記事ID132942のサムネイル画像

【時空の彼方へ】大人気の相対性理論の書籍おすすめランキング10選

相対性理論はアインシュタインが導き出した相対論です。しかし、確かな意味がわからないし、理解しにくいなんてことも。どの相対性理論の書籍がわかりやすく解説してあるのか?大人気の相対性理論書籍おすすめランキング10選にてご紹介します。

相対性理論の書籍を読むと光と重さについて深く知れる

相対性理論とはアインシュタインが導き出した量子論であり、多数の考え方が関わっていて、本当の意味合いが曖昧であることが多いです。インターネットに出回っている情報の半分は、曖昧な事柄であり、真実がわかりにくいことがあります。

 

その中で特におすすめされているのは、書籍というものに書いてある内容については、わかりやすく読み手がとても理解しやすいように書かれています。

相対性理論の書籍の選び方

相対性理論と聞いて難しいそうなイメージがつく方も多いと思います。しかし、ものが縮む、空間が曲がるという言葉をいきなり聞いても、理解しにくいこともあります。そんな方におすすめな選び方がありますので解説していきます。

書籍の難易度で選ぶ

相対性理論を理解していく上で、いきなり難しく解説されているものを読んだとしても、理解できずに読み進めるのが面白くなくなる可能性があります。なので、自分が本などに慣れているか、自分が理系に慣れているかを考えてから、相対性理論の書籍選ぶをしてみましょう。その際に選び方のポイントを参考にしてみてくださいね。

 

 

初級者向け

相対性理論を理解する上で大切なのは、著者が読み手を置いていかないかが重要であり、人それぞれにこの差はあると言えます。しかし、できる限りわかりやすくページ数の少ない書籍については、非常にわかりやすく解説しているものが多く、頭を使いますが理解を深めることができます。

ランキングの説明欄に難易度を掲載したので、参考程度に書籍選びをしてみてくださいね。他には書籍のデザインである程度難しいイメージかが伝わってくることが多いので、自分が読み進めることができそうだなと思った方は、その書籍にしてみるのもおすすめなので選ぶときの参考にしてみてくださいね。きっと相対性理論を楽しみながら学ぶことができるでしょう。

中級者向け

中級者向けについては、ある程度相対性理論がどのように生まれてきたのかという興味を持つことができる書籍であり、少し理解を深めるには頭を使うこともあります。しかし、少しずつ毎日読み進めてでも、相対性理論の本当の意味を理解したい方におすすめです。時間をかけることで、誰でも理解をすることが可能なように、難しい言葉を使うことはないです。

 

なので、ある程度難しくてもいいから、相対性理論の本質を知りたい方におすすめです。読み進めることによって、頭の疲労はありますが、きっと相対性理論を理解することができる書籍なので、手に取ることが大切と言えます。手に取るだけで不思議と読み進めてしまう書籍に出会うことができれば、相対性理論の理解を効率よく学ぶことができます。

上級者向け

上級者向けについては、相対性理論の数式や、原理の仕組みを知ることができますが、非常に難解な内容も多数出現します。なので、理系にある程度理解がある方におすすめな書籍と言えます。この書籍に意味を理解することができれば、相対性理論の伝えたかったこと、アインシュタインがしたかったことなどの謎の部分に気づくことができるかもしれません。

 

学者の興味をそそる書籍と言える難易度なので、初めての方にはおすすめしません。いきなり理解を深めようとしても、基礎の部分がなかれば意味がわからなくなってしまい、読み進めるのが辛くなります。なので、理系の分野に興味があったり、理系の知識が豊富な方にとてもおすすめな書籍となります。

書籍のレビューで選ぶ

書籍を選ぶ際のポイントとして、人によって理解しやすいかは差があります。なので、書籍を購入する際は、商品のレビューを見てみるのもおすすめです。選んだ書籍の内容や、読み手の理解のしやすさなどの貴重なレビューがされているので参考にしてみましょう。

中身が見れないならデザインで選ぶ手も

相対性理論の書籍を選ぶ上では、書籍のデザインで選ぶこともおすすめします。表裏のデザインを見ることである程度、どのくらいの知識や理解度が必要なのか伝わってくる部分があります。なので、もし書籍がどんな内容かわからない場合は、デザインをよく観察すると、ある程度どのくらいの難易度なのかを確認することができます。

相対性理論の書籍おすすめ人気ランキング10選

それでは相対性理論の書籍おすすめ人気ランキング10選をご紹介していきますので、選び方のポイントを参考の上で、自分が良いと思った相対性理論の書籍を選び出してみましょう。

10位 講談社 『光と重力 ニュートンとアインシュタインが考えたこと 一般相対性理論とは何か (ブルーバックス)』

価格:1166円(税込)

ニュートンとアインシュタインの似通った部分を学べる

こちらの相対性理論の書籍は、アインシュタインがどのように相対性理論を生み出してきたのかを知ることができる内容になっております。孤独の中で大発見を成し遂げていく様子や、特許庁で働きながら特殊相対性理論を作り上げていく様子は、相対性理論がなぜ生まれたのかを知ることができます。難しい内容というよりも、物語を読み進めていくイメージなので、小説を読むことができるなら理解も深めやすく読みやすいと言えます。

 

アインシュタインとニュートンの物理学者の生い立ちを振り返りながら、いくつかの共通点を見つけていくことも可能です。研究に没頭する二人の天才が繰り広げていく物語は、相対性理論を楽しく学ぶのに最適と言えます。アインシュタインがどんな人だったのか、どれだけ偉業を成し遂げた人なのかを、具体的に知ることができるのでおすすめです。

ページ数296ページ
難易度中級者向け
著者小山 慶太

9位 講談社『「ファインマン物理学」を読む 量子力学と相対論を中心として』

価格:2160円(税込)

アインシュタインは相対性理論で何を伝えようとしたのか

物理学者ファインマンが天才は何を知り、何を世の中に伝えようとしたのかを具体的に明かしていく書籍になっていて、読み手に興味を持たせる特殊な書籍と言えます。それだけ読み手を意識した書籍となっているので、あまり難しい書籍にはついていけないと言う人にもおすすめです。科学について興味のある方は特に興味をそそられるので、この書籍から読んでいくと楽しく学ぶことができるでしょう。

 

量子力学という物質の動き、時間の動きを問うことができる学問は、世の中に新しい物を作り出すにも有効的な可能性もあります。相対性理論という人があまり学ぶことが無いことを知っておくことによって、人より優れた知識の持ち主になることができる。読み手をそそるイメージがこの書籍に先行するので、相対性理論について初めて学ぶ方におすすめな書籍と言えます。相対性理論が一体何なのかを知ることができるので、興味をそそられるイメージの書籍です。

ページ数206ページ
難易度初級者向け
著者竹内 薫

8位 みすず書房『相対性理論』

価格:7992円(税込)

他の相対性理論の書籍に比べてわかりやすい

相対性理論が発見されてから半世紀以上が経った今、メラー教授が新しく書籍を出しました。その書籍が日本語に翻訳されたものがこちらの書籍となります。相対性理論の書籍については昔ながらの書籍を引用したものが多いのですが、この書籍には一切哲学で解説する部分がありません。通常の書籍では相対性理論が何なのかが理解しにくい部分が多いです。しかし、この書籍についてはできる限り物理的な部分を出すように書かれています。

 

この書籍は初学者でも理解できるように、読み手を置き去りにすることが内容に書かれています。しかも全体が一貫しているので、読み進めていくごとに理解が増していく書籍です。読み手を置き去りにする書籍が多い中で、初心者でも頭を使うことで理解できるように解説してある珍しい書籍です。相対性理論を理解しようと思うと、頭を使うことになりますが、できる限りわかりやすく書かれているので、理解を深めやすい書籍と言えます。

 

ページ数408ページ
難易度初級者向け
著者C.メラー

7位 理工図書『趣味で相対論』

価格:2160円(税込)

相対性理論の考えが深まりやすい書籍

相対性理論についてあまり知識がない人は、専門家と言われる人が悩まないところで考え込んでしまうことが多いというイメージを持った著者が制作しており、初心者でも読み進めやすく、理解を深めやすい内容となっております。特殊相対性理論というページは上級者向きの内容となっておりますが、それ以外の内容はとても歩み寄りやすく書かれています。

 

なので、初級者向けの書籍となりますが、上級者の方でも面白く少し余裕を持って読むことができます。意外とおすすめな書籍となります。著者は知識が無い人に相対性理論を理解できるように解説しているので、とてもわかりやすい内容を強めています。なので、理系にあまり強く無い、全く知識が無い人であっても、少しずつ理解を深めていくことが可能です。

 

 

ページ数273ページ
難易度初級者向け
著者広江 克彦

6位 講談社『新装版 四次元の世界―超空間から相対性理論へ (ブルーバックス)』

価格:1080円(税込)

ロマンチックなストーリーで相対性理論を学べる

超空間から相対性理論へという題目であり、相対性理論の理解を深めやすくストーリーが導き出されていきます。こちらの書籍は面白い問いから始まっていく物語で、空間は3次元なのに性は2種類しかないことに疑問を抱いた著者は面白く疑問を解いていく。初めての人でもわかりやすく例え話が多めに書かれているので、相対性理論についてあまり詳しく無い人であっても、一緒に考えを深めていくことができる楽しい書籍と言えるでしょう。

 

相対性理論は空間の概念の考え方を深めることができるので、タイムトラベルの概念などにも理解を深めることができます。なので、そのようなタイムマシンなどの時空を超えることに興味がある方はこちらの書籍を強くおすすめします。相対性理論の本当の意味を理解することができれば、違った物語で見えてくるかもしれません。そのように興味を抱きながら学ぶことができる書籍なところもおすすめな部分です。

 

ページ数272ページ
難易度中級者向け
著者都筑 卓司

5位 ベレ出版『一般相対性理論を一歩一歩数式で理解する』

価格:3780円(税込)

相対性理論と数式の深い関係を学べる

相対性理論には特殊と一般と言われるものがありますが、一般という相対性理論はどのような条件であっても成り立つように誰でも理解をすることができる内容です。しかし、特殊相対性理論については非常に複雑であり、一般の知識を先に学んでおかないと意味がわからないなんてことがあります。なので、一般の相対性理論を学びながら、少しずつ特殊相対性理論に入っていくので、非常に頭の切り替えがしやすい書籍となっております。

 

全671ページで構成されており、1ヶ月ほどの期間をかけて何度も読むことによって、少しずつ目線が変わっていき、理解度も上がっていくイメージなので、上級者の方におすすめな書籍と言えます。この書籍があれば相対性理論で伝えたかったことを理解できるかもしれない書籍なので、読み進める楽しさがあると言えます。読み進める楽しさがある書籍が読み手にとってとても爽快に読み進めることができるので、是非とも迷っている方は参考にしてみてくださいね。

ページ数671ページ
難易度

上級者向け

著者石井 俊全

4位 HP研究所『「相対性理論」を楽しむ本―よくわかるアインシュタインの不思議な世界』

価格:514円(税込)

誰でも理解できる気にさせてくれる相対性理論の書籍

誰でも親しみやすいように相対性理論という難解なことに対して、相対論を楽しむというアプローチで入っていく書籍です。なので、相対性理論を楽しみながら読み進めていくことができるので、あまり理系に強く無い人でも小説を読んでいるかのように物語を楽しみながら理解を深めることができます。相対性理論の理解を深めた学者でしか理解できないことはなく、誰でも理解を深めることができるイメージが先行します。

 

誰でも親しみやすいアプローチを意識しているので、気軽に読み進めることができます。気軽でありながら、興味をそそることを意識しているので、読み進めるのが楽しくなることもあります。人によって理解度が違うので、当たり外れがありますが、とりあえず手に取って少しずつ読み進めることによって、面白い世界を新たに学ぶことができるかもしれません。

 

 

 

ページ数253ページ
難易度

初級者向け

著者佐藤 勝彦

3位  彩図社 『【図解】いちばんやさしい相対性理論の本』

価格:950円(税込)

一番やさしく相対性理論を解説してくれる

相対性理論を学ぶ理由として、タイムトラベルやブラックホールなどに興味があるからという理由の方もいるかもしれません。東大卒の著者がとてもわかりやすく解説してくれるので、非常に理解がしやすい書籍となっております。ページ数も少なめなので本をあまり読んだことが無い人でも抵抗が無いのがメリットです。

 

相対性理論を理解しようと思うと、ほとんどの書籍はページ数がかさみます。説明の根本的なツボを押さえている文章で構成されているので、難しい数式などで解説はせずに、具体的な理論を解説してくれるので、頭の中で考えることができます。一般相対性理論も特殊相対性理論に対しても数式を使わずに解説しているので、理系などの数字に対して難しいイメージを持っている方におすすめと言えます。読み手を置いていかない優しい書籍です。

 
ページ数224ページ
難易度

初級者向け

著者三澤 信也

2位 SBクリエイティブ 『マンガでわかる相対性理論 (サイエンス・アイ新書)』

価格:1028円(税込)

マンガでとてもわかりやすく解説している

時間とは何なのか、過去や未来へ流れるものなのか、誰にでも平等に流れるものなのか、そのような相対性理論が伝えたかったことが書かれています。読み手を置いていかない例え話が多く、より一層読み進めやすい内容となっています。小学生でも興味を持って学ぶことができるようにマンガで解説しているのもチェックポイントです。意外な秘密を少しずつ学んでいくこともできるので、読み進めるのがより楽しくなっていくこと間違いなしです。

 

例えば、他の相対性理論の書籍を読んだことがあるけど、難しすぎて理解できなかった人、諦めてしまった人、しっかりと執筆された本を求めている人におすすめです。アインシュタインがどれだけ偉大な人だったのかを知れる。何か新しい発見ができるかもしれません。ビジネスに繋がる何かを得ることができる可能性もあるので、相対性理論を優しく学びたい人には必見な書籍です。

ページ数208ページ
難易度

初級者向け

著者新堂 進

1位 日本文芸社『眠れなくなるほど面白い 図解 相対性理論 (宇宙・時間・空間のフシギ 偉大な理論のナゾに迫る!) 』

価格:734円(税込)

とにかくわかりやすく解説する相対性理論の書籍

アインシュタインが相対性理論を生み出すまでに、あらゆる先人の叡智を積み重ねてきたことを自分が実感できるようなイメージで、読み進めることができます。何かを生み出す難しさや、続けることや自分を信じ続ける力を手に入れることができるかもしれません。その中で相対性理論がどうやって生まれてきたのか、相対性理論の最も詳しい解説を掲載している書籍です。

 

エネルギーの関係性などに着目して、あらゆる分かりやすい言葉にして伝えてくれるので、非常にわかりやすい書籍です。相対性理論とは一体何なのかと知りたい方にはこちらの書籍をおすすめします。相対性理論の理解を進めることによって、ものづくりにも役立つことがあります。あらゆる物体の法則を知ることができ、新たな領域に踏み出す力を与えてくれます。ランキング1位の書籍は読み手にとって、とてもわかりやすい書籍となりました。理系にあまり理解が無い方でも、楽しく学んでいくことができます。

 

ページ数128ページ
難易度

初級者向け

著者大宮 信光

まとめ

ここまで相対性理論の書籍おすすめランキング10選を紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。相対性理論にはたくさんの書籍があり、人によって相性の良い相対性理論の書籍があると言えます。難易度を参考に良いと思った相対性理論の書籍を読んでみましょう。難易度を参考の上で自分が良いと思った書籍を購入して楽しんでみましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ