記事ID133040のサムネイル画像

【どんな用途にも対応!】人気の軍手のおすすめランキング10選

誰しも一度は使ったことがある軍手、様々なシーンで使えて便利ですよね。しかし、何がおすすめかわからずに、性能面や素材などを意識しないで購入する方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、性能面やシーンにマッチしたおすすめの軍手をランキング形式で紹介していきます。

軍手は生活必需品!

軍手の起源は歴史が古く、江戸時代には既に使われていました。鉄砲を素手で触って錆びないように兵士に使わせていたのが起源とされています。その後、日本帝国軍で使用され、「軍手」と呼ばれるようになりました。

 

現在では一般的に広く広まっており、仕事や日常生活、趣味に至るまで、様々なシーンで使用されており、もはや生活必需品と言えるアイテムです。軍手は一種類だけでなく、様々な特徴を持ったものが販売されています。

 

また、どこのホームセンターや雑貨屋などでも必ず置いてあり、気軽に購入できるのも魅力の一つです。自分の好みに合わせて購入すれば、より快適に仕事や日常生活を送ることができますよ。

軍手の選び方

ホームセンターや雑貨屋などに行くと、多種多様な軍手が販売されています。その中でどの軍手を購入したら良いのかが分かる、軍手の選び方を紹介していきます。

素材で選ぶ

軍手といっても、素材は一様ではなく様々です。自分の好みの素材で選ぶのも良いでしょう。

純綿軍手

普段の生活で慣れ親しんでいる綿は、軍手でもふんだんに使用されています。純綿軍手は、その名の通り、綿100%の軍手です。

 

純綿軍手は厚手の物が多く、丈夫であることが特徴です。更に、吸水性に優れており、汗がべたつくこともなく、肌に優しい感触です。また、燃えにくいという特徴もあります。色々な用途に使える軍手と言えます。

 

丈夫で吸水性があり、肌触りが良いという特徴から、外で長時間使用する際には重宝する軍手と言えるでしょう。普段の生活で、アウトドアのシーンが多い方にはおすすめです。

 

 

混紡軍手

混紡軍手は、「混」という漢字が示す様に、2種類以上の素材を混合させた糸で作られた軍手です。綿だけでなく、他にもポリエステルやレーヨンなどの素材を混合させています。

 

特徴としては、安価であることが挙げられます。綿を多く混合していることで、安価でありながら綿の風合いを感じることができます。そのため、コストパフォーマンスに優れていると言えるでしょう。

 

素材は、各々に良さがあります。混紡軍手は、混合する素材によって、各々の素材の良さを引き出せるという特徴があります。更に、耐久性が高いという特徴も持っている軍手です。

特紡軍手

特紡軍手は、ポリエステルやレーヨン、綿、アクリルなどの繊維くずを、紡ぎなおして作られた軍手です。一般的に使用されている軍手となります。

 

特徴としては、繊維のくずを紡ぎなおして作られた軍手のため、非常に安価であることが挙げられます。この特徴が、一般的に使用されている理由でもあります。

 

しかし、安価であることから、耐久性が弱いことと、熱に弱いというデメリットもあります。あまりハードな作業にはむきませんが、長時間使わなかったり、使い捨ての様に使用する方にはおすすめの軍手と言えます。

化学繊維軍手

この軍手は、その名の通り化学繊維によって編まれた軍手です。ポリエステルやナイロン、レーヨンやビニロンなどを使用しています。

 

特徴としては、それぞれの化学繊維の良い所を集めているということが挙げられます。ポリエステル繊維は、洗濯をしても丈夫で耐候性能を持っています。ナイロンは、軽くて強い性質を持ちます。また汚れも落としやすくなります。

 

レーヨンは、軍手ということを感じさせない光沢感をだします。ビニロンは、吸水性に優れているといった特徴があります。

 

耐久性が高く、性能も高いため、業務用で使用されることが多い軍手です。

厚みで選ぶ

軍手には様々な厚みの物があります。自分好みの厚みを選ぶのも良いでしょう。

厚手タイプを選ぶ

ふんわりとした厚手タイプの軍手が良いという方は、重量の重い物で尚且つゲージ数が小さい物を選ぶと良いでしょう。

 

重量の重い軍手の方が、より厚手の軍手となります。また、重量があればある程、より丈夫な軍手とも言えます。重量が重いということは、使用している糸も多く、糸の密度が高くて目が詰まった軍手となるので、丈夫な軍手ということになります。

 

ゲージ数は、軍手を編む機械の針の密度を表す単位です。数値が低いほど、上部で厚手な軍手ということになります。「7G」を選ぶと良いでしょう。

薄手タイプを選ぶ

スリムでピッチリとした軍手が良いという方は、重量が軽い物で、尚且つゲージ数が大きい物を選びましょう。

 

重量が軽いと、使用している糸の数が少ないので、薄手の軍手になります。丈夫さは厚手の軍手には敵いませんが、軽くてスリムなので、フィットして細かい作業を行いやすいというメリットがあります。

 

ゲージ数は「13G」を選びましょう。厚手の軍手よりも、網目が非常に細かくなり、柔軟性や伸縮性に優れています。指先の感覚が必要な作業を行う方や、小さい部品を持つ方は、薄手のタイプを選ぶと良いでしょう。

 

用途で選ぶ

軍手は、仕事から日常生活、趣味に至るまで、様々なシチュエーションで使用されます。用途に合った軍手を選ぶようにしましょう。

運送の仕事で使う

運送の仕事で軍手を使うという方は、軍手表面にゴムでボツ加工されている軍手を選びましょう。このゴムのポツ加工が滑り止めとなり、荷物を持つ際に手が滑りにくくなります。

 

運送の仕事は、ダンボールを持って運ぶことが多いです。素手でダンボールや物を持つと、抵抗が無いために滑りやすいのに加えて、手汗で余計に滑りやすくなってしまいます。そして、手を滑らせて落としてしまうと、荷物事故となってしまい、クレームに繋がります。

 

また、運送だけでなく、倉庫のピッキング作業者や引っ越し作業者にもおすすめです。よく荷物を持つ仕事や、絶対に荷物を落下させてはいけない仕事に従事している方には、特におすすめしたい軍手です。

防寒目的で使う

防寒目的で軍手を使用するのであれば、暖かい軍手を選びましょう。よく高校生が、冬に軍手をはめているのを見たことがありませんか?何か作業をするためではなく、日常の防寒目的として軍手を使用する方も多いです。

 

防寒目的の使用であれば、裏起毛のある軍手がおすすめです。これは、よくスパッツやインナーなどについている、体を温めるための処理です。裏毛を毛羽立たせたもので、体にあたると非常に暖かく感じることが特徴です。

 

日常の防寒目的だけでなく、もちろん、寒い場所で作業をする人にも使い勝手が良いでしょう。また、風もシャットアウトしてくれるため、真冬の風が強い日にはとても重宝する軍手と言えるでしょう。

手先を使う仕事で使う

手先で細かい作業を行うときに軍手を使うという方は、ポリエステル製の軍手を選ぶのが良いでしょう。軍手と言うと、素材は綿をイメージしてしまいますが、少数ですがポリエステルの軍手も存在しています。

 

ポリエステル製の軍手の特徴は、何と言っても手との一体感です。普通の綿の軍手ですと、指先の部分が余ってしまってフィットしないことがあります。それだと、指先の感覚が鈍くなってしまうため、細かい物を持ったときに落としてしまったり、精密な作業ができないことがあります。

 

しかし、ポリエステル製の軍手であれば、手首から指先までジャストフィットします。そのため、指先の感覚も鈍くならずに、手を保護しながら細かく精密な作業を行うことが可能になりますよ。

キャンプやバーベキューで使う

キャンプやバーベキューなどで軍手を使用する際は、純綿軍手を選ぶのが良いでしょう。純綿軍手とは、素材が綿100%でできている軍手のことを指します。比較的丈夫な作りをしており、汗をかいても吸収性に優れています。また、汚れても洗濯をすることが可能です。

 

そして、一番の特徴としては燃えにくいということが挙げられます。燃えにくいので、バーベキューやキャンプで、火を起こしたり食材を焼くといった作業をする時にも安心することができますよ。

 

燃えにくくて丈夫、汗をかいても吸収力があるということから、アウトドアシーンには非常におすすめな軍手と言えます。趣味がアウトドアという方は、純綿軍手を選びましょう。

機能性で選ぶ

一見すると、軍手は全て同じように見えますが、実際には様々な機能性を持っています。より効率良く作業ができる機能性を持った軍手を選ぶのも良いでしょう。

怪我をしにくいものを選ぶ

危険な作業をするため、怪我をしにくくする軍手が欲しいという方は、防刃・耐切機能が付いた軍手を選びましょう。この軍手をはめることで、危険から手を守ることができますよ。

 

普通の綿の軍手では、刃物が当たれば切れてしまいます。しかし、この軍手は超高強度のポリエチレン糸を使用しているため、刃物や鋭利な物が当たっても手が切れることはありません。

 

刃物を使って物を加工する人や、農作業や林業をしている方などのアウトドアで作業をする方にもおすすめです。また、日常生活でも、ダンボールを畳む時に手が切れないようにする使い方や、割れたガラスの破片を集める際などにも重宝しますよ。

異物が入りにくいものを選ぶ

手の中に異物が入るのが嫌な方は、ゲージ数が高い軍手を選ぶようにしましょう。ゲージ数とは、網目の細かさのことを指します。ゲージ数が高い軍手程網目が細かく、異物を通しにくくします。

 

通常の軍手は7ゲージ程が多く、網目が粗くなっています。そのため、砂利や木くず、粉塵などを多く手の中に入れてしまいます。10ゲージや13ゲージなどの軍手を選べば、非常に網目が細かく、異物の進入を防いでくれます。庭いじりをする方や、外の掃除をする際などにも使えます。

 

また、ゲージ数が多い軍手の特徴として、柔軟性や伸縮性が良くなるといった利点もあります。手が疲れず、更に保護もしてくれるので、非常に使い勝手の良い軍手と言うこともできます。

はめ心地で選ぶ

どれも一様に見える軍手ですが、作りや素材などによってはめ心地がかなり変わってきます。好みのはめ心地で選ぶのも良いでしょう。

締め付け感がないものを選ぶ

軍手袖口のゴム糸の締め付け感が苦手という方には、カフス付きの軍手がおすすめです。カフスであれば締め付け感がないため、リラックスした状態で作業を行うことが可能になりますよ。

 

カフス付きの軍手というのは、袖口まで軍手が伸びているものを指します。ゴム糸が使われていないので、締め付けもなく脱着するのが容易になります。また、手首まで覆われていることによって、腕を伸ばした時に袖口が無防備になってしまうのを防ぎ、虫や紫外線などから肌をガードしてくれます。

 

締め付け感が気になると、作業にも集中できなくなってしまいます。一度気になってしまうと、中々頭から離れないですよね。ノンストレスで作業を行いたいという方には、おすすめの軍手です。

 

 

はめていて嬉しくなるものを選ぶ

はめていて、気持ち的に嬉しくなったり楽しくなったりする軍手が欲しいという方は、かわいいデザインの軍手がおすすめです。軍手というと、堅苦しいイメージがありますが、今ではポップでかわいいデザインの軍手もありますよ。

 

子ども用の動物が描かれた軍手や、一面ピンク色の軍手まで、多種多様なかわいい軍手があります。現在では、女性も力仕事に従事することは珍しくありません。そんな大変な力仕事の中、かわいい軍手をふと見たら、疲れも軽減されますよね。

 

ストレスなく作業を行なうということは、ストレス社会の現在では非常に重要なことです。精神的にはめ心地が良いと思える軍手は、ストレス軽減に役立つことができるでしょう。

軍手の人気ランキング10選

10位 福徳産業 『CuCuRa ピンク・ライトピンク 2双セット』

価格:616円(税込)

かわいさ抜群の軍手

第10位は、とてもかわいい軍手がランクインしました。一見すると、かわいい普通の手袋に見えますが、滑り止めが付いたれっきとした軍手です。堅苦しいイメージの軍手ですが、かわいい軍手が販売されているのは意外ですよね。

 

色は、ピンクとライトピンク以外にもあります。黄色や緑、青など、カラフルな色がラインナップされていますよ。とてもカラフルでかわいいので、仕事や趣味、防寒用にと、シチュエーションを選ばずに使用することができるでしょう。

素材 ナイロン ポリウレタン 特徴 かわいさ
ピンク ライトピンク 1双あたりの価格 308円

9位 ミタニ 『日本一DX 1ダース』

価格:451円(税込)

メーカー物でコスパの良い軍手

第9位は、ミタニの軍手です。ミタニは、昭和25年創業の歴史ある会社で、軍手や安全靴、ワークシャツなどの安全衛生品メーカーです。デザインがおしゃれで、ファンも多い会社です。そんな有名メーカー物の軍手をこの安さで買えるので、絶大なコストパフォーマンスと言えるでしょう。

 

また、素材はコットンでできており、手触りやフィット感も評判が良いです。また、網目が細かく作られているので、泥や粉塵、オイルなどの異物が侵入しにくい構造になっているのもポイントです。庭いじりや、自転車やバイク、車いじりなどの趣味や、汚れる作業を行う方におすすめです。

素材 コットン 特徴 網目の細かさ コスパ
黄色 1双あたりの価格 38円

8位 おたふく 『スベリ止付き軍手 5双入』

価格:338円(税込)

ボツ加工付きでコスパも良好

おたふくは、大正15年創業の名の知れた老舗企業です。軍手や手袋、靴下やインナーなど、あらゆる衣料品を作っており、品質には定評がある会社です。おたふくというメーカー物である安心感を得ることができるでしょう。また、通常はボツ加工をすると価格が高くなってしまいますが、この軍手は比較的安価に設定されています。

 

有名企業の安心感と、ボツ加工がされていても安価であることで、コストパフォーマンス的にはとても優れているところが評価されています。安価なボツ加工軍手を探している方には非常におすすめです。

 

 

素材 綿 ポリエステル 特徴 ボツ加工 安さ
1双あたりの価格 67円

7位 ハヤシ 『超厚地!手首を締めつけないカフス付純綿軍手 6双セット』

価格:1,550円(税込)

締め付け感ゼロのストレスフリー軍手

カフス付きの軍手は、袖の部分に締め付けのゴム糸が使用されていないため、締め付け感を感じることがありません。そのため、通常の軍手の手首の締め付け感が気になる方にはおすすめの軍手です。

 

一度手首の締め付け感を不快に感じてしまうと、作業中にずっとそれが気になってストレスになってしまう可能性があります。ストレスを感じてしまうと、集中できずに良い仕事はできません。そんな悩みを解決してくれるのがこの軍手です。ストレスフリーで仕事ができますよ。

素材 綿  特徴 カフス付き
1双あたりの価格 258円

6位 おたふく 『ぽかぽか暖か 冬用軍手 防寒軍手10双組』

価格:723円(税込)

寒さ知らずの暖か軍手

この軍手の特徴は、何と言っても非常に暖かいということです。軍手に裏起毛処理が施されており、風の侵入を防いで空気の層を作ります。その空気の層で保温効果が高まり、手を入れると非常に暖かく感じることができます。実際にユーザーからも、ぽかぽかして暖かいと評判です。

 

おたふくは、靴下やインナーなどの衣料品も扱っています。中でも、高い保温力を誇るインナーは評判であり、そのインナーに裏起毛が使われています。そのため、保温を高める裏起毛の技術はお墨付きと言えるでしょう。

 

手がかじかんでしまうと、感覚が鈍くなって作業の効率が下がりますよね。そのため、寒い場所での作業が多いと言う方には、この軍手は非常におすすめの軍手です。また、日常の防寒目的で使用する場合にも重宝するでしょう。メーカーがおたふくということも、安心感に繋がります。

 

 

素材 綿 ポリエステル 特徴 裏起毛
オレンジ 1双あたりの価格 72円

5位 ハヤシ 『厚くて丈夫な純綿軍手 1ダース』

価格:1,700円(税込)

厚くて丈夫で熱にも強い軍手

この軍手の特徴は、厚手で丈夫であるということです。タフな軍手を探している方にはおすすめの軍手です。そして、綿100%なので、熱に強いという特性も持っています。厚手で熱に強いという特性から、キャンプやバーベキューなどのアウトドアシーンで使用する方にも非常におすすめな軍手となります。

 

そして、軍手には珍しく日本製という特徴もあります。海外生産の軍手が多い中で、日本製の安心感を手に入れたいと言う方にもおすすめしたい軍手です。

素材 綿  特徴 厚手 熱に強い 丈夫
1双あたりの価格 142円

4位 Manssing 『軍手 10双組 男女兼用』

価格:1,450円(税込)

耐摩擦性で丈夫な軍手

こちらの軍手は、耐摩擦性能があり、丈夫で長持ちすることが特徴となっています。多少鋭利な物と接触しても手を保護することが可能です。また、強い伸縮性で、男女兼用で使えることも嬉しいポイントです。

 

丈夫で長持ちすること以外にも、厚手なのに通気性が良いという特徴があります。更に目が細かいので、異物の混入も少ないと評判です。丈夫で万能型の性能なので、長く使うことができて経済的と言うことができるでしょう。

素材 綿  特徴 耐摩擦性 丈夫
1双あたりの価格 145円

3位 MinistoreDirect 『軍手 防刃手袋』

価格:990円(税込)

鋭利な物にも負けない軍手

この軍手の一番の特徴は、刃物や鋭利な物に強いということが挙げられます。軍手の素材には、超高強度ポリエチレン糸を使用しています。これは、レザーよりも4倍強い耐切性能となります。

 

刃物やガラス、のこぎりやはさみなど、鋭利な物を使う仕事をする人には非常におすすめの軍手です。誤って接触してしまっても、手を保護してくれますよ。また、子どもがDIYを行う時や、料理の手伝いをする時にも重宝します。仕事や日常のあらゆるシチュエーションで使うことができるでしょう。

素材 超高強度ポリエチレン糸 特徴 防刃 耐切
1双あたりの価格 990円

2位 ミドリ安全 『ボツ加工滑り止め付き軍手 12双』

価格:760円(税込)

ブランドの安心感とコスパの軍手

第2位は、ミドリ安全のボツ加工付きの軍手です。ミドリ安全という企業はご存知の方も多いでしょう。安全靴や作業着、ヘルメットや保護メガネなど、仕事で使用する多種多様な安全衛生品を製造するメーカーです。現場作業をする方であれば、知らない方はいないでしょう。

 

そんな安全衛生品の大手メーカーである会社の軍手という安心感、そして、価格も安価であるということから、安心感とコストパフォーマンスの両方を兼ね備えた軍手と言えます。購入して間違いがない軍手と言えるでしょう。

素材 ポリエステル 特徴 ボツ加工
黄色 1双あたりの価格 63円

1位 ミタニコーポレーション 『プロ用綿混軍手 職印 12双組』

価格:435円(税込)

抜群のコスパと頑丈さ

映えある第1位は、ミタニのプロ用綿混軍手職印です。この軍手の特徴は、抜群のコストパフォーマンスと頑丈さです。ユーザー評価は、とにかく丈夫で頑丈であるという高い評価を得ています。

 

通常、軍手は洗濯を繰り返せば縮んでしまったりボロボロになってしまったりします。しかし、この軍手は何度洗濯をしても生地がしっかりしていて劣化がないと高評価です。また、吸収性も劣化することなく、常に汗を吸い取ってくれるという評価もあります。

 

そして、草むしりで使用しても破れる気配がしないという評価や、生地が厚くてしっかりしているという評価も多く見られます。また、土や砂などの異物が入ってきにくいという評価もあり、ネガティブな評価はほぼありません。これだけユーザーから絶賛をされていて価格も安価なので、第1位にふさわしい軍手と言えるでしょう。

 

素材 綿 特徴 頑丈 耐久性
ベージュ 1双あたりの価格 36円

まとめ

人気のおすすめの軍手をランキング形式で紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。「軍手にこんなに種類があるのか」と驚いた方もいらっしゃるのではないでしょうか。軍手は非常に種類が多いため、機能性や用途など、色々な観点から選ぶことができますよ。次回軍手を買う際は、自分に合う物をじっくりと選んでみてはいかがでしょうか。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ