遼太郎が描いた高杉の俳句には、おもしろくなき世の中をおもしろくなどの数ある名言が登場し、高杉がなぜこの言葉を発したのかを物語から知ることができるので、より深く理解することができるでしょう。竜馬がゆくとは少し違った視点で、明治前後を学ぶことができるので、より時代と人物の変化を学びながら、深く理解することができるでしょう。司馬遼太郎の人の内面を描写する力がとても強く出ている書籍と言えるので、歴史ファンにとてもおすすめな書籍と言えます。

ページ数313ページ
出版日2003年03月10日

2位 文春文庫『竜馬がゆく〈1〉 』

価格:702円(税込)

不器用ながらも人に対してまっすぐな関心と優しさを向ける竜馬

幕末の立役者として非常に有名な坂本竜馬が登場する物語です。司馬遼太郎と言えばこちらの竜馬がゆくがとても人気であり、坂本竜馬が何をしたかよりも、登場人物の人間性がとても表面に出ていたり、恋愛のシュチュエーションも出てきたりと面白みがたくさんあります。今も昔も変わらない風習の中で、坂本竜馬がどれだけ偉人だったかを肌感覚で知ることができます。塾を追い出されるほどに、勉学はできなかった不器用だったが、人を魅了する部分が誰よりもあったのです。

 

19歳の頃から剣術修行で、江戸へ向かうことになりますが、この部分から大きく物語が動き始めます。人に対してはまっすぐな関心と、優しさを向ける竜馬には、たくさんの人が魅了されて集うようになります。明治維新に関わっていく姿や、泥棒などの変わった人物とも力を合わせながら日本を変えていく物語を肌感覚で感じることができます。坂本竜馬という名前は多くの人が知っていますが、彼の内面を知っている人はほとんどいないと言われています。その部分を知ることができ、ひとつひとつの言葉を聞くことによって、深く理解することができるでしょう。

ページ数446ページ
出版日1998年09月10日

1位 新潮文庫『燃えよ剣〈上〉』

価格:853円(税込)

反骨精神を持った新撰組の中で、冷静な男の生き様が魅力的

司馬遼太郎のおすすめランキングで1位となったのは、燃えよ剣という書籍です。反骨精神を持った新撰組の男がいたのですが、とても冷静であり、生き様が他の人と大きく違い魅力的な面影が最高と歴史ファンからも多大な人気があります。幕末の物語であり、主人公の新撰組副長の土方歳三は、とても喧嘩が強く、厳しい生活からも反骨精神が強くなっていき、新撰組に入ることを決意します。素人グループだった新撰組を一気に剣豪集団まで導く姿はとてもカッコイイ部分です。

 

底辺から力で上を目指す土方は、坂本竜馬のような人当たりの良さは全くない人物でした。冷酷なまでに冷静な姿は、新撰組でも目立つイメージの男だった。孤独などは無いのかなどと人ととして違った生き様を文章から感じることができます。初めて読む方でも、歴史上の人物でここまでの人物がいたのかと驚くこともできるので、おもしろく読み進めることができるでしょう。

ページ数592ページ
出版日情報なし

まとめ

ここまで司馬遼太郎の書籍おすすめランキング10選を紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。司馬遼太郎の書籍には、たくさんの物語があり、人によって相性があると言えます。

 

司馬遼太郎を初めて読む方にとって、とても楽しめる代表作ばかりとなっております。激動の時代をわかりやすく描いた司馬遼太郎の歴史小説は、たくさんのロマンと、魅了される生き様が新しい人生を歩むキッカケになるかもしれません。男として生まれてきた意味を知ることができるそんな書籍たちを心ゆくまで楽しんでみましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ