記事ID133044のサムネイル画像

【隠れた名作や最高傑作】司馬遼太郎作品おすすめランキング20選

隠れた名作や最高傑作など、司馬遼太郎の作品は多く残されています。時代小説がメインになっているので、中学生や初心者、読みやすい作品はどれかわからないことも。今回は魅力の詰まった司馬遼太郎作品おすすめランキング20選にてご紹介します。

司馬遼太郎の作品は歴史を面白く学べる

司馬遼太郎が描く歴史小説は激動の幕末時代の物語が多いですが、登場人物の内面をわかりやすく表現しながら理解していくことができるので、どんどん引き込まれていく面白い作品となっております。

 

司馬遼太郎の内面を描く力は、歴史ファンからも絶大な人気です。歴史に興味が無い方でも楽しむことができるイメージがあります。今回は司馬遼太郎作品の選び方とおすすめをご紹介します。

司馬遼太郎作品の選び方

それでは、司馬遼太郎の作品を選ぶ際のポイントとなる選び方を解説していきます。ちなみに歴史小説とは、忠実にアレンジした時代小説を言います。司馬遼太郎の面白い作品を見つける参考にしてみましょう。

 

様々な選び方がありますが、今回は一番参考になる選び方を解説します。ぜひ作品選びの参考にしてください。

出版日で選ぶ

司馬遼太郎の作品は昭和の時代から幅広く販売されており、時代によって描かれる雰囲気も少し違います。最近の作品であれば、できる限りわかりやすく描かれているものが多く、昔の作品であればあるほど個性あふれる表現がされている傾向にあります。そのため、中学生や初心者が司馬遼太郎の作品を読むのであれば、最近の作品を選んでみるようにしましょう。

 

司馬遼太郎の作品を選ぶ際には、出版日に少し着目して見ることによって司馬遼太郎の文章の雰囲気や違いに気づけるかもしれません。出版日の離れた作品を手にしてみることによって、少し変わった作品の選び方をすることができるでしょう。

ページ数で選ぶ

普段あまり本を読まない方だと、ページ数が多いだけで気が滅入ってしまう方もいるかもしれません。ランキング内にページ数を記載したので、ページ数で選ぶのもおすすめです。

 

本に親しみがある方にとって、ページ数はあまり気にならないと言えます。しかし、あまり慣れていない方にとってはページ数が少ない本の方が読み始めやすいと思います。是非参考にしてみてくださいね。司馬遼太郎の作品はページ数が多い傾向にありますが、とてもわかりやすく読みやすいので、本を読み慣れている方はあまり気にする必要は無いかもしれません。

表紙で選ぶ

司馬遼太郎の作品には、表紙にも文章には無い魅力が出ており、表紙で気に入った書籍を手にとってみるのもおすすめです。内容についてはランキングの概要欄に詳しく解説しているので、表紙も内容も気になったものを選んでみるのもおすすめです。

 

司馬遼太郎作品を選ぶときに、どうしても悩んでしまう方は表紙で選ぶのも良いと思います。しかし、表紙だけで選んでしまうと文章量や内容が合わない可能性も生じるので注意が必要です。

ネットレビューを参考に選ぶ

司馬遼太郎の作品を選ぶ際、特におすすめな選び方があります。それは、商品レビューに目を通すことです。本を読み始めるより先に作品の感想を知ることができるので、自分のイメージに近い作品を見つけることができます。

 

また、自分の読みたいと思う作品を見つけるきっかけにもなるのでおすすめです。作品の説明欄だけではわかりにくい魅力や内容の難易度を掴むことが出来ます。

描かれている時代で選ぶ

司馬遼太郎の作品は時代小説がメインですが、描かれている時代に映画があります。そのため、時代に着目して選ぶのもおすすめです。今回は主に2つの時代に分けてご紹介します。

戦国時代|熱い戦いと人物が描かれる

司馬遼太郎の作品の中で、戦国時代を鮮明に描いたものは多くあります。基本的に有名な歴史の登場人物が出てきますし、一人一人に魅力が有り触れているので、男性が憧れるような雰囲気を感じ取ることができます。

 

展開の変化が一つ一つ濃く、熱い戦いと熱い男たちのストーリーを体験したい方におすすめです。

幕末|昔の生活を知られる

司馬遼太郎の幕末時代の作品の特徴は、その時代の国民たちの生活、どんな常識やルールで世の中が回っていたのかなど参考になることが満載となっております。昔の生活に興味がある方におすすめです。

司馬遼太郎作品おすすめ人気ランキング20選

それでは司馬遼太郎作品のおすすめ人気ランキング20選をご紹介していきます。選び方を参考にして、自分と相性のあった司馬遼太郎の作品を選んでみましょう。

 

第20位

中央公論新社

空海の風景〈上〉

価格:755円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

平安時代初期を生きた空海の話

平安初期の時代を宗教人の空海が生きていた様を描いています。司馬遼太郎は幕末や明治などを扱う作品を多く残しているので、少し珍しい内容です。空海の思想や生涯と平安初期の時代背景から、現在に残っている空海に至るまでの様子を知ることが出来ます。

 

司馬遼太郎作品を読みなれている方にもおすすめです。

ページ数370ページ出版日1994年3月10日
第19位

文藝春秋

新装版 酔って候

価格:627円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

司馬遼太郎の短編小説が読みたい方におすすめ

幕末を生きた四人の人間を軸に話が展開された短編集です。幕末の混迷期に、術の知識のない者がどう生き抜いてきたのかがわかります。また、上の立場にいた者たちはどのように過ごしていたのかがわかるような描写もあります。

 

司馬遼太郎の短編小説が読みたい方や、初めて読む初心者にもおすすめです。

ページ数320ページ出版日2003月10月11日
第18位

文藝春秋

新装版 功名が辻 (1)

価格:660円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

戦国の動乱期を痛快に描く

織田信長の家中に、ぼろぼろ伊右衛門と呼ばれる武士がいた。その彼に、美しくて賢い嫁が来るところから話が展開していきます。戦国時代に夫婦が手を取り合い、最後に地位を得るまでの痛快な物語が描かれています。

 

武士のめまぐるしい努力と夫婦の愛で戦国時代を生き抜く、胸が熱くなるような作品です。

ページ数313ページ出版日2005年2月10日
第17位

文藝春秋

新装版 翔ぶが如く (1)

価格:693円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「明治という国家」を司馬遼太郎目線で見る

全十冊の長編小説。明治維新と同時に始まった新政府は、分裂の危機を迎える。西郷隆盛の主唱により、国の存亡がかかった争いにまで発展。その発展から西南戦争の終わりまでの明治国家を、司馬遼太郎目線で描かれている。

 

西郷隆盛と大久保利通の対立や関係まで触れられています。現代日本を見つめるためのヒントにもなる作品です。

ページ数346ページ出版日2002年2月8日
第16位

講談社

新装版 尻啖え孫市(上)

価格:765円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

物語性に富む作品

織田信長と張り合った雑賀孫市が主人公の作品。比較的物語性が強く、戦国を生きた破天荒な男が描かれています。雑賀孫市はかなりの女好きで、織田信長と張り合うことになったきっかけは、信長の妹を見初めたからであった。

 

歴史上では取り上げられていない人物で、歴史好きにはたまらない作品になっています。

ページ数448ページ出版日2007年8月11日
第15位

文藝春秋

新装版 菜の花の沖 (1)

価格:715円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

江戸後期を生きる男の物語

高田屋嘉兵衛の名を聞いたことがない人も多いかもしれません。アイヌとの交易や北海道の開拓権を得た、日本と北を結ぶような役割を果たした人物です。南下政策中のロシアと日本の江戸幕府の間を取り持ち、戦争勃発を防ぐほど大きなことを成し遂げました。

 

普通の人として生活していた人間が大きく成長する過程や、近代日本の動きを知ることが出来る作品です。

ページ数403ページ出版日2000年9月1日
第14位

新潮社

新史 太閤記(上)

価格:869円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

司馬遼太郎版太閤記

天下を統一した豊臣秀吉のお話です。彼は人の心を捉える天才で、次々と名将を統合させた人物。人を殺すのではなく心で繋がろうとする彼は、天下統一という大きな事業を成し遂げることに成功しています

 

感情に流されない強い人間がもたらした結果が描かれており、人間の感情的な部分は強いということを垣間見ることが出来る作品です。

ページ数560ページ出版日1973年5月29日
第13位

新潮社

花神(上)

価格:781円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

珍しい視点で描かれる幕末

新選組や坂本龍馬ではなく、長州藩の視点で幕末が描かれる珍しい時代小説です。主に大村益次郎について描かれています。彼は村医から官軍総司令官になり、日本近代兵制を創始した人物で、波乱の生涯でした。

 

明治の政府がどのようにしてできたのか知ることが出来る作品です。新選組や坂本龍馬以外の目線で幕末を見られるのはなかなかないので、作品を通して新たな知識を得ることも出来ます。

ページ数480ページ出版日1976年9月1日
第12位

講談社

新装版 播磨灘物語(1)

価格:692円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

戦国時代末期の異才

豊臣秀吉の軍師である黒田官兵衛は、戦国時代末期の異才と呼ばれた。牢人の子に産まれたが、若くして藩の一番家老にまで上り詰める。しかし、脳内では別の気持ちも存在するなどの小さな葛藤も生じる。シリーズを通して、黒田官兵衛の生涯が描かれています。

 

人間の深淵と歴史の厚さについて知ることが出来ます。

ページ数374ページ出版日2004年1月16日
第11位

文藝春秋

この国のかたち 一

価格:572円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

司馬遼太郎にしか書けない日本

第6巻まで出ている作品。長い間昔の日本を見て描き続けてきた司馬遼太郎だからこそ見えた、日本と日本人についてが作品になっています。日本は他の国に比べて言葉が必要であり、その理由についてなど様々な角度から司馬遼太郎の視点で描かれています。

 

あなたも司馬遼太郎と共に、この国の成り立ちや特性などを考察して振り返ってみませんか。今まで見えなかったものや、新たな考えを得られると思います。

ページ数285ページ出版日1993年9月10日
第10位

世界文化社

二十一世紀に生きる君たちへ (併載:洪庵のたいまつ)

価格:600円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

現代を生きる上で、司馬遼太郎が残した言葉が心に響く

数多くの素晴らしい小説を生み出してきた司馬遼太郎の人気時代小説です。21世紀を生きる子どもたちに対してのメッセージであり、国語の教科書にも掲載されたほどの作品になります。

 

司馬遼太郎は、未来についてとても予想できないと述べるが、人間の根本的な部分は変わらないと考えている。人が生きていく上で大切にしなければならない心構えがあるとしていて、今の時代に読むことによって人生について学びがあると言えます。

 

「自分にきびしく、相手に優しく」という言葉が出てくるのですが、この言葉には多くの司馬遼太郎ファンが背筋を伸びる思いをしているとの声が多いです。それだけ衝撃を受けた作品と言えるので、入門用にもおすすめですし、小学生の方でも読み進める事ができます。

ページ数47ページ出版日2001年02月12日
第9位

新潮社

関ケ原(上)

価格:825円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

関ヶ原の熱い一日のストーリーを楽しめる

話の中で一番の最大の合戦と言われる関ヶ原の戦いを軸に、幅広い時代の話を楽しむ事ができます。全3巻からなる大作で映画化もされており、とても注目を浴びている司馬遼太郎の最高傑作と言えます。

 

たった一日で決着がついたと言われている関ヶ原の戦いですが、どのような結末によって終焉したのかが気になる物語と言えます。あらゆる人間の策略や、複雑な絡まり合いは今の時代には無い雰囲気を楽しむ事ができます。

 

司馬遼太郎の描く関ヶ原の戦いでは、経緯や人と人の心情がとてもリアルに描かれているので、歴史を楽しく学べます。また、ストーリー展開を楽しみながら読み進める事ができます。時代小説にしかない今とは違う雰囲気や、人の考え方を知る上でとても良作と言える司馬遼太郎の作品と言えます。

ページ数544ページ出版日1974年06月24日
第8位

新潮社

項羽と劉邦(上)

価格:450円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

中国の歴史を感じる事ができ、優れた主人公の魅力が表面に出ている

司馬遼太郎が中国の時代を描いた本書は、政権争いのために戦うことになる上で、全く違うタイプの2人が登場します。舞台は紀元前3世紀の中国で、中国の国を治めていた始皇帝が亡くなってしまうところから始まります。

 

そのため、国が乱れて大変な争いごとが頻繁に起こるようになってしまう状況へ変化していきます。二人は軍事力を次第に集めて行き、圧倒的に他の人間という違う特徴によって優秀な人間を魅了して戦っていく姿は、現代の仕事にも応用できるストーリーと学びがあります。

 

自分に厳しく、部下にも厳しい勇敢な男であり、敵に対する残忍な行為もしない。もう一人は、これといって何も無い臆病な人間だが、それでも唯一持っていた才能があり、優秀な人間だけを惹きつける謎を持った力です。この人物の特徴を知っておくと、普段の日常にも応用できるかも知れません。

ページ数496ページ出版日1984年09月27日
第7位

新潮社

国盗り物語(一)

価格:880円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

明智光秀の悩みや葛藤、魅力を知ることが出来る

ページ数544ページ出版日1971年12月02日
第6位

新潮社

峠(上)

価格:825円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

幕末時代に日本中を旅して、時代を予測する人物がいた

司馬遼太郎の『峠』という作品は、幕末の時代に若い頃から日本中を歩き回り、放浪旅をしていた継之助という旅人が主人公のお話です。継之助は、旅を行うことによって時代の流れを敏感に感じ取る事ができたのでした。

 

すると、早くから武士の時代が終わると仮説していた時代に鋭い人物が登場します。あまり有名な人物ではありませんが、家老となり継之助の仮説通りに、大政奉還によって幕府は無くなりました。

 

このように時代を仮説する人物はどのように思考をして、考えているのか。未来を予測する能力を体感できる不思議な作品です。先を見通す力によってたくさんの出来事に関わっていく姿も面白い部分と言えます。中立的な立場である一藩独立を目指すことを決意し物語が進んで行きます。司馬遼太郎のファンであれば、是非とも読んでおきたい作品と言えます。

ページ数512ページ出版日情報なし
第5位

文藝春秋

新装版 坂の上の雲 (1)

価格:702円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

欧米という大きな雲を見た主人公の話

ページ数350ぺージ出版日1999年01月10日
第4位

角川書店

新選組血風録 新装版

価格:968円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

新撰組・沖田総司の恋の行方とは

司馬遼太郎が新撰組を描いた作品であり、沖田総司という新撰組でも名が知れている人物の物語が展開されます。しかし、戦争などの争いごとではなく、医者としてやってきた娘に惚れてしまうという恋愛物語になっています。

 

誰でも興味を持って読み進める事ができる時代小説と言えます。新撰組と淡い恋愛物語は、ギャップを感じる事ができるでしょう。沖田総司の純粋な恋を繊細に描いた作品であり、甘酸っぱい青春を感じることができます。

 

他にも沖田総司の近くにいた人物の物語を楽しむことができるので、新撰組とはどんなグループだったのかを理解することもできます。あまり本に慣れていない初心者でも、楽しむことができます。時代小説でありながら恋愛などの展開が多く描かれているので、知らない内に読み進められてしまうイメージの作品です。

ページ数635ページ出版日2003年11月22日
第3位

文藝春秋

新装版 世に棲む日日 (1)

価格:616円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

違う世界観を知ることができる傑作

吉田松陰という時代小説でも有名な人物が登場します。繰り広げられる話は一風変わっており、面白い展開になっています。不器用かつ愚直な性格であり、一度信じたことは疑わないところがあるほどでした。

 

松下村塾という私塾を開設し、優秀な弟子を育てる展開になります。高杉晋作という弟子を育てることになるのですが、高杉は遊び人という正反対な人物であったのです。器用でたくさんの物事に対して長けていた部分があるのですが、信念を守る強さや行動力については劣っていたのです。

 

この司馬遼太郎が描いた高杉の俳句には、「おもしろきこともなき世をおもしろく」などの数ある名言が登場し、高杉がなぜこの言葉を発したのかを物語から知ることができます。『竜馬がゆく』とは少し違った視点で明治前後を学ぶことができるので、より時代と人物の変化を学びながら、深く理解することができるでしょう。

 

司馬遼太郎の人の内面を描写する力がとても強く出ている作品と言えるので、歴史ファンにとてもおすすめな1冊と言えます。

ページ数313ページ出版日2003年03月10日
第2位

文藝春秋

新装版 竜馬がゆく (1)

価格:770円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

不器用ながらも人に対してまっすぐな関心と優しさを向ける竜馬

幕末の立役者として非常に有名な坂本竜馬が登場する物語です。司馬遼太郎作品の中ではとても人気です。坂本竜馬が何をしたかよりも、登場人物の人間性が表面に出ていたり、恋愛のシチュエーションも出てきたりと面白みがたくさんあります

 

今も昔も変わらない風習の中で、坂本竜馬がどれだけ偉人だったかを肌感覚で知ることができます。塾を追い出されるほどに勉学が出来ない不器用人だったが、人を魅了する点で劣ることはありません。

 

19歳の頃から剣術修行で江戸へ向かうことになりますが、この部分から大きく物語が動き始めます。人に対してまっすぐな関心と優しさを向ける竜馬には、多くの人が魅了されて集うようになります。

 

明治維新に関わっていく姿や、泥棒などの変わった人物とも力を合わせながら日本を変えていく物語。坂本竜馬という名前は多くの人が知っていますが、彼の内面を知っている人はほとんどいないと言われています。その部分を知ることができ、ひとつひとつの言葉を聞くことによって、深く理解することができるでしょう。

ページ数446ページ出版日1998年09月10日
第1位

新潮社

燃えよ剣(上)

価格:869円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

反骨精神を持った新撰組の中で、冷静な男の生き様が魅力的

反骨精神を持った新撰組の男がいたのですが、とても冷静であり、生き様が他の人と大きく違い魅力的な面影が最高と歴史ファンからも多大な人気があります。幕末の物語で主人公の新撰組副長・土方歳三はとても喧嘩が強く、厳しい生活からも反骨精神が強くなっていき、新撰組に入ることを決意します。

 

素人グループだった新撰組を一気に剣豪集団まで導く姿はとてもカッコイイ部分です。底辺から力で上を目指す土方は、坂本竜馬のような人当たりの良さは全くない人物でした。冷酷なまでに冷静な姿は、新撰組でも目立つイメージの男です。

 

孤独さを感じないのかなど、普通の人と違った生き様を文章から感じることができます。初心者など初めて読む方でも、歴史上の人物でここまでの人物がいたのかと驚くこともできるので、おもしろく読み進めることができるでしょう。

ページ数592ページ出版日情報なし

司馬遼太郎作品のおすすめ比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5238431の画像

    新潮社

  • 2
    アイテムID:5238420の画像

    文藝春秋

  • 3
    アイテムID:5238408の画像

    文藝春秋

  • 4
    アイテムID:5238395の画像

    角川書店

  • 5
    アイテムID:5238383の画像

    文藝春秋

  • 6
    アイテムID:5238371の画像

    新潮社

  • 7
    アイテムID:5238354の画像

    新潮社

  • 8
    アイテムID:5238341の画像

    新潮社

  • 9
    アイテムID:5238315の画像

    新潮社

  • 10
    アイテムID:5238292の画像

    世界文化社

  • 11
    アイテムID:5238465の画像

    文藝春秋

  • 12
    アイテムID:5238488の画像

    講談社

  • 13
    アイテムID:5238508の画像

    新潮社

  • 14
    アイテムID:5238537の画像

    新潮社

  • 15
    アイテムID:5238567の画像

    文藝春秋

  • 16
    アイテムID:5238594の画像

    講談社

  • 17
    アイテムID:5240421の画像

    文藝春秋

  • 18
    アイテムID:5240438の画像

    文藝春秋

  • 19
    アイテムID:5240463の画像

    文藝春秋

  • 20
    アイテムID:5240508の画像

    中央公論新社

  • 商品名
  • 燃えよ剣(上)
  • 新装版 竜馬がゆく (1)
  • 新装版 世に棲む日日 (1)
  • 新選組血風録 新装版
  • 新装版 坂の上の雲 (1)
  • 峠(上)
  • 国盗り物語(一)
  • 項羽と劉邦(上)
  • 関ケ原(上)
  • 二十一世紀に生きる君たちへ (併載:洪庵のたいまつ)
  • この国のかたち 一
  • 新装版 播磨灘物語(1)
  • 花神(上)
  • 新史 太閤記(上)
  • 新装版 菜の花の沖 (1)
  • 新装版 尻啖え孫市(上)
  • 新装版 翔ぶが如く (1)
  • 新装版 功名が辻 (1)
  • 新装版 酔って候
  • 空海の風景〈上〉
  • 特徴
  • 反骨精神を持った新撰組の中で、冷静な男の生き様が魅力的
  • 不器用ながらも人に対してまっすぐな関心と優しさを向ける竜馬
  • 違う世界観を知ることができる傑作
  • 新撰組・沖田総司の恋の行方とは
  • 欧米という大きな雲を見た主人公の話
  • 幕末時代に日本中を旅して、時代を予測する人物がいた
  • 明智光秀の悩みや葛藤、魅力を知ることが出来る
  • 中国の歴史を感じる事ができ、優れた主人公の魅力が表面に出ている
  • 関ヶ原の熱い一日のストーリーを楽しめる
  • 現代を生きる上で、司馬遼太郎が残した言葉が心に響く
  • 司馬遼太郎にしか書けない日本
  • 戦国時代末期の異才
  • 珍しい視点で描かれる幕末
  • 司馬遼太郎版太閤記
  • 江戸後期を生きる男の物語
  • 物語性に富む作品
  • 「明治という国家」を司馬遼太郎目線で見る
  • 戦国の動乱期を痛快に描く
  • 司馬遼太郎の短編小説が読みたい方におすすめ
  • 平安時代初期を生きた空海の話
  • 価格
  • 869円(税込)
  • 770円(税込)
  • 616円(税込)
  • 968円(税込)
  • 702円(税込)
  • 825円(税込)
  • 880円(税込)
  • 450円(税込)
  • 825円(税込)
  • 600円(税込)
  • 572円(税込)
  • 692円(税込)
  • 781円(税込)
  • 869円(税込)
  • 715円(税込)
  • 765円(税込)
  • 693円(税込)
  • 660円(税込)
  • 627円(税込)
  • 755円(税込)
  • ページ数
  • 592ページ
  • 446ページ
  • 313ページ
  • 635ページ
  • 350ぺージ
  • 512ページ
  • 544ページ
  • 496ページ
  • 544ページ
  • 47ページ
  • 285ページ
  • 374ページ
  • 480ページ
  • 560ページ
  • 403ページ
  • 448ページ
  • 346ページ
  • 313ページ
  • 320ページ
  • 370ページ
  • 出版日
  • 情報なし
  • 1998年09月10日
  • 2003年03月10日
  • 2003年11月22日
  • 1999年01月10日
  • 情報なし
  • 1971年12月02日
  • 1984年09月27日
  • 1974年06月24日
  • 2001年02月12日
  • 1993年9月10日
  • 2004年1月16日
  • 1976年9月1日
  • 1973年5月29日
  • 2000年9月1日
  • 2007年8月11日
  • 2002年2月8日
  • 2005年2月10日
  • 2003月10月11日
  • 1994年3月10日

司馬遼太郎について

司馬遼太郎の名前は、司馬遷の『史記』が由来しているようです。本名とは関係なく、中国が好きなことも影響しているのかもしれません。

 

中国が好きになったきっかけは、大正時代に産まれた後に受けた軍事教育の際、中国近辺の人々と交流したことだと言われています。

 

忍者を元にして作品を多く描いたこともあり、忍豪作家とも呼ばれています。司馬遼太郎記念館では様々な情報が公開されているので、気になる方は足を運んでみてください。

司馬遼太郎の死因

平成8年にこの世を去ってしまいましたが、今なお作品評価され続けています。司馬遼太郎の死因は大動脈瘤破裂で、簡単に言うと大きな動脈が腫れてしまう病気です。現在も発症例はあり、破裂してしまうと死亡率が格段に上がってしまいます。

時代小説が好きな方におすすめ

司馬遼太郎のおすすめ作品に触れる

ここまで司馬遼太郎の作品おすすめランキング20選を紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。司馬遼太郎の作品にはたくさんの物語があり、人によって相性があると言えます。

 

司馬遼太郎を初めて読む方にとって、とても楽しめる代表作ばかりとなっております。激動の時代をわかりやすく描いた司馬遼太郎の歴史小説は、たくさんのロマンと魅了される生き様が新しい人生を歩むキッカケになるかもしれません。男として生まれてきた意味を知ることができるそんな作品たちを心ゆくまで楽しんでみましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ